アルトロンガンダム

正式名称:XXXG-01S2 ALTRON GUNDAM パイロット:張五飛
コスト:2500  耐久力:650  変形:×  換装:×
射撃 名称 弾数 威力 備考
メイン射撃 ドラゴンハング 1 95 覚醒中でも強制ダウン
射撃CS ドラゴンハング【両腕】 - 120/100 両腕を同時射出。マルチ対応
サブ射撃 2連装ビームキャノン 5 75 振り向き撃ちしないBR
レバーN特殊射撃 ツインビームトライデント【投擲】 1 9~58 直線投げ
レバー横特殊射撃 28~77 曲線投げ
格闘 名称 入力 威力 備考
通常格闘 ツインビームトライデント NNN 187 判定が強い
派生 ドラゴンハングファイヤー N射 127 後方に飛びながら攻撃
NN1射 154
NN射 181
前格闘 シールドタックル 80 シールド判定有り
横格闘 横薙ぎ→横薙ぎ→背面突き 横NN 176
派生 ドラゴンハングファイヤー 横射 122 N格と同様
横N射 167 N格と同様
後格闘 ジャンプ斬り 85 ピョン格
BD格闘 突き BD中前 129 伸びが良い
特殊格闘 ドラゴンハング【捕縛】 特格 50 敵を掴んで接近する
派生 2連回し蹴り 特格→N 152 手早い
派生 ドラゴンハング乱舞 特格→射 188 高火力
バーストアタック 名称 入力 威力
F/ES
備考
正義は、俺が決める! 3ボタン同時押し 310/288 非常に長い乱舞格闘


解説&攻略

『新機動戦記ガンダムW』より張五飛(チャン・ウーフェイ)の後期機体にして、シェンロンガンダムの強化改修機。
「双頭龍」の名の通り、両腕にドラゴンハングが搭載されている。

腕を伸ばすメインやピョン格、振り回しには向かない格闘性能など、ドラゴンガンダムに近い概観を持つ2500コストの荒らし向き近接機。
ただしこちらは地走ではない癖の無い良好な機動力、押し付けも効く各種ドラゴンハング系武装など、強引に押し込む力に長ける。
また振り向きの無いビームであるサブや特射のブーメランなどでリスク回避でダメージをまとめるような事も可能。

総合すると、各種武装を刺す機会を窺いながら奪ダウン力を強みに連携を崩していく近距離主体の機体。
ピョン格と相性のいい行動が多く、ドラゴンより敵を翻弄してからの詰めの手が格段に多い。
同コストではアヴァランチやゼノン-F、ルプスに似ているカテゴリの機体で、闇討ち主体とも異なり疑似タイマンで荒らしてこそなところがある。
それらと比べてこの機体は同系の荒らし機体との対面に強いという強みがある。封殺も珍しくない。

欠点として、ビームは持つもののドラゴンに比べて中距離での働きは大して改善されておらず奥手では空気になりがち。
また主力となる近接射撃のみでは火力が低く、意識的に特格等でダメージを拾っていかないと2500近接としてはリターンのしょっぱさでダメージ負け必至。
いかに得意なパターンに敵を嵌めていけるか相方との荒らし連携が非常に重要になる機体である。
後格で飛び掛かって自在に択り、己が見据えた悪を打ち倒そう。

  • リザルトポーズ
通常時勝利:トライデントを振り回した後にポーズ。第35話でトーラスを最初に数機破壊した後のポーズによく似ている。
覚醒中勝利:右手にトライデントを持ち、左ドラゴンハングを元に戻してポーズ。35話でウイングゼロとの戦いの後、去る時のポーズに近い。
敗北時:自爆する。

射撃武器

【メイン射撃】ドラゴンハング

[戻りリロード:0秒/1発][属性:射撃破壊実弾][ダウン][ダウン値:6.0][補正率:--%]
右腕を伸ばして敵を突く。
本ゲーム中ではOPよろしく腕の節そのものが増えて伸びる。
非常によく滑り、ドラゴン同様先端には射撃打ち消し判定あり。
覚醒時でも強制ダウン。ダウン値許容値の高いCPUボスでも4回で強制ダウン。
弾数設定はあるが、動作をキャンセルすると即座に弾がリロードされるタイプの武装。
またS覚醒中でもメイン→メインキャンセルはできない。

発生・弾速はドラゴンメインよりも良く、特に弾速はかなり早い。
ドラゴンの場合伸び切る前にブーストやずらしで逃げられることが多いが、アルトロンのメインは直感的に押し当てることが出来る。
それに対して、銃口補正や誘導は据え置き程度で、射程はむしろやや短くなっている。
無理に銃口当てするよりも軸を合わせた方が当たるため横虹迎撃などにはそこまで向いていない。

総合してすぐ吐ける近接択として優秀だが、これだけで勝てる機体ではない。
ドラゴンと違い前衛もしくは両前衛で動くことの多い本機は、これだけ狙うと明らかにダメージ負けするため、使い込むうちにサブやN特射の始動の方がむしろ増える。
ピョン格後の銃口当てもCSの方が向くため、思惑としてこれを当てる戦術を組むのではなく、"咄嗟に当てる"という観点の攻撃だと思った方が良い。
無論、サブを絡めたズンダや格闘コンボの〆としても使える。

【射撃CS】ドラゴンハング【両腕】

[チャージ時間:1.5秒][属性:射撃破壊実弾][ダウン][ダウン値:6.0][補正率:--%]
「貴様が悪だ!!」
両腕を同時に伸ばす。判定は1本。メイン同様こちらも強制ダウンかつ射撃打ち消し効果がある。
判定の大きさ、銃口の強さに優れる。
特に銃口は本機の射撃で最良の部類で、後格から隣接の押し付けとしてはオーソドックス。
射程、誘導もメイン・特格よりも強力で、射程に関してはおよそ1.2倍(ドラゴンのメイン・レバ特と同程度)。
その分滑りはメインと比べてかなり悪くなる。

マルチロックで撃つと多少射程が伸びるが、火力が下がり誘導や滑りも全く無く、また射程限界があるのは変わらないとほぼ下位互換。
乱戦で2体同時に当てれるとカッコいいが、基本的にマルチは封印したい。
射撃コマンドなので格闘を振ればすぐシングルに戻せるのは悪くない配置。

1.5秒とチャージも早めではあるのだが、射撃ホールドはややリスキーな事は変わりない。
特に距離が離れたオバヒを貫けるサブを封印する事になるので注意したい。
起き攻めではかなり期待値の高い択となるが、噛み付くまでの立ち回りでこれにこだわりすぎると他の武装性能が活かしづらい。
そもそも始動として単発120だけだと高火力とは言い難くダメージ負けするので、この武装の強さを理解して、更にこれを多用しすぎないようにもなってからがアルトロンの本番。
コンボパーツとしては言うまでもなく優秀。

【サブ射撃】2連装ビームキャノン

[常時リロード:3秒/1発][属性:ビーム][よろけ][ダウン値:2.0][補正率:-30%]
背中のビームキャノンからビームを発射する。
見た目は左右2連装だが判定は1本に纏まっている。威力は75で高コスト万能機のBR相応。
蛇腹状アームを敵に向けて撃つために振り向き撃ちが存在せず、真後ろの相手に撃っても動きながら撃てる。
縦横の射角もかなり広いが、背中から生えている関係で一部の角度には弱い。
また赤ロックの都合もあるため、真上や真下の相手に当てるには工夫が必要。
特射、特格にキャンセル可能。

振り向き無しという点も含めて性質がローゼンのメインに近いが、ほぼ誘導しないあちらよりはちゃんと曲がってくれる。
挙動が一部不安定なようで、敵との位置関係や自身の動きによっては明後日の方向に撃つ事がままある。
連続で起こることも珍しくないので、牽制はまだしもズンダでダウンを取ろうとする時は特に注意。
特殊な射角からローゼンメインのような横切りでの胡散臭い当て方をすることも。
キャノンの動き方の設計上、基本的に銃口補正は横に弱いが上下に強い。
設計がピョン格とかなりマッチしており、普通のBRよりも本機に合っている。

中距離で手を出せる貴重な武装。全ての武装で足が止まるドラゴンと決定的に違う装備と言える。
また、今作では弾が増えて常時リロードとなり、弾数を回すための無駄撃ちなど行動制限がなくなった。
振り向きがなくアンカーキャンセルがあるため近接でも使いやすい。

【特殊射撃】ツインビームトライデント【投擲】

[戻りリロード:5秒/1発][クールタイム:0.5秒][属性:ブーメラン]
レバー入れで挙動が変化するブーメラン系投擲武装。
いずれの入力も自機が触れて回収するまでリロードが開始されないため、回転率はやや悪め。
覚醒リロードは無し。
使用中でも格闘の動作には影響しない。

本作でサブからのキャンセルが追加され、活用性がかなり増した。
サブの濫用を防ぐ疑似ズンダ、連続で出して銃口当て…などドラゴンハング系武装以上に使いどころが多いキャンセルとなっている。

  • レバーN:直線投げ
[よろけ][ダウン値:0.2*n][補正率:-4%*n]
「聞く耳持たん!!」
トライデントを真っ直ぐ投げる。
射程限界はプラクティスのパネル4.5枚ほど。
射程限界に到達するか、地形に当たると短時間その場に留まった後手元に戻る。
行き~停滞中は触れても回収されない。
ヒット期待数は片側2~3Hit、行き帰りで4~6Hit、射程限界にぴったり重ねると7Hit。
使い勝手は正統派のブーメランで、同系武装に比べて発生は若干溜めるが銃口は良好。格闘やクロー捕縛への頼れる布石武装である。
メインと特格が隣接で潜られやすいため、自衛においてもこの機体の生命線となる。
引っかけ、迎撃など多方面で使え、近接では相手によっては押し付けにもなり得る裏の生命線。

  • レバー横:曲線投げ
[膝つきよろけ][ダウン値:0.6*n][補正率:-10%*n]
「うろちょろするな!!」
レバーを入れた方向に向かって飛び、大きな半円を描いて手元に戻ってくる。
投げた位置から離れるように動いた場合は戻りの途中で消える。
直撃時の期待ヒット数は2~3hitほど。

同系武装であるシャゲのサブと比較すると弾速が早く、半円の軌道をレバー入れで調整できない点が違い。
直撃する間合いはプラクティスのパネル2.5~3枚以内程度。
判定はそこそこ大きめだが、前への動きが小さく、持続が短いのでトラップとしては扱い辛い。
使い道が全く無い訳ではないが、扱いやすいN特射の存在もあり使う機会は少ない。
起き攻めや壁際で見せて相手の退路を制限したり、BD方向を読んで置いておくくらいで封印しても問題はない。
後格などレバーの絡んだ技が主軸なためコマンドミスが起きやすい点に注意が必要。

格闘

抜刀なし。初段性能に優れるN格やシールド判定を持つ前格などはあるが、トータルで見ると格闘の振り合いは控えたい部類。
元々生当てに固執する必要が無いほど近接択に恵まれているが封印安定と言い切れるレベルの択は一つもなく、状況によっては格闘機らしく生当ても狙っていける。
もっとも使うのは動きの基幹となる後格闘。

【通常格闘】ツインビームトライデント

トライデントを振り回して攻撃する3入力4段格闘。本機の主力。
伸びは長めかつ発生・判定に優れ後出しで一方的に打ち勝つ事がある。
横の初段性能がかなり弱く、ダメージも純粋にこちらが強いため狙い所では可能なかぎりN格を当てるようにしたい。
出し切りの打ち上げるため追撃しやすくダメージを伸ばしやすいが、時間効率的には特格に劣る。
だがあちらはダメージを狙うと足が長く止まることを考えると、こちらも活用しないと厳しい。
1~2段目から射撃派生が、3段目から特格キャンセルが可能

通常格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 袈裟斬り 70(80%) 70(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗2段目 逆袈裟 102(73%) 40(-7%) 1.8 0.1 膝つきよろけ
突き 135(65%) 45(-8%) 2.0 0.2 よろけ
 ┗3段目 斬り上げ 187(53%) 80(-12%) 3.0 1.0 ダウン

【通常格闘/横格闘射撃派生】ドラゴンハングファイヤー

飛び退きながら火炎放射でスタンさせる。出し終わった後は足を止めずに落下に移行する。
スタン時間は長めで、低空であればOH着地から追撃も可能なほど。
ダメージ効率自体は決して良くはなく、CSCや出し切りからの特格CといったOHでも使える高威力コンボパーツが豊富なのであまり出番は無い。
だが今作移行に伴いダウン値が下がり、攻め継に使いやすくなった。
ミリ残りがかなり致命的なアルトロンとしては、倒しきれるか怪しい際に繰り出せるよう、頭の片隅には置いておきたい。

格闘派生 動作 累計威力(累計補正率) 単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
N NN1 NN 横N 1段目 NN1 2段目
┗射撃派生 火炎放射 127(65%) 154(58%) 181(50%) 122(65%) 167(50%) 25(-5%)*3 2.15 2.25 2.45 0.15*3 炎上スタン

【前格闘】シールドタックル

左肩のシールドを突き出して繰り出す体当たり1段。
第35話で老師の自爆を見て憤慨した五飛がトーラス軍団を相手に突撃した動作の再現。

敵との距離に関わらず判定が出るまで少し間があるが、一度発生すれば判定出っ放しで突っ込む。判定が出ている間はCSC不可能。
判定が出ている間に前面から攻撃を受けるとシールドガードに移行する。
判定が出ているかどうかはシールドの前に発生するエフェクトで確認できる。
相手の格闘と引き分けるとこちらはシールドに移行し敵は喰らって吹っ飛ぶ。鞭や格闘属性アンカー、もしくは判定がこちらより強い格闘の場合は格闘ガードによるのけぞりが発生する。

伸びと突進速度、発生が悪く追いには全く使えない。
かと言って、密着だろうが判定が出るまでの独特な間があるので近距離での攻撃的な使い方もできない(発生前に潰される可能性がある)。
射撃に対する足掻きとしての運用が第一。シールド成立すれば後格があるので更に暴れられる。
格闘に対してはブメやハングの択もあるので選択肢の一つとして。

前格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
1段目 タックル 80(-20%) 1.7 ダウン

【横格闘】横薙ぎ→横薙ぎ→背面突き

横薙ぎ2回から敵に背を向けて突き上げを繰り出す3段格闘。
2段目を出すと頭上でトライデントを振り回すモーションが入るが、ここに攻撃判定はない。
N格同様1・2段目から射撃派生、3段目から特格Cが可能。

初段性能はドラゴンと同じく、一言で「悪い」と言い切れる。
伸びや回り込みは悪くないが突進速度がやや遅く、斬るのにも多少溜めがあるため発生がとても遅い。判定も奥行きがないため微妙。
いわゆる格闘機の横に勝てないのは勿論、汎用機の横にも潰されてしまうので、虹合戦にはとにかく向いていない。
ただくれぐれも固執はしないように。相手が振っていなければ別にBD硬直に差し込みは成り立つ。もっともN特射などの方を先に出すだろうが。

後格からのCS、と見せかけた横格というのもありと言えばあり。ただその場合ピョン格の時点で相手の懐に潜り込まないと厳しい。
当然のことだが、近接機なのに横が弱いというのは、戦闘間合いが近接である本機にとって足枷以外の何者でもないので注意が必要。
発生してしまえば横の攻撃範囲はそこそこ広く、巻き込みには期待出来る。

横格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 横薙ぎ 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗2段目 横薙ぎ 121(65%) 70(-15%) 2.0 0.3 よろけ
 ┗3段目 背面突き 176(53%) 22(-3%)*4 3.0 0.25*4 ダウン

【後格闘】ジャンプ斬り

「ふざけるなぁぁ!!」
跳び上がってトライデントを振り下ろすピョン格。第35話で敵に飛び掛かった時の再現か。
機敏に上昇するが下降距離には限界があり、緑ロックでは特に顕著。接地するには着地寸前で使うほうが無難。
正面への移動性能が高く軸の合っていない攻撃は回避しやすいため、ドラゴン以上に逃げの目的に使いやすい。
また上昇速度に対して落下速度はかなり劣るため、軸が合った射撃には非常に弱い。
サブの「常に足を止めない」という性質上、接地からステップサブを撃ってもOH上書きは不可なのも絶妙に勿体ない所。

当たるとバウンドダウンで、CSは予め仕込んでばほぼ確定で入る。ブーストに余裕があれば特格も叩き込める。
判定が妙に小さいドラゴンの後格と違って、三叉の刃を振り下ろす形になっているためか、判定も強い方。
何よりリターンが大きいため、まぐれ当たりでも事後処理が楽。

やはりというか格闘系荒らしキャラにありがちな生命線となる格闘。
セットプレイ、あがき、コンボパーツと多方面で活躍する。
慣性ジャンプよりこちらを多用すると言い切れるぐらいの択。

後格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
1段目 ジャンプ斬り 85(-20%) 2.0 バウンド

【BD格闘】突き

トライデントを振り回しながら突進し、敵に接近すると突き出す多段hit1段格闘。
類似の動作は劇中で何度も披露しているが、特に第35話でハングでトーラスを捕まえた後に行った動作に近い。

本機の格闘の中では覚醒技に次いで伸びが良い。
発生もよく、何より槍を突き出すモーションなので判定が出るリーチも悪くない。
その分攻撃判定が細めなのか、軸がズレることもある。その場合、零しはしないが追撃が不安定に。
選択肢として頭に入れておくと前格闘とは違った場面で役立つだろう。特にサブからの追撃などには有効。
任意ヒットから特格にキャンセル可能。また出し切りから前ステでメインに繋げられる。近接でサブなどからさっさと締めたいときはこれかメインが安定する。

BD格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 突き 129(64%) 25(-6%)*6 3.0 0.5*6 ダウン

【特殊格闘】ドラゴンハング【捕縛】

左のドラゴンハングを伸ばし、捕まえた相手に近寄る。
第35話でトーラスを捕まえた時の再現か。

本体動作は格闘扱いで、S覚ではなくF覚でキャンセル元が増える。
ただし伸ばす腕は射撃判定なので、ガードされても仰け反りは発生しないがバリア系には弱い。
やや慣性が乗り、滑り特格も一応可能。虹ステ対応。
ドラゴンとは違ってこちらのハングにも射撃破壊判定があり、弾速もメイン並に早い。
初段の判定はドラゴンと同様特殊な掴みスタンで、接地した相手に当てると接近中にキャンセルしても弱スタンのままだが、浮いた相手だとキャンセルと同時に掴み解除のように落ちる。
メイン同様射程が短く、誘導は完全に皆無。銃口補正も明らかな硬直を取れる程度しかないので、始動として使うには少々見極めが必要。
サブ射撃、N・横格闘最終段、BD格任意ヒットからキャンセル可能。

命中からは2種類の派生が可能。ただし敵に接触すると急減速すると共に派生入力ができなくなる。
減速モーション中は虹ステを受け付けるものの、できればそれ以前のタイミングでしっかり派生を入れておきたい。

【特殊格闘格闘派生】右回し蹴り&左回し蹴り

「消し飛べ!」
左右の足で蹴り上げる。
機敏に終わる割に威力が高く、受身不可で打ち上げるため使い勝手が良い主力派生。
追撃の自由度は高いが、ハング系へはタイミングによっては空振りしやすいため注意。
基本的にはややディレイをかけた右ステで安定する。
安定しないのは壁際のみだが、その場合左ステや前ステに切り替えるよりは素直に諦めてステから格闘などに繋いだ方が安定する。

【特殊格闘射撃派生】ドラゴンハング乱舞

「ナタクの力…見せてやる!」
両腕のハングで連続で引っかき、右手で突く連続攻撃。
TV内で元ネタになる動作は無く、後発のゲーム作品などでは時折見られる。

格闘派生よりも威力効率に優れるデスコンパーツ。
中途のダウン値がかなり低いため突き詰めたコンボにも使いやすく、出し切りで横に吹っ飛ばすためCSCや前ステメインor特格で追い打ちすることが可能。
他の格闘の威力効率がイマイチな事もあり、アルトロンで高威力コンボを組む時は必然的にこれに頼ることになる。
〆の単発威力はやや低いが、ある程度高度があれば出し切り直前からのCSCが入るため大幅にダメージを伸ばせる。
特格の追跡中から派生の先行入力が効くこともあってCSのチャージは十分間に合うため、OHでも安定してダメージを伸ばしつつ強制ダウンを取れるのは利点。

連続攻撃中は接近時の上下移動の慣性を引き継ぐ性質があり、下から掴むと斜め上に上昇し、上から掴むと斜め下に下降する。
射撃派生出し切り前>特格は敵の上から掴む形になりやすく、ここから他の択で追撃したい場合は始動高度を高く取る必要がある。

一方で動く速度・量自体はあまり大きくはなく、カメラ変更も長いためカット耐性は無いに等しい。安易な使用は控えよう。

特殊格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 左ハング 50(90%) 50(-10%) 0.2 0.2 掴みスタン
┣格闘派生 回し蹴り 95(75%) 50(-15%) 1.7 1.5 ダウン
回し蹴り 152(65%) 75(-10%) 2.7 1.0 縦回転ダウン
┗射撃派生 斬り裂き 63(87%) 14(-3%) 0.5 0.3 掴み
斬り裂き 135(75%) 14(-2%)*6 0.5 0 掴み
突き 188(60%) 70(-15%) 3.0 2.5 ダウン

バーストアタック

正義は、俺が決める!

「俺に負けるのならば、貴様は悪だ!」
トライデントで斬り上げ→薙ぎ払い→斬り上げ→キック→ドラゴンハングで掴んで背中側へ投げ飛ばし→追いかけて突き→引き抜き爆破。
最後の突き→爆破はトレーズのトールギスIIを撃破した攻撃の再現。
投げ飛ばし部分はダメージ0。

初段命中から出し切りまで約5秒と非常に長い、足を止める部分がやたらと多い、その割に火力も特別高くはない、と乱舞系覚醒技の中でも残念な性能。
特格射撃派生を使わないとダメージを伸ばしにくい本機にとっては貴重な火力択ではあるのだが、振るには相当勇気が必要。
褒められる点があるとすれば他と異なりハングの構造が比較的設定通りに再現されている演出面ぐらいか。
拘束時間が長いことや初段にSA付きという点も利用して相打ちorカットされる覚悟有りの反撃択としては使えなくもない。

極限技 動作 威力(補正率) F/ES ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発(元値)
1段目 斬り上げ 62/57(80%) 32.1/30(-10%)*2 0 0 よろけ
2段目 横薙ぎ 101/93(70%) 48.15/45(-10%) 膝つきよろけ
3段目 横薙ぎ 143/132(65%) 58.85/55(-5%) よろけ
4段目 回し蹴り 185/171(60%) 64.2/60(-5%) 半回転ダウン
5段目 掴み投げ 224/207(55%) 64.2/60(-5%) 掴み→半回転ダウン
6段目 突き 230/213(55%) 10.7/10(-0%) スタン
7段目 爆発 310/288(--%) 144.45/135(--%) 7.0/9.0 (10.0) 縦回転ダウン

コンボ

≫はブーストダッシュ、>はステップ、→はキャンセルあるいは派生
キャンセル補正など、条件により威力が変動する物は()で併記
CS表記は全てシングルCSのみ記載。
特殊格闘格闘派生は特N、射撃派生は特格射、射撃派生出し切り前キャンセルは特格射7Hitと記載。

威力 備考
射撃始動
サブ≫メイン 142 手早くダウン
サブ≫サブ≫メイン 166 基本。〆がサブで158だができるだめメインで〆たい
サブ≫NNN 197 基本。〆が>特射射で210
サブ≫NN射≫メイン 207 射撃派生で止めると188スタン攻め継
サブ→特N>メイン 208 主力。メインはしっかり狙わないと外れやすい。〆がCSで216
N特射2~6hit≫メイン 106~124 手早くダウンを取りたい時に
N特射2~6hit≫サブ≫メイン 146~152 サブでよろけを延長しメインで〆
N特射5~6hit≫サブ≫サブ 141~143 逃げながらダウンを取れるがクソビー注意。始動4hit以下だと非強制ダウン
N特射2~6hit≫BD格>メイン 179~182 BD格からの繋ぎは前ステ安定
N特射2hit≫BD格→特格射7Hit→CS 235 そのまま出し切ると218
N特射2~6hit≫特N>メイン 211~200 主力。特射のヒット数が減るほど高威力。〆がCSで225~211
N特射2~6hit≫特格射→CS 251~230 可能な限りブメからは直接特格を当てたい。〆がメインで238~221
N格始動
NN>NNN 241 基本だがあまり頼れない
NN>後→CS 245 打ち上げ
NN>特N→CS 262 若干カット耐性が良い。〆がメインだと255
NNN→CS 251 OHでも完走が狙える
NNN>NN1Hit→CS 271 繋ぎは前ステか微ディレイ横ステ。〆がメインで236
NNN→特N 257 OH完走可能、〆が特格N1Hit>メインで263、→CSで270
NNN→特格射7Hit→CS 288 そのまま出し切ると274
NNN→特格射7Hit>特格射 291 拘束コンボ。〆がCSだと296だが相当の高度が無いと不可
NN射>後→CS 260 低空なら着地してからでも間に合う
NN射≫NN射 249 攻め継続。メイン追撃で259
前格始動
前>メイン 156 手早くダウン。CSCは受け付けないためこちらで
前>特N→CS 251 繋ぎは前ステ
前>特格射→CS 272 迎撃始動から高威力
前>特格射7Hit>特格射 275 CS〆は相当の高度が無いと不可
前>{特格射7Hit}*2→CS 290 要高度
横格始動
横NN→CS 240
横NN>NN1Hit→CS 260 〆がメインだと253
横NN≫BD格3Hit→CS 255 繋ぎは斜め前BDCだがヒット数調整が難しい。〆がメインで247、そのまま出し切ると222
横NN→特N 246 特N1Hit>メインで252、→CSで259
横NN→特格射7Hit→CS 277 そのまま出し切ると263
横NN→特格射7Hit>特射射 280 拘束コンボ
横NN3hit>後→CS 255 打ち上げ。横フルヒット始動だと後格で強制ダウンし222バウンド
横N射>NN射 235 攻め継続。メイン追撃で245
後格始動
後>(N)N>後>特格射7Hit→CS 284 すかしコン
後>NN射≫メイン 249 低空なら着地してからでも入る
後>特N→CS 256 〆がメインで245
後>特格射7Hit→CS 256 繋ぎは前フワステ安定。そのまま出し切ると229
BD格始動
BD格→CS 206 〆がメインで190
BD格→特N 218 特N1hit→CSで235
BD格→特格射7Hit>特格射 267
BD格1hit→特格射7Hit>特格射>特格射7Hit→CS 314 始動は持続当て気味にすると1Hitでキャンセルしやすい
BD格2hit→特格射>特格射7Hit→CS 297
BD格3hit→特N→CS 252
BD格3hit→特格射→CS 271
特格始動
特N>メイン 214 主力。繋ぎは前フワステ安定。〆がCSで230
特N>NN→CS 270
特N>後→CS 262 打ち上げ&高カット耐性
特N>特N 243 特Nから特格は右ステか左微ロングステで安定。特N1Hit→CSで261
特N>特格射7Hit→CS 283 そのまま出し切ると263
特N>{特格射7Hit}*2→CS 299 特Nから左微ロングステで繋げると高度を大きく上げられる。そのまま出し切って292
特格射>特格射7Hit→CS 306 繋ぎは前ステで平地でもギリギリ入る。そのまま出し切って289
{特格射7Hit>特格射}*2 334 要高度。タイマン用拘束&超高威力。〆がCSで339
覚醒中限定 F/E/S
サブ→特N>特格射7Hit→CS 232/225/243 〆が覚醒技で270/257/273
サブ→特格射→CS 239/233/252 サブ≫NNN→CSだと229/220/232
NNN>NN→CS 292/273/276
NNN>NN射 282/263/264 攻め継続。始動が横格だと269/252/253
NNN>覚醒技 302/278/278
NNN→特格射7Hit>覚醒技 327/307/310
横NN>NN→CS 279/262/265
横NN>覚醒技 289/267/267
横NN→特格射7hIT覚醒技 314/296/299
特N>特N>覚醒技 315/296/306
特N>特N→CS 292/279/294 手早く大ダメージ
特N>NN射 268/254/262 攻め継
特格射>特格射7Hit>覚醒技 343/323/333 カット耐性、コンボ時間に難アリ
F覚醒中限定
サブ→特N>特格射7Hit>特格射 270
サブ→特射>特格射7Hit>覚醒技 285 射撃始動高威力
NNN→特N>特格射7Hit>覚醒技 349
NNN→特射>特格射7Hit>覚醒技 352
{NNN→特格射7Hit}*2>覚醒技 355 デスコン。半覚不可
NNN→特格射7Hit>特格射>特>覚醒技 352 特格射撃派生出し切りから覚醒技は不安定なので、特格初段で接近する
横NN→特N>特格射7Hit>覚醒技 337
横NN→特格射>特格射7Hit>覚醒技 349
BD格≫BD格>覚醒技 278 強く押し込むが効率はイマイチ
BD格→特格射7Hit>NNN→特格射7Hit>覚醒技 348 半覚不可
特N>特N>特格射 296 特格格闘派生を3回組み込むと1回目の蹴りでダウンし282
特格射>特N>覚醒技 340
特格射>特格射>特格射7Hit→CS 340 そのまま出し切って336、覚醒技で354

戦術

メイン射撃やピョン格の挙動が似通うドラゴンガンダムと比べると、コストやブースト性能の違いもあり運用方針はかなり攻撃的。
端的に言うとドラゴンが変則軌道逃げとメインの自衛で闇討ちを狙う機体だとすれば、
こちらは後格でロックを取りつつ近接で様々な武装の差し込みを狙って矢面に立つキャラクターとなっている。

本機はかなりピョン格を主軸にした機体である。とにかく後格を活かして敵のロックを上下に振って闘う事が望まれる。
武装全般が銃口当てできるため三次元的に画面がぐるぐる回る状況に強く、こちらが得意ではない生格振り回しはピョン格ムーブの中では相手が選びづらい択。
近距離で豊富な射撃択をチラつかせて、奪ダウン、迎撃などをこなして隙あらば特格など格闘に入るのが基本。
これをしっかり計算できる流れで荒らし展開しやすいのがアルトロンの魅力であり、また理想的な流れでもある。

ただアヴァランチやX3等他のBR+ピョン格荒らし機と比べて、降りテク、つまりは潜る行動が無く、ブースト的な意味での疑似タイ勝ちはしづらくなっているので独特の癖がある。

「格闘機なのに肝心の格闘の初段性能が心許ない」という欠点はあるが、ドラゴンと違い普通に当てられる択が他に色々あるためそこまで致命的ではなく、キャラ特性の範疇と考えた方がいい。
振り合い自体は弱いが、むしろ相手が振ってくるなら幾らでも料理のしようはある。
射撃ガードの前格や、起き攻めで特に強いCSなど面白い裏択も多く、敵の武装によっての手詰まり感はあまりない。
本作からサブ→特射キャンセルが追加され、かなり有用なのでメインやCS以上に活用したい。

ただ降りテクが無い事もあり直線的なスピードは平凡で、リボーンズやストフリなど素直に素早い相手を捉えづらいのが難点。
そういう輩は狙わないで鈍くさい相方低コストをいじめるのが一番だが、あえて削る場合は一旦コカせたら絶対に逃がさない気持ちで張り付く事。
同コスト同系に比べ、近づいたなら(恒常火力以外は)強いが、近づくまでが厳しいというのがアルトロン。

この機体は典型的な荒らし機体なので3000と組んでの堅い後衛という役回りには向いていない。
3000と組む場合は両前衛ないしは射撃が強い機体の護衛を行う前衛を担うほうが向いている。多少難しい話になるが、これは先落ち後落ちとは別問題。
奥手になると弱いため、堅実な試合運びをしたいなら別の機体のほうが良い。シャッフルではどちらが落ちても良いようにきちんと通信で意思表示する事。

EXバースト考察

「正義は…正義は俺が決める!!」
一見F安定のように見えるが、実はどの覚醒にも欠点があるためこれといった安定択はない。
もちろん理想はFバーストだが、格闘の食いつきが悪いため結構リスキーである。
さりとてE・Sは恩恵こそあれど次がなかったりと、本作における覚醒がいかんせん合わない機体である。

  • Fバースト
格闘攻撃補正+7% 防御補正-20%
格闘での闇討ち・決定力が上がる。特格も絡めての大ダメージコンも狙える他、サブや特射→格闘・特格のキャンセルルート追加の恩恵も大きい。
一応アルトロンの理想覚醒ではあるが、元の格闘性能が悪いため他の格闘機のようにゴリ押しはできず、安定感には欠ける。
ブンブン振っていくならここでも横ではなくN格(次点でBD格)に頼りたい。技量や相方によってはEとの選択になるだろう。

  • Eバースト
防御補正-35%
元々高いアルトロンの自衛力を高めるバーストで、近距離でのセットプレイに保険を持たせられる。
安定性は抜群だが、切り返し手段が弱めなアルトロンの場合、抜け一択だとジリ貧になる危険性も高い。
攻めの時はブースト回復が光るが、それが安定して出来るならFバーストを選びたいところ。

  • Sバースト
射撃攻撃補正+12% 防御補正-20%
サブ連射や、メイン・CS・特射からのサブCによる落下ルートが解放されるため安定して攻めや自衛をこなすことができる。
だがブースト回復性能が3つの内最低で爆発力に欠けるため、アルトロンの選択肢としてはかなり消極的。
とはいえ常時リロードになったサブへの恩恵は少なくない。理解ある相方と組める固定でなら落下テクを利用した面白い活躍が出来るだろう。

僚機考察

基本的にこの機体がやりたいのは「両前衛」か「射撃が強い機体の護衛」。
そのため丸い機体よりも強み弱みがはっきりした相方と組みたい。

コスト3000

基本的に安定。
νガンダムやサザビーなどの丸い機体よりも凶悪な射撃圧がある機体か、ハナから両前衛で疑似タイで敵を粉砕できる格闘機が望ましい。

  • ゴッドガンダム
疑似タイを成立させればさせるほど光る機体。ゴッド側の格闘リスクの高さをアルトロンの脱ダウン力で補うコンビ。
一方でどちらも格闘のカット耐性は大ダメージ狙いに限って見ると、とても厳しいものがある。
基本的にダメージ稼ぎはゴッドに任せ、こちらは堅実に相手を寝かせていきたい。

  • マスターガンダム
ロック集めとタイマン力は問題なし、課題は接近戦に持ち込むまで。
基本的に2機でラインを上げていく形になるが、
互いに中距離から手が出せる武装があるので、あまり焦らず引っ掛かり待ちで行こう。
何かが刺さり敵の足が止まったら、その機を逃さず一気に攻めるべし。
ただ流石に中距離でゲームが硬直するとこちらがジリ貧になるため、その場合はアルトロンがかき回す必要が出てくる。

  • ガンダムハルート
中々悪くない。射撃寄りだが「射撃連携」をあまり必要とせず強烈にロックを引くハルートと、ロックがなければ暴れる可能性もあるアルトロン。
ハルートに寄ってくる敵をしばくような形で。先落ちはどちらでもよい。
もちろん相手低コストなど自分でガン優位だと思う機体がいれば疑似タイで狩り殺しても良いだろう。

コスト2500

同コスト。3000に劣らない前衛性能を持つ機体も多く、コストオーバーの被害も比較的小さい。
両前衛に持ち込むならこちらの方が安定する。
アルトロンよりも前衛に長けた機体が数多く居るため、相方によっては先落ちを譲るのも手。

  • ジオング
両前衛で荒らしまくるコンビ。
ピョン格で斬り込み、逃げられない方を相方がハメ、救援に来た敵相方をアルトロンが食う。
疑似タイも強めでそのまま1on1×2に持ち込んでもいい。

  • アルトロンガンダム
正義を決める双頭竜コンビ。こちらも両前衛で荒らすことになる。
脱ダウン力など光るところが多い一方、フォロー力に著しく欠ける。
五飛宜しく各々がタイマンで勝てないと試合を物にするのは難しいだろう。

  • トールギスⅡ
終生のライバルコンビ。
アルトロンが前衛を担当しつつ、ギスⅡは後衛で粛々とフォローに徹してもらい、ブースト開放時に攻め立てるという流れが出来れば強い。
全盛期ほどではないとはいえ、ギスⅡのBD格による拘束力、自衛力はまだまだ強く、フォローが苦手なアルトロンとしては美味しい。
弾切れが厳しいギス側としても、射程こそ短いが射撃のクールタイムの痛手が致命的でないアルトロンはロックも取ってくれるので悪くはない。


コスト2000

向いていない。2000近接機は疑似タイロックをかけられる性能はないので、組むならG-メカなど射撃ガン振り機か。

コスト1500

アルトロンらしい戦いを望むなら理想。
お互いに半覚を複数回狙えるためコストによる性能差も多少は補うことができる。
ただし相手は当然相方片追いによるコストオーバーを狙って来るため、緊密な連携は必須。

  • ラゴゥ
強み弱みが似通っているコンビ。特殊セリフあり。
どちらも放置に弱いので捕まえるまでに一苦労する。
だが一旦転ばせてしまえば、後は両者上位コストも狩れる疑似タイ性能によりこちらの土俵に持っていける。

外部リンク

コメント欄

名前:
コメント:
最終更新:2021年10月24日 19:53