連携スキル

=======================================
連携スキル
=======================================
 連携スキルとは、複数人で協力して発動するスキルだ。
 1人では敵わない相手や、強大な敵に対して効果を発揮するだろう。
 使用にはそれぞれ条件があるので、注意すること。


●連携スキルの取得
 経験点を10点消費して、連携スキルを取得することができる。
 連携スキルは連携参加者の内、誰か1人が取得していれば使用できる。


●前提条件
 連携スキルの発動には、連携スキルの発動条件を満たした[連携待機状態]のキャラクターがスキルごとに指定された人数、必要となる。
 キャラクターはメインプロセスで[連携待機]と、連携スキルの発動を宣言できる。
 この時、通常のメインプロセスは行えないが、移動だけは行える。
 連携スキルの発動を宣言した場合、そのキャラクターと、[連携待機状態]のキャラクターで使用条件を満たした連携スキルをひとつ発動できる。
 連携スキルの判定を行う場合、連携スキルに参加した任意のキャラクターが判定を行う。
 この判定を行ったキャラクターを[発動者]として定義する。
 連携スキルのダメージロールは各自で行い、その合計をダメージロールの結果として扱う。
 また、ダメージを与える連携スキルのダメージロールでは、そのキャラクターの[ML]5毎に、ダメージに+2Dする。
 連携スキルのコストは連携参加者全員がそれぞれ支払う。
 連携スキルの終了後、連携に参加したキャラクターは[行動完了状態]になる。


▼発動できなかった場合
 何らかの理由で連携スキルを発動できない状況もあるだろう。
 そういった場合、[連携待機状態]のキャラクターは[行動完了状態]として扱う。


●条件について
 各連携スキルには使用条件が設定されている。
 これは連携スキルに参加するキャラクターが、ひとつずつ満たしていなければならない。
 条件を満たしていない場合、連携スキルの使用を宣言することはできない。
 連携スキルの射程も、参加するキャラクターそれぞれが対象までの射程を満たしていなければならない。


●好意と敵意によるダメージ増加
 各連携スキルのダメージロールは、好意と敵意によってダイス増加を行う。
 連携参加者の好意と敵意の合計数だけ、ダイスを増加する(最大で5D)。
 例:参加者AとBがいる場合、Aのダイス増加はBへの好意と敵意の合計となる。


●スポットルール
 ・連携スキルの発動はメジャーアクションではないが、連携スキルそのものは[発動者]のメジャーアクションによる攻撃として扱う。
  [武の極み・業]など、メジャーアクションを対象とするスキルは[発動者]のみを対象にすることに注意すること。

 ・[連携待機状態]のキャラクターが[再行動]などのスキルで追加のメインプロセスを行う場合でも、
  自身を連携参加者二人分として扱うことはできない。
  これは[フェイタル・ストラテジー]等のスキルでも同様である。

 ・複数の攻撃種別でダメージ算出を行う連携スキルは、それぞれの攻撃種別を全て持つものとして扱う。
  ただし、ダメージロールを行うキャラクターは、連携スキルによって定められた攻撃種別としてダメージを算出すること。
  【例】連携スキル[魔法剣]は[条件1]は白兵攻撃、[条件2]は魔法攻撃としてダメージ算出を行う。
   この時、[魔法剣]の攻撃種別は白兵攻撃であり魔法攻撃であるが、
   [条件1]のキャラクターは、[オーバーロード]等の魔法攻撃のみに効果のあるスキル等の効果を受けてダメージ算出を行うことはできない。
   同様に、[条件2]のキャラクターは[ブルクラッシュ]等の白兵攻撃のみに効果のあるスキル等の効果を受けてダメージ算出を行うことはできない。

 ・何らかの効果により攻撃種別が追加される場合、連携スキル全体がその攻撃種別を持つものとして扱う。
  例として、[魔法剣]に射撃攻撃の種別を追加する場合、その[魔法剣]は白兵攻撃であり射撃攻撃であり魔法攻撃である。

 ・「攻撃と同時に使用する」等のタイミングのスキルは、連携参加者それぞれが[連携スキル]の発動と同時に使用できる。
  [連携スキル]に使用した場合でも対象が拡大することはなく、通常通りの対象に効果を適用すること。

 ・[連携スキル]のダメージロールは各参加者が別々のタイミングで行っているものとして扱う。
  全てのキャラクターは連携参加者全員のダメージロールの直前・直後にそれぞれスキルを使用することができる。

 ・[連携スキル]のダメージ算出では「ダメージ算出の直後に使用する」「タイミング:ダメージ後」といったスキルは使用できない。
  その為、[降魔剣]や[ソウルスティール]等は使用できず、[忍法・火の鳥]による追加の攻撃も発生しない。

 ・[連携スキル]によって対象を戦闘不能にした場合でも、[勝ち名乗り]等の「対象を戦闘不能にした場合」のスキルは通常通り使用できる。
  ただし、[連携スキル]でダメージ算出を行ったキャラクターでなければならない。

 ・[連携待機状態]を宣言したキャラクターは、[待機状態]とは異なり、「メインプロセスを行ったもの」として扱う。
  その為、[連携待機状態]の宣言後に、「メインプロセスの終了時に使用する」スキルを使用することができる。
  ただし、[連携待機状態]のキャラクターが[連携スキル]に参加した時は「メインプロセスの終了時」は発生しない。

 ・[連携スキル]の発動を宣言したキャラクターは、[連携スキル]の終了時に「メインプロセスの終了時」が発生する。
  この時、そのキャラクターが[発動者]である必要はない。



連携スキルデータ


■双点破
参加人数:2
コスト:14
判定:魔法判定
対象:範囲(選択)
射程:1~5
条件:全員が違う属性の攻撃魔法を取得している。
効果:対象に〈使用・使用〉属性の魔法攻撃を行う。そのダメージに+2Dする。
   使用属性は、取得している攻撃魔法の属性からそれぞれひとつずつ選択すること。
   ダメージ算出は効果の高い属性を適用する。


■アルティメット・レインボー
参加人数:3
コスト:20
判定:魔法判定
対象:範囲(選択)
射程:1~3
条件:全員が違う属性の攻撃魔法を取得している。
効果:対象に属性のない魔法攻撃を行う。そのダメージに+6Dする。


■天地二段
参加人数:2
コスト:10
判定:命中判定
対象:単体
射程:武器
条件:1.白兵攻撃が可能な状態である。
   2.白兵攻撃が可能な状態である。
効果:対象に白兵攻撃を行う。そのダメージに+3Dする。
   このダメージは常に物理ダメージで算出する。


■乱れ雪月花
参加人数:3
コスト:15
判定:命中判定
対象:範囲(選択)
射程:武器
条件:1.白兵攻撃が可能な状態である。
   2.白兵攻撃が可能な状態である。
   3.白兵攻撃が可能な状態である。
効果:対象に白兵攻撃を行う。そのダメージに+5Dする。
   このダメージは常に物理ダメージで算出する。


■サイドワインダー
参加人数:2
コスト:10
判定:命中判定
対象:単体
射程:武器
条件:1.白兵攻撃が可能な状態である。
   2.射撃攻撃が可能な状態である。
効果:対象に武器攻撃を行う。そのダメージに+3Dする。
   [条件1]は白兵攻撃、[条件2]は射撃攻撃としてダメージロールを行う。
   このダメージは常に物理ダメージで算出する。


■十字砲火
参加人数:2
コスト:10
判定:命中判定
対象:単体
射程:武器
条件:1.[射程:2]以上の武器を装備している。
   2.[射程:2]以上の武器を装備している。
効果:対象に武器攻撃を行う。そのダメージに+3Dする。
   このダメージは常に物理ダメージで算出する。


■アローストーム
参加人数:2以上
コスト:10
判定:命中判定
対象:範囲(選択)
射程:1~3
条件:全員が[種別:弓]の武器を装備している
効果:対象に射撃攻撃を行う。そのダメージに+2Dする。
   このダメージは常に物理ダメージで算出する。


■マジックアーツ
参加人数:2
コスト:10
判定:命中判定
対象:範囲(選択)
射程:1.武器
   2.1~4
条件:1.白兵攻撃が可能な状態である。
   2.属性のある攻撃魔法を取得している。
効果:対象に〈使用〉属性の白兵・魔法攻撃を行う。そのダメージに+3Dする。
   [条件1]は白兵攻撃、[条件2]は魔法攻撃としてダメージロールを行う。
   このダメージは常に〈使用〉属性の魔法ダメージで算出する。
   使用属性は、取得している攻撃魔法の属性からひとつ選択すること。


■エア・ドライブ
コスト:15
参加人数:2名
対象:範囲(選択)
射程:武器+1
判定:命中判定
条件:全員が[飛行状態]である。
効果:対象に武器攻撃を行う。そのダメージに+2Dする
   このダメージは常に物理ダメージで算出する。


■神魔絶刀
参加人数:2
コスト:20
判定:命中判定
対象:単体
射程:武器
条件:1.[種別:神器]の武器を装備している
   2.[種別:魔装]の武器を装備している
効果:対象に武器攻撃を行う。そのダメージに+3Dする。
   このダメージは常に物理ダメージで算出する。
   この攻撃によるダメージは、対象の【物理防御】を0として扱う。


■バック・グラウンド・ミュージック
参加人数:2人以上
コスト:なし
判定:自動成功
対象:シーン(選択)
射程:1.シーン
   2.シーン
条件:全員が[魔法芸術家]である。
効果:魔法を利用して、楽器がなくとも音楽を奏でる。
   なんとボーカルにエフェクトをかけることも可能だ!
   また、対象の全ての【能力値】に+[参加者の[名もなき詩]のSL合計]する。
   対象が与えるダメージに+[参加者の[戦いの詩]のSL合計×4]する。
   この効果は[名もなき詩][戦いの詩]と重複しない。
   この効果は1シーンの間、持続する。