ジオング(完成機)

ジオング(完成機)
作品枠 機動戦士ガンダム
パイロット シャア・アズナブル(U.C.0079)
移動タイプ 通常
覚醒タイプ ニュータイプ
登場シーン A-8-3, B-9-2, F-1-1
射撃 名称 威力 備考
射撃 腕部メガ粒子砲 ジオングのメイン射撃、プレイアブルよりも太い
射撃 腕部メガ粒子砲【照射】 スタン属性のビーム。ジオングの横サブを横にしたもの
射撃 腰部メガ粒子砲 ジオングの特殊射撃
射撃 腰部メガ粒子砲【ローリング】 ローリングしながらビームを照射
射撃 有線式アーム【射出】 相手に向かってアームを飛ばし、相手の脇に付いて腕部メガ粒子砲を発射。ジオングの特殊格闘
射撃 有線式アーム【ビームカーテン】 ↑のスタン版
格闘 名称 威力 備考
格闘 飛び蹴り 神速のスピードで繰り出される飛び蹴り。威力も高く強制ダウンのこの機体を象徴する格闘
格闘 有線式アーム【薙ぎ払い】 有線式アームを鞭のように横に薙ぎ払う
格闘 踵落とし 接近して足を振り下ろす
格闘 蹴り上げ 使用頻度は高くない
格闘 ロケットパンチ ジオングのN格闘
格闘 連続踏みつけ 足で敵を踏んだ後、連続で踏みつける掴み属性技
特殊 名称 威力 備考
特殊 宙返り - 誘導切り効果有り
バーストアタック 名称 威力 備考
覚醒技 腕部メガ粒子砲+腰部メガ粒子砲【薙ぎ払い】 前方と左右に薙ぎ払い


概要

ジオングが脚部パーツを装備し完成版となった姿ジオング。通称として「プラモ狂四郎」由来のパーフェクト・ジオングという名前がある。
素のジオングは8割完成といわれているが、その残り2割の脚部を足したことで超大型のMSとなった。

原作上、未完成部分の2割が足とは思えないほど強くなっている(もしこのジオングが完成されて実戦投入されていたらアムロのガンダムはもちろん連邦軍すら壊滅状態に追い込めただろう)
大型サーベルは一応非公式扱いなので所持していない。
基本的に各種武装はほぼプレイアブルのジオング基準(射撃CS、格闘CS、後サブ、前格闘を除く)。
だが火線がいずれも脚を足しただけで比べ物にならないほどに太くなっていて誘導もボス機体としての調整を受けていて強い。
そして何より最高に恐怖なのはその「2割」の足を使った飛び蹴り。
『EXVSMB』から弱体化はしたものの、高速で飛来しつつも威力が非常に高く、スタン属性の腕部メガ粒子砲から繋げても224以上持って行くほど。


とにかく、始終腕部メガ粒子砲だけは避けなければならない。

射撃武装

【射撃】腕部メガ粒子砲

[属性:ビーム][よろけ][ダウン値:][補正率:%]
ジオングのメインの太くなった版。指先のメガ粒子砲からビームを放つ。左右の誘導が物凄く強い。

【射撃】腕部メガ粒子砲【照射】

[属性:ビーム][特殊弱スタン][ダウン値:][補正率:%]
「やらせはせん!」
足を止めて指から細めのビームを照射。片腕につきビーム5本。当たるとスタン。
腕を飛ばしている場合は片手だけから照射

【射撃】腰部メガ粒子砲【照射】

[属性:照射ビーム][ダウン][ダウン値:][補正率:%]
「これで!」
腰の2門のメガ粒子砲からの照射ビーム。フルヒットしても非強制ダウン。
Aルートでは覚醒後に使用してくる。

【射撃】腰部メガ粒子砲【回転照射】

[属性:照射ビーム][ダウン][ダウン値:][補正率:%]
「圧倒する!」
腰部メガ粒子砲を照射後、そのまま機体を回転させて薙ぎ払う。
回転速度はかなり早く、回り始めてから1秒足らずといった所。
ただ、薙ぎ払うまでにそこそこ間があり、1つ上の照射かと思った瞬間に振り回してきて吹っ飛ばされることもしばしば。
気を抜かずに上下に動いておきたい。

【射撃】有線式アーム【射出】

[属性:ビーム][よろけ/スタン][ダウン値:][補正率:%]
相手に向かって有線アームを飛ばして攻撃。使用後も本体は自由に行動できる
ジオングの物と同じだが、火線が断然太く取り付き速度も速い。
1hitの照射ビーム(スタン)と、ほぼジオングの特格のビーム(よろけ)の2パターン。

何が怖いかというと、その長いスタン時間と低いダメージ補正を利用した追撃。
特に飛び蹴りに繋げられようものなら300オーバーの大打撃を被る事になる。
そういった意味でも想像以上に危険度の高い攻撃。

他の攻撃に当たってでも避けた方が結果的に受けるダメージは安い

格闘

【格闘1】飛び蹴り

「うおおおおおおっ!!」
本機を象徴すると言っても過言ではない格闘。
突進速度はかなり速いが、誘導皆無。だが当たるととんでもないダメージを受ける。
ダウン追撃でも50程度持って行く破壊力は、直当てではとんでもない事になる。

とはいえ、動き回っていればただ当たる事はあまりない。
ジオングに一瞬十字の閃光が光ると次の瞬間これを繰り出してくるので、目印にしておこう。

Aルートではまず使ってこないが、高難易度だと使用頻度が高くなる。

【格闘2】有線式アーム【薙ぎ払い】

「はぁっ!」
片腕を飛ばし鞭の様に薙ぎ払う
X1改の薙ぎ払いを大きくしたものと思えばそのまま。SEも同じ。
ダメージも他の攻撃ほど高くはないが、範囲と発生はなかなかのもの
格闘武装ゆえ範囲内なら障害物もすり抜けるので注意

【格闘3】踵落とし

左足を振り上げて突進し、踵落とし。バウンドダウン属性。
ルーチンが若干変化したのか、やや遠目の間合いからでも積極的に使用してくるようになった。
伸びはボス相応なので、油断すると踏み潰される。

【格闘4】蹴り上げ

右足で蹴り上げる。
敵をゆっくり上に吹き飛ばす。こちらは普通のダウン属性なので即復帰可能。

【格闘5】ロケットパンチ

ほぼジオングの格闘そのまま。誘導と銃口補正はジオングより少し強いが属性は普通のダウン属性。
判定が大きくなった。

【格闘6】踏み倒し→踏みつけ→蹴り飛ばし

敵を踏んだ後、そのままげしげしと連続で踏みつける技。
初段で拘束した後、2回踏みつける

特殊

【特殊】宙返り

その場で宙返りし、空中に滞空する。誘導切り効果有り。

【覚醒技】

【覚醒技】腕部メガ粒子砲+腰部メガ粒子砲【薙ぎ払い】

[属性:照射ビーム][ダウン][ダウン値:][補正率:%]
「はっはっはっはっは!!」
腰部メガ粒子砲と両指のメガ粒子砲を同時に照射、両手を閉じるように動かして薙ぎ払う。
ビームが太いのでガード推奨。




対策

基本的には射撃の太くなったジオング。
しかし「あんなのは飾りです!」の『飾り』の部分が異様に強い。
宇宙世紀初期の機体だと侮ってはいけない。ジオン脅威の技術力を目の当たりにするだろう。

今作ではボス機体のルーチンが変化していることもあり、
A-8-3の完成機はシャアが乗っているのにも関わらず、難易度の関係上、飛び蹴りなどを使ってこない。
ただし、B-9-2の名無しの完成機は、覚醒技を含めたほとんどの技を使ってくる。

使用頻度は低下したものの、近距離でのスライディングは、その巨体と速度で非常に避け辛い。
横鞭武装を所持していることもあって、いつも以上に距離をとることが大事。
しかし大抵の射撃の攻撃範囲が広く、中距離程度では回避が難しい。シールドは常に念頭に入れておきたい。

基本的には足の止まるゲロビの照射を待ち、その隙にありったけ撃ちこむというパターンで削ることになる。
またスライディングを回避した着地に刺して削るのも有効。


コメント欄

更新内容のメモや編集方針に関する議論にご活用下さい

  • あの時、脚も付けてたらガソダムに勝てただろうに… -- (名無しさん) 2022-01-05 20:47:37
  • ジオング完成度の残り2割って上腕装甲や各種調整のことで足ではないってどっかで見たけど実際どうなん? -- (名無しさん) 2022-03-28 09:54:45
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
最終更新:2022年03月28日 09:47