ブラストインパルスガンダム(ルナマリア搭乗)

正式名称:ZGMF-X56S/γ BLAST IMPULSE パイロット:ルナマリア・ホーク
コスト:2000 耐久力:580 変形:× 換装:◯
インパルス(ルナマリア搭乗) : フォースシルエット ソードシルエット ブラストシルエット
射撃 名称 弾数 威力 備考
メイン射撃 ケルベロス 2 65~130 ガナ―タイプの太ビーム
射撃CS ケルベロス【照射】 - 20~220 曲げられる照射
サブ射撃 超高初速レール砲 2 50~100 細い実弾
レバーN特殊射撃 シルエット換装 - - フォースインパルスに換装
レバー右特殊射撃 ソードインパルスに換装
レバー後特殊射撃 ケルベロス 2 130 メインと異なりキャンセル先は無し メインと弾数共有
格闘 4連装ミサイルランチャー 24 25~50 移動撃ち可
特殊格闘 4連装ミサイルランチャー【一斉射撃】 18~123 格闘より高性能
後格闘 ビームジャベリン【投擲】 - 40 投げ放題の投擲
格闘 名称 入力 威力 備考
レバー前特殊射撃 換装エクスカリバー突き 前特射 85 ソードインパルスに換装
バーストアタック 名称 入力 威力
F/ES
備考
デスティニーガンダム 呼出 3ボタン同時押し 227/206 デスティニーガンダムが特攻
追撃で爆発する


解説&攻略

インパルスが砲撃重視の「ブラストシルエット」を装備した形態。
格闘がまったくない完全な射撃機体。

弾速が速く、弾の判定が大きいメインが主力。
他には高威力で曲げられるCSや、ダウンを奪えるサブのレール砲、高誘導な特格がある。
後格に弾数無制限のジャベリン投げも搭載している。

迎撃にはメイン、サブ、前特射、後格があるためそこまで自衛が疎かにはなっていない。
また、シン機と比べるとBD性能やメイン・サブを撃った際の慣性の乗りが向上しており、この形態を維持した立ち回りがややしやすくなっている。

一つ一つの武装の性能は良好だが、とにかくリロードが遅いのがネック。
特にメイン射撃は1発9秒もかかるので、ある程度温存しつつ立ち回るのが良い。
その他の武装も同様で、弾数が多くない上にリロードが遅いので、けん制のつもりでばら撒き続けるとあっという間に弾切れを起こしてしまう。
リロード自体は他形態でもされるので、他の形態以上に換装を常に頭に入れた柔軟な運用を心がけたい。


射撃武器

【メイン射撃】ケルベロス

[常時リロード:9秒/1発][属性:ビーム/ダウン][ダウン値:6.0(3.0*2)][補正率:60%(-20%*2)]
左右2門同時発射の高エネルギー長射程ビーム砲。
サブC可。換装は左、N、右特射C可能。慣性がつく。地上撃ち可能。
発生がそこそこ早く、弾速速めで判定が大きいが誘導はやや微妙とガナーザクのメインに似た性質を持つ。
両側2ヒットで強制ダウンで、1ヒットのみの場合は吹き飛ばしのダウン。
同時ヒットで130(順次ヒットで111)と、前作までに比べるとかなりまともな火力が出せるようになっており、後特射の存在もあって今作ではシン機同様全形態で火力を支える重要な武装となっている。
また、シン機と比べ足回りが良い点に加え、慣性の乗りもよくなっているため迎撃のための武装としてより機能しやすくなっている。

当てやすく優秀な武器ではあるが弾が2発しかない上にリロードが長く、肝心な部分で弾が無いという事が起こりがち。
他の2形体からのコンボ〆としての出番もあるため弾数管理はしっかり行おう。
迎撃にメイン→サブ(→各種特射)も忘れずに。

【射撃CS】ケルベロス【照射】

[チャージ時間:3秒][属性:照射ビーム/ダウン][ダウン値:5.4([0.27*2]*10)][補正率:10%([-5%*2]*10)]
曲げられる2連装照射ビーム。地上撃ち可能。慣性がつく。
片方だけ当てた場合は155ダメージ。覚醒中でも2本同時ヒットならヒット数は変わらず強制ダウン。
チャージが長く、発生も遅く、銃口補正も弱い、と性能は高くないが、曲げ性能がいい為後方からの事故当たり狙いが主。
片方だけ当てた場合は強制ダウンを取れないため、曲げ撃ちの時はそれを前提に動きたい。

【サブ射撃】超高初速レール砲

[撃ち切りリロード:10秒/2発][属性:実弾][ダウン][ダウン値:2.0*2][補正率:-20%*2]
デリュージー超高初速レール砲。
地上撃ち可能。メインからキャンセル可能。細くなり、威力が下がった実弾属性のメインという感じの性能。
弾切れでなければ各特射にキャンセルできる。
シン機と比べると慣性の乗りが良く、単品での使い勝手が向上している。

超高初速という程の弾速ではないが、相手のよろけや中距離の着地には狙っていける。
撃ち切りリロードで、メイン程ではないがこちらもリロード時間が長く、特に下への誘導が弱い。
片側50ダメージ。メインと違い細くまとまって飛ぶため、ほとんどの場合同時ヒットになる。
メインと違い2本ヒットしても強制ダウンせず、空中の敵に当てた場合は追撃によるダメージ増加が期待できる。
メインの威力やリロードがシン搭乗機と比べてかなりおとなしい性能なので、この武装に頼ることも多くなるだろう。

【特殊射撃】シルエット換装

足を止めて各形態に換装する。
現在の形態に換装する場合はポーズを取るだけの空打ちになるが、ここからキャンセルを引き出すことも可能。
レバー前ではソードへの換装を行いながら攻撃を行うことが可能。

近距離迎撃に向いた武装がメインくらいしかなく、足を止めない射撃は頼りにくい格闘のみ。
自衛を考えるなら別の形態への早めの換装が望まれる。

  • レバーN:フォースシルエット換装
  • レバー右:ソードシルエット換装
  • レバー左:ブラストシルエット換装
  • レバー前:ソードシルエット換装&エクスカリバー突き。詳細はソードの当該項目を参照。
  • レバー後:ケルベロス。下記参照。

【後特殊射撃】ケルベロス

[メイン射撃と共有]
他形態からでも使用可能。
ブラスト形態に換装しつつ、後方に動きながらケルベロスを撃つ。
ブラスト形態のメインが無いと使用不可能。
メインと異なりキャンセルルートはなし。
他形態ではダメージ増加やダウン取りの手札として出番はあるが、ブラスト形態ではメインで事足りる。

【通常格闘】4連装ミサイルランチャー

[撃ち切りリロード:18秒/16発][属性:実弾][よろけ][ダウン値:0.7/1発][補正率:-5%/1発]
左右2発同時発射のミサイル。移動撃ち&地上撃ち可能。
誘導はするのだが、特格よりもかなり弱い模様。
さらに、いわゆる自機の向きに依存するタイプで、射角内であれば連ザのように相手に向き直らない。
加えて、射出が左右それぞれ斜め上になっているため迎撃に使うのは無理。
振り向き撃ち判定はあるため向きには細心の注意を払いたい。

ブラストインパルスの中で唯一足を止めない武装だが、お世辞にも性能が良いとは言えない。
これで撒くくらいなら特格で2発撒いた方が良い。基本的にS覚醒時の落下専用武装。

【特殊格闘】4連装ミサイルランチャー【一斉射撃】

[弾数:通常格闘と共用][属性:実弾][よろけ][ダウン値:0.7/1発][補正率:-5%/1発]
山なりにミサイルを左右合計8発一斉発射する。地上撃ち可能。
格闘よりも威力は低く1発18ダメージ。覚醒中でも8発ヒットで強制ダウン。
一斉射撃とコマンド名にはあるが、実際には2発1セットで合計4セットを時間差で発射する。
全て撃ち切るまで割と時間がかかるのでスキが大きくキャンセルが早いとすべて撃ち切れない。
斜め上に撃ち出すので近距離では当たらないが誘導は非常に優秀。
相手を動かしやすく牽制に向いている武装。
弾数が豊富なので気軽にばら撒く事ができ、途中でキャンセルをする事で弾数の調節もできる。
ただ、これも撃ち切ってしまうとリロードが長い。中途半端に弾を残さずになるべく撃ち切っておきたい。

ブラスト形態で居続ける意味は特格を使えるからと言っても過言ではない。
各特射C可能。

【後格闘】ビームジャベリン【投擲】

[弾数無限][属性:実弾][スタン][ダウン値:0.5][補正率:-10%]
ルナマリア搭乗時は使用していないビームジャベリン投擲。
本来格闘武装のはずだが「ジャベリン=投げ槍類の総称」なので間違ってはいない。
地上撃ち不可。今作では他の投げサーベル同様ステップ対応。
使い勝手はZの後格に似ているがこちらには慣性がつかない。
シン搭乗機と比べて武装の弱体化が激しい本機だが、この後格闘に関して言えば発生、ダメージ共に全く同じ性能をしている。
ヒット時にはスタンを誘発するが、ダウンは奪えない。
発生が遅いが多少誘導性がある。しかし、他のジャベリン系の例に漏れず弾速が遅い。
とはいえ、とにかく弾数不足に陥りやすい本機にとって無限に投げられることはそれだけで利点。
N、右、左特射C可能。

左特射からの後格闘Cが可能なため空中で左特射→後格闘→左特射→後格闘→…のループができる。

バーストアタック

デスティニーガンダム 呼出

詳細はフォースシルエットの項目を参照。

コンボ

≫はブーストダッシュ、>はステップ、→はそのままキャンセル
キャンセル補正など、条件により威力が変動する物は()で併記

威力 備考
射撃始動
メイン1hit≫サブ 145
サブ≫メイン 178 メイン1ヒットだと139
サブ≫サブ 160
サブ→前特射→S前 164 密着か壁際限定
特格6発≫メイン 191 カス当たり時狙いに
後≫メイン 158
覚醒中限定 F/E/S
覚醒技≫メイン 293/272/276

戦術

射撃特化形態……ではあるが、各武装の回転率が著しく悪く、砲撃機としては赤ロックが短めで機動力も底辺クラス。
その為、丁寧に射撃と着地を行わないと敵の射程内で蜂の巣になるので危険である。
後衛をする際、相手高コストにロックされた時は下手に反撃せず、早々にフォースに換装して距離を取るか、ソードで迎撃するなどして被弾を避けていきたい。

メインのケルベロスはリロード以外は誘導、弾速どちらも優秀なので、しっかり狙って当てていこう。
ケルベロスはフォースのBR節約やフォースからの安全な換装手段としてよく使われるため、出番が多い。
そのためこの形態ではあまり無駄撃ちしようとせず、他の武装を使うよう意識しよう。

メインの他にはそこそこ弾速が優秀なサブがある。弾が小さいのが欠点だが、メインの火力やリロードが心もとないので、ブラストで立ち回る際にはこちらもを積極的にまわしていきたい。
特殊格闘のミサイルは誘導が強く相手を動かすのに優秀な武装である。積極的に撒いていこう。
ただ、足が止まり隙も多いので撒くのに夢中になって被弾しては元も子もないので注意すること。
最大の敵は弾切れなので、サブや特格を撃ち切ったらさっさと換装し、フォース形態で射撃戦を行おう。

格闘機への迎撃はメイン→サブ→前特射or右特射→メイン(ルナマリア機の場合は主にこちら)等があるが、接近される前にソードに換装しておくにこしたことはない。
特に右特射→メインは、ソードメインの発生が遅くなった関係で、迎撃が間に合わずに潰されてしまう事も多々ある。

たまには虚を突いて、ジャベリンを投げるのも一興か。判定が大きめなので案外迎撃出来ることもある。
今作ではステップできるようになったため、今までよりは迎撃に頼れるようにはなっている。それでもソードへ換装した方がいいが。

コメント欄

名前:
コメント:
最終更新:2020年11月09日 22:24