キングダム次元

“災禍の獣” キングダム

「人よ、より成長し、より良き者となり、私へと帰りなさい」
──女神スフィーアの言葉、創世神話より

文化 宗教観 食文化 治安 法制度 主要国家
【中世】 【一神教】 【肉中心】 【注意】 【魔女裁判】 人魔統一国家



次元概要


ガイアの中世西洋世界にも似た景観の中に独自の魔法文化が発達している次元。
人間国家群魔王国、そして人魔統一国家の三勢力が常に戦争状態にある。

最大数の人間種、エルフ・ドワーフなどの人に近い姿をした亜人種
吸血鬼やゴブリンなどの人外の力を持った魔人種がおり、それぞれの勢力を築いている。

また、自然発生し人を襲う魔物とその発生源たるダンジョンへの対処のため、
多くの国家には冒険者ギルドが存在し、魔物の討伐及び素材収集を行っている


創世神話


女神スフィーアは混沌をかき混ぜ海を作った。
次に海の中の濁りをすくい上げ、大地を作った。
海の中に残った混沌は生命となり、生命は波とともに大地を満たした。

女神は生命で満たされた世界の成長を促すため、自らの体をちぎり知恵ある人類を生み出した。
人類は女神の体をちぎって生まれたため、女神の姿によく似ていた。

女神は人類に言われた。
「人よ、より成長し、より良き者となり、私へと帰りなさい」
人は女神より生まれ、女神へと帰るようになった。


……これは、キングダム次元のあらゆる人々に伝わる創世神話である。

この次元の起源は一人の女神から始まっている。
女神は無の中に海と大地を作り、海と大地は生き物を育んだ。
そうして混沌とした世界をより成長させるため、女神は自らの体をちぎり、知恵ある人類を生み出した。
人類はより高い能力、より良い文明を築き、女神のもとに帰ると言われている。

キングダムの人類種は皆この女神スフィーアを信仰している


地理


キングダムには三つの大陸が存在し、それぞれが人類種の活動圏となっている。
※中央がスクエア大陸、西がペンナル大陸、東がアングル大陸

スクエア大陸

人魔統一国家ノン・キングダムの領地として栄える大陸。
他二つの大陸と比べて半分以下の面積しかないが、一国だけの大陸はここのみだ。

人魔統一国家ノン・キングダム

『英雄王』アズラエル・キングダムの治める、次元で唯一種族差別の無い国家

かつてはヒューム・キングダムという国家が存在していたが、
11年前に現国王のアズラエル・キングダムが起こした革命によって
ヒューム・キングダム体制が崩壊し、10年前より新たにノン・キングダムが成立した。

英雄王とその仲間および彼に賛同した有力者により統治されており、
キングダムの次元においても一歩進んだ技術や文化を有している。

その反面、次元全土にわたる侵略国家としての側面も持っており、
自国へと宣戦布告をしてきた国家はそれがどんな遠方であろうと尽く滅ぼしている。
結果的にこの国に手出しをする国はなくなり、次元一平和な国とすら言える状況にある。

次元旅団のキングダム支部が存在するのもこの国家。

『英雄王』アズラエル・キングダム
「僕はどんな時でも平和のために戦う、それが素晴らしいものだと知っているから」
英雄の中の英雄、史上最強の戦士、すべての味方、すべての敵。
あらゆる呼ばれ方をする英雄王であり、人魔統一国家ノン・キングダムを治めている。

ペンナル大陸

人間種を中心とした国々が点在する大陸
アングル大陸と同程度の面積であり、人間種の国同士が社会性によってお互いの領土を維持している。

神聖統合国アーラン

教皇庁と神授王の治める、最も治安がいいとされる国家。

すべての人間の意志は神の元に統合されているとされ、貧富の差は存在しない。
その反面、人間以外に対しては非常に苛烈であり、国内ではその全てが奴隷化されている。
人間にとっては良い国であり、人間以外にとっては入ることすら躊躇われる国である。

『大教皇』ミハイル・タルムド
「行動し、成長すること、それこそが神の求めるものであり、退化こそが最も忌避するべきことである」
教会という組織の頂点、完全なる者、奇跡の血。
様々な呼び名を持つ超常の者、ペンナル大陸において彼に逆らえる人間は誰ひとりとして存在しない。

アングル大陸

魔人種を中心とした領土が群雄割拠する大陸。そのため、魔人領域とも呼ばれている。
大陸内はでは魔人種がお互いに争い合い、縄張りを作り、独特な文化を築いている。

魔法統治領リブラ

『魔帝』イズラーイールが頂点に立つ魔人領域最大の統治領。

魔法や知識、あらゆる技術の発展にのみ力を注がれており、その智慧は次元最高峰。
その反面、力なき者や知恵なき者はこの領土において立場はなく、恩恵を受けることは難しい。
人種問わず力こそが全てであり、奇人変人あるいは狂人でなければこの地を目指すことはないだろう。

『魔帝』イズラーイール
「我はどのような時でも殺すために戦う、それが必要なことだと知っているからだ」
魔王の中の魔王、史上最強の魔女、万物の敵、万象の理解者。
あらゆる異名を持つ魔王、キングダム次元において魔法統治領リブラを統べている。


種族


人間種

キングダムにおいて最大数を誇る人種。
ガイアで言う所の人間、混血、魔族が入り混じっている。
基本的には他種族に対して排他的であり、亜人種すら毛嫌いしている国が大半である。

亜人種

エルフやドワーフ、人に近い姿をした獣人族などが該当する種族。
その多くは魔人たちではなく人間たちの領域に住んでいるが、立場がいいとは言い難い。
国によっては人権を認められているのだが、神聖統合国の影響が強い国では奴隷か排斥の二択となっている。
そんな姿が大きく違う彼らであるが、能力的にはガイアで言う所の混血や魔族、鬼人に該当している。

魔人種

人型と呼べるが大きく姿が違う、あるいは人よりも大きな地力を持つ種族こそが魔人種だ。
悪魔、吸血鬼、ゴブリン、ミノタウロス……他の区分よりも種類そのものが圧倒的に多い。
彼らは基本的には魔人領域に種族ごとに固まって生活を送っている
ガイアで言う所の幻想種、鬼人、妖精、不死などが該当するだろう。


魔物とダンジョン


魔物

キングダム次元における人々の共通の脅威、それが魔物である。

キングダムの世界では、魔物は自然発生する。
人類の開拓した土地では強い魔物はあまり発生しないが、
人の手が及んでいない土地ではより強力な魔物が発生し、時にはダンジョン化する。

体内に魔石を保有し、強い生命力を持ち、大抵は普通の生き物より遥かにしぶとい。
そして、人類種に対して憎悪を持っているかの如く、自らの危険を省みず襲いかかってくる
キングダムの住民たちはこれらの脅威を撃退、あるいは利用して生活を送っている。

ダンジョン

ダンジョンとは、魔物たちが湧き出てくる迷宮じみた穴のことである。

定期的に中の魔物を駆らなければダンジョンから魔物が溢れ出し、
ひいては魔物たちが周囲の生き物を殺し尽くす『氾濫』が起きる。
そのため、冒険者たちは定期的にダンジョンへと潜り、魔物を狩ることを期待されている
冒険者の数が足りなければ、冒険者ギルドより応援が派遣されることもある。


冒険者ギルド


冒険者とは、キングダムの人々が常に晒されている脅威である魔物達を討伐するための職業だ。
そして、その冒険者たちや依頼、魔物の素材などを管理するための組織が冒険者ギルドである
ある程度大きな街であれば必ず一つ、小さな町であっても出張所や派遣員と言った形で存在している。

冒険者の組むチーム

冒険者は3~5人程度のチームを組んで活動を行う

1人であれば怪我や体調不良に見舞われた時にほとんどの場合に死亡してしまうし、
2人であれば一人が怪我をした時に見捨てるしかなくなってしまう。
3人以上であれば一人が怪我や体調不良により動けなくなったとしても様々な対処が出来る。
こうした理念は古くから伝承などの形でキングダムの各地に伝わっている。

この人数での行動は『チーム』と呼ばれ、大抵の場合はチーム名を持っている。
また、チーム同士が更に協力し、大きな人数となると『クラン』と言う呼ばれ方へと変化する

大規模クラン『次元旅団』

キングダムにおける次元旅団の活動はこの大規模クラン『次元旅団』によるものとなっている。
ノン・キングダム首都のギルドマスターの協力で成り立っており、指名依頼が来る程度の信頼は勝ち得ている。
人間の姿をした者や高い戦闘能力を持つ者が多いため、場合により魔人領域や人間の国で依頼を行うこともある。

『次元旅団キングダム支部長』フェリシティ・ロバーツ
「大いなる探求への道は日々の一歩から。さあ、今日もあたし達の冒険を始めましょう!」
大規模クラン『次元旅団』代表者にして次元旅団キングダム支部の支部長を務める女性。
活発にして聡明、ちょっとお茶目。キングダムの神話や遺跡に大きな関心を向けている。


魔法


現在、キングダムの魔法学校で主流となっているのは三つの魔法法則である。
それぞれ『キャスト(詠唱)』『ドロウ(描画)』『モーション(動作)』と呼ばれており、
魔法学の授業もこの三つの内どれかを専攻することとなる。
なお、キングダムにはこれら以外の魔法も存在しているが、公的機関では研究はほとんどされていない。


法制度


キングダムにおける法律は各大陸と国家ごとに細部は異なっているが、
権力者、あるいは強者による裁決こそが全てであるということは共通している。

ノン・キングダムの法制度

ノン・キングダムでは「父母を敬うこと」「殺人をしてはいけないこと」などの
九つの戒律とそこから派生する法律がアズラエルと彼の支持者たちによって定められている。

ペンナル大陸の法制度

人間種による社会が成り立っているペンナル大陸には裁判が存在している。
その中でも重要な裁判で罪の是非を決めるのは教会の派遣する【審問官】達である。

魔人領域の法制度

魔人領域に法制度は存在しない
住民は神と力を敬い、正しく強く生きることを守っている。


歴史


キングダム次元の歴史には大きく二つの断裂が存在しており、
そのどちらも当時の古代文明の滅亡によって引き起こされている。

2000年前まで存在していた神調文明【ヒューマノイル】
1000年前まで存在していた魔動機文明【ルフ・ピカ】
これらの文明が滅亡した理由の多くは今も謎に包まれている。


まだこの次元について知り足りない者のために、冒険者ガイドブックを用意した。
どうか心行くまで知的探求を楽しんでもらいたい。

次元旅団キングダム支部長、フェリシティ・ロバーツ

最終更新:2019年12月22日 16:21