+クチコミ検索〔日本の独立〕 plugin_bf is not found. please feed back @wiki.
+ブログサーチ〔日本の独立〕 plugin_blogsearch is not found. please feed back @wiki.
+ニュースサーチ〔日本の独立〕
gnewプラグインエラー「日本の独立」は見つからないか、接続エラーです。
+記事抄録
「積極的平和」の提唱者で世界的に「平和学の父」と知られるヨハン・ガルトゥング博士が去年来日した際、意外にも強調していたことが、日本が独立国ではなく、アメリカの占領下にあるという点でした。

安保法案で揺れた去年の夏、横浜大さん橋ホールには、詰めかけた500名の聴衆で熱気に満ちていました。そのうち半数弱が学生ということもあり、博士には、未来に向けたメッセージをお願いしようと「日本は今後どう世界の平和に貢献していくべきなのか?」という講演タイトルにしました。

開始早々、ヨハン・ガルトゥング博士から発せられた言葉で、会場がざわつきました。

日本は今後、世界の平和のためにどういう貢献ができるか、についてお答えしたいと思います。答えは非常に簡単です。失礼ですけど、今の段階では、皆さんは貢献できないと思います。貢献できる事はないと。残念ながらこの段階では、日本はアメリカの指示に従って行動している訳ですから、アメリカが平和に貢献することを望まなければ、貢献できないという事です。今アメリカが望んでいることは、勝利であって平和的に問題を解決することではない。ですから端的に申し上げて、今日本は平和に貢献することはできないと思います。

これで講義は終わりです。お答えできましたから。

独立国ではない日本に何もできることはないというのです。

イベント主催者としてもこの出だしにはドキッとしました。果たして講演を続けてくれるだろうか……。その心配を覆すように、博士はこう続けました。

ですが、質問の仕方を少し変えますと、占領下における日本ではなく、独立した主権のある日本であれば、どんな事ができるか―それはお話できると思います。

これは皆さんよくご存じと思いますが、六本木の一角に大きなビルがあって、その上にはヘリポートもある。(※編注:東京都港区にある赤坂プレスセンターの米軍基地のことと思われる)そのヘリポートという存在から、日本の政策の細かい点に至るまで、日本が占領下にある、いわば独立国ではないという事がお分かりになると思うのです。ですから仮に日本が独立国家になり、主権を持った国になったら、どんな平和貢献ができるか。それを主眼に考えてみたいと思います。

でも、主権のある独立国家に日本がなったとしても、問題はやはりある訳です。例えば、対ロシアとの関係で、北方領土があります。対中国との関係では、尖閣問題もあります。この尖閣問題は、日中だけの問題ではなく、日中に台湾も含めた問題があると。例え日本が独立国家であったとして、朝鮮半島、二つの朝鮮半島の国と竹島問題がある。また、和解しなければならない問題がある。対韓国との関係では、慰安婦問題。対中国では、南京や強制労働の問題。まだ解消されないこれらの問題があるのです。

こうやって始まり、詰めかけた聴衆たちに「積極的平和」に基づく3つの具体的な提案をした後に、日本の真の独立を訴えたのでした。

(※mono....以下略、詳細はサイト記事で)




日本の国益
■ 日本の国益 「我が郷は足日木の垂水のほとり(2019年01月31日)」より
/
将来的には、
日本国が独自の、エネルギー資源を開発する。

たとえば、そのひとつが
原発の炉熱などを使って、水素などの
備蓄可能な、資源を作る。

それが実現したころには、
反原発の、サヨク各党は、消滅するのだろう。

その為には、大学や先端工業の世界から
馬鹿な、政治に熱心すぎる、サヨクを追い出さねば……。

イラン産原油の禁輸除外、日本など5カ国対象に延長へ=アナリスト
(元記事)⇒https://jp.reuters.com/article/iran-us-oil-idJPKCN1PC0CX 
2019年1月18日 / 14:51 / 12日前
(※mono....飲用記事略)
/
祇園精舎の鐘の声、おごる平家は久しからずや。
紙っぺらとまでは謂わぬが、米穀の威信は錆び付いた トタン屋根のやう。

世界経済のドル支配体制は、もう崩壊して久しい。

カショギ氏の暗殺で、ユダヤの友邦トルコにも見放された。そうした、お馬鹿王子のサウジアラビアは、ある意味で。崩壊が約束されているのか。そのような近未来を予想する。こうした懸念が有るからこそ、トランプのイラン原油禁輸網は、端からボロボロ。

(※mono....中ほど大幅に略、詳細はサイト記事で)
/
日本国が、ユダヤ=イスラエルの敵国。イランから原油を買う。

そして、身内にユダヤ教徒をもつ、そのトランプ大統領が、この取り引きを容認せざるを得ない。
日本自立の戦いは、此処まで進んできている

こうした、気骨の折れる外交は、サヨクの茹だり蛙では。絶対にできないことなのだ。


■ あの恐ろしい「スノーデンの警告」を米有力紙が裏付ける 「逝きし世の面影(2017.6.25)」より
(※mono....関連のみ転載のため前後略、詳細はブログ記事で)
/
『映画「スノーデン」オリバー・ストーン監督に聞く』2017年01月29日号(赤旗日曜版)

今では穏健保守の一般全国紙と同じことしか書かなくなって久しい日本共産党機関紙赤旗ですが、唐突に大きく変化したのですから驚いた、27日付の日刊紙(赤旗本紙)だけでなくて週刊紙である赤旗日曜版(2017年01月29日号)にも同一の驚愕的な記事がもっと詳しく書いてある。
ところがWeb上には『米情報機関NSAは世界の市民を監視している-。4年前、命がけの暴露をした元NSA職員、エドワード・スノーデン氏を描いた映画「スノーデン」監督のオリバー・ストーンさんに話を聞きました。』としか書いていないのである。
紙面にはあるがWeb上には無い、2017年01月29日号(赤旗日曜版)記事の当該部分を文字起こしすると、
『2009年、NSAと連携するコンピューター会社・デルの社員として来日したスノーデン氏。米軍横田基地(東京都)のNAS施設(国防総省日本特別代表部=DSRJ)で情報監視をしていました。映画では、当時を振り返り、こんな衝撃の告白をする場面があります。
「NSAは、日本の高圧線、ダム、病院のコンピューターに不正プログラムを仕掛けた。もし日本が米国の同盟国ではなくなる日が来れば、電源を切ってしまう。」
米国は日本全体を監視するだけではなく、日本が米国との軍事同盟を離脱すれば、日本社会を停止する仕掛けをしたというのです。』(なんと、日本社会のインフラにはいたるところにアメリカ製の時限爆弾が敷設されていたのである)


■ 鳩山元首相が民主党を離党 「東京kittyアンテナ(2013.2.26)」より
/
鳩山元首相が民主党を離党する様である(@w荒
資金も沢山保有しているし、また新たな政界の台風の「芽」となる可能性もある(@w荒
鳩山-小沢-亀井の反米反官僚体制勢力の台頭は、官僚体制およびその走狗であるマスゴミの徹底抵抗によって潰されたが、まだまだその芽は残っているということだね(@w荒
彼らはある意味で米国からの支配からの独立を目論む「独立派」な訳だが、新興諸国台頭により米国のドル基軸体制はやがて崩壊し、米国が分裂する動きになるのは既に見えているので日本は好むと好まざるとに関わらず、態態(わざわざ)独立運動をするまでもなく自動的に独立させられることになる(@w荒
だが彼らは時期を読めない人々である。熟柿が落ちる様に、いずれ「独立」の秋(とき)は到来する。そのときに「独立」を維持するためにはインドと安全保障条約を締結し、そして四分五裂する米国を精々2つ程度に纏める策を取れるだけの絵図を描いておけるかどうかが鍵となるだろう(@w荒







.