● リストラ〔Wikipedia〕
Restructuring はロシア語の Перестройка (ペレストロイカ、再構築の意)を英語に訳した単語である。本来は「リストラ」と「ペレストロイカ」は全くの同義語であるのだが、後述する事情によって意味合いが大きく変容した。
日本語の文脈の中で使われる外来語としての「リストラ」は、企業の経営に関わる行動としての意味合いのみを持つのに対し、英語における用法にそのような限定は存在せず、たとえば「労働市場を再構築して完全雇用を実現しよう」といった使われ方もされる。

■ 不景気.com
  ・ 国内リストラ



■ アベノミクスはさておき、これから流行るえげつないリストラ方法【課金記事】 「J-cia(2013.4.26)」より
/
 大企業なら完璧、中小企業でも誰かが受け皿を造ればできる。。。今は名前は記さないが、大手電機メーカーの社員が話していた大胆かつ合法的なリストラ策をココに大公開!人を切りたい企業は、これからこの手を使うでしょう。
(※ 以下は課金記事。有料会員になってからお読み下さい。monosepiaはこのサイトの記事を公開はしません。)
課金記事部分のmnosepia専用ページ

★ パナソニック再建、なおリストラ頼み 中計発表 「日本経済新聞(2013.3.29)」より
/
+記事
パナソニックが28日発表した2016年3月期までの中期経営計画は「赤字事業をゼロに」するのが目標だ。売上高の拡大はあえて追わず、利益確保に照準を絞っている。自動車や住宅関連事業を伸ばすとの成長戦略も掲げたが具体性を欠いており、当面はリストラ頼みの経営再建が続きそうだ。津賀一宏社長は就任から間もなく2年目に入り、パナソニックがどこまで復活するか、結果が問われる。

 「一刻も早く赤字事業をなくす。不退転の決意で取り組む」。津賀社長は28日、都内で開いた記者会見の冒頭でこう宣言した。次期中計のロードマップには2年で赤字事業の止血を完遂すると明記。16年3月期に赤字事業部がなくなると、1300億円の収益改善につながるという。

 特に、テレビ・半導体・携帯電話・回路基板・光ピックアップを5大赤字事業として重点的に構造改革に取り組む。富士通とシステムLSIの設計・開発を統合するほか、工場の統廃合なども進める。15年3月期までの2年間で2500億円の構造改革費用を積む。

 津賀社長はプラズマテレビについて、「撤退は最後の判断」としつつ「(赤字のテレビ事業には)大きな決意で取り組む」とも語った。

 黒字のヘルスケア事業は外部の資本を導入し医療など特殊な業界のノウハウを吸収する。「当社の知見は限定的で現状では投資もできない」。津賀社長は自前主義を改め成長に最適な手法を取り入れる考えを示した。

 財務面では16年3月期の株主資本比率を現在の20%から25%に回復させる計画。本業の稼ぎに加えて運転資金圧縮や投資の抑制を進め、3年間の累計で6000億円の純現金収支(フリーキャッシュフロー)を生み出す。有利子負債と現預金を差し引いた「ネット資金」は現在の7700億円の赤字から16年3月期に2200億円の赤字に改善する。

 一方で成長戦略は曖昧だ。当面の利益回復は構造改革に依存し、次期中計期間中は成長を断念した様子もうかがえる。営業利益目標から逆算した16年3月期の売上高は7兆円。13年3月期の見通し(7兆3000億円)から減る方向だ。目先の収益源である白物家電に関する説明もなかった。

 新たに自動車関連で2兆円、住宅関連で2兆円との売上高目標を掲げたが、達成時期は19年3月期。次の3年間で事業構造が抜本的に切り替わるところまでは踏み込めない。新たな成長分野を確立する余裕がないほど既存事業の傷痕が深いことの裏返しでもあるが、「世界に類のないユニークな会社として復活できる」という津賀社長の言葉はやや説得力を欠いた。



東京電力
■ 東電退職者2年前の4.5倍 ボーナス無し給与カットなどの影響? 「千日ブログ(2013.4.17)」より
/
当時の報道では「55歳の平均」を出して高い!とやっていたので、本当に退職してほしいのはこの辺りなんでしょうか?
 しかし、現在の報道の通り若手配慮の効果はなく、やめてほしくない若手や、真ん中辺りの40代など中堅社員が退職しているようです。
 希望退職みたいなのもそうなんですけど、大体優秀な社員ほどやめて、いらない社員ほど残るんですよね。

ーーーーーーーーーー
■ 東電の退職者が激増!! ボーナス無・昇給ストップで逃げ出した!? 「NAVERまとめ」より
/
東京電力の昨年の自主退職者が、前年の1.5倍の710人になった事がわかりました。経営が迷走し、原発事故の収束も見通しが立たない中、給与の面で将来に不安を感じる人が多かったようです。若手社員だけで無く、40代以上の中高年社員にも自主退職の流れが広がっています。大丈夫でしょうか?(2013.4.16)

※ 11年度の自主退職者が465人、12年度が710人で二年間の合計は1175人となる。2010年度は年間150人程度のようです。

ーーーーーーーーーーー
★ 東電の依願退職者急増…子供や家族がいじめられる 「楽天Social News[TBS news](2012.4.6)」より
/
元記事
「東電の依願退職者急増、先月100人超」 News i - TBSの動画ニュースサイト(※ 元記事は削除されている)

東電の依願退職者急増、先月100人超 2011年度に東京電力を依願退職した社員の数は460人と、例年のおよそ3.5倍に上っていることがわかりました。特に先月は100人以上に達し、依願退職の動きが加速しています。 関係者によりますと、東京電力を依願退職する人は例年100数十人程度だということですが、福島第一原発事故以降、その数は増え続け、昨年度の1年間で460人と、例年のおよそ3.5倍に上るということです。特に今年3月は、その数が急増し、1か月で100人を超えました。 東電に勤めていることで子供や家族がいじめられることや、将来に希望が持てないことなどが退職の理由ということで、東電社内では人材の流出により、安定供給の確保を懸念する声もあがっています。 東京電力では、事故後、管理職は25%、管理職以外は20%、年収をカットしているほか、この夏のボーナスの支給をとりやめることを検討してます。(続きがあるようだが…)











.