サイバーエルフ


   サイバーエルフ


●クラス解説
 電子の海での演算に長け、ついには仮想現実を限定的に証明するに至った者。それがサイバーエルフだ。
 最新の科学は多くの魔法を再現するに及び、『仮想─バーチャル─』を『現実─リアル─』へと昇華する。
 数多の電子妖精達を友とするうちに、データとして質量を持つまでに至らしめた者も中には存在する。


●クラス取得条件
 [電脳術士]のクラスレベルが8以上



   スキルデータ


■妖精の生命遊戯
SL上限:3
タイミング:メジャー/効果参照
コスト:8
判定:自動成功
対象:単体
射程:0~2
効果:メジャーアクションか、対象の[戦闘不能]時に使用する。
   [戦闘不能]時に使用する場合、【LP】を1点追加で消費する。
   対象が与えるダメージに+[SL×2]Dする。
   対象が[戦闘不能]になった時、それを解除し、【HP】を[SL×3]D点、回復する。
   この効果は1シーンの間、対象の[戦闘不能]を解除するまで、持続する。
   1シナリオにSL回まで使用できる。


■電子の海
SL上限:1
タイミング:パッシブ
コスト:なし
判定:なし
対象:自身
射程:なし
効果:あなたが[電子妖精]で入手する「電子妖精」の数を2倍にする。
   また、「電子妖精」を消費したシーンの終了時、「電子妖精」を1体入手する。


■理想現実
SL上限:2
タイミング:[理想投影]
コスト:10
判定:自動成功
対象:自身
射程:なし
効果:[理想投影]と同時に使用し、[SL]体の「電子妖精」を消費する。
   [理想投影]を[射程:0~1][対象:SL+1体]に変更する。
   [理想投影]で上昇する【能力値】は対象ごとに選択する。


■拡大演算
SL上限:1
タイミング:判定の直後
コスト:3
判定:自動成功
対象:単体
射程:0~1
効果:対象の判定の直後に使用する。
   [電子妖精]を1体消費し、対象の判定の達成値に+3する。
   その後、あなたは[拡大演算]を使用できる。
   同一スキルの効果は重複しないことに注意すること。


■エフェクトアーカイブ
SL上限:1
タイミング:効果参照
コスト:なし
判定:自動成功
対象:自身
射程:なし
効果:このスキルの取得には[立体映像]が必要。
   あなたのスキルと同時に使用する。
   周囲にイメージや文字列を立体映像として投影する。
   だからと言って特に効果はないが、超クール。


■トポロジカルエラー
【エクストラ可】
ランク:上位
分類:魔法
SL上限:1
タイミング:メジャー
コスト:20
判定:魔法判定
対象:範囲(選択)
射程:0~5
効果:対象に〈鉄〉属性の魔法攻撃を行い、そのダメージに+10Dする。
   対象が[種族:機械]か、機械化している場合、さらに+10Dし、
   対象の【魔法防御】を0としてダメージを算出する。
   位相に欠陥を擬似的に発生させ、論理破壊を引き起こす大魔法。


■ラプラスコード
SL上限:1
タイミング:判定の直前
コスト:効果参照
判定:自動成功
対象:単体
射程:視界
効果:対象のリアクション以外の判定の直前に使用する。
   [電子妖精]を1体消費し、その判定に+2Dする。
   このスキルは自身を対象にできない。
   このスキルは戦闘中のみ使用できる。


■ステートプロキシー
SL上限:1
タイミング:効果参照
コスト:6
判定:自動成功
対象:単体
射程:0~1
効果:このスキルを取得するには[ファイアウォール]SL3が必要。
   対象がバッドステータスを受けた時に使用する。
   そのバッドステータスを打ち消す。
   1ラウンドに1回まで使用できる。


■ダミーレコード
SL上限:1
タイミング:メジャー
コスト:3
判定:自動成功
対象:効果参照
射程:0~1
効果:監視カメラや、記録媒体である電子製品などが対象。
   対象の記録を改竄する。
   この改竄を暴こうとした場合、使用者と情報収集判定で対決を行う。


■ポリューション・ミーム
SL上限:1
タイミング:メジャー
コスト:4
判定:自動成功
対象:シーン(選択)
射程:シーン
効果:対象の脳裏に情報を送信する。
   ほぼテレパシーと同一のように感じるだろうが、ほぼテレパシーと同一である。
   基本的に一方通行であり、この効果で特にデータ的な影響はない。
   このスキルは「L.Net」を所持していないと使用できない。


■電脳サバンナショップ
SL上限:1
タイミング:いつでも
コスト:6
判定:自動成功
対象:自身
射程:なし
効果:いつでも使用できる。
   あなたはアイテムをひとつ購入する。
   1シーンに1回まで使用できる。
   予め購入したアイテムが届く、あるいは購入しておいたことになるスキル。


■マナ・ストレージ
SL上限:1
タイミング:効果参照
コスト:なし
判定:自動成功
対象:効果参照
射程:0~2
効果:あなたはプリプレイで[メインクラスのCL×3]点の【仮想MP】を得る。
   射程内のキャラクターが【MP】を消費する時に使用する。
   その【MP】消費は、あなたの【仮想MP】から消費される。
   【仮想MP】が足りない場合は使用できない。


■外見偽装
SL上限:1
タイミング:メジャー
コスト:4
判定:自動成功
対象:単体
射程:0
効果:対象の外見を自由に変更する。
   ただし、あまりにもかけ離れた姿にはできない。
   羽を生やそうが水かきを生やそうが、能力には反映されない。
   変更した所で特に効果はないが、ケモミミをつけたり出来て楽しい。
   ただし、見た目しか変化しないため、見た目と実際の当たり判定が違ったりする。
   この効果は1シナリオの間、持続する。


■オーダーコンパイル
SL上限:3
タイミング:判定の直後
コスト:6
判定:自動成功
対象:単体
射程:視界
効果:対象の判定の直後に使用する。
   対象の行った判定のダイスをひとつ選び、裏返す。
   対象はこの効果を拒否しても構わず、その場合はスキルの使用回数に含まない。
   このスキルを使用する場合、代償として自身の【信仰】を1点減少させる。
   【信仰】が0点の時は使用できない。
   1シナリオにSL回まで使用できる。


■エーテルエディタ
SL上限:1
タイミング:ダイスロールの直後
コスト:8
判定:自動成功
対象:単体
射程:0~3
効果:対象のダイスロールの直後に使用する。
   そのダイスロールのダイスをひとつ選び、任意の目に変更する。
   目の選択はあなたが行うこと。
   このスキルを使用する場合、代償として自身の【信仰】を1点減少させる。
   【信仰】が0点の時は使用できない。
   1シナリオに1回まで使用できる。


■電子使い
SL上限:1
タイミング:パッシブ
コスト:なし
判定:なし
対象:自身
射程:なし
効果:あなたは電子機器がなくても、DVDやブルーレイ、HDDなどの、
   電磁記録媒体の情報を読み取ったり書き込んだりすることができる。
   難しい操作を行う場合、GMは情報収集判定によって目標値を設定してもよい。


■論理爆弾
SL上限:3
タイミング:判定の直後
コスト:8
判定:自動成功
対象:単体
射程:1
効果:対象が行った判定の達成値に-[SL×2]する。
   1シナリオにSL回まで使用できる。
   対象の意識に多量の情報を流し込み、混乱させるスキル。


■ポート開放
SL上限:3
タイミング:メジャー
コスト:10
判定:自動成功
対象:効果参照
射程:0
効果:現在地点と、指定した地点を結ぶポータルを設置する。
   ポータルを通過したキャラクターは、2地点間を一瞬で移動する。
   事前に[SL]個まで、移動先を設定しておくこと。
   この設定は該当地点にいればいつでも行えるが、
   現在地点と該当地点が共にインターネット接続できる環境下でなければならない。
   この効果は1シーンの間、持続する。


■生存フラグ
SL上限:1
タイミング:効果参照
コスト:なし
判定:自動成功
対象:自身
射程:なし
効果:あなたが[戦闘不能]になる時に使用する。
   あなたは[戦闘不能]にならず、シーンから一時的に退場する。
   [電脳獣]も同時に退場することに注意すること。
   退場時、あなたはシーンの終了と同様にスキルやアイテムの効果時間の終了や、
   バッドステータスの解除などを受ける。
   このラウンドの終了時、あなたは【HP】と【MP】を最大値まで回復し、
   再びシーンに登場する。
   1シナリオに1回まで使用できる。


■サウンドエフェクト
SL上限:1
タイミング:効果参照
コスト:1
判定:自動成功
対象:自身
射程:なし
効果:あなたのスキルと同時に使用する。
   そのスキルに効果音を付ける。
   このスキルと同時に[エフェクトアーカイブ]を使用できる。


■ジュークボックス
SL上限:1
タイミング:セットアップ/ムーブ/マイナー/メジャー/クリンナップ
コスト:2
判定:自動成功
対象:シーン
射程:シーン
効果:BGMが流れ始める。
   もしくは、流れているBGMを変更する。
   この効果は1シーンの間、持続する。


■ハイパーキネティック・ポジションリバーサー
SL上限:1
タイミング:いつでも
コスト:【LP】1
判定:自動成功
対象:単体
射程:0~2
効果:自身と対象の位置を入れ替える。
   対象はこの効果を拒否しても構わない。
   攻撃の対象選択からダメージ算出の終了までに使用した場合、
   対象の代わりに自分がその攻撃の対象となり、ダメージを受ける(あるいはその逆)。
   攻撃以外のスキルの対象になっている場合も、そのスキルの処理が行われる前なら、
   攻撃と同様に対象を入れ替えて効果を適用する。
   1ラウンドに1回まで使用できる。
   声に出して読みたいスキル名。


■デュアルコード
SL上限:1
タイミング:効果参照
コスト:10
判定:自動成功
対象:自身
射程:なし
効果:このスキルの取得には[コードキャスト]が必要。
   [コードキャスト]で指定したスキルを使用したあなたのメインプロセスの終了時に使用する。
   [コードキャスト]で指定した[タイミング:メジャー]のスキルを同じ対象に使用するメジャーアクションを行う。
   コストの不足、対象の不在など、同じメジャーアクションを行えない場合、このスキルは使用できない。


■アカシック・アナライシス
SL上限:1
タイミング:メジャー
コスト:効果参照
判定:自動成功
対象:自身
射程:なし
効果:使用時に【LP】か【信仰】を1点消費する。
   あなたはGMに行動の結果を質問することができる。
   どんな行動を取るかを併せて質問すること。
   その行動を取った場合に、どのような結果が齎されるかが回答となる。
   GMはこの質問への回答を拒否しても構わない。
   拒否した場合、コストは支払わない。


■ブレインハック
SL上限:1
タイミング:メジャー
コスト:5
判定:自動成功
対象:単体
射程:0
効果:対象の記憶を自由に改竄する。
   特定の記憶だけを消したり、存在しない記憶を植え付けたりすることができる。
   自身以外に使用する場合、対象はこの効果を拒否しても構わない。
   このスキルの効果中、使用者の【最大LP】は1点減少する。
   このスキルの効果は他の効果により解除されるまで持続する。
   記憶とは、所詮は電気信号に過ぎないものである。


■仮想現実の摩天楼
SL上限:1
タイミング:戦闘開始時
コスト:5
判定:自動成功
対象:シーン
射程:シーン
効果:このシーンを都会として扱い、[シティボーイ]を有効にする。
   このスキルの効果中、[シティボーイ]は戦闘中でも効果を発揮する。
   このスキルはインターネット接続できる環境下でのみ使用できる。
   周囲にビル群を投影し、自らの戦場であると定義する魔法。


■バーティカル・リープ
SL上限:3
タイミング:[コンバットプログラム]
コスト:6
判定:自動成功
対象:自身
射程:なし
効果:[コンバットプログラム]と同時に使用する。
   その[コンバットプログラム]では白兵攻撃を2回行う。
   また、その命中判定に+1Dし、射程に+[SL]する。
   1シナリオにSL回まで使用できる。


■サイバー・ビースト
SL上限:1
タイミング:パッシブ
コスト:なし
判定:なし
対象:自身
射程:なし
効果:あなたは[電脳獣]を1体所持する。
   [電脳獣]はあなたの味方であり、あなたの指示通りに行動する。
   あなたがシーンに登場すると共に登場し(登場させないこともできる)、
   あなたがシーンを退場すると共に退場する。
   戦闘開始時に[電脳獣]が登場していないなら、シーンに登場させることができる。
   ただし、[電脳獣]は「主人」がインターネット接続できる環境下のシーンにしか登場できない。
   また、[電脳獣]は[戦闘不能]になると消滅し、シナリオ終了までシーンに登場できない。
   [電脳獣]がスキルやなんらかの効果を使用する場合、そのコストは「主人」が支払う。
   「●電脳獣の作成について」も参照すること。


■絆の騎手
SL上限:1
タイミング:パッシブ
コスト:なし
判定:なし
対象:自身
射程:なし
効果:あなたの片手に[電脳獣]を装備している扱いとして、[騎乗状態]になる。
   あなたと[電脳獣]は通常通り行動できるが、[騎乗状態]である限り常に同じエリアに移動する。
   どちらかが移動した場合、もう片方も移動すること。
   この効果による移動は、移動を阻害するあらゆる効果や要素を無視する。
   この効果で装備している[電脳獣]は[大型バイク]としても扱う。


■電脳戦騎
SL上限:1
タイミング:リアクション
コスト:5
判定:自動成功
対象:自身
射程:なし
効果:あなたが[電脳獣]を装備した[騎乗状態]でなければ使用できない。
   あなたが攻撃の対象になった時に使用する。
   あなたの代わりに[電脳獣]が回避判定によるリアクションを行う。
   判定に成功すれば、あなたと[電脳獣]はその攻撃を回避したものとして扱う。


■バトルカスタム
SL上限:10
タイミング:パッシブ
コスト:なし
判定:なし
対象:自身
射程:なし
効果:あなたの[電脳獣]はSL合計が[SL×3]になるように、
   [電脳獣専用スキル]を取得・成長する。
   この効果で取得するスキルはプリプレイで変更しても構わない。
   このスキルのSLはスキルの効果で変更することができない。


■クァンタム・トンネリング
SL上限:1
タイミング:判定の直前
コスト:10
判定:自動成功
対象:効果参照
射程:0
効果:あなたか、あなたの[電脳獣]の回避判定の直前に使用する。
   その回避判定を自動成功に変更する。
   1シナリオに1回まで使用できる。
   分子の隙間を透過する確率計算を行い、それを現実に反映する魔法。



●電脳獣の作成について


[電脳獣]はスキル[サイバー・ビースト]によって作成される特殊なキャラクターである。
[電脳獣]を作成した[サイバー・ビースト]の取得者を、「主人」と呼称する。
[電脳獣]は「主人」の味方であり、「主人」の指示通りに行動する。「主人」のプレイヤーが行動を決定する。
[電脳獣]は「主人」がシーンに登場すると共に登場でき、「主人」がシーンを退場すると共に退場する。
[電脳獣]が戦闘開始時にシーンに登場していない場合、シーンに登場させても構わない。
[電脳獣]は「主人」がインターネット接続できる環境下のシーンにしか登場できない。

[電脳獣]は[電脳獣専用スキル]の効果以外でアイテムを所持・装備・使用できない。
[電脳獣]がスキルやなんらかの効果を使用する場合、そのコストは「主人」が支払う。
[電脳獣]の判定に対して、「主人」はそれが自身の判定であるかのように【LP】と【信仰】を使用できる。

[電脳獣]のMLは「主人」の元々のMLに等しい。
[電脳獣]は【HP】が[ML×5+【筋力】×2]であり、【MP】と【LP】と【信仰】を持たない。
[電脳獣]は全ての【能力値】が5であり、【物理防御】【魔法防御】【結界強度】が10である。
[電脳獣]の【攻撃力】は【筋力】であり、【魔法攻撃力】は【知力】である。
[電脳獣]の命中判定や【行動値】などの数値は、通常通り【能力値】から算出すること。

[電脳獣]は【LP】が0になっても死亡しないが、[戦闘不能]になると消滅し、シナリオ終了時までシーンに登場できない。
[電脳獣]は金銭や経験点を取得できず、成長させることはできない。
[電脳獣]はクラスを持たず、CLは全て0として扱う。
[電脳獣]はエクストラスキルを登録できない。
[電脳獣]は好意・敵意・信仰をスキルの効果以外で取得できない。

[電脳獣]は「主人」の[虚像]も「主人」と同様に扱う。
[電脳獣]の外見や大きさは自由だが、あまりにも大きすぎる・小さすぎるものは作成できない。
[電脳獣]のサイズの目安が必要な場合、0.5m~2m程度とする。


電脳獣専用スキル


■ファイタースタイル
SL上限:10
タイミング:パッシブ
コスト:なし
判定:なし
対象:自身
射程:なし
効果:このスキルは[電脳獣]のみ取得できる。
   あなたはSL合計が[SL]になるように、[戦士]スキルを取得・成長する。
   この効果で取得するスキルはプリプレイで変更しても構わない。
   取得条件のあるスキルは、取得条件を満たさなければ取得できない。
   このスキルのSLはスキルの効果で変更することができない。


■メイジスタイル
SL上限:10
タイミング:パッシブ
コスト:なし
判定:なし
対象:自身
射程:なし
効果:このスキルは[電脳獣]のみ取得できる。
   あなたはSL合計が[SL]になるように、[魔道士]スキルを取得・成長する。
   この効果で取得するスキルはプリプレイで変更しても構わない。
   取得条件のあるスキルは、取得条件を満たさなければ取得できない。
   このスキルのSLはスキルの効果で変更することができない。


■アタックスタイル
SL上限:5
タイミング:パッシブ
コスト:なし
判定:なし
対象:自身
射程:なし
効果:このスキルは[電脳獣]のみ取得できる。
   あなたが与えるダメージに+[SL×10]する。


■ウェポンマウント
SL上限:3
タイミング:パッシブ
コスト:なし
判定:なし
対象:自身
射程:なし
効果:このスキルは[電脳獣]のみ取得できる。
   あなたは以下のデータの武器を作成、所持して装備することができる。
   作成する武器の種別は[剣・槍・斧・短剣・拳]から選択すること。
   この効果で作成した武器は[電脳獣]しか装備できない。

   種別:任意     重量:0
   部位:片手・両手  命中:0
   射程:1      攻撃:[SL×10]
   魔法攻撃力:[SL×10]


■ヴァイタルアップ
SL上限:5
タイミング:パッシブ
コスト:なし
判定:なし
対象:自身
射程:なし
効果:このスキルは[電脳獣]のみ取得できる。
   【HP】に+[SL×10]する。


■アーマーアップ
SL上限:5
タイミング:パッシブ
コスト:なし
判定:なし
対象:自身
射程:なし
効果:このスキルは[電脳獣]のみ取得できる。
   【物理防御】と【魔法防御】に+[SL×3]する。


■ステータスアップ
SL上限:5
タイミング:パッシブ
コスト:なし
判定:なし
対象:自身
射程:なし
効果:このスキルは[電脳獣]のみ取得できる。
   【能力値】ひとつに+[SL]する。
   [ステータスアップ【筋力】]のように記述し、【能力値】ごとに別のスキルとして扱う。


■ハートレスサイト
SL上限:3
タイミング:パッシブ
コスト:なし
判定:なし
対象:自身
射程:なし
効果:このスキルは[電脳獣]のみ取得できる。
   命中判定と魔法判定に+[SL×2]する。


■パーソナルカスタマイズ
SL上限:3
タイミング:パッシブ
コスト:なし
判定:なし
対象:自身
射程:なし
効果:このスキルは[電脳獣]のみ取得できる。
   任意の判定をひとつ選択する。
   あなたが行う選択した判定の達成値に常に+[SL×2]する。


■アイテムスロット
SL上限:5
タイミング:パッシブ
コスト:なし
判定:なし
対象:自身
射程:なし
効果:このスキルは[電脳獣]のみ取得できる。
   あなたは[所持品]を[SL×2]個まで所持できる。
   この効果で所持した[所持品]は、[電脳獣]でも通常通り使用できる。


■ウィングフォーム
SL上限:1
タイミング:パッシブ
コスト:なし
判定:なし
対象:自身
射程:なし
効果:このスキルは[電脳獣]のみ取得できる。
   あなたは[飛行状態]になる。


■マルチロック
SL上限:3
タイミング:マイナー
コスト:6
判定:自動成功
対象:自身
射程:なし
効果:このスキルは[電脳獣]のみ取得できる。
   このメインプロセスで行う攻撃を[対象:SL体]に変更する。
   1シナリオにSL回まで使用できる。


■デュアルキャスト
SL上限:1
タイミング:マイナー
コスト:10
判定:自動成功
対象:自身
射程:なし
効果:このスキルは[電脳獣]のみ取得できる。
   このメインプロセスで行う[分類:魔法]の攻撃は、
   【魔法攻撃力】を2倍にしてダメージ算出を行う。
   ただしメジャーアクションのコストも2倍になる。


■絆の守護
SL上限:1
タイミング:ダメージロールの直後
コスト:なし
判定:自動成功
対象:効果参照
射程:0
効果:このスキルは[電脳獣]のみ取得できる。
   [主人]のキャラクターしか対象にできない。
   対象に[カバー]を行う。
   自身が[行動完了状態]でも使用でき、[未行動]でも[行動完了状態]にならない。


■クロスアタック
SL上限:1
タイミング:ダメージロールの直前
コスト:10
判定:自動成功
対象:単体
射程:0
効果:このスキルは[電脳獣]のみ取得できる。
   [未行動]でなければ使用できない。
   対象のダメージロールの直前に使用する。
   そのダメージに+[ML×2]する。
   対象が[主人]の場合、さらに+[ML×2]する。
   このダメージは、他のスキルによるダメージ計算が終わった後、実ダメージの計算前に加算する。
   その後、あなたは[行動完了状態]になる。


■エクストラチップ
SL上限:3
タイミング:効果参照
コスト:【LP】1
判定:自動成功
対象:自身
射程:なし
効果:このスキルは[電脳獣]のみ取得できる。
   【エクストラ可】のスキルと同時に使用する。
   [増幅][再動][貫通][強化]からひとつを選択し、同時に使用したスキルにその効果を適用する。
   1シナリオにSL回まで使用できる。


■ラストアクション
SL上限:1
タイミング:効果参照
コスト:なし
判定:自動成功
対象:自身
射程:なし
効果:このスキルは[電脳獣]のみ取得できる。
   あなたが[戦闘不能]になった時に使用する。
   あなたは[戦闘不能]によりシーンから退場する直前に、メインプロセスを行う。
   この効果の終了後、あなたは通常通り[戦闘不能]になり、シーンから退場する。