+映画個別ページ
■ 赤線地帯
■ AKIRA
■ あしたの私のつくり方 出演:成海璃子、前田敦子 監督:市川準
■ インターステラー 原題: Interstellar
■ 雨月物語
■ URAMI (外部リンク)
■ Emperor
■ THE END OF EVANGERION
■ Orizuru
■ 海炭市叙景
■ 渇き
■ 君の名は アニメ作品
■ 木屋町DARUMA
■ 攻殻機動隊
■ 黒帯
■ この世界の片隅に
■ 源氏物語
■ 攻殻機動隊
■ 下妻物語
■ 白ゆき姫殺人事件
■ シン・ゴジラ
■ そこのみにて光輝く
■ そして父になる
■ ソロモンの偽証
■ ダンプスター
■ チチを撮りに
■ ※沈黙の艦隊
■ 東京物語
■ 日本沈没
■ 変態仮面
■ 僕の彼女はサイボーク
■ ほとりの朔子
■ 白夜行
■ 万引き家族 第71回カンヌ国際映画祭にて日本映画では21年ぶりのパルムドール(最高賞)を受賞。監督:是枝裕和、出演:リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、樹木希林、池松壮亮、高良健吾
■ ライアーゲームー再生
■ 利休にたずねよ
■ 火垂るの墓
■ 64-ロクヨン


ーーーーーーーーーー
■ 震撼

ーーーーーーーーーー
■ Gantz






■ 黒い雨 原作:井伏鱒二  出演:田中好子

■ 噂の女  監督:  出演:田中絹代、久我美子 
① http://www.youtube.com/watch?v=QaJa61uyFyM&feature=player_detailpage


■ おとし穴 脚本:安部公房 監督:勅使河原宏
① http://www.youtube.com/watch?v=GVEIlV9UUVk&feature=player_profilepage

■ 甘い夜の果て 監督:吉田喜重 
① http://www.youtube.com/watch?v=INstXUACld0&feature=player_profilepage

■ 野獣の青春 監督:鈴木清順 
① http://www.youtube.com/watch?v=aKs8wqW-JPo&feature=player_profilepage

■ 残菊物語 監督:溝口健二
① http://www.youtube.com/watch?v=9V26w7gPihI&feature=player_profilepage

■ 鬼子来了 出演:香川照之
① http://www.youtube.com/watch?v=ivKrVikYnQM&feature=player_profilepage

■ 人情紙風船 前進座総出演 1937年
① http://www.youtube.com/watch?v=9opZRQRDGUU&feature=player_profilepage

■ 雪之丞変化 出演:長谷川一夫  監督:市川崑
① http://www.youtube.com/watch?v=AHySBLNTM50&feature=player_profilepage

■ 心中天網島 原作:近松門左衛門  出演:中村吉衛門 岩下志麻  監督:篠田正浩   
① http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=A9dzPuvrZSM

■ 赤線地帯  監督:溝口健二  出演:京マチ子、若尾文子、
① http://www.youtube.com/watch?v=xIGyMEFyaCM&feature=player_profilepage




■ 【TOHOシネマズ】ファーストデイ1,200円、通常1,900円に鑑賞料金を爆上げ 「Birth of Blues(2019年03月18日)」より
/
「映画の日」換算で9%の値上げが高いか妥当かという事ですが、映画館は視聴環境の変化を望まぬ年寄りに引き続き寄生し続け、映画好き中年はアマプラやWOWOWオンデマンド引いて自宅に格安ホームシアター構築、スマホやタブレットで映画鑑賞に支障なき若年層は益々、映画館離れ~オンデマンド視聴に流れていくんだろうな。と思われまして。

※追記:TOHOは毎月1日の「映画の日」をファーストデイ、12月1日のみ「映画の日」と呼称しているそうなので、タイトルもそれに倣って変更しました。

(※mono....以下掲示板の反応記事は略、詳細はサイト記事で)


■ のせられて宣伝するバカな素人続出!「カメラを止めるな!」~インチキと虚飾の舞台裏 「二階堂ドットコム(2018/11/03 22:21)」より
/
「カメラを止めるな!」(通称・カメとめ)の盗作疑惑騒動については、既に各メディアで多数報道されているが、そこには金に踊らされた無名制作者たちのドロドロ劇があるという話が当サイト記者の耳に飛び込んできた。特に同映画の上田慎一郎監督や彼を取り巻く無名役者たちが、本人たちが気付かないうちに映画業界の中で大顰蹙を買っているというのだ。有名実力派映画監督たちの中には「あいつらとは絶対に絡みたくない」と吐いて捨てるように語っているとの噂まで・・・。

(※mono.....以下略)















.