ソニック・ザ・ヘッジホッグシリーズリンク


ソニックシリーズ

ソニック・ザ・ヘッジホッグ

機種 タイトル 概要 判定
据置機2Dアクション
MD ソニック・ザ・ヘッジホッグ 世界中で大人気となった名作。一方日本ではハードと共に売上低迷。MDで最も売れたゲームタイトル。
PS3 セガビンテージコレクション ソニック・ザ・ヘッジホッグ DL専売。
Switch SEGA AGES ソニック・ザ・ヘッジホッグ DL専売。 『3Dソニック2』同様に「リングキープモード」を搭載。
MD ソニック・ザ・ヘッジホッグ2 ソニックの相棒、テイルスが初登場。スピンアタックが出来るようになり、さらにゲームの爽快感が高まった。
PS3 セガビンテージコレクション ソニック・ザ・ヘッジホッグ DL専売。
Switch SEGA AGES ソニック・ザ・ヘッジホッグ2 DL専売。 『&ナックルズ』との連動で遊べた『ナックルズinソニック2』を標準で収録。
MCD ソニック・ザ・ヘッジホッグCD ガールフレンドのエミー、ライバルの一人メタルソニックが登場。オープニングアニメは必見。
MD ソニック・ザ・ヘッジホッグ3 ナックルズが登場。今作の戦いは『&ナックルズ』まで続く。
ソニック&ナックルズ 完全版形式の先駆けとして、カセットにカセットを挿し込む「ロックオンシステム」を搭載。
Wii/PS3/360 ソニック・ザ・ヘッジホッグ4 エピソードI DL専売。 2Dアクションに再現されたモダンソニックの挑戦が始まる。
PS3/360 ソニック・ザ・ヘッジホッグ4 エピソードII DL専売。 2Dミックス路線を継承し、テイルスも登場。
PS4/One/
Switch/Win
ソニックマニア DL専売。 多種多様なステージが蘇った公式ファンメイド作品。
メガドラ時代のファンにも受け入れやすい新ギミックも盛りだくさん。
ソニックマニア・プラス パッケージ版はPS4/Switch版のみ。 『セガソニック・ザ・ヘッジホッグ』よりマイティーとレイが復活。
据置機3Dアクション
DC ソニックアドベンチャー DCのスペックにより実現された新時代スピードとグラフィック。
個性あふれるキャラクターによるバラエティ豊かなステージが売り。
なし
DC ソニックアドベンチャー インターナショナル 5か国語やインターネットランキングに対応。
GC/Win ソニックアドベンチャーDX DC版を高画質化、さらに快適にした。GC版はゲームギアタイトルも多数収録。
DC ソニックアドベンチャー2 ダークヒーロー・シャドウとルージュの初登場作。
現在でも非常に熱いストーリーやメインテーマ『Live&Learn』が高く評価されている。
GC ソニックアドベンチャー2 バトル DC版に対戦モードを加え、さらにパワーアップ。初の任天堂ハードタイトル。
PS3/360 ソニックアドベンチャー2 HD アドベンチャー2のHD版。DLCでGC版の要素も。
PS2/GC/
Xb/Win
ソニック ヒーローズ スピード、フライ、パワーの3タイプのフォーメーションを切り替えて進むオールスターゲーム。
様々なキャラが操作できるが、要所での戦闘が多いことからテンポは良くない。
賛否両論
PS3/360 ソニック・ザ・ヘッジホッグ シルバーが登場。アドベンチャーシリーズの「原点回帰」を試みたが、度重なるロード地獄と理不尽なギミックによりスピードや爽快感が台無しに。
Wii ソニック ワールドアドベンチャー 昼と夜でソニックが別のアクションを使い分ける。夜ステージの評判はそこまで良くない。ディンプス開発。 なし
PS3/360 ソニック ワールドアドベンチャー こちらはソニックチーム開発。昼ステージはWii版以上のスピード感で3Dソニックの新たな礎を築いたが、夜ステージの遊びにくさも上がる羽目に。
Wii ソニック カラーズ HD機と遜色ないWii最高のグラフィック、新しいのにどこか懐かしく丁寧に練り込まれたステージが魅力。
ウィスプたちのカラーパワーの力を借りてエッグマンの野望を打ち砕け。
PS3/360 ソニック ジェネレーションズ 白の時空 2Dスタイルのクラシックソニック、3Dスタイルのモダンソニックの2パターンで遊べる。
大胆にリメイクされた懐かしのステージで爽快なアクションを楽しむことができる。
WiiU/Win ソニック ロストワールド 『カラーズ』の路線をメガドライブ部作と融合させたようなゲーム。「パルクールアクション」で走破がより簡単になった。
ステージ自体はアスレチック主体に転換するなど、これまでのシリーズ作から雰囲気が一変。
賛否両論
WiiU ソニックトゥーン 太古の秘宝 ソニックらしかぬ失敗作。マッスルズで吹いたら負け。 シリ不
PS4/Switch/
One/Win
ソニックフォース モダン&クラシックソニックの他に自分で作成したアバターが使えるのが特徴。
しかし鳴り物入りのシナリオ面や、『白の時空』スタイルに回帰したアクション面ともに不満の残る内容となった。
Xbox One版・Windows版はダウンロード専用。
なし
携帯機アクション
GG ソニック・ザ・ヘッジホッグ 携帯機初進出。MD版とは別物。
ソニック・ザ・ヘッジホッグ2 MD版と同時発売。こちらもステージ構成が異なっている。
ソニック&テイルス タイトル通り、ソニックとテイルスを使って冒険。GGでは初のスピンアタック導入。
ソニック&テイルス2 今作はメタルソニックも敵として登場。
Gソニック ステージに奥行きが見られるようになる、ゲームギア最後のゲームとなったソニック。
NGPC ソニック・ザ・ヘッジホッグ ポケットアドベンチャー セガハード以外では初のソニック。セガとSNKとの提携により実現した一作である。カラー専用で、発売元はSNK。
GBA ソニック アドバンス ソニック、ゲームボーイアドバンスに登場。『2バトル』との連動機能がある。
ソニック アドバンス2 クリームが初登場。ブーストなどのアクションを追加し、GC版との連動も健在。
ソニック アドバンス3 タッグアクションが特徴のアドバンスシリーズ最後のソニック。「チャオのプチガーデン」が廃止された。
DS ソニック ラッシュ ブレイズが初登場。ニンテンドーDSでもソニックのハイスピードアクションが楽しめる。
ブースト、トリックの爽快感は携帯機ながらシリーズ最高峰。
ソニック ラッシュ アドベンチャー 前作のアクションパートに、海を移動するアドベンチャーパートを追加。前作を上回る爽快感は必見。
ソニック カラーズ Wii版と同時発売。ストーリーは同じだが、『ラッシュ』シリーズの流れをくむゲーム性やDS版にしかない要素が好評。
3DS ソニック ジェネレーションズ 青の冒険 3DS初のソニック。モダンソニックは『ラッシュ』シリーズを意識した2D構成だが、より立体視・奥行きを押し出した演出に。
3D ソニック・ザ・ヘッジホッグ 立体視に対応した『ソニック1』。『ジャム』同様にスピンダッシュを使えるようになっているなど、豊富なオプションに注目。
ソニック ロストワールド Wii U版と同時発売。携帯機シリーズ初の3Dアクションを実現し、インターネットを介して4人まで対戦ができる。 賛否両論
ソニックトゥーン アイランドアドベンチャー 再度2Dアクションに。『太古の秘宝』と同じく単調かつスローだがそちらよりはソニックらしいゲーム性か。
3D ソニック・ザ・ヘッジホッグ2 『3Dソニック1』と同じく立体視に対応。「リングキープモード」を搭載し初心者にもやさしく。
ソニックトゥーン ファイアー&アイス 炎と氷の能力を使い分けてエッグマンに立ち向かう。『トゥーン』では初めてエミーがプレイアブル化。
ストーリーブック
Wii ソニックと秘密のリング ソニックが『アラビアン・ナイト』の世界に!? Wiiリモコン一本で爽快アクションを楽しめる。 スルメ
ソニックと暗黒の騎士 今度のソニックは『アーサー王と円卓の騎士』の世界に召喚される。Wiiリモコンで敵を斬り倒す剣戟アクションが特徴。 賛否両論
スピンオフ作品
32X カオティクス ナックルズが主人公。カオティクス探偵事務所の個性的な面々と、独特なワイヤー協力アクションで突き進め。
復刻が殆ど無いレアソフト。
GG テイルスのスカイパトロール テイルスが初めて主役となった。ソニックシリーズと違い、リングは攻撃手段や仕掛けの作動などに使う。
テイルスアドベンチャー ソニックとテイルスが出会う前の物語。さまざまなアイテムや万能型サブマリン「シーテイル」を用いて冒険する。
PS2/GC/Xb シャドウ・ザ・ヘッジホッグ 本格的なシャドウ主役作品。敵から武器を奪い取って戦うシステムや、合計300通り以上に及ぶストーリー分岐が話題に。 賛否両論


レースゲーム

機種 タイトル 概要 判定
ソニックドリフト
GG ソニックドリフト ソニックがレースゲームに。ゲームギアで疑似3Dに挑戦した意欲作。
ソニックドリフト2 前作にキャラクターを追加し、さらに進化。
ソニックライダーズ
PS2/GC/Xb ソニックライダーズ 「エクストリームギア」と言うボードに乗り、ソニックたちが縦横無尽にレーシング。
Xbox最後のセガ製ソフトでもある。
Wii ソニックライダーズ シューティングスターストーリー 前作は空気や風がテーマだったが、今作は「重力」がテーマ。
大幅に追加されたキャラクターを使って、Wi-Fiでライバルと対戦できる。
360 ソニック フリーライダーズ キネクト専用。身体全体を使ってトリックを決めろ。
その他
SS ソニックR セガサターンオリジナルソニック。各自違うマシンに乗り込んでゴールを目指す。
ソニックチームとイギリスのTraveller's Talesとの共同開発。
WiiU/PS3 ソニック&オールスターレーシング TRANSFORMED 『Sonic & SEGA All-Stars Racing』の続編。レースの舞台は海や空へも進出。
映画『シュガー・ラッシュ』よりラルフが参戦するなど、ゲストも充実。
Switch/PS4/Win チームソニックレーシング 『オールスターレーシング』の実質的な続編。レースゲームでありながら主題歌にCrush 40を起用。
アクション以外の部分で評価を落としがちな本編と裏腹に、本作のシナリオは高評価。
しかし肝心のレースゲーム部分で味方CPUが足を引っ張るなど問題も散見される。


マリオ&ソニック

機種 タイトル 概要 判定
Wii/DS マリオ&ソニック AT 北京オリンピック 世界的人気キャラであり最大のライバルだったマリオと初共演。夏季オリンピックの種目にマリオ・ソニック両ファミリーが挑む。
パーティースポーツゲームとしての側面が強い。
なし
マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック 今度は冬季オリンピックが舞台。Wii版のドリーム競技はマリオカートと3Dソニックを融合させたような種目もある。
Wii/3DS マリオ&ソニック AT ロンドンオリンピック 3DSでもマリオとソニックがオリンピックに挑戦。大幅に変わった種目に注目。
WiiU マリオ&ソニック AT ソチオリンピック Wii U GamePadを用いて冬季オリンピックが体験できる。
3DS/WiiU マリオ&ソニック AT リオオリンピック 中村浩太郎氏がDr.エッグマンの声優を務めた初の作品。
AC マリオ&ソニック AT リオオリンピック アーケードゲーム コンシューマ版とは異なり、販売がセガになっている。
Switch マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック
AC マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック アーケードゲーム


カップリング・オムニバス作品

機種 タイトル 概要 判定
SS ソニック ジャム 『ソニック1』『2』『3』『&ナックルズ』を収録。まさかのロックオンシステム再現にファンは驚愕。 なし
GC ソニック メガコレクション 『ジャム』の収録作に加え、『3Dブラスト』『スピンボール』『ミーンビーンマシーン』他懐かしのセガタイトルも収録。
PS2/Xb ソニック メガコレクション プラス 上記の作品に加えゲームギアタイトル6本も追加された豪華版。
PS2/GC ソニック ジェムズ コレクション 初移植となる『ファイターズ』をはじめとして、『CD』『R』にGCでは網羅されなかったゲームギアタイトル6本、
さらに『ベア・ナックル』などメガドライブの名作を収録。
GBA ダブルパック ソニックアドバンス&チューチューロケット! 2タイトルを1本にまとめた廉価版。
ダブルパック ソニックピンボールパーティー&ソニックバトル
ダブルパック ソニックバトル&ソニックアドバンス
3DS セガ3D復刻アーカイブス2 『3D ソニック・ザ・ヘッジホッグ』を収録。
セガ3D復刻アーカイブス3 FINAL STAGE 『3D ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』を収録。


その他のゲーム

機種 タイトル 概要 判定
MD ソニックイレイザー DL専用。ソニックの落ち物パズル。
メガモデムを使用した「ゲーム図書館」配信タイトルで、後にセガゲーム本舗でも配信。
しかし後のオムニバスソフトには収録されていない幻のソフト。
AC セガソニック・ザ・ヘッジホッグ アーケード初のソニック。トラックボールでの操作形態が特徴。 なし
MD/GG ソニック・スピンボール ソニックをボールに見立てた多彩なギミックが魅力のピンボール。高難易度なのがネック。GG版は海外のみ。 不安定
GG ソニックラビリンス エッグマンに走ることを封じられたソニックを操って、迷宮からの脱出を目指す。
AC ソニック・ザ・ファイターズ ソニック初の格闘ゲーム。『大乱闘スマッシュブラザーズX』の一部アクションはこのゲームを基にして作られた。
SS ソニック3D フリッキーアイランド 後述の国内未発売『3Dブラスト』の移植版。画質や音質その他様々な点が強化されている。
DC ソニックシャッフル ハドソンとソニックチームの共同開発。アクション性の高いボードゲームで、ゲストキャラはユーザーを驚かせた。
GBA ソニックピンボールパーティー ソニック台、ナイツ台、サンバDEアミーゴ台からなるピンボール台で遊べる。「チャオのプチガーデン」も収録。
ソニックバトル 謎のロボット「エメル」を中心に、ソニックたちが騒動に巻き込まれていく。
疑似3Dで表現されたフィールドで白熱のバトルが楽しめる。
DS ソニッククロニクル 闇次元からの侵略者 シリーズ唯一のRPG。ソニックと仲間たちが正体不明の集団相手に戦いを挑む。
ところがシナリオが原因で訴訟問題にまで発展する騒動を引き起こしてしまった。


国内未発売

一部タイトルはオムニバスソフトやネット配信などで日本でも登場している。

機種 タイトル 概要 判定
MD/GG/Win Dr.Robotnik's Mean Bean Machine 欧米版『ぷよぷよ』。エッグマンに連れ去られ、ロボットに改造されたビーンズ(ぷよ)を救出するのが目的。
後に『ドクターエッグマンのミーンビーンマシーン』名義で『ソニック メガコレクション』などへ収録。
MD/Win Sonic 3D Blast 斜め見降ろし視点が特徴になっている異色作。ステージ内のフリッキーを救出してステージを進んでいく。
後に国内発売されたSS版『ソニック3D フリッキーアイランド』の前身でもある。
本作も後に『ソニック3Dブラスト』名義で『ソニック メガコレクション』などへ収録。
ソニックチームとイギリスのTraveller's Talesとの共同開発。
PSP Sonic Rivals 名前通りライバルと1対1の競争をするステージクリア型アクション。隠しキャラとしてメタルソニックが使える。
Sonic Rivals 2 前作の5人から8人にプレイヤーキャラクターが増え、ステージ構成もより豪華になった。
PS2 ソニック ワールドアドベンチャー 国内未発売。内容的にはWii版と同様。 なし
360 Dreamcast Collection セガ・ドリームキャスト復刻プロジェクトの初期4作を収録したオムニバスソフト。
HD版『ソニックアドベンチャー』が収録。
Win Win版では収録作が2作追加。何故かDCと関係ない『ナイツ』もある。
日本では各単品ソフトが購入できないにもかかわらず何故かこちらは長らく購入可能だった。
残念ながら2020年4月7日より日本ストアでは購入不可に。
Wii/PS2/PS3/
360/DS/Mac
Sega Superstars Tennis セガオールスターのテニスゲーム。
Wii/PS3/360/
DS/Win/Mac
Sonic & SEGA All-Stars Racing ゲストキャラとしてWii版はMiiが、360版はアバターと『バンジョーとカズーイの大冒険』のバンジョーが参戦。
DS Sonic Classic Collection 『ソニック1』『ソニック2』『ソニック3』『&ナックルズ』を収録。
PS4/One/
Switch
Sega Genesis Classics メガドライブのゲームを50本以上収録したオムニバスソフト。
『ソニック1』『ソニック2』『3Dブラスト』『スピンボール』『ミーンビーンマシーン』を収録。




関連作品・関連シリーズ

機種 タイトル 概要 判定
SS ファイターズメガミックス プレイヤーキャラとして『ソニック・ザ・ファイターズ』からビーン・ザ・ダイナマイト、バーク・ザ・ポーラベアーが参戦。
Switch/PS4 たべごろ! スーパーモンキーボール 隠しキャラクターとしてソニックが参戦。
SEGA feat. HATSUNE MIKU Projectシリーズ モジュール「ソミック」等が登場。
大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ スマブラX』以降ファイターとしてソニックが参戦。
アシストフィギュアとしてシャドウが、『スマブラSP』ではナックルズも登場。