アカツキ(シラヌイ)

正式名称:ORB-01 SHIRANUI AKATSUKI パイロット:ムウ・ラ・フラガ(C.E.73)
コスト:2500  耐久力:600  変形:×  換装:○
アカツキ : シラヌイ オオワシ
射撃 名称 弾数 威力 備考
メイン射撃 ビームライフル 7 70 オオワシと弾数共用
射撃CS ビームライフル【高出力】 - 100 シールドを構えながら単発ビーム
レバーN格闘CS ムラサメ 呼出 - 40~128 ライフル連射
レバー入れ格闘CS 56~98 突撃
サブ射撃 ドラグーンバリア【自機】/【僚機】 100 - レバー入れで味方にも出せるバリア
特殊射撃 オオワシ装備に換装 - - 換装
後特殊射撃 一斉照射 1 30~162
(19~138)
BRとドラグーンから細い照射
特殊格闘 ヤタノカガミ - - ビームを反射する
レバーN格闘 ドラグーン【設置】 14 26~130 その場に設置
レバー入れ格闘 ドラグーン【射出】 オールレンジ攻撃
格闘 名称 入力 威力 備考
前特殊射撃 ビームライフル銃剣モード【突き】 前特射 94 オオワシ装備に換装して攻撃
バーストアタック 名称 入力 威力
F/E/S
備考
不可能を可能にする男 3ボタン同時押し 296/283/296 オオワシ装備に換装して攻撃


解説&攻略

アカツキが宇宙戦闘用兼オールレンジ攻撃用パック「シラヌイ」を装備した形態。出撃時は必ずこの形態で始まる。
選択画面ではサーベルを持っているが、劇中でシラヌイ形態で格闘戦を行う描写がない為か単にNEXTを踏襲している為か、格闘がない純射撃形態となっている。

ドラグーンでのオールレンジ攻撃や味方貼りできる射撃バリア、無限に使えてそこそこ優秀なアシストなど、中距離ではオオワシより手数の多い支援形態。
更に一点読みにはなるがビームへのカウンター武装であるヤタノカガミを奥の手として持っている。
赤ロックは長めだがオオワシより飛び抜けた射撃圧があるかというとそちらからも一斉照射を引き出せる都合上、そこまででは無い。
全体的に見ても2500射撃寄りとしては積んでいる攻撃の押しが弱いためダメージレースをシラヌイ側中心に考えるのは厳しい。

ドラグーン系武装はオオワシ側に換装すると回収されてしまう。
バリアを回したり、弾切れ回避事情である程度の時間こちらで戦ってまとめて弾を吐き、オオワシに戻って戦闘を続けるのがオーソドックスな立ち回りとなる。


射撃武器

【メイン射撃】ビームライフル

[常時リロード:3秒/1発][属性:ビーム][よろけ][ダウン値:2.0][補正率:-30%]
ビームライフル ヒャクライ。弾数・威力共に2000コスト水準のBR。
オオワシと弾共有の上、この形態では依存度が非常に高く、ただばら撒いてるだけではすぐに弾切れを起こす。
射撃CSや格闘CSも駆使して節約しよう。

【射撃CS】ビームライフル【高出力】

[チャージ時間:2秒][属性:ビーム][ダウン][ダウン値:2?][補正率:%]
盾を構えながら足を止めてビームを撃つ。
この類の武器としては珍しく非強制の通常ダウン。

構えた盾にはガード判定が有り、攻撃を受けるとガードに移行する。
この手の武装にしては低威力だが、メインの節約の為にもなるべく使っていきたい。
BDキャンセルで追撃可能だが、出来るのはメインぐらい。
稀に相手の格闘をガードしながらビームを発射する事があるが、タイミングも難しく狙ってやるのは厳しい。

【格闘CS】ムラサメ 呼出

[チャージ時間:1.5秒][属性:アシスト]
ムラサメ2機を呼び出すアシスト攻撃。
レバー入れで性能が変わる。アシストが消えるまでは再召喚不可。
他の機体と違い格闘ボタン入力の武装(ドラグーン)が虹ステでキャンセルできない。
そのためボタン押しっぱのドラ射出で足を無駄に止めない様に注意しよう。

元々格闘も振れないため、ドラを撒くついでに溜めて射CS以上に回していって問題ないだろう。
勿論溜めるのに夢中になってピンチになっては本末転倒、いつでも換装できる心構えも大事。

  • レバーN:ビームライフル
[属性:ビーム][よろけ][ダウン値:1.0*4][補正率:-20%*4]
「ムラサメ隊、展開急げ!」
それぞれライフルを2連射。1発40ダメージ。
銃口補正も誘導もイマイチで、基本的にはレバー入れを使うほうが期待率が高い。
ただし突撃を外したら中々消えないレバー入れと違い、こちらはBRを撃ち切ったらすぐに消えるため回転率は優れている。
また、レバー入れの方はBRからの追撃が安定しないので、BRからの追撃用としても悪くない。

  • レバー入れ:突撃
[属性:格闘]
「すまんが、こっちの援護を頼む!」
時間差で突撃してシールドで殴る。射程限界有り。
ステップを踏まれなければ一機目を振り切っても、二機目が油断した敵機に掠りやすい。
シラヌイの強みであり、ドラと合わせるとなかなか面倒な弾幕を張れる。
なお敵機に当たった場合、ムラサメはすぐに消えるが外した場合2機出るのもあって消えるまで少し長いため再召喚には若干時間がかかる。

格闘CS 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 突撃 56(76%) 10(-4%)*6 1.2 0.2*6 強よろけ
2段目 突撃 98(52%) 10(-4%)*6 2.4 0.2*6 強よろけ

【サブ射撃】ドラグーンバリア【自機】/【僚機】

[特殊リロード:23秒/1発][クールタイム:10秒][属性:射撃バリア][効果時間:10秒]
ドラグーン6基を展開し8面体の射撃バリアを展開する。
レバー入れで僚機に展開可能。再入力で回収可能。
ブレイズザクウォーリアのミサイルからエターナルを、ミネルバの主砲トリスタンからアークエンジェルを守った時の武装。
バリアは通常緑色だが攻撃を受けるとオレンジに光る。
バリア展開中振り向き撃ちメイン→バリア回収で自由落下が出来る。

バリア展開時には使用中のドラグーンは全て強制回収される。バリア展開中も残る1つのドラグーンは射出できる。
オオワシに換装すると強制的に回収されるので、オオワシにバリアを展開して突撃はできない。

バリア展開中はドラグーンが1つしか発射できない仕様上、メインやCSへの依存がさらに高まるので注意。
シラヌイのまま振れる格闘も無い弾切れや両CSが間に合わないようなことがないようにしよう。
危ないと思ったらすぐに解除や換装などの咄嗟の判断も大事になる。

バリア展開中にヤタノカガミを発動してもバリアの効果が優先される(バリアが先に射撃を防いでしまってカガミで弾けない)。
おそらくバリア系武装のヤタノカガミに対する共通の特徴だと思われる。

他機のバリア武装に比べると無被弾時の展開時間は長めだが格闘が防げず、その間本機の格闘のドラグーンが使い難くなるのがネック。
相手によっては格闘を持たない本機が格闘を防げないバリアを貼っても殆ど意味をなさないこともあるので使い方には気をつけよう。
自衛なら自貼りよりオオワシ換装の方が効果的なので、基本的には相方に合わせて使っていきたい。
相方の時限強化や覚醒、着地硬直などに合わせられれば理想的。

【特殊射撃】オオワシ装備に換装

「オオワシで蹴散らす!」
オオワシに換装する。 換装からオオワシの各種格闘にキャンセル可能。

【後特殊射撃】一斉照射

[撃ち切りリロード:14秒/1発][属性:照射ビーム][ダウン]
[ライフル][ダウン値:5.4(0.6*9)][補正率:10%(-10%*9)]
[ドラグーン][ダウン値:5.0(0.5*10)][補正率:10%(-10%*10)]
「よぅし!もらったーっ!!」
ビームライフルとドラグーン7基で照射ビーム。
劇中でミネルバのタンホイザーを破壊した時のビームライフル発射と、レクイエムを破壊したドラグーン斉射を一つにしたような技。
ドラグーンの射出中やバリア展開時は本体と「本体に残っているドラグーン」からのみビームが出る。
ビームライフルは1hit30(キャンセル時25)、ドラグーンは1hit19ダメージ。
ドラグーン照射はダメージが低く、3025のコスオバも倒しきれないほど低め。

発生が落ちた代わりに横幅が広がったストフリのドラグーンフルバーストと言った性質の武装だが、細かな部分は要検証。
当てやすいことは当てやすいが、直撃してもリターンに欠けるのが悩み。

機体横のドラと本体の間は敵機がすっぽり入る程の距離があり、タイミングによってはこの隙間で照射をやり過ごせてしまう。
またドラが半円を書くよう配置される仕様上、自機から下方向へ撃つとスカす事が多い。

それでもまとまったダメを取れる手段であり、貴重な横移動を食える射撃である為、腐らせずに使って行きたい。
中距離での発生を活かした硬直取り、カットなどが主な用途だろう。

【特殊格闘】ヤタノカガミ

「おーっと!」
特格入力中足を止めビームを反射する。アカツキを象徴する武装。入力中ブースト消費有り。
反射はロックしている対象に対し行う。
ビームライフルなどの誘導のあるものを跳ね返す場合反射後再度敵に誘導しながら飛んでいく。
BDで垂れ流しながら攻撃することが多い今作では跳ね返しても相手に当たらないことが多いが、
ケルディムのメインのような高弾速のビームや、赤枠改のサブのような高誘導なビームなどを持つ機体に対しては強烈なカウンターとして期待できる。

照射ビームを撃って来た相手にそのまま跳ね返すと1,2hitして相手がダウンしてしまう事が多い。
反射時の最大持続時間が設定されている。アップデートにより長押し時の最大持続時間が延長された。
あまりに照射時間が長い照射ビーム(エクセリア覚醒技等)に対してブーストが残っていても途中でヤタノカガミが解除されダメージを受けてしまう(反射上限の情報募集)。

構え自体が何らかの攻撃行動として扱われているらしく、反射の有無関わらず構えている間はアカツキ側がロックしている敵側に常時赤アラートが表示される。

注意点として、この武装そのものに攻撃判定はなくキャンセルルートも存在せずBDCしか利かないので(咄嗟に誘導を切れない&反撃手段が存在しない)、
対策を理解している人間はズンダで悠々近づいて格闘をねじ込んで来る。
射撃CS(→前特射)を仕込む(オバヒ時は特に)、後格の足掻きと組み合わせる、射撃機体のSバーストに合わせるなど、
大事なのは『明確な目的や着地点』を持って使用すること。
他の選択肢も取れる状況で考えなしに使うとダウンと耐久力を敵チームに差し出すことになるだろう。


【格闘】ドラグーン【設置】/【射出】

[常時リロード:3秒/1発][属性:][よろけ][ダウン値:0.9/1発][補正率:-10%/1発]
全7基のオールレンジ攻撃。
オールレンジ専門機と比べると性能はあまり良くないため、これだけに固執するのは避けたい。
バリア展開時はバリア形成に必要なドラグーンの数に関わらず全て強制回収される。
また、バリア使用中は1基しか使えないため、その間は弾幕量が制限される。

オオワシに換装するとドラグーンが全て回収(消滅)されるため、シラヌイでドラグーン射出→オオワシで追撃のような攻撃はできない。

レバーN:ドラグーン【設置】

入力したその場に設置し、3秒経過orメインと連動してビームを放つ。
射角も360度あるようで真下にも銃口を向けてくれる。
しかしレバー入れに比べ特に優れた点も無く、当て易さなどもあちらの方がまだマシであり現状ほぼ封印安定。

レバー入れ:ドラグーン【射出】

一般的な取り付きオールレンジ攻撃。
レバー入れ格CSからキャンセルで何発か撒くと比較的引っ掛けやすい。
ドラグーンを使用する際は基本的にこちらがメインとなる。

格闘

【前特殊射撃】オオワシ換装ライフルサーベル突き

オオワシに換装しつつライフルに装備したサーベルを突き出す。詳しい性能はそちらを参照。
近距離が苦手なこの形態の重要な自衛択ではあるが、わかっている相手には当然読まれやすい。
最悪でもオオワシでダウン状態になるのが望ましいため、相打ち覚悟で振る判断も必要。

バーストアタック

不可能を可能にする男

入力するとオオワシに換装して攻撃を行い、最終段で再びシラヌイに戻る。
詳しい性能はオオワシ形態の項目を参照。
バリアとの併用もできず、また覚醒技故に外してしまえば隙だらけ。
自衛目的で振るにしても最後の手段と心得ておきたい。

コンボ

≫はブーストダッシュ、>はステップ、→はそのままキャンセル
キャンセル補正など、条件により威力が変動する物は()で併記

威力 備考
射撃始動
メイン≫メイン≫メイン 147 基本1
メイン→N格闘CS 150 基本2
メイン≫メイン→射撃CS 155 セカイン
メイン→前特射 111
メイン→後特射 134
N格闘CS≫メイン 151
レバ格CS1体≫メイン≫メイン 143
レバ格CS2体≫メイン≫メイン 151
格闘数発hit→射撃CS 116~156
???
覚醒中限定 S/FE
メイン≫覚醒技 237/229/244

戦術

赤ロックがオオワシより長いため、中遠距離から両CSを撒けること、赤ロック以遠でも格闘ドラを撒くことによるダメージ取りと僚機にも貼れるバリアが強み。
また、オオワシよりも遠距離から後特射が狙えるのも本形態の忘れてはならない優位点。

しかし機動力が低く、特に迎撃に強い武装や他機の様な格闘をこの形態は持たないため、接近戦をされると非常に辛い。
格闘を仕掛けてくる相手には前特射で意表を突くことも出来るが、なるべく近づかれる前にオオワシに換装しよう。
自衛力は勿論、単純なダウン取り、火力にはオオワシの方に分がある。

また射撃戦でも所詮「強め」という程度で、奇々怪々な射撃で変則的に削ってくる同コスト射撃寄りに比べて1.5歩劣るのは否めない。
ドラグーン系武装の弾切れもそうだが、シラヌイ形態だけを強みとして戦い抜くというのは基本的に無理。
オオワシで安定してダメージが取れる、という人はバリアや後特射が貯まったら換装し、それらを使ったら即オオワシに戻る、と言った使い方でも構わない。

コメント欄

名前:
コメント:
最終更新:2020年10月21日 22:50