PG > アイアンファング・インヴェイジョン

アイアンファング・インヴェイジョン・プレイヤーズ・ガイド Ironfang Invasion Player's Guide


 Ironfang Invasion Adventure Pathはニアマサスの眠れる町、Marideth側の上流あるいは下流50マイルの唯一の交差路のそばにあるファエンダールPhaendarから始まる。キャンペーンは、地方の職人、農家、鉱夫、羊飼い、トレーダー、罠師が、次の季節を簡単に生きるためにタムランの「大都市」に彼らの原料――完成した賞品、衣類、魔法、アルコールなど――を送り、季節の市場のお祭りのために集まるところから始まる。PCはファエンダールの長年の居住者、戦争から復帰した負傷した退役軍人あるいは、自分の商品を売るために到着した罠師や農民、友人を追いかけた者、次の季節のために買い込んだ者、無慈悲な敵によって遭遇した者などである!

集結 COMING TOGETHER

 ファエンダールは小さな町であり――かろうじて400人程度となっている人口は保安官が目を離さないのに十分近い場所に永続的な家を建てている――住人はお互いを知っており、さらに西部にあるニアマサスからの定期的な訪問者でさえ隣人とみなしている。理想的には少なくとも一人のキャラクターこの小さな町の生まれであり、他のキャラクターは少なくとも数名の住人が名前を知っている程度に十分な頻度で訪れている理由が必要である。キャラクターがファエンダールあるいはその周辺近郊に住んでいる理由をキャンペーン特徴の多くは提供している(7ページ参照)。プレイヤーがファエンダールの周囲の国々と地域に順応するのに役立つようなニアマサスの短いガイドが8ページ以降にある。このガゼッタはニアマサスの意味を理解するのに役立つが国の詳細の多くはPathfinder Campaign Setting: Lands of Conflictにある。
 君のキャラクターがファエンダールではなくニアマサスに結びついている場合、その人は首都タムランの商人か政治家かもしれず、地方の資源の売買のために最近到着した;モルスーンの最前線から南へ向かう軍の退役軍人や、ニアマサスのパン籠の補給任務;行動範囲から遠く離れて国で回復を待つ負傷した軍人;あるいは国から逃げている間に通りがかった民兵の逃亡者。
 ニアマサスと強い関係性のないキャラクターはエンカーサン湖に接している国からの貿易のための探検隊の一員である場合もある。ヴァリシアの隊商は北西へとBloodsworn Valeを時折横断し、暖かい月にはニアマサスとの間を移住する。ニダルから西へと向かった難民は時折マインドスピン山脈での危険な旅路を生き残り、ニアマサスが彼らの陰で覆いつくされている祖国と比較してパラダイスだとわかる。君のキャラクターはベルクゼンの手近郊の不毛な地に住むオークの部族から逃げてきたハーフオーク、ファング森の野生動物に対する自身の技量に挑戦するキョーニンからやってきた遊び半分のエルフのハンター、政府のために適切なレポートを準備し戦争のための地図作成に来たアンドーランタルドールからの探検家であるかもしれない。君のキャラクターはさらに珍しいものの場合があり――ニアマサスの荒野は社会で考えられているより多くのモンスターの避難場所とみなされている――あらゆる種類のクリーチャーや犯罪者がネシミアン平原とマインドスピン山脈の相対的な孤立地帯へと逃げ込んでいるかもしれない。
 いずれの場合でも、このAdventure Pathは君のキャラクターがその地域へ個人的な強い投資をしている場合、侵略してくるモンスターに反攻する理由がある場合、来た場所へと戻っていく理由がない場合に最適である。Ironfang Invasionによって襲われた多くの人々はより安全な村へと逃げようとしている;冒険者を作ることは、君の家、君の富、君の愛する者を取っていく野蛮人を追い払うことである!

キャラクター・チップス CHARACTER TIPS

 Ironfang Invasion Adventure Pathを遊ぶとき、どのようなキャラクターにしたらいいだろうか?荒野での生存術、ダンジョン探検、はるかに巨大でよい装備を持った軍隊に対するゲリラ戦のテーマにどのようなキャラクターが適しているか?以下のヒント、提案、キャラクター・オプションは、このAdventure Pathで抱えている挑戦と危険に対処することに最適なキャラクターを作成するのに役立つ。以下の提案は徹底されるものではなく、このキャンペーンで見つけることができる数千ものコンセプトがある。Ironfang Invasion Adventure Pathのキャラクターの詳細についてはpaizo.comのmessageboardsにアクセスし、このキャンペーンを遊んでいる他の人と、君の経験や質問を共有してください。

属性 Alignment

 Ironfang Legionに反撃することは、特定の道徳的な展望に限定されるものではない。このAdventure Pathは善良な市民を守ることから、平和を取り戻すことから、栄光と富を先頭の戦利品として奪うことまで、善あるいは中立の冒険者のための多くの動機づけを提供している!NPCが彼らの家の復旧と家族の保護を望む一方で、個々のこもったPCと欲深き傭兵に動機づけをし、行われるサービスへ対価を喜んで支払うだろう。悪の冒険者(ゲーム・マスターの許可を得てください)でさえもその同じ富と名声を楽しんでいるかもしれないし、個人的に誤解しているか財産を破壊するモンスターに対する復讐するあらゆる可能性があるだろう。

アーキタイプとクラス・オプション Archetypes and Class Options

 Ironfang Invasion Adventure Pathの大部分はニアマサスの荒野――特に虚ヶ丘とファング森――を探検し生き残り、不吉なモンスターに襲われたダンジョンや砦を調査し、最古のフェイとドワーフの住人が残した土地の古代の神秘を調べることである。すべてのキャラクター・クラスがこのAdventure Pathに適しているが、都市部での冒険を重視しているキャラクター・クラスが目立つ機会はほとんどない。このキャンペーンの多くは、特に最初の2つは、荒野での生存に焦点を当てているため、自然環境に住むようなクラス――バーバリアン、ドルイド、ハンター、キネティシスト、レンジャー、シャーマンなど――は直面している初期の挑戦に簡単に対処できる(おそらくパーティ全体が荒野にテーマを与えられたキャラクターから成るならば、あまりにも簡単なものとなるだろう)。Ironfang Invasionは大規模な居住地にはほとんど行かないため、大型や珍しい随伴者――動物の相棒や幻獣など――を持つプレイヤーは地元の人たちを怒らせることを避けるために基本クラスの特徴を残す必要はほとんどない。
 潜在的に有用なアーキタイプが以下のものである。
  • 弓使い(ファイター) Pathfinder RPG Advanced Player’s Guide収録
  • 強盗(ローグ) Pathfinder RPG Ultimate Combat収録
  • 獣の騎手(キャヴァリアー) Ultimate Combat収録
  • Green Faith marshal(インクィジター) Pathfinder Player Companion: Heroes of the Wild収録
  • Guerrilla(ローグ) Pathfinder Campaign Setting: Inner Sea Intrigue収録
  • Herb witch(ウィッチ) Heroes of the Wild収録
  • 聖なる案内人(パラディン) Pathfinder RPG Advanced Class Guide収録
  • Nirmathi irregular(レンジャー) Pathfinder Campaign Setting: Inner Sea Magic収録
  • 斥候(ローグ) Advanced Player’s Guide収録
  • 遊撃兵(レンジャー) Advanced Player’s Guide収録
  • 罠使い(レンジャー) Pathfinder RPG Ultimate Magic収録
  • 野生の声(バード) Advanced Class Guide収録
  • 自然の子(ブローラー) Advanced Class Guide収録

 これらのオプションに加えて、Advanced Class Guideでは、荒野を守ることに献身的なキャヴァリアーの騎士団ビースト騎士団も紹介している。
 上級クラスへと進む面白いキャラクターには多くの選択肢がある。自給自足やグループをサポートすることを重視するものは、彼らの能力を使用する多くの機会がある。以下の提案はIronfang Invasion Adventure Pathのテーマに最もよく合ったものである:アーケイン・アーチャー、darechaser(Pathfinder Player Companion: Paths of the Righteous)、Green Faith acolyte(Pathfinder Campaign Setting: Paths of Prestige)、hinterlander(Paths of the Righteous)、ホライズン・ウォーカー(Advanced Player’s Guide)、ネイチャー・ウォーデン、(Advanced Player’s Guide)、ストールワート・ディフェンダー(Advanced Player’s Guide)。

血脈、神秘、守護者 Bloodlines, Mysteries, and Patrons

 多くのソーサラーあるいはブラッドレイジャーの血脈はIronfang Invasion Adventure Pathで実行可能な選択肢であるが、以下のテインはテーマに沿っているか、このキャンペーンに特に適した能力を提供する:地底(Advanced Player’s Guide)、運命の子、元素、フェイ、植物(Advanced Player’s Guide)。Adventure Pathのテーマに強く合ったオラクルの神秘とシャーマンの霊は闘争、伝承、自然、石、木(Ultimate Magic)である。Ironfang Invasionに適当な守護者は動物、元素、耐久、治癒(Ultimate Magic)、plant(Heroes of the Wild)、変成、欺瞞、復讐(Ultimate Magic)を含む。
 もちろん、これらの選択肢は提案にすぎず、プレイヤーはこれらの選択肢に限定されるべきではない――Ironfang Invasion Adventure Pathでは、ほとんどの血脈、神秘、霊、守護者が上手く機能するだろう。

使い魔と動物の相棒 Familiars and Animal Companions

 キャラクターはアヴィスタン大陸全域を渡りそして大陸を超えてIronfang Invasionを開始する。ニアマサスの自由放任主義の文化では都市の場所で不適当であったり手に負えないようなものであっても、動物の相棒や使い魔として適切なものである。この地域に住むあるいは地域にあった動物を選択したい場合は、もう少し選択があったほうがよいだろう。以下の使い魔は、ファング森とネシミアン平原の地形と気候を考慮した良い選択肢である:バットB1、キャットB1、フォックスB3、ゴートB3、ホークB1、ヘッジホッグUM、ハウス・センチピードUM、アウルB1、ピッグB3、ラビットrabbitPathfinder Player Companion: Animal Archive、ラクーンB3、ラットB1、レイヴンB1、スカンクB3、スロースB4、スクイラルsquirrelAnimal Archive、トードB1、ウィーゼルB1
 以下の動物は、ニアマサス西部全域で見つけることができる動物の相棒や乗騎に適した選択肢であり、キャラクターの既存の動物の相棒が死んだ際にすぐに利用可能な代替品である:オーロックスB1、バジャーB1、ベアB1、バード(イーグル、ファルコン、ホーク)B1、ボアB1、スモール・キャット(リンクスあるいはマウンテンライオン)B1、ディグモールB5、ダイア・ラットB1、ドッグB1、ホースB1、マインドスピン・ラムmindspin ramPathfinder Adventure Path #91、ラムB2、スタッグB4、スワンB4、ジャイアント・ウィーゼルB4、ウルフB1
 加えて、Pathfinder Adventure Path #115: Trail of the Huntedのbestiaryに記載されているものはPCが動物の相棒・使い魔として選択することができるニアマサス原産の動物である。GMにこれらを使用可能か相談してください。

得意な敵と得意な地形 Favored Enemies and Favored Terrains

 Ironfang Invasion Adventure Pathの大部分は、穏やかなネシミアン平原Nesmian Plainsへのファング森 Fangwoodの大森林から険しい虚ヶ丘Hollow Hillsまで、ニアマサス南部が舞台となる。得意な地形の最良の選択は、森林と地下であり、平地と山岳(ともに丘を含む)は共に追加の良い選択肢である。手堅い得意な敵の選択は、フェイ人型生物(ゴブリン類)、魔獣植物である。

出身 Origins

 キャンペーンの場所からするとキャラクターはニアマサス出身か、定期的に地域に訪問する正当な理由があるだろう。多くの場合、地元の罠師、ハンター、木こり、兵士、斥候である。ニダル、ヴァリシア、ベルクゼンの領土、ラストウォールは全てニアマサスと国境を接しており、エンカーサン湖で国境を接する国々はニアマサス以外の出身のキャラクターのための良い出身地である。ここから遠い場所として、ファエンダールと周辺地域は、チェナサルド・レンジャーChernasardo Rangersやニアマサスの軍隊に参加する若く有望な希望者の訓練から、南側の相対的に平穏な中で負傷した退役軍人、そして遺産や信仰から迫害を避けた部外者から奇妙な探検家や研究者に至るまで多種多様なキャラクターをひきつけている。Ironfang Invasion Adventure Pathのキャラクターはどこからでも生まれることができるが、ニアマサスに滞在し、新しい戦争で破壊された国を利用している怪物に反撃する理由がなければならない。

ホブゴブリンをどのようにプレイするか? CAN I PLAY A HOBGOBLIN?

 ゲーマーは除け者か、一匹狼を遊ぶのが好きならば、一部ではホブゴブリンの侵略に反撃するためのキャンペーンとしてホブゴブリンをプレイすると決める者もいるだろう。ホブゴブリンのプレイヤーはAzaersiがあまりに無作法で自身の身内を危険に晒すと思ったIronfang Legionからの亡命者であったり、Ironfang Legionが奉仕へと採った他のホブゴブリンの軍からの難民であるかもしれない。しかしながら、ホブゴブリンの社会は思いやり、強力、家族の一体感を避け、速い年齢でこれらの特徴を子供たちから離れていくので、Legionに戦うための斧を持ったホブゴブリンでさえ、自分たちの種族に対して人間と協力することはまずなく、善属性のホブゴブリンは例外的な状況なしで聞いたことはほとんどない。プレイヤー・キャラクターのホブゴブリンは戦争が一度始まるとニアマサスのどこに行っても不信と憎悪を生み出すだろう;ニアマサスの人々は現在彼らの親類を奴隷にしている無慈悲なホブゴブリンの大群で苦しんでおり、どのようなホブゴブリン――と一緒にいる者――も潜在的なスパイ、斥候、破壊活動者であると考えている。この疑念は価格の増加と【魅力】に基づく技能判定への状況ペナルティの増加に主に現れる。
 潜在的に破壊的なキャラクター・コンセプトにすることを決める前にゲーム・マスターに意見を聞いてください。

言語 Languages

 Ironfang Invasion Adventure Pathは潜在的な同盟国と交渉をし、古代の歴史を解明し、敵を偵察する機会をキャラクターに提供する。ニアマサスの最も一般的な言語は、共通語とハリト語であり、ドワーフ語とエルフ語の話者のネイティヴがいる。追加言語の選択肢を持つキャラクターは、森語を話ならば、その地域の歴史について多くのことを学び、竜語、ゴブリン語、地下共通語の知識をある者が、非人間の敵と交渉したり脅迫したりすることができる。

種族 Races

 ニアマサスはアヴィスタン大陸の中央にあるが、主に未開の荒野と造られて1世紀にも満たない植民地の街で構成されている。ニアマサス人の大部分は、ケレッシュ人、ケーリド人、タルドール人、ヴァリシア人の家系である――しばしば、単一の親族で混血している。ニアマサスはかつてシェリアックスとヴァリシアの植民地を結ぶ貿易ルートの一部であったため、世界各地の人間の遺産が国中で見つかる。
 他の多くの人型生物の種族も地域を家と呼ぶ。ベルクゼンの領土からの孤児や難民の多くは、荒野の国で多数派である人間以外の種族である。ニアマサス南部の位置している現存するスカイ・シタデルSky Citadelsの一つ――クラッゴダンKraggodan――はドワーフの職人、商人、戦士たちは国中の日常的な光景であり、ジャンダーホッフやGlimmerholdのような近くのドワーフの居住地に出入りすることもある。ノームとハーフリングもかなり一般的な種族であり、この新緑の地の新しい機会と古代の神秘によってひきつけられている;特にハーフリングはシェアリックスやモルスーンから解放された奴隷がやってくる傾向がある。エルフ全体がファング森の原始の荒野にひきつけられることに気が付く一方で、ハーフエルフ、エンカーサン湖を渡ったキョーニンからの難民や無法者はニアマサスの人口のかなりの部分を占める。
 あまり一般的でない種族もニアマサスを居住地と呼んでいる(ゲーム・マスターの承認が必要があるが)。ドルーマ近くのラットフォークは、武器がほしくてたまらなく、利用されていない資源が豊富な土地としてニアマサスを見ている。ダンピールとフェッチリングは近隣のニダルから逃げている難民の間で時折多数いる。ニアマサス自体にはウンディーネのジンニーキンの小さな集団が在住しており、国の神秘的なマーチング泉の近くで済む家族によって時々生まれる。まれに、ラストウォールのアアシマール、ウースタラヴのチェンジリングやスキンウォーカーがニアマサスに侵入し、彼らの過去から逃げることを望んでいる。

宗教 Religion

 宗教はIronfang Invasion Adventure Pathの基礎ではないが、信仰はニアマサスの人々にとって深く重要であり、信仰呪文の術者は野生の場所の中では秘術や念術の術者よりはるかに一般的なものである。ほとんどのコミュニティではハンターの君主と小さなコミュニティの指導者としてエラスティルを崇拝している。自由と猛勇の神であるカイデン・カイリーエンは自分自身を自由の戦士と考える人々に非常に人気がある。ゴルムとアイオーメディは共にモルスーンの正面から両側に沿って強い支持を楽しんでいるが、混沌と自由意志のニアマサスでは鉄の侯爵の借地を密接に固守する。キョーニンとニアマサスの近さは一部の異端者をエルフの神へと招待し、特にカリストリアのカルトは国全土に熱心な崇拝者を見つけることができる。
 Green Faithはニアマサスの人々にとって極めて重要である。多くの一般市民がカルトの基本的な入居者を知っており、彼らが仕事を開始する前に、様々な罠師や木こりがその土地に毎日敬意を表する。簡単には地域の者はGreen Faithとその崇拝の中心におり、Crystalhurstの隠れたコミュニティはドルイド、ハンター、レンジャーのキャラクターによって優れた故郷を提供する。

技能と特技 Skills and Feats

 Ironfang Invasion Adventure Pathを遊ぶキャラクターは、幅広い技能と能力の恩恵を受けるだろう。それは、荒野やダンジョンの危険性に耐えることにキャラクターを役立たせる技能には大きな利益があるということである。〈生存〉〈隠密〉の両方がこのキャンペーンでの最初のほうでは重要な役割を果たし、様々な地形が、〈軽業〉〈登攀〉の価値を示す機会を与える。通常通り〈知覚〉はほぼすべての冒険者にとって便利な技能である。君の周囲と敵を理解することも便利である;〈知識:神秘学〉〈知識:地域〉〈知識:自然〉は最も効果的である。
 Ironfang Invasionの間、キャラクターは通常当然のことながら得られる多くのリソース、特に大都市によって提供されるようなものへの使用権が制限される。ニアマサス最大の都市タムランは、Adventure Pathでは目立った場所ではなく、4レベル以下の術者と4,000gp以下の魔法のアイテムを提供することができる小さな街である。従ってキャラクターの自給自足を向上させるような特技、アイテム作成特技、《物質要素省略》、《Herbal Components》Heroes of the Wild《錬金術体得》《こんなこともあろうかと》《魔女のナイフ》などは、プレイヤー・キャラクターへと供給し、信頼できるインフラストラクチャーの欠如にも準備しておくのに役立つ。

詳細を知りたい場合は?

 何冊かの書籍が君のIronfang Invasion Adventure Pathのキャンペーンにより多くの視点と知識を提供する。以下のものは必要ではないが、このキャンペーンをプレイするにあたり非常に有用なものであり、刺激的なことを与えるかもしれない追加の情報源である。

ゲーム・マスター用

 Pathfinder Campaign Setting: Lands of ConflictとPathfinder Campaign Setting: Races of the Inner Sea(ホブゴブリン)

プレイヤー用

 Pathfinder Player Companion: Heroes of the WildとPathfinder Adventure Path #75: Demon’s Heresy (Green Faith)

特徴 Traits

 以下に挙げるキャンペーン特徴に加えて、ニアマサス西部の原住民の間では、Advanced Player’s Guideからいくつかの特徴が一般的であり、適切である(そして、Ironfang Invasionで有用な特定の技能と能力へのアクセスを提供する):〔養子〕、 〔動物の友〕、〔自然の子〕、〔緑を愛するもの〕、 〔苦難の人生〕、〔不屈の酒呑み〕、〔節約の魔術師〕、〔退役軍人〕、〔我慢強い楽天家〕、〔赤貧〕、〔戦闘熟練者〕。Heroes of the Wildもこのキャンペーンに適切ないくつかの特徴を収録している、特に、〔Beastkin〕、〔Self-Reliant〕〔Green-Blooded〕〔Survivalist〕、〔Wild Domesticator〕、〔Wild Ferocity〕、〔Wild Shadow〕、〔Wild Stride〕。

キャンペーン特徴 CAMPAIGN TRAITS

 Ironfang Invasion Adventure Pathは非人道的な侵略者に対抗する運動においてニアマサス全域でプレイヤーをキャンペーンへと連れて行く。このキャンペーンはファエンダールの人間の街で始まり、プレイヤー・キャラクターは共同体あるいはその周囲近郊の生まれでなければならない。そうでなければ、その地域へ投資し続ける何らかの理由のある新しい執着者である。彼らの背景に関係なく、全てのキャラクターは侵略軍に反撃するか、無慈悲な征服者に奪われた土地を再生することに既得権がなければならない。
 各プレイヤー・キャラクターは、キャラクター作成時に使用できる2つの特徴の1つとして、次のキャンペーン特性の1つを選択する必要がある。
 〔動物に囁くもの〕/Animal Whisperer:君は人々のより動物の回りで人生の多くを過ごし、動物のほうが理解するのが簡単だとわかった。君は〈動物使い〉判定に+1の特徴ボーナスを得て、〈動物使い〉は常に君のクラス技能となる。態度が中立的か友好的である限り、君が芸を行うために野生動物に「急き立てる」ことを試みるときは+5に特徴ボーナスは増加する。まるで彼らが人型生物であるかのように、(魅了)あるいは(強制)の呪文を動物の種別のクリーチャーを目標にすることができるが、動物が自分の意志を伝える異なる能力がない限り、君は特定の要請を伝えるために目標を「急き立てる」ための〈動物使い〉判定で成功しなければならない。
 〔頭から離れぬ影響〕/Blight-Burned:君はファング森の奥深くで育ったが、君の幼少期にDarkblight が君のコミュニティ追い出し、荒廃したフェイは君の友人や家族を攻撃した。逃げた後でさえ、君はかろうじてこの世ならざる菌類の病気の感染から生存したが、試練から未だ酷い傷痕に耐えている。君は病気あるいは毒(選択したほう)に対する頑健セーヴィング・スローに+2の特徴ボーナスを得、君の傷跡は今や、自然でないクリーチャーの存在の前では痛みを伴い、即座に存在を君に警告する。この第六感は君に30フィート以内にいる異形粘体、blighted feyあるいはファンガル種クリーチャーのテンプレートを持つ全てのクリーチャーの存在を君に警告する。君はそれらのクリーチャーに対して常に不意打ちラウンドに行動でき、君は戦闘の最初のラウンドでそれらのクリーチャーに対し立ちすくみ状態とならない。(訳注:blighted feyのテンプレートはBestiary 6収録)
 〔チェナサルドの望み〕/Chernasardo Hopeful:君は技術と人生をチェナサルド・レンジャーChernasardo rangersに約束し、君の祖国を異国の侵入者から守るために勉強をした。君は現在この秘密主義のゲリラ軍の新参者である。君は彼らの秘密の多くをまだ明かされておらず、狩猟と追跡の技術を磨くためにファエンダールの最長老のAubrinと多くの時間を訓練に費やしている。森あるいは平地の地形で、君は、移動アクションとして、周囲の自然の環境を研究することによって、君の視認困難に対する1体の目標の有効レベルを減少させることができる(完全視認困難から視認困難のない状態まで)。一旦目標が現在の地点から移動するならば直ちにこの減少した視認困難は終了する。10レベルで君は移動アクションの代わりに即行アクションとして地形を研究することができる。
 〔フォックスクロウの斥候〕/ Foxclaw Scout:君はフォックスクロウFoxclawsとして知られるニアマサスの狩人と斥候の非公式なネットワークの一部であり、仲間の移民を捕食する危険な獣の秘密の弱さを研究している。君が動物魔獣の種別を持つクリーチャー対するクリティカルを確定させるロールに+2の特徴ボーナスを得、君の現在のクラスレベルより高いCRを持つ動物魔獣からの戦利品を身に着けている間、意志セーヴに+1の士気ボーナスを得る。
 〔最前線の癒し手〕/Frontier Healer:世界の厳しさが犠牲になった後、君は共に人々を元気にすることで、君の人生を変えていく――ハーブ療法を作り、骨折を直し、病気を治療したり。君は全ての〈治療〉〈知識:自然〉判定に+1の特徴ボーナスを得、これらの技能の片方は常に君のクラス技能である。君が〈治療〉技能を使用するかキュアの呪文を使用しヒット・ポイントを回復するとき(しかしながら、エネルギー放出癒しの手、ポーションあるいはワンドのような魔法装置を用いたものを除く)、1レベルを超えた2クラス・レベル毎に1ポイントの追加で回復する。
 〔アイアンファングの生き残り〕/Ironfang Survivor: 君が軍隊に奉仕していたか、単に不意打ちの攻撃に悩まさせていたかにかかわらず、モルスーンの悪名高きモンスターの聯隊の一つであるIronfang Legionとの遭遇からかろうじて生き残った。おそらく君はラムゲートの虐殺Ramgate Massacreの恐怖からも生き残ったのかもしれない。君は寝ても覚めても、彼らの残忍な記憶を洗い流すことができない。そして君は彼らの特徴的なファイティングスタイルを鋭く思い出す。君はゴブリン類に対するACに+2の回避ボーナスを得て、1日1回ゴブリン類に対する〈威圧〉〈真意看破〉〈隠密〉判定を行うときに2回ダイスをロールし良い結果のほうを採用できる。
 〔クラッゴダンの漂流者(ドワーフのみ)〕/ Kraggodan Castaway:君はニアマサス南部のドワーフのスカイ・シタデルを出立し、傭兵として戦争に従事したり、ニアマサスの街と取引をしたり、単に地表の世界を見たりすることで、地表の人々の間で幾年を過ごした。モルスーンの最近のクラッゴダンKraggodanの攻略は、君が帰ってきたという希望を奪っていってしまった。そして今君は地表に家を見つけようと奮闘している。旅のおかげで、ボーナス言語として以下の言語の一つを得る:共通語、ハリト語、ヴァリシア語、地下共通語。さらに君の郷愁は地下での時間が君の精神を活性化させることを意味している;君が地下にいるときは――天然の洞窟あるいは人工的なものであっても――0ヒット・ポイント以下に減少したとき自動的に容態安定化し、0ヒット・ポイントに減少した場合(あるいは0ヒット・ポイント未満で容態安定状態で意識がある場合)、標準アクションをとることによる1ポイントのダメージを受けない。この復活の効果は地下で連続して4日後に消えてしまうが、1週間以上地表で過ごすと戻る。
 〔規格外の生存者〕/ Unbreakable Survivor:10年前、盗賊は君が人生で大切にしていたものをすべて奪い、かろうじて君を生き永らえさせる程度にしておいた。それ以後に君は何とか人生を立て直すことができた。そして君の執念は地元の伝説となった。1日1回全ラウンド・アクションとして、君は怪我の一部を無視し、君の【耐久力】修正値+ヒット・ダイス毎に1に等しいだけのヒット・ポイントを即座に回復することができる。君の名声は君の隣にいる者を鼓舞し、ファエンダールの住人に影響を与えようとするための〈交渉〉あるいは〈威圧〉判定を行うとき、+1の特徴ボーナスを得る。6レベルで、君の名声はさらに国中へと広がり、君はニアマサスの全ての人型生物に対する〈交渉〉あるいは〈威圧〉判定に君の特徴ボーナスを適用することができる。
 〔厭世的な人生〕/World-Weary:君は戦争の惨事を見て、その終わりを見たかったと望んでいた。君は戦いから退いて――モルスーンの前線であり、ラストウォールの十字軍であり、ウースタラヴの政治的な内紛のような戦い――今は気に入っているものを保護し、養いたいだけである。君は永続的なクラス特徴として以下の一つを得る:〈鑑定〉〈治療〉〈知識:歴史〉〈真意看破〉〈生存〉。君がクリーチャーのACを増加させる目的で援護アクションを行うとき、そのACを+2ではなく+4にする。

ニアマサスを一瞥 NIRMATHAS AT A GLANCE

 ニアマサスは無骨な個性と個人の自由のあるフロンティアの地である。アヴィスタン大陸の歴史上、繰り返し決着し、失われ、再び解決したのは、ドワーフ、フェイ、オーク、エルフ人間に祖国を築いた場所であり、そのすべてが奇妙な土地の形成、魔法の傷痕、長く忘却されていたダンジョンの痕跡を残す。この地域の現代人はケレッシュ人とタルドール人の移民の子孫であり、この地域の開発するための最近の努力が200年以上前に始まっていたとしても、ニアマサスの一帯の多く――特にファング森など――は現代人にとって未開で無人のままである。
 現在のニアマサスは統治することが難しいことで有名であるが、今日国家としてではなくモルスーンに対する共通の恨みを持つ人々の集団として存在することが強まっている。首都タムランではほとんど令状を出さず、税金を徴収することはめったになく、一般的には各共同体が支配し防衛するために離れている。大部分の社会は自主的なものである――裕福な農家や町は不作によって苦しんでいる隣人に穀物を提供するかもしれないが、国自体には同じものを提供するだけの資源がない。この自由が多くの新しい入植者をこの地域へと引きよせ、あらゆる銅が労働者のポケットへと吸い寄せられたことを意味する一方で、主らくはアヴィスタン大陸の大部分の他の共同体よりも盗賊からの攻撃、病気、悪天候からの影響を受けやすいままにしている。ニアマサスでは、全ての市民は自身の運命と自身の周囲の人々の厚意によって生きるか死ぬかを任されている。
 エンカーサン湖畔/Encarthan Coast:エンカーサン湖に接している国のうち、ニアマサスは最も小さく、最も開発されていない沿岸である。厚い湿地と岩の露出が多いことで知られているこの地域は、いくつかの頑強な漁師の集落を支持しているが、トーロンデルとMarideth川の三角州だけが、安全な港をはしけや釣り用の小型ボートよりも大きなものに提供している。ハンノキ、ガム、ヤナギの木は沼のいたるところに生え育ち、漁家を超えた唯一の現実的な産業は、巻物と本のためのパピルスの小屋レベルの製造である。沼はまさに彼らの泥に沈むものを守っているので、ニアマサスの過去からの多くの価値ある発見と古代の危険――アンデッド・ボグ・マミーを含む――は不注意な釣り人によって泥から浚渫されている。
 岸沿いには疎らに住んでいる。ニアマサスの最大の都市であり名目上の首都タムランはこの地域の南端をつなぎ、そしてその次に大きな居住地――Fort Faelon――はかろうじて荒廃していないようなもので詰まった沼地であり、行き交う商人の街を抱えるタルドールの要塞はわずか1000人強である。モルスーンの海軍は密輸業者と密航者に依存している国の貿易を対象とし、ニアマサスの間の全ての水運の往来を封鎖している。
 ファング森/Fangwood Forest:ニアマサスの脈動する心臓部は大部分の地形を支配している広大な原始の森である。ファング森は建築材料、食料、避難所を提供しており、国民の大半は楢、松、楓、唐檜などの翠に覆われた場所の回りの小さな村に住んでいる。古代あるいは未確認の帝国と、より砂金の人類が森の中で居住することに失敗した多くの奇妙な遺跡は未踏の奥地に隠されている。ドルイドの隠遁したコミュニティは森の深部を調査することにはるかに運が必要であり、儀式を行っているいい気で様々な古代のモノリスを維持している。ファング森にすむニアマサス人は一般的には狩人、木こり、あるいはその両方であるが、そのような困難であるが肥沃な土地の提供するものを楽しんでいる。
 虚ヶ丘/Hollow Hills:海岸100マイル以内に降り注ぐ全ての雨をエンカーサン湖から吹き込む重たい雲が、ファング森とその無数の自然洞窟と廃坑から名付けられたマインドスピン山脈の間の土地の岩だらけで乾いた平野に降らせる――多くは苦悩の時代にまでさかのぼり、それらの過去の恐怖にまだ悩まされている。転がり落ちる岩の多い丘陵地帯は緑豊かな不思議の国から、荒れ果てた荒れ地までこの地域を広範囲に異なる渓谷へと分けている。この地域の街は、鉄、銅、石英、金の鉱山鉱脈によって支えられている。起伏の多い地形は地域住民をモルスーンの関心から守っている。逆に隔離されていることによって、虚ヶ丘の人々盗賊の活動やブレイハーピィ、ワイバーンなどこの地域を家と呼ぶようなモンスターの襲来に弱く、虚ヶ丘の街は敵対的な荒野へと逃げることより、防衛として壁に頼っているモルスーンの居住地である。この地域最大の都市である北部のSkeltと南部のLongshadow は主に精錬所やタムラン、面しているモルスーンの地域と小規模な近所の仕事としての精錬や輸送によって生きている。
 マインドスピン山脈/Mindspin Mountains:ニアマサスの西側の国境を形成しているマインドスピン山脈は若い国と古代の陰鬱なニダルの間に困難なほどの国境を与えている。この地の数多くの自然の洞窟がダークランドへとつながっているため、山脈は人類がその地域に定着し始めたと主張しているさらに前から数々の恐ろしく珍しいクリーチャーだけでなく、数えきれないほどのオークやドワーフの遺跡が存在している。陰険である一方で、マインドスピン山脈は多くの金属や鉱物の豊富な鉱床を誇っており――火山の範囲に存在するものはほとんどないが――いくつかの鉱山会社と新興都市が東側の斜面に点在している。マインドスピン山脈の更なる情報についてはPathfinder Adventure Path #93: Forge of the Giant Godにある。
 ネシミアン平原/Nesmian Plains:共同体に関心がある国では、ネシミアン平原はその穏やかな丘、肥沃な平野と明るい森のために「パン籠」の地域とみられているが、租税やインフラが不足しているため、この地域を代わりにニアマサスの十分栄養が得られているが、防衛の乏しい角としている。Marideth川の南部からクラッゴダン周辺の大草原まに渡るネシミアン平原はしばしばモルスーンによって侵略されるか南部の悪名高いモンスターの軍団に標的にされている。ネシミアンに住む者は単純に後退し、敵が接近するのを見て自宅や作物を燃やし、地域のひどく寒い冬が供給のない異国のものを追い払ったあと戻ってくる。平野を縦横に動くギザギザの峡谷は、それを知っている者たちのための十分な隠れ家を提供し、多くの怪物の種族――特にゴブリン類やトログロダイト――はこれらの機能に自分たちを効果的に使用し、人間の農場を略奪して、その後容易に守れた隠れ家へと戻っていく。ネシミアン平原はニアマサスを有名にした材木を提供せず、虚ヶ丘とマインドスピン山脈の鉱山資源が不足している一方で、その緑地は豊富な収穫物を生産するためにほとんど注意を必要とせず、大草原は野生のオーロックスだけでなく飼いならされた山羊と羊の大群も支えている。絶え間ない侵略の危険性のため、ネシミアン平原の村落は数住人から百人以上に拡大することはめったにないが、ファエンダールの貧弱な町は国境から遠く離れており、市民が放棄する必要がほとんどない。このように全方向50マイルのMarideth川の唯一の交差点に沿って、小さいが重要な取引の中心地となっている。ネシミアン平原とファエンダールの追加情報はPathfinder Adventure Path #115: Trail of the Huntedにあるだろう。
 トーロンデル・マーチ/Tourondel Marches:トーロンデル・マーチはトーロンデル川を囲みニアマサスの北部とラストウォールの国境を結んでいる。マーチにはニアマサスの最も古い恒久的な居住地があり、そのうちいくつかは千年前の輝ける十字軍の間に建設された。その時代からの崩れ落ちた城やあばたのある戦場は未だに森と丘に傷痕を残し、地元の人々を捕食するオーク、ゴブリン類、アンデッドの流転する人口を抱えている。地域の多くは、ファング森の中心部を突っ切って進んでいるが、過激な居住地とトーロンデル川沿いの過去千年に渡る交通は森林のより深くの一般的な危険性を沈めた。川とラストウォールの比較的広い国境のおかげで、トーロンデルの人々は、自身をニアマサスの最も裕福な貿易人と考えており、秩序な北の住人と、より多くの自由意志のある仲間のニアマサスの人々よりも共通する多くの哲学を共有するが、川の厳しい冬と例年の春の洪水のおかげで、多くのマーチの街は一年の少なくとも半分を自力で暮らしている。

民兵ルール THE MILITIA SYSTEM

 一部のゲーム・マスターが採用するかもしれない大規模戦闘ルールをPathfinder RPG Ultimate Campaignで導入している一方で、Ironfang Invasion Adventure Pathでは標準でこれらのルールを使用しておらず、物語の多くは圧倒的な脅威に直面した大胆であるが少数のヒロイックな行動に焦点を当てている。金メッキされたテントで偉大な軍隊やつまらない指揮官の動きを追うというより、楽々と押しつぶされてしまう――全ての権限において――ような占領軍に対する農民から戦人になった小さく断片的な舞台をPCは命じる。
 Pathfinder Campaign Setting: Lands of ConflictではPCが自軍の民兵のファイターの集まりを指揮するために使用する新しいシステムを導入している。このシステムはIronfang Invasion Adventure Pathでは完全に選択ルールであるが、PCが得ることができる選択肢とボーナスに関するいくつかの注釈がAdventure Pathの全ての書籍に含まれている。民兵システムは直接の戦闘の利点はほとんどないが、PCが野外で補給し、情報を得ることを続けるのに役立つ。このAdventure Pathでは大都市でほとんどの時間を過ごさないため、民兵はPCに通常では大都市以外で利用することができない、治癒、アドバイザー、商人を提供する。もちろん、グループがこの選択ルールを使うことを望まないならば、ゲーム・マスターは単にこれらの関係していることの多くを単にごまかしてもよい。この選択ルールを使用しないことを決めたゲーム・マスターは《鋭敏感覚》《欺きの名人》《快速》《頑健無比》《イニシアチブ強化》《鋼の意志》《神速の反応》《説得力》《忍びの技》《追加hp》を4レベル、9レベル、14レベルでボーナス特技として与えることを考えるかもしれない。
 民兵ルールのシートはこのシステムを使用するグループのために次のページに収録している。(訳注:本ページには差し込んでいません)