■ 金のユリ作戦を知ってます? 「シバちゃんのため息(2010.2.1)」より
/
久しぶりにゴールデン・リリーの話をしよう。このゴールデン・りりーとは昭和天皇の読まれた歌にちなんで「金のユリ」と名付けられた戦時中の略奪作戦を総称するものである。始めてこの話を読んだときは本当に驚いた。それはシーグレイブ氏の「Yamato Dynasty」で始めて世に紹介され、さらに続編である「Goldwarriors」で全貌があきらかにされた。(始めて聞く方はクリックしてダウンロードしてください)
前者は二年ほど前に日本語版が出版され、続編である「黄金の兵士」は現在日本語版を準備中だという。この件は私にも連絡があり、私がネットで翻訳を公開していることをシーグレイブ氏は承知しており、その勇気を高く評価してくださっているとのことである。私の翻訳は素人のレベルであり、さらに名古屋弁?が登場したりするので、あいにく採用する事は出来なかったようだ。(あったりまえだよね・・・、私はわかればいい、というレベルの翻訳だから・・・)

「金のユリ作戦」のことをほとんどの人は「まさか」といって信用してくれないのだが、現実に私の元には裁判中の事件を担当する弁護団の人からメールをいただいていて、少なくともフィリピンに想像を絶する金塊が秘匿されていた事は事実なのである。(この裁判とは、埋蔵金を発見したフィリピン人サンティーの娘がスイスやアメリカ、さらには日本の銀行に対し起している預金返還交渉である。もう決着が付くはずなのだが、最近連絡が来ていない。)

この「作戦」を知って始めてM資金、小野田さん事件、マルコス政権の末路・・などが説明できるのである。
ただ問題なのは、この作戦が本当に皇室主導でなされたものか、軍部が勝手にやったものなのか、もっと疑うのなら、米英も参加しての八百長だったのか、誰も答えてくれないことである。もちろんシーグレイブ氏によれば天皇が決定した事になっているが・・・。

私も単純だったので、シーグレイブ氏の書くまま全面的に信用してきたが、今から思えばそれほど単純なものではなく、ヨーロッパのユダヤ人富豪の財産や、アジアの華僑の財産を没収する事が第二次大戦の動機そのものだったのではないかとも思えるのである。要は世界の富を英国と日本で山分けしようとしたのではないかと。一番考えられるのは、アヘン貿易のおかげでヨーロッパには金の在庫がなくなってしまっていた可能性があり、金本位制が出来なくなっていたということである。(憶測です)

私は、大本教の研究や満州での日本軍の活動を研究してゆくうち、世界には大きな二つの陣営がある事に気がついた。それのひとつがツランで、今ひとつが英国ワン・ワールドである。

今までの研究で日本軍は西欧各国の覇道主義に対しツラン同盟、もしくは大アジア主義で対抗しようとしていたことがわかる。しかし、日本の内部に侵入していた英ワン・ワールドの手先に主導権を奪われ、日本はワン・ワールドの一員として八百長試合に参加した。
これはひとつの仮説に過ぎないが、天皇はワンワールドの一員として参加する振りをして多大な犠牲を払いながらも実利を取ったと考えることができる。その証拠として、戦後日本は有り余るような略奪資産を利用する事で世界の覇者になったのである。昭和天皇は戦争には負けたものの最後はアメリカに勝利して死んでいった。言ってみれば「目的は手段を正当化するのである」、この事を学ばない事には歴史が見えないのだ。

もちろんそれらを私が正しい事だと言っているのではない。世の中にはきれい事ではすまないこともあると言うことだ。


■ 「黄金の百合作戦」は、「南京大虐殺」と同様にユダヤ金融資本による日本非難のプロパガンダではないか? 「国際情勢の分析と予測(2006.8.24)」より
/
●シーグレイブ夫妻著「黄金の戦士」、山下の黄金をアメリカが秘密裏に回収した
GOLD WARRIORS 黄金の戦士 山下の黄金をアメリカは秘密裏に発見した

スターリング・シーグレイブ、ペギー・シーグレイブ共著
二〇〇三年発行、Verso出版

序 生き埋めにされた

第二次世界大戦が終結する数ヶ月前、フィリピンにおいて、山下奉文将軍はルソンの山々で遅延活動を闘っていた。一方、日本の皇室の皇子たちは未来にそなえて準備していた。彼らは略奪した金の延べ棒と、また別の盗んだ財宝を近くの洞穴やトンネルの中に隠すことに忙しかった。それらは後に発見される運命ではあったのだが。これらは数千年にわたり集積されたアジアの十二の国々の財産であった。日本陸軍に付属した専門家集団は組織的に、宝庫、銀行、工場、個人の家、質屋、画廊を空っぽにした。そして一般人からも奪った。一方、日本のトップの強盗たちはアジアの地下社会と暗黒経済から略奪した。この点では、日本はナチより遙かに徹底していた。それはあたかも、東南アジアを巨大な掃除機で吸い取っていったかのようだった。略奪品のほとんどは韓国を通る大陸経由で日本に届けられた。残りは海上輸送であったが、一九四三年初期に合衆国の潜水艦による海上封鎖が完全になってからは、海上輸送ができなくなった。そこで、財宝を隠すことが決定的に重要になった。財宝を隠すことができたら、日本が戦争で負けても、金融的には負けることにはならないのだ。この戦争がどのように解決されようとも、日本はフィリピンを維持することをずっと期待していた。皇子たちによって監督されて、百七十五の「皇室」の財宝を隠す地下室がこの島々の中に建設された。一九四五年六月初旬に、バンバングから二十マイル以内に合衆国の戦車隊が接近したとき、百七十五の地下室の主任技師たちが集められ、八番トンネルとして知られていた地下二百二十フィートの地下室で送別会が催された。そこには、壁という壁に金塊が山と積まれていた。夜が更けると、彼らはしこたま酒を飲んで、愛国歌を歌い、万歳(「長生き」)を何度も何度も大声で叫んだ。真夜中に、山下将軍と皇子たちはその地下室を抜け出た。そして、地上への連絡トンネルをダイナマイトで爆破した。技師たちは墓に入れられた。彼らは生き埋めにされたのだ。儀式的な自殺ができなかった者たちは、黄金に囲まれて徐々に窒息していっただろう。そして、その地下室群は秘密にされるだろう。数日後、皇子たちは潜水艦で日本へ逃げ帰った。そして三ヶ月後、山下将軍はアメリカ軍に包囲された。

 半世紀の間、このぞっとする生き埋めの物語は知られることがなかった。隠された財宝は山下の黄金伝説として無視された。しかし、墓に入れられたのを見た一人の目撃者が、八番トンネルにわたしたちを連れて行き、個人的な話をしてくれた。戦時中、ベン・ヴァルモレスは特別な日本の皇子付きの若いフィリピン人の従者であった。この皇子はフィリピンにおけるすべての皇室の財宝を隠す場所の建設と、目録作りと、封印を担当していた。高等教育を受け、時として感傷的だったからか、この皇子は最後の場面で、ベンの命を惜しみ、ダイナマイトが爆発する直前に、ベンを八番トンネルから出した。私たちがインタビューしたとき、ベンは七十歳代半ばで健康がすぐれなかったが、一九四三年から一九四五年にかけて彼が見たことと、皇子の仲間たちの中で経験したことを何ヶ月かにわたって、私たちに話してくれた。ベンは遂に、わたしたちに彼がその皇子と関係した他の皇子たちを確認することができる決定的な手がかりを与えてくれた。
+続き
 日本のアジアからの略奪は、天皇裕仁の魅力的で教養のある弟、秩父宮によって監督されていた。彼の組織は天皇のある歌に因んで「黄金の百合」(ゴールデン・リリー)と暗号で呼ばれた。より下位の皇子たちは占領地域を横切る「黄金の百合」の各地の支部の長であった。日本からの情報によって、現在の時点で、ベンの戦時中の主人は竹田宮恒徳(つねよし)皇子であったことが確認された。竹田宮恒徳は天皇裕仁の従兄弟で、明治天皇の孫であった。これを確証するために、一九八八年にわたしたちは一九三〇年代に撮られた多くの皇子たちの不明瞭な写真を用いて、ベンに「ブラインド・テスト」を行った。この写真は英国図書館東洋コレクションから得た軍服を着た皇子たちの写真だった。彼らは真珠湾の前夜に写っているように見えた。わたしたちは各々の写真に書かれた名前を除き、普通の兵隊と一緒に混ぜたのだが、ベンは即座に武田宮、裕仁の兄弟である秩父宮と三笠宮、そして年長の皇子朝香宮を間違いなく確認した。ちなみに、朝香宮は南京虐殺事件の時の日本軍の司令官だった。ベンは、彼らが目録を作り財宝の場所を封鎖する間、この皇子たちと一緒にいて、食事やお茶や煙草の世話をしたと話してくれた。ベン・ヴァルモレスは田舎の米を作る農民で、フィリピンから一度も出たことがなく、小学校以上は行ったことがない。それ故、彼が即座に皇子たちを確認したことは説得力がある。わたしたちが用意した武田宮の写真を見たとき、ベンは凍り付いた。それから、日本の民謡「さくら さくら」を低い声で口ずさみ始めた。この歌は武田宮が一人で歌っていたと、ベンは言った。

 武田宮の身元の発見によって、わたしたちはより大きなパズルから、見失っていた一つの小片を得ることができた。わたしたちが日本の皇室の伝記「The Yamato Dynasty 大和朝廷」を書いていた一九四五年十月に、アメリカの諜報部員がフィリピンに日本の財宝が埋まった地下室の場所を知り、極秘に数十億ドルの価値がある黄金、プラチナ、文化的な美術品、紛失した宝石等を発見したということを知らされた。この情報がもし本当なら、合衆国政府が半世紀もの間隠してきた途轍もない国家機密の存在を暴露することになる。その掛かり合いが非常に深刻なので、わたしたちは別に調査する価値があると決定した。ここに、わたしたちが調べたことがいくつかある。

<中略>

 十月の始め、小島小佐は白状し、ランスデイルとサンティをマニラ北部の山々にある一ダース以上の「黄金の百合」の財宝の場所へと連れて行った。そのうちの二つは簡単に開いた。

 中にあったものは、みんなを驚ろかせた。

 サンティと配下の者たちが他の地下室を開く準備をしている間に、ランスデイル大尉はマッカーサー長官に概要を説明するために、東京へ飛んだ。それから、トルーマン大統領に概要を説明するために、ワシントンへ飛んだ。内閣で協議した後、トルーマンは発掘を続けること、しかしこれを国家機密にすることを決定した。

 財宝――金、プラチナ、失われたたくさんの宝石――は共産主義と闘うために、世界的に秘密の政治的な活動資金を創り出すために、ヨーロッパで発見された枢軸国の略奪品と結合された。この「黒い黄金」はトルーマン政府が秘密の作戦のために使うことができる、全く無制限で証明書が不必要な資金の運用を可能にした。「黒い黄金」はまた、同盟国の基金を補強するために、政治指導者たちの賄賂にするために、そして外国の選挙を操作するために、ワシントンによって使われる諜報員の基地を提供した。一九四〇年代後半、この計画は全く正当だと見られていた。というのは、ソ連が世界中で積極的に共産主義者と共産主義運動を援助していたし、資本主義世界の生存を危機的状況に追い込んでいたからだ。

<中略>

                    ●

 どこから、このすべての財宝は来たのか? 今まで、アジアからの日本の略奪は、酔っ払った兵士による盗みと暴力による、散発的なバラバラな活動として無視されてきた。しかし、これは偽情報である。

 戦争の拡大による略奪は何も新しくはない。一八六〇年、中国北部へ懲罰的な遠征をした英仏の軍隊が酔っぱらって暴れだし、北京郊外のすばらしい夏宮殿で略奪した。打ち壊し、破壊し、あるいは運べないものは焼き、一つの宮殿とあずまや以外のすべてが焼けて、やっと終わった。信じられないことだが、兵士たちが見つけた黄金は本物だったのだが、教育を受けていない彼らは、そのほとんどを捨ててしまうか、アルコールと交換した。(この連合軍の司令官はエルギン侯爵で、彼の父はアテネのパルテノン神殿からほとんどの彫刻を持ち出した)。一九〇〇年、西洋の軍隊が再び北京に入城した。今回はいわゆる義和団の公使館包囲を解くための入城だった。それから、紫禁城の内部で略奪しながら、打ち壊しながら、酔っ払って暴れ回った。

 日本が一八九五年から一九四五年の間に行ったことは、質的に異なっていた。これは酔っぱらいの略奪や打ち壊しではなかった。日本人は真面目で、しらふで、計画的だった。彼らは普通の泥棒や歩兵たちには無視されるような、価値のある書籍や写本に特別に注意を向けていた。彼らはアジアの三合会や暴力団やギャングたちなどの暗黒世界から略奪することに、特に注目し専心していた。日本は麻薬を持って中国へどっと押し寄せた。その麻薬をギャングたちに与え、交換に黄金を得た。麻薬は各々の隠された場所から財宝を吸い上げた。個人のレベルでは、拷問は巨頭、部族の長老、銀行家、企業家を含む金持ちの個人を襲うときには当たり前に使われた。

<中略>

 別の訴訟が「黄金の百合」の略奪品が実際にフィリピンに隠されていたことを証明している。ロゲリオ・ローハースはフィリピンの錠前師で、山下の司令部が置かれていたバギオの山のリゾート地の病院の裏にあるトンネルの中に隠されていた、一トンの重さの黄金でできた仏像一体と数千の小さな金塊を見つけた。ローハースが見つけたことを聞いて、すぐにマルコス大統領は黄金の仏像を押収するために暴漢を送りつけた。ローハースが抵抗すると、彼は逮捕され、拷問を受け、最後には毒殺された。一九九六年に、ハワイ州の合衆国法廷は、マルコスの財産に対して四百三十億ドルの支払いを相続者に対して言い渡した。これは歴史上最高額の市民に対する罰金である。

 マラカニアン宮殿で発見された記録は、一九六八年にマルコス大統領は協同で発掘する取引をするために、軍の将校たちのチームを日本に派遣したことを記している。そのチームのメンバーによると、彼らは一人の皇子「高い位の日本人の将校・・・天皇裕仁の従兄弟」に会った。彼は日本はフィリピンに一千億ドル以上の価値がある財宝を隠した。そして、それを全部取り戻すためには「一世紀以上」かかるだろう、と述べた。

 関連した法廷闘争として、元合衆国法務省長官ノーベルト・シュライのものがある。彼は日本のM資金についてあまりに多くの質問をしたことで、合衆国財務省によって訴えられたことに対して、自分の生存を賭けて闘わねばならなかった。シュライは起訴され、告訴され、破産させられ、そしてM資金を基盤とした金融的な証明書を換金しようとしたとして、専門家として破滅させられた。しかし、その一方、元国務長官アレクサンダー・ヘイグは―目撃者によると―日本へ行き、大統領ジョージ・H・W・ブッシュの親書の助けもあって、同じ証明書で換金することに成功した。一人の男は成功し、もう一人の男は破滅させられた理由は、ワシントンと東京の間の金融的な共謀のぞっとする話の一つである。

                     ●

 わたしたちは「黄金の百合」について引用された、巨額のドルの価値について深く懐疑的になっていた。公的には、延べ棒や貨幣や宝石を含んで、世界には約十三万トンの加工された黄金しかないと言われている。公式の記録では、アジアは世界の人口の七十五パーセントを有するが、世界中の黄金の五パーセントか所持していないとされる。一見しただけで、馬鹿げている統計だ。しかし、少なくとも西洋では、黄金の法則はあたかも重力の法則みたいに、やかましく言って教え込まれる。事実、誰もどれだけの黄金があるのか、本当のところは知らない。新世界からどれだけの黄金が略奪されたのか知らない。なぜなら、黄金が一旦、ヨーロッパに着いたら、そのほとんどがメキシコとペルーを占領するのに資金を出したフガ家やヴェルザ家等のヨーロッパの銀行家たちの家族に届けられるからだ。フガ家やヴェルザ家の者たちが黄金を用いてどんなことをしようと、彼らはそれを極秘にする。クルップ家、ロスチャイルド家、オッペンハイマー家、ウォーバーグ家、あるいはロックフェラー家のような一族の本当の富を知る方法はない。しかしながら、彼らが長い間非常に金持ちであり、その富は利口な方法で多数に分散されていることはわかっている。一兆ドルと言えば多いと聞こえるが、エコノミストは今日、金持ちの手には約二十三兆ドルあると告げる。そして、そのほとんどは海外の個人的な預金として眠っている。そこでは、銀行の守秘義務とその国の法律で、徴税人や配偶者や依頼人からこれらの資産を隠すことになっている。わたしたちは偉大なアジアと中東の王室の黄金の保持、貿易のネットワーク、そして暗黒世界のシンジケートについてほとんど何も知らない。西洋の巨頭は自分の銀行と石油会社と政府に対する影響力あるいは支配を所有しているかもしれない。しかし、富裕なアジアの人たちは決して政府や銀行を信用しない。むしろ、小さな黄金やプラチナの延べ棒、あるいは宝石にすることを好む。中国では、この絶対的な不信は数千年も遡る。アジアで二千年以上絨毯の下に押し込まれていたものは、西洋の銀行(そして、わたしたちが知っている黄金の市場)が存在するようになった、たかだかこの三世紀以降の合衆国とヨーロッパの銀行に預金されていたものより、ずっと大きかったということは確認できる。合衆国政府は、政府がどれだけの黄金を所持しているかを公表することを拒否しているし、一九五〇年代初期のノックス基地の最終的な公的な会計検査を公表することも拒否している。簡潔に言えば、黄金は世界最大の秘密である。これに対するいい理由がある。

 この本の要点はどれだけ盗まれたか、どれだけ隠されたか、どれだけ極秘に取り戻されたか、あるいはどれだけが今後発見されるか等を考えることではない。嘘と欺瞞のために、完全な詳細は決して知り得ない。

 この本で、注釈で、九百メガバイト以上の文書、写真、地図、別の画像を含む二つのCDの中で、わたしたちは巨大な量の戦争で奪われた黄金がシティ・バンク、チェース、香港上海銀行、「ユニオン・バンク・スイス」、その他の世界的な銀行の金庫の中に、今日も維持されているという確実な証拠を提供する。わたしたちは手紙の写真コピー、契約書、貨物運送状、州政府の納税記録、保険の担保、そして「ブラック・イーグル・トラスト」を運用したブローカーたちとのインタビューを提供する。

 わたしたちは極秘の信託がマッカーサー将軍と彼の旧敵天皇裕仁によって協同して支持され、日本の三和銀行で設立された方法に関して証拠書類を提供する。この取引は裕仁の年号にちなんで昭和信託として知られているが、非常に大きかったので、一九八二年までに一年間にほぼ十億ドルの利子を払っていた。わたしたちはまた三つの昭和信託の一つを確認した。そして、わたしたちはどのようにしてマルコス大統領がこの取引を知ったか、そしてこれを使って日本政府にブラック・メールを送ったかを示す。

 わたしたちは陸と海で展開された主な戦後の黄金の発掘作戦の記録と写真を持っている。サンタ・ロウマーナーとランスデイルは一九四五年から一九四七年までに、財宝の場所を発掘したにすぎない。十年間に日本人が個人で、あるいは集団で財宝を取り戻すためにフィリピンに戻ってきた例のように、別の重要な発掘がなされた。

 わたしたちはアメリカの鉱業の専門家で冶金学化学者ロバート・カーティスによって二十五年以上にわたって制作され収集された約六万点の資料と数百時間に及ぶテープとビデオテープからなる記録を独占的に使用する許可を得た。彼はテレサ2からマルコス大統領のために八十億ドルの金塊を実際に発掘した。マルコスからほとんど暗殺されそうになった後にフィリピンを飛び出し、カーティスはその財宝を記録する歴史的な重要性に夢中になった。マルコスのために五つの主要な「黄金の百合」の発掘の工学に関与する過程で、カーティスはマニラの内外で個人的に多くの場所を研究することができた。それは、彼に「黄金の百合」の技術者たちによって使われた技術に関して並ぶ者が居ない理解を与えてくれた。

 マルコス大統領と一緒に働いていた数ヶ月間、彼は百七十五あるうちの百七十二の財宝の地図を写真に撮った。わたしたちはCDに幾つかの地図を再生している。

 わたしたちはまた、オプテンノールト号によって日本が取り戻した話を告げる。捕獲されたオランダの客船が病院船を装って財宝を安全に日本に運ぶために、「黄金の百合」で使われた。一九四五年、この船は日本に戻って舞鶴の海軍基地の近くで、黄金とプラチナを積んだまま日本の海軍将官たちによって沈められた。その財宝は一九九〇年代初期に取り戻された。日本人が回収した船の名前と、オーストラリア人が回収した船と潜水艦は、一人の関係者によって撮られた写真にすべてはっきりと見ることができる。

 ここに含まれるものには、合衆国政府の高官たちとペンタゴンの将校たちのグループが、「ジョン・バーチ協会」、統一教会、そして極右のギャングたちと提携して、自分たちが監督支配できる新しい私的なFBIと軍産複合体を創設するために、「黄金の百合」の財宝をどのように使おうとしたかを示す手書きの手紙と図表がある。これは一九八七年に香港での会合を録音したテープによって確認される。この会議には、レーガン大統領の国家安全保証会議の(メンバーで)退役した合衆国陸軍ジョン・シングローブ将軍とロバート・シュバイツアー将軍が参加していた。彼らの常識から考えるとそうなるのかもしれないが、日本人が一九四二年に金塊を隠すために同じような穴を掘ったという誤った信念に基づいて、どのようにして、彼らのグループがマニラの近くの台所の下に、四百フィートの深さの穴を掘ろうとしたかを読者に示そうと思う。この穴が三百フィート以上になると、水面下になった。そこで、将軍と大佐たちは、その財宝を掘り出すために、合衆国海軍の深海作業ができる潜水夫と減圧器を持ってきた。何ヶ月も骨折った挙げ句、また百億ドル以上もの費用がかかったのに、彼らは何も手に入れることができずに、あきらめた。

 わたしたちは、なぜ同僚の評価と十分な情報公開が緊急に必要とされるかを示す同じような奇怪な間違った冒険の幾つかを詳しく話す。



●まな板の上に乗る「日本のナショナリズム」! 日本人はこの「光」に耐えられるか?
http://www.asyura2.com/0601/bd45/msg/572.html

●フィル・シャノンによる『黄金の戦士(Gold Warriors)』への書評(gooseさん訳:再掲)
http://www.asyura2.com/0601/bd45/msg/575.html

●黄金の百合作戦(レッ・ボルテール:山下の黄金の「伝説」)
http://www.asyura2.com/0411/bd38/msg/768.html

●高橋五郎著『スパイ〝ベラスコ〝が見た広島原爆の正体』第四章、戦利品としての「秘密財産」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/405403117X/


【私のコメント】
 日本軍が日清戦争から第二次世界大戦の間に膨大な量の貴金属をアジア諸国から強奪してフィリピンに蓄えたという内容の「黄金の百合作戦」は、ユダヤ金融資本による日本批判の為のでっち上げである可能性が非常に高いと思われる。

 アジアに麻薬を持ってどっと押し掛けて貴金属を回収したのも、中南米で大量の貴金属を強奪したのもユダヤ金融資本が中心であったことは動かし難い事実である。ユダヤ金融資本は世界覇権崩壊と共にこの犯罪行為が暴かれるのを恐れ、日本に責任転嫁することを狙っているのだと思われる。

 そもそも、貴金属を蓄えるならば日本国内に蓄える方がより安全確実であることは言うまでもない。それがフィリピンに蓄えられたのは、1943年以降にに米国の潜水艦による海上封鎖で日本への輸送が困難になったからであると彼らは主張する。しかし、海上封鎖が行われていれば、他の地域からフィリピンに船で貴金属を輸送することは不可能なはずである。第二次大戦で日本軍兵士の多くがフィリピンで餓死したことは、海上封鎖でフィリピンに食料を送ることが不可能であったことの証拠である。

 また、もし仮に日本軍が組織的に膨大な量の貴金属の強奪を行っていたならば、東京裁判の時にそれが取り上げられていた可能性が非常に高いし、組織的行為ならば命令文書を含め何らかの証拠が残されているはずである。第二次大戦後にホロコーストや南京大虐殺が捏造されたように、2001年以降のユダヤ金融資本vs反対勢力の最終戦争で日本の戦争犯罪が捏造されたのだと想像する。

 日本が本格的にアジアに進出する以前に既に東アジアは欧米のユダヤ金融資本に支配されていた。欧米から中国に流れていた膨大な量の貴金属は、英国を中心とする中国への阿片輸出によってかなりの量が回収されていた筈である。東南アジアは欧米の完全な植民地であり、その富は大部分が支配者のユダヤ金融資本に集中していた可能性が高いだろう。また、貴金属を好む風土のあるインド(現在でも、世界の装飾用貴金属需要の多くはインドが占める)は日本軍が侵攻しておらず、インドから日本が金を回収するのは不可能であった。

 恐らく、フィリピンでも少量の軍資金や機密文書、武器弾薬などは山中に秘匿されていたのかもしれない。そして、それに枝葉を付けて話を膨らませて、壮大な日本軍の犯罪行為「黄金の百合作戦」をユダヤ金融資本が捏造したのだと推測する。独立後も米国の半植民地状態であった戦後のフィリピン以外には、その様な捏造を実行できる地域はなかったのだろう。

 日本政府も中国での麻薬販売に関与していたことは事実のようであるが、日本がユダヤ金融資本と決定的に異なるのは、日本が資金を拠出して中国や台湾、朝鮮などに膨大な数の工場を建設し、一般庶民に対する教育を普及させたことである。ユダヤ金融資本の植民地支配では、原住民は愚かな水準に留め置くのが良いとされ、極小数の人間のみが教育の対象となった。日本の朝鮮経営が赤字であったことは欧米の植民地支配とは対照的である。ユダヤ金融資本の世界支配終焉後にそのような事実が評価されることを彼らは心の底から恐れているのだろう。

■ 再度、「YAMATO DYNASTY」 について。 「ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報(2006.8.8)」より
(※ 前中後略)
/
この「ゴールデン・リリー」(黄金のユリ)というのは、昭和天皇の御製から採った作戦のコードネームだそうですが、この作戦の内容がなんと、「戦時中に大日本帝国がアジアで収奪した貴金属をフィリピンの地下に蓄積して来たるべき日の日本の再興に備える」というのですから、ぶったまげました。これが事実だとすれば、天皇の戦争責任だけじゃあ済みませんわ。

ところが、この本の他の部分はおおむね文献に基づいて書かれているようなのですが、この「ゴールデン・リリー」に関しては、殆どインタビューで取材した内容をもとに書かれているのです。そうすると検証のしようがありません。

このプロジェクトの説明の中一番、不可解なのは、1940年に結核で倒れて戦時中は富士の裾野で静養していたとされる、秩父宮雍仁親王 Prince Chichibu がフィリピンにしばしば出向いて、この作戦の遂行を監視していたというのです。ホンマカイナ。

私の調べた範囲では、この事実を裏付けるような資料はまったくありません。
/
それで少し調べてみると、このヤマト・ダイナスティの記述と続けて出版された、「ゴールド・ ウォリア-ズ(黄金の戦士)」 を根拠にして、戦時中の占領下にあった地域の人たちが日本に対して損害賠償訴訟を行っているようなのです。

なんだ、そういうことか。このヤマト・ダイナスティの裏表紙に「レイプ・オブ・南京」のアイリス・チャン女史がコメントを寄せていたので変だな、とは思っていたのです。対日戦時賠償という利用がされているようです。

私は、このヤマト・ダイナスティという本、非常によく書けていると思います。しかし、戦時中の記述は???な部分が多いのです。














.