医学・医療 / 医療 / 病気 /  / 医学部・病院 / iPS細胞
ーーー
医療機器

+クチコミ検索
正常に検索結果を取得できませんでした。
+ブログサーチ
正常にRSSを取得できませんでした。
+ニュースサーチ

■ 社会問題勉強会 医療問題がメインのテーマの様子 -mono注。
■ 千島学説[新生命医学会] 果たして現代医学に「間違い」はないのでしょうか? 故千島喜久男博士が提唱した『千島学説』は8大原理によって構成される現代医学の基盤から覆す革新的医学理論です。 ゆえに現代医学会が拒否反応を示したことは分からないでもありません。 しかし今一度、私たちの身体の「真実の姿」について見つめ直してみてはいかがでしょうか。
■ 睡眠医学の部屋 睡眠障害 睡眠時無呼吸症候群 いびき治療 むずむず脚症候群 検査について解説します presented by 阪野勝久/愛知県名古屋市
■ いきいき健康ニュース 当サイトは 栄養素としての核酸(DNA,RNA)を中心に、健康食品についての書籍やニュースなどをわかりやすく掲載しております。また、最新のがん療法や代替医療等の記事や論文、などについても随時掲載いたしております。当所では研究はいたしておりません。
■ 薬と縁を切る健康法! お客さんへの指導経験や実体験に基づいた、ダイエットや体質改善のための正しい食事・呼吸・運動・睡眠について日々感じることを、太極拳講師がご紹介しています。




(※mono....動画コメント欄よりひとつだけ引用)
大庭孝広
これを見れば分かるけど、抗がん剤治療は白血球、赤血球、ナチュラルキラー細胞をせん滅する。抗がん剤の毒の効果が早く出ただけの話。
●抗がん剤39日間連続投与、副作用の影響で死亡 2018.8.10 
「白血球や赤血球が減るなどしており、過剰投与が判明した。男性は感染症が悪化して6月上旬、多臓器不全などで死亡した。」

●岡山大学医学部付属病院での出来事。
「インターンA医師は、担当する数多くのガン患者が、〝治療〟の甲斐なく次々に死亡していくことに疑問を感じていた。そこで、その死因を徹底的に調べることにした。
〝ガン死〟として処理された患者の直接死因は、ガンではなかった……。その多くが感染症死だった。肺炎、インフルエンザ、カンジダ菌などカビ感染症、寄生虫……などで、多くの患者は死亡していた。
ガンと闘う免疫細胞(白血球)殲せん滅めつの狂気その理由も判明した。患者に投与された抗ガン剤には、強烈な細胞毒性がある。抗ガン剤は、正常細胞もガン細胞も、見境なく攻撃する。その攻撃は、骨髄造血機能も破壊する。はやくいえば、血球細胞がことごとく攻撃される。すると、赤血球、血小板、白血球が激減する。
白血球(リンパ球)は、別名、「免疫細胞」と呼ばれる。免疫細胞は、体内にできた異物(ガン細胞)などを攻撃、排除する働きがある。そのうち、NK細胞(ナチュラル・キラー細胞)は、ガン細胞を発見するや、体当たりで攻撃し、内部に3種類の毒性たんぱくを注入して、瞬殺する。
さらに、抗ガン剤は、赤血球を激減させ、患者を貧血にする。さらに血小板激減で体内出血がおこり、患者は衰弱する。これもガンと闘う免疫力を殺そぎ、ガンを喜ばせ、増殖させる。なんのことはない。」
















.