アーケード版からの変更点

▼PS4版追加要素


システム面

  • 戦闘ステージ・新規機体(家庭用新機体・DLC)の追加。
家庭用新機体として、アーケードのEXVS2からザクアメイジングモンテーロが参戦。
ガンダム・バルバトスルプスレクスも、初回限定のプロダクトコードを使用する事で使用可能に。
最終ボスステージ「EXTREME EXTERMINATION」が対戦で使用可能となった。

  • 機体セレクト画面
各シリーズ毎の機体の並び順が整理されている。アーケード版の配置に慣れている場合は注意が必要。
特に躊躇なのが「SEED DSTINY」。本作ではオーブ軍所属機→ザフト軍所属機という並びに変更された為、今までは先頭に配置されていたデスティニーガンダムが上から7番目まで繰り下がっている。

  • アーケードモード
トレーニングバトルコースとVSコンクエストが削除。
それ以外は特に変更点が無い。

  • BGMインポート
手持ちのMP3ファイルを「所有BGMリスト」に収録して、ゲーム中のBGMに設定できる機能。
USBストレージ機器に「MBONMUSIC」という名称のフォルダを作成し、
そのフォルダにMP3ファイルを保存しPS4本体に接続する。

ガンダムバーサスのように機体毎にBGMを設定できる。
この他にも、「VS画面」「勝利」「敗北」「メニュー画面」のBGMも変更可能。

  • ゲージデザイン、プレイヤーナビ、称号、エンブレム
アーケード版のケータイサイトのコンテンツであるゲージデザイン、プレイヤーナビ、称号、エンブレムが実装された。
ゲーム内通貨「GP」を消費して使用できる。
エンブレムはアーケード版と異なり、カラーカスタマイズ不可のものを採用されている。
なお、コメント機能は海外展開を考慮してなのか、実装されなかった。