G-セルフ 宇宙用パック

正式名称:YG-111+BPAM-02 G-SELF SPACE PACK パイロット:ベルリ・ゼナム
コスト:2500  耐久力:620  変形:○  換装:○
※各形態の武装、コンボ、および立ち回りに関しては下記個別ページにて。
G-セルフ 宇宙用パック リフレクターパック アサルトパック

射撃 名称 弾数 威力 備考
射撃 ビーム・ライフル 8 75 標準的なBR
サブ射撃 フラッシュ・アタック 1 65 敵弾を打ち消す
特殊射撃 リフレクターパック【展開/収納】に換装 120 - Nで展開/後で収納に換装
レバーN特殊格闘 モンテーロ 呼出 2 30~144 ミサイル→ジャベリン投げ
レバー入れ特殊格闘 104 射撃ガード付き突撃アシスト
後格闘 スコード! 1 0 プレッシャー系武装
格闘 名称 入力 威力 備考
通常格闘 袈裟斬り→右薙ぎ→唐竹割り NNN 172 標準的な3段格闘
前派生 掴み&右膝蹴り NN前 187 高威力&特殊ダウン
前格闘 サーベル回転突撃&2刀縦斬り→2刀叩きつけ 前N 167 射撃バリア格闘
横格闘 斬り上げ→突き→斬り上げ 横NN 170 回り込み3段格闘
BD格闘 斬り上げ→斬り開き BD中前N 145 2段格闘。特殊ダウン
特格派生 3連パンチ&蹴り飛ばし BD中前→特 228 高威力&強制ダウン
バーストアタック 名称 入力 威力
F/M/S&E&L
備考
ビーム・サーベル連続攻撃 3ボタン同時押し 296/291/279 バックパックを外しての連続攻撃


【更新履歴】

18/10/31 新規作成
19/1/14 変更点追記

解説&攻略

アメリア軍がG系モビルスーツの汎用ブースターとして製造した宇宙用バックパックをG-セルフが装着した形態。
作中で手持ち武器の出自が異なる時期があったが、本ゲームではトワサンガ製のビームライフルとシールドを持って参戦。

他の換装機と異なり、撃破された時もこの形態から出撃する。
この形態はオーソドックスな万能機といった性能。
標準的なBR、"高性能BZ"と言えるサブ、標準的なアシスト、プレッシャーと優秀な武装が並ぶ。
発生に優れた横格、射撃バリアの前格と格闘も高性能。

弱点はメイン以外の弾数が少なく、リロードも遅い点。
また、足を止めずに撃てるのはメインのBRしかない上にアメキャンなどの降り技もない。
赤ロックも射撃寄りとして立ち回るには短め。
高性能な武装が多いとは言え、この形態だけで戦い抜くのは流石に厳しい。
変形や換装をしっかり活かして立ち回りたい。



射撃武器

【メイン射撃】ビーム・ライフル

[常時リロード:3秒/1発][属性:ビーム][よろけ][ダウン値:2.0][補正率:-30%]
「僕にライフルを使わせないでください!」
いたって普通のビームライフルだが、リフレクター形態と弾数共有かつ他の武装の回転率の悪さから負担が非常に高い。
欲しい時に撃てるように弾数管理を頭に入れる必要がある。
中距離では変形を重視し、いざという時に追い討ちしやすいこれは3発は残していく形で立ち回ると安定する。

【サブ射撃】フラッシュ・アタック

[撃ち切りリロード:6秒/1発][属性:特殊強実弾][強よろけ][ダウン値:2.0][補正率:-25%]
「撃たせない!」
機体のフォトン装甲から自機の形をしたフォトン・エネルギーを敵機へ放出し機能不全へと陥れる攻撃。
第11話でバララ機のマックナイフに使用した物。

発生はBZ系程度で最速BDCすると発生せず、赤ロック程度の距離で消えるので遠距離では届かない。
命中時は電撃エフェクトが発生するが実際の処理は強よろけ。

弾速が速く、弾の判定も大きい割に見た目が半透明で視認性が悪い。
実弾属性だがヒットしても消滅せずに相手を貫通し、相手の射撃を一方的にかき消すことが可能。射線が揃えば2枚抜きもできる。
銃口と誘導がそこそこなので中距離でも使えるが、真価は近接押し付けでの用法だろう。

【特殊射撃】リフレクターパック【展開/収納】に換装

「リフレクターの調整、ありあとあした!」
Nで展開形態/後で収納形態に換装

【特殊格闘】モンテーロ 呼出

[撃ち切りリロード:13秒/2発]
本作では高トルクパックからモンテーロに変更された。レバー入れで2種類の攻撃を使い分け可能。
どちらも2段攻撃で、横槍が入ると2段目を空振りしやすい。
前作のそれと比べると単純な性能は落ちている一方、それより優れている面もある。
ただしとりあえず出せば相手にプレッシャーを与えられるという類のものではない。

【N特殊格闘】ミサイル&ジャベリン投げ

[属性:アシスト/実弾→格闘][よろけ/強制ダウン][ダウン値:0.5*3/5.6以上][補正率:-10%*3/--%]
「そこから狙えます?」
ミサイル3連射からジャベリンを投げる連続射撃。
ミサイルは1発30ダメージ、ジャベリンは90ダメージで単発強制ダウン。
どちらも誘導が良いが、ミサイルとジャベリン投げでワンテンポ間隔があり、ミサイル後のジャベリンのみヒットする事も多い。
さらにジャベリン投げで誘導がかかり直さず、ミサイル時にステップ等誘導を切られるとジャベリンもあさっての方向に飛んでいく。

銃口補正は弱く、近接に対応できるほど方向を変えてくれない。
特に追われている展開では封印安定レベル。
基本は射撃戦で使って、見ていない相手の背中や慣性ジャンプだけで事を済まそうとしている相手を制していくことになる。

連続攻撃だがミサイルをガードされてもジャベリン投げまでに抜けられやすい。
逆に途中でめくるとジャベリンで強制ダウンになるため固めには使い辛い。

【レバー入れ特殊格闘】突撃

[属性:アシスト/格闘]
「味方機が来てくれたんですか?」
ジャベリンを回転させながら突進をした後、スタン属性の斬り抜けを行う。
ガードされても2段目が出る。

誘導がイマイチではあるが、突撃部分に射撃ガードが付いているので近距離では活かしやすい。
ゲロビも防ぎながら突撃する。
どちらかというと移動速度と判定の広さを活かした設置トラップのような感覚で使うと当てやすい。
使用感を掴まないとついつい封印してしまいがちだが、やり方がわかるとミサイルよりも使いやすくなるだろう。
ただし斬り抜けの銃口が悪いのか2段目以降前になんらかの射撃が当たるとほぼスカす。

レバー入れ
特殊射撃
動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 突撃 48(79%) 17(-%) 2.4 0.7*3 ダウン
2段目 斬り抜け 104(65%) 70(-14%) 3.1 0.7 スタン

【後格闘】スコード!

[撃ち切りリロード:23秒/1発][属性:オーラ][弱スタン][ダウン値:1.0][補正率:-15%]
「好きで武器を持っているのではない!」
G-セルフに搭載された自動防衛機能により、機体のフォトン装甲表面からフォトン・シールドを発生させる。
第4話で3機のMSに囲まれた際に発動した。
「スコード」はベルリが信仰するスコード教における神様のこと。
要は必死な時の神頼みの言葉。

覚醒リロード非対応のスーパーアーマーつきプレッシャー系武装。
SA付プレッシャーの中で発生はHi-νよりもはやく、この手の武装の中で最速。ただし範囲はHi-νより劣る。
近距離での迎撃や起き攻めなど使い方は他機とほぼ一緒。


変形

変形コマンドによってアサルトパックへ換装して変形行動に移る。
詳細はG-セルフ アサルトパック

格闘

コンボに使えるN格、射撃ガード付きの前格、初段性能に優れた横格と万能機相応に必要な物が揃っている。

【通常格闘】袈裟斬り→右薙ぎ→唐竹割り

「言っても無駄なら…!」
ビーム・サーベルによる標準的な3段格闘。3段目に視点変更あり。
この機体の3段格闘の中で最もダメージ確定が速い。
3段目が多段かつ生当てでダウン値3.0に届かないため、強制ダウンを取りにくい反面追撃猶予がある。
浮きは低いが出し切りから前フワでメインに繋がる。
画面端や高度があれば前ステN格でも拾える。

2段目から前派生が可能。

【通常格闘前派生】掴み&膝蹴り

掴んで膝蹴りで打ち上げる。掴み部分から視点変更あり。
第11話でマックナイフの足を掴んで引きちぎりながら股間を蹴り飛ばした際の再現。

モーションは若干長いが特殊ダウンなのでオバヒ時や放置したい時に役に立つ。
横ステで特格に、前後フワステでメインに繋がる。
やや急角度で打ち上げるため、格闘に繋ぐ場合はディレイ横ステ推奨。
N格出し切りよりも更にダウン値が低く、掴み部分はダウン値0なので平時でも2回出し切りが狙える。

通常格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 袈裟斬り 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗2段目 右薙ぎ 121(65%) 70(-15%) 2.0 0.3 よろけ
 ┣3段目 唐竹割り 172(53%) 27(-4%)*3 2.9 0.3*3 ダウン
 ┗前派生 掴み 128(65%) 10(-0%) 2.0 0.0 掴み
右膝蹴り 187(53%) 90(-12%) 2.8 0.8 特殊ダウン

【前格闘】サーベル回転突撃&2刀縦斬り→2刀叩きつけ

「守るだけでは、勝てないからぁ!」
両手のサーベルを手首で回転させながら突撃してからの縦斬り→2刀を揃えてロングサーベルで叩きつけの2入力3段格闘。
第5話でエルフ・ブルックのビームを防ぎながら反撃に転じたシーンの再現。
縦斬り部分から視点変更あり。

突進速度や伸びは悪いく、逃げる相手を追うような使い方には向いていない。
他の射撃ガード格闘に比べ、伸びや突進速度が悪い部類の反面発生と判定がかなり優秀。
またヒットストップがあるためゲロビ等は終わり際でなければ防ぎきりやすい。
近寄られた際の非常に強力な自衛手段であり、足掻きにも使いやすいので是非使いこなしたい。
射撃ガード格闘の例に漏れず爆風は防げないが、十分に強力な選択肢。

欠点は全体的にモーションが長くカット耐性が悪いこと。
出し切り威力が低めでダウン値も高いのでコンボパーツには向かない。
入力直後の瞬間には射撃ガード判定は無い事も覚えておきたい。

縦斬りから前ステでN格に繋がり、前方向のBDCでBD格闘に繋がる。
出し切りから最速の横or後ステで特格に繋がる。後フワでメインにも繋がる。
格闘に繋ぐ場合は前ステで繋ぐ。

2段目の伸びたサーベルには見た目通りの判定があり、真上どころか後方まで巻き込む事もある。
この技を出しているG-セルフを見かけたら上には行かないようにしよう。

前格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 突撃 62(76%) 11(-4%)*6 1.8 0.3*6 砂埃ダウン
縦斬り 116(56%) 70(-20%) 2.1 0.3 砂埃ダウン
┗2段目 叩きつけ 167(41%) 90(-15%) 3.1 1.0 バウンドダウン

【横格闘】斬り上げ→突き→斬り上げ

2段目が多段ヒットする3段格闘。2段目から視点変更あり。
第15話でロックパイの駆るアリンカトを切り裂いた時の再現。

初段の突進速度や回り込みが優秀で使いやすい。
出し切りで通常ダウンかつ派生が無く、OH時に当てて強制ダウンを取れないとフォロー手段が無くリスキー。
コンボを狙うならN格を使うほうが威力とカット耐性を両立しやすいだろう。

出し切りから後ステ(後フワ)でメインに繋がる。横ステで格闘も繋がる。

横格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 斬り上げ 60(80%) 60(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗2段目 突き 114(65%) 23(-5%)*3 2.0 0.1*3 よろけ
 ┗3段目 斬り上げ 167(53%) 85(-12%) 3.0 1.0 ダウン

【BD格闘】斬り上げ→斬り開き

斬り上げから素早く斬り開く2段格闘。視点変更なし。
第16話でガヴァン隊のモランを撤退させた攻撃の再現。

出し切りで受身不能を取れるが追撃は難しめで放置コンボか〆向き。
初段からは横ステで格闘に繋がる。

初段から特格派生が可能だが、2段目の発生が早い関係で入力受付がややシビア。

【BD格闘特格派生】格闘連撃

「こんな物は、爆発させないで動かなくしてやる!」
回り込みながら3連パンチ→蹴り飛ばしの連続攻撃。初段から視点変更あり。
第21話でチッカラのジャスティマに浴びせた連撃の再現。

出し切りで強制ダウン。
威力を出しやすい割にダウン値が緩く、ダメージと拘束時間を重視する時に。

BD格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 斬り上げ 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 ダウン
┣2段目 斬り開き 145(?%) 100(-?%) 2.7 1.0 特殊ダウン
┗特格派生 パンチ 121(65%) 70(-15%) 1.8 0.1 よろけ
パンチ 151(60%) 45(-5%) 1.9 0.1 よろけ
パンチ 181(55%) 50(-5%) 2.0 0.1 よろけ
蹴り飛ばし 228(--%) 85(--%) 5.6↑ 5.6↑ ダウン

バーストアタック

ビーム・サーベル連続攻撃

「貴様達は、G-セルフが宇宙から降ってきた意味が、わからない、のかぁ!」
バックパックを外してサーベル2刀流で回転斬り抜け→サーベルを投げ捨てて相手を引っ掴み、やや溜めてからパンチ
→吹っ飛ばした相手の背後に素早く回り込んでサッカーボールキックで〆
回転斬り抜けまではお台場にて限定上映された特別映像「from the past to the future」の、
パンチ→回り込みキックは第10話の戦闘の再現。

初段のサーベルを振る瞬間までスーパーアーマーあり。
掴みは長く足が止まり、そこから続くラスト2段にダメージが集中しているため、カットの心配がない時に狙いたい。

極限技 動作 威力(補正率) F/M/S&E&L ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 斬り抜け 53//49(90%) 27//25(-5%)*2 よろけ
2段目 斬り抜け 101//94(80%) 53//50(-10%) スタン
3段目 掴み 109//102(75%) 11//10(-5%) 掴み
4段目 パンチ 188//177(60%) 105//100(-15%) 砂埃ダウン
5段目 キック 296/291/279(--%) 179//170(--%) 5.6↑ 5.6↑ (強制)ダウン

コンボ

(>はステップ、≫はブーストダッシュ、→はそのままキャンセル)

威力 備考
メイン始動
BR≫BR≫BR 158 ズンダ
BR→サブ≫BR 141 基本
BR→N特格 165 基本
BR≫NNN>BR 201 〆のBRは前フワで繋ぐ
BR≫NN前>BR 210
BR≫BD格特 210
サブ始動
サブ≫BR≫BR 156
サブ≫特格 166
サブ≫NNN>BR 204 〆のBRは前フワで繋ぐ
サブ≫NN前>BR 214 完走できそうなら
サブ≫BD格特 215
サブ→特射≫RFサブ 191 換装コンボ。アシスト盾を剥がしたい時にでも
N格始動
NN>NNN>BR 233 〆のBRは前フワで繋ぐ
NN>NN前>BR 240 完走できそうなら
NN前>NN前 265 綺麗に入る
NN前>横NN 258 〆で打ち上げダウン
NN前≫BD格特 272 N始動デスコン
前格始動
前>NN>BR そこそこの威力とカット耐性の両立コンボ
前>NN前>BR 完走できそうなら
前≫BD格特 長い&誘導を切らないのでカット耐性が悪い
前N>特格 繋ぎは横・後ステで
前N≫BD格N 長い&誘導を切らないのでカット耐性が悪い
前N>(前)N>特格 すかしコン。繋ぎは最速前ステ
横格始動
横>NNN>BR 214 〆のBRは前フワで繋ぐ
横>NN前>BR 225 完走できそうなら
横N>NNN>BR 226 〆のBRは前フワで繋ぐ
横N>NN前>BR 233 完走できそうなら
横N>横NN 209
横NN>BR 210 後ステで大きく吹き飛ばす
横NN≫BD格N 238
後格始動
後格≫レバー特格≫BR
後格≫横NN>BR 167 後ステで大きく吹き飛ばす
後格≫BD格特 182
BD格始動
BD格>NNN>BR 219 〆のBRは前フワで繋ぐ
BD格>NN前>BR 230 完走できそうなら
BD格特(3)≫BD格特 268 高威力だがカット耐性悪し
覚醒時 F/M/S/E
BR≫NN前>覚醒技 246//244/235
NN前>覚醒技 309//293/293
横NN≫BD格特 267//253/253
横NN>覚醒技 290//274/274
後格>BD格特(3)*2>覚醒技 252//238/238
BD格特(3)≫BD格特(3)>覚醒技 318//299/299 繋ぎがNN前で319/300/300

戦術

G-セルフの基本となる形態。
質の高い射撃とバリア付きの格闘、そして攻守に輝くスコードと高レベルでまとまった万能機で、リフレクターと比べても癖がない。

主戦場は中距離以近での射撃戦および格闘戦。
引っ掛けやすいサブ、特格からダウンを取り、状況によってはスコードでの起き攻めを行う。

注意点としては弾数、リロードの関係で非常に弾が切れやすい事。
メイン以外の弾が合計3発しかないため、下手をすると1度の攻防で使い切ってしまうことも。
使いやすいからと言って宇宙用に依存し過ぎず、他のパックも適宜回していこう。
あくまで換装機の1形態という事を忘れずに。

外部リンク