パーフェクトストライクガンダム

正式名称:GAT-X105+AQM/E-YM-1 PERFECT STRIKE パイロット:ムウ・ラ・フラガ(C.E.71)
コスト:2500  耐久力:620  変形:×  換装:×
射撃 名称 弾数 威力 備考
メイン射撃 ビームライフル 8 75 コスト相応のBR
射撃CS アグニ【照射】 - 23~222 曲げられるゲロビ
サブ射撃 ビームブーメラン 1 12~55 小さめのブーメラン
特殊射撃 アグニ 2 130 単発ダウンビーム
特殊格闘 対艦バルカン砲&ガンランチャー 2 5~157 多数の実弾とミサイルを同時発射
後格闘 ロケットアンカー - 10 敵を引き寄せるアンカー
格闘 名称 入力 威力 備考
通常格闘 対艦刀 NNNN 206 発生判定が優秀な主力
前派生 回転左薙ぎ NN前 179 横に吹き飛ばす
前格闘 突き→左薙ぎ→回転左斬り上げ 前NN 164 高威力効率
横格闘 左薙ぎ→叩きつけ 横N 142 出し切りバウンド
BD格闘 回転唐竹割り BD中前 90 敵を地面に叩きつける
バーストアタック 名称 入力 威力
F/E/S
備考
ストライカーパック同時攻撃 3ボタン同時押し 310/293/302 連続攻撃からアグニ


解説&攻略

『機動戦士ガンダムSEED HDリマスター版』より、「エンデュミオンの鷹」ムウ・ラ・フラガが駆るパーフェクトストライクガンダム。
ストライクガンダムが既存のストライカーパック三種を統合した新装備「マルチプルアサルトストライカーパック」を装着した状態。

2000コストのストライクガンダムのI.W.S.P.以外の各種パックの要素を詰め合わせた所謂「全部乗せ」的な機体。
BR、ゲロビ、単発ダウンビーム、非常に発生の早い格闘、ブメ、実弾斉射など一つ一つの質はしっかりしている。
特に格闘は基礎ダメージ高めで完走にも有用なアンカー引き寄せを持ち、そしてとりあえずコンボ〆に万能なアグニを持つ事からリターンを得やすい。

欠点は過積載の設定からかBD速度が遅めである事とBR以外全てで足が止まる事、であるにもかかわらず降りテクや特殊移動が一切なく機動力が心許ない点。
つまりこの機体は「攻撃」自体はそれなりだが試合中のムーブ化には苦労し、「行動」としては質が平凡である。
キャンセルルートや特殊なムーブを活かす機体が跋扈する、本ゲームの奥深さに逆行したコンセプトが大きなネックとなっている。

また射撃に関しては万能機として平均以上に強いというだけで、中距離以遠で完全な優位を取れるというわけでもない。
付かず離れずでしっかり立ち回られると足が止まる武装ばかりであることから着地の取り合いに苦労しやすい。
格闘とアグニが強い以上、迎撃でダメージを稼ぐのが勝ちパターンになる事もあり、高機動万能機よりはガナー系に近い感覚で使った方が戦果が出るだろう。

覚醒時のSEは原作通りクルーゼやレイと同じNT音。
また、耐久が減るとマルチプルアサルトストライカーパック下部のエネルギーパックが排出されていく非常に細かい設定再現演出がある。

  • リザルトポーズ
通常時勝利:シュゲルトゲベール構え。リマスター版アイキャッチの再現だが、地面に立っておらず若干飛んでいる。
覚醒中勝利:BRとアグニを構える。HGパケ絵再現だが元はライフルを持っていない。
敗北時:フェイズシフトダウン状態でシュベルトゲベールを地面に突き刺しつつ、左膝をゆっくり付ける。

射撃武器

【メイン射撃】ビームライフル

[常時リロード:3秒/1発][属性:ビーム][よろけ][ダウン値:2.0][補正率:-30%]
2500コスト相応のBR。ストライクシリーズ共通の57mm高エネルギービームライフル。
射撃武装が豊富なため射撃が絶えるということはないが、唯一の足が止まらない射撃で射撃戦の基軸なので大事に使おう。
また本機は各武装ごとに有効に使える距離が微妙に異なり、ビームライフルもその一部。常に2,3発はキープしよう。
サブ、特射、特格にキャンセル可能。

【射撃CS】アグニ【照射】

[チャージ時間:3秒][属性:照射ビーム][ダウン][ダウン値:0.25*20][補正率:-6*20%]
足を止めて320mm超高インパルス砲 アグニからビームを照射。
ランチャーストライクに似た性能で発生がCSゲロビ中トップクラスに早い。銃口補正は甘め。レバー入力で曲げ撃ち可。
直前の慣性はほぼ消えるが動かないわけではない。

赤ロックより少し長いところのビームが一番良く曲がるので中距離から遠距離が事故らせやすい。
遠距離で無視されないために重要な武装だが拘りすぎてはいけない。
うまく織り混ぜていくのが腕の見せどころ。

普通のゲロビのように格闘を読んで出す使い方も、寄られやすい本機にとっては選択肢ではあるがリスクが高い。

【サブ射撃】ビームブーメラン

[戻りリロード:1秒/1発][属性:ブーメラン][よろけ][ダウン値:0.3/1hit][補正率:-6%/1hit]
足を止めて小さめのビームブーメラン マイダスメッサーを投擲。
空撃ち動作無し。キャンセル補正はかからない。
ブメを投げるまで直前の慣性をやや引き継ぐ。アプデにより射程が伸び、予め置いておく保険的な使い方が出来るようになった。
発生、弾速、射程距離、銃口補正はそれなりに良いが、ブーメランの判定は小さめ。
引っ掛け1hitからは大体のコンボをそのまま行える。

基本的に自衛や押しつけ目的で使われるブーメラン武装だが、この武装を他機体の感覚で使うと危険。
そもそも大体の機体に対して機動力で勝てない本機が押し付けに行ける場面も少ない。
特格、特射へキャンセルできる。

【特殊射撃】アグニ

[常時リロード:7秒/1発][属性:ビーム][ダウン][ダウン値:5.0][補正率:-40%]
「射撃はゼロでもやってたんでね!」
足を止めて単発ダウン属性のビームを発射。発射時の反動でやや後退する。
キャンセル時は威力110に低下。
弾を発射するまで直前の慣性をほんの少し引き継ぐ。
弾速は速く、それでいて誘導もちゃんとある。銃口補正も良く、さらには発生もこの手の単発ダウンの中でもかなり早い。
リロードも普通といったところで、本機における最重要武装。

CSでないためとっさに出せないと思いきや、全ての射撃武装からのキャンセルルートを持ち、
格闘中も後格を挟めば、という条件付きではあるがノーブーストでも出せる。

特筆すべきは最高峰の単発ダウンビームということで、これさえ当てれば距離や高度などの位置的な不利、
覚醒や時限強化などの状況的な不利を一時的にでもリセットできる。ぜひとも使いこなしたい武装。
ただし、覚醒時は1発で強制ダウンしないので注意すること。

俯角がかなり大きく、70°くらいまで空中で体を傾けて命中させられる。
敵の頭上に移動した場合に奇襲として使えるため、弾数があるなら一考の余地あり。

【特殊格闘】対艦バルカン砲&ガンランチャー

[撃ち切りリロード:5秒/2発][属性:実弾]
[バルカン][3ヒットよろけ][ダウン値:0.3/1発]][補正率:-3%/1発]
[ミサイル][よろけ][ダウン値:1.5(弾頭1/爆風0.5)*2]][補正率:80%(弾頭-10%/爆風-10%)*2]

足を止めて右肩のコンボウェポンポッドから120mm対艦バルカン砲と350mmガンランチャーを発射する。
発射時の反動でやや後退する。空撃ち動作は無し。地上撃ち可。回転が良くそれなりに扱いやすくリターンもしっかりあるPストの影の主力。
バルカン1発5ダメージ。ミサイル弾頭45、爆風15ダメージ。
キャンセル補正はかからない。
今作からは特射へキャンセルできるようになった。
特格へキャンセル可能で連射できるが、長時間足を止めることになるので使いどころはしっかり考えよう。
連射しようとボタンを連打するとBDCが暴発するので注意。弾を発射し終えた頃に1回だけ特格コマンドを入力するようにするといい。

弾を撃っている間は直前の慣性を引き継ぐ。発射前に慣性が強く乗り、発射後に緩やかになる。BD直後に撃てば肩幅1機分と少々滑る。
2発5秒リロと回転率がよく、牽制、バラマキは勿論ダウン取りにも大きく貢献する。
生当てでもバルカンを含めてフルヒットなら強制ダウンまで持っていける。
誘導は一般的なミサイル然で、バルカンに至ってはほぼ期待できない。
バルカンの発生と銃口補正はそこそこなので近距離では使える場面もある。
弾速が遅いため、他機体のミサイルのような感覚で使っていくことになる。ステップをしない相手なら多少当たる。
また弾速のせいでメインからの追撃には不向き。最悪の場合盾が間に合う。

本命であるガンランチャーは入力後にすぐ2発撃つためBDCするならその辺り。これでも3割程度のブーストを使う、なるべく地上で撃とう。
相手が距離を詰めてくる時に撃っても大体不利になるだけというのは意識しよう

バルカン部分が当たらなくてもガンランチャー2hitからメイン1発で強制ダウン。
強よろけという訳では無いが当たる時は大体2発時間差で当たるので追撃は容易。
射撃チャージ中唯一の牽制にもなるので腐らせないようにしよう。

CPU戦では後ろに慣性を乗せながら起き攻めに使うと効果的。
狙って起こすのは難しいが、Ez8サブ等と同じくプレッシャーの相殺が可能な模様。

【後格闘】ロケットアンカー

「ちょこまか逃げなさんな!」
足を止め、左腕のシールドからパンツァーアイゼンを打ち出して当たった相手を引き寄せるアンカー。
直前の慣性を引き継ぐ。発射前に慣性が強く乗り、発射後に緩やかになる。BD直後に撃てば肩幅1機分ほど滑る。
ヒット時は他の全ての行動にキャンセル可能。メインキャンセルで自由落下。虹ステも可能。
キャンセル攻撃を入力するタイミングはアンカーで敵を引き寄せ終わった頃が丁度良い。
発生も悪くないが、キャンセルしないと大きな隙を晒すことになるので注意。
アンカーを射出中はブースト消費有りだが、回収中は消費はない。

格闘出し切り→後→特射はOHでも完走が狙えるお手軽基本コンボ。ぜひとも習得しよう。
格闘出し切りからのキャンセルタイミングはN・前は出し切り後即、横・BDはバウンドの頂点に合わせるようにするといい。

ヒットすれば虹ステを踏んでも対象を引っ張るが、素早く当てると二重スタンでダウンするため注意。

後格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
1段目 アンカー 10(-5%) 0.05 スタン→引き寄せ

格闘

15.78m対艦刀「シュベルトゲベール」を振り回す。抜刀あり。
全体的に伸びがあまりよろしくない反面判定・かち合いに優れる。
全体的に威力に対する補正が良く、単発高ダメージの特射もあるためコンボ火力はよく伸びる。
カット耐性は高くないのでフルコン狙いではなく特射〆で手早くコンボを終わらせる判断も重要。

シールドガードは抜刀状態によって動作が変化する。
納刀時は右肩のコンボウェポンポッドで、抜刀時は左腕のパンツァーアイゼンで防ぐ。

【通常格闘】対艦刀

右薙ぎ→左薙ぎ→回転斬り上げ→斬り抜けと繰り出す4段格闘。
初段の発生が非常に良く、代わりに突進速度は控えめ。初段のブースト消費が多くその割に伸びはよろしくない。
要するに追いに使えず自分から振ってはいけないが迎撃格闘としては一級品というもの。
判定は広め。その特性から虹合戦に強く、格闘戦の主力。
最終段で受身不可の打ち上げダウンを取れる。

最終段の切り抜けの誘導が弱い。
壁や段差で少しでも相手か自分の座標がズレたら外してしまう。
切り上げた所にマシンガンが2発当たったヒットストップだけでも危うい程。
3段目は特に受け身不可という訳でも無く、大変危険。BGがあるなら他に繋ぎ、無いなら後格Cや前派生など。
コンボの基本となる格闘だが、3段目から視点変更&3段目まではまともに動かないのでカット耐性はよろしくない。

出し切りから後ステでメイン、サブ、特射が繋がる。段差によってはたまに外れる。ディレイなどは体で覚えよう。
なおこの追撃、サブではダウンを取れない。
F覚醒中は高い追い能力を見せる。BRからキャンセルで高飛びの相手に軽々と食らい付く。
2段目から前派生が可能。

【通常格闘前派生】回転左薙ぎ

右90°へ受身不可の斬り飛ばし。視点変更なし。
N格のケアはもちろんだが、威力対補正効率が良好で、前格よりカット耐性重視の火力パーツとして出番がある。

通常格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 右薙ぎ 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗2段目 左薙ぎ 117(65%) 65(-15%) 1.85 0.15 よろけ
 ┣前派生 左薙ぎ 179(55%) 95(-10%) 2.85 1.0 回転ダウン
 ┗3段目 斬り上げ 163(53%) 70(-12%) 2.0 0.15 ダウン
  ┗4段目 斬り抜け 206(43%) 80(-10%) 3.0 1.0 特殊ダウン

【前格闘】突き→左薙ぎ&回転左斬り上げ

突きから左薙ぎ→斬り上げを繰り出して打ち上げる2入力3段格闘。全段多段ヒット。
判定が強くこの機体の格闘の中では伸びがなかなかいい。しかしカット耐性が低い。
出し切りからN格、BD格、特射が繋がる。
出し切りから前フワでメイン、前ステ(最速)で特射が繋がりやすい。

前格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 突き 71(79%) 25(-7%)*3 1.71 0.57*3 よろけ
┗2段目 左薙ぎ 112(71%) 26(-4%)*2 2.01 0.15*2 浮かしよろけ
斬り上げ 164(65%) 24(-2%)*3 2.73 0.24*3 ダウン

【横格闘】左薙ぎ→叩きつけ

横薙ぎで打ち上げ、縦振りで叩き落とす2段格闘。Sストの横格を2段にアレンジしたような動作。
初段性能は極めて悪い。発生が致命的に遅く、伸びも悪い。唯一判定のみやや広いがそもそも発生する前に潰される。
射撃をかいくぐっての横格闘としては及第点。横格闘の初段が打ち上げダウンという点は強い。
2段目がバウンドでここからのコンボ択が豊富。火力ならN格、距離を取りたいならアグニ、拘束したいならBD格、ブースト切れなら後格と選り取りみどり。
ロック変えからの状況確認もし易いのでそういう意味でも使いやすい格闘である。
しかし基本的にどの追撃をしても動かないので当てて放置の選択も重要。

横格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 左薙ぎ 70(80%) 70(-20%) 1.7 1.7 ダウン
┗2段目 叩き付け 142(65%) 90(-15%) 2.7 1.0 バウンド

【BD格闘】回転唐竹割り

アクロバティックな動作で前方に飛び込みつつ縦に振り下ろす1段格闘。
突進速度は25BD格平均、伸びは平均より劣る。
N格が純粋な強判定であるのに対して、こちらはそもそも自分の位置をずらしてかち合いに持ち込ませないのが特徴。

攻撃動作時に自分の位置が浮くので、急ぎすぎると赤ロックに入れず、特に自機より上にいる敵機に当てると追撃しそこねる場合があるので注意。
そこにさえ注意すれば、闇討ち・コンボの締め・近距離での追撃択など使える場面が多い優秀な格闘。
BG消費は重いので、優秀ではあるが頼りすぎないようにしたい。
命中からの各種追撃は始動高度によるが概ね安定。特射で〆れば手早くダメージと拘束を両立できる。

前格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
1段目 唐竹割り 90(-20%) 2.0 バウンド

バーストアタック

ストライカーパック同時攻撃

「生憎、不可能なんて無いんでね!」
袈裟斬り→斬り抜け→背面アンカーで引き寄せ→斬り上げながら対艦刀を捨てアグニで〆る格闘乱舞技。

初段はスーパーアーマー。
見た目こそスタイリッシュだが全体的に動作が緩慢かつ、アンカー引き寄せからは全く動かないためカット耐性はかなり悪い。
しかし最後まで決まれば高威力かつ斜め上に強く吹っ飛ばせるので疑似タイや敵相方が遠ければ択の1つとしてはあり。
最初こそ格闘の乱舞だが、アンカーとアグニは射撃扱いなのでマントやバリアに弾かれる点に注意。

極限技 動作 威力(補正率) F/E/S ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発(元値)
1段目 袈裟斬り 89/82/82(80%) 47/43/43(-10%)*2 0 0 砂埃ダウン
2段目 斬り抜け 175/162/162(66%) 57/52/52(-7%)*2 砂埃ダウン
3段目 アンカー 189/176/177(61%) 20/20/21(-5%) 引き寄せ
4段目 斬り上げ 245/228/229(46%) 92/85/85(-15%) 半回転ダウン
5段目 アグニ 310/293/302(--%) 140/140/158(--%) 9.0 (10.0) ダウン

コンボ

≫はブーストダッシュ、>はステップ、→はそのままキャンセル
キャンセル補正など、条件により威力が変動する物は()で併記

威力 備考
射撃始動
メイン≫メイン≫メイン 158
メイン≫メイン≫(→)特射 180(166)
メイン→サブ→特射 148 迎撃コンボ
メイン→サブ→特格→特格→特射 141~173 キャンセルでひたすら赤ロックを維持して撃ち続ける
メイン→特射 152
メイン→特格 150~158 強制ダウンまで
メイン≫NNNN 198
メイン≫横N>特射 215
メイン≫BD格>特射 201
サブ2hit≫BD格≫特射 193 近距離での迎撃択として
後→NNNN>(→後→)特射 252(244)
N格始動
NNNN>(→後→)メイン 239(240) 後→メインで落下しつつそこそこの威力
NNNN>(→後→)特射 262(243) 簡単で高威力な基本コンボ。最終段ヒット後即後ろステで安定。後格でノーブーストでも可能。
前格始動
前N>NNN>特射 282 繋ぎは前ステで
前N>NN前 266
前N≫BD格>特射 282
横格始動
横N>特射 227 手早くまとまったダメージ
横N>横N 229 バウンド
横N≫BD格>特射 260 横始動高火力
BD格始動
BD格>NNNN 240 最後が特射で256
BD格>NN前>特射 270
BD格>前N>特射 273
BD格>横N>特射 259
BD格≫BD格>特射 240
覚醒中限定 F/E/S
メイン≫NNNN>覚醒技 255/246/258
メイン≫横N>覚醒技 247/235/247
メイン≫BD格>覚醒技 245/234/245
特射≫特射 208/208/234 空対地はダウン追撃になる。S覚醒特射→特射で220
NNNN>覚醒技 305/286/289
横N>横N>特射 285/268/273 〆が覚醒技で308/288/291
BD格>NNNN>特射 288/270/274 〆が覚醒技で313/293/296
F覚醒中限定
NNNN>NNNN>覚醒技 332
NNNN>(NN)NN*3>覚醒技 353 すかしコン、最速左ステ
横N>NNNN>覚醒技 318
横N>横N>横N 279
BD格>NNNN≫BD格>覚醒技 329
BD格≫BD格≫BD格>覚醒技 312

戦術

射撃戦で被弾を避け、弾幕を張り、寄ってきた敵を格闘でいなしつつ覚醒で攻める、とわかりやすい万能機らしい戦い方が軸となる。
ゲロビやガンランチャーで一定以上の射撃戦が可能であり後ろから悪くなく働ける。

…のだが、本ゲームはお分かりの通り、よほどの射撃圧も降りテクも無しにこのような受け身基調の戦いで勝てるほど甘くない。
そもそも中距離で凄く強いというわけでもなくあくまで平均以上の戦いができるという程度なのでこれだけだと相手によってはむしろ術中に嵌まる。

本機は機動性が良くない。
ほとんどの行動で足が止まる(というかBR以外全部だが)のに対し、降りテクなどケア行動は一切ないからである。
フリーダムやレジェンドなど器用貧乏さはありながらも機動性は間違いなく良い同コスト同作万能機と比べると厳しいポイント。
2000ならこの「攻撃が強めな代わりに小回りが利かない」性能でも許されるが、2500としてはこの至らなさは重くのしかかってくる。

ゲームをある程度理解している相手は、寄ってから中空に浮かせた本機に対して「暴れの格闘とアグニを警戒すれば難なくブースト差で詰められる」と考える。
疑似タイマンでこの状態になると厳しいので、場合によってはむしろこちらから行くような両極端な押し引きをしていかないと勝てない。

欠点を挙げてきたが、格闘は本機が誇る強力な武器である。
異様な当て方ができる変な格闘はないものの、素直に発生・判定・コンボリターンに優れており、この点は同コスト万能機に明らかに勝っている。
アグニやブメなど他の裏択も豊富なので、基本的に迎撃もしくは明らかにブースト勝ちした近接戦なら強い。

シビアなブースト管理、行くところでは行かないとむしろじり貧になるという機体特性の理解が必要。
高機動万能機というよりは迎撃行動が強いタイプの機体。
先落ちにならざるを得ない事もある。
その時に無駄にこだわって後落ちしか考えず逃げ回ると、コスオバしてから狙われてダブルロックには足が止まるため何もできない最悪な状況になるので割り切りも必要。

EXバースト考察

「ここで決めないと、男が廃るってね!」

  • Fバースト
格闘攻撃補正+7% 防御補正-20%
格闘機顔負けの格闘性能を誇るPストでは十分にあり。攻める気の強い人や最後の追い込み重視ならばこちら。
足の遅さもカバーはできる。

  • Eバースト
防御補正-35%
3000と組むなら最安定。
アグニが強いためE覚抜け後に起きやすい近接戦も遅れは取りづらい。
ただ中コスト同士で組んでコレだと相方にダメージ取りを投げているに等しく、元から格闘迎撃は得意な事もあり、やや後ろ向き。

  • Sバースト
射撃攻撃補正+12% 防御補正-20%
メインの自由落下はもともと射撃戦での自由落下を持たないPストにとってはかなり嬉しい。
ただS覚醒中でもやや慣性は乗るが足の止まる射撃たちはきちんと止まるので安心はできない。
垂れ流す際はこまめにステップを挟もう。格闘は捨て気味で射撃を貫く気ならあり。もちろん適宜格闘は使おう。
Sバースト中の上空からの特射→メイン降りは強力なので強気に使っていきたい。

僚機考察

2500の万能機ならば相方次第で切り替え…と行きたいところだが、
落下技なしの鈍足のため前衛で注目を集めると回避専念の囮になりがちで、さらに相方が追われたときになかなか救援にいけない。
となれば後衛しかないので前衛寄りの機体がいい。
並んで射撃戦ができる機体も考えられるがだいたい機動力についていけず置いて行かれる。

また昨今の高コスト機が何らかの機動性を補強する術(落下キャンセル、特殊移動など)を持っているため、Pストが敵高コストを請け負うことになる低コスト機との組み合わせは厳しい。

コスト3000

一番組みたいコスト帯。
3000の存在感の陰でゆとりを持って動けるので機動性の低さを補うことが出来る。
鈍足故に覚醒を叩きつけられると一気に崩されるので体力は十分に残すこと。序盤は置きCSと赤ロックギリギリからの弾撒きに努めよう。

  • サザビー
3000屈指の機動性と回避力を誇る。
最前線でダブルロックを受けられるため、後方支援がしやすい。
一方その回避力によりかなり長生きする場合もあるため、体力調整は怠らないように。

コスト2500

両前衛が出来る機体が望ましい。
接近戦は不得手ではないので相方と一緒であれば強気に攻められる。
万能機、支援機はPストの鈍足さが誤魔化せないので避けたい。

コスト2000

コスト上前衛になるが、前述の通りダメ取りも護衛も覚束なくなる。
足回りの差で追い付けない相手が山ほどいるので、基本的には迎撃主体となる。
とは言え、相方が機能しないと全く勝負にならないので最低限のラインは維持しよう。

コスト1500

パッと見何とかなりそうだがやはり厳しい組み合わせ。
1500の爆発力に懸けてPストはそのサポートに徹しよう。
先落ちにはこだわらなくてもOK。

敵機考察

戦術でも触れた通り自分から戦況を動かす事は非常に難しい機体となっている
落下技や移動技を持つ機体と疑似タイマンをするとよくわかるが、展開に追いつけない場面が多すぎるのだ。
射撃で追われる状況が一番苦手なので高誘導や引掛け武装持ちは特に注意が必要。
苦手な武装や行動への対策を随時募集

対3000

このゲームの基本通り自分一人ではどうにもならない。逃げる事はまず出来ないので踏ん張って味方を待つしかないが、それすら厳しい相手も少なくない。

  • エピオン マスター等の格闘機
2対2の構図で見合っている分にはそれなりになんとかなる。問題は接近を許した時と覚醒絡み。
逃げ切る事は勿論各種鞭を避けきるのはまず不可能なので早め早めにブーメランを投げ保険を効かせ味方と離れないよう努めるしか無い。

  • ファンネル機
特に厄介なのはクスィーとペーネロペーの二機。鈍足+落下技が無いのでメイン連動ミサイルに対する明確な対抗手段が無い。
引っかかりやすい上に一度当たれば吹っ飛ばされて戦場復帰までかなりの時間を食ってしまう。自分以上に相方への負担も大きい。
中距離での特格牽制はリスクばかり増えてリターンの薄い弱行動になる。未強化時にどれだけ食いつけるかがカギ。

  • ダブルオーガンダム、V2ガンダム
機動力に難を抱える本機にとっては、ある意味最も対面したくない相手。
強化時には射撃性能とブースト回数でダメージを取られ、非強化時でも追いの弱いpストでは追いきれない。
V2は強化時間の短さから寝っぱで(まだ)対応できなくもないが、ダブルオーは比較的長いライザー+覚醒でのトランザムライザーでどうしようもないことが普通に起きる。
単体での対策は不可能なので、相方に見てもらうか、最悪、すんなり被弾するよりは格闘ブンブンして事故当たりを狙うかか

対2500

3000の後衛担当時で擬似タイをする事の多いコスト帯。
こちらの嫌な距離に陣取られて逃げられず追いつけずが負けパターン。
タイマンでダメージ取れないな、と思ったら25側の邪魔だけして援護アグニを本命に狙うなど、如何に相手をしないかが重要

対2000 1500

格下コストだが機動力では勝てる機体の方が少ない。
流石にそうそう負けはしないが、特にバルバトスは本機の一番嫌な「高誘導射撃で追いかけてくる」タイプの敵である。
また、低コストに多いマシンガン持ちも苦手。半端な動きだとモリモリ削られていく。
ブースト量とダメージレースでしっかり勝とう

外部リンク

コメント欄

名前:
コメント:
最終更新:2020年10月27日 00:04