アッガイ

作品枠 機動戦士ガンダム
パイロット アカハナ
コスト 1500
耐久値 480
形態移行 なし
移動タイプ 地走
BD回数 6
赤ロック距離 10
変形コマンド なし
盾コマンド あり
覚醒タイプ 格闘寄り汎用1
射撃 名称 弾数 威力 備考
メイン射撃 バルカン 90 9~114 キャンセルルートが豊富なMG
射撃CS アッガイ 呼出 - 90 壁や建物に当たると跳ね返る
自機にも当たる
サブ射撃 6連装ミサイル・ランチャー 5 90 動き撃ちできるBZ
特殊射撃 ジュアッグ 呼出 3 45~110 射撃バリア付き
レバーNで誘導/レバー入れで拡散
レバーN特殊格闘 アッグ 呼出 3 91 地上/空中で突撃方法が異なる
レバー入れ特殊格闘 アッグガイ 呼出 95 地走で相手に近付きヒートロッド
格闘 名称 入力 弾数 威力 備考
通常格闘 クロー NNN - 191 比較的高火力
射撃派生 頭部バルカン N射 115 その場で頭部バルカンを20連射
NN射 170
前格闘 ヘッドスライディング - 85 空中では斜め下に滑り込む
横格闘 回転パンチ 横N - 132 判定に優れる
後格闘 ジャンプ叩きつけ - 90 ピョン格
BD格闘 ローリングアタック BD中前N - 128 前転しながら高速移動
格闘CS スピンアタック 格闘CS - 90 地上/空中で挙動が異なる
覚醒技 名称 弾数 威力
F/R/S,M,C
備考
覚醒技 アッガイ3体 呼出
【ローリングアタック】
1 143/134/130 壁や建物に当たると跳ね返る
自機にも当たる
突撃前に待機状態あり


概要

『機動戦士ガンダム』に登場した水陸両用MS。パイロットはジャブローで搭乗した工作兵アカハナになっている。
ザクIIの動力部品を流用したことで生産性を高めており、状況に応じて変更可能な両腕、ステルス性の高さなどから偵察任務に多く使われた。

各種アメキャンや後格などによる変則的な機動と、ジュアッグ等の優秀な近接択を駆使して相手の読みの及ばないレベルまで攻め立てていくタイマン・荒らしに長けた機体。
原作ではここまでチャーミングな動きはしておらず、ほとんどのモーションはオリジナルとなる。
他機体とは比べるべくもなく圧倒的なアシストの回転率の良さを誇り、ガンガン使っていけることがアッガイの最大の特長であり個性である。
愛らしいアクション、滑空降下するBDを行うのとは裏腹に、武装の相互キャンセル、ズサキャンなどの多くのテクがあり、実は職人向け。
素のブースト性能は低めかつ地走であるが、後格によってそこそこ機敏な空中機動が可能であり、全体的な機動性は悪くない。

前作との変更点は少ないものの、サブ射撃の弾数増加や新ムーブの追加を筆頭に総合的には強化されている。
本機のコストアップ版としてハマーン搭乗機があるが、隙消しの格闘CSや移動量の大きいBD格、使い勝手の良い覚醒技などで、独自の運用を見出せる。
BD格や後格の移動量の大きさ、アッガイ呼出によりハマーン搭乗機よりは若干放置に強く、遠距離からも荒らしが狙える。
かなりの練習を必要とする分、地道かつ大胆に振る舞えば、その変則機動を活かして3000コスト達に一杯食わせるポテンシャルをも秘めている。
是非とも使いこなして、ステルス性の高さだけに留まらないアッガイの真の力を見せてやろう。

  • リザルトポーズ
通常時:右手を突き出した状態でクローを開く。かわいい。
特射特格アシスト出現時:ジュアッグ、アッグ、アッグガイの3機に囲まれて、上空のカメラに向けて手を振る。とてもかわいい。
覚醒中:着地して、伸ばした腕を構える。かわいい。
敗北時:体育座りをする。かわいい。ジャブロー内部潜入中の再現。


キャンセルルート

  • メイン射撃→サブ・特射・特格・前格・後格
  • 射撃CS→後格
  • 格闘CS→特射・特格
  • 特射→メイン・特格
  • 特格→メイン・特射
  • 後格→特射・特格

射撃武器

【メイン射撃】バルカン

[撃ち切りリロード:5秒/90発][属性:実弾][5hitよろけ][ダウン値:0.2/1発][補正率:-3%/1発]
腕に内蔵されたバルカン砲による射撃。1クリックで3連射、長押しで最大15連射可能。
他機体のマシンガンに相当する武装だが、集弾性は劣悪で、オバヒでもない限りよろけを取りにくい。
当てることは考えずに、牽制目的で撒いていこう。
後格や空中アッグで相手を追う場面で軸を合わせるように撃つと若干当てやすいか。

キャンセルルートの豊富さが最大の利点。
サブ、特射、特格、前格、後格へキャンセル可能。後格へのルートによって中々機敏に動ける。
特射、特格からのキャンセルルートもありアメキャン落下にも対応している。

【射撃CS】アッガイ 呼出

[チャージ時間:2.5秒][属性:アシスト/格闘][特殊ダウン][ダウン値:][補正率:%]
「我らの命、ジオンの為に!」
体育座りしたアッガイを目の前に呼び出し、相手に向けて蹴り転がす。通称アッガイピンボール。
漫画「アッガイ北米横断2250マイル」で丸まったアッガイを投げ転がし、ボウリングのように敵機を撃破したシーンが元か。
前作格闘CSが射撃CSに移行。メインがMGの本機は暴発しやすいので注意。
アッガイは地形に沿って転がり、建物や壁に当たると跳ね返る。転がっているアッガイ同士がぶつかるとお互いに跳ね返し合う。
射撃属性のようにも思えるが、判定は格闘なので射撃バリアの影響を受けない。転がって突撃していると考えるとよい。

転がされたアッガイは10秒間場に残り続ける。
転がしたアッガイで相手の笑いを誘い、集中力を削るための技…ではない。
相手に狙いを定めて当てるというよりは、長時間場に残る特性を活かして、トラップとしていくつも仕掛けて使うことになる。
基本的に事故当て目的の武装だが、自分にも当たりうる危険な武装。
転がる速度はそこまで速くないので、地上で転がした直後に前へBDすると確実に自分に当たる。BDするなら横や後ろへ。

ネタの域を出ないうえに味方を邪魔してしまうこともあるとはいえ、地走機体を多少邪魔できるくらいの鬱陶しさはある。
体力調整などであまり前に出たくないときにバラ撒いておく手段にもなる。
後格にキャンセルできるが自滅リスクが高い。自分から攻撃を食らってダウンしたい時は一考の余地ありか。
ちなみに、この攻撃で撃破されたとき専用のアカハナのセリフがある。

【サブ射撃】6連装ロケット・ランチャー

[撃ち切りリロード:8秒/5発][属性:実弾/爆風][ダウン][ダウン値:約2.5(弾頭/爆風)][補正率:70%(弾頭-20%/爆風-10%)]
単発のロケット弾を放つBZ系射撃。6連装とは名ばかりで弾数は5であることに注意。
弾頭70、爆風25ダメージ。
動き撃ちが可能なので、他の機体の単発ダウンのBRのように扱うとよい。
ヒット時に真上に打ち上げるため追撃も狙いやすい。

【特殊射撃】ジュアッグ 呼出

[撃ち切りリロード:6秒/3発][属性:アシスト/実弾][よろけ][ダウン値:約1.0/1発][補正率:-30%/1hit]
「ジュアッグ!援護を!」
ジュアッグ2体がランチャーを12発拡散発射。1hit45ダメージ。
レバーNではプレイヤーから見て前方に現れて誘導のある弾を発射する。
レバー入れで入力方向にずれた位置、レバー後では真後ろに現れて誘導のない弾を発射する。
アシストとしては珍しく先に呼んだ機体が場に残っていても続けて呼び出しが可能。

アメキャンを始めとしたキャンセルルートが豊富な上に射撃ガード付きでズサキャンも可。
しかも発生、弾速に優れ、拡散発射される範囲は広くてステップも引っ掛けやすいと至れり尽くせりの性能。
特に近距離では強力で、迎撃にも使える自衛の要。アッガイの生命線その1

しかし威力に対して補正やダウン値が重く、格闘で追撃しても大ダメージは見込めないのでサブか再び特射で手早くダウンさせた方が良い。
レバーNでの誘導は強いが、一度弧を描くため相手に届くまでに時間がかかり、逆にかわされやすい。
おまけに誘導が強いゆえに弾の軌道が一つに収束して引っ掛けやすさが失われてしまうため、基本はレバー入れ推奨。

主な用途は射撃ガードを展開しながらのズサキャン。これによる着地保護、硬直短縮で安全にブーストを回復できる。
弾切れ時も空振りモーションをするためズサキャンは可能。
ズサキャンに使う際は、着地保護のために滑る方向にレバーを倒して呼び出しておくとよい。

【特殊格闘】アッグ/アッグガイ 呼出

[撃ち切りリロード:7秒/3発][属性:アシスト/格闘]
Nでアッグ、レバー入れでアッグガイ。弾数は共有で、特射と同じく複数呼び出し可能。
アッグを呼び出すときのアッガイの動作は、ジャブローの連邦軍の監視基地を破壊した後に振り返ったところの再現。

近距離でこれらを盾させると長時間敵を固められるのでめくりやすい。
アッグは地上と空中で性能が変化するが、いずれも命中すると多段hitのスタン。

【地上時N特殊格闘】アッグ 呼出【土竜攻撃】

「アッグ! 侵攻しろ!」
地面に潜り相手の真下から飛び出して攻撃。飛び出した後は誘導せずそのまま上昇する。
他に類を見ない特異な攻撃方法だが、誘導が弱くほとんど当たらない。飛び出したタイミングが敵機の着地と合わさればラッキー…程度。
一旦地面に潜ることから破壊されにくい。メインからの盾めくりやカット耐性の低い格闘のセルフカットに使えることがあるか。

N特殊格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 突撃 91(72%) 25(-7%)*4 *4 スタン

【空中時N特殊格闘】アッグ 呼出【突進】

「さっさと行け!」
空中で一旦停止し、その後徐々に加速しながら相手に突進する。1hit10ダメージ*10。
誘導はそこまでだが、アッグ自体の判定が大きく、移動速度の遅さから逆に不意討ちするように引っ掛けやすい。
各種特格の中で抜けて性能が良く使いやすい。後格を生かした空中戦も出来る事もあって、特格はこれだけで良いレベル。

攻撃時間は長めなので追撃しやすいだけでなく、格闘コンボの最後に呼び出して離脱し放置させておくのも有効。
このアッグを呼び出し続けることで、相手に圧をかけながら攻めに行ける。

N特殊格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 突撃 91(70%) 10(-3%)*10 2.0? 0.2*10? スタン

【レバー入れ特殊格闘】アッグガイ 呼出

「アッグガイ! 援護を!」
地上を走って相手に至近し、腕から伸ばした触手状のヒートロッドで攻撃する。
前作に引き続き、なぜかZZに登場したタイガーバウムのコレクション仕様カラーのままとなっている。本機はハマーンアッガイではないのだが…。

本作でもN特格とは比べるべくもなく、性能が低い封印推奨コマンド。だがアッガイの激しい動きについて行けず、始めのうちはレバー入れミスで出してしまいがち。
少しずつ前進しながら攻撃し、命中後相手に追従しない。
よって壁際にいる相手に当てても相手がアッグガイに押されて横にずれてしまい、1,2発しかヒットしないことが多い。

レバー入れ
特殊格闘
動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 右ヒートロッド 30(95%) 30(-5%) よろけ
2段目 左ヒートロッド 59(90%) 30(-5%) よろけ
3段目 右ヒートロッド 95(%) 40(-%) よろけ

格闘

両腕のクローを駆使する。
後格を始め基本的には姿勢制御用だが、1500の格闘としては一部強力なものを持っている。
疑似タイマンなど確定どころでは狙えなくもない。

【通常格闘】クロー

「出世したいんだよ!」
両腕で何度も殴りつける。
08MS小隊で陸戦型ガンダムの頭部を破壊したフックに似る。
初段の伸びや出し切り威力には優れるが、動作が緩慢でカット耐性は微妙。

【通常格闘射撃派生】頭部バルカン

足を止めて頭部バルカンを連射。
20連射するが、生当て1段目からの派生でも16発目で強制ダウンする。
威力の低さに対して補正が非常に重たく、出し切りにすら劣る。コンボの〆にも不向き。
初段から当てても強制ダウンを奪えるのは数少ないメリットと見るべきか。

通常格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目(1) 右フック 30(90%) 30(-10%) よろけ
1段目(2) 左フック 62(80%) 35(-10%) よろけ
┣射撃派生 バルカン 115(%) 5(-3%)*16 *20 よろけ
┗2段目(1) 右フック 94(72%) 40(-8%) 2.0↑ よろけ
 2段目(2) 左フック 130(64%) 50(-8%) よろけ
 ┣射撃派生 バルカン 170(%) (-3%)* *20 よろけ
 ┗3段目 叩きつけ 191(%) 95(-%) バウンド

【前格闘】ヘッドスライディング

地上で使うと地面を滑り、空中で出すと斜め下に滑り込む突撃1段。
地上では走って敵に近寄ってから飛び込んで滑る。かわいい。
滑っている最中は接地判定があり、OHしなければステップすることで即座にブースト回復可能。
緑ロックで使うとその場で斜め下に降下するため、高度を下げてズサに繋げることもできる。
敵との位置関係にもよるが、意識しておいて損はない。

前格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 滑り込み 85(80%) 18(-4%)*5 *5 ダウン

【横格闘】回転パンチ

回り込んで両腕をぐるぐる回して前進しながら叩きつける。通称駄々っ子格闘・パンチ。
後格闘にも言えるが、伸ばした腕を叩きつける動きは08MS小隊で陸戦型ガンダムに行った攻撃に似る。ただ、そのときと違ってクローは収納されていない。
行動が速く判定にかなり優れ、巻き込み力が高い。
出し切ってしまうと追撃が難しいため、出来れば3ヒット目でキャンセルしてコンボに繋ぎたい。

横格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目(1) 右叩きつけ 28(90%) 28(-10%) よろけ
1段目(2) 左叩きつけ 60(80%) 35(-10%) よろけ
┗2段目(1) 右叩きつけ 95(72%) 45(-8%) よろけ
 2段目(2) 左叩きつけ 132(%) 51(-%) ダウン

【後格闘】ジャンプ叩きつけ

跳び上がり、前に大きく進んで叩きつけるピョン格の一種。
高度は稼ぎにくいが前方への移動力に優れる。
メインからキャンセル可能で、ヒットに関わらず特射・特格でキャンセル可。
飛び上がった瞬間にキャンセルすると大きく移動しながら弾幕を張ることができる。
地上にいるときでもこのキャンセルでアッグを呼び出せば、土竜攻撃でなく突撃させることができる。

後格→特射→メイン→後格→特射→メイン…のアメキャンや
後格→空中N特格→メイン→後格→空中N特格→メイン…
というキャンセルループは目を見張る追い性能がある。アッガイの生命線その2。

後格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
1段目 叩きつけ 90(-%) ダウン

【BD格闘】ローリングアタック

「真面目に戦え!」
一瞬溜めてから体育座りで前転。通称飛鳥文化アタック。
移動速度が速いため、移動手段に使うことがほとんど。前転中にレバー入力で少し進行方向を変えることができる。
前転中はブーストが減らないため効率の良い移動ができる。
放置されそうなときに距離を詰める択として使うとよい。

BD格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目(1) ローリング 92(%) 14(-3%)*7 *7 よろけ
1段目(2) 体当たり 128(%) 45(-%) ダウン

【格闘CS】スピンアタック

[チャージ時間:1秒][属性:格闘]
今作からの新規武装。機体の状態で動作が変わる。
地上では右足を軸に片足立ちしてキャメルスピン、空中では大の字の姿勢で横回転しながら落下する。
こちらも漫画「アッガイ北米横断2250マイル」で見せた回転攻撃が元か。
地上で使用したときは接地判定を残したまま回転する。
空中なら慣性落下に移れる?

とにかくかわいいモーションで、その愛くるしさで相手を魅了し、戦意を失わせるための技…ではない。
その本領はOH上書きや地上でのズサステップを仕込むための前アクション。
地上で使用して虹ステしたときは大きく慣性が乗るため、地上で動きを止めずにブースト回復ができる。
性能はラゴゥの特格に近い。格闘CSのため、特射と使用ボタンが被らず慣れれば併用しやすい。
もちろん特射を消費せずにズサキャンしたいときにも有用。虹ステを挟めるので振り向き撃ちが発生しないのも強み。

これにより従来以上に回避能力を高めることが可能。
チャージが短いため積極的に使っていきたいが、暴発には注意。

格CS 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
1段目 スピン 90(-20%) 2.0? 特殊ダウン

覚醒技

【覚醒技】アッガイ3体 呼出【ローリングアタック】

「これで仕留める!」「一斉にかかれ!」
アッガイ3機を頭上に呼び出し、同時に転がすアシスト攻撃。
射撃CSとは異なり出現直後はその場で回転しながら待機し、3秒経過後か本体の攻撃入力に連動して動き出す。
待機時間を長く置くほど転がる速度が上がる。
3機は自機から見て前→左→右の順に時間差で呼び出すため、呼び出す際に慣性が乗っていると僅かにズレた位置に現れる。

突撃を始める前の待機状態から攻撃判定を持つ。そのため格闘間合いで出せば発射前でも直接当てることが可能。
突撃してくる相手にカウンターのようにして出すなどすれば、大きさも相まってかつてのリボーンズガンダムのガガのように障壁として大きな効果を発揮する。
単発高火力の受身不可打上ダウンのため、打ち上げてコンボの中継ぎに使ってダメージを伸ばすことも、〆に出して放置することもできる。

今作では両脇のアッガイが斜め向きに転がり始めるようになった。
些細な変化だがより不規則な軌道で転がすことができるため、事故当てさせやすくなった。

コンボ後の起き攻めにタイミングを合わせやすく、位置が良ければ壁反射を利用して強力な地走殺しも可能。
自爆のリスクはあるもののほぼ出し得武装。事故当てを狙って強気に発動していこう。

極限技 動作 威力(補正率) F/R/S,M,C ダウン値 属性
1段目 アッガイ 143/134/130(-%) 特殊ダウン

コンボ

(>はステップ、≫はブーストダッシュ、→はそのままキャンセル キャンセル補正で威力が変動する物は()で併記)

威力 備考
射撃始動
サブ≫サブ 152
サブ≫メイン任意発(≫サブ) ???
特射(1,2hit)≫サブ≫サブ弾頭 135,117 ジュアッグヒット時の追撃
特射(3,4hit)≫サブ弾頭 102,107
空中N特格≫サブ(≫サブ弾頭) 153(181)
空中N特格→メイン任意発→サブ ?~? キャンセル落下しながら追撃
空中N特格≫空中N特格(≫サブ弾頭) 153(181) 複数のアッグが続けてヒット
空中N特格≫NNN 213
N格始動
NN>NNN 231 火力高め
横格始動
横N(1段目)>NNN 183
横N(1段目)>横N 162 手早く終わる
BD格始動
???
覚醒中 F/S/R/M,C
NN→覚醒技 236/241/221/241 覚醒技コンボ
火力の底上げ、放置択に
NN>NN→覚醒技 268/214/251/214
横(N(1hit))→覚醒技 181/164/169/164
(209/189/197/189)
横→覚醒技≫NNN ??/??/??/?? 高火力
F覚の伸びでないと拾えない?

戦術

多数のアシストを駆使して相手の視点を奪い、被弾を避けつつスタンやよろけを取って拘束していく、疑似タイに強い機体。
足の止まらないメイン、サブや豊富なキャンセルルートは、使いこなせば軸をずらし続けることが可能で、近距離における射撃戦には強い。
アシストがうまくハマれば、相手に反撃を許さず、一方的にハメて撃破することも可能である。

そのアシストの中でもジュアッグと空中のアッグが優秀なので、有効に活用できるようにしたい。
アメキャンにはN特格をメインにして、射撃防御がある特射は着地保護や迎撃に使うとより被弾しにくくなる。

立ち回りとしては、赤ロックの短さから程々に前に出つつ、かつ存在感を出しすぎないよう弾をバラ撒いていく。
一度狙われた場合はまずブースト有利を取る必要があり、ピョン格や降りテク、ズサキャンを駆使して、ブーストを回復していかなくてはいけない。
上昇の速いピョン格を持つため、地走機体の中でも珍しく横封鎖の攻撃に強い。地走と侮って安易に範囲攻撃を撃ってくる相手の度肝を抜いてやろう。

欠点は、遠距離では武装が機能しないことと、外れコマンド「アッグガイ」の存在。
無視されていると感じたら、移動の速いBD格や後格で近付きたい。
アッグガイの存在は使い始めには特に厄介で、レバーが忙しいこの機体では暴発しやすい。しっかり封印出来るようになることが、アッガイ使いの初歩と言える。
何かとネタ扱いされることが多い機体だが、性能面でのネタ成分は一切無い。
逆にネタにした相手に一泡吹かせるようなプレイで、虚飾の無いジオン魂を示威したい。

EXバースト考察

「さぁさぁ、念仏唱えたか!?」

  • Fバースト
格闘攻撃補正:+10% 防御補正:-20%
立ち回りの要となる後格を始めとする格闘強化の恩恵を受ける。
元々射撃のキャンセルルートは十分過ぎるくらい持っており、それに射撃→格闘キャンセルが付く形となる。
強力な横格やN特格のアッグなど、色々活用して底上げされた格闘火力でダメージを取りに行きたい。
当然リスク覚悟で突っ込むわけだが、覚醒落ちには気をつけよう。

  • Sバースト
射撃攻撃補正:+5% 防御補正:-20%
元々キャンセルルートが豊富な上、メインがMG系統で、全ての武装が撃ち切りリロードかつ弾数が多いので恩恵は少ない。
ブースト回復量の少なさもネックで、総じて相性は悪い。

  • Mバースト
機動力を上げる汎用的な選択肢で、詰めにも逃げにも使える。
後格→アメキャンにブースト強化が合わさることで、縦横無尽にフィールドを跳び回ることが可能になる。
BDも上手く扱うことが大事。

  • Rバースト
攻撃補正:+3% 防御補正:-25%
非推奨。アッガイはSAで格闘を叩き込むような機体ではない。

  • Cバースト
低耐久・低機動力・荒らし重視の性能から半覚抜け出来るのはかなりのメリット。
しかし、抜けたところでその後のフォローが難しく、消極的かつ安定だからこそ、アッガイのような特異な機体には不釣り合い。

僚機考察

追われると怖いが放置されても困る機体+荒らし重視の機体なので、相方も荒らし重視の機体だと動きやすい。
あるいは疑似タイでなら強みを発揮しやすいので、なるべく注目度の高い機体が望ましい。

3000コスト

事故。アッガイは特に後落ちが難しい。
シャッフルで組んだら、先落ち後落ちは気にせずに両者とも前に出て戦場をかき乱しつつ、擬似タイを目指そう。

2500コスト

アッガイの戦い方からすると、1500→2500→1500と1500が先落ちすることが多い。
2500側も荒らし重視の機体であれば、不安定ではあるが相応の戦果が望める。
コストオーバーの際には、ジュアッグを自衛のために使うなど、守りに徹底しよう。
アッガイの自由度が高くて活躍しやすい、相性の良好なコスト。

  • ゴトラタン
攻撃的な近接戦向け機体。
ゴトラタンも荒らし主体の機体のため相性が良いが、誤射には要注意。
F覚を選択してもらって、両前衛気味に立ち回るとよい。

2000コスト

アッガイの役割を考えると1500よりはマシ。
体力面では安定するが、全体的な性能差や火力面が厳しい。
相方が射撃機体ならいっそアッガイが前に出て粘ったほうが戦果が上がる。

  • シャア専用ザクII
ジャブロー降下作戦コンビ。
シャアザクが苦手なダウン取りをこちらのジュアッグで担当し、両前衛で荒らす。
3(9)倍とピョン格とのコンビネーションで空中戦にも強い。

  • アッガイ(ハマーン搭乗)
旧来より続くクソゲーコンビ。疑似タイマンで延々と相手と見合い続けて圧倒する。
練度次第ではビーム持ち相手だろうが潰せるポテンシャルを持つ。
とはいえ環境の変化から『MBON』時代と比べるとより通りづらくはなった。

1500コスト

事故。目を離すと大惨事になる高火力機体が僚機ならば光はある。
2落ち側はアッガイになることが多いか。

対策

豊富なアシストで攻め立てる地走MS。
各武装は低火力なものの、使い込まれたアッガイの疑似タイ能力は凄まじく、無視できない、逃げられない、反撃できない。

足が遅く射撃の弾速もない機体何故先のような疑似タイを可能にさせるかと言うと、アシストの優秀さとキャンセルルートの多さ。
アシストは、射撃バリア付きで引っ掛け性能の高いジュアッグと、当たるとスタン属性の突撃で攻めてくる空中アッグが主力。
アッグとジュアッグは複数同時呼び出しが可能なため、数体のアシストが一度に襲いかかってくる。

加えて後格→アメキャン→後格…のキャンセルルートで追い回してくるので、足が遅いからといって放置するのは得策ではない。
これを繰り返すことで相手と距離を取りつつ、アシスト達に脇腹を突かせるのが強力。
ジュアッグのせいでステップも踏みづらく、上に逃げようにもピョン格ですぐに食いついてくるので、簡単には逃げられない。
シールドしても今度はメインで固められて結局アッガイのターンが終わらないので、できればガードで急場を凌ぐのは避けたい。

格闘性能も伸びや突進速度は大したことはないものの、初段性能は中々いい。
特に横格は回り込み性能こそ良くないものの、判定だけは一級品なので要注意。
下手に万能機が向かっていくと、手痛い一撃を喰らってすごすご引き下がる事になりかねない。

無視もダメ、逃げてもダメ、張り合ってもダメ。一度寝かされて仁王立ちのアッガイが見下ろしてこようものなら、蛇に睨まれた蛙状態である。
ならどうすればいいのか。アッガイの武装は近距離でしか機能しないものが多いことが弱点。
素の機動力が低いので、距離をとりつつ、射撃始動から攻めていき、太いビームやSA等の押し付け武装も使っていくのが一番安定する戦い方。
特性がわかっていても、一度スイッチが入ると対応しきれないほどの物量で攻めてくるため、第一にダウンを取られないことも大事。
捕まったら相方に助けを求め、アッガイをダブルロックで挟み撃ちにしてペースを乱すのもいい。

チャレンジミッション

【機体ミッション】アッガイ

ミッション EXP 期待値
5回対戦せよ 50 300
対戦で3回勝利せよ 50 250
対戦で累計2000ダメージ与えろ 100 1000
対戦で1バトル中に2機撃墜せよ 200 2000
トライアドバトルでコースを3回クリアせよ 50 -
推定所要対戦数:255戦

EXP 報酬
5000 コメントパーツ アッガイ
アカハナ
体育座り
10000 コメントセット [さすが]ですな、大佐
15000 称号文字(ゴールド) 赤鼻
20000 スタンプ通信 任務完了まで 気を抜くなよ!
25000 チケット アイテム交換チケット×1
30000 称号文字(プレミアム) 赤鼻

外部リンク


コメント欄

更新内容のメモや編集方針に関する議論にご活用下さい

  • 空中でモーション終了後にちょうど着地するタイミングで格闘CSを使用すると、OH状態で着地してからブーストが満タンになるまで約0.67秒の硬直がありました -- (名無しさん) 2021-07-21 00:33:53
  • 普通にOH状態で着地したときの硬直は約0.83秒だったのでちょっとした降りテクに使えるかも? ただ、元からアメキャンがあるので出番はなさそうですね… -- (名無しさん) 2021-07-21 00:37:32
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
最終更新:2022年03月22日 09:48
添付ファイル