ガンダム・キマリスヴィダール

正式名称:ASW-G-66 Gundam kimaris Vidar パイロット:ガエリオ・ボードウィン
コスト:3000  耐久力:650  変形:×  換装:×
射撃 名称 弾数 威力 備考
メイン射撃 200mm砲 100 13~126 最大10連射
射撃CS 刀【投擲】 - 75 スタン属性の刀投げ
サブ射撃1 特殊KEP弾 8 130 鈍足付与。覚醒リロードも無い撃ちきり武装
サブ射撃2 ドリルランス【投擲】 90 サブ1を撃ちきるとこちらに
特殊射撃 阿頼耶識システムTypeE 2 - 特殊移動。接近すると自動で背後に回り込む
格闘 名称 入力 威力 備考
通常格闘 ドリルランス NNNN 218 ダメージ効率のよい4段格闘
派生 刀&ドリルランス乱舞 N前N 262 高威力の乱舞派生
派生 ドリルニー N後 266 動かないが前派生より短時間
派生 回転斬り N→特射 174 受身不可
前格闘 突き&200mm砲接射 168 ダウン拾い
横格闘 横薙ぎ→叩きつけ→薙ぎ払い 横NN 179
派生 刀&ドリルランス乱舞 横前N
横N前N
262
265
派生 ドリルニー 横後
横N後
266
267
派生 回転斬り 横→特射
横N→特射
174
207
後格闘 阿頼耶識システムTypeE【カウンター】 100 他の格闘にキャンセル可能
BD格闘 斬り下ろし→叩きつけ→串刺しドリル突撃&振り上げ BD中前NN 245
特殊格闘 ドリルランス&刀【回転斬り】 特格 132 射撃ガード付き回転突撃
ドリルランス【ジャンプ斬り】 前後特格 90 射撃ガード付きピョン格
刀【斬り抜け】 横特格 80 射撃ガード付き回り込み攻撃
バーストアタック 名称 入力 威力
F/M/S/E&L
備考
俺とアインが信じるカ 3ボタン同時押し 357/351/316/314 やや長いが高火力。高度によってダメージ増加


【更新履歴】新着3件

18/11/27 正式解禁
18/12/25 アップデート内容を反映
19/03/03 アップデートに伴いコンボを修正

解説&攻略

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第二期より、「ガンダム・キマリスヴィダール」がEXVS2第一弾追加リリース機体として新規参戦。
キマリスが厄祭戦において使われた際の本来の姿。更に一期で戦死したアイン・ダルトンの脳と、グレイズアインの阿頼耶識のデータを元にした「阿頼耶識システムTypeE」を組み込んでいる。

最高コストでありながら、実弾マシンガンを常時メイン射撃として扱う唯一の機体。
換装込み且つBMGであればユニコーン2機やGXDV(NEXT時代)などがいるが、連ジから現在までで「メインが実弾MGしかない」最高コスト機は本機がVS.シリーズ史上初となる。

優秀なMGと鈍足付与のサブ、射撃バリア付きの各種特格による追い性能を強みにする格闘寄り万能機。
この手の機体にしては珍しく素の機動性は3000平均未満だが、メインからキャンセルで出せる特射・特格があるため立ち回りで補える。

以前は中距離でも強くなおかつ高火力という性能だったが、修正を重ねて近接機としてのリスクリターンが明確になった。
触りさえすれば敵機蒸発が見えた起き攻めループ性能も諸々弱体化されており、逆にチャンスを通さなければ勝てない機体になったといえるだろう。

立ち回りをMGと射撃バリアの2本柱に極端に頼っているため、武装相性が出やすいのが強みにして弱点。

弱体化した現在でも近距離の苦手な射撃偏重機等相性の良い相手には相変わらず一方的な攻めを展開できるが、単純な足回りが悪いというのは高コスト格闘寄りにしては明確な弱みとなる。
豊富な近接択を持つ相手や、素の機動性がそもそも高く最初の一撃が遠い相手など、苦手な敵自体は実は多い。

以前のように一択でひたすら突貫するのではなく、慎重かつ大胆な立ち回りをし、信じる力で勝利を掴み取ろう。

リザルトポーズ
通常勝利時:ドリルランスを前に突き出して構える
覚醒勝利時:破損した左カメラアイを発光させた状態で刀を振り払い構える
敗北時:左腕と右のシールド失い、右手にドリルニーを持ったまま漂う。アニメ49話で止めを刺したバエル共々戦艦にもつれ込んで停止した状態の再現。




射撃武器

【メイン射撃】200mm砲

[撃ち切りリロード:7秒/100発][属性:実弾][4hitよろけ][ダウン値:0.3/1hit][補正率:-4%/1hit]
ドリルランスから放つマシンガン。上下2発同時発射で1発消費。
1入力4発、最大10連射可能。4ヒットよろけ。
左右の射角はMGとしては並程度。
サブ・特射・特格キャンセル可。

弾速・誘導・連射速度・集弾性が良好なMG。
よろけこそ4発だが連射速度が早く、よろけを取るまでにかかる時間は大抵の3hitMGに勝るとも劣らない。

格闘寄り万能機が持つものとしては十分強いが、これ以外は常時撒いていけるような射撃が無いのでまさに生命線。

【射撃CS】刀【投擲】

[チャージ時間:2.5秒][属性:実弾][弱スタン][ダウン値:2.0][補正率:-20%]
バルバトスのレバー入れCSとは異なり、オーバースローで縦向きに投げる投擲技。
横への引っかけに期待して投げるものではないが、当たり判定自体は縦と前後にかなり大きく、横方向にはBR程度には曲がる。

足が止まり、銃口や誘導はあまり頼りにならず、相手の弾に掻き消されるなど正直に言って主軸にできる武装ではない。
幸い弾は見え辛いので、メインの射線に織り交ぜるとそれなりに鬱陶しい牽制にはなる。
弱スタンで補正が緩く、威力も一般的なBR程度はあるので封印するには勿体無い武装。

場面を選べば効果的に働く一方で、近距離では頼りない性能な事もあり、メイン連射中に溜まって邪魔になる事もある。ゲージ管理はしっかりと。

特射にキャンセル可能。横特格が追いきれないと感じたらCS特射でさらに詰めをかけるのも一つの択。ステを踏むよりはブーストを節約できる。
その他の用途としてはオバヒ足掻きなど。
隙は大きいので使用には注意が必要。
総じてハイリスクミドルリターンな性能。

【サブ射撃1】特殊KEP弾

[リロード無し][属性:強実弾][ダウン][ダウン値:5.6↑]
ドリルランスと背のシールドを連結し、重質量弾を撃ち出すレールガン「ダインスレイヴ」による砲撃を行う本機の目玉武装。
超高弾速の実弾とヒルドルブのAPFSDS弾に酷似した特性を持つが、1出撃8発限りのリロード無しと、命中した相手への鈍足効果が特徴。
強実弾属性のためMGやゲロビも突っ切って命中する。

残弾によってモーションが異なり、残り8~5発の時は右シールドを接続し左シールドを構え、4~1発の時は左シールドを接続し右シールドを構える。

構え中のシールド部分には射撃ガード判定あり。
前面は確定だが、偶に後ろからの射撃を防ぐ事もある。

誘導はあるにはあるが、赤ロックギリギリでも小さいサイズの機体1機分くらいしか曲がらない。
足も完全に止まる上に発生はやや遅く、銃口補正はいいものの近距離での生当て狙いはリスキー。
弾速で当てるにしても着弾まで一瞬というほどではなく、単体で着地を狙うには心許ない性能。
鈍足効果も7秒程度なので、高空で当てたりすると寝っぱで無効化、ほぼ起き攻め1回のみの効果と考えた方がよい。

メインで動かしてサブで取るというのが本機における射撃戦の基本にして最大の武器。
足が止まる射撃同士の相打ち気味でも射撃ガードで一方的に勝てることもあり、この武装の存在そのものが相手に甘えた着地を許さないプレッシャーがある。

メインやCS、格闘コンボの〆など他の武装からの追撃も勿論強い。
特に鈍足付与の効果が非常に大きく、相性がいい敵をこれでダウンさせた時の起き攻めは3000コストですら離脱困難で非常に凶悪。基本的にはサブで〆れば間違いない。

被撃墜による補充も考えれば1試合中16発撃てるのでかなり余裕がある。
ある程度なら着地への牽制や事故狙いに使っても構わないだろう。……固執して狙い過ぎて被弾に繋がらないように、だが。

【サブ射撃2】ドリルランス【投擲】

[弾数無限][属性:実弾][特殊ダウン][ダウン値:2.0][補正率:-40%]
サブ射撃1撃ち切り後はこちらに変わる。
オーバースローでランスを投げつける放物線軌道系投擲武器。
弾数無限でリロードを待たず何度でも投げられる。
命中すると重めのヒットストップから受身不可の打ち上げ。
サブ1とは異なり非強制ダウンなので、近い間合いであれば追撃可能。
ただし補正率は劣悪で、射撃始動としてはCSに大きく劣る。
高めに打ち上げるのでサブ2ズンダが間に合う。単発火力が高いため、一応一般的なBRズンダ程度の威力は出せる。

敵に当たっても判定が消えず、そのまま貫通する。
あまり無いだろうが、更に後ろに居た機体に当たる事もあり得る。

【特殊射撃】阿頼耶識システムTypeE

[撃ち切りリロード:9秒/2発][属性:特殊移動]
「アイン!」
弾数制の特殊移動。レバーNで直進、レバー横で斜めに移動。動作中は体が赤く光る。
移動速度はそこそこ速い。特格以外の格闘にキャンセル可能。
敵に接近すると背後に回り込む軌道を取る。この時に誘導切りあり。
ブースト消費は極小だが、回り込みが発動すると追加で消費する。

弾数制の割に単体での性能は地味。
だが本機の足回りをカバーする意味で立ち回りに必要不可欠な武装。
メインからこれで近づき、狙えるのなら生格闘、リスキーだと判断したならステキャンからメインなど、自分の有利な間合いを作るために非常に有用。
盾を構えた相手の後ろを取ってめくりに行くなど、回り込み特性を活かせばトリッキーな攻め込みも可能。

特徴である回り込みは接近すると必ず出るため融通が利かない。
地形に引っ掛かってしまうこともあり、イマイチ頼りきれない。
横移動を取る範囲武装に自ら突っ込んでしまう危険性もある。
この軌道を最初からアテにして使うというよりは、こちらがキャンセル格闘を振りにくると読んだ相手の迎撃武装を抜ける逆択として活かしていきたい。

回り込みを発生させるか否かはキャンセルタイミングで調節ができるので、運に任せずにギリギリのタイミングを体に覚え込ませ読み合いの手数を増やしていきたい。

格闘

コンボのN、差し込みの前・横・横特、起き攻めの3種特格など充実のラインナップ。
コンボは迷ったら適度な所でサブ〆をすれば問題ない。

【通常格闘】ドリルランス

3段目で斬り抜け、4段目で地面に叩きつけてバウンドを取る4段格闘。
3段目は大きく動くが4段目は敵の頭上で足を止めるためカット耐性はそこそこ。

修正で諸々の性能が下げられたが、オバヒでサブ〆完走など強みは未だ残る。
派生は豊富だが、カット耐性やリターンも考えると出し切りからのサブが基本である事に変わりはないだろう。
横特格から早めのバクステですかしコン可能。実戦では倒し切りたい時にようやく選択肢に上がるといった程度。

1段目から前、後、特殊射撃派生可能。

通常格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 振り下ろし 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┣前派生 乱れ斬り 267(--%) 別項参照
┣後派生 ドリルニー 266(--%) 別項参照
┣特射派生 回転斬り 174(45%) 別項参照
┗2段目 横薙ぎ 121(65%) 70(-15%) 1.85 0.15 よろけ
 ┗3段目 斬り抜け 170(53%) 75(-12%) 2.0 0.15 横回転ダウン
  ┗4段目 叩きつけ 218(43%) 90(-10%) 2.9 0.9 バウンド

【N格/横格前派生】刀&ドリルランス乱れ斬り

「失ったすべての者のために!俺は突き進む!」
バルバトス系の前派生に似たラッシュ。
前に押し込む以外の性能は後派生のほうが効率が良い。
こちらは途中キャンセルを前提にしたコンボパーツとしての運用が主になるか。
拘束時間が長いため、時限強化や覚醒潰しの適正は高い。
その分自分も拘束されているようなものなので、N格出し切り放置との使い分けを。

前派生 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
N1段目 振り下ろし 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗前派生 逆手抜き打ち 78(78%) 16(-2%) 1.73 0.03
斬り下ろし 91(76%) 16(-2%) 1.76 0.03
横一文字 104(74%) 16(-2%) 1.79 0.03 回転よろけ
返し斬り 116(72%) 16(-2%) 1.82 0.03
前蹴り 127(70%) 15(-2%) 1.84 0.02
回転斬り 139(68%) 16(-2%) 1.86 0.03 回転よろけ
刀投擲 160(58%) 30(-10%) 1.89 0.03 スタン
百裂突き 211(46%) 23(-3%)*4 2.09 0.05*4 膝つきよろけ
 ┗2段目 突き出し 262(--%) 110(--%) 5.6↑ 5.6↑ 強制ダウン

【N格/横格後派生】ドリルニー

「吹き飛べぇ!」
一歩下がってから多段ヒットするドリル膝蹴り→爆発で強制ダウン。
完全に足を止めるかわりに比較的短い時間で前派生以上のダメージ効率を発揮する火力択。
特に最終段の威力はサブ1より上。
残りダウン値が不明瞭な時や、動作より時間効率でのカット耐性を求める場合はこちらを。
中途部分の補正率対効率も前派生より優れる。
一方で出し切り直前キャンセルが困難で、掴み故に途中でキャンセルすると敵を落とすため中継ぎパーツには向かない。
もし途中キャンセルでコンボを続けるならある程度の高度が必要。
各種火力修正により火力択としての使用価値がより上がっているので、仕留める時など適切な場面ではきっちり使っていきたい。

後派生 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
N1段目 振り下ろし 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗後派生 突き出し 105(65%) 50(-15%) 掴み
抉り 194(51%) 10(-1%)*14 掴み
爆発 266(--%) 140(--%) 5.6↑ 5.6↑ 強制ダウン

【N格/横格特射派生】回転斬り

ランスと刀で連続横回転斬り。
1~3ヒットまでは低火力、4ヒット目で受身不可ダウン。
途中止めからのダメージ増加択としては前派生、格闘カット対策の巻き込み狙いとしてはN特格で事足りるとイマイチ使い所が無く、封印安定。

特射派生 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
N1段目 振り下ろし 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗特射派生 回転斬り 89(75%) 30(-5%) 1.8 0.1 強よろけ
回転斬り 101(70%) 16(-5%) 1.9 0.1 回転よろけ
回転斬り 122(65%) 30(-5%) 2.1 0.2 強よろけ
回転斬り 174(45%) 80(-20%) 3.1 1.0 縦回転ダウン

【前格闘】突き&200mm砲接射

突き刺した相手を持ち上げて200mm砲を接射し、撃ちきった後に吹き飛ばす。
初段にはダウン引き起こし特性あり。
発生や判定は良いが、伸びが悪く範囲も狭いので押し付けには向かない。
特射からキャンセルで出すと欠点をある程度補える。
アップデートでN格闘の発生が遅くなったため、特射からの差し込みにはこちらの方が有用な場面も多くなった。回り込みがある横との二択で振っていこう。

接射前に持ち上げる動作が入るため、地上の敵を持ち上げてからでも前ステで格闘追撃が狙える。

ダウン引き起こし武装ではあるが、補正の関係でここからのコンボは伸びない。
追撃に使った場合は素直に出し切るか、サブを刺して〆る方が効率はいい。

前格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 突き 70(80%) 70(-20%) 1.0 1.0 掴み
接射 109(65%) 10(-3%)*5 1.0 0 掴み
引き抜き 168(--%) 90(--%) 11.0 10.0 強制ダウン

【横格闘】横薙ぎ→叩きつけ→薙ぎ払い

シンプルな3段格闘だが回り込みが弱い。
最終段は浅い角度に吹き飛ばすため出し切りからの追撃はややシビア。

1・2段目からN格闘と同様の前・後・特射派生が可能。

横格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 横薙ぎ 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┣前派生 乱れ斬り 262(--%) 別項参照
┣後派生 ドリルニー 266(--%) 別項参照
┣特射派生 回転斬り 174(45%) 別項参照
┗2段目 叩きつけ 117(65%) 65(-15%) 2.0 0.3 よろけ
 ┣前派生 乱れ斬り 265(--%) 別項参照
┣後派生 ドリルニー 267(--%) 別項参照
 ┣特射派生 回転斬り 207(30%) 別項参照
 ┗3段目 薙ぎ払い 179(53%) 95(-12%) 3.0 1.0 ダウン

【後格闘】阿頼耶識システムTypeE【カウンター】

棒立ち姿勢で待ち構える格闘カウンター。
成立すると高速で敵の背後に回り込んで蹴り1段。
構え・攻撃モーション共に43話でこの機体の前身であるガンダム・ヴィダールがルプスレクスとの戦闘でとった動きの再現。

回り込みの動きが大きく、敵の背後で立ち止まって一拍置いてから攻撃するためダメージ確定は遅め。
蹴り発生から他の格闘にキャンセルでき、ダメージ対補正もかなり良好で大きなリターンが見込める。
特射同様、ここからキャンセルで出した格闘の動作中は赤く光る。

カウンターとしては射撃バリアなどが無い代わりに、発生が優秀なタイプ。
本機が苦手とする鞭系の武装への強力な対抗策になる。
鞭持ちを相手にわざと特射などで接近して鞭を誘いカウンターで取る…など充分に立ち回りに組み込める。

後格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
成立時 前蹴り 100(-18%) 1.7 スタン→砂埃ダウン

【BD格闘】斬り下ろし→叩きつけ→串刺しドリル突撃&引き抜き

フワ格始動の4段格闘。
3段目は掴み状態のまま敵を前に輸送し、出し切りで大きく打ち上げる。
初段は大きな武器を縦に振り下ろすので上下の動きを食う性能がかなり高い。

とはいえ、似たようなことがワンコマンドで出る横特格でもできてしまうので、現状出番に恵まれない。
長いためカット耐性もそこまでよくはないが、使えば味の出て来る格闘。

BD格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 斬り下ろし 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 膝つきよろけ
┗2段目 叩きつけ 121(65%) 70(-15%) 2.0 0.3 よろけ
 ┗3段目 串刺し 141(55%) 30(-10%) 2.0 0 掴み
突撃輸送 201(44%) 10(-1%)*11 2.0 0 掴み
引き抜き 245(34%) 100(-10%) 3.0 1.0 受身不可ダウン

【特殊格闘】ドリルランス&刀【回転斬り】/ドリルランス【ジャンプ斬り】/刀【斬り抜け】

ドリルランスと刀を用いた格闘群。
レバー入れで性能が変化し、いずれも判定が出る前に射撃ガード判定を持つ。

  • レバーN:ドリルランス&刀【回転斬り】
入力したその場から前進しつつ連続横回転斬り。
見た目通り側面や背後にも判定があり、回り込んできた相手を引っ掛けやすい。
入力したその場から攻撃を開始するため、遠目の相手には初段のヒット数が減る。
伸びは悪く、アプデ以降ブースト消費も重いため追いに使う性能ではない。

最終段以外はダウン値も低めだが、補正がかなり重たい。
可能な限り素早くキャンセルして手短なコンボに繋ぐか、キャンセルが遅れたらそのまま出し切るorサブ〆で次の展開に備えたい。

攻撃判定、バリア判定の発生は共に遅い。
しかし判定自体はかなり信頼できるため、エクバ2で増えたいわゆるバリア付き先置き格闘の頂点ともいえる性能になっている。
隣接距離で、これが発生していて相手が攻撃行動をとった時点で確定するので、起き上がりに重ねるだけで相手の行動を縛れる。

射撃ガードは側面全部にあり特格で最も広いが上下には無い。
角度のついた射撃や、単なる射撃バリアの例に漏れず爆風は防げない事にも注意。

N特殊格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 回転斬り 70(65%) 16(-7%)*5 1.5 0.3*5 回転よろけ
132(--%) 95(--%) 5.6↑ 5.6↑ 強制ダウン

  • レバー前後:ドリルランス【ジャンプ斬り】
接地判定のあるピョン格。
着地するとガード判定が消えるほか、動作中ブーストを消費し続ける。
落下高度に限界があり、機体3機分ほどから着地しなくなる。
射撃バリアは前方にのみ付与されている様子で、下方向からの射撃は多くが抜けてくる。
斜め入力だと横特格が暴発するので入力はしっかりと。

前後特殊格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
1段目 ジャンプ斬り 90(-20%) 2.0 バウンド

  • レバー横:刀【斬り抜け】
レバー方向に回り込みながら接近して斬り抜け。この機体で最も振ることになるであろう格闘。
伸び・突進速度が良好。発生は若干遅め。至近距離では射撃機体にすら負けるほど。
攻撃判定は広く強い方だが出っぱ系統ではないので当たり負けはある。

パっと見ではアルケーやターンXなどの横特格に似ているが、一般的な格闘と同じく相手に接近した時点で振り始めるためそれらと比べて近距離での発生に信頼が置ける。
やや遠目から振り出すからか判定が奥に広いため、タイミングによっては相手の格闘判定の外から斬る。
ただかなりタイミング次第のようで範囲が奥に広い事もあり、万能機程度の格闘に負ける事も多々ある。
当たり方がいい意味でも悪い意味でも安定しない格闘。
振り始めてしまえば真後ろから斜め前方まで200°近くの広範囲に同時に判定が出現するので、ステップを食う事も。

メインで固めた盾は全方位のものでなければ回り込んで捲ることも可能。
容易な盾を封じることができるというのは、地味ではあるものの非常に強力な特徴。

射撃バリアを持ちながら大きく伸びつつ、アルケー横特と違ってやや遅め程度で発生してくれる主力品。
いわゆるBD逃げ撃ちを完全にメタった性能といえる。
ただ伸び距離からの同時出しで100%これに勝てる格闘というのは実は多い。
それを知っている相手に対して一本調子で攻めると手痛い事になるので注意が必要。
修正で火力が下がり続けているが、逆に言えば火力しか下がっていない。

格闘への繋ぎはバクステorバクフワで安定する。

横特殊格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
1段目 斬り抜け 80(-20%) 1.7 横回転ダウン

バーストアタック

俺とアインが信じる力

「アイン、頼む!!一人ではない!この戦い…届けえ!これが、俺たちの力!!」
刀で斬り上げ→跳躍して両シールドを前面展開したまま突撃して掴み→多段ヒットする落下から地面に叩きつけ→右シールドを引き千切り投擲→ドリルニー突き出し→折れたドリルをキャッチして突き刺し→爆発。
動作の多くは二期49話におけるバエルへとどめを刺した攻撃の再現。

最初の斬り上げで敵を真上に高く打ち上げ、そこから更に相手ごと地面まで落下するため上下に大きく動くが、それ以降はほとんど動かず低空で攻撃を続けるためカット耐性は悪め。
しかし総火力はそれを加味してもかなり高い部類で、なおかつ動作の中盤でほとんどのダメージを取り切るタイプなのでカットされても損は少ない。
全体的に高威力・重補正の構成かつヒット数も多いため、コンボの火力水増し性能も高い。

高度に比例して3段目のヒット数が増加する。
本機にはN3段目や横特格など敵を大きく打ち上げる格闘が存在するため、これらを組み込むとダメージをさらに伸ばすことも可能。
アップデートで格闘の基礎火力は低下したものの、依然F覚醒ならルート次第で400以上のダメージを叩き出せる切り札となるため、状況次第では狙ってみるのも悪くない。

※表のダメージは平地で使用した際の数値
極限技 動作 威力(補正率) F/M/S/E&L ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 斬り上げ 83/77/70/70(80%) 70(-20%) 0 0 砂埃ダウン
2段目 掴み 150/139/126/126(60%) 70(-20%) 0 0 掴み
3段目 輸送 231/214/194/194(48%) 40(-4%)*3~n 0 0 掴み
4段目 地面激突 277/256/233/233(33%) 80(-15%) 0 0 スタン
5段目 シールド投擲 307/287/265/263(10%) 90(-30%) 0 0 スタン
6段目 ドリルニー 346/326/291/289(10%) 20(--%)*13 0 0 スタン
7段目 突き刺し 351/332/296/294(10%) 50(--%) 0 0 スタン
8段目 爆発 357/351/316/314(10%) 200(--%) 5.6↑ 5.6↑ (強制)ダウン

コンボ

(>はステップ、≫はブーストダッシュ、→はそのままキャンセル)
※横特格から格闘への繋ぎはバクステorバクフワで安定する

威力 備考
射撃始動
メイン17発 157
メイン4hit→サブ1 127
メイン4hit→横特>サブ1 202
射撃CS≫メイン(10hit) 160
射撃CS≫サブ1 179
射撃CS≫NNNN>サブ1 263
射撃CS≫N前 258
射撃CS≫N後 262
射撃CS≫横特>サブ1 217
射撃CS≫横特>前 223(192)
N格始動
N前>サブ1 271
NNNN>サブ1 274 ↓らと比較して対時間効率が良好
NNN>NNNN>サブ1 264 高度がある時こちらの方が繋ぎやすい。
N前>NNNN>サブ1 288 同上
NNNN>NNNN 279 やや長いが高火力+バウンド
NNNN>NNN>サブ1 284 ダメージ水増し+高高度打ち上げ。
NNNN>前 269(246) ()内はダウン追撃
NNNN>N前N 293 後派生より高ダメージだが長い
NNNN>N前サブ1 296 高威力+鈍足
NNNN>N後 286
NNNN>横特>サブ1 283
前格始動
???
横格始動
横>NNNN>サブ1 253 横Nだと245に下がる
横N>横NN 219 最後がサブ1で229
横前>NNNN>サブ1 288
横N前>NNNN 274 ダウン値的にサブまで入らない。
後格始動
後→NNNN>サブ1 299 基本
後→N前N 292
後→N後 295
BD格始動
BD格NNN>N後 303
BD格NNN>前 285(267)
特格始動
N特(1~5hit)>NNNN>サブ1 198~262 N特のhit数が少ない程高威力
横特>サブ1 184 鈍足付与
横特>横特>サブ1 222
横特>NNN>サブ1 251 高度が高い時は↓よりこちらで
横特>NNNN>サブ1 268 基本
横特>N前N 263
横特>N前>サブ1 269
横特>N後 267
横特>前 206(164)
横特>前>NNN>サブ1 239(197)
横特>前>N後 ???(196)
???
覚醒中 F/M/E&L
NNNN>覚醒技 372/364/350 以下覚醒技〆は高度で威力が変動
NNNN>NNN>覚醒技 386/376/360
横特>NNNN>サブ1 313/292/268 基本
横特>覚醒技 361/354/320
横特>NNNN>覚醒技 371/363/346
横特>横特>横特>覚醒技 369/363/338
F覚醒中
NNNN>NNNN>覚醒技 384
NNNN>N後(最終段前)*2>覚醒技 397
NNNN>NNN>NNN>覚醒技 402 暫定デスコン
横NN>NNNN>覚醒技 375 PVコンボ
BD格NN>横N後(最終段前)*2>覚醒技 413
横特>NNNN>NNN>覚醒技 386
横特>NNN>NNN>覚醒技 380~ カット耐性良
横特>N前*2>覚醒技 384
横特*5 285 最後が覚醒技で376

戦術

マシンガン、高火力鈍足付与サブ、誘導切り特殊移動、射撃バリア格闘という強みが分かりやすいコマンドで構成された機体。
やる事はピョン格を絡めつつマシンガンで敵を動かし、どこかで格闘コンボを決めて一気に試合を荒らすのが仕事。

3000の格闘寄り機体はほぼすべてが機動性関連で何かしら優遇されているが、
この機体にあるのはせいぜいピョン格や直線的な特殊移動程度。なおかつ素のBD速度自体もさして速くはない。
安易に近づける機体ではないが、相手に寄らせないプレッシャーはあるし、
MGから鈍足付与のサブが決まればその煩わしさも消える。
射撃戦自体は同コスト格闘機群よりマシとはいえど、ダメージチャンスは薄い。
やはりどこかで格闘を決め一気に敵の耐久を持っていきたい。

中距離でMGよろけや相方の射撃からサブを決めたら、ヴィダールの時間である。
鈍足状態の敵を追い立て、あわよくば格闘を決めて鈍足起き攻めのループを作りたい。
修正前までは2回コンボを決めれば敵は蒸発必至だったが、現在は基本コンボだけではある程度耐久が残ってしまう。
また、鈍足を付けても最大寝っぱですぐ取れてしまうので、無理に起き攻めに拘るのが悪手な場面も増えてきた。

無論、足回りに難を抱えていたり、武装相性がよく特格一連の攻撃に対抗策が薄い相手なら鈍足無しでも素で追い回せる。
試合が荒れた状況自体が望ましいため、「こいつは狩れる」と感じたら開幕からある程度目星をつけて付け狙っても構わない。
危惧した敵相方がこちらを助けようとした時点で荒れた局地戦になるので美味しい。
これは3000格闘寄りの基本でもあるが、武装相性がきついこの機体は特にその気が強い。

地味な弱点として実は局所で放置されやすい
絶対に目を離せないヴィダールを放置とはありえないと思うかもしれないが、勝利条件を相手が握った局面は話が異なり、
短めの赤ロックで連射数も多くないMGでしか手を出せない事と、直線的なスピードはさして速くない事を突かれて覚醒で置いて行かれやすい。
マシンガンキャラは距離を取れる機動性さえあれば放置しやすいという基本を敵が理解しているとこれに困る場面も多々ある。
覚醒や時限強化が絡んで相方を追われた時にバエルの特射やマスターの横のような追いすがり方ができないので、戦況を先読みしてきちんと動いていく事。

EXバースト考察

「戦場を切り裂け…アイン!!」
覚醒中は左のカメラアイが破損状態となり赤く発光する。バエルとの最終決戦にて破壊された演出の再現。
現在はFかMが推奨されている。敵機次第で選んでいこう。

  • Fバースト
格闘攻撃力+18% 防御力+5%
単純に格闘の伸びや火力が強化される。全覚醒中2番目のブースト速度、最大のブースト回復量が売り。
特射→格闘の伸びがM覚より速い為それを生かしたい。横特格の伸びは圧巻。
また強力なメインからの格闘も非常に強い。しかしこの点は元から特射や特格が存在するためやや旨味が薄いか。
逆転性や追い込みを求めるならこの覚醒だがブースト速度はM覚に劣る。

  • Eバースト
防御力+25%
30コストとして、格闘寄りとしてあまり選びたくない。
失敗を取り戻すための消極的な覚醒になりがち。

  • Sバースト
射撃攻撃力+5% 防御力+5%
相性は非常に悪い。サブ1,2、CSともに発生が遅くメイン降りにも使いづらい上、サブ1がリロードしないためリロード加速の恩恵を受けられず、選ぶ利点が薄い。
サブ2を連続で投げて手早く強制ダウンを取るような動きもできるが、ネタの域は出ない。

  • Lバースト
30とL覚醒は3020の20側にLを受け持ってもらう場合が多い。
E同様、本機は3000コストであるため自分から攻めていける覚醒が欲しい事情もある。

  • Mバースト
格闘攻撃力+9%、射撃攻撃力+2%
全覚醒中1番のブースト速度、二番目のブースト回復量が売り。
覚醒中は強化された機動力で各種武装を押し付けていくという、まるで鬼のような追い性能を発揮する。逃げ能力も一番。
本機のネックである素の機動力をカバーすることができるため相性面でもバッチリ。
〆のサブに青ステを踏んで誘導切りからサーチ変更でフワメインで隙消しor特射でかっとんでいくような縦横無尽な立ち回りも可能となる。
かなり下方修正されたため、特射や格闘の速さも加味するとF覚醒との差はそこまで大きくなくなった。
詰めきった後は結局格闘を振りに行くことが多いので、対面を見て慎重に選びたい。

僚機考察

ある意味もっとも格闘寄り万能機らしい機体ということもあり、どんな相方と組んでも一定以上の働きは見込める。
とはいえ本機の後衛適性は低め。逃げる、自衛するといった性能は他と比較して心許ないので、先落ちをしないだけの自衛力は求めたいところ。

擬似タイ適正が高い機体と組んでの擬似タイか、後ろからバンバン手を出せる機体と組んでロックを引くかは悩みどころ。
当然だが、擬似タイをする場合はこちらが敵高コスト側を受け持とう。

3000

シャッフルで見る事故。
格闘がダメージソースである点とサブ1が復帰でしかリロードされない点を考えるとなるべく先落ちしたい。
僚機が1回も落ちられないこの組み合わせでは、出来るだけ鈍足効果を付けた敵を僚機に見させるようにしよう。

  • ガンダム・バエル
親友であり宿敵コンビ。事故だが事故なりにやりようはある。
基本はバエルが前に出てヴィダールが後方でMGをばらまいていく。
ヴィダールのサブが決まればバエルのメイン、サブ、特射すべてが押し付け要素になる。
バエルが拘束コンを決めてる間にヴィダールが闇討ちで敵相方を狙うという立ち回りができれば強い。
だがあくまで理想論でありヴィダールが体力調整で事故ったら一気に戦況が崩壊する。
ゲロビなどで事故ったらたとえバエルでも0落ちを想定して動いてもらおう。

2500

鉄板。コスオバ時の耐久がネックになるのでコスオバ込みで耐えれる機体が望ましい。
固定で互いの理解があるならば格闘機同士で永遠に疑似タイでつぶすというのもあり。

  • ガンダム・バルバトスルプス
原作コンビ。
格闘による拘束を得意とする機体。
ルプスは一度相手に噛みつけば派生で長い時間拘束状態を作れるのでその間にヴィダールが格闘やサブでの鈍足を付与できれば非常に強い。
だが互いに実弾武装しか持っていないので移動ゲロビ持ちや射撃機体相手には非常に苦しい戦いを強いられる。
ルプス自体先落ちしやすい機体なため一度相手にペースを握られるとそのまま敗北…なんてことも。
環境的には厳しいが対面次第では非常に凶悪な相性ゲーが可能なコンビ。

  • ライトニングガンダムフルバーニアン
ヴィダールが求める逃げ性能や自衛性能に関しては文句なし。
またサブや2連射BRといった足を動かす武装が豊富で甘えた着地をヴィダールがサブや格闘をねじ込む戦法が凶悪。
また、ライトニングを放置すると特射や変形ミサイルやゲロビがガンガン飛んでくるため甘え無視を許さない立ち回りも可能。あえて狙いに行くのは禁物だが、そこそこの近接択とかなり良いリターンを持つので擬似タイもこなせなくはない。
反面ミサイルの誤射は厳禁。

  • スターウイニングガンダム
うざったい援護と要所で貼られるバリアが光る。
高回転で放たれるスターファンネルがサブ1との相性が抜群で、しっかり意思疎通出来るなら緑ロックでも撃ち込みが間に合う。
鈍足効果が自身の起き攻めにもウイニングの射撃とも噛み合うので、そこからダウンループに持ち込んで勝ちの流れを一気に引き込むことが可能。
相性の悪い機体とかち合うと脆いので、そこはしっかりヴィダールが見て上げる事。

  • 騎士ガンダム
良く当たり、かつ長時間スタンが取れる射撃をふんだんに搭載している。
またフルアーマー時のタイマン性能がすこぶる優秀で、ヴィダールが気兼ねなく起き攻めループを狙える。
事故が怖いが、騎士は武装の強さによりEを選んでも先落ちが出来るという稀有な特徴があるので、かなり柔軟に対応が可能。

2000

システム的に優れた組み合わせ。
僚機L覚でサブ1は回復しないが、それでもヴィダールの覚醒が安定して3回襲い掛かるのは強力。
また僚機先落ちの展開もL覚で十分に対処できるので、3025に比べて非常に柔軟性が高い。

  • メッサーラ
こちらも相方も圧をかけていく攻めっ気の強いコンビ。メッサの奪ダウン力・弾幕の強さにより主張力が高い。
メッサ側は狙われたらすぐに逃げれるようにしてもらうか、擬似タイを受け流してもらおう。
誤射・コンボ妨害には注意。

  • ガーベラ・テトラ
強気に攻めていきたいヴィダールと噛み合う相方。
射撃戦ではやや不利を背負うものの、お互いに鈍足武装を持っているので鈍足をつけてからが本番。
一度鈍足がついた相手をお互いのマシンガンで追い立てて、追撃でまた鈍足をつけて…といったループが可能。一度波に乗れば相手に何もさせずにそのまま試合終了、なんてことも。
ガーベラの自衛力も平均以上あり、機体特性から疑似タイマンも得意な部類。鈍足をつけて片追いするも良し、鈍足がついた相手を疑似タイで抑え続けるも良し。
弱点としてはやはり射撃の弱さ。十分すぎる射撃武装をお互いに持ってはいるが、鈍足をつけられず延々と射撃戦を展開されるとズルズルと不利を引きずっていく戦局になりがち。

  • ビルドストライクガンダム(フルパッケージ)
アプデにより選択肢に上がるようになった。
基本的にはこちらがロックを引き、ビルストが特格や格CSでの闇討ちを狙っていく。
他の2000近接機と違う点は、ある程度射撃戦ができる点とN前派生での拘束力の高さ。

  • ガンダムエクシア
20コスト定番の格闘機。
20トップクラスの回避力を持ち疑似タイでの強さは周知の通り。
サブやCSのスタンをエクシア側が追撃しにくいもののそこにヴィダールのサブ1が入ればかなりおいしい。
鈍足状態の相手ならエクシアが得意とする起き攻めに持ち込みやすい。
苦手な相手にもSAの後格による強引なねじ込みが光り覚醒のトランザムも非常に強力。
だがメインの弾数の少なさ、低耐久は明確な弱点になるので注意。

  • ペイルライダー(陸戦重装仕様)
引っ掛けやすく炎上スタンの特射という、ヴィダールのサブ1のお膳立てとして理想的な射撃を持つ。
本体も特射を軸にしたタイマン力、後格で滞空出来る生存力、特格の荒らし力と全体的に高水準。
2機のMGで敵を追い立てるのが基本だが、ペイルの特格を貯めながら特射が引っ掛かるまでじっくり見合うという待ち戦法も強い。
ただし、双方ともほぼ実弾オンリーのため、対面によっては撃ち合いが出来ず突っ込むしかなくなる状況があることは注意。

1500

事故。非推奨。ここまで来るとヴィダールの放置の弱さ(機動力のなさ)が浮き彫りになってしまう。
15が2落ちなど十分にあり得るので注意。

  • ラゴゥ
組むとしたらこの機体。
ラゴゥの疑似タイ性能は高コスにも引けを取らないので足を止めてる間にヴィダールが攻め切るという流れが出来れば強い。
ラゴゥ的にも火力の高い相方が欲しいのでお互いに利害は一致している。
だが事故コストである事に変わりはなくヴィダールが放置されると流石にラゴゥでは捌き切れないので互いの位置関係には要注意。

  • ガンキャノン
ぱっと見やれそうなコンビ。良く言えば不幸中の幸い。悪く言えば当たり前に事故。
噛み合えば後ろからの下サブで相手に圧をかけられるが、噛み合えばの話。当然敵はガンキャノンを妨害・落としにくるので、ガンキャノン側の腕が悪いとガンキャノン2〜3落ち→ヴィダールが落とされて負ける。


外部リンク

コメント欄

  • 格闘機には不利だよね。近距離で強い射撃がないし射撃から格闘に繋げにくいし振り合いに強い格闘がない。 - 名無しさん (2019-01-04 05:12:28)
  • コイツの横特やっぱ頭悪いな、グシオンのN特格が完全に出てる状態なのに相打ちできるってなんだよ…… - 名無しさん (2019-01-04 15:24:00)
  • 横特に100%勝てる格闘も多いとあるけど、どの辺の格闘なら勝てるの?いわゆる万能機の強判定格闘なら潰せると思うんだけど。ホッスクBD格闘を後出しで潰せるx2のBD格闘位なら一方的に潰せるぞ。 - 名無しさん (2019-01-06 22:13:20)
    • シャゲのくるくるならほぼ100%勝てる。あと雪崩やベルガみたいなでっぱや百式ピョンみたいなのも有利。あと斬り始める前に向かっていくように振ればPストNとかなら。要は逃げて振る迎撃思考だとむしろ迎撃きつい格闘 - 名無しさん (2019-01-07 20:40:18)
    • シナンジュの下格も勝てると思います - 名無しさん (2019-01-18 11:39:24)
    • 現行の横特の文通り伸びから同時出しならX2のBD格が勝つし、寄れば万能機クラスのBD格なら勝てるよ。 - 名無しさん (2019-01-18 13:33:05)
  • 雪崩には勝てないんだよな・・・ - 名無しさん (2019-02-04 20:15:21)
    • 密接起き攻め状態で雪崩に勝てるのはフルシティくらいじゃね。まあそもそも近寄らせない立ち回りができるからそんなの関係ないけど - 名無しさん (2019-02-16 10:58:50)
  • これには勝てないからこの機体は弱いし強機体じゃないアピール多過ぎだろ。強機体使い必死すぎ。 - 名無しさん (2019-02-16 16:22:30)
    • 誰も弱いなんて言ってないだろうが。同時出しならほとんどの格闘に負けるのは事実だけどな。 - 名無しさん (2019-02-16 18:04:57)
    • 他にも強い機体はたくさんいるのに、コイツばっかネチネチ言う弱機体使い必死すぎ(笑)……こんなしょーもない煽り言って&言われて楽しい? - 名無しさん (2019-02-17 01:15:43)
  • 下方修正おめでとう - 名無しさん (2019-02-25 13:43:30)
  • 数試合で遭遇したけど、MG格闘ともにいい感じになった気がする 完走されればやっぱり痛いけど、近寄らせないようにできるようになったのは大きい - 名無しさん (2019-03-02 08:59:58)
  • バエルに勝てねえわ。サブに一方的に潰さるのが痛い - 名無しさん (2019-03-12 01:43:43)
    • バエルスレ見りゃわかるけど、このゲーム2vs2なんだし、バエルに構わず低コ狩りレースすればいいと思うよ。狩り速度はこっちのが速いはずだし - 名無しさん (2019-03-12 12:50:56)
    • メイン(足止め実弾)にメイン(移動MG)、サブ(スパアマ)にサブ(単発ダウン)と、択勝ちはできるよ。後は読みあいだけど - 名無しさん (2019-03-12 13:45:49)
    • バエルに勝つ必要はない、こっちからバエルにいかずに相方のほうにメイン撃ってたら突っ込んでくるからサブ吐いたの見てから横特連打でバエルはなにもできん - 名無しさん (2019-03-14 23:07:47)
      • なかなか使われるの見ないけど、一応バエルにはカウンター付きBD格闘というのがあるので頭の片隅には入れておくのが良いと思います - 名無しさん (2019-10-06 22:17:55)
  • バエルを持つ私に逆らうか──ッ!! - マクギリス (2019-04-10 05:57:44)
  • 特射で光ってる時は格闘のダウン値下がります - 名無しさん (2019-09-25 08:47:08)
    • 下がってなかったよ(特射横出し切り→特射横2段目でダウン) - 名無しさん (2019-10-08 22:27:55)
荒れる原因となりますので過度に主観の入った内容の投稿はお控えください。
+コメントログ