”現人仏”百代供養

”現人仏”百代供養(はくたい くよう)


種族:ジパング人(プレイライト) 
性別:男 年齢:34 作成者:炙り鮭
イメージアイコン:狩衣の男性 出典:三日月アルペジオ

「拙僧は聖人ではありません。聖人たらんとす、愚僧なりて」

「しかして。臨終の夕べまで聖者を心掛けて死せれば……」

「人々は拙僧を聖者として、心に留めることでしょう」


「拙は死してなお、ヒトを救わんとす大莫迦者になりたいのです」


・概要

常に柔らかな微笑みを携えた色白の男性。仏門を信仰する念珠教のトップ。
25歳の時に先代国主であるフランダース・ザビエルから強い推挙を受け「国主」に就任。
同時に「国主」としての通り名、百代供養を襲名して現在に至る。

宗教の保護、人道的支援を行う他、教化を勧めることで他国へと牽制。戦を用いずに国を護っている。
救いを求め神仏へと祈ることも、長く続く戦乱もどちらも人の営みであると理解しており、
されば戦乱を憂い戦いを嘆く者たちへ、手を差し伸べることもまた人の営みと信じている。

参拝や観光のために広く国交を持っている一方で、不死を尊ぶ縁樹国とは国交を断絶している。
また、悪戯に戦種を増やすことになりかねない。と他国への属国化や国柱譲渡には意欲的ではない。


……桔梗国は世襲制ではない。よって"大名"能力を代々国主は引き継いでいない。
つまりは、積極的な召喚をしないのではなく【元々武将召喚が出来ない】
桔梗国が召喚した将は。現在にいたるまでフランチェスカ・ザビエルが召喚した信仰の無い神しか存在していない。


桔梗国の国主に武将召喚能力がないこと。
このことは公表されておらず、"大名"能力の傀儡を求めるアンフェールには手痛いブラフとなった。
フランチェスカ・ザビエル生存のための一手として百代供養が最期に放った謀略。


現在、彼の生存は確認されていない。


・関係キャラクター

名前 関係性
フランチェスカ・ザビエル 「拙も頑張らないと!と、活気をくれる素敵な知己です」
黄衣の王将 「現状を憂えながらも、貴方は無碍にはしません」「貴方の善を拙僧は信じております」
迷迭香 「次期の御忌も何とぞ宜しく願いますよ」