リフェイザー・イグニス

エクストリームガンダムR リフェイザー・カルネージ リフェイザー・タキオン ''リフェイザー・イグニス' リフェイザー・ミスティック
正式名称:REPHASER IGNIS  パイロット:セシア・アウェア・ノーノ
コスト:6000  耐久力:1800  変形:×  換装:リフェイザー・イグニス・フェイズ(戦闘開始から)
射撃 名称 弾数 威力 備考
射撃 2連装ビーム 10 弾数あり
サブ射撃 氷結プラズマ弾 ex-の物と挙動が違う
前サブ射撃/後サブ射撃 インコムレーザーフルバースト 複数の細いゲロビを発射。前でクロス、後で横に照射
右サブ射撃 アイリスファンネル一斉発射 ナナメ一列にファンネルを一斉発射
左サブ射撃 アイリスファンネル一斉射出 1 追尾性能が高く、当たると爆風が発生
特殊射撃 設置式アサルトアイリスファンネル ex-の物より銃口補正が悪い
横特殊射撃/前後特殊射撃 ローリングラインアイリスファンネル 1 233? ex-機より高さが低い
特殊格闘 ドラグーンビームランチャー【連射】 1 ゴトラタンのアシストのような挙動でビームを連射
右特殊格闘 ドラグーンビームランチャー【拡散】 ドレノの特格のような拡散ビーム
左特殊格闘 ドラグーンビームランチャー【照射】 アサルトファンネルとは別にドラグーンから照射ビーム
前特殊格闘/後特殊格闘 ワープアイリスファンネル 自機の周辺にワープしてくるファンネルを射出
CPU専用コマンド+メイン射撃 アイリスファンネルフルバースト 攻撃範囲が広いゲロビ。使用時周囲に氷柱が立つ
格闘 名称 入力 威力 備考
通常格闘 蹴り上げ→追撃ファンネルビーム N ファンネル使用中は追撃無し
横格闘 ファンネルランス【突き】
後格闘 ファンネルボード突撃 高難度でしか使用してこない
特殊 名称 入力 威力 備考
前格闘 データプレッシャー ex-機と異なり氷結しない

16/06/23 前作wikiより引用

解説&攻略

「私はセシア。さあ、快楽の時間を始めましょう」
エクストリームガンダムRのファンネル進化形態。機体カラーがピンクが強くデザインも少し異なる。
合体シーンは省かれているが、パワードスーツである点は変わっていない模様。素体のエクストリームは第三の顔になっている。イグニスはギリシャ語で「業火」を意味する単語。本作では9-AEXにランダムで出現する。

パイロットはセシア・アウェア・ノーノ。
嬢王様気質で、ドSでもありドMでもある。覚醒時には髪がピンク色に発光する。
他のセシアと同じく戦闘開始時に機体は高台に居座っており、さながら女王様のようにプレイヤー機を見下ろすようなカットインが入る。
此処までのセシアの中では胸が大きい。他のダークセシアのように特徴的な台詞を持ち、ノーノは「快楽」という台詞を多用する。

Rイグニスのファンネルの正式名称はアイリスファンネル。
ex-のイグニスとの大きな違いとして、操作系統が異なる「ドラグーン」と「インコム」も装備している。
ドラグーンからは連射ビーム、拡散ビーム、照射ビーム等が発射される。
インコムからは照射ビームが発射される。
ex-同様に、スパアマ持ちでヒットストップがかからず、高機動力で動き回る。
ex-イグニスの火力は健在で、高難度だとゲロビ1発でも被弾するとかなりのダメージを持って行かれる。
高難度になるにつれてゲロビが太くなり、避けれると思っているとカスったりする事もあるので注意。
ex-にあったファンネルバリア、ロリバス、ブーメランファンネル、一部の攻撃にあったサイコミュジャック効果は無くなっている模様。

本家イグニスより機動力が低下、さらに2連装ビームや一部武装に弾数が設定されるなど、オリジナルから弱体化がされている。

武装名については全て仮称。

射撃武器

【メイン射撃】2連装ビーム

「私をご指名ね?」「ゾクゾクしちゃう!」
ex-にもあった連射可能な2連装ビーム、相変わらず誘導は強めで遠距離では偶に胡散臭い曲がり方をする。
射撃2、3、5などへキャンセル可能、射撃1と2を交互に撃っているだけでダウンまで持っていく。
実は弾数が10発しかない。リロード時間は1秒だが、無闇に連射すると弾切れを起こす。

【サブ射撃】氷結プラズマ弾

「甘い夢はいかが?」
ex-にもあった3つの氷結弾を飛ばしてくる。あちらと挙動が違い、中心だけが高弾速で誘導が強く、1つだけ曲がって追ってくる。
周りの2つは、飛ばした方向にまっすぐ飛んでいくだけで、ほぼ当たる事は無い。また、いずれの弾も射程の限界がある。
被弾すると氷が砕けるようなエフェクトが出るが、ex-の物と違って氷結スタンではなく、強よろけである。
3hitで強制ダウン

【左サブ射撃】アイリスファンネル一斉射出

「貴方の知らない快楽をどうぞ」
モーションはex-のファンネルランサーだが、あちらとはまったく異なる武装。
ファンネルランサーと同じ挙動でファンネルが取りつき、当たると爆風が発生し、打ち上げられる。
この爆風に当たるとファンネルが次々と当たり、最悪同時Hitでとんでもないダメージを叩き出す。
ファンネルランサーに比べ取りつきは悪い、弾も小さくどちらかと言うとミスティックの羽ミサイルに近い。
発動時にファンネルをかなり広範囲にばら撒く、その特性から取りつきの時間差が大きく数秒程度しつこく追ってくる。
射出されたら暫く逃げに徹するべし、ファンネル展開が見た目、SE共にやたら派手なので視界に入れておけば察知は容易。
高難度になると、耐久450あったとしても同時Hitで一瞬で溶けるなどという事が起こる為、必ず避けたい。

【右サブ射撃】アイリスファンネル(停滞)

横一列だったex-とは違い、こちらはナナメ陣形(「/」もしくは「\」)で一斉発射。
銃口補正は弱く誘導しない、加えてどちらか片側は上空を通るので横移動でも容易に回避可能。
ただし機体サイズが大きい機体だと、上か下にひっかかったりする事がある点に注意。

【前サブ射撃】インコムレーザー(クロス)

「快楽に沈みなさい!」
Rイグニスからの新武装、腰に搭載された有線ユニット「インコム」を前方に展開、6本の照射ビームを前方に発射。
ビームのうち数本は若干収束している模様で遠距離では隙間が増える。
イメージとしては太いハモニカ砲と言った感じか、当たるとかなりのダメージ。
発生もそこそこかつ、銃口補正が強く、近距離で出されると避けるのが困難な場合がある。

【後サブ射撃】インコムレーザー(横)



【横特殊射撃/前後特殊射撃】ローリングラインアイリスファンネル

「いいわ、その調子!」
弾数は1、リロードは5秒。
ex-の物と比べビームが細く、高さがかなり低い。横で片方に、前後で両側に展開する。
4本のラインファンネルを回転させる。多少の慣性ジャンプで簡単に避ける事ができるが、
逆に言うと小さくなった分、弾幕を張られている際に視認しにくくなったと言う事である。
とは言え、しっかり見ていればまず当たらないだろう。
こちらも被弾すると氷が砕けるようなエフェクトが出るが、ex-の物と違って氷結スタンではなく、強よろけである。
ただし、ただのけぞるだけの喰らい方とは裏腹に、直撃するとかなりのダメージを受けるので、必ず避けること。

【特殊射撃】設置式アサルトアイリスファンネル

ex-同様にファンネルを連結させて照射ビームを撃ってくる。
あちらに比べビームが細く銃口補正がやや悪い。移動していればほぼ当たらない。
発射直前、急に方向転換することがある。サーチ替え対応か?
ex-のファンネルの連結が◇の形なのに対し、こちらは□の形である。

【特殊格闘】ドラグーンビームランチャー【連射】

ex-には無くRイグニスからの新武装「ドラグーン」を展開し、ゴトラアシストのような小型ビームを連射する。
そこそこ誘導があり、誘導を切らなければ全て曲がって追ってくる。
ゴトラほど広がらないので、しっかりステップで避ける事。
また、ドラグーンを利用した攻撃は全て、ローゼン・ズールのメインの様に足を止めずに撃ってくる(モーションが存在しない)。
Ex-Sの射撃CSのように各種行動硬直をキャンセルし落下へ移行可能。

【右特殊格闘】ドラグーンビームランチャー【拡散】

「愛の衝撃!」「恋の衝撃!」
ドラグーンから拡散ビームを発射。一発のビーム弾がある程度進んだ後に拡散するタイプ。
サザのCSの上位互換のようなもので、射程に限界がある。
拡散直後はそれほどの範囲では無いので、ドラグーンが見えた瞬間にステップして避ければほぼ当たらない。
反応が遅れると、端が引っかかったりする為注意する事。

【左特殊格闘】ドラグーンビームランチャー【照射】

「快楽の園へ!」
ドラグーンから細めの照射ビームを発射。銃口補正はそこそこ。火力は高め。
照射時間がかなり長く、アサルトファンネルとは別に発射してくるので、同時展開されゲロビの弾幕になる事がある。
アサルトファンネルを避けようとしてこちらに事故当たりしてしまったという事態にならないようにしっかり見て避ける方向を判断すべし。

【前後特殊格闘】ワープアイリスファンネル

ex-イグニスから若干仕様が変わっている攻撃。
前で広域に、後で狭域に爆破する。
極限アイオスのレバーサブのように、対象の周囲までワープするファンネルを6機程度発射。射出ポーズが特徴的で結構目立つ。
ファンネルから放たれるビームは地面に着弾すると小さな爆風を起こす、出現後空中で爆発する場合もある。
範囲がピンポ気味で棒立ちか2次元的にしか動いていない場合を除き、当たることは少ない。

【CPU専用コマンド+メイン射撃】アイリスファンネルフルバースト

持っているすべてのファンネルを使用し、かなりド派手なフルバーストを発射する。
ゲロビ発射の際、背中に紫色の翼が大量に現れ非常に美しい。
ex-の物とモーションが全く違い、1回転してすべてのファンネルを展開、その後照射ビームをチャージし、前方に大迫力のゲロビを撃ちだす。
ビームは真正面に1本のみと少なくなっているが前方ある程度の範囲の柱を一瞬で氷柱に変えるため攻撃範囲はそれなり。
ex-に比べてビームが細く発射までかなり長い為、余裕で見てからガードできる。
移動でも回避可能だが近距離だと氷柱に巻き込まれる可能性が高いので要注意。
高難度だと、一瞬で400↑のダメージを叩き出す為、必ず被弾は避けたい武装。
動作が長いので狙われなかった方は攻撃を撃ちこむチャンス。

格闘

【通常格闘】蹴り上げ→追撃ファンネルビーム

こちらもex-と同様に蹴りからの追撃ファンネル。
通常の蹴りと見分ける点は、蹴る前にファンネルが周りに展開しているかどうか。

【横格闘】ファンネルランス【突き】

exと同様にランスで正面を突く。 近接時は蹴り攻撃を多用するため使用頻度は低い。
その瞬間に地面から水晶の柱が発生する。出が速い上、柱の範囲も大きいので見てから回避は不可能に近い。
柱を当てるため中距離から牽制的に使う場合もあるがこの場合は見てから横ブーストで良い。

【後格闘】ファンネルボード突進

ex-と同様のファンネルに乗って高速で突進してくるアレ。
ex-はスタンからの追撃で使用する場合が多かったが、こちらはいきなり使用してくる。
突進速度も早く、突進を始めてからではガードが間に合わない場合が多い。
動きをしっかり見てファンネルに乗った瞬間に反応できるように心がけておこう。

特殊

【前格闘】データプレッシャー

「激しいのどんどんちょうだい!」
ex-と同じデータプレッシャー。使用頻度は低め。
近づいてもあまり使用してこない。
ex-機のように近づいたら高い確率で使用してくるだろうというような予測ができない為、突然使用される場合がある。
ガード可能なので、反応できるならガードしたい。
ex-のものと違い、当たるとRカルネージ同様吹っ飛ばされるタイプのダウン。

VS.対策

ex-イグニスとは異なる挙動を持つ武装が多く、見た目は似ているが対策は違うので油断しないように。
とにかくゲロビを多用してくる事が多く、高難度だと1回当たっただけで大惨事という事も有りえる。
フルバーストは見てからガード可能で、アサルトファンネルやドラグーンランチャー(照射)などは、
構えてから誘導を切れば避けれるので、しっかり相手の動きを見て、ガードと回避を駆使して行こう。
遠距離でも近距離でも、それぞれに対応した武装を使用してくるので、いかに攻撃を避けて、隙をついて攻撃してくかが勝利の鍵。
最終更新:2021年06月10日 20:48