G-セルフ リフレクターパック

正式名称:YG-111+BPAM-03 G-SELF REFLECTOR PACK パイロット:ベルリ・ゼナム
コスト:2500  耐久力:620  変形:○  換装:○
※各形態の武装、コンボ、および立ち回りに関しては下記個別ページにて。
G-セルフ 宇宙用パック リフレクターパック アサルトパック

射撃 名称 弾数 威力 備考
射撃 ビーム・ライフル 8 70 宇宙用と弾数共有
3連射可能
射撃CS ビーム・ライフル【高出力】 - 120 単発強制ダウン
収納中格闘CS フライスコップ - - 垂直上昇してリフレクター展開
出し切るとリフレクターの弾数回復
サブ射撃 ビーム・ライフル【照射】 1 22~231 爆風のあるゲロビ
特殊射撃 宇宙用パック/リフレクターパック収納に換装 - - Nで宇宙用パック/後で収納に換装
特殊格闘 大気圏突入 1 0 射撃バリアを纏いながら低速前進
特殊武装 リフレクター 120 - 背中から受けるビームを防ぐバリア
バリア破壊時他の武装をリロード
格闘 名称 入力 威力 備考
収納時通常格闘 逆袈裟→左蹴り→左踵落とし NNN 164
収納時前格闘 唐竹割り 80 弱スタン
収納時横格闘 盾殴り→蹴り飛ばし 横N 124
展開時N格闘
収納時後格闘
タックル N 80 メインからキャンセル可能
BD格闘 盾突き→
掴み輸送&ゼロ距離BR&蹴り
BD中前N 243 高威力
バーストアタック 名称 入力 威力 F/M/S&E&L 備考
ビーム・サーベル連続攻撃 3ボタン同時押し 296/291/279 宇宙用パックに換装


【更新履歴】

18/11/18 新規作成
19/1/14 変更点追記

解説&攻略

アメリア軍がトワサンガ製シールドのフォトン装甲を参考に対ビーム兵器用として製造した、パネル部でビーム攻撃を吸収する事で防御力を高めるパックをG-セルフが装着した形態。
宇宙用パック装備時と同様にトワサンガ製のビームライフルとシールドを持つ。

優秀な射撃武装と、敵の射撃を防ぐ手段を併せ持った射撃寄り万能機。
この形態内でもリフレクターの有無で性能が変わるので注意。

最大の強みであるリフレクターは原作通りビーム射撃を規定値以上防ぐと壊れるが武装の弾数を回復する。
このリフレクター収納形態ではビーム防御は出来ない代わりに機動力と格闘が強化される。
また格CSによりリフレクター補充が可能。着地保護と弾数管理が気軽にできるので、宇宙用からの換装先として優秀。
収納形態へはレバー後で任意で換装もできる。

総合すると宇宙用にはない「ビーム防御」「弾が枯渇した時の別の射撃」を目的として換装する形態。
単純な援護をする分には他形態の方が優秀なので使いやすいゲロビを軸にダメージも稼いでいきたい。
今作では強誘導の実弾が多くなっているため,むやみに展開していると引っかかりやすい。
この形態からアサルトに変形可能。



展開時

リフレクターは真正面以外のビーム系射撃を防ぐ耐久バリア。
バズーカやミサイル、実弾系射撃などには無力だが、その分耐久度やリロード速度に優れ、再使用の制限は緩い。
ゲロビなどはリフレクターの耐久力の問題である程度しか防げない。
リフレクターが破壊された後はメイン、サブ、特格の弾数が回復される。
赤ロックが収納時より伸びている。

射撃武器

【メイン射撃】ビーム・ライフル

[常時リロード:秒/1発][属性:ビーム][よろけ][ダウン値:2.0][補正率:-30%]
3連射可能なライフル。基本性能は宇宙用と同じで弾数も共有している。
連射しすぎると後の立ち回るが苦しくなるが、この形態なら弾が切れても他の武装で手出しは出来るので取れる場面で節約はしないように。
この形態では振り向き撃ちすると気軽にフォローが利くキャンセル先が少ないので注意。

アサルトパック特格からキャンセルで出したメインは連射全てに赤ロック保存がかかる。
弾幕を張るのにも使えるので頭の片隅にでも。
サブ、特格、特射、展開中N格(収納中後格)へキャンセルできる。

【射撃CS】ビーム・ライフル【高出力】

[チャージ時間:2秒][属性:ビーム][ダウン][ダウン値:5.0][補正率:-??%]
「直撃させますよ?!」
オーソドックスな単発ダウンビーム。キャンセルルートはメインと同じ。
誘導が若干低め(2000コストクラス)で弾速、硬直などもさほど優れているわけではない。
無限に撃てるためBR等のリロ待ちで溜めるのが適当。
ただし、地味に単発ダウンはこちらの形態にしかないので使う機会はあるだろう。

【収納中格闘CS】フライスコップ

[チャージ時間:4秒]
フライスコップに掴まって上昇し、最後まで出し切ると前転して離脱しつつリフレクターを展開する。
原作6話にて索敵のためにフライスコップに捕まって上昇した後にリフレクターを初めて展開した時の再現。

出し切るとリフレクターの残弾状況に関わらず、耐久値を完全に回復できる。
バリアを何度でも任意回復できるという独自性の高い武装なのだがかなり高度を上げ、
前転が始まると展開が終わるまでキャンセル不可と積極的には使いにくい。

【サブ射撃】ビーム・ライフル【照射】

[撃ちきりリロード][リロード:25秒/1発][属性:照射ビーム+爆風][ダウン][ダウン値:5.1(0.3*17)][補正率:15%(-5%*17)]
「この火力なら!」
爆風つきゲロビ。1hit22。リロードが長い上に開幕・再出撃時は弾数0。
その分性能は高く発生、銃口、ダメージのどれもが射撃専門機にも見劣りしないレベルで、近距離でも遠距離でも使いやすい。
また緑ロックで置きゲロビの運用もできこの機体の脇固めとして非常に重要。
爆風もそこそこ大きいため着地狙いで撃った後の相手のBDも取りやすいのでそちらも狙っていける。
リフレクターに換装した場合はとりあえず一発狙ってみてリロード待ちしても良い。

特格、特射にキャンセルできる。

【特殊射撃】宇宙用パック/リフレクターパック【収納】/【展開】に換装

レバーN:宇宙用パックに換装

「この宇宙用バックパック、レスポンスがいい!」
宇宙用パックに換装。
リフレクターのままでは弾が切れやすいため頻繁に換装することになる。

レバー後:リフレクターパック【収納】/【展開】に換装

「リフレクターの操作は…」
展開形態から収納形態に、収納形態から展開形態に換装する。
展開形態は背面防御、収納形態は足回りと格闘性能に優れる。

【特殊格闘】大気圏突入

[撃ち切りリロード:25秒/1発][属性:オーラ?][砂埃ダウン][ダウン値:1.0][補正率:-15%]
「これなら…行けるっ!!」
巨大な光の翼を展開しながら低速で前進する。
原作ではリフレクターで溜めたエネルギーを使い地球へ落下していくモンテーロを守ったものであり、攻撃するものではない。

開幕・再出撃時は弾数0。覚醒リロードなし。
発生中は全身に射撃バリア判定があり、相手の射撃攻撃を防ぐ。
敵と接触すると受身不能でゆるやかに吹き飛ばすがダメージは0。

伸びと追従性能に優れ、範囲も全身とエフェクト部分にあるため非常に引っ掛けやすい。
動作時間が長く、ダブルロックも無傷で突破しやすい。
格闘に対してはオーラの範囲外からの鞭や巨大武器の突き出し、あるいはSAでの割り込みでも受けない限りは一方的に潰せる。
ただし本体部分は格闘属性扱いなのでカウンターで取られることに注意。

CSCや横ステから追撃が可能。サブでの追撃が単純ながら強力。

【特殊武装】リフレクター

[撃ち切りリロード:秒/120][属性:対ビームバリア]
展開形態中、背面から来るビーム攻撃を防ぐことができる。実弾や爆風は防げない。
防御判定があるのは非攻撃時かつ非被弾中のみで、攻撃時やよろけ、吹き飛び、スタン中の追撃は防ぐことはできない。
稀にメインやサブ中に正面以外のビームを防ぐこともあるが、条件は不明。

バリア耐久値の低下に応じて展開したリフレクターが減るため、敵に残り耐久値を把握されやすいのも難点。

リフレクターの耐久値を使い切ると収納形態になり、同時にメイン・サブ・特格の弾数が回復する。
リフレクター破壊時は一瞬無敵状態になるが、あまり長くないので照射ビームを抜けるには心もとない。

変形

変形コマンドによってアサルトパックへ換装して変形行動に移る。
詳細はG-セルフ アサルトパック

格闘

展開中はタックルとBD格闘しか使えない。
収納中はタックルが後格に移動し、低性能ながらもN・前・横格闘が使用可能になる。

【収納時通常格闘】逆袈裟→左蹴り→左踵落とし

サーベルから2連蹴りに繋げる3段格闘。
3段目はバウンドではない通常ダウンで真下に叩きつけるため、出し切りからの追撃は不可能。

通常格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 逆袈裟 60(80%) 60(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗2段目 左蹴り 112(65%) 65(-15%) 2.0 0.3 浮かしよろけ
 ┗3段目 左踵落とし 164(53%) 80(-12%) 3.0 1.0 ダウン

【収納時前格闘】唐竹割り

真っ直ぐ踏み込んで斬り下ろす1段格闘。スタン上書きは不可能。
ヒット時にはサブと特格にキャンセル可能。

前格闘 動作 威力(補正率) 単発ダウン値 属性
1段目 唐竹割り 80(-20%)7 1.7 スタン

【収納時横格闘】盾殴り→蹴り飛ばし

2段目がやや大仰なモーションで蹴り飛ばす2段格闘。
出し切ると真横に強く吹っ飛ばす。浮きが低く、格闘追撃は難しい。
最速CSCで追撃可能だがタイミングを図りにくく、初段から他の攻撃に繋げるほうが無難。

横格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 盾殴り 60(80%) 60(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗2段目 縦回転蹴り 124(??%) 80(-??%) 2.7 1.0 ダウン

【展開時通常格闘/収納時後格】タックル

頭から突っ込む1段格闘。
展開中は前・横入力でも格闘が出る。
メインと射撃CSからキャンセルできる。
命中すると浮かせる。
前フワメインや最速CSC、前か斜め前方向へのキャンセルで収納時N格やBD格に繋がる。

後格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 タックル 80(80%) 80(-20%) 1.7 1.7 ダウン

【BD格闘】盾突き→掴み輸送&ゼロ距離BR&蹴り

アニメ6話及びOPにてにてデレンセン教官のエルフ・ブルにトドメを刺したシーンの再現。
掴み輸送は敵を斜め上に押し込んでいく。
展開中でも出せ、生当てで高い威力を出せるが長い。
蹴りが命中した後はキャンセルしても最後の爆発は出る。

ライフルはビーム射撃扱いで、マント・バリア持ちに当てるとその場で落下するが、本体はそのまま蹴りを空振りする。

BD格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 盾突き 65(79%) 23(-7%)*3 1.8 0.6*3 強よろけ
┗2段目 掴み輸送 81(79%) 20(0%) 1.8 0 掴み
ライフル 145(49%) 80(-30%) 1.8 0 スタン
蹴り 165(39%) 40(-10%) 1.8 0 強よろけ
爆発 243(--%) 200(--%) 5.6↑ 5.6↑ (強制)ダウン

バーストアタック

ビーム・サーベル連続攻撃

「貴様達は、G-セルフが宇宙から降ってきた意味が、わからない、のかぁ!」
宇宙用パックと同じ動作。
動作は無装備状態で行うが、内部的には入力と同時に宇宙用パックに換装する。

コンボ

(>はステップ、≫はブーストダッシュ、→はそのままキャンセル)

威力 備考
メイン始動
BR×3 147 近距離なら↓↓で弾を節約したい
BR→サブ 148
BR×2→(展開時)N・(収納時)後 151
???
N格始動
NN>NNN 205
前格始動
前>BR×2 171
前→サブ 218
前≫BD格N 241
横格始動
横≫BD格N 221
後格始動
後>サブ 218
BD格始動
???
特格始動
特格→射撃CS 102 打ち上げ
特格>サブ 168 ステの方向は前後左右どれでも良い。画面端を考えるとバクステ安定。
覚醒時 F/E&L/S/M
サブ 覚醒時も強制ダウン
特格>サブ

戦術

対射撃性能を強めた形態。
宇宙用とは打って変わって大味な武装が多く、やや使い所を選ぶ。
開幕時はメインと格闘しか使えず、尻上がりに真価を発揮する。

ただしこちらにはCSがあるため、格闘が発生しない状況の射撃戦なら、リフレクターの防御も相まってこちらの方が動きやすい事も。
サブが溜まれば遠距離から強烈な一撃もお見舞い出来る。

リフレクターは展開か収納かで微妙に性能が変わるので間違わないように。
特に格闘は展開時だとすこぶる貧弱になるので注意。