ガンダム(BOSS)

正式名称:RX-78-2 GUNDAM  パイロット:アムロ・レイ(U.C.0079)
コスト:6000  耐久力:1800  変形:×  換装:×
射撃 名称 弾数 威力 備考
射撃 ビーム・ライフル 30 90 振り向き撃ちが特殊
前サブ射撃 ビームライフル【狙撃】 230 高弾速・非強制ダウン
サブ射撃 ハイパー・バズーカ 10 150(50) メインからキャンセル可能
()内は爆風
無限に連射可能
後サブ射撃 スーパー・ナパーム 10(80) スタン属性の爆風を発生させる
()内はビームライフル
特殊射撃 ビーム・ジャベリン【投擲】 120,160,280 三段階チャージ。出が遅く、横誘導が弱いが弾数無限
特殊格闘 コア・ファイター 2 100~232 プレイアブルと異なりガンキャノンは呼び出せない
バルカンは10
ガンタンク呼出 70~294
格闘 名称 入力 威力 備考
格闘 ビーム・サーベル 発生判定共に優秀
派生 斬り上げ→叩き下ろし ダメージ重視
格闘 サーベル突き刺し 多段HIT。特格キャンセル可能
格闘 ハイパー・ハンマー 巻き込み性能が高く、良補正率
格闘 格闘カウンター 射撃もガードできる
格闘 ビーム・サーベル二刀流 サーベル二刀による3段。威力高め
格闘 踏みつけ () バウンドダウン属性
バーストアタック 名称 入力 威力 備考
ラストシューティング ??? 打ち上げ+高火力のコンボ

解説&攻略

ブランチバトル1-Eなどに登場する、プレイアブル機体「ガンダム」のボス仕様。
本機体はインフィニットジャスティスガンダム(BOSS)と同様に、通常のプレイアブル機体をボス仕様にした機体で、耐久値やダウン値等がボス機体並みに上昇している。

ブランチバトルの項目でも挙げた通り、武装構成は前作「EXVSMB」のものと同じで、本作のプレイアブルと異なっている。



射撃武器

【射撃】ビーム・ライフル

オーソドックスなBR。BZ、ジャベリンへキャンセル可能。
普通のBRだが、ガンダム独自の強味として若干発生の早い背面撃ち(通称NT撃ち)がある。
ボス仕様では弾数が30に増加しているため、これでもかと沢山撃ってくる。
リロード速度も速いので、実質弾切れはしないといっていい。

【射撃】ビームライフル【狙撃】/スーパー・ナパーム

  • ビーム・ライフル【狙撃】
「いただきっ!」
高弾速・非強制ダウンの単発武装。通称DQN砲。
弾速はデュナメスのメインやストフリのCSに近い。
しかしそれらと比べて発生・誘導はあまり良くなく、慣性にも乗らず、足を完全に止めてしまう。
隙は出来るが、ボス仕様特有のブーストゲージ量とCPUの高いルーチンもあってすぐにキャンセルするので、反撃は狙いにくいかも。

  • スーパー・ナパーム
「スーパーナパームを使います」
スーパー・ナパームを投げつけた後BRで撃ち抜く。爆風は一瞬で広がり、炎上スタンを起こす。
起爆用のBR・ナパームにも攻撃判定があり、ナパームは膝つきよろけ。
足が止まる上、しっかりナパームを撃ち抜かないと爆風は発生しないので
爆風は広範囲に広がるため、当たって追撃を貰わないように。
挙動はプレイアブルとほぼ同じのため、ナパーム自体はガンダムの攻撃なら何でも起爆できる。


【射撃】ハイパー・バズーカ

「一発でやってやる!」
BRからキャンセル可能で、発生、誘導も良いが足が止まるのはプレイアブルと同様。
プレイアブルと比べて3倍程の弾数があり、爆速リロードもあるので何発も撃ってくる。



【射撃】ビーム・ジャベリン【投擲】

最大3段階チャージ可能なジャベリン(通称JV)を投げつける。
BR及びBZからのキャンセルが可能。


【射撃】コア・ファイター/ガンタンク 呼出

レバーNでコアファイター、レバー入れでガンタンクを呼び出す。
弾数は2だが、ボス仕様になったことでリロードが凄まじく早く、何度も連発してくる。

  • コアファイター 呼出
「リュウさん!」
コア・ファイターが自機の正面に出現しバルカンを撃ちながら突撃。
バルカンは一度にまとめて撃ち、再び撃つ2連射。
コア・ファイター自身にも判定があり、命中か建物等に当たると爆発して消失。
若干打ち上げるダウン属性、爆風有り。

  • ガンタンク 呼出
「アムロ、ガンタンクで援護する!」
ガンタンクが狙撃。ヒットすると膝つきよろけになる2連装砲弾を山なりの軌道で3連射する。
ステップなどで誘導を切られない限り銃口補正が一発ごとにかかりなおす。
一応左右はBR程度の誘導はあり、下方向へは強め。弾速もそこそこある。


格闘

挙動はプレイアブルとほぼ同一、3段斬り、ハンマーの最終段以外の各種格闘から踏みつけ派生が可能。
高性能でそれぞれ役割がはっきりしており、バランスよくまとまっているのも変わらず。

【格闘】ビーム・サーベル

振り被り3段。2段目から前派生可能。
発生・判定・伸び・誘導に優れるガンダムの主力格闘。

発生は格闘機並で、一方的に振り負ける事は少ない。
回り込みがない以外は主役機に相応しい性能と言える。

【格闘】サーベル突き刺し

原作1話でザクを撃破した多段突き。
出し切りで吹き飛ばしダウン。吹き飛ぶが特格派生が繋がる。
発生・判定ともにN格より高性能で、特に突出し系ならではの超判定は上位コスト格闘機すら叩き潰す。
当てると即ダウンとなるほか、上方向への追尾も強いので回避判断の遅れた高跳びを狩られてしまうこともある。

【格闘】ハイパー・ハンマー

ハイパー・ハンマーを振り回しながら突撃。
判定が機体全周に発生するので巻き込み性能が高く、ステップ格闘を食うことがある。
発生そのものは遅いので先出しされる前に仕掛けよう。同時出しだとまず潰せる。
踏み込みの上下誘導が弱く、ハンマーを水平にしか回さないため高度を合わせなければと至近距離でも当たらない。
当たり判定が回しているハンマー部分にある為、タイミング次第で真横や真後ろから突っ込んできた相手に当たるという理不尽な当たり方をすることがある。


【格闘】格闘カウンター

盾を構え、格闘を受けると相手をスタンさせ、ジャンプ斬りをするカウンター技。
アーマーを装着したアレックスもスタンさせる。
射撃も盾で防ぐのは変わらないが、その場から動かないため、総合的な持続時間が短い。
発生が遅くカウンター判定も狭いため、格闘を見てからカウンターを出すので回避には間に合う。

【格闘】ビーム・サーベル二刀流

格闘で一番伸びと突進速度がいい。
後述の格闘に派生可能なのも変わらず。


【格闘】踏みつけ

「俺を踏み台にした!?」のシーンの再現。
バウンドダウン属性のため、命中後に高く浮き上がった相手にさらに追撃される。
高威力でありながら良補正+低ダウン値とガンダムのコンボ火力を底上げする驚異の格闘。


バーストアタック

ラストシューティング

「もらった!」
お馴染みラストシューティング。
性能はほぼプレイアブルと同等。

ボス仕様故に何度も使用可能で、迂闊な接近戦は敗北につながるので要注意。

対策

プレイアブルと異なるのはアシストのみなので、基本的にガンダムと同じ立ち回りで挑めば問題ない。
ただ、ボス仕様になったことでBRとBZの弾数が多く弾切れ時を狙えず、
ボス特有の高いダウン値ですぐにダウンさせられず、射撃武器を使い過ぎてこちらが弾切れになってしまいがちになる。

ダウン値が高いため、格闘の連続コンボで拘束を狙えるが、350補正があるために中々ダメージを伸ばせない。

他のボス仕様プレイアブルにも共通して言えることだが、
ボス機体にはE覚醒・F覚醒・S覚醒とは異なるボス独自の覚醒があるため、
S覚醒のような射撃連射や、F覚醒のような射撃→格闘キャンセルは出来ない。
敢えて言うなら防御力の代わりに攻撃力を上昇させたE覚醒といったところか。

それでも、覚醒した後は攻撃力が上昇しているので、
迂闊に近づくとラスシューコンボをぶち込まれて大きなダメージを負ってしまう事もあるので、
基本的に他のボス同様に射撃で攻めた方が良いだろう。

また、覚醒技は発動したらいかなる状況でもキャンセル出来ないという弱点もあるので、
ラスシューを外した後は隙が出来るのでそこを狙うのもいいだろう。
最終更新:2021年05月15日 19:22