ガンダム・バルバトス

作品枠 機動戦士ガンダム
鉄血のオルフェンズ
パイロット 三日月・オーガス
コスト 2000
耐久値 640
形態移行 なし
移動タイプ 通常
BD回数 6
赤ロック距離 11
変形コマンド なし
盾コマンド あり
覚醒タイプ 阿頼耶識
射撃 名称 弾数 威力 備考
メイン射撃 滑腔砲 5 70 誘導に優れる実弾BR
射撃CS 太刀【投擲】 - 70 横向けに投擲
レバーNサブ射撃 ガンダム・グシオンリベイク&流星号 呼出 1 グシオン:120
流星号:65-111-137
アプデで2機同時呼出に変更
グシオン単発強制ダウン
&流星号実弾BR連射
レバー入れサブ射撃 70-106-139
(グシオン:70)
(流星号:89)
突撃アシスト
特殊射撃 特殊移動 - - レバー入れで移動方向変化
射撃派生 滑腔砲 2 80 アプデで弾数が専用化
特射派生 メイス【投擲】 1 90 前作レバーN射撃CS
前格派生 メイス【突き】 - 110 旧前格闘
格闘 名称 入力 弾数 威力 備考
通常格闘 メイス NNNN - 211
前派生 太刀 N前N
NN前N
NNN前N
234
249
264
後派生 突き刺し&蹴り飛ばし N後
NN後
NNN後
229
236
243
前格闘 大型特殊メイス - 175 新規モーション。ダウン引き起こし
横格闘 横薙ぎ→蹴り→薙ぎ払い 横NN - 171
前派生 太刀 横前N
横N前N
229
242
後派生 突き刺し&蹴り飛ばし 横後
横N後
224
229
後格闘 格闘カウンター - 174 太刀で反撃
格闘派生瓦礫アタック 後N 70 実弾投擲
BD格闘 蹴り→振り上げ BD中前N - 124 伸びが良い
レバーN特殊格闘 メイス【振り上げ】 - 110 打ち上げて強制ダウン
レバー横特殊格闘 メイス【振り回し】 横特 - 95 その場で回転攻撃
レバー前後特殊格闘 メイス【叩きつけ】 前後特 - 80 ピョン格
覚醒技 名称 弾数 威力
F/S/R/MC
備考
覚醒技 滅多切り 1 326/281/287/280 乱舞技
後覚醒技 串刺し 304/278/290/276 全周囲格闘カウンター
格闘追加入力で成立しなくても攻撃可能


概要

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第1シーズンより、三日月・オーガスが搭乗するガンダムフレームの1機。
このバルバトスは第1期の中盤に活躍した第四形態で、厄災戦時代の仕様をテイワズが再現した姿。

劇中の活躍から格闘機として誤解されがちだが、シリーズ参戦以来そういった調整が行われたことは一度もない。
その実態は優秀なメイン射撃とピョン格で地道に有利を積み重ね、要所で高威力格闘を決めるシンプルな万能機。

本作では移行時の調整とアプデで地味に武装の配置変えが施行された。全体的に見れば強化が中心となっている。
特にアプデによるアシストの強化は目覚ましく、今まで以上に射線形成能力が上がっている。
元々2000の中ではかなり選択肢の多いエクシアと同等の攻めの手札を持っていたが、それらの質を高めたような形となっている。
単純にメインからキャンセル始動できる優秀なピョン格は、2000の中でも高いと評価できる部類の性能で、これに特殊移動ムーブも備えているため高い足掻き能力も存在する。

ただし射撃は全て実弾なのでかき消されやすい。鉄血系のお決まりの要素であるがバルバトスは特にこの点が厳しい。
特に主力となるメインは砲弾系に近い扱いなため特に判定が弱く、同じ実弾でもバルカン的なものにすら消されてしまう。これが最大の欠点。
敵対相性によって左右されやすい面があるとはいえこの点を立ち回りと読み合いでカバーできるのもバルバトスの強み。



キャンセルルート

  • メイン→サブ、特射、特格
  • CS→特射
  • サブ→特射、特格
  • 特射→サブ、特格、各格闘
  • 特射射撃派生→特射
  • 特格→特射
  • 各格闘→特射、特格
  • 格闘後派生→特射

射撃武器

【メイン射撃】滑腔砲

[常時リロード:3秒/1発][属性:実弾][よろけ][ダウン値:2][補正率:70%]
移動撃ち可能で爆風が無い実弾射撃。ポジションとしては他機体のBRと同様。
シンプルだが誘導性能等が優秀でかなり刺しやすい。
各種キャンセル元なので使うため無駄撃ちは厳禁。
常に2~3発はストックしておきたい。

【射撃CS】太刀【投擲】

[チャージ時間:2秒][属性:実弾][強よろけ][ダウン値:2?][補正率:80%]
右手の太刀を横向きに投擲する。
投げ放題の実弾射撃としては誘導や横幅に優れ扱いやすい。

発生が遅い事や足を止める上に射撃ボタンホールド自体がキツいので多用は出来ないがメインの節約を兼ねてちょくちょく使っていこう。
起き攻め拒否や押しつけにも使える便利な武装。
補正も緩いため、ここからの追撃はダメージを伸ばしやすい。


【サブ射撃】ガンダム・グシオンリベイク&流星号 呼出

[撃ち切りリロード:6秒/1発][属性:アシスト]
昭弘のガンダム・グシオンリベイクと、シノのグレイズ改弐(流星号)を呼び出す。
22/03/17のアップデートでクロブのトレンドとなった「異なる性能の2機同時呼出」系統のアシストへの変更。修正前とは全くの別物となった。
弾数は1発で、かつ消滅後リロード開始の仕様。だが、他の射撃が充実しているためむしろ変に抱えずに済む。
むしろ素のリロード自体は早いという利点の方が大きくなっている。
レバー入れで性能変化。

【レバーNサブ射撃】120mmロングレンジライフル&ライフル

【グシオン】[属性:実弾][ダウン][ダウン値:5.5~7↓?][補正率:%]
【流星号】[属性:実弾][よろけ][ダウン値:2?*3][補正率:%]
グシオンリベイクが120mmロングレンジライフルを1発、流星号はライフルを3連射。
グシオンの射撃は1発強制ダウン(S覚クロス時除く)で、よくある射撃CSの実弾版に近い。
実弾ではあるが誘導性能に優れ中距離以遠では頼れる弾幕・追撃要員。弾速はグシオン側のほうが早く、本機の単発最大火力でもあるため、各種コンボの〆にも使用可能か。
一方、流星号は実弾を3連射するもので、こちら側の弾だけでもフルヒットすれば強制ダウンする。
そのため、特殊射撃射撃派生が強制ダウンではなくなった現状、SAに対する最終手段と言えるかもしれない。

【レバー入れサブ射撃】グシオンリベイクハルバード&バトルアックス

[属性:格闘]
グシオンリベイクがハルバードで1段攻撃、流星号がバトルアックスで2連攻撃を行う。
最終段(流星号の2段目)はスタン属性で終わる。
確定所や近距離での追撃に。格闘後派生を絡めれば追撃火力も出せる。

レバサブ 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
グシオン1段目 (%) (-%)
流星号1段目 (%) (-%)
┗2段目 (%) (-%)

【特殊射撃】特殊移動

Nで直進、横で入力方向に回り込みつつ前進、後で真後ろに移動する高速特殊移動。
相も変わらずオバヒでも使用可能。
ここからサブ・各種格闘・特格へのキャンセルと専用の特射・射撃派生・前格が出せる。本作から特射・前格入力での派生動作が追加された。

派生や足掻き込みでバルバトスの根幹を成す武装。
サブを絡めたオバヒでの追込みや特格相互キャンセルでのダウン取りなど多種多様な使い方ができる。
オバヒをしていいという訳ではないが、高コストのブースト量に対し一方的に不利とならない動きをし続けられるだけで価値がある。
存分に使い込めば高コストからも足掻けるので是非身体に染み込ませたい。

【特殊射撃射撃派生】滑空砲

[撃ち切りリロード:6秒/2発][属性:実弾][よろけ][ダウン値:2.5][補正率:70%]
アプデにより、メインと弾数共有仕様から専用武装へと変化した。
ダウン値減少と、これ自体からも特射キャンセルが可能になっている。
このことから燃費が良くなった(後以外の)特射と各武装で追い回すためのパーツとして調整されたか。

この武装1発で強制ダウンは取れなくなったため、対SAにはNサブかN特格を使う必要あり。

【特殊射撃特殊射撃派生】メイス【投擲】

[撃ち切りリロード:10秒/1発][属性:強実弾][弱スタン][ダウン値:2][補正率:70%]
足を止めメイスを投擲する。
第2話でアインのグレイズに投擲した攻撃の再現。SEまでしっかり再現されている。
前作までのレバーN射撃CSが派生にお引越し。
単発火力が若干上昇し、弾速が強化。また弾の耐久がマシンガンやビットに耐える程度(30~70)に増加している。
CSでは無くなった恩恵として赤ロック保存が可能になった。
元々近距離特射で姿勢が乱れやすいバルバトスにおいて、真上真下お構いなく放たれるメイスは不用意な慣性ジャンプやステップを挟まない落下テクによく刺さる。
ただ依然射程は赤ロックギリ手前と言ったところ。メイン→後特射から投げると当たらない場合があるので距離感には注意。

元々適切な距離で使えば当たる武装ではあったが、セカイン等要せず距離を詰める中のワンコマンドで使えるようになったのは非常に使い勝手が良い。
リロードは武装単体の性能として考えると長めではあるが、格闘の布石とオバヒ足掻きで使いこなすべき武装となっている。

また、自身右上から放たれる性質上撃ち合いの中相打ち覚悟で投げた場合、実弾でありながら消されづらい性質がある。
オバヒになってどうしようもなくなった時にヤケクソで投げてみると意外な戦果を挙げる場合があるので最後まで諦めず。

【特殊射撃前格闘派生】飛び込み突き

フワ格軌道で飛び込んで多段ヒットする突き1段。
前作までの前格闘が派生限定攻撃に移行した。
伸びと判定に優れる差し込み向けの格闘。

前派生 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 突き (%) (-%)* *

格闘

【通常格闘】メイス

メイスで繰り出す縦殴り→柄突き→振り上げ→叩きつけの4段格闘。
最終段以外から前派生・後派生が可能。
最終段がバウンドダウンのためそのまま出し切っても状況は悪くないが、派生も強制ダウンを奪うので出し切る機会は少なめ。

通常格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 (%) (-%)
┗2段目 (%) (-%)
 ┗3段目 (%) (-%)
  ┗4段目 (%) (-%)

【N格/横格・前派生】太刀

鉄血系お馴染みとなった低火力・低補正・多段構成の連撃派生。
補正の軽いうちは火力が伸びるため始動パーツによく使われる。
生当てだけで見てもNNN前よりN前の方が伸びるため補正が乗っているようなら安直な派生はNG。

【N格/横格・後派生】突き刺し&蹴り飛ばし

手早く終わる高火力・重補正の〆用派生。
派生してからは足を止めるが中距離以遠からではカットより先に完走しがち。
突き刺しの補正が重く、蹴り飛ばしのダメージが高いためどこから派生しても最終段のダメージが変わりづらいのが魅力。ダウン値や補正が分からない時は安定択。

出し切りから特射キャンセル可能。基本的には後特射からの盾やキャンセルで隙消しに。

格闘派生 動作 累計威力(累計補正率) 単発威力
(単発補正率)
累計ダウン値 単発ダウン値 属性
N NN 横N N・横 NN・横N
┣前派生 (%) (%) (%) (-%)
(%) (%) (%) (-%)
(%) (%) (%) (-%)
(%) (%) (%) (-%)
(%) (%) (%) (-%)
(%) (%) (%) (-%)
┃┗2段目 (%) (%) (%) (-%)
┗後派生 (%) (%) (%) (-%)
(%) (%) (%) (-%)

【前格闘】大型特殊メイス

本作からの新規モーション。
レンチメイスで相手を挟んで掴み、チェーンソーでガリガリ追撃してから持ち上げて後方に叩きつける。21話にてカルタが乗るグレイズリッターの頭部を掴み投げ飛ばした動きか。
本来は第5形態地上戦仕様に改修された後から装備した武装。

初段はダウン引き起こし能力あり。
ただし特射からは派生専用の動作になってしまい、直接出せない点に気をつけたい。
特射の動作(技後硬直)終了からなら普通に出せるため、使いそうなら拾えるように練習しておこう。
ピョン格の共通調整でダウンしてしまうようになった為、拾えるこの格闘により多少なりともダメージを伸ばせるのは美味しい。

前格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 掴み (%) (-%) 掴み
追撃 (%) (-%) 掴み継続
叩きつけ (%) (-%) バウンドダウン

【横格闘】メイス【横薙ぎ】

横薙ぎ→回し蹴り蹴り→薙ぎ払いと肉弾戦とメイスを交互に繰り出す3段格闘。
回り込みでよく振るが出し切り性能は並。基本的には派生するようにしたい。
1・2段目からNと同じ派生あり。

横格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 (%) (-%)
┗2段目 (%) (-%)
 ┗3段目 (%) (-%)

【後格闘】格闘カウンター

右手に太刀を持ち、左手で瓦礫を盾のように構える。瓦礫には射撃シールドと格闘カウンター判定がある。
グシオン戦で瓦礫を盾にして攻め込んでいた時の再現。
派生の瓦礫投げ付けや成立後の太刀突き刺しも含めグシオンを仕留めた時の印象的なモーション。

特射からも出せるため強判定や発生の早い格闘持ち機体に対して釣りで出すことも可能。

【後格闘格闘派生】瓦礫アタック

構え中に格闘入力で持っている瓦礫を投げつける。
カウンターを見て相手が日寄った時など稀に使うか?
射撃武装だが、投擲後のモーションも虹ステに対応している。

後格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
成立時 (%) (-%)
(%) (-%)
(%) (-%)
格闘派生 (%) (-%)

【BD格闘】蹴り→振り上げ

貴重な非メイス始動の2段格闘。
特射からの格闘キャンセルを多用するため、あまり見ないが出し切りまでのスピードや伸びも優秀なので咄嗟の追撃に使える。

BD格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 (%) (-%)
┗2段目 (%) (-%)

【特殊格闘】メイス【振り上げ/振り回し/叩きつけ】

レバー入れで3種の攻撃を使い分け可能。
メインや特射、各種格闘からキャンセル可能。

【N特殊格闘】振り上げ

緩く踏み込んでメイスを振り上げつつ飛び上がり、打ち上げる。
単発で受身不可を取るためアドリブコンに。ぴょん格の弱体化に伴い〆+時間稼ぎの候補として選べるようになった。

【縦特殊格闘】叩きつけ

接地判定のあるピョン格。
メイン→(特射→)前後特格は攻めにおける基本的なピョン格ムーブ。
今作からのピョン格弱体によりバウンドダウンが失われたが未だ立ち回りの主力。

【横特殊格闘】振り回し

その場でメイスを横に振り回しながら2回転する。回転、吹き飛び方向ともに左で固定。
特射からキャンセルした場合のみ慣性を良く引き継ぐので、判定の押しつけが可能。
BD、ステップ中に使用した場合はほぼ滑らない。

特殊格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
N特格 振り上げ (-%)
横特格 振り回し (-%)
前後特格 叩きつけ (-%)

覚醒技

【覚醒技】滅多切り

太刀連続斬りからメイスで打ち上げ→投擲→引き抜いて爆発。
よくある格闘乱舞系覚醒技ではあるが本機は〆択の後派生があるため、完全な擬似タイマンや落とし切れる場面を除き、覚醒中被弾のリスクを背負ってまでコンボで無理に使う必要性は薄い。

そのため主な活用法としては伸びの良さを活かしたぶっぱかSAを活かした迎撃等になるか。

極限技 動作 威力(補正率) F/S/R/MC ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発(元値)
1段目 左薙ぎ 71/60/63/60(%) (-%) よろけ
2段目 右薙ぎ 128/108/114/108(%) (-%) よろけ
3段目 斬り抜け 182/154/162/154(%) (-%) スタン
4段目 かち上げ 225/190/201/190(%) (-%)* ダウン
5段目 投擲 258/224/236/223(%) (-%) スタン
6段目 掴み 265/230/242/229(%) (-%)
7段目 引き抜き ///250(%) (-%)*
8段目 爆破 326/281/287/280(%) (-%) (強制)ダウン

【後覚醒技】串刺し

太刀を持った姿勢で待ち構える格闘カウンター。
射撃バリア等はなく構え中は常時SAが付与される。
成立すると斬り抜け→跳躍して串刺し→膝蹴り→腹部を狙う滑腔砲密着撃ちで打ち上げ。
跳躍してからの串刺しはアニメにおけるバルバトス第四形態の初お披露目場面の再現。舞い降りる悪魔。
アプデにより、カウンターが成立しなくても格闘追加入力で技を繰り出せるようになった。
N覚醒技と比べて火力は劣るが、動作完了までの時間はこちらのほうが早い。

アプデ前は成立しない限り何度でも発動できたが、上記の仕様変更の代償に1回限りとなった。加えて直出し出来る変更により、威力もN覚醒技とほぼ同じに下げられた。
これを活かしてエピオン等の格闘しか手段が無い機体に対し連打して一方的な拒否を行うことも可能だったが、これは都合が良すぎたという事か廃止された。


後極限技 動作 威力(補正率) F/S/R/MC ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発(元値)
1段目 斬り抜け 71/60/63/60(%) (-%) スタン
2段目 串刺し 156/132/139/132(%) (-%)
3段目 膝蹴り 180/152/160/152(%) (-%)
4段目 滑腔砲 304/278/290/276(%) (-%)

コンボ

(>はステップ、≫はブーストダッシュ、→はそのままキャンセル キャンセル補正で威力が変動する物は()で併記)
特殊射撃射撃派生は特射メインと表記
特殊射撃特殊射撃派生はメイス投擲と表記
特殊射撃前格闘派生は特射前と表記
後格闘射撃派生は瓦礫と表記

威力 備考
射撃始動 メインと瓦礫は同威力同補正なので記述統合
メイン≫メイン≫メイン 147
メイン→特射メイン→特射メイン 158 〆をメイス投擲で162、N特格で170
メイン≫メイン→特射メイン 151
メイン→Nサブ(1hit) 151
メイン→レバー入れサブ≫メイン 170 〆が特射メインで171、メイス投擲で173、N特格で176
メイン→メイス投擲→特射メイン 181
メイン≫NNNN 194
メイン≫N前N 208
メイン≫N後 184 NN後で204、NNN後で218
メイン→N特 147
メイン→特射前→特射メイン 180
CS≫メイン≫メイン 161
CS→特射メイン→特射メイン 174
CS→メイス投擲→特射メイン 192
CS→メイス投擲≫Nサブ 202
CS→特射前→特射メイン 200 〆がメイス投擲で206、N特格で217、Nサブで222
CS≫N前N 240 NN前Nで239、NNN前Nで240
CS≫N後 222 NN後で225、NNN後で246
特射メイン→特射→N前N 218 アプデで追撃可能に。初段から派生推奨(NN前で199、NNN前で205)
特射メイン→特射→N後 194 アプデで追撃可能に。NN後で214、NNN後で228
メイス投擲≫メイン≫メイン 167
メイス投擲≫メイン→特射メイン 171
メイス投擲→特射メイン→特射メイン 178
メイス投擲≫N前N 228 NN前Nで221、NNN前Nで231
メイス投擲≫N後 204 NN後で224、NNN後で248
メイス投擲→特射前→特射メイン 214
???
N格始動
NNNN→特射メイン 259 メイン〆で242
NNNN>NN後 285
NNNN>前 267(248) ()はダウン拾いになった場合
NNNN>特射前 253
NNN前>NNN後 302 非覚醒デスコン候補
???
前格始動
前>前 262(236) ほぼ動かない。()はダウン拾いになった場合
前(出し切り前)>N特格 273 ガリガリ後、持ち上げた際に虹ステ
???
横格始動
横>NNNN→特射メイン 231 〆をメインで229、N特格で238、Nサブで240
横前>NNN後 282
???
後格始動
???
BD格始動
BD格N→特射メイン 176
BD格N>N特格→特射メイン 227 特射メインへの繋ぎは横特射か後特射
BD格N>N特格>前後特格 215 バウンド〆ではなくなったため注意
BD格N>N前 217 NN前は222、NNN前で228。いずれも前派生最終段の前にダウンする
BD格N>N後 231 NN後で247、NNN後で258
???
特射前始動
特射前→特射前→特射前 223
特射前→特射前→特射メイン 230 N特格〆で245
特射前→特射→N後 244 NN後254、NNN後272
特射前→特射→N前N 263 NN前Nで260、NNN前Nで264
???
特格始動
N特格>前→特射メイン 249(216) ()はダウン拾いになった場合
前後特格>前→特射メイン 218 前後特格の接地硬直解除と相手の起き上がりがほぼ同時のため、
オバヒ状態からブーストゲージ回復しつつダウン拾いは出来ない
横特格>前→特射メイン 229(198) ()はダウン拾いになった場合。〆がメイス投擲で232(201)、N特格で237(206)、Nサブで240(209)
???
覚醒中 F/S/R/MC
メイン>NNNN>N覚醒技 318/289/304/286 後覚醒技〆で259/236/246/233
CS>NNNN>N覚醒技 353/323/342/320 後覚醒技〆で301/270/284/276
NNNN>N覚醒技 357/330/349/329 後覚醒技〆で326/281/295/280
NNNN>NNN>N覚醒技 366/351/357/350 後覚醒技〆で347/298/315/297
特射前>N覚醒技 348/304/323/303 後覚醒技〆で334/295/309/293
特射前→特射前>N覚醒技 356/321/340/320 後覚醒技〆で327/282/296/281
横NN→特射→横N後 311/??/??/?/?? 入力は左特射
BD格N>N覚醒技 329/287/305/286 後覚醒技〆で310/272/285/270
BD格N>NNN前>N覚醒技 358/323/351/322 後覚醒技〆で324/280/294/279
??/??/??/??/??
F覚醒中
N前>N前>N前(5)>N覚醒技 372 後覚醒技〆で355
NNN前>NNN前>N覚醒技 376 デスコン候補。後覚醒技〆で358
特射前→特射前→NNN前>N覚醒技 371 後覚醒技〆で353
特射前*3>N覚醒技 362 後覚醒技〆で335
??/??/??/??/??

戦術

アニメの様に豪快にメイスを叩きつけにいきたいが本機はどちらかと言えば射撃寄り汎用機としての強みを持っている。
格闘を振るとなると無策で突っ込める程の性能はなく、返り討ちに合うのがオチ。
射撃と特射での特殊移動を駆使して相手を翻弄させながら堅実な一発を当てて行きたい。

その射撃戦では誘導が良いメインや発生は遅いが横回転にカタナを投げる射撃CSで着地や安易な慣性移動を丁寧に狩る。
サブのアシストはN入力が光り流星号の弾幕とグシオンの狙撃撃ちで遠方でも着地も狩りやすい。
射撃戦は割りとこなせる方だがこれだけではダメージは安いので特射の特殊移動でしっかりと距離を詰めて格闘戦に持ち込もう。

バルバトスの肝となる特射の特殊移動は様々な派生やキャンセル先を持ち、オバヒでも使用出来る事から真っ先に覚えたい動きである。
しかしアップデートにて主力の特射射撃派生の滑腔砲がメイン弾倉ではなく専用弾倉で使用する変更がなされ、誘導が良くなり当てやすくなった反面1発だけではダウンせず肝心な時に弾切れを起こしやすくなった。
前作以前から使い込んでいたプレイヤーは弾数管理もしっかりと行うようにしたい。

総じて機敏な動きで射撃戦をこなしつつ、息切れ防止も兼ねてどこかで格闘を刺せる隙を作りにいく機体であり、どちらか一辺倒の動きではその手のカテゴリーの機体の劣化となりがち。
ピョン格やカウンターを持っているので疑似タイや乱戦を得意とするが、滑腔砲関連の誘導も良いため放置されてもある程度射撃で隙を撃ち抜けにいける。

短所として鉄血機体共通の弱点である射撃が実弾オンリー故に簡単に弾が消されてしまい、弾幕が激しい機体や移動撃ち照射ビーム持ちには特に射撃が消されがちで思うように動けなくなる。
強引に攻め込む機体ではないので苦手な相手はいっそ相方に任せるなど、決して単独で無茶な事はしないように。

EXバースト考察

「今はとりあえず、あんたが邪魔だ…!!」
  • Fバースト
格闘攻撃補正:+18% 防御補正:-5%
格闘を振りにいく機体ではないため、相性最悪という程ではないがやや博打。
射撃始動格闘キャンセル等を生かせば、高火力なバルバトスの火力を押し上げられるのはやはり強い。

  • Sバースト
射撃攻撃補正:+2% 防御補正:-5%
シリーズを通しての基本。
強力なメインを連打できるようになる。
この一点がとにかく強力で、それを目的に選ばれやすい。
アメキャン等が解放されることも単純に強力。
ブースト回復の低さだけが難点だが、ピョン格も活かしつつ運用すればある程度は緩和可能。

  • Mバースト
足が早くなるため、ただでさえ優秀なメインを押し付けやすくなる。
ただ固定でもシャッフルでも中途半端になりがち。
特殊移動も多用する本機としてはそれらに補正が乗らないのもマイナス。

  • Rバースト
攻撃補正:+5% 防御補正:-10%
格闘の発生が遅いため割合活かせないこともないが、やはりSAで強引に攻められるほどの追従性能はない。

  • Cバースト
固定での選択肢の一つだが、S覚醒の破壊力を捨ててまで選ぶ価値があるかと言われればかなり微妙。

僚機考察

射撃戦が主軸だが格闘戦もこなせる上に機敏に動ける為案外相方選びには苦労しない。
とは言え相方として選ぶのならやはりパワーのある3000コストが望ましい。

3000

鉄板となるコスト帯であり特段苦手な相手は居ない。
どちらかと言えば3000に合わせる事がメインとなる。

2500

コストオーバーが緩いので前のめりでも戦い易いが、性能差で押しきられる事もあるのでしっかりと連携するように。

2000

安定の事故コスト帯。
中途半端な射撃戦では弾の質でも数でも負けるので、相方と足並みを揃えつつ爆弾気味で突っ込むと良いだろう。
覚醒も半覚2回を目刺し、いかなる時も相方に負担をかけない立ち回りを心がけたい。

1500

覚醒の回数で圧倒する。
相性は良い方だが堅実な動きでは2000コスト同様押しきられるので、こちらもガンガン噛みつきにいくこと。

対策

誘導の良いメインと特殊移動でひたすらへばりついてくる。
射撃で此方との距離を測りつつ、特殊移動で距離を詰めて格闘を仕掛けてくることもある実弾汎用機。

近づけなければ良いと思いたいが撃ち合いも得意であり、此方から距離を詰めてもカウンターや横特格の薙ぎ払いによる迎撃能力も高い。

一見して隙は無い様に見えるが、とにかく弾切れを起こしやすいのがバルバトスの欠点であるので意外とガンガン噛み付きには来れない。
特に特射射撃派生が専用弾倉を使う様になったことで弾切れに拍車を掛けるようになった。
また鉄血機体の共通弱点である弾が消されやすい事もあり、ビーム弾で距離を詰めるとバルバトスとしても動きにくくなる。

堅実な射撃戦を展開できれば、いずれ弾切れとなるバルバトスは、素直に退くか博打で近距離戦を挑むかの2択になりやすい。
弾幕の質も油断は出来ないが強引なものはないので、3000や2500の射撃寄り機であれば困ることはないだろう。


チャレンジミッション

【機体ミッション】ガンダム・バルバトス

ミッション EXP 期待値
5回対戦せよ 50 300
対戦で3回勝利せよ 50 250
対戦で累計10機撃墜せよ 200 600
対戦で1バトル中に700ダメージ与えろ 100 1500
トライアドバトルでコースを3回クリアせよ 50 -
推定所要対戦数:341戦

EXP 報酬
5000 コメントパーツ バルバトス
三日月
鉄華団
10000 コメントセット 俺は[オルガ]に言われたんだ。[あんた]をやっちまえってさ!
15000 称号文字(ゴールド) 一刀両断
20000 スタンプ通信 ねぇ、次はどうすればいい?
25000 チケット アイテム交換チケット×1
30000 称号文字(プレミアム) 一刀両断

【キャラクターミッション】三日月・オーガス搭乗機[EX]

ミッション EXP 期待値
5回対戦せよ 50 300
対戦で3連勝せよ 100 200
対戦で1バトル中に2機撃墜せよ 100 1000
対戦で被ダメージ600以内で勝利せよ 100 200
対戦でダメージ600以上与えて勝利せよ 100 1500
推定所要対戦数:188戦

EXP 報酬
10000 ゲージデザイン ガンダム・バルバトスルプスレクス
20000 衣装 地上戦(ガンダム・バルバトス)
地上戦(ガンダム・バルバトスルプス)
地上戦(ガンダム・バルバトスルプスレクス)

外部リンク


コメント欄

更新内容のメモや編集方針に関する議論にご活用下さい

  • 初代もそうだったし、今作のカウンター投擲派生は格闘入力に統一なのかね?前作とコマンド変わってるなら事故防止のためにもちゃんと書いておくべき -- (名無しさん) 2021-04-25 19:44:19
  • CSの説明欄に「スタン属性」とありますが(おそらく強)よろけです。修正お願いします。 -- (名無しさん) 2021-08-24 21:13:44
  • 複数アシスト持ちは今後2つにまとめて簡略化にするのかねぇ…まぁ自分は一向に構わん! -- (名無しさん) 2022-03-12 01:00:03
  • アプデ発表後になっちゃいましたけど前作wikiのコンボ実測して -- (名無しさん) 2022-03-12 04:21:42
  • 記載しました。(途中送信してしまうなどと) -- (名無しさん) 2022-03-12 04:23:05
  • サブとかダメージいじられてるみたいだけど数字系大丈夫? 更にアプデで性能変わるの確約されてる所も多いし -- (名無しさん) 2022-03-12 08:42:16
  • 特射メイン強制ダウンのままで良かっただろ! -- (名無しさん) 2022-03-12 11:06:38
  • 3/17アプデ項目欄に射撃CS:チャージ時間短縮(3秒→2.5秒)ってあるけど今作移行時にCSのチャージ時間増えてたっけ? -- (名無しさん) 2022-03-16 08:04:03
  • 前作2.5秒だから変わってなければ2.5→2.0かな アップデート後に検証したほうがいいかも -- (名無しさん) 2022-03-16 08:21:04
  • 消されずらいとかいう幼稚園児レベルの誤字を修正 -- (名無しさん) 2022-04-09 22:42:58
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
最終更新:2022年05月26日 18:34
添付ファイル