Ex-Sガンダム

作品枠 ガンダム・センチネル
パイロット なし
コスト 3000
耐久値 650
形態移行 なし
移動タイプ 通常
BD回数 7
赤ロック距離 14
変形コマンド あり
盾コマンド あり
覚醒タイプ ALICE
射撃 名称 弾数 威力 備考
メイン射撃 ビーム・スマートガン 10 80
射撃CS インコム - 30~81 移動撃ち可能なオールレンジ攻撃
サブ射撃 ビーム・カノン 2 81〜140 幅が広いビーム。判定が左右で独立している。
レバーN特殊射撃 ビーム・スマートガン【狙撃】 1 120 高弾速ビーム
レバー後特殊射撃 ビーム・スマートガン【照射】 1 190 細い照射ビーム。曲げ可能
特殊格闘 リフレクター・インコム 1 110 初回入力で展開、再入力で反射狙撃
射撃 名称 弾数 威力 備考
変形射撃 ビーム・スマートガン 1 130 前作の変形メインと変形サブが一体化
変形特殊射撃 特殊移動 1 -
変形特殊格闘 リフレクター・インコム 1 - 変形中は展開のみ可能
変形格闘 太腿部ビームカノン - 102 脚部からビームを発射
格闘 名称 入力 弾数 威力 備考
通常格闘 斬り下ろし→斬り上げ NN - 134
覚醒中通常格闘 右斬り上げ→左斬り上げ→二刀斬り下ろし NNN - 174 バウンドダウン
前派生 頭突き NN前 245 高威力ヘッドバット
前格闘 飛び蹴り - 90 蹴り一段
覚醒中前格闘 3連斬り上げ - 157 1入力で3段入る
横格闘 横薙ぎ→回転斬り 横N - 126
覚醒中横格闘 横薙ぎ→斬り上げ→X字斬り 横NN - 162
前派生 頭突き 横N前 245 高威力ヘッドバット
後格闘 格闘カウンター - 87
BD格闘 袈裟斬り BD中前 - 82
覚醒中BD格闘 斬り抜け→背面突き BD中前N - 135
射撃派生 太腿部ビームカノン BD中前射 143 強制ダウン
覚醒技 名称 弾数 威力
F/S/R/MC
備考
覚醒技 ALICEの意思 1 285/297/301/265 連続格闘から2段核爆風


概要

小説『ガンダム・センチネル』に登場する、既存の兵器を凌駕する究極のMSを目指しZZガンダムと同時期に開発されたS(スペリオル)ガンダムの強化装備形態。別名Ι(イオタ)ガンダム。
搭乗者の資質に依存しない無人MS試験機として機体制御用の人工知能「ALICE」を搭載している。

ビーム偏重の3000射撃機。
非常に長い赤ロを活かしたアウトレンジが得意。
3000としては珍しい狙撃持ちでもあり、特有の射角を持つ反射狙撃での分からん殺しも出来る。

3000としてはかなり後衛寄りであり、今作移行での耐久増も貰えなかったことで前に出るのは苦手な部類。
最初から壁擦りすると自身も相方も苦しくなるだけだが、それでも3000なので少しは前に出て相手の注意を引くことも時には必要。
チームでのポジショニングを維持する能力が問われるため、比較的固定向きのタイプ。

本来はリョウ・ルーツがパイロットであるが、前作よりALICEによる操縦として表現される。
「開発上の諸事情」らしく、本来のパイロットであるリョウの顔グラ・ボイスは収録されていない。

  • リザルトポーズ
通常時:ビーム・スマートガンを地面について堂々と立つ。
覚醒時:ALICEを発動させた状態でビーム・スマートガンを両手で水平に構えて立つ。
敗北時:


キャンセルルート

  • メイン→サブ、特射、特格

射撃武器

【メイン射撃】ビーム・スマートガン

[常時リロード:??秒/1発][属性:ビーム][よろけ][ダウン値:][補正率:%]
通常のBRよりも太く、威力も高いBR。長い赤ロックからこのBRを撃てるのがこの機体の強み。移動撃ち出来るのがこれと射CSのみなので必然的に多様していくことになる。強引に当てられる武装があまり無い本機はこのメインで動かして着地を狩るのが主戦法となる。
振り向き撃ちには注意。

【射撃CS】インコム

[チャージ時間:??秒][属性:][よろけ/ダウン][ダウン値:][補正率:%]
移動撃ち可能なオールレンジ攻撃。頭上に取り付いてビームを3連射する。
振り向き撃ちが無いのでガン逃げ時には重要な武装となる。基本的には撒き得武装でチャージも短めなのでガンガン多様していくべし。
ただ貯めてる間はサブや特射が使えないので着地が取れそうな時や相手がすぐ側まで来てる時には止める判断も重要。

【サブ射撃】ビーム・カノン

[??リロード:??秒/1発][属性:ビーム][ダウン][ダウン値:][補正率:%]
足を止めて4連装のビーム・カノンを撃つ。
見た目こそ4つだが実際の判定は左右に分かれている。判定が太く、威力も高めな本機の生命線。
迎撃からズンダの〆まで使う場面はかなり多い。しかし弾数は2発のみなので無駄撃ちは厳禁。
いざという時に無いと非常に困るので慎重に使っていこう。
キャンセル補正を考えると、オバヒの時以外はキャンセルしない様にした方がいい。


【レバーN特殊射撃】ビーム・スマートガン【狙撃】

[撃ち切りリロード:??秒/1発][属性:ビーム][ダウン][ダウン値:][補正率:%]
足を止めて即着弾するビームを撃つ。
性能はほぼケルメインだが、あちらと違ってこちらは相手を動かす手段に長けるので狙える場面は多い。
追撃手段としても優秀で腐る場面が少ない優秀な武装。

【レバー後特殊射撃】ビーム・スマートガン【照射】

[撃ち切りリロード:??秒/1発][属性:照射ビーム][ダウン][ダウン値:][補正率:%]
バンシィ後特射のように細いゲロビを放つ。通称ペンタブ。
曲げ撃ち可能でN特射よりも威力が高い。
特格と並び遠くの敵に圧を掛けれる武装であり、全ヒットさせれば190近く減らせるので見られてない時は狙っていくべき。
ただしビームはかなり細いので慣れない撃ちはカス当たりになりやすい。要練習。

【特殊格闘】リフレクター・インコム

[撃ち切りリロード:??秒/1発][属性:ビーム][ダウン][ダウン値:][補正率:%]
敵にリフレクターインコムを飛ばし、再入力でN特射の様なビームをインコムに発射、反射させて攻撃する。
他に類を見ない特殊な武装であり、Ex-Sの代名詞とも言える武装。
他のオールレンジ攻撃と同様赤ロックでも銃口補正が掛かるので張り付いてしまえばどこからでも硬直を取ることが出来る強力な武装であり、これでどれだけ圧を掛けれるかが重要になってくる。
レバ後特射と合わせて緑ロックでも機能する武装で遠くの敵にもプレッシャーを与えれる要素なので上手く使っていこう。

変形

【変形メイン射撃】ビーム・スマートガン



【変形サブ射撃】



【変形特殊射撃】特殊移動



【変形特殊格闘】リフレクター・インコム【射出】



【変形格闘】大腿部ビーム・カノン



格闘

【通常格闘】斬り下ろし→斬り上げ

最終段で浮かす格闘。カウンターからの追撃に使え、サブで追撃すれば良いダメージが入る。
通常格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 (%) (-%)
┗2段目 (%) (-%)
 ┗3段目 (%) (-%)



【前格闘】飛び蹴り

多段ヒットする飛び蹴りをする。判定は強いが受身可能なので迎撃や自衛策としてはやや微妙。

前格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 (%) (-%)
┗2段目 (%) (-%)


【横格闘】横薙ぎ→回転斬り。

回り込みを活かして射CS降りや虹合戦などに使おう。
横格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 (%) (-%)
┗2段目 (%) (-%)
 ┗3段目 (%) (-%)

【後格闘】カウンター

スマートガンを横にして待ち構えるカウンター。サブが効きづらいスパアマや射撃ガードに対する回答として使うべし。
後格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 (%) (-%)
┗2段目 (%) (-%)

【BD格闘】袈裟斬り

多段ヒットの袈裟斬り。近距離のズンダの〆に使うぐらいか。
BD格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 (%) (-%)
┗2段目 (%) (-%)

覚醒技

【覚醒技】ALICEの意思

右手のサーベルで横薙ぎ&突き刺し→左手の2本目のサーベルで抜き打ちの斬り上げ→変形して突撃&肩部プロペラントタンク分離
→変形を解除してタンクを狙撃し、発生した爆風に相手を巻き込む。

出し切ったあとそのままでいると、自分もその爆風に巻き込まれるので注意。

極限技 動作 威力(補正率) F/R/S/MC ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発(元値)
1段目 横薙ぎ //75/75(%) (-%) よろけ
2段目 突き刺し //123/123(%) (-%) よろけ
3段目 斬り上げ //166/166(%) (-%) 半回転ダウン
4段目 変形突撃 //201/201(%) (-%) スタン
5段目 爆風 ///265(%) (-%)* ダウン

コンボ

(>はステップ、≫はブーストダッシュ、→はそのままキャンセル キャンセル補正で威力が変動する物は()で併記)

威力 備考
メイン始動
???
N格始動
???
前格始動
???
横格始動
???
後格始動
???
BD格始動
???
覚醒中 F/S/R/MC
??/??/??

戦術

赤ロックギリギリはもちろん、各特射や特格など緑ロックでも機能する武装が主力であることから、3000版ケルディムとも評される本機。
近接戦は相応に苦手であり、ダブロ耐性も3000としては怪しい部類であることから、あまりラインを上げずに引き撃ちで勝つことを目指すことになる。

3000が引き撃ちをする関係上、低コ先落ちが頻発するのが懸念点だが、それさえも攻撃チャンスとした方が自機のポテンシャルを発揮できるというかなりワガママな機体。
前作より耐久が増えなかったこともあり、さらに前に出られなくなったのも大きい。
とはいえ、壁擦りになりすぎると相方のみならず自身も追い込まれやすくなる。
開幕やロックが外れた時はほどよく前進し、サブや後特射を直当てさせていこう。

EXバースト考察

覚醒時はN・前・横・BD格闘が強化される。
が、機体コンセプト的に覚醒しても格闘を振ってダメージを奪う機体にはならないため、残念ながら主力にはならない。
覚醒補正は前作に引き続き専用仕様で、FやSに防御補正が乗らない代わりにどちらもそれなりに火力が上がるバランス型。
とはいえ再三述べている通りFは選び辛く、基本はSかMに落ち着く。

  • Fバースト
格闘攻撃補正:+10% 防御補正:-0%
格闘性能こそ強化・向上するものの、本機で格闘を振りに行くのはリスキーすぎる。
機動力に関してもM覚醒があり、どうにも使い方が難しい覚醒。

  • Sバースト
射撃攻撃補正:+12% 防御補正:-0%
今作も相変わらず鉄板ではあるが、前作までの18%と言う驚異的な射撃補正は共通の仕様で並程度まで落とされたので、メインズンダだけでは仕留め切れないパターンも多々ある。
キャンセル補正撤廃を活かして〆をN特射やサブにする等工夫が必要。

  • Mバースト
逃げ性能が低く、コスオバで復帰すると地獄を見る本機で逃げることが出来るこの覚醒は有難い。
攻めでも高い機動力からのサブ押し付けなどが出来るので、どんな場面でも腐らない優秀な覚醒。
爆発力には欠けるので通常時でもしっかりダメージを取っていこう。

  • Rバースト
攻撃補正:+3% 防御補正:-15%
スパアマこそ付くものの、素の機動力が絶望的な本機では近づくことが難しく、スパアマを活かすことが難しい。
サブ迎撃が強化されるのが利点と言えるが2回しか撃てないため盤石な体制とはとても言えず、そもそもこの覚醒が活きる様な状況ならM覚で逃げたりS覚でメインを押し付けるなど他の覚醒の方が活きることの方が多い。
コスオバ時の貧弱さも相まってF覚やC覚以上にオススメできない。

  • Cバースト
覚醒抜けをしてもその後逃げ切れるかどうかは怪しく、そもそも3000の覚醒としては受け身すぎる。逃げるだけならM覚醒で良く、覚醒抜けからの覚醒技ブッパぐらいしか強みがない。

僚機考察

Ex-Sの引き撃ち戦法についてこれる逃走力、チャンスメイクできるタゲ取り力、こちらがハメられる前に相手を牽制出来る力…と、求められる要素はかなり多い。
前作同様に爆弾低コストを投げるのが1つの形ではあるが、格闘偏重機の場合は救援を期待しにくいのが難点。
Ex-Sの自衛力の相対的な低下もリスクを高めている。
根っからの格闘機よりは、いざというときに助けに来てくれる汎用機で、かつ爆弾適正がある機体が望ましいか。

対策



チャレンジミッション


外部リンク


コメント欄

更新内容のメモや編集方針に関する議論にご活用下さい

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
最終更新:2022年05月27日 17:59
添付ファイル