ライジングガンダム(ノーマルモード)

正式名称:JMF-1336R RISING GUNDAM パイロット:レイン・ミカムラ
コスト:1500  耐久力:420  変形:×  換装:△(モビリティモード)
ライジングガンダム : ノーマル モビリティ
射撃 名称 弾数 威力 備考
メイン射撃 ビームマシンガン 60 13~126 3hitよろけ
射撃CS 石破ラブラブ天驚拳 (1) 60~240 1出撃1回限り
サブ射撃 必殺必中ライジングアロー 2 95-120-150 ホールドで性能強化
レバーN特殊射撃 ゴッドガンダム 呼出 2 104 ゴッドフィンガー
レバー入れ特殊射撃 90 ゴッドスラッシュタイフーン
特殊格闘 ライジングシールド【展開】 100 - モビリティモードに移行
通常格闘 ビームボウ - 65 2連射可能
格闘 名称 入力 威力 備考
後格闘 タックル 80 強判定
バーストアタック 名称 入力 威力
F/ES
備考
零距離必殺必中ライジングアロー 3ボタン同時押し 300/254 掴みから単発高威力


解説&攻略

ライジングガンダムの基本形態。
ビームマシンガンやビームボウといった兵器的な装備を携えており、本機の用途を暗に示している。
本来はどの形態でもナギナタを使えるが、本ゲームのノーマルモードはナギナタを使う格闘を持たない。

この機体で最も使う時間が長い通常形態。長い赤ロックを活かしてマシンガンで牽制し、ライジングアローによる狙撃を狙う射撃支援機。
本作ではサブの弱体化により狙撃に徹することは難しくなり、ある程度は近寄って撃つ必要も出てきている。
しかし防御力の低いライジングが前に出るというのは言葉にするよりも高リスクであることは理解しよう。


射撃武器

【メイン射撃】ビームマシンガン

[撃ち切りリロード:6秒/60発][属性:ビーム][3hitよろけ][ダウン値:0.4/1発][補正率:-4%/1発]
ビーム属性のマシンガン。1クリック3連射、長押し12連射。
誘導はまあまあで、流石にばら撒けば当たるような類いのものではないが、マシンガンとしてはかなりの性能を持つ。
リターンを見ると性能は良いのだが、ノーマル時の足の遅さも相まって押し付けるのは難しい。
基本は相手の足を狙ったり牽制を狙うためのもの。
これ単独でダウンを取り切るよりはサブや格闘も組み合わせて使いたい。

【射撃CS】石破ラブラブ天驚拳

[リロードなし][チャージ時間:3秒][属性:射撃破壊実弾][ダウン][ダウン値:5.0(1.0*5)][補正率:50%(-10%*5)]
[属性:爆風][ダウン][ダウン値:?(?*10)][補正率:50%(-5%*10)]
「石!破!ラァァァブラブ!天・驚・けぇぇぇぇん!」
キング・オブ・ハートの姿をした気弾を打ち出す。
射程限界に到達するとサテライトキャノン並の巨大爆風が発生する。

ゴッドの後覚醒技と同様の武装だが、こちらはライジングとゴッドが並んで同時に手を突き出して射出する。
ゴッドガンダム自体の動作を再現したあちらに対し、こちらはコクピット内でドモンとレインが構えた際の動作の再現。
未覚醒時でも使用できるが、1出撃につき1発のみ。

弾頭・威力共にダメージ性能はゴッドの覚醒技と同等。覚醒すればあちらと同様直撃で270ダメージを取れる。
覚醒技でない分動作中のキャンセルが可能で使い勝手はゴッドよりも良いが、特射でアシストが場に出ている間はチャージしても発動できない。
やはり前動作が非常に長く、見られていると確実にカットを食らうので注意。

【サブ射撃】必殺必中ライジングアロー

[撃ち切りリロード:6秒/2発][クールタイム:1秒][チャージ時間:1秒/1段階][属性:ビーム][ダウン][ダウン値:2.0/5.6↑/5.6↑][補正率:-30%]
「これでラストォ!!」
足を止めて撃つ超高速のビーム狙撃。
ボタン長押しで2段階の溜め入力が可能。溜めの段階はビームボウの先端に集まる光のサイズで視認可能。
溜めると威力・弾速・ダウン値が増加する。
極めて短時間のクールタイムはあるがリロード時間そのものは長くはなく、覚醒リロードにも対応する。

中距離以内ならその弾速で狙撃機のように当てることが可能で、大きな硬直であれば緑ロックですら撃ち抜ける優れもの。
追撃やゲロビ妨害には優秀なのでしっかり当てていきたい。

が、本作では赤ロックギリギリだと1段階目では着地が取れない場面も増えた。
毎回最大チャージを狙っていても隙だらけで、到底相方のフォローは出来ない。
上記の通り中距離でも機能するため、ある程度は前に出て撃つことも重要。

【特殊射撃】ゴッドガンダム 呼出

[撃ち切りリロード:13秒/2発][属性:アシスト/格闘]
「アシストお願い!」
ドモンのゴッドガンダムを呼び出す。ライジングにとって貴重な自衛択の一つ。
レバー入れの有無で技が変わる。モビリティと弾数は共有。
リロードはゴッドガンダム消滅後からスタート。
アップデートでリロード時間が短縮され、使いやすくなった。

  • レバーN:爆熱ゴッドフィンガー
ドモン「ばぁぁぁくねぇつ!!ゴッド!フィンガァァ!!」
ゴッドガンダムが突撃してゴッドフィンガーを相手に叩き込む。
たまに「爆熱」からドモンが必殺の台詞を言ってくれることがある。

誘導が始まるまでが遅く、銃口補正もそこまでではないようなので、近接での使用は非推奨。
逆に相手が遠目だと緩く相手を追って掴んでくれることがある、ノーマルモードに合ったセルフ援護択。
しかし突進が遅いせいで格闘を決めている最中の相方とタイミングが合ってしまうと相方を掴んでしまいがち。
ヒートエンドはしないが拘束時間はそこそこ長く、爆発で真上に打ち上げるので溜めサブを狙いやすい。

N特射 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 掴み 40(80%) 40(-20%) 0.1 0.1 掴み
2段目 爆発 104(60%) 80(-20%) 2.1 0.1 ダウン

  • レバー入れ:ゴッドスラッシュタイフーン
「ドモン、やっぱり来てくれたのね!」
ライジングの正面に出現して竜巻回転斬りを繰り出す。プレイアブルと同様に射撃ガード判定あり。
見ての通り自衛択であり、うまく使えば格闘・射撃の両面に対応可能。
判定もそれなりに広いが、過信しすぎても痛い目を見るため他の択とうまく使い分けたい。

N特射 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 GST 90(60%) 13(-5%)*8 2.0 0.25*8 半回転ダウン

【特殊格闘】ライジングシールド【展開】

[撃ち切りリロード:22秒/100][クールタイム:1秒]
「ライジングシールド!」
ライジングシールドを展開し、モビリティモードへ換装する。
ライジングシールドの耐久値が切れるまでは自由換装が可能、切れるとしばらくノーマルモード固定となる。
換装時に向き直るため射撃自衛に有効だが、シールドの耐久を使ってしまうのがネック。

【通常格闘】ビームボウ

[弾数無限][属性:ビーム][よろけ][ダウン値:2.0][補正率:-30%]
「撃ち抜く!」
弾数無限のビーム射撃。2連射可能。
弾速の早さに誘導が噛み合っておらず、適当に撃っても当たる物ではない。
他の攻撃で硬直を取った所に追撃で使うのが基本。

格闘

【後格闘】タックル

「負けられないわ!」
多段ヒットするタックル1段
判定は強いが伸びが悪く判定範囲も狭いため、ステップで手軽に潰されてしまう。
換装できない時はレバー特射などを自衛の主体とし、極力これには頼らないようにしたい。

後格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 タックル 80(80%) 17(-4%)*5 3.0 0.6*5 ダウン

バーストアタック

零距離必殺必中ライジングアロー

「必殺必中!ラァァァジング!アローォォ!」
ビームボウを相手に押し付けて持ち上げ、密着状態で撃ち抜く。
ウォルターガンダムにトドメを刺した攻撃の再現。

初段は突進が遅い以外は誘導も伸びも良好で、スーパーアーマーもある。
掴み成立後は一切動かないためカット耐性は絶望的だが、威力は高め。
動作中はどちらの形態から出してもモビリティモードになるが演出のみで、硬直が切れると入力を行った形態に戻る。

基本的に2段目は1ヒットで強制ダウンを取るが、ボスMSが相手だと2ヒットして高ダウン値を発生させる。

極限技 動作 威力(補正率) F/ES ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発(元値)
1段目 掴み 59/50(80%) 59/50(-20%) 0 0 掴み
2段目 アロー 300/254(--%) 300.9/255(--%) 7.0/9.0 (10.0) ダウン

コンボ

≫はブーストダッシュ、>はステップ、→はそのままキャンセル
キャンセル補正など、条件により威力が変動する物は()で併記
サブは段階を1-2-3と表記。武器名に表記する場合は段階固定、武器名に表記しない場合は威力を分けて記載。

威力 備考
射撃始動
メイン3発→格闘2発 134 基本
メイン3発→格闘≫(→)サブ1 152(145) さすがに格闘から溜めは間に合わない
N特射≫サブ 161-176-194 基本。掴んでいる間に溜める
レバ特射≫サブ 147-162-180
後格始動
???
覚醒中限定 F/E/S
メイン3発≫覚醒技 295/256/260 どうしてもダメを取りたい時や倒しきれる場合に
F覚醒中限定
???

戦術

ノーマルは自衛力が特に低く、前に出すぎず、だが下がりすぎずが基本。相手の位置は常に把握すること。
ダメージを強引に稼ぐのは不得手で、欲張らず目立たずひっそりチャンスを伺いたい。
赤ロック限界でサブが当たるのは相手が明らかに足を止めている時ぐらいで、後ろで篭りすぎると放置されやすい。
多少前に出てサブで甘い着地を取る、という臨機応変な立ち回りが重要である。

コメント欄

名前:
コメント:
最終更新:2020年10月15日 12:12