危険なひみつ道具

登録日:2011/04/04 Mon 21:38:32
更新日:2021/06/06 Sun 21:45:00
所要時間:約 86 分で読めます





「本当に恐ろしいもの」
それは決して、おばけや怪獣の類ではありません。
私達の、そしてあなたの心にもある「欲望」…

それが爆発した時が、最も恐ろしいものなのですから。



小学館『ドラえもん テーマ別傑作選 恐ろし怖~い編』まえがきより





ドラえもん』のいた世界(22世紀)では様々なひみつ道具が開発され、未来デパートなどで市販されている。
それらの中にはタケコプターのような便利な道具もあれば、なんとも汎用性の低い微妙なひみつ道具も多数存在する。
そしてもちろん危険なひみつ道具も…。

ここではそんな道具を一部簡単に紹介したい。
※なお、一言に危険といってもベクトルやレベル、使い方などによって様々なので、ここになくてもコメントで挙げるなどしていただければ幸いである。

余談だが、ドラえもんの持っている道具は基本的に「セワシの家で貰える子供の小遣いでも買うorレンタルできる程度の値段」らしい。
つまり、

これらの道具は全て、子供が小遣いを貯めれば簡単に手に入る値段で一般市場に流通している。

という事実が一番恐ろしい。
ただしレンタル品はピンキリで、ドラえもん及びのび太の小遣い程度ではポンコツ品しかレンタル出来ない。そのポンコツ品が危険なのだが。



文明破壊系

使い方しだいでは惑星や文明を滅ぼしてしまう危険道具。

倫理崩壊系

目的が非人道的かつ陰湿な道具。そこまでいかなくても犯罪を助長するような道具も含む。

欠陥系

使い方を誤ると死に至る、人格に悪影響を及ぼす、世界に危険をもたらす物。

杓子定規系

使用目的に沿った効果を発揮するが融通が利かない上に効果が強すぎる為に、結局周囲に迷惑を及ばす道具。

誰得系

使い道が限定的でありながら危険を伴うある意味、作られてはいけなかった道具。

発売禁止道具

ここまでに登場した危険極まりない道具を普通に市販する未来デパートすら発売を禁止する程の危険な道具。





《Wiki十戒》
●項目を見たら追記・修正をしなければならない
●情報はより正確なものでなければならない
●二次元の自分の嫁は愛し抜かなければならない






●勝手な決まりを作ってはならない

ピシャーーン!!

「わるく思うな。
こうでもしなくちゃ、とりかえせなかったからね。」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年06月06日 21:45

*1 ちなみに当ゲームでは、唯一登場しているアニメオリジナルひみつ道具となっている。

*2 この話でのみ、テキオー灯の持続時間が24時間ではなく、数分間程度となっているため。

*3 別の宇宙のためどこでもドアが使えず、とりよせバッグはドラえもんたちが逆にカップに吸い込まれてしまう。

*4 余談だがマスコミの悪辣さを風刺した作品には、星野スミレ(作者の別作品からのゲストのアイドルキャラ)の恋愛疑惑解明の為に執拗に付き纏うマスコミのレポーターが登場する作品もある。

*5 『ルパン三世』の次元はおろかゴルゴ以上の早撃ち能力を持つ