+クチコミ検索
正常に検索結果を取得できませんでした。
+ブログサーチ
正常にRSSを取得できませんでした。
+ニュースサーチ




■ お相撲女人禁制は‘時代遅れの慣習’か? 「万国時事周覧(2018-04-14 14:53:26)」より
/
 先日、舞鶴市で催されていた春巡業において、倒れた多々見良三市長を救命しようとして土俵に上がった女性に対し、土俵から降りるようアナウンスがあったことが発端となり、目下、お相撲の女人禁制に関する議論が湧きあがっています。当論争の基本的な対立軸は、伝統vs.性差別なのですが、果たして、お相撲の女人禁制は、女性を差別する“時代遅れの慣習”なのでしょうか。

 差別論者には、お相撲が女人禁制となったのは明治以降であり、江戸時代には、女相撲が存在していたとする意見も聞かれます。しかしながら、女相撲はあくまでも興行であり、神事ではなかったはずです。今日、相撲が国技とされるのは、人ではなく神様を楽しませる神事としての伝統を引き継いでいるからであり、この点、女相撲論はお相撲の歴史の一面しか見ていないこととなります。また、神道は女性を穢れと見なすとする批判も見受けられますが、伊勢神宮の斎宮、上賀茂神社の斎院があり、また、巫女さんは神職として神殿にて奉仕しております。神社の神域においてしばしば見られる女人禁制の多くも、その理由は穢れではなく、山の神様のようにお祀りされている神様が女神であることに依ります(女神の他の女性に対する嫉妬を回避しようとする伝統)。

 仮に女人禁制が“時代遅れの慣習”であるならば、歌舞伎もまた批判の対象とならざるを得ません。歌舞伎も歴史的には神事と無縁ではありませんが、その創始者は、出雲の阿国と言う女性です。しかしながら、江戸時代までには‘女人禁制’が慣習化しており、今日に至るまで、男性が女性役を務める女形の伝統が引き継がれています。仮に、歌舞伎に女性が出演できるように改革されたとしますと、それは、最早、歌舞伎とは言い難く、一般の演劇との違いは殆どなくなります。

(※mono....中略、詳細はサイト記事で)
/
 左派の人々は、‘個々人の違いをお互いに認め合おう’と合唱する一方で、常にその方向性は、あたかも選択肢のない一本道のように性別を消し去った画一的な平等に向かっています。しかしながら、多様性の相互承認と平等待遇が、しばしば矛盾することにも気が付いていないようなのです。つまり、多様性を相互承認すればこそ、場合によっては敢えて分ける、即ち、区別を必要とするとする発想が欠如しているのです。生来の違いを認めた上で、双方の感情等にも配慮した区別を行うことこそ、思いやりのある、賢明な対応と言うこともあります。例えば、双方の感情を慮って全世界的に御化粧室は男女別ですし、公衆浴場なども同様です(かつては、男女混同の方が野蛮で非文明的として批判された…)。

 もっとも、この時期に、マスメディアがかくも女人禁制を問題視する報道にかくも熱心なのは、単なる女性差別反対というよりは、あるいは、女性天皇や女系天皇の実現を望む勢力の暗躍があるのかもしれません。


朝鮮人
■ 【碌な知識も無く朝鮮族の日本文化・日本民族精神壊滅策に乗る風潮は日本民族を自ら蔑む気違い沙汰】 「魂魄の狐神(2018-04-08 11:55:52)」より
/
@poe1985は大相撲の土俵女人禁制の仕来りで何か困ることがあるのか? 救命看護婦が倒れた市長の病院の看護婦と書かれて居たが☜すると危難を予測して市長は土俵に上がった?

日本相撲史概略 - 相撲評論家之頁☜飽くまで著述者の研究結果

 大相撲が女人禁制に成ったのは明治から?馬鹿か古市は。江戸時代に今の様な「大相撲」があったか? 抑々、女人禁制は日本的文化だけでは無い、西欧社会にも当然あったが周知の通り其々 " 合理的 " な理由もあった。土俵の女人禁制の理由には、" 様々な説 " がある。

 女性には月のものが在るので、取り組みでの力士の怪我を連想させることや、日本の神は女神から始まった。神事を重んじる伝統には女人蔑視は無い。相撲は抑々、農村で豊作を祝う儀式。豊作の神様は女神で女神を楽しませる為に力自慢の若い男達が土俵で力自慢し合う催しものだった。

 土俵が女性の立ち入りを禁じて居るのは、神様が焼餅を焼くからということでもある。

(※mono....中略)
/
 用日朝鮮族?土井たか子のチルドレンだった彼の朝鮮?婆は大相撲の女性蔑視を責めて居るのでは無く、日本列島から凡ゆる日本的な " もの " を排除し廃止したい気満々が見える。其れって、公人として公益に適う行為か?

 障碍者を嘲り笑う「病身舞」を伝統文化として総督府が禁止したにも拘らず、今でも朝鮮族が誇る伝統文化として賛美する気狂い民族が訳も分からず日本の文化に吝嗇を付けるな!

 ***今直ぐ、半島に還れ!


日本の文化と伝統
■ 相撲女人禁制 男尊女卑の「因習」蔓延る日本の、男女平等たる本当の「伝統」 「日本人の誇りを取り戻せ(二〇一八年四月七日)」より
/
男尊女卑の価値観に塗り固められた悪しき因習が、現代日本のそこかしこに蔓延る現状をまじまじと示す重大な事件が起きた。既に報道もされているが、京都の大相撲巡業で、人命救急のために土俵に登った女性看護師数名に対して、繰り返し「女性は」土俵から降りるよう放送で呼びかけた上、女性が降りた後すぐに土俵に清めの塩を撒いたというものである。

今回の件に関しては、女性を「穢れ」と見なし、これを徹底的に排除しようとする不当な差別そのものであり、なおかつそのような価値観が人命救助の場面にすら適用され、人の命を救おうとする行為よりも優先されたということについては、全く信じられないほど酷い事態である。誤った男尊女卑の価値観に塗り固められた因習が、現代日本を覆っていることを示す一つの事例であると言えよう。
しかしながら、今回の件をもって日本の「伝統」が男尊女卑であると見なし日本の伝統や文化そのものを男尊女卑の精神に基づくものであるから壊さなければならないという発想に繋がるのは全く間違ったことである。なぜなら、今回の女人禁制の土俵の問題もそうであるが、今我が国のホシュ派が「伝統」として崇める男尊女卑的価値観を伴う事物は、大抵の場合日本の伝統ではなく、「エセ伝統」すなわち「因習」にしか過ぎないからである。

(※mono....以下略、詳細はサイト記事で)


■ またシミケンが相撲協会の声明書くのか?(笑) 「二階堂ドットコム(2018/04/06 04:11)」より
/
なんで読売法務部がそんなことやってんだ(笑)

日本の恥部、インチキ神事「病デブ裸踊り」など滅びればいい。

Sumo chief apologises after women attempting CPR ordered out of ring
AFP
https://uk.news.yahoo.com/sumo-chief-apologises-women-attempting-cpr-o......19476.html

Women ordered off stage at sumo contest after trying to help stricken mayor
The Guardian
https://www.theguardian.com/world/2018/apr/05/women-ordered-off-stage-......cken-mayor

Japan sumo chief apologises after female medics asked to leave ring
Reuters
https://uk.reuters.com/article/uk-sumo-japan/japan-sumo-chief-apologis......KKCN1HC05W

Sumo chief apologises after women attempting CPR ordered out of ring
http://www.dailymail.co.uk/wires/afp/article-5580383/Sumo-chief-apolog......paign=1490




■ 髷結ってるデブでも容赦はしねえでいいんだよ 「二階堂ドットコム(2018/04/05 21:21)」より
/
春日野巡業部長「ナース服を着ていなかったので看護師と分からなかったから土俵から降りるよう促した

おい、知能の低いデブ!だったら、
まわしを着けて土俵に登っていないので、デブの裸踊りの人間だと思わなかった
でいいのかよ。これだから知恵送れのデブはダメなんだよ(笑)

日本語もロクにわかんねえ奴連れてきて稼いでるくせに神事だとかいうなよ。前はなんか、チョン公が理事長だったり、もう訳がわからないな、デブストリッパーは。

ーーー
■ 市長に死ねというデブ裸踊り協会 「二階堂ドットコム(2018/04/05 20:05)」より
/
アラビアがいるらしいな。ラマダンなんてやってるわけねえだろ。そもそも夜は食い放題なんだから。そもそも人の前で尻出していいのかよイスラムは。

神事だとかいうけど、嘘だろ。後付けのデブ裸踊り。

「土俵をおりろ」
→心停止で、医師の医療行為妨害したんだから罪になるはず。市長死んだら、バカ行司は保護責任者遺棄致死どころか、傷害致死。そもそも、医師法違反なとに問われるよ。

だからバカはダメなんだよ。どうせ外人ばっかだし、やめろよあんなの。

シャブ食ってる奴と八百長デブの揉め事とか、どうでもいいわ。
相撲もバンバン逮捕すべきだ。

あんなの税金と社会保障費の無駄遣いだろ。
デブ裸踊りやってて糖尿病とかになっても健康保険使うなよ。なんで進んで病気になってカネもらおうとするバカに保険で病院使わせなきゃならないんだよ。


★■ 相撲協会、人命より「女人禁制」優先が物議…「土俵下りて」謝罪で若手行司に責任押し付け 「Business Journal(2018.04.05)」より
/
 4月4日、京都府舞鶴市で開かれた大相撲の春巡業「大相撲舞鶴場所」で、多々見良三市長が土俵上であいさつをしているときに突然、仰向けに倒れた。場内は騒然とし、関係者がうろたえるなか、観客のうちから数人の女性が応急処置に駆けつけた。その際に、「女性の方は土俵から下りてください」と数回、場内放送が流れたことに批判が集まっている。

 目撃者の証言やその時の様子を収めた映像を確認すると、多々見市長が倒れた際、何人かの関係者と思われる男性が土俵に上がって市長の周りを取り囲んでいる。そこへ一般の女性が駆けつけ、男性たちを掻き分けて心臓マッサージを始めた。さらにもう1人、女性が土俵へ上がり、市長の脈を測っているかのような素振りを見せた。

 複数の報道では、これらの女性は医療関係者とされている。その後、土俵にはさらに2人ほどの医療関係者らしき女性が上がって多々見市長の様子を見にきている。だが、観客のうちから「女性が土俵に上がっていいのか」といった声が上がり、それに呼応するかたちで「女性の方は土俵から降りてください。男性がお上がりください」という場内アナウンスが流れた。

 アナウンスを聞いた女性たちは一度土俵を下りようとしたが、やはり多々見市長の様子が気になったようで、踏みとどまって担架が駆けつけるまで処置にあたっていた。

 確かに本来、土俵は女人禁制とされているが、今回は人命にかかわる緊急事態だ。インターネット上では「人の命と伝統のどっちが大切なのか」「これは歴史や礼節を重んじるとは言いません。ただ本来の目的を見失い、固定観念にとらわれているだけ」「優先順位というものがあるだろ」などと批判が続出した。

 これを受けて日本相撲協会の公式サイトでは同日、八角信芳理事長が以下の謝罪文を掲載している。

「本日、京都府舞鶴市で行われた巡業中、多々見良三・舞鶴市長が倒れられました。市長のご無事を心よりお祈り申し上げます。とっさの応急措置をしてくださった女性の方々に深く感謝申し上げます。応急措置のさなか、場内アナウンスを担当していた行司が『女性は土俵から降りてください』と複数回アナウンスを行いました。行司が動転して呼びかけたものでしたが、人命にかかわる状況には不適切な対応でした。深くお詫び申し上げます」

 しかし、これに対しても「今度は若手行司のせいにするのか。とことん自分の責任にはしないのね」「数々の問題を起こしている中のトップである理事長は、なんで責任を取らないのか。一般企業なら辞めているレベル」「理事長のコメント発表が遅すぎる。自発的なものではないな」などと批判の声が噴出している。

 また、そもそも土俵を女人禁制にしていることに対しても「さんざん女性客を集めようとしているくせにルールは男尊女卑」「女人禁制なスポーツが国技ってどうなんだろうね」「女人禁制そのものがおかしい。伝統だって悪しきものは廃止してくべき。時代遅れ」と否定的な声が上がっている。

 しかし一方で「伝統はそう簡単に変えるものではない」「今回の対応は良くなかったかもしれないが、伝統にまでケチつけるのはどうかと思う」といったように、擁護をする意見も少なくない。

 今後の相撲協会の対応に注目だ。
(文=編集部)















.