ペーネロペー

正式名称:RX-104FF PENELOPE パイロット:レーン・エイム
コスト:3000  耐久力:700  変形:×  換装:△
総論 ペーネロペー オデュッセウス
戦術、EXバースト考察等は総論へ
射撃 名称 弾数 威力 備考
射撃 ビーム・ライフル 10 80/50 ミサイルが2発付随
射撃CS メガ粒子砲【横薙ぎ払い】 - 130 左から右へ薙ぎ払う
格闘CS メガ粒子砲【縦薙ぎ払い】 - 130 上から下へ振り下ろす
サブ射撃 ファンネル・ミサイル 3 43~? 足を止めずに射出
レバーN特殊射撃 メガ粒子砲【照射】 2 236 正面に照射
レバー横特殊射撃 メガ粒子砲【移動撃ち】 195 側面に移動してから照射
特殊格闘 特殊移動 - - 様々な行動をキャンセル可能
格闘 名称 入力 威力 備考
通常格闘 左横薙ぎ→右横薙ぎ→X字斬り NNN 206
派生 斬り抜け→メガ粒子砲 NN前射 220 出し切ると打ち上げ強制ダウン
派生 4刀滅多斬り NN後N 253 高火力な滅多斬り
前格闘 X字斬り抜け 85 単発特殊ダウン
横格闘 袈裟斬り→斬り上げ→頭突き 横NN 177 標準的な3段
後格闘 斬り上げ→2刀突き刺し&ファンネル・ミサイル 後N 245 デスコンパーツ
BD格闘 右突き→左斬り払い BD中前N 141 そこそこ伸びる
派生 宙返り斬り抜け BD中前後 137 特殊ダウン
特殊 名称 耐久 備考
特殊武装 ペーネロペーユニット 280 - ダメージと同数値減少
0になるとオデュッセウスガンダムに強制換装
バーストアタック 名称 入力 威力 S/M/E&F&L 備考
一斉射撃 3ボタン同時押し 274/261/252 4本のゲロビとミサイルの一斉射出


【更新履歴】新着1件

18/10/26 前作wikiからコピーする形で新規作成
18/11/23 今作の変更点に一部修正
19/02/01 ダメージを追記、EXバースト考察を総論のページに移動。

解説&攻略

富野由悠季の小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』に登場する、キルケー部隊の「レーン・エイム」が駆るライバル機。
Ξガンダムと異なり、作中ではガンダムの名残があるとしか説明はなく、ガンダムとしては扱われていない。

出撃時は必ずこの形態でスタートする、いわば本機の基本形態。
設定上Ξガンダムの試作機と呼べる機体なためか原作同様に武装の類似点が多く、メイン・サブ・特射はΞの調整版のような性能。

この形態でいかにダメージを稼げるかにかかっている。無駄な被弾は厳禁だが、当たり判定は他の機体より大きめなので立ち回りには注意。



射撃武器

【メイン射撃】ビーム・ライフル

[常時リロード:3秒/1発][属性:ビーム+実弾][BR:よろけ、ミサイル:ダウン][ダウン値:BR2.0/ミサイル?][補正率:BR-30%/ミサイル-??%]
威力・弾数共に最高コストの射撃より水準で少し太め、かつ連動でミサイルを2発発射する高性能BR。
サブ・特射・特格にキャンセル可能。
ミサイルの威力は1発50?
ミサイルは腕と同軸で射出されるため、BR部分と同じ強さの銃口補正が掛かり、ゆっくりと相手へ向かっていく。

密着で当てるとBRとミサイルが同時ヒットしやすくコンボの〆としても強力。
BRヒット→ミサイル2発同時ヒットで149

その性質から近距離のズンダ2発目のよろけ時に1発目の後続ミサイルを時間差で命中させることが可能。
そのためメインヒットが確定した時、2発に留めておくと後はミサイルが勝手にダウンを取ってくれる。
これを活用すると、メインの節約と時間差でダウンを取る間にもう一方の敵への片追いを一挙に行える。
ただしミサイルは実弾属性のため、かき消されることも多々あるので注意。

総合的に強力なメイン射撃であり、基本にして主力となる武装。もちろんSバーストとの相性も抜群。
弾数多めとはいえ、メインに依存しやすい武装構成なので残弾には気をつけよう。

【射撃CS】メガ粒子砲【横薙ぎ払い】

[チャージ時間:??秒][属性:ビーム][ダウン][ダウン値:??][補正率:%]
左腕のメガ粒子砲で左側から右方向へ放つビーム鞭。単発ヒットで非強制ダウン。
ローゼンやスモーなどの同系統の武装と違い少し慣性が乗るのが特徴。発生はやや遅めな点に注意。
近距離戦の要で、置いておく感覚で撃つと結構引っかかる。単発130ダメージとリターンも十分。
仕様上、ローゼンとは違い左方向への薙ぎ払いはできないので少し攻撃に制限がかかってしまう。

入力上、溜めやすいがメインサブが撃ちづらくなるため考えた運用が必要。
メインで追いつつチャージし、敵の着地やズサキャン前後で薙ぎるなどといった狙い方はできる。
生当てで赤ダウンだが、吹き飛び方の都合上追撃はダウン追撃になりがち。

単発130ダメージのため、今作で多い3025コンビのコスオバ狩りに大きく貢献する。

【格闘CS】メガ粒子砲【縦薙ぎ払い】

[チャージ時間:??秒][属性:ビーム][弱スタン][ダウン値:??][補正率:-??%]
右腕のメガ粒子砲で縦方向に振り下ろすビーム鞭。
イメージとしてはエピオンの前サブが射程が長くなり火力も上がったようなもの。

こちらは特格との併用がしづらいが、メインを撃ちながら溜めやすい。射撃CSと違いスタン属性なため追撃が安定するのも特徴。
メインキャンセルで弾の節約、軸を合わせて直接当てに行く、高跳びを狩るのが主な用法。
発生がイマイチで射程も特別長いわけではないので多用するものではないが、前向きに考えるなら起き攻めに組み込んで相手を混乱させたい。

【サブ射撃】ファンネル・ミサイル

[撃ち切りリロード:??秒/3発][属性:ファンネル/実弾][ダウン][ダウン値:][補正率%]
足を止めずにファンネル・ミサイルを6基展開する。
振り向きメインからサブにキャンセルで自由落下(空撃ちキャンセル不可)。
リロードは展開した3組目を発射した瞬間から。

メイン同様に基本的にΞのサブを元にした武装だがこれも強化版と言える。
取りついてからの突進が素早く、突進時の飛距離や誘導性も向上している。
取り付きからミサイルが突っ込むというよりはビーム並みの速度なので、どちらかと言うとストフリのドラに近い挙動。
弾数多めで足が止まらずリロードも速いため弾幕としてどんどん使って敵を動かそう。
内部硬直がかなり短く、盾仕込みや他の行動に繋げやすい。

特格キャンセル可能。

【特殊射撃】メガ粒子砲

[常時リロード:14秒/1発][属性:照射ビーム]
本作ではレバー入れで撃ち分けが可能になった。
威力と押し付けのN、引っ掛けの横とわかりやすい構成。

【レバーN特殊射撃】メガ粒子砲【照射】

[ダウン][ダウン値:][補正率:%]
両腕部からメガ粒子砲を発射。メインからキャンセル可能でキャンセル補正なし。ミサイルは付随しない。
発生はΞのゲロビと同じだが弾速が遅く、オーバーヒートの着地取りに使ってもガードされるケースが多々あるため、必然的に中距離以近で当てていく事になる。
威力と弾数であちらに勝るため狙えるところでは狙っていきたい。
メインやサブで攻め立てた後の着地取りや、高機動高発生を生かした押し付けなど幅広く使える。
メインサブを主軸とするかこちらをコンスタントに狙っていくかでこの機体の交戦距離が変わる。

弾速が遅いため事故狙いで置いておくより、中距離以近で高飛び狩りや格闘迎撃など、銃口補正に頼った方が当てやすい。
とはいえ着地取りも十分狙える性能なので、押し付けに固執し過ぎて被弾するようならばゆっくり使うのもあり。
本作では移動撃ちの汎用性が高いためやや使い道が薄れたように見えるが、単機をしっかり狙う時はこちらが優秀。
威力は230程度と横特射よりも上。

【レバー横特殊射撃】メガ粒子砲【移動撃ち】

[ダウン][ダウン値:][補正率:%]
特格の移動行動のように少し回転してからメガ粒子砲を3WAY照射。入力した方向に移動する。
所謂移動ゲロビではなく、特殊移動と拡散ゲロビの複合コマンド。
引っ掛け性能が高いだけでなく、敵の攻撃を避けながら撃てるカウンター技としての側面も大きい。
撃つまでの発生はNより若干遅いが弾速は明らかに早いため、近距離で当てるのにも有効な手段だが誘導を切られても相手の方向には向かわないので読み合いながら他の武装からのキャンセルで混ぜておこう。
しかし撃つ時は元の位置と変わらないので自機がズレることはなく、逆に読まれやすい場面もある。デメリットではあるがこの武装の性質を理解していれば範囲でゴリ押しも可能であり、闇討ちなどにも利用できる。

高性能の反面、範囲が広く味方に誤射しやすい弱点がある。相方を間違えて撃墜しないように注意しよう。
威力もNと比べて少し低く、当たる状況ではそちらを優先したい。
両端のビーム部分のみフルヒットで170ダメ確認。

【特殊格闘】特殊移動

横回転しながら移動する特殊移動。誘導切り効果はなし。OH時使用不可。
斜め4方向にのみ移動できるという対応する珍しい挙動を持つ。
レバーNでは左前方向。

慣性が乗り、どの方向でも回転中に高度が少し上がる。
大半の攻撃をキャンセルで出せ、さらにそこからBR、サブ、特射(キャンセルが早いとBDに化ける)、格闘(BD格以外)にキャンセル可能。

動きに小回りを利かせられる重要な移動技。
前(斜め前)や後(斜め後)入力で距離も調節できるので、特に下がりながら撃つ際に使い勝手が良い。
誘導は切らず高度が上がってしまい、さらに入力した瞬間にブーストを10%弱ほど消費し(ステップと似たような感じ)、
動作中にブーストを消費し続けるためやや燃費が悪いので乱用すると痛い目を見るが、被弾率を抑えるためにもなるべく活用したい。
特格の動作が終わった後にメインキャンセルで落下するので、これを利用して高度を調節しよう。
メインを出し切る前にキャンセルしてしまうとブーストを無駄に消費してしまうので発生には注意しておきたい。
またキャンセルルート上、各種コンボの繋ぎとしても使えなくはない。格闘コンボに使う場合は虹ステと違い誘導は切れないがサーチ替え対応なことは利点か。
特格をサブでキャンセルすると移動した方向へ慣性を乗せたまま吹っ飛んで行くので、距離を離すのに役立つ。

本作では誘導の強い武装や広範囲な武装が増えているため、足回りにこれを使うと蜂の巣になりかねない。
対純粋格闘機などには多用できるが、それ以外の相手にはステップのほうが優秀なので注意。

というより、普段はステを仕込んでからの特格で、斜めへのフワステのように使うのが主。

特格キャンセル不可能な攻撃
  • 射撃CS
  • 格闘CS
  • 各格闘の2段目以降の空振りモーション(通常格闘前派生1段目/後派生1~4hit目、後格闘2段目以降も含む)

格闘

両腕部ビームサーベルの二刀流で攻撃を行う。抜刀状態なし。
火力が高めで発生判定も弱くはないので、刺せるところは刺しておきたい。
しかし連動ミサの都合上BR始動がしづらく、格闘で取れる硬直は発生の早い特射で取れてしまう。
高耐久バリア相手や、特射の間に合わない至近距離で出番があるか。
誘導部分と1段目の空振りモーション、及び大半の格闘の命中時に特格キャンセルが可能。

【通常格闘】左横薙ぎ→右横薙ぎ→X字斬り

威力高めの3段格闘。3段目に視点変更あり。
基本的にはコンボパーツ。
2段目から前ステでメインに遅めに繋ぐとBRとミサイルが同時ヒットしやすくダメージが伸びやすい。

【通常格闘前派生】斬り抜け

斬り抜け1段。更に射撃派生可能。視点変更あり。
前作やFB家庭用よりダウン値が下がり、コンボに組み込んでもダウンしにくくなった。
受身可能なので追撃はしっかり行いたい。
下記の射撃派生が可能。

【通常格闘前派生射撃派生】メガ粒子砲

振り向いて肩部上端のメガ粒子砲で打ち上げる。強制ダウン。

【通常格闘後派生】4刀滅多斬り

途中から手にもサーベルを持って繰り出す連続斬り。視点変更あり。
あまり動かず、補正も重めだがダメージはよく伸びる。
障害物が奥にあるとこぼしやすいため注意。

通常格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 左横薙ぎ 70(80%) 70(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗2段目 右横薙ぎ 118(65%) 60(-15%) 2.0 0.3 よろけ
 ┣前派生 斬り抜け 179(45%) 50(-10%)*2 3.0 0.5*2 ダウン
 ┃┗射撃派生 メガ粒子砲 220(--%) 90(--%) 5.0↑ 2.0↑ 強制ダウン
 ┣後派生 滅多斬り 211(33%) 43(-8%)*4 2.6 0.15*4 よろけ
 ┃┗2段目 回転斬り 253(13%) 125(-20%) 3.6 1.0 ダウン
 ┗3段目 X字斬り 206(53%) 70(-6%)*2 3.0 0.5*2 ダウン

【前格闘】X字斬り抜け

交差したサーベルで斬り抜ける1段格闘。受身不能で打ち上げる。
単発で伸び、発生が良く、接近技に近い格闘として扱えるが、あくまで射撃機体としての話。
格闘機の強判定格闘とはさすがに分が悪い。
メイン→特格からキャンセルで出すなど視界をかく乱させてから仕掛けたい。

前格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
1段目 斬り抜け 85(-20%) 2.0 縦回転ダウン

【横格闘】袈裟斬り→斬り上げ→頭突き

打ち上げて頭突きで正面に吹き飛ばす3段格闘。3段目に視点変更あり。
3000コストの横格にしてはやや力不足で伸びもあまりよくなく自分から差し込める性能ではない。
発生自体はそこそこ良いが、至近ではオデュッセウスに劣る。
横格らしく回り込みと虹ステを活かそう。特格キャンセルでさらに回り込みを活かす機動にも。

横格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 袈裟斬り 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗2段目 斬り上げ 121(65%) 70(-15%) 2.0 0.3 ダウン
 ┗3段目 頭突き 177(53%) 85(-12%) 3.0 1.0 ダウン

【後格闘】斬り上げ→2刀突き刺し&ファンネル・ミサイル

斬り上げ→サーベルで串刺し→ファンネルミサイルで追撃。受身不可ダウン。串刺しから視点変更あり。
高威力だが伸びが悪く、コンボパーツが主な出番。
全く動かないのでカット耐性は劣悪。

後格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 斬り上げ 67(80%) 35(-10%)*2 1.7 0.85*2 ダウン
┗2段目 突き刺し 83(80%) 20(-0%) 掴み
ミサイル 245(32%) ??(-?%)*6 ?*6 縦回転ダウン

【BD格闘】右突き→左斬り払い

右手のサーベルで串刺し→左手で斬り払いの2段。
今作から2段目の浮きが緩くなり追撃しやすくなった。
前ステでメインやN格に、789BDCでBD格に繋がる。
初段から後派生可能。

【BD格闘後派生】宙返り斬り抜け

宙返りしてから斬り抜ける。視点変更あり。
この宙返りは左斜め後入力と右斜め後入力で方向を指定できる。
指定方向にそこそこ大きく動けるが、誘導切りはない。

後ステで安定して追撃可能。
後方向への特格でも安定するがステップで繋ぐ方が無難。
BD格にも繋げられるが誘導は切れず、威力も伸びないので必要性は薄い。

BD格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 多段突き 65(80%) 17(-5%)*4 1.6 0.4*4 よろけ
┣2段目 斬り払い 141(65%) 95(-15%) 2.6 1.0 ダウン
┗後派生 斬り抜け 137(65%) 90(-15%) 2.6 1.0 特殊ダウン

特殊

【特殊武装】ペーネロペーユニット

[属性:換装]
「身軽になった分、こちらの方が速いはず!」
オデュッセウスガンダムに外付けされた大気圏内飛行用オプション。
被弾する毎に受けたダメージと同じ値だけ消費していき、0になるとオデュッセウスガンダムに強制分離する。


バーストアタック

一斉射撃

特殊射撃の強化版。照射ビームが腕部のメガ粒子砲に加え肩部メガ粒子砲も加ったことにより4本に増え、更にミサイルを8基射出。発射前にスーパーアーマーあり。
Ξの覚醒技ほど大量のミサイルは出ないが、特射よりもさらに発生が早く、弾速も改善されている。
太く銃口補正も良いためギスの覚醒技のような強引当ても狙える。
ダメージ確定も非常に早くV2ABのサブ並。
覚醒技ゲロビにしては硬直も短く、オバヒ以外で反撃を貰うことはほぼ無い。
強い要素をこれでもかと詰め込んだ屈指のゲロビ。
ただし超遠距離になると棒立ちで回避可能。ビームは届くのだが相手の上を通過してしまう。

複数のゲロビを発射しているため、当たり方でダメージがブレやすい。

極限技 動作 威力(補正率) S/M/F&E&L ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
照射 274/261/252(%) (-%) ダウン
ミサイル (%) (-%)

コンボ

(>はステップ、≫はブーストダッシュ、→はそのままキャンセル)
ペーネロペーの場合、ステップの代わりに特格を使うことでサーチ変えに対応可能

威力 備考
射撃始動
メイン→特格→メイン 126 基礎中の基礎
メイン≫メイン≫メイン 168
メイン≫メイン→ミサイル 176 2発同時ヒットの場合。1ヒットでは156
メイン→特射 連動ミサ非ヒット
格闘CS≫メイン 186
格闘CS≫射撃CS 221
N格始動
NN>NNN 229
NN>NN前 216 オバヒ&打ち上げ用
NN>NN後N 239
NN後N>メイン 264 繋ぎは前フワステ
NN後N→特格→射撃CS 270 繋ぎは左特格
前格始動
前→射撃CS 189 まとまったダメージを手早く
前>前>前 204 拘束。最後が射撃CSで240
前>NN後N 250 拘束&高火力
前>後N 258 カット耐性がないのでサーチ変え推奨
横格始動
横N>NNN 232
横N>NN前 219 オバヒ&打ち上げ用
横N>NN後N 242
横N>NN>メイン 218 基本。〆のメインは全方向のステで繋がる。
横N>横NN 222
横>後N
横N>後N ↑でいい
後格始動
後N≫メイン 270
後N→射撃CS 286
BD格始動
BD格>NN前射 221 打ち上げ
BD格後>NNN 231 〆は1hitしかしない
BD格後>NN前 225 オバヒ&打ち上げ用。〆は1hitしかしない
BD格後>NN>メイン 236 基本。〆のメインは全方向のステで繋がる(前ステで完全同時ヒットした場合は266)
BD格後>横NN 238
BD格後>後N
BD格後→射撃CS 222
BD格後>前→射撃CS 251
覚醒時 S/M/E,L
NN>NN前射 226/235/225
前>NN前射 243/251/241
横N>NN前射 228/237/229


外部リンク


名前:
コメント: