レベッカ・ウォルポール

レベッカ・ウォルポール(Rebecca Walpole)

年齢:自称17歳 職業:イツビ組一般事務イツビ総合科学研究部第4編成班主任 性別:たぶん女 種族:人間だと思う
img-icon:ヴェロニカ(ステラグロウ) 制作者:ラウニー

「あいあーい整列ゥ! ほら、これからトークするから耳の穴かっぽじって聞きなァ」

概要
奇抜な服装に独特な喋り。
おっぱいはなんかシャルル級におっきくない? でも色気がマイナス方向に振り切れているマッドサイエンティスト。
本人曰く「ロマンチスト」ならしく、「Dr.ロマンチスト」を自称する。誰も呼ばない。
イツビ組のサポート班ではあるが、所属としては隊員ではない。
彼女がイツビに関わり出したのも本年度の4月からなので、カテゴリとしては彼女も新人になる。
ふざけたような言い回しばかりするが、職人気質でプライドが高い。仕事はきっちりこなす。
合理主義な面もあり、割といろいろとバッサリ切ったりするが、彼女自身に権力は無いので危険はそんなに多くない。
割と上の言う事を聞かない。

コネクション
【知識】[鑑定]の判定に+1Dされる。

+イツビ組一般事務
イツビ組一般事務
 イツビにも当然事務方があり、レベッカは分類的にそこの構成員。
 事件解決に表に出てくることもないし、後方支援の類もしない。
 つまり引きこもり。

+イツビ組一般事務イツビ総合科学研究部
イツビ組一般事務イツビ総合科学研究部
 今年の4月末頃から発足した新部署。
 今までの通常任務では各隊の役割にあった事件資料や調査資料が集まっていたが、今年を機に協同任務が増えてきて、隊ごとの資料管理が複雑になってきた。
 実際問題もいくつかあり、一般事務の部署内に「イツビ総合科学研究部」が発足。
 この組織の役割としては、「一度任務で得た資料を回し、どの隊預かりにするべきか判断し、必要な資料を必要な隊に回す」のが主な仕事だ。
 小規模な検査・調査ならそのまま総合科学研究部でも行ってしまえるので、最初は第3班までしかなかった研究部も、今は第5班まで増えた。
 レベッカはその5つある班の第4班の長である。


関係キャラクター
名前 関係性
ウンディーネさん 安全と謳われていた異界の主。
帰るべき場所を失ったので、彼女の下で保護されている。

登場セッション


最終更新:2018年08月30日 13:11