クロスボーン・ガンダムX2改

正式名称:XM-X2ex CROSSBONE GUNDAM X-2 CUSTOM パイロット:ザビーネ・シャル(U.C.0133)
コスト:2000  耐久力:540  変形:×  換装:△(ABCマント)
射撃 名称 弾数 威力 備考
メイン射撃 ザンバスター 8 75 射撃機相応のBR
射撃CS ショットランサー【ランス射出】 - 70 強誘導
サブ射撃 ビームサーベル&ザンバー【投擲】 1 40~91 誘導を切りながら跳躍して2連投
特殊射撃 木星帝国製バスターランチャー 1 15~224 照射ビーム
特殊格闘 ABCマント脱衣/装着 100 - ビーム射撃のみを防ぐ
後格闘 シザーアンカー - 10 引き寄せるアンカー
前派生 斬り抜け - 73 受身不能で打ち上げる
特格派生 串刺し攻撃 - 139 ダメージパーツ
格闘 名称 入力 威力 備考
通常格闘 ビーム・ザンバー NNN 173 普通の3段格闘
派生 斬り抜け N前 121 受身不可ダウン
NN前 167
派生 6連突き&突き飛ばし NN後 222
串刺し攻撃 N→特格 178
NN→特格 210
前格闘 前蹴り→蹴り上げ→突き 前NN 171
串刺し攻撃 前→特格 178
前N→特格 210
横格闘 左薙ぎ→回転左薙ぎ→X字斬り 横NN 172
派生 斬り抜け 横前
横N前
116
162
N格と同様
派生 6連突き&突き飛ばし 横N後 217 N格と同様
串刺し攻撃 横→特格 173
横N→特格 205
BD格闘 ショットランサー突き→突き抜け BD中前N 124 よく伸びる
串刺し攻撃 BD中前→特格 183
バーストアタック 名称 入力 威力
S/FE
備考
バタラ 呼出 3ボタン同時押し 268/256 アシストが拘束した所に照射


解説&攻略

『機動戦士クロスボーン・ガンダム』より、クロスボーン・ガンダムX1の兄弟機にして、木星帝国の手が加えられたクロスボーン・ガンダムX2改。
パイロットは木星帝国に寝返ったザビーネ・シャルで、本作では正気を保っていた頃の台詞と狂気に染まった時の台詞が入り混じっている。
ザビーネによって木星帝国に持ち込まれた際、コアファイターを失ったX2に、木星の技術で喪失部分を可能な限り再現したのがX2改である。
同程度の機動力は復元されたものの背部スラスターは大型化し、脱出機能は失われてしまっている。
X2改の状態ではショットランサーとABCマントは未装備で、本作のみの仕様。ただしこの仕様で商品化されたこともある。

前作から引き続き2000コストでの参戦。BD回数はマント未装着、装着時共に6回。
スタン+誘導が強いCS、誘導を切れるサブ、照射ビームの特射と射撃が豊富で、援護力が高く素直で扱いやすいのが強み。
マントキャンセルは健在で振り向きメインやCSからの自由落下ができる。
今作ではシザーアンカーが追加され接近戦時の選択肢が増えた。

基本的には射撃戦を行うが、長めの赤ロックから射撃を撒いているだけではまとまった戦果になりにくい。
誘導も判定も強烈なCSを中心に、マントキャンセルによる降りテクや誘導切りのあるサブを駆使すれば、前に出る必要のある場面でもそれなりの主張が可能。
格闘の能力が強化されたとはいえ、まだまだ自ら戦況を動かす力には乏しい。
精神崩壊したザビーネの様にはならず、かつてのザビーネの様に冷静かつ計算高く戦うことで貴族主義の未来を切り開こう。

  • リザルトポーズ
ABCマント装着時勝利:マントを着たままバスターランチャーを上に向けて構える
ABCマント脱衣時勝利:浮遊しながらショットランサーを前に向けて構える
覚醒中勝利:浮遊しながら右のサーベルを振り下ろし、左のサーベルを振り払う。マントの有無が反映される
敗北時:左手、左膝、ショットランサーを地面につく。

射撃武器

【メイン射撃】ザンバスター

[常時リロード:3秒/1発][属性:ビーム][よろけ][ダウン値:2.0][補正率:-30%]
弾数・威力に優れるBR。
動き撃ちできる唯一の武装だが考えなしに撃ってはすぐ枯渇するので、CSやサブを混ぜて温存しながら戦おう。

【射撃CS】ショットランサー【ランス射出】

[チャージ時間:2秒][属性:実弾][弱スタン][ダウン値:1.0][補正率:-30%]
「目障りだな!」
足を止め、右手のショットランサーの先端を射出する。
当たり判定が見た目よりも大きく、さらに誘導も強いためBRでは取れないような場面でも当てる事ができる。
また慣性を引き継いでよく滑り、発生と攻撃判定に優れるので、迎撃武装としてはサブと並んで使っていける。
一方で判定の大きさは誤射の危険も高めており、混戦時に味方を巻き込まないように注意が必要。
常にチャージしていても良いくらい使用頻度が高い為、ゲージ管理が重要となる。

キャンセルルートに恵まれており、サブ、特射、特格でキャンセルできる。
メインと同じく特格C(マントキャンセル、以下MC)で落下可能で、立ち回りに必須のテクニック。
ダウン値も緩く、サブや特射による追撃はこの機体の重要なダメージソースとなる。
後格からキャンセルしてもダウンしなくなり、僚機のスタンに当ててしまっても二重スタンしないため、クロスも狙えるように。

耐久はバルカン1発程度で壊れるレベル。BRなどに消されることもよくあるので注意。

この手の刺さる武装全般(DXのサーベル投げなど)の仕様変更だが、今作では射撃ガード判定の付いたアシスト(スローネのサブ、特射やジ・O等の随伴系)を貫通しない様になった。
ただランサー自体の判定が大きいので、射角によっては本体も巻き込む様に当たることもしばしば。
ガード判定の無いアシストなら以前と同じく普通に貫通する。
謎の木星帝国メカニズム。

【サブ射撃】ビームサーベル&ビームザンバー【投擲】

[撃ち切りリロード:4秒/1発][属性:実弾][強よろけ+特殊ダウン][ダウン値:1.0*2][補正率:-15%*2]
「味な真似を!」
大きく飛び上がりながら時間差2連投。サブ入力から1投目の部分に誘導切りがある。
1投目は強よろけのサーベル投擲、2投目は特殊打ち上げダウンのザンバー投擲。
レバーNで後方、レバー横で入力方向に飛び退く。上下の射角は約70度ほどで割と優秀。

サーベルは誘導が無く、ザンバーはBR以下だがある程度誘導がある。
どちらも弾速はBR以下なので単体で撃つには向かず、BR・CSからの追撃、迎撃に使うのがメイン。
浮き上がる挙動だが誘導切りもあるので、積極的に射撃コンボに混ぜていきたい。
それにより動きに変化をつけられる他、リロードが良好なのでメインやブーストの節約にもなる。
とはいえここからのキャンセルがないので、外れた時のフォローも重要。

補正が緩いため、サブからのコンボはダメージが出る。ただ、弾速の問題によりあまり遠いとBRが繋がらない場合もある。
当たる事を見越してキャンセルをしたり、特射での追撃に切り替えたりなど、柔軟な使い分けを要求される。
射角によってはサブ1投目しか当たらないこともあるので注意。

格闘からキャンセルが可能。受身不可に加え、誘導切りがあるので反撃も受けにくい。
オバヒで格闘がヒットしたとき、カット耐性を優先する場面では有用となる。

投げたサーベルとザンバーは刺さりっぱなしになるが鈍足効果等のデバフは無し。
CSでも述べたが仕様変更で射撃ガードアシスト貫通性能はなくなった。
射撃ガードアシストを使っている敵に当たったからといって安心すると痛い目に合う。

アップデートで、Nサブの移動量と、横サブ2投目後の降下スピードが上昇した。
Nは判定押しつけ系の迎撃に、横は単純に横格を降ってくる相手に対しブースト不利を背負いにくい形で自衛出来るので有効となる。

【特殊射撃】木星帝国製バスターランチャー

[撃ち切りリロード][リロード:10秒/1発][属性:照射ビーム][ダウン][ダウン値:5.0(0.25*20)][補正率:40%(-3%*20)]
「消えて貰うぞ!」
足を止め、バスターランチャーを取り出してビームを照射。
木星帝国への投降直後に使用していた武装で、元のX2のものとはデザインが異なる。
レバー後入力で視点カット可能。慣性の引継ぎは無し。
キャンセル時181(12*20)ダメージ。
覚醒中ではヒット数は増えず非強制ダウン。

下の銃口はそれなりだが、上と横は強めで至近距離からなら90度近く曲がることもある。
良好な銃口の活かせる近距離では発生が遅い上全く滑らず潰されやすく、遠距離だと少し横に動かれるだけで外れる事が多く生当てを狙える機会は少なめ。
主に分断、メインやCSからの追撃、高飛び狩りの選択肢として使っていく。
耐久の低いX2が足を止めるのは危険なため、マント装着時に撃つなどリスク管理をしっかりしよう。

【特殊格闘】ABCマント脱衣/装着

[撃ち切りリロード:33秒/1発]
ABCマントを脱ぐ、あるいは着る。木星帝国に投降してからは使用していない装備。
マントを装備している状態ではやや機動力が低下し、代わりにビーム兵器を100ダメージ分まで無効化する。
マント破壊時に硬直や無敵判定は無い。コスオバした場合はゲージ0からスタートする。
脱ぐ場合はすぐマント判定が消失するが、装着する場合はやや対ビーム判定が出るのが遅く、着けたように見えても防ぎきれずBRを貰うことも。
換装系武装にしては珍しく足が止まらないが、動作中ブースト上昇は出来ない。

振り向きBR・CSなどを特格でキャンセルするとすぐ自由落下に移ることができ、上昇慣性消し落下にも対応。
これを使いこなすだけで被弾がグッと減るので、防御ではなく落下目的に使用する事が多くなる。
欠点はマントを失うと長い時間これらの行動が取れなくなり動きに制限がかかる事。

防御武装としては弱めな上に攻め手が弱めなX2では、マントを犠牲にしながら大ダメージを狙う事は厳しい。
不用意にマントが剥がされるのを避ける為、基本は脱いでおき臨機応変に着脱を繰り返す事になる。
バリア…というよりも落下テクに依存している部分が大きい為、状況によっては多少被弾してもマントを守ったほうが良い事もある。

アップデートでマント着用時の機動力低下が緩和されたが、依然脱いでいる時の方が足回りは良い。

【後格闘】シザーアンカー

「シザーアンカー!!」
右フロントスカートからシザーアンカーを発射し、当たった敵を引き寄せる。虹ステ可能。
命中からメイン、サブ、特射、前派生、特格派生にキャンセル可能。
敵機と高度差がある場合は特格派生がスカる時があるので、引き寄せてから派生した方が確実。
アンカー自体のダウン値は非常に低く、使用時は正面を向くのでコンボ〆に後格→メイン(落下)と繋げる事で被弾を抑えたコンボ選択も可能。
前派生が追加されたことによりとっさの打ち上げ手段ができ自衛の選択肢が増えた。
銃口補正は普通で、慣性もそこまで乗らないが、アンカーの射程としては全機体トップクラス。
使いこなせれば自衛にも攻めにも使える強武装になる。

後格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
1段目 アンカー 10(-10%) 0.05 引き寄せ

格闘

様々な武装を駆使する。抜刀なし。
クロスボーンらしく差し込みや追撃、F覚醒からの巻き返しを狙う際には十分狙っていける性能。
サブキャンや各種派生など、コンボの選択肢も豊富。
だがBD格闘以外の格闘の伸びは大体同じで、追いかける使い方には向かない。
X2の本業は後方支援なので、無理に振って被弾が増えないようにしたい。
アップデートで全体的に派生時のブースト消費が消失した。

【通常格闘】ビーム・ザンバー

逆袈裟→左斬り上げ→回転斬りの3段格闘。
ダメージ推移は並の一声だが、横格より純粋に高いためコンボパーツとしてはこちらが有力。
2段目から後派生、1・2段目から前派生、特格派生、サブキャンセルが可能。

通常格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 逆袈裟 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗2段目 斬り上げ 121(65%) 70(-15%) 2.0 0.3 よろけ
 ┗3段目 回転斬り 173(53%) 80(-12%) 3.0 1.0 ダウン

【通常格闘/横格闘/後格闘前派生】斬り抜け

N、NN、横、横N、後格から派生可能。単発の打ち上げ1段。
補正率がイマイチなのでコンボの中継に用いるよりはコンボ〆に使用した方が妥当か。

【通常格闘/横格闘後派生】6連突き&突き飛ばし

「ヒャッハハハハハ!!」
N格2段目、横格2段目から後派生で両手のブランド・マーカーでオラオララッシュ。
前半はスタン属性。
カット耐性皆無だが最も高火力の派生。

格闘派生 動作 累計威力(累計補正率) 単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
N NN 横N 1段目 2段目
┣前派生 斬り抜け 121(60%) 167(45%) 116(60%) 162(45%) 73(70%) 70(-20%) 2.7 3.0 1.05 1.0 横回転ダウン
┗後派生 連続突き - 161(51%) - 156(51%) - 9(-2%)*7 - 2.0 - 0 スタン
突き飛ばし - 222(36%) - 217(36%) - 26(-3%)*5 - 3.0 - 0.2*5 ダウン

【格闘特格派生】串刺し攻撃

「フハハ!ヒャハハハ!さようならぁ!」
N格・前格・横格1~2段目、BD格1段目、後格から派生可能。
楽しく笑い声をあげながら、サーベルを突き刺して持ち上げ→サーベル引き抜き→蹴りの順に攻撃。
原作でキンケドゥのX1に止めを刺したシーンの再現。通称“さようならキンケドゥキック”、略して“さよキン”。

動作は長いが、2段目で持ち上げる際上に動くのでカット耐性はそこそこ。
ただ、サーベル引き抜きから蹴りの間に少しタメが入るのでそこだけ注意。
最終段で自機が敵機を蹴った反動で若干後退するので、追撃は左右虹ステからの後格闘が安定(BR追撃ならどの方向への虹フワでも可)。

特格派生から後格闘への繋ぎが遅いとシザーアンカーがスカるので、早めの入力を心がけていきたい。
前作同様、後格闘以外の格闘追撃も最速虹(前虹が比較的安定、後虹からはBD格闘のみ追撃可)から入るが、タイミングは若干シビア。
最終段のダウン値も上がっているので狙ってもダメージが伸びづらい。
とはいえ出し切りダメージは十分。X2に欠けている火力を大きく補えるので、隙があれば特格派生に繋げてダメをとっていきたい。
火力は上がるが蹴るまで時間がかかるためレーダーなどを見て派生するかどうか決めること。
お釣りがくる程の保証があるなら、あえてABCマントを犠牲にしてでも出し切るという選択肢もある。

通常格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
N1段目 逆袈裟 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗特格派生 突き刺し 109(65%) 55(-15%) 1.7 0 掴み
引き抜き 113(65%) 5(-0%) 1.7 0 スタン
蹴り 178(53%) 100(-12%) 3.4 2.7 砂埃ダウン

【前格闘】前蹴り→蹴り上げ→突き

ヒート・ダガーを展開した足裏で前蹴り→蹴り上げ→多段hitのランサー突きの3段格闘。
X2の格闘の中では判定が強めだが発生・伸び・突進速度はそこまでよくない。
判定が強いといっても所詮万能機の域は出ないので過信しすぎないように。
コンボパーツとしては優秀。カット耐性も割といい方か。
出し切りは斜め下に落とすが前ステ後格が入る。
1・2段目は特格派生、サブキャンセル可能。

前格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 前蹴り 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 ダウン
┗2段目 蹴り上げ 121(65%) 70(-15%) 2.0 0.3 ダウン
┗3段目 多段突き 171(45%) 8(-2%)*10 3.0 0.1*10 ダウン

【横格闘】左薙ぎ→回転左薙ぎ→X字斬り

左サーベルで左薙ぎ→右サーベルで回転左薙ぎ→二刀X字斬りの3段格闘。
突進速度、発生がそこそこ良い主力。
とはいえ正面からでは潰されやすく、伸びも前格と同程度。
CSをあらかじめ仕込んでおいたり、不意打ちの選択肢として使うようにしよう。
1・2段目は前派生、特格派生、サブキャンセル可能。

横格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 左薙ぎ 60(80%) 60(-20%) 1.7 1.7 回転よろけ
┗2段目 回転斬り 116(65%) 70(-15%) 2.0 0.3 回転よろけ
 ┗3段目 X字斬り 172(53%) 85(-12%) 3.0 1.0 ダウン

【BD格闘】ショットランサー突き→突き抜け

完全新規。多段ヒットする突きから突き抜けを繰り出す2段格闘。
伸びがX2の中で最も良く、判定や発生も相変わらず良好。メインやCS・サブからの追撃、奇襲手段として有用な新たな主力格闘。
出し切ると受け身不可打ち上げダウンのため追撃も容易。
格闘が必要な時はこれを振りに行くと良い。ただ外れると隙が大きいため、CS等フォローを心がけるように。

アップデートで発生と伸びが向上し、より強力になった。
初段からサブ、特格派生にキャンセル可能。

BD格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 突き 66(82%) 23(-6%)*3 1.8 0.6*3 のけぞりよろけ
┗2段目 突き抜け 124(67%) 70(-15%) 2.8 1.0 横回転ダウン

バーストアタック

バタラ 呼出

「死んでなきゃあああああああああああああああ!!」
ショットランサーを投げつけ、時間差で出現したバタラ3機が敵に組み付き、バスターランチャーでまとめて撃ち抜く射撃技。
バタラはビーム命中の可否を問わず組み付き成立から一定時間後に自爆して単発の爆風を発生させる。

初段の発生・誘導はそこそこ良く生当ても狙っていける性能。射程限界はあるが赤ロックよりは長い。
初段は慣性が乗りやすく、ステップやBD中ならかなりの量を滑る。
かつ、ショットランサーを投げつけた後は大きく飛び上がり照射の時間もそこまで長くないのでカット耐性もそこそこ。
初段は上書きスタンに対応しており、CSからでもフルヒットする。

2段目のバタラもなかなか優秀。掴み・爆発共に射撃属性。
投擲が命中しなくても出現し、誘導もランサーと別にかかり直すので、ランサーが外れてもバタラがヒットしてそこからバスターランチャーが当たることもある。
初段にはSAがあるが、出始めの一瞬にしかないため、ランサーが外れる→バタラ出現前に潰されるなんて事も一応ある。自衛で使うにも過信は禁物。
バタラ自体にもしっかりダメージがあるため、格闘を狙って来た相手に撃つと相打ちで当たり、そこから格闘で追撃できることも。

ランサー投擲とバタラの掴みにはダウン値が無い。
照射のダメージ効率がイマイチな事もあり、バタラ爆発までがダメージ取りの主体と考えるのが吉。
かなり稀なことだが狙った敵と格闘でカットしに来た敵相方両方にバタラが取りつき、そのままバスターランチャーに引っかかることもある。
照射のみに巻き込んだ場合はよろけ止まりだが、その後にバタラ爆発が入れば非強制とはいえ打ち上げダウンを取れる。

バタラの捕縛タイミング、爆破タイミング次第でダメージがブレやすい。
下記表はプラクティスの初期配置距離で使った時のサンプル値。バタラは照射の途中で爆発する。
密着で撃つと最初の爆発が照射前に発生し実測で300/285まで入る。
反面照射の持続が短いため、マント相手に使うとよろけで止まったり、バタラの爆発で軸がずれて照射が当たらなくなる事がある。

極限技 動作 威力(補正率) S/FE ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発 元値
1段目 投擲 84/80(80%) 84/80(-20%) 0 0 0 スタン
2段目 組み付き 146/139(71%) 26.25/25(-3%)*3 掴み
3段目 爆発 268/256(10%) 52.5/50(-10%)*3 5.0 0.08*3 0.08 ダウン
4段目 照射 17.85/17(-5%*17) 0.28*17 0.31 よろけ

コンボ

≫はブーストダッシュ、>はステップ、→はそのままキャンセル
キャンセル補正など、条件により威力が変動する物は()で併記
覚醒技は繋ぎ方によってダメージが大きくブレるため強制ダウンを取れた場合の参考値を記載

威力 備考
射撃始動
メイン≫メイン≫メイン 158 基本
メイン→サブ≫メイン 166 距離によってサブからの繋ぎのタイミングが変わる
メイン→サブ≫後→メイン 163 直接メイン追撃するよりもダメージは落ちるが落下ルート
メイン→サブ≫後→特 173 余裕があれば
メイン≫(→)特射 177(158) キャンセルだとダメ低下
メイン≫NNN 184 前派生で181+打ち上げ、後派生で200、特派生で197
メイン≫BD格N>メイン 186 メインからダメージを伸ばしたい時に
メイン≫BD格N>後→メイン 183 威力低下と引き換えに落下〆
メイン≫BD格N>後→前 181 打ち上げ
メイン≫BD格N>後→特 190 そこそこの威力と拘束
CS≫メイン≫メイン 153
CS≫メイン→サブ 154 CS始動主力1。打ち上げダウン
CS→サブ≫メイン 161 CS始動主力2。赤ロック内なら遠くてもサブがつながる
CS→サブ≫後→特 168 CS→サブからそこそこの威力
CS≫(→)特射 192(169) キャンセルだと威力低下
CS≫NN前>メイン 188 打ち上げダウン。横ステ安定
CS≫BD格N>サブ 182 打ち上げ
CS≫BD格N>後→前>後→前 184 拘束。〆が特派生で194
サブ≫メイン 144 安定追撃だが非強制ダウン
サブ≫特射 193 距離次第で繋ぎのタイミングが変わる。ブースト消費大
サブ≫後→特(2hit)>NN前 189 敵機を高く打ち上げたい時に。〆が特派生で199
サブ≫後→特>メイン 204 サブ始動高威力
後→前→CS→サブ≫メイン 161 サブまでで153受身不可
後→特>後→特 216 2連さよキン
後→特>NNN 234 〆が前派生で231打ち上げ、特派生で241
後>(→)特射 204(167) キャンセルだとダメ低下
N格始動
NN>NNN 220 〆が前派生で217打ち上げ、後派生で232、特派生で229
NN前>N前 215 高く打ち上げるが、ダメージは伸びない
NN特>メイン 239 ダメージ効率が良い
NN特>後→特 244 高火力コンボ
NN後7Hit>NN特 237 後派生がスタンなので途中離脱しやすい
前格始動
前N>NNN 220 前N始動はNN始動と同威力。〆が前派生で217、後派生で232、特派生で229
前N特>後→特 244 高火力コンボ
横格始動
横N>NNN 215 基本。〆が前派生で212、後派生で227、特派生で224
横N特>後→特 239 高火力コンボ
BD格始動
BD格N>CS→サブ 200 打ち上げコンボ
BD格N>{後→前}*3 202 拘束コン。ほぼOH確定なので1回目の後格から別の択での追撃推奨
〆が特派生で212
BD格N>後→特 208 手早く終わらせる
BD格N>NNN 227 繋ぎは後ステ。〆が前派生で224、特派生で237
BD格特>後→特 246 高火力コンボ。派生2回入れるためコンボ時間長め
覚醒中限定 F/E/S
メイン≫メイン→サブ 159/159/168 覚醒中はサブ2発目が入る
CS≫メイン≫メイン≫メイン 161/161/170
CS≫メイン→サブ≫メイン 162/162/171 〆が後→特で175/172/181
CS≫覚醒技 230/217/231
N特>覚醒技 286/259/262 記載は横ステ繋ぎでの実測値。2段目から繋ぐと威力が落ちる
最速前ステだと照射が空振りして非強制ダウンだが威力が上がる。実測で288/264/275
BD格N>覚醒技 266/249/255 後ステ安定
F覚醒中限定
NN特>NN特 293 〆が特派生2hit>覚醒技で303
横N特>NN特 287 〆が特派生2hit>覚醒技で297
BD格特>NN特 293 〆が特派生2hit>覚醒技で303

戦術

BRと誘導の強いCSを主軸に、後衛として堅実にダメージを積み重ねていく機体。
長い赤ロックとABCマントによる落下、変則的な動きのサブにより射撃戦でのダメージは受けにくい。
一方で弾の性質が素直で読みやすいため、ただ垂れ流すだけではなくBD格などを使いしっかりと存在感を示す必要がある。

CSは誘導が強く闇討ち性能も高いため、X2改の要となる武装。
常にチャージをし、セカインなどと絡めて積極的に撃ち込んでいきたい。
また相手の陣形や動きを乱すため、特射の置き撃ちなども狙いたいところ。
その上でBRを丁寧に差し込み、追撃のサブで拘束時間を延ばしてペースを握るのが理想。

また本作における修正+アップデートによる各所の改善により、ある程度前進し気を引くという立ち回りが出来るようになった。
射撃戦がメインではあるが出るべきところではしっかりと前に出て、引くべきところではしっかり引く。
格闘戦を仕掛けろというのではなく、緩急をつける事が重要。

マントとMC落下により、射撃戦でのダメージは抑えやすいものの過信は禁物。
耐久力が低い事もあり、3000の強射撃持ち機体を捌き切れない場面も当然出てくる。
その際は迎撃しきる事だけに固執せず、ダメージを最小限に抑える事を大前提に立ち回ろう。
チーム全体のダメージコントロールも後衛の重要な役割。

MCはX2の立ち回りを支える重要なテクニック。アメキャン並とは言わないまでも、振り向き撃ちやCSから隙の少ない落下が可能になる。
高度を取った振り向き撃ちやCSをBDCしてしまうとブースト消費と着地管理上危険なことが多い。
そこでステップCS→MCやMC落下→最低空BDとすることで、ある程度読まれても着地を取られにくい動きになる。
更にサブによる誘導切りと滞空時間延長も組み合わせることでタイミングを調節していくことができる。
低空でのMCは何もしないとそのまま射撃が刺さってしまうことも多いので、直前にステップを入れるのが基本。
最低空ではBDCでも隙は少ないため、MCにこだわらずBDCから攻め続けることも重要。
状況に応じてあらゆるパターンから最適な動きを選択することで、より安全に行動できるだけでなく弾幕の密度も上げられる。

マントは防御武装ではあるものの、同時にCS→特格により機動力を補助するものでもある。
マントによりその場の安全を確保するか、多少のリスクと引き換えに特格というコマンドを温存するべきかよく考えて行動しよう。

格闘に関しては、今作から変更されたBD格やアンカー特格派生でダメージを大きく伸ばせるようになり、
ようやく近接戦用に強く調整されているクロスボーンガンダムらしさを示せるようになっている。
2000としても自衛力は高い部類へと成長したが、標準耐久力が580に対し540と、低耐久なのは相変わらずなので注意。

EXバースト考察

「お前は死んだんだぞ?ダメじゃないか!死んだ奴が出てきちゃあ!」

  • Fバースト
格闘攻撃補正+10% 防御補正-15%
射撃寄りの機体としては優秀な格闘が多くABCマントの存在によりX2の苦手なごり押ししたい場面で届くようになることもあるため、択としては問題ないがやはり安定しづらい。
格闘発生前までに特格入力で慣性を残しながら降りることができるため、伸びの良いBD格→MC→メインサブ格闘といったトリッキーな動きも可能。
また、各種射撃からアンカーがキャンセルできるためワンテンポおいた虹ふわリロキャンもどきも可能になった。

  • Eバースト
防御補正-35%
後落ちや抜け逃げしたい低コスト安定のバースト。
ただし覚醒時間が短くなりやすく、素の状態で押し付けられる武装が少ないため相方との連携や自身の腕が試される。

  • Sバースト
射撃攻撃補正+5% 防御補正-15%
現状おすすめのバースト。
あらゆる距離で基点や存在をアピールできるCSのチャージが一瞬で溜まるようになり、威力や弾数に優れるメインを押し付けて行ける。
またサブを挟むことによりブーストがない状態でも誘導を切りつつメインを押し付けるなどトリッキーな動きも可能になる。
1回のダウンを奪う際のダメージは170前後でこれをバースト毎に1~3セット奪えれば勝利は近いだろう。
しかしメインの弾道性能は平凡で中距離の硬直を確実に貫ける武装もないため、高機動で突き放す相手を捉えにくい。
足回りの強化も低いため、いかに得意距離の撃ち合いに持ち込めるかが課題。

僚機考察

やはり後方支援が多く低耐久で事故に弱いということもあり前衛で暴れてくれる機体が高相性。
しかし格闘機が相方の場合はCSやサブによる誤射に注意。

3000

鉄板。
30がロックを引いてる間にこちらはCSやゲロビをねじ込んでいこう。
X2のコスオバ時の耐久だけがネック。

  • νガンダム
3000の中では理想解。
同じラインで戦えてFFバリアでの格闘のおかげで誤射リスクが極めて低い。
またサブのファンネルのおかげでX2のCSの追撃手段にも優れる。
他の3000よりも一気にダメージを取る手段はないので荒らされる展開には注意。

  • V2ガンダム
時限換装機体。
同じラインで戦えるため誤射リスクも低く、X2のCSが当たった相手にABのメインやサブが当たれば非常に美味しい。
ただABリロード時の凌ぎがキツすぎるので、互いに自衛に余程の自信がないなら避けた方が無難。

  • ゴッドガンダム
非推奨。3000格闘機の中では最も誤射リスクが高い。
ゴッドの格闘コンボ時間が長すぎるうえダメージ効率が悪く、X2がもう片方を抑えて疑似タイを維持するのが難しい。
ゴッド視点でもタイマンをさせてくれる相方が欲しいので、お互い他に良い相方が居るといったところ。
こちらもある程度タゲを引けるのであれば、少なくとも疑似タイ重視のゴッドが居るためダブロを受ける心配は少ない。

  • マスターガンダム
ゴッドよりは安定を取った選択肢だが、本作のマスターは相手に追いつけないこともあるので厳しい。
コンボ時間が短いわりに火力の高い選択肢が多く、誤射リスクは3000格闘機の中ではマシ。
と言っても誤射など絶対やってはいけない。CSを上手く当ててマスターの格闘の布石に出来ると美味しい。

  • ガンダムエピオン
前線での圧が高く必然的にロックを集めてくれる。エピオンの前線での強さは上記二機の比ではない。
ただゴッドと同様に誤射リスクが高く、エピオンのガンガン前に行く志向はX2側が追いつけないことも。
最初のうちはエピオン側に安くともカット耐性重視のコンボを選んでもらい、X2はカットを狙う敵相方をしつこく狙い撃って無視出来ないようにしていきたい。

  • バンシィ・ノルン
V2と同じく誤射リスクが低い相方。
X2はノルンとべったりくっつきたい所だが、今作のノルンは迎撃力に不安があるため、共倒れの危険性もある。
一気にダメージが取れない以上、欲張ったりはせず相手に崩されないことを第一に立ち回ろう。

  • ガンダム・バエル
脅威の機動力とカット耐性コンボにより、他の格闘機に比べて誤射の可能性が低い。
前衛としての存在感も十分で非常に頼もしい。
一方その高すぎる機動性と、MCで丁寧に立ち回るX2との間でのミスマッチが気掛かり。
バエルの状況によってはリスクを負って前BDも考えなければならない。

2500

次点。だが前に出れる機体でないとダメージレース的にもやや厳しい。

  • クロスボーン・ガンダムX1改
ライバルコンビ。
今作のX1は前衛として十分な力を取り戻しているので、互いの領分を素直にこなせばいい。
実弾機やSA持ちがいたら気持ち前進して負担を和らげよう。
環境的に逆風な2520コンビの中ではマシな方。

2000

事故コスト帯。X2では前衛を支えきれず、相方の2000もX2を守りきれない。
体力調整さえしっかりすれば鬱陶しい活躍は出来るが、結局相手に高コストが居れば押しつぶされるのが関の山。

1500

コスト的には覚醒が多く使えるが15放置からのX2二落ちが怖い。
覚醒は逃げではなく攻めに活かしていつも以上にガンガン攻めよう。

外部リンク

コメント欄

  • 覚醒技をゼロ距離でブッパしたら300いった -- 名無しさん (2020-08-10 07:44:52)
名前:
コメント:
最終更新:2020年11月09日 20:02