+ブログサーチ〔普天間〕 #blogsearch
+ニュースサーチ〔普天間〕

+ブログサーチ〔普天間基地〕 #blogsearch
+ニュースサーチ〔普天間基地〕




★ 沖縄県知事選 仲井真氏が再選 「NHKニュース」より
 ● 無所属の現職で、公明党とみんなの党、それに自民党沖縄県連が推薦する仲井真弘多氏が2回目の当選を果たしました。

■ 沖縄県知事選挙、ありがとうございました 「超左翼おじさんの挑戦」より
 ● 今年の初め、退潮著しい左翼をどうやって挽回するかを真剣に考えたとき、沖縄しかないと思い至ったのです。全国的に何とかする方策はなかなか思い浮かばないけど、沖縄で勝利することができれば、何かのきっかけにできるかもしれない。伊波さんの本の帯につけたように、「沖縄が変われば、日本が変わる、アメリカも変わる」という訴えが大事だと。
 ● 悔しいです。評論家的に眺めていたら、こんな悔しさはなかったでしょう。これだけのことをやったのに、なぜ、こういう結果になったんだろう。そう思うことから、次の段階にやるべきことが見えてくると思います。
----------
■ 沖縄県知事選。イハ候補、及ばず。。。 「風の歌が聞こえる街」より
 ● 仲井知事が「ごめんなさぁ~い、県外移設を明確にしまぁ~す、だから、許してぇ~」と言うまで、あらゆる手を使って、強力なプレッシャーを加え、追い詰めよう。そして、在日米軍をニポンから追放することに、全力を注ごう

■ 沖縄県知事選  伊波候補善戦虚しく現職当選 「kimekime25」より
 ● 残念です!  22時30分に当選が現職にうたれました。
(2010.7.21)
■ 菅内閣が、普天間問題で、沖縄の民意を盾に、米国への抵抗を開始か? 「日本がアブナイ!」より
 ● 参院選が終わって、菅政権が、やはり普天間問題の解決をあきらめていないかも知れない、米国の言いなりになる気はないのかも知れないと思わせるような報道記事が続いている。(・・)
(2010.7.20)
■ 恐怖のストーリー「前原ヒーロー化計画」 「反戦な家づくり」より
 ● 稲嶺市長のリコールを画策しているという可能性もあるが、もっと危ないシナリオは、前原をヒーローに仕立てる というもの。
「俺に任せてくれ」と、沖縄の暗闇をゴキブリのように走り回った挙げ句に、「辺野古での日米合意見直し」という特大の土産をアメリカからもらってくる、というストーリー。そこに、地元ゼネコンを喜ばせる、何らかの地元振興策を上乗せさせれば、前原は沖縄だけでなく、日本中からヒーロー扱いされるのは間違いない。
(2010.7.7)
■ 消された争点 「海鳴りの島から」より
 ● 普天間基地問題を参議院選挙の争点から消すことで、政府も大手メディアも無関心なヤマトゥの国民も、沖縄の「怒り」から目をそらし、「日本問題」「ヤマトゥ問題」から逃げているなんと卑怯なことか。
■ 喜納昌吉の本で菅直人が「普天間なんてどうでもいい」「沖縄独立しろ」発言 「nikaidou.com」より
 ● 喜納氏が「沖縄問題をよろしく」と言ったところ、首相は「沖縄問題は重くてどうしようもない。基地問題はどうにもならない。もうタッチしたくない」と漏らし、最後は「もう沖縄は独立した方がいい」と言い放ったという。

■ カンガンス【沖縄、独立したほうが良い。基地問題には手を出したくない。】サヨクには領土を守る概念がない 「豪の気ままな日記」より
 ● 真性のサヨク脳の本音が思わぬところで、出てしまった。ということなんでしょう。
■ 時系列で見る「普天間問題」鳩山首相狂気行動の真相 1 「真相世界」より
■ 真相 2 「真相世界」より
報道から
■ 普天間移設 日米が大筋合意 「NHKニュース」より  記事HTML保護 魚拓
記事引用
 ● しかし、大筋合意した内容は、基地機能の分散移転などの負担軽減策を除けば、現行案に近い内容になることから、地元・沖縄の理解を得られる見通しは立っていません。


関連をブログから
■ 迷走の果ては、ほぼ現行案 「ツカミルドリーム」より
記事引用
 ● 前政権と同じではいやという私利私欲から、失われた、時間や国益は大きい。
   更に、沖縄県民の気持ちを弄んだことは許せない。

■ 普天間基地の移設問題に思う(75) 「松月宏之 東京スカイツリー日記」より
記事引用
 ● 昨年の総選挙以来の、鳩山内閣、特に鳩山氏の度重なる無分別な言動が、過去の政府の努力の成果を毀損し、沖縄の人々との信頼関係を失わせたのであって、今日、仲井真知事を初め沖縄の人々が揃って辺野古への移転に反対を表明しているのは、正に鳩山氏が自ら招いた事態です。

■ 23日鳩山首相 沖縄を再訪 「偏西風にのって」より
記事引用
 ● >首相に近い岡本行夫元首相補佐官
    ほー。首相に近いと書かれていますな。コイズミのお友達だった輩が・・。なんだか「ユキオ」って同じ名前の読みで意気投合したのかね。
 ● ポッポ首相は、せいぜい沖縄で強烈な批判の嵐にあってくることです。そして息も絶え絶えになりながら、自分達(官僚取り込まれ閣僚含む)が、推し進めようとする?事の愚かさを知ることですね

■ 読売の「辺野古埋め立て回帰」記事を検証する 「永田町異聞」より
記事引用
 ● どうしてこんな記事になるのだろうか。
 ● 記事をよく読むと根拠が不明で、「飛ばし記事」の疑いが濃い。
 ● ここはむしろ、テニアン移設案とか、橋本晃和教授の九州自衛隊基地活用案など、県外、国外への取り組みにしっかり目を向け、沖縄の負担軽減のため全国民で考える機運を高めることが、マスメディアの使命ではないだろうか。
■ 抑止力のためにはグアムしかない 「超左翼おじさんの挑戦」より
記事引用
 ● 昨年はじめ、日米両国政府が締結し、国会で承認されたものだ。そのなかで、海兵隊8000人を沖縄からグアムに移転する理由、そのために日本政府がお金を出す理由を説明しているのだが、その理由が、「抑止力を強化する」ということなのである。
■ 鳩山由紀夫の三元連立方程式とその解 - 5月末先送り論の急浮 「世に倦む日日」より
記事引用(明日以降の有料部分より若干、かつ有料記事部分に配慮し、前後大幅に略してあります。読むなら今のうちに。)
 ● ネットの一部に、川内博史らのテニアン訪問について、鳩山由紀夫の「腹案」が国外移設であることの証拠だとする珍説が流布されている。が、これは鳩山擁護の動機が突出した願望に基づくアジプロの類であり、根拠のない空疎な楽観論である。
 ● 鳩山由紀夫は、自らの5月末最終案の中に「国外」も盛り込みましたという既成事実を作り、参院選での説明材料にする目論見なのだろう。
 ● タヌキの福島瑞穂と社民党は、(部分略-monosepia)鳩山最終案を認めて、「苦渋の決断」で連立政権にしがみつく立場を自己正当化するのではないか。そう疑う。
 ● この「腹案」、すなわち鳩山最終案の「三元連立方程式」が成立するためには、・・・(略-monosepia)
 ● 驚いたことに、5/9の昼のテレ朝の番組では、森本敏と福島瑞穂の二人がスタジオで生討論する一幕で、専門家である森本敏の方が、「抑止力」のディベートで福島瑞穂に論破されるというハプニングがあった。

■ 普天間問題:オバマ・鳩山vs米国戦争屋・悪徳ペンタゴンの代理戦争 「新ベンチャー革命」より
記事引用
● 鳩山首相が、普天間基地の国外または県外移設をぶちあげたのは、米国防総省のアジア太平洋米軍再編計画(注4)を知っていたからであると言われています。米国防総省内では、すでに普天間米軍基地はグアム移転すると計画されているのです。おそらくオバマ政権もそれに沿って動いていたのですが、戦争屋の妨害で、沖縄米軍基地再編問題をオバマ・鳩山ラインで進めることができなくなっています。
関連
■ 【友愛】沖縄県民の思いを自問自答し「最低でも県外」とつぶやいたのは事実だが党の公約と違うのでお前らドンマイと、我が党首が基地移設問題を快刀乱麻に決着 「Birth of Blues」より
記事引用
● 推察するに「腹案がある」とは、「貴方の思いを受け一生懸命頑張る覚悟」という意味だと思われ、一般的には「腹芸」に近い使われ方かと思われますが。

■ 普天間問題 鳩山首相、すべて県外は難しいと愚直に表明したうえで理解と協力を求める 「或る浪人の手記」より
記事引用
● 何か、基地の県外移転はミンスの公約ではなく、自分個人の考えだったとか何とか訳の分からん言い訳もしているらしいけれど、普通、党首が公の場で、何の断り、前置きもなく発言した事は、党の公約として受け取られる。

■ 民主党の基地議懇談会長がなぜかグアムとテニアンを訪問 「低気温のエクスタシーbyはなゆー」より 



2010.5.2 掲載リンク
■ 裏切りの対価:首相側近「県民反対でも強行」 辺野古くい打ち案明言 「或る浪人の手記」より
記事引用
● 沖縄の人達は、そろそろ、本気で怒っていいと思う。これで、現行の案が上手くいかなかったら、全部、全ての責任を沖縄県民に押し付ける気まんまんだ、コイツら。ブレてるどころじゃあない、狂ってる。

2010.5.2 掲載リンク
■ 裏切りの対価:首相側近「県民反対でも強行」 辺野古くい打ち案明言 「或る浪人の手記」より
記事引用
● 沖縄の人達は、そろそろ、本気で怒っていいと思う。これで、現行の案が上手くいかなかったら、全部、全ての責任を沖縄県民に押し付ける気まんまんだ、コイツら。ブレてるどころじゃあない、狂ってる。

2010.5.1 掲載リンク
■ 沖縄反米運動:在日米軍再編費3兆円を日本に負担させる口実か 「新ベンチャー革命」より
記事引用
● 鳩山政権も、オバマ政権も、沖縄・徳之島住民の猛反対運動が起こることを織り込み済みと思います、当然ながら。
● 集会参加者が黄色の衣服を着て、英語で“Close Futenma!”や“No Base!”と書かれた黄色のプラカードを持っていた点です。
● 沖縄集会を演出した勢力は、米国民の対日観を悪化させる効果を狙っていたということです。もちろん、小沢・鳩山民主党政権は、その狙いを知っているはずです。
● そう言えば、2006年4月、当時の国防総省のリチャード・ローレス国防副次官が、3兆円をそっくり日本で負担してもらいたいと、ウッカリ本音を公式発表したことがあります。

2010.4.30 掲載リンク
■ 普天間問題は結局カネ。悪い奴らは「住民投票」になるのが怖い! 「nikaidou.com」より
記事引用
● 振興策は減らした予算の全復活。280億。下地幹男は土建屋・・・徳之島は訓練基地だけ。

2010.4.28 掲載リンク
■ 沖縄版インティファーダと辺野古沖海戦 - 知事選までの激動の半年 「世に倦む日日」より
明日には有料領域となる記事より引用
今、この国は満州事変の当時のような状態になっていて、外務省と防衛省の官僚が首相のコントロールを離れて暴走している。まさに統帥権ならぬ外交権の独立。官僚が政府を乗っ取って外交を牛耳っている。

2010.4.28 掲載リンク
■ ワシントンでの反沖縄基地抗議デモ 「マスコミに載らない海外記事」より
記事引用
参加者全員が、ジュゴンのお面を渡された。これは、額にかぶり、二本のゴム紐で耳にかけるので、半お面と呼びたい。とても賢明で独創的だ。

2010.4.27 掲載リンク
■ CIA担当官は沖縄反対集会をどう見るか? 「ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報」より
記事引用
そもそも、米国は日本が基地から出て行けと言えば出て行かないわけにはいかない。日本側に米軍側施設の「買い取り」などの問題が生じることになるだろうが、ともかくも米国は民主国の民意を無視できない。あまりに米国が強く出過ぎると、今まで問題になる可能性の無かった嘉手納基地や他の施設でも問題が起きるし、中国やロシアの戦略家がそれを利用して沖縄と本土の離間策を図る可能性すらある。米国にとってそれは悪夢だ。

■ テニアンが待っている! 「高橋敏男のブログ」より
記事引用
そしてテニアンが上院、下院とも海兵隊の受入れを決議した。
是非、誘致したいと諸手をあげている。
このニュースを大きく上げて然るべきだが、
一向に大新聞マスコミはそんな気配を見せない。
■ 4・25沖縄県民大会の意義と目的を捻じ曲げる新聞、無視するテレビ 「世に倦む日日」より ★明日27日には、全文読むには有料となる
記事引用
(朝日新聞記事に対して)これは、長島昭久や前原誠司や岡田克也の論理と認識であり、米国の立場と視線の代弁ではないか。

■ 「普天間基地」を「国外・県外へ」求める沖縄県民大会 「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より
記事引用
普天間基地を沖縄県外に移設することも、止めるべきである。日米軍事同盟は見直すべきである。

■ 【友愛】外相・官房長官・米政府間で妥結した自民党原案通り普天間移設に対しルーピー先生が「自然への冒涜だ」とちゃぶ台ひっくり返す+同意・決着・職を賭すの外交用語定義立法化へ 「Birth of Blues」より
記事引用
そろそろ鶴の一声で一方的体調不良宣告→隔離病棟強制入院→代行代行カンガンス発令の期待が高まります。
■ 鳩の豆鉄砲:普天間移設で日米攻防 米側「怒り心頭」機密漏洩に厳重抗議 日本「メモを取るな」首脳会談の記録残さず 「或る浪人の手記」より
記事引用
日米関係筋によると、実際には、「あっけにとられてメモを取らなかったのではなく、初めからメモを取らないよう首相官邸から指示されていた」のだという。
ブログ主コメントから
親米だとか反米だとか以前の問題で、最低限の筋すら通していない。
■ 4.25沖縄県民大会に9万人余結集 「薔薇、または陽だまりの猫」より
imageプラグインエラー : ご指定のURLはサポートしていません。png, jpg, gif などの画像URLを指定してください。
■ 宜野湾市・伊波洋一市長の「沖縄の海兵隊は全てグアムに移転する」という妄想プレゼンテーション 「週間オブイェクト」より
記事引用
ちゃんと大元の資料をチェックしたマスコミは相手にしないです。日刊ゲンダイだけは大々的に取り上げたみたいですが、英文資料を読んでいないのでしょう、その程度のゴシップ紙しか真に受けなかったネタという事です。
☆ コメント - monosepia
2010.4.24付けお勧め記事より
■ 普天間は、国外へ移すしかない その① 「雑感」より
☆ 記事引用

関連
■ 事実を伝えるジャーナリストたち 第1回 「湘南の片田舎から」より
■ 岩上安身氏の川内博史民主衆議員インタビューで普天間問題が見えてきた。 「ふじふじのフィルター」より
■ Can you follow through ? の意味を知らないの?? 大新聞のワシントン特派員さん 「反戦な家づくり」より
☆ 記事引用
■ 沖縄は抑止力として価値が低い・上 /  「超左翼おじさんの挑戦」より
☆ 記事引用
■ 共産党・志位委員長が駐日米大使と会談し、基地撤去を求めたニュース 「村野瀬玲奈の秘書課広報室」より
☆ コメント - monosepia



















.