縁樹国


国主


「奪え、喰らえ。太陽の下を歩くのは我々だと、下等種族に思い知らせてやれ。」

        ───『常夜を統べる者』アンフェール  イメージアイコン:ロリカード(HELLSING)


国是


「人を支配せよ。『不死者』こそが上位種である」


概要


現代で言う宮城県を中心とした東北地方に広がる常夜の領域に存在する主要国家。
国家としては新興の方……と言うよりも、現在の『不死国家』となったのが1000年代に入ってからである。
元は常夜の特性を生かした希少な植物の生育に長けた『緑の国』であったのだが
一人の不死者が召喚され、それが当時の国主を篭絡して傀儡とした。
その召喚者こそが現在も国主として君臨するアンフェール=シャミナードである。
主義としては不死者を優遇しており、人は須らく搾取される奴隷である。
しかし、不死者の中でも実力主義による弱肉強食が罷り通っている。
不死者の制約の薄い無差別な召喚を行っており、各地に不死者が散らばる原因ともなっている。

周辺国家より討伐対象として見なされており、国境付近での小競り合いは絶えない。


『四神将』


縁樹国の最高幹部であり、碁盤の目状の首都の中心にある
国主の居城を守る様に東西南北に位置する地域の支配権を持っている者達。
各方面軍の筆頭も兼ねており、大規模な戦闘での奴隷将の指揮は主に四神将がする。
全員が不死者であり、程度の差はあれど人間への隔意を持つ。
それぞれ『青龍』『朱雀』『白虎』『玄武』と呼称される。

『不滅大隊』


国主及び四神将のみが指揮権を持つ縁樹国の精鋭部隊であり、全員が奴隷将であり不死者。
不死者である事から自衛を無視した突撃が可能であり、その分他国に対して優位を持つ。
全体的な練度としては朽葉国の『黄昏衆』程ではないものの死者召喚等により
個人では高い星を持つ者も存在する。

召喚の傾向


1『不死者との交渉と同意を得ての召喚』
これは殆ど行われないが、縁樹国の中には不死の支配する国、と言う物に魅力を感じて協力する者もいる。

2『中津陽国より流出した強制召喚を改造し、『烙印』を強制的に付与する物』
不死兵団の数を揃える為に強制的な不死者として召喚する物。中津陽の抱えた召喚者の能力の低下と言う問題を
不死者と言う底上げで補う方式になっている。

3『死者の魂を召喚し、『器』に入れる事で歪めた『死者召喚』』
死者の魂を強制的に召喚し、生前と似た姿や、まったく違う姿の『器』に入れる事で
異世界や過去の強者の力を現在に蘇らせる事の出来る死者を冒涜する外法。
この方法によって召喚された者は全て不死者となる他、生前に関係なく残忍な性格に歪む事が多い。

この他にも強制召喚を行い”資源”として人を活用する等、倫理観に欠ける行いが多い。

関連NPC

アンフェール=シャミナード
「何故不死が制限される必要がある?何故魂を喰らう事を我慢する必要がある?」
「征くぞ、食べ放題だ」
本名:アンフェール=シャミナード
通称:『常夜を統べる者』
立場:『縁樹国国主』
年齢:外見は12程度の少女
レア:★★★★★
紹介:不死国家『縁樹』を統べる召喚者にして、強力な力を持つ不死者。
常夜の領域にあった国に召喚され、たった一人でその国を引っ繰り返して国主に収まった傑物。
人の魂を歪める術を得意としており、前国主を傀儡とした。
逆に言えば大名能力を本人は有していない為、そこが弱点と言えば弱点となる。
詳細は個別ページ。


『青龍』
「忘れたよ、俺は何にも覚えちゃいない」
「覚えているのは、俺が死んだ事と。───何も成せなかった事ぐらいだ」
本名:覚えていない
通称:『青龍』
立場:『四神将・縁樹国東方方面軍筆頭』
年齢:外見は20代の青年
画像:三日月宗近(刀剣乱舞)
レア:★★★★★
紹介:死者召喚によって呼び出された不死者、生前の事は朧げにしか覚えていない。
しかし、召喚されてすぐに『四神将』に組み込まれたその実力は本物であり
『四神将』の中で最も高い実力を持つ。常は首都の防衛職に就いており、前線に出る事は無い。
人間への隔意は四神将の中では少ない方だが、敵に容赦をする事は無い。
得物は刀と弓を同時に扱う他に、竜装術等も修めている。


『玄武』
「……ヒトを喰らえ。敵を滅せよ。私達こそが正しいと示すために。」
「……奪い取れ。笑顔も、命も、尊厳も。ヒトにそんなものは必要ない。」
本名:不明
通称:『玄武』
立場:『四神将・縁樹国北方方面軍筆頭』
年齢:外見は10代の少女
画像:レーヴァテイン(ファントムオブキル)
レア:★★★★☆
紹介:死者召喚によって呼び出された不死者。
生前の事は一切覚えておらず、人格も大きく歪んでいる。
『四神将』に組み込まれたのも平均より高い能力を持っていたということもあるが、
その残忍で容赦のない性格と戦い方が評価されてのことである。
基本的に北方の防衛を任されているものの、性格が災いして前線に出てくることもある。
人間への隔意は四神将の中でも高く、情け容赦も無ければ汚い手も平気で使う。
獲物は大きな刀。身の丈に合わないそれを舞うように振り回す腕には悪魔のような力を備えている。


『復讐者』
「……ああ、ほんと。嫌になるね、こんなの。」
「まぁ、私にはお似合いの結末かもね。じゃ、やろっか。―――"討ち取る"。」
本名:不明
通称:『アヴェンジャー』又は『復讐者』
立場:『縁樹国北方方面軍筆頭補佐』
年齢:10台後半から20台前半の女性
画像:UMP45(ドールズフロントライン)
レア:★★☆☆☆
紹介:強制召喚によって呼び出され、『烙印』を付与された不死者。
生前の記憶は全て持ち合わせている。その上で『烙印』により強制的に隷属させられている。
そのため能力はかなり落ち込んでいるが…それでもなお、彼女の誇る"障壁"は輝くものがある。
気性が荒い『玄武』の補佐に回されており、一応行動を諌める立場でもあるが……
『玄武』からの心証は悪く、事あるごとに詰られている。特に失った左目と義手の右腕の事を良く貶されている。
人間への隔意はかなり少ない。ただし、行動が強制されるため容赦はない。できない。
獲物は改造されたサブマシンガン。時を捻じ曲げ命中したという結果を残す"魔弾"と"障壁"が彼女の全てだ。


『白虎』
「俺に翼なんて生えてたっけなー?なんて思うんだけどね」
「まあ、良いや。君達も不死になろうよ、楽しいよ?」
本名:不明
通称:『白虎』
立場:『四神将・西方方面軍筆頭』
年齢:10代後半の青年
画像:一方通行(とある魔術の禁書目録)
レア:★★★☆☆
紹介:強制召喚によって呼び出され、『烙印』を付与された不死者。
病弱気味であり、それによる身体機能の低下を不死者になる事により克服した。
烙印の影響か、召喚に不備があったのか、召喚される前の記憶は朧げな上歪んでおり
自身が『信仰』を与える者であったと言う歪んだ記憶に基いて行動している。
人間への隔意はそれなりに強く、不死者への勧誘を多く行う。
背の黒翼によって自在に空を飛び、幻想術による広域殲滅を得意とする。


『朱雀』
「生き返れたのは良いのですが、この世界は技術が進んでなさすぎる。」
「人体実験も飽きたのですが、貴方はもう少し楽しませてくれますか?」
本名:フランベルジュ
通称:『朱雀』
立場:『四神将・南方方面軍筆頭』
年齢:20代後半の男性
画像:ゾルフ・J・キンブリー(鋼の錬金術師)
レア:★★★★☆
召喚:死者召喚によって召喚された不死者。生前の事を全て覚えている。
生前はある世界において『烙印』を付与したホムンクルスを製造・販売しており
ランデルによって捕縛された後に死刑となった違法使い。
その記憶のせいか秩序を重んじる者を酷く嫌う。
縁樹国の死者召喚は人格が大きく歪む事が多いが、この男は元から。
爆炎を扱い、敵を焼き尽くすが。炎使いであるにも関わらず、自身も炎を苦手としている。

『写身』
「血で汚れているくらいで丁度いい。」
「その目、気に入らないな……」
本名:不明
通称:『写身』
立場:『縁樹国呪術士』
年齢:10代後半の男性
画像:山姥切国広 極(刀剣乱舞)
レア:★☆☆☆☆
召喚:再召喚によって『烙印』を付与された不死者。
生前の事は覚えているが死霊術の干渉が強く、記憶が混沌としている。
生前は医者の卵として活動していたが、ジパングの召喚に応じて活動していた。
その戦乱の最中で縁樹国に捕獲され、死霊術の適正に目を付けられ『烙印』を刻まれた。
戦闘能力は圧倒的に劣るが、治療や蘇生、怨恨、呪いといった死霊術を歪めた呪術については不死者の中でも引けを取らない。


「獣も人も殺せば死ぬ…しかし何故死んだ私は生きている」
「世は常に弱肉強食、強ければ生き弱ければ死ぬ、貴様は私を殺せるか?」
本名:羽墜 燕
通称:『燕』
立場:『縁樹国南方方面防衛隊』
年齢:外見は20代の女性
画像:アタランテ(Fate/Apocrypha)
レア:★★★☆☆
紹介:死者召喚によって呼び出された不死者
生前のことは死の直前以外は覚えている、故に何故死んだのかは覚えていない
生前は自然の摂理に拘りを持った狩人だった
それ故に死んだはずの自身が生きていることに疑問を持っており
自身を殺せる"強者"を求めている
獲物は、弓、魔銃、短剣を器用に使い分け
罠などにも詳しいゲリラ戦のスペシャリスト