+ブログサーチ
正常にRSSを取得できませんでした。
+ニュースサーチ




■ なりすましの渡来系 「二階堂ドットコム(2019/01/04 12:34)」より
/
入り婿はダメですから!宮内みたいに戸籍を作っちゃってるのもダメですから!(笑)








■ ここにひとつ、事件あり 「二階堂ドットコム(2017.6.30)」より
/
イオンフィナンシャルはジワジワと債権が不良化してます。現実見てビビっているのでは?

ーーーーー
■ 不正だらけの「イオン金融事業」 - 利息「過剰請求」を闇に葬る非道 「選択(2016年5月号)」より
/
「四月一日以降、社内は大混乱だ」
 イオン関係者はこう語る。震源はイオングループの金融持ち株会社、イオンフィナンシャルサービス(FS)だ。二〇〇五年に子会社のイオンクレジットサービス(CS)で発生したシステム障害に端を発したトラブルが、十年以上も隠蔽されてきた事実を本誌四月号で報じた。しかしいまだに、イオンからこの件について利用者が納得する謝罪や発表は行われていない。それどころか、この期に及んで関係者の口封じを画策するなど同社の体質は看過できないほどに腐っている。

(※mono....以下副題のみ掲載。詳細はサイト記事で)

「過剰請求」だけではない社内不正

財務省OBを会長に据える姑息



★ イオン、株主総会でメディア報道に過剰反応 - 岡田社長が日経の記事を「痛烈批判」 「東洋経済(2015.5.28)」より
/
「日経はあまりに経済紙とは思えない記事を書いている」――。

5月27日に行われたイオンの株主総会。岡田元也社長が日本経済新聞と日経ビジネスの取材や編集姿勢について、珍しく痛烈に批判する場面があった。

大きな混乱もなく、総会が終盤に差し掛かったとき、ある株主が「日経のイオンのトップバリュ記事はどうかと思う。粗製乱造、陳腐化などと書く、悪意ある日経メディアへの対抗措置をどう考えているのか」、との質問が出たときだった。

これまで淡々と株主からの質問を聞いていた岡田社長の顔色が変わり、語気を強めて、日経グループへの不満をブチ上げたのだ。

トップバリュへの発言に納得せず
+続き
事の発端は、日経ビジネスが4月下旬に発売したイオン特集と、それに関連して報じた日経デジタル版等での記事である。

イオンがPB(プライベートブランド)「トップバリュ」を4割弱削減へと報じ、岡田社長が「もうトップバリュなんてやめてしまおうか」と語ったとする、センセーショナルな見出しや記事内容だ。それらについて岡田社長は「日経ビジネスから私は何も聞かれていない。答えた覚えもない。イオン改革の観点から取材申し入れはあったが、それを信じたのが間違いだった」と指摘した。

ただ一方で、今後の対応については、「どのように社会に真実を訴えていくかだと思う」と、語るにとどめた。

千葉市の幕張メッセで行われた、今年のイオンの株主総会は、1861人が来場(2014年は3160人)。2時間13分(同1時間58分)で終了し、約15人が質問した。

総会の冒頭では岡田社長が「(増益予想の)約束が守れず、深くお詫びする」と陳謝。一方、「今年度になってGMS(総合スーパー)改革の成果が出ている。4、5月は前年を上回って、回復している」としたうえで、イオンリテールとダイエーの既存店売上高数字を見せるなど、業績回復を強調。今2016年2月期業績予想の営業利益1750億円(前期比23.8%増)について、「非常に保守的な数字であり、確実に達成していく」と強気な姿勢を示した。

イオンの前2015年2月期の連結業績は、GMSの不振から、営業利益が前々期比17.5%減の1413億円に落ち込むなど、3期連続減益で厳しい環境にある。ライバルのセブン&アイ・ホールディングスもGMSは厳しいが、独り勝ち状態にあるコンビニが好調で、連結業績を下支えしている。

主婦の株主から厳しい指摘も

GMS再建はイオン最大の課題で、今期は大ナタを振るう構えだ。本社人員を半減し、各事業会社に振り分けることで、これまでの本社主導による商品企画や開発、仕入れなどを事業会社に権限委譲していく。これによって、特に地域密着の食品品ぞろえを強化し、画一的な商品販売から脱したい思惑である。

今回の総会では、イオンファンと自認する主婦の株主から、「イオンは野菜がよくない。ダイエーも野菜が悪くなってから転げ落ちた」など、一部厳しい指摘もあった。が、経営方針などに対する厳しい質問は、ほとんど出なかった。

2014年の総会までは、岡田社長が事業報告や方針をほぼ1人で説明する進め方だったが、今年は各事業会社の社長が自分たちで語るやり方に変更。現場の社員が一生懸命がんばっている姿を映したビデオを上映するなど演出を工夫している面も見られた。イオンにとって、今後は「結果」を出して、株主に答えるしかない。

■ イオンのキムチ 「博士の独り言 II(2015.5.3)」より
/
 【読者】 (前略)近くには、イオン〇〇店があります。イオンには、韓国直輸入キムチが何種類も売られています。また、韓国海苔も売られています。ひとつ68円のおにぎりは、韓国海苔使用のためお安くできました、旨の表示がされています。韓国海苔使用と書いてあるのに、買う人が多いです。直輸入キムチも売れているようです。在日さんが多いからでしょうか。

 周囲の方に、韓国海苔は大腸菌が多いから買わないほうがいいよ、と話したら、あなたは韓国が嫌いなんだよね、なんて言われてしまいました。(中略)そういう人たちの周りにも在日系が多くなっているから、そういう雰囲気になっているのかもしれません。在日も帰化人も日本には不要です。今年こそ偽名(通名制度)をなくしてほしいですね。

 ところで、これからも食の安全についての問いかけをしていただけたら、と思います。今後も博士のブログを毎日訪問させていただきます。お身体大切になさってください。

(以上、いただいたご投稿(3日)より)

(※mono.--中略)

隷中、朝鮮つながりの総合ブローカー「イオン」

 貴重なお励ましをいただき感謝します。端的に表現して恐縮ですが、隷中、朝鮮つながりの総合ブローカーとして全国に大店舗を拡げて来た「イオン」ですが、ここのところ三期連続で減益との報は皆様もご存知の状況かと思います。

 同社の経営層は減益の原因を、政権が代わって以来の「デフレ脱却」への経済政策によるものと転嫁している様子ですが、他の総合スーパーの状況はイオンほどでもない。むしろ増益を現出しているところもある。ということは、イオンの経営層の「頭脳」それ自体に原因が有るのではないか、と。売り場の陳列棚のチグハグな配列や、亜系の店員さんが増えつつある現場の対応品質の劣化であるとか。

 売り場と云う売り場に中韓製の輸入物をこれでもか、またこれでもかと並べるような「カスタマートレンドを細かく読み取れない」スタンスの臭さであるとか。利用者の眼から見た「イオンの不振」の要因は数多ではないかと。調査隊の眼からはそう拝察しています。
........................

食品売り場を跋扈する「朝鮮のり」

 以前は、「おにぎり」や「お弁当」の黒い部分を「海苔」とだけ表示していたイオンですが。三年前に調査隊も問い合せしましたし、利用者の方々の問い合わせが多くなったためか、表題の読者がご指摘の通り「韓国産苔使用」との表示が目立って来た様子です。先ほど売り場を観て来ましたが、廉価の「おにぎり類」「お弁当」が売れてしまった後でしたので、確認の調査は後日にしたく思いますが。「韓国産海苔」使用は。安売りで利益を出すという。イオンがその“戦略”一辺倒で行くならば、たどりつく必然の帰結の一つと謂えるでしょう。

 寿司や海苔まきの類も「韓国産」の海苔か、コスト調整の流れによってはその宗主国の支那産の海苔も使用している。他、「恵方巻き」等も例外ではないと。その事例を先稿に記しましたが。

 外側の海苔以外の中身の方も卵(唯一の国産)を除けば、たとえば「米食品医薬品局(FDA)は(2012年6月)14日、韓国産のカキ、貝、ムール貝、ホタテなどの貝類が、人糞などに汚染され食中毒を引き起こす恐れがあるとして、流通業者に販売禁止を通告した」(Searchina)とする一類のお仲間である。いわば「民主党」と同じような構造になっている。その実態も調査隊の方で調べています。
........................

韓国産直輸入の「キムチ」も豊富

 本日、売り場で確認させていただいた一つは、読者のご指摘の通り「韓国産直輸入物」の「キムチ」です。種類が多く、目が猫のように丸くなりました。
(※mono.--以下略、詳細はブログ記事で)


■ イオンに異変、業績悪化で株価急落 総合スーパー、消費者離れ深刻化で迫る終焉 「livedoornews[ビジネスジャーナル](2015.1.26)」より
/
 1月13日の東京証券取引市場でイオン株が急落した。約1カ月ぶりの安値となる1126円まで売られ、終値は前日比6%安の1143円50銭となった。この日の東証1部値下がり率ランキング上位である。主因は前週9日に発表した2014年3~11月期の連結決算が市場予想を下回り、警戒感が広がったこと。連結営業利益は、前年同期比48%減の493億円となった。15年2月期の通年見通しは営業利益2000億円から2100億円のまま見直しされなかったが、市場はそれを絶望的と見たわけである。

 イオン全体の業績不調の主因は、本業である総合スーパー(GMS)事業である。GMS中核事業子会社であるイオンリテールの営業損益が、14年3~11月期は182億円の赤字に転落(前期は57億円の黒字)。同年3~8月期は75億円の赤字だったが、直近3カ月で107億円の赤字がさらに上乗せされた格好だ。大型化など改装店舗は一部好調だが、既存店売り上げが前期比2.4%減と不振。特に衣料品が4.1%減と大きく落ち込んだほか、食品も2.3%減と苦戦した。
+続き
 イオンの岡崎双一・専務執行役GMS事業最高経営責任者は「改装は順次していくが、(店舗数が多く)分母が大きいのでどれぐらい早くできるか」(今月9日の発表)と述べている。岡崎専務はまた、「価格政策で消費増税後の対応に失敗した。値上げしたのではないかと思われる値付けをしてしまった」と敗因を語った。

●曲がり角迎えたGMS

 しかし、イオンの不調は、大型小売店舗をチェーン展開するGMSの業態がいよいよ曲がり角に来ていることの現れともいえる。ここ最近、消費者が大型GMSを訪れる頻度は少なくなりつつある。日常の買い物は、コンビニエンスストアや、アマゾン、楽天などのインターネット購入へシフトしてきた。リアル店舗で探し回るより、ネットでの大量一括比較、そして検索型のショッピングが効率的となってきた。もしくは、専門店チェーンへ行くこともあり、野菜や総菜などの日々の購買なら中小規模のスーパーで済ませることも多い。逆に贈答品などの一部高級品は、伝統的なブランド力がある百貨店で購入する。

 つまり、GMSはあらゆる業態に消費者を奪われているのだ。日本の小売業態はここ20年ほどの間に大変貌を遂げてきた。それは「大から小へ、さらに無店舗(ネット)へ」という大きな流れだ。

 この流れを象徴する大きな出来事が昨年重なった。まず7月28日にそごう前会長だった水島廣雄氏が亡くなった。一度は「地域一番の巨艦店主義」でそごうを日本最大のデパートに育て上げた経営者だが、そごうは2000年に民事再生法を申請し、事実上の経営破綻に追い込まれる。水島氏は翌年、強制執行妨害容疑で逮捕され、06年には有罪判決が確定した。水島氏の逝去と共に、デパート時代は終息したともいえる。

 昨年12月26日には、ダイエーの上場が廃止された。半世紀以上日本の小売業界を牽引してきたダイエーは、支援を受けてきたイオンの完全子会社となった。18年にはダイエーのブランド、屋号そのものが消滅する予定だ。GMSで最大のプレイヤーだったダイエーが倒産し消滅していくわけだが、実は吸収したイオン自身も同じ業態なので、その将来が万全というわけではない。GMSという業態の未来は暗い。
(文=山田修/経営コンサルタント、MBA経営代表取締役)

■ メディアは横並びで手を繋いで死に向かっている 「パチンコ屋の倒産を応援するブログ(2013.12.10)」より
/
まずは食品偽装でおなじみイオンから。
.....................................
【韓国農協 全日本食品と農産物輸出で合意 】
【世宗聯合ニュース】韓国農協中央会は6日、中小スーパーの商品仕入れや経営支援を手掛ける全日本食品(東京)と農産物の輸出と商品共同開発などを柱とする了解覚書(MOU)を締結したと発表した。

 農協中央会の李相旭(イ・サンウク)農経代表理事は2~4日に日本を訪問し、全日本食品やイオングループなど流通大手企業の関係者らと農産物輸出に関する協力強化などを協議した。

 全日本食品とは最近ソウル近郊に開設された農協安城物流センターを活用し農産物を供給することで合意。イオンとは同グループのコンビニエンスストア「ミニストップ」に農産物を供給するプランを協議することを決めた。
(2013/12/6 聯合ニュース)
....................................

韓国産食品は中国産食品に負けないほど汚いと言って間違い無いでしょう。
日本でも脳に寄生虫が沸いた事例のある韓国産キムチ。
新種の寄生虫や農薬が検出されている韓国産ヒラメ。
(ともに民主党政権で精密検査を免除)
発がん性物質が検出される辛ラーメン。
多くの韓国産食品から検出される大腸菌。
韓国産ビスケットからですらジクロルボス(中国産毒餃子事件の時と同じもの)
が検出されるなど汚染ぶりはかなり酷い状況となっています。

イオンのPB商品は一時期はほとんどを中国産でしたが、
最近はどうやら韓国産の割合を増やしているようです。
いずれにしてもイオンのPB商品は製造元や原産地表記を隠しているため
消費者には都合の悪い情報を隠していると言って間違いありません。

韓国産農産物というととにかく寄生虫や大腸菌の検出例が多いと言えます。
これは単純に「不衛生だから」です。

米国では韓国産の海産物の缶詰から人の糞が検出され指名手配になっていますが、
日本ではテレビであまり取り上げません。
韓国にとって都合が悪いですからね。

身の安全を考えるのならイオン系列で食材を買うのは避けた方がよさそうです。

(※ 後半は、『特定秘密保護法』関連記事)

食の安全
■ イオンをめぐる疑惑の数々 「浮世風呂(2013.10.15)」より
(※ 前略)
/
◆酒・菓子原料の加工用米も混入?…イオン中国米

2013年10月2日 YOMIURI ONLINE

中国産米が混入したコメを国産米と偽り、流通大手イオングループの納入業者に卸していた米穀販売会社「三瀧みたき商事」(三重県四日市市)が、酒や菓子の原料に使われる加工用米も混入させていた疑いのあることが2日わかった。

 農林水産省は、加工用米の主食用への転用を禁じた食糧法に違反する可能性もあるとみて調査している。

 同省などによると、三瀧商事は昨年12月~今年9月、中国産米がまざったコメ計825トンを国産米として、製パン大手フジパン(名古屋市)のグループ2社に販売。2社はこれらのコメで弁当やおにぎりを製造してイオングループに納入、中部、北陸、関西地方など2府21県の「イオン」「ダイエー」などの店舗で販売されたことがわかっている。

 その後の調査で、三瀧商事がフジパン側に販売したコメには中国産米だけでなく、酒やみそ、菓子などに使われる加工用米が混入していた疑いのあることが新たに判明。同省は混入された期間や量、他の取引先にも販売していなかったかなど調査を進めている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131002-OYT1T00686.htm

◆イオンモール羽生に独島広告登場!!
http://www.youtube.com/watch?v=MUE8l6UImNw

◆イオンさん、原産国はきちんと表示しなくちゃ駄目でしょ・・・☆
http://blogs.yahoo.co.jp/kgjbb/25478686.html


(※ 後略、記事長文・資料多数につき必読!)


■ あなたは食べちゃいましたか?猛毒中国米販売報道事件で遂にイオンと文春が決闘へ 「憂国世界(2013.11.10)」より
(※ 前略)
/
四日市でお米のことなら三瀧商事、ミタキライス、三瀧グループ
http://www.mitaki.co.jp/mitaki/index.html

≪米のプロとしてお届けします≫

( `ハ´) 確かに素人はまねできないアル。


巷間の意見>>
………………………………
外からは中国産遺伝子組み換えカドミウム米

内からは福島第1原発範囲20kmとれた怪しいお米○シウムさん
………………………………
(^_^;) なかなか食の安全に敏感な方ですね。…と思ったら…。


中国から輸入禁止の「遺伝子組み換え米」も含まれていた 会社「知らなかった」
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1381214159/


巷間の意見>>
………………………………
外からは中国産遺伝子組み換えカドミウム米

内からは福島第1原発範囲20kmとれた怪しいお米○シウムさん
………………………………
(¬¬)  こいつ、ここでも同じレス張っている。工作員だったんだな。油断も隙もありません。

(※ 中略)
/
中国カドミウム米…10%が基準超、耕地2000万ha重金属汚染
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0527&f=national_0527_003.shtml

(_ _。) イオンの弁当を食ってカドミウム米に中った確率は10%?


中国のコメ輸入、カドミウム汚染で急増か
http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324474704578499683311363720.html
( `ハ´) 中国人、中国米喰わないから、だぶついて安いアルよ。日本人もっと買うアル。

(※ 中略)

/
(-_-)  文春と言えばロッキード事件でも判るようにCIAの広報機関。対するイオンは岡田一族が経営。中国との関係がどっぷりなのは周知。この両者、仲が良いはずないですね。

今回はCIAによる中国への嫌がらせと思われます。


バカウヨの意見>>
………………………………
売国ゲンダイはこの問題をスルー
………………………………
(^_^;) いえいえこんな美味しいネタを見逃すはずがありません。↓


日本に大量上陸 中国カドミウム汚染米 あなたも食べている (日刊ゲンダイ) 
http://www.asyura2.com/09/health15/msg/826.html

(^_^;) ゲンダイさんはイオンの名前を出していないので、イオン内でも売られています。


眠いので、とりあえず記事流し込み

幹部「イオンに指定された国産米が足りずに中国産を使った」―5府県67業者に販売…コメ偽装の三瀧商事、05年から不正
http://www.watch2chan.com/archives/33677393.html

材料の原産国表示を自社の製造工場に経由させる事で意図的に消している イオンのトップバリューは要注意
http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-10778.html

【食品偽装】イオン、日本産と”偽装”した中国米を販売
http://blog.livedoor.jp/aokichanyon444/archives/54625994.html

イオンのクレームクソワロタwwwwwwwwwwwwww
http://katsumoku.net/archives/6827294.html

イオン偽装米、過去最大のコメ産地偽装事件へ、刑事告発も
http://blogs.yahoo.co.jp/mizuguchiaiko/9907063.html









.













.
添付ファイル