エクストリームガンダム type-レオス

正式名称:EXTREME GUNDAM type-LEOS パイロット:レオス・アロイ
コスト:2500  耐久力:650(Xf) 620(Ef/Af)  変形:×  換装:○
type-レオス : 【射撃進化】エクリプス・フェース : 極限進化状態
【格闘進化】ゼノン・フェース : 極限進化状態
【ファンネル進化】アイオス・フェース : 極限進化状態
射撃 名称 弾数 威力 備考
メイン射撃 ヴァリアブル・ガン 6 70 射撃時にシールドを構える
射撃CS ヴァリアブル・ガン【連射】 - 50~105 BR3連射
サブ射撃 ビーム・ダガー【投擲】 1 22~78(X) レバー入れで挙動変化
9~27(E)
特殊射撃 データプレッシャー 1 0 当たると進化ゲージが30増加
格闘 名称 入力 威力 備考
通常格闘 ビーム・サーベル NNN 170 オーソドックスな三段斬り
前格闘 突き→シールド突き 前N 131 判定やや強め
横格闘 横薙ぎ→回転斬り 横N 120 2段目が多段ヒット
後格闘 ジャンプ斬り 70 接地判定の無いピョン格
BD格闘 プロペラ斬り抜け BD中前N 117(X) 多段ヒットする2連斬り抜け
134(E)
特殊格闘 ロードタクティクス 特N 222(X) 上昇回転斬り→スケボー踏みつけ
152(E)
特殊 名称 弾数 - 備考
特殊武装 極限進化 (100) - 時間経過・被ダメージ・与ダメージで増加
たまりきると自動で進化
バーストアタック 名称 入力 威力
S/FE
備考
EXA・フルバースト 3ボタン同時押し 271/258(X) 実戦ではまず使用不可能
273/261(EA)


解説&攻略

EXVSシリーズオリジナルの機体。
名義上は『ガンダムVS.シリーズ』10周年記念漫画『ガンダムEXA』よりの参戦。
パイロットはレオス・アロイ。

与ダメージ・被ダメージに応じて蓄積する「進化ゲージ」を溜め込むことによって、機体選択時に決めた形態へと「進化」することができる一方通行換装機。
進化先の性能は上記リンクを参照。

通常状態(素体、レオス)はオーソドックスな万能機。
便宜上、このページで1機にまとめてはいるが、進化先に応じて素体形態の性能もわずかに異なる。
ゼノンは格闘系の性能に優れ、被ダメージでのゲージ回収量に優れる。
エクリプス・アイオスは射撃系の性能に優れ、与ダメージでのゲージ回収量に優れる。

そこそこの性能のブーメランにゲージ回収効果のあるプレッシャー、ピョン格と自衛性能は悪くないのだが、素の性能は2000コストと比較しても苦しい。
進化後に体力を残すためにも丁寧な立ち回りが求められるが、その貧弱さから敵に主導権を取られやすく、 時間経過によるゲージ蓄積を待つだけでは自分も相方もかえって苦しい。
ゆえにこの形態は、「どれだけ早く進化できるか」の一点を考えて立ち回るべき形態である。
チャンスが見えたらプレッシャーや特格を狙う積極性も求められる。

前作までは再出撃時に進化段階が1段階戻っていたが、今作はその仕様が全面撤廃。
進化・極限進化で撃墜された場合、その時点での形態を維持したまま再出撃してくれるようになった。
ただしゲームの全体調整で耐久値が低く調整されていることもあり、被弾ばかりが多いと最悪極限進化できずに落ちかねない。
進化状態かつコストオーバーしての再出撃の場合、進化ゲージが50溜まった状態でのスタートとなる。
この仕様のおかげで素体での覚醒技や勝利ポーズを見るのは非常に困難となった。

フル覚醒時には「EXA」の文字演出が入り、進化先の形態に応じて対応する文字(「E」clipse、「X」enon、「A」gios)が特に強く強調される。

  • リザルトポーズ
素体時勝利:袈裟斬りから引いて構えるもの。前作公式ポスターアートで中央を飾っていた初代ガンダムのオマージュだと思われるが、上記の通り見るのは困難。
覚醒技勝利:EXAフェースで覚醒技の構え。
敗北時:素体で膝をつく。


射撃武器

【メイン射撃】ヴァリアブル・ガン

[常時リロード:3秒/1発][属性:ビーム][よろけ][ダウン値:2.0][補正率:-30%]
シールドを構えながら撃つBR。ガード判定あり。
Xf素体では弾速が早いが誘導が弱い。Ef素体・Af素体では誘導は並だが弾速が遅い。
いずれの形態でも2500コストとしては弾数・威力共に貧弱の一声
サブC可能。

依存度は非常に高く無駄遣い厳禁だが、進化後には弾数は引き継がないためダウン追撃などでも積極的に手を出していち早く進化を狙いたい。

【CS】ヴァリアブル・ガン【連射】

[チャージ時間:2秒][属性:ビーム][よろけ][ダウン値:2.0*3][補正率:-30%*3]
「撃って撃って撃ちまくる!」
足を止めてBR3連射。弾がメインより僅かに太く、やや滑る。
メイン同様射撃ガード判定があるが、こちらはシールドの構えが左にずれていて頼るにはやや不安。
Xf素体は銃口補正と誘導が悪く、文字通り牽制ぐらいでしか当てにはできない。
一方でEf・AfはBR程度には誘導するのでそこそこ使い勝手は良い。
サブC可能。EfとAfでは特射Cも可能。

BRが枯渇しやすい素体にとって重要な牽制手段。Ef・Afなら言葉の通り積極的に撃ちまくろう。
銃口補正が1発目で固定されるタイプのため、ステップされると2発目以降が誘導しない。
腕だけを向けて狙いをつけるため、動く相手に撃つと時折妙な姿勢になることもある。

【サブ射撃】ビーム・ダガー【投擲】

[撃ち切りリロード:3秒/1発][属性:特殊実弾][よろけ]
[Xf][ダウン値:0.5/1ヒット][補正率:-10%/1ヒット]
[Ef・Af][ダウン値:0.2/1ヒット][補正率:-3%/1ヒット]
レバー入れで性能が変化するブーメラン系武装。
射程限界は赤ロック程度。弾は小さいが銃口補正と弾速は悪くない。
Xfは他2フェースと比べてダメージ・補正値・ダウン値が高く設定されている。
Ef・Afは特射Cが可能。
どのコマンドでも射程限界で当てて最大3ヒットかつよろけ時間も短いため、当たったのを見たら直ぐに追撃推奨。

レバーN:投擲

前方に1本投げる。
使い勝手は一般的なブーメランそのもの。
慣性は乗らず弾も小さいが、発生や銃口補正はそこそこ良い。

レバー前後:バク転投げ

前後どちらでも後方宙返りしながら横並びに2本投げる。
2本はそれぞれ左右に膨らんだ軌道で飛び、途中で中央に集束するため多段ヒットしやすい。
近距離の正面に判定が無い反面横への広がりが大きく、中近距離で引っ掛ける使い方が可能。
縦方向、特に下への誘導が強く、よく追ってくれる

レバー横:側転投げ

入力方向に側転しながら縦向きに2本を時間差で投げる。
平地で使用する場合下側は敵を直接狙って、上側は敵の頭上を狙って投げるため、命中はほぼ1本のみに限られる。
レバー右だと下→上、レバー左だと上→下の順で投げる。
発生、モーション速度が遅く、キャンセルが早いと1本しか出ない。
そのため左入力での最速キャンセルは敵の頭上を切って空振りすることもままある。

どの入力でも2回目に投げるほうが一歩遠い所で停滞する。
横への誘導が強め。
BRからの追撃として使えるが、緩慢なモーションのせいでダウン確定までが遅いので注意。

【特殊射撃】データプレッシャー

[撃ち切りリロード:8秒/1発][属性:オーラ][スタン][ダウン値:1.0][補正率:-20%]
「GAデータは頭に入ってるんだ!」
リロード・発生は早いが範囲が狭く、スーパーアーマーを持たないプレッシャー。
進化先に応じて性能が変わる。
範囲はE1.9≧A1.8(誤差レベルに近い)>X1.5マス程度。
標準的なプレッシャーの範囲は2.9なので、かなり狭い。
Xfは空撃ちができないが、Ef・Afは空撃ちができる。

最大の特徴として、当てるとコンボ補正に関わらず、進化ゲージが固定で30増える。
ただし一度の使用で複数の対象に命中させても増加は30まで。
相対的にコンボの〆に使った時の見返りが大きいため、格闘からのキャンセルやダウン追い討ちで積極的に使えば進化ゲージをガンガン稼いでいける。

エクリプスは進化後に格闘が無いので、このプレッシャーによる格闘キャンセルの依存度は高め。
プレッシャーを当てて進化すれば追撃可能なので極限ゲージを稼ぐチャンスにもなる。

誤射でも進化ゲージが溜まるため、これでカットを行ったり、敵の攻撃が来ないタイミングで相方に当てる戦術もある。
その時はお互い打ち合わせの上で、照射や狙撃などで撃ち抜かれないタイミングを狙いたい。
命中さえすれば各種バリアで無効化されてもゲージは増加する。
味方がその類の武装を持っているのなら、安全にゲージを溜められるので狙いたいところ。

【特殊武装】極限進化

[特殊リロード:2秒/1カウント][属性:換装]
蓄積すると進化形態に自動換装する。
カウントは「時間経過」「攻撃を当てる」「攻撃を受ける」のいずれかで増加する。

増加効率は進化先によって決まり、Xfは与ダメージでの効率が悪く被ダメージでの効率に勝る。
逆にEf・Afは与ダメージでの効率が良く、被ダメージでの効率に劣る。
威力70の攻撃を当ててXは+14、E・Aは+18。
威力70の攻撃を受けてXは+28、E・Aは+21。
増加量は与えた・受けたダメージに比例するためコンボ補正等の影響を受け、E・Aでのメインズンダで+54とは行かない。
誤射でも変動した数値に応じてゲージが増える。

進化のタイミングはゲージが溜まり切ってから、自由に行動可能になったとき。
ゲージ90程度で特殊格闘を生当てした場合、
「プロペラ斬りでゲージが溜まりきって、換装時のエフェクトが出る→スケボーまでの攻撃動作終了直後に進化」と言う事になる。
技の途中でキャンセルすればその瞬間に進化する。
何れにしろ、攻撃可能な状態=進化可能な状態の為、大して気にする必要はない。

時間経過だけでは進化まで200秒もかかるため、素体でもある程度は戦闘する必要がある。
丁寧に戦い体力に余裕をもって進化するのが理想だが、逃げすぎて放置されても体力調整の面で戦線が崩れる。
僚機とのクロスやカット、プレッシャーや特格などを上手く活用しよう。

格闘

性能が控えめな素体だが、スタンダードな3段、突き、斬り抜け、ピョン格に巻き込みが強い回転斬りなど扱いやすいものが揃っている。
射撃武装に乏しい素体ではある程度振っていく必要があるだろう。
全形態に共通して抜刀なし。

【通常格闘】ビーム・サーベル

「この一発で目を覚ましてくれ!」
袈裟斬り→斬り上げ→2刀交差斬りの3段格闘。
1・2段目は初代ガンダムの、3段目はX2のN格と同モーション。
特に言う所は無い性能だが、火力は安定するためチャンスの際には狙いたい。
命中すればわずかに浮くため、平地なら前フワステBRやCSCで追撃可能。
どの段からでも特射に、Xは1・2段目、E・Aは2段目からのみ特格にキャンセル可能。
ただし出し切りからの特射Cは壁際でもないと当たらない。

通常格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 袈裟斬り 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗2段目 斬り上げ 121(65%) 70(-15%) 2.0 2.0 よろけ
 ┗3段目 X字斬り 170(53%) 75(-12%) 3.0 3.0 ダウン

【前格闘】突き→シールド突き

「終わらさせてもらう!」
多段ヒットする突きからシールドを突きこむ2段格闘。どちらも多段ヒット。
N同様に出しきりからフワステBRが入る。
どの段からでも特射キャンセルが可能だが、やはり出し切りからは壁際でしか当たらない。

前格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 突き 74(80%) 20(-5%)*4 1.72 0.43*4 よろけ
┗2段目 盾突き 131(65%) 25(-5%)*3 2.77 0.35*3 ダウン

【横格闘】横薙ぎ→回転斬り

「未知の恐怖を見せてやる!」
F91の前格に酷似した2段格闘。視点変更なし。
出し切りで斜め前に吹き飛ばすため追撃は前ステorフワステ、前BDC推奨。
どの段からでも特射キャンセルが可能だが、やはり出し切りからは壁際でしか当たらない。

横格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 横薙ぎ 60(80%) 60(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗2段目 回転斬り 84(71%) 10(-3%)*3 2.0 0.1*3 よろけ
斬り払い 120(65%) 50(-6%) 2.7 0.7 ダウン

【後格闘】ジャンプ斬り

「動力ユニットは避けてやる!」
クアンタの後格に酷似したピョン格1段。
ただし接地しても専用の着地ポーズを取るが接地判定には移行しないタイプ。

どの形態でも動きが非常に機敏かつブースト消費も少なめ、判定も降下中出っ放しでかち合わせやすく、意外なほど優秀。
惜しむらくは素体でしか使えないことか。
ブーストを7、8割がた垂直上昇に費やすほどの高さからでも着地できる。

後格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
1段目 ジャンプ斬り 70(-20%) 1.7 ダウン

【BD格闘】プロペラ斬り抜け

「そんな動きじゃ、俺にだって墜とせるぞ!」
サーベルを頭上で回転させながら繰り出す2段斬り抜け。
1段目・2段目共に真上に打ち上げるため追撃が容易。
最終段hitを聞いてから即左ステでN格闘一段目が透かせる。
技の特性上、壁際だと他の斬り抜けよりもこぼしやすいので注意が要る。
Ef・Afのほうが初段の威力が高い。

XfBD格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 斬り抜け 57(80%) 15(-5%)*4 1.72 0.43*4 ダウン
┗2段目 斬り抜け 117(62%) 13(-3%)*6 2.74 0.17*6 横回転ダウン

Ef・Af
BD格闘
動作 威力(補正率) Xf/Ef・Af ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 斬り抜け 74(80%) 20(-5%)*4 1.72 0.43*4 ダウン
┗2段目 斬り抜け 134(62%) 13(-3%)*6 2.74 0.17*6 横回転ダウン

【特殊格闘】ロードタクティクス

「信じられんほど隙だらけだ!!」
二刀流での連続横回転斬りで敵を打ち上げてから、相手を踏みつけ地面まで降下してから連続ダメージを与える2段格闘。
OH中は使用不可能。

回転斬り中は前後に攻撃判定が出っぱなしになるため、格闘でカットしようとした相手を巻き込むことも。
ただ判定自体は短いので範囲外から潰されることもある。

Xfは全体的に動作が機敏かつ、回転斬り部分のヒット数が少ない割に威力が高く、生当て時はこちらのほうがゲージが増える。
Ef・Afは低威力かつヒット数が多いため、補正が乗りやすくダメージが伸び悩む。
その代わり回転斬りから特射Cが可能で、ノーブーストで進化ゲージ溜めコンボを構築できる。

Xf特殊格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 回転斬り 105(80%) 11(-2%)*10 1.7 0.17*10 砂埃ダウン
┗2段目 踏みつけ 153(60%) 60(-20%) 2.2 0.5 掴み
擦り付け 180(60%) 5(-0%)*9 2.2 0 掴み
飛び退き 222(--%) 70(--%) 5.6↑ 5.6↑ ダウン

Ef・Af
特殊格闘
動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 回転斬り 90(60%) 5(-2%)*20 2.0 0.1*20 砂埃ダウン
┗2段目 踏みつけ 114(40%) 40(-20%) 2.5 0.5 掴み
擦り付け 132(40%) 5(-0%)*9 2.5 0 掴み
飛び退き 152(--%) 50(--%) 5.6↑ 5.6↑ ダウン

バーストアタック

EXA・フルバースト

「覚醒した人類の力を!!」
エクリプス・ゼノン・アイオスの極限進化を同時に発動させた形態『EXA・フェース』となり、照射ビームを放つ。
Xfは基礎威力が高いが補正は重く、Ef・Afではその逆。トータルでは僅差。
通常形態では太いビーム一本のみを放つシンプルな物。一応出始めにはスーパーアーマーあり。
ただブランチバトル設定で覚醒ゲージ増加率を200%にしていても半覚がたまる前に進化が発生するため、本作の仕様で実用の機会は無い。
フリーバトルやMBミッションで開幕EXゲージを上げれば見ること自体は可能。

Xf極限技 動作 威力(補正率) S/FE ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発 元値
1段目 照射 271/258(30%) 38.85/37(-7%)*10 5.0 0.5*10 0.55 ダウン

Ef・Af
極限技
動作 威力(補正率) S/FE ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発 元値
1段目 照射 273/261(50%) 34.65/33(-5%)*10 5.0 0.5*10 0.55 ダウン

コンボ

≫はブーストダッシュ、>はステップ、→はそのままキャンセル
キャンセル補正など、条件により威力が変動する物は()で併記
進化先で性能が変わる物はXf/Ef・Afで併記

威力 備考
射撃始動
メイン≫メイン≫メイン 147 標準的ズンダ。弾が苦しいが、Xfは頼らざるを得ないことが多い
メイン≫メイン≫特射 147 メイン≫後格>特射でも同値。威力は低いが特射をダウン追撃で使って安全にゲージ回収
メイン≫NNN 178
メイン≫横N>後 173 繋ぎは後ステ
メイン≫BD格N>後 168/179 繋ぎは後ステ
メイン≫特N 211/156 Xfの主力。E・Aは威力がかなり低いが、進化ゲージ増加効率は勝る
CS1発≫メイン≫メイン 127 CS3発よりは高威力だが、Xfでは非推奨
CS2発≫メイン 113 CS3発よりは高威力だが、Xfでは非推奨
サブ(1ヒット)≫NNN>メイン 203/209 2ヒット始動だとXfは194に低下、E・Aは210に増加
特射≫メイン≫メイン 91 特射を始動に使うと威力がガタ落ちする例
N格始動
NN>NNN 219
NN→特N 242/201 キャンセルで繋がり、Xfなら↑より高威力
前格始動
前>NNN>メイン 226
横格始動
横N>NNN 218
横N>横N 191 繋ぎは前ステ。不確実
横N>特N 238/186 E・Aは踏みつけで強制ダウン
後格始動
後>特射 70 プレッシャーの威力は0だが進化ゲージ増加促進の基本形
BD格始動
BD格N>NNN 209/226 基本コンボ。繋ぎは後ステ
BD格N>(N)N>前N 202/219 進化43/57 透かしコン Xでやる意味は薄い
BD格N>(N)N>特格N 225/216 進化48/57 透かしコン 微量だが打ち上げ強制ダウン。Xでやる意味は薄い
BD格N>特格N 227/195 進化48/50 Xで上二種をやるぐらいならこちらで
特格初段の当たり方でダメージは微細に変動する。E・Aは踏みつけ初段で強制ダウン
???
特格始動
特格>特格N 262/158 進化53/42 Xf時は威力とゲージ回収を両立する主力コンボになる

戦術

通称素体と言われる第一形態で、微妙な差はあれ基本的な性能は全種同じ。
2500コストとしては明らかに貧弱で、特に攻撃力は2000にも劣る。
よってこの形態は「素早く進化する」ことを第一に行動しよう。
ただゼノンは進化以降前に出る性質上ある程度被弾上等でもいいかもしれないが、エクリプスとアイオスは特にいかに耐久を残して極限進化するかどうかで流れが一気に変わる為、強引過ぎる攻めは避けたい。

立ち回りは大まかに2パターン。
疑似タイにならないよう射撃戦をして自然回収で進化していくパターンと、相方と一緒に前に出て多少の被弾を気にせず与ダメと披ダメで一気に回収するパターンがある。
この辺は自機と僚機の種類によって変わってくるため、しっかり見極めよう。

ゲージを貯める手段は自然増加、被弾、攻撃命中の三つ。
中でも特射は一気にゲージを30増加させるため是非当てたいところ。
単体で使用するには性能が悪いため、ブメで盾固めからの使用やコンボの〆、ダウン追い討ち等でお膳立てをしよう。

EXバースト考察

「聴こえるよ…セシアの心の歌が…!」
詳しくは各進化先のページを参照。
本形態が実戦で覚醒を使うことはないため割愛。

家庭用版のMBミッションなら、「EXゲージ初期量UP」の強化データを装備しておき、開幕覚醒で大暴れして一気に素体から進化形態まで持っていく……という使い道も選択肢に入る。
が、その場合も(覚醒中にそのまま極限進化まで持っていくことを念頭に)進化先に応じて選ぶのがよいと思われる。
開幕の強引攻めに失敗して大ダメージを受けてしまったり、攻めきれずに進化失敗してしまった場合は、即座にメニューボタンを押してリトライすればよし。

外部リンク

コメント欄

名前:
コメント:
最終更新:2020年12月04日 12:37