アカツキ

正式名称:ORB-01 AKATSUKI パイロット:ムウ・ラ・フラガ(C.E.73)
コスト:2500  耐久力:600  変形:×  換装:○
アカツキ : シラヌイ オオワシ

解説&攻略

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』より、元オーブの代表ウズミ・ナラ・アスハが愛娘のカガリに遺したMS「アカツキ」がNEXT以来久々のプレイアブル参戦。
パイロットはネオ・ロアノークこと、記憶を取り戻したムウ・ラ・フラガ。初陣こそカガリが搭乗したがその後カガリが指導者業に専念し、ムウ・ラ・フラガに本機が託された。
ムウが搭乗している事を強く意識したのかEXVSシリーズではシラヌイ側が選択画面やライブモニターなどで基本形態扱い。カガリ版の芽もある…のか?

万能機然としている「オオワシ」とドラグーン特化の「シラヌイ」を切り替えて戦う換装型万能機。
本作では2500コストで登場。目玉とも言えるビームを反射する特殊な鏡面装甲"ヤタノカガミ"も常時ではないがコマンド技として存在する。
ヤタノカガミの詳しい性能についてはシラヌイ項参照。

両形態通してのダメージ源となる後特射の一斉照射、相方貼りできる射撃バリア、オールレンジ、強めのバルカン等、光る武装は両形態に搭載されている。
しかし全体的に火力が低く安易な押し付け要素も薄い。降りテクも希薄なため、使い手の万能機を操る腕がそのまま如実に出る機体である。
素直な武装ばかりの中でオオワシ側にピョン格があり一部格闘の発生も優秀な事は個性を出せるポイントとなる。
難しい取り回しの行動は無いものの全体的に玄人向けであり、強みを押し出していくというよりは強みを見出していく考え方の扱いが必要。

試合開始時はシラヌイで固定。撃破された時はその時の形態を引き継いで再出撃する。

  • リザルトポーズ
オオワシ時勝利:連結サーベルを右手で腰から前に突き出し水平に構える。41話の抜刀シーンに似ている。
シラヌイ時勝利:側面と上面のドラグーンを計4機展開し、ビームライフルを構える。
敗北時:オオワシ形態で左腕がない状態で連結サーベルの柄を持って左膝をつきうなだれる。このときオオワシパックのウィングもたたむ。
42話でカガリがオーブ国防本部へ降り立った時の再現。

戦術

換装機なので2形態を積極的に活かしたい所だがシラヌイ時の性能(特に自衛面)が今一つであるため、
「基本オオワシ、要所でシラヌイ」という使い方が主流。
前後特射は形態の垣根を越えて放てる強めの攻撃なのでいつでも視野に入れて立ち回る。
逆にドラグーンバリアやオールレンジなど形態の垣根を越えない武装は換装すると回収されるので注意。
ヤタノカガミは対戦では使い所が難しいが、相手が高弾速or高誘導のビームを持っているのなら一点読みで狙う価値は無くはない。

オオワシは良好な機動性を生かして有利な位置取りを行い、相方との連携や自衛を意識して立ち回っていく。
武装がシンプルであるため良くも悪くもプレイヤーの腕が試される。
(抜刀のせいで振り回しづらいが)メインから出せるピョン格を持つ、という万能機らしからぬ強みもある。
格闘も横格を中心に振れる性能をしており、突っ込んでどうにかなるわけではないが局所で弱気になる必要もない。
むしろ卓越したプレイヤーはシラヌイ側よりオオワシで変則軌道を好むぐらい。でないとむしろ他機との違いを出しづらい。

シラヌイは豊富な手数を駆使して味方の援護を行っていく。
格闘ドラを射出しつつCSゲージを貯め、積極的にアシストとの波状攻撃を仕掛けていこう。
赤ロックも長く、接敵されるまでは降りテクの無さも目立たず、開幕などはこちらの形態中心に動くのは悪くない。
接近戦は苦手なので距離を詰められたら手早く前特射を使ってオオワシに換装するべし。

ドラグーンバリアはそこまで硬くないので自機貼りが基本。
ただ他のバリア持ちと比べてバリア中の本機の攻撃が弱いので自分で活かしづらさはある。
とはいえ距離を詰めて前線でロックを取るないし確定の着地を取るだけでも良い時間帯を作れる。
無論、格闘寄り前衛機が相方なら味方貼りでもよし。

EXバースト考察

「見せてやろうじゃないの!俺の本気を!」
覚醒時は『SEED』時代のPストライクと同様にNTの効果音が鳴るが、クルーゼやレイのSEED覚醒とは違ってコチラは射撃寄りの汎用補正。

  • Fバースト
格闘攻撃補正+7% 防御補正-20%
機動力と格闘火力向上に加え、オオワシのメインorサブ→格闘のキャンセルルートが追加される。
特にサブはダウン値と補正が低く、相手を追う状況で重宝できる。横格が強いオオワシの特性とも相性抜群。他機体の格闘を潰しやすくなる。
むしろピョン格での接敵やセットプレイからF覚でチャンスを狙った方が他機との違いを見出せる事が多く、普通に考慮に入る。なんなら次回作以降のM覚の代用として使うのもアリ。

  • Eバースト
防御補正-35%
高い防御補正と半覚醒抜けが魅力的。特にシラヌイ時に緊急離脱できる手段があるのは美味しい。
アカツキは後衛向けなので先墜ち防止として選択肢に入る。
しかしもともと低火力の本機で火力補正がないのは痛い難点。攻め覚もしっかりと視野に入れよう。

  • Sバースト
射撃攻撃補正+12% 防御補正-20%
両形態ともに射撃が連射可能になるうえ、射撃威力とリロードも向上する。
シラヌイで両CSとドラをばらまけるのはやはり強力。元々降りテクが無いのでその点では嬉しい。
ただ連射出来る射撃が各々強いかというと2000万能機レベルで、これで火傷させられる相手がどれだけいるか微妙。奥手すぎる嫌いがある。
後特射→BRは強いため、オオワシ後格などで上下にロックを振ってからの後特射→BR落ちなど荒らし挙動補強としてはありだが、玄人向けの覚醒。

僚機考察

前衛を務められ、アカツキの低い火力を補ってくれる25、3000の前衛が望ましい。

3000

最安定…なのだが、コスオバや先落ちなどリスクも大きい。
3000先落ちの目途が立つまでは慎重に立ち回ろう。序盤のシラヌイバリアは基本自分に。
固定ならE覚が第一候補だが、その場合半覚抜けする「だけ」ではなく、リード維持のために能動的に使うことも必要。

2500

次点。
コスオバが緩いので立ち回りに余裕が生まれるが、なるべく先落ちは避けたいところ。
出来ればFかSを選んで自身もしっかりダメージを奪えるように心掛けたい。

2000

火力不足でしかもアカツキがメインに狙われる、踏んだり蹴ったりなコンビ。
火力、迎撃面を考えるとシラヌイよりはオオワシ主体で動いた方がいいだろう。覚醒はFを第一に。

1500

コスト的にいい組み合わせかもしれないが、片方が追い回される展開になりがち。
自衛力に自信があるなら、15の爆発力に懸けて「15側3落ちを前提に立ち回る」のもアリ。


外部リンク

コメント欄

名前:
コメント:
最終更新:2022年10月14日 15:37