ガンダム

作品枠 機動戦士ガンダム
パイロット アムロ・レイ
コスト 2000
耐久値 640
形態移行 なし
移動タイプ 通常
BD回数 6
赤ロック距離 11
変形コマンド なし
盾コマンド あり
覚醒タイプ 白い悪魔
射撃 名称 弾数 威力 備考
メイン射撃 ビーム・ライフル 8 75 弾数多めで背面撃ち有り
射撃CS ビーム・ライフル【最大出力】 - 140 発生が遅いが高弾速
レバー後射撃CS スーパーナパーム - 95 炎上スタン
サブ射撃 ハイパー・バズーカ 2 110 弾頭で強制ダウンのBZ
レバー横サブ射撃 ハイパー・バズーカ【移動撃ち】 99 横移動BZ
レバーN特殊射撃 ガンタンク 呼出 3 124 キャノン砲とボップミサイルを連射
レバー横特殊射撃 48→86 キャノン砲を山なりに2連射
レバー前特殊射撃 ガンキャノン 呼出 126 飛び蹴りから掴み射撃
レバー後特殊射撃 80→132 岩を投擲後、キャノン砲を撃つ
レバーN特殊格闘 ガンダム・ハンマー【突き】 - 27~129 正面に突き出す
射撃打ち消し判定有り
後格闘 ビーム・ジャベリン【投擲】 - 90-140-190 長押しで3段階チャージ
レベル2以上で鈍足効果付与
格闘 名称 入力 弾数 威力 備考
通常格闘 ビームサーベル NNN - 173 初段の判定が強い3段格闘
前派生 シールドバッシュ→叩き斬り NN前N 230 出し切りでバウンドダウン
特格派生 踏みつけ N→特 137 バウンドダウン
NN→特 160
NN前→特 219
前格闘 格闘カウンター - 80 射撃を防げるカウンター
格闘派生
シールド投げ→飛び込み突き
前NN - 55→135 カウンター構えから入力で派生
横格闘 逆袈裟→袈裟斬り→叩き斬り 横NN - 172 発生が優秀
特格派生 踏みつけ 横→特 132 バウンドダウン
横N→特 175
BD格闘 斬り抜け→バルカン&斬り上げ→突き BD中前NN - 190 初段の伸びが良い
特格派生 踏みつけ BD中前→特 134 バウンドダウン
BD中前N→特 200
BD中前NN→特 227
横特殊格闘 ガンダム・ハンマー【振り回し】 横特N - 157 回り込みが優秀
特格派生 踏みつけ 横特(1)→特 116 バウンドダウン
横特(2)→特 139
覚醒技 名称 弾数 威力
F/S/R/M,C
備考
覚醒技 ラストシューティング 1 290/295/297/280 出し切りまでとても早い


概要

『機動戦士ガンダム』より、0079時代のアムロ・レイが駆る伝説の名機。ジオン公国軍MSに対抗すべく地球連邦軍が試作した白兵戦用MS。
ビームライフル等強力な装備と汎用性を有し、その活躍からジオン軍からは白い悪魔と恐れられ、一年戦争及び後の宇宙世紀に大きな影響を与えた。

手数が多く独自性も強い射撃と、同じくオリジナリティある優秀な格闘を駆使する耐久値高めの万能機。
ガンガンからの皆勤機体で本シリーズの通称は「初代」。
機動性面ではコスト内でも優れた方とは言えず、やや迎撃向きの総合性能をしている。

勘違いされやすいが本シリーズでの初代は登場から10年の強化で魔改造されており、いわゆるベーシックな万能機ではない
武装こそ一般的な機体が欲しいものを概ね取り揃えているように見えるが、どれもこれも良い意味で尖っている変則攻撃である。
一言で示すなら平凡な機動力を代償にして、敵を悩ませる一癖ある行動を多く搭載した、原作序盤~中盤での向こう見ずでアイデア一発で死線をくぐり抜けた若きアムロを再現したような機体。
本作ではガンタンクにお馴染みのキャノン曲射が復活。これによりワンコマンドレバー違いで4種類のアシストを扱う稀有な機体となった。

アップデートでNEXT以来の『帰って来たDQN砲』と言えるほどになった射撃CSを筆頭に、全ガンダムシリーズの主役らしい強化がなされた。
その射撃CSの期待値たるや、もはや本職のデュナメスを脅かすほどで万能機風の狙撃機と言っても過言ではなくなっている。
ただシリーズ通して本機のウィークポイントである"降りテクも無い平凡な機動力"に関しては一切強化されなかったので、とにかく「攻撃力は抜群だが追いと逃げは鈍くさい」という印象を発揮する機体になった。
使える武装は全て使い、白い悪魔の恐ろしさを思い知らせてやろう。

リザルトポーズ
非抜刀勝利:BRを右前方に構える。TV版OPの再現。
抜刀中勝利:サーベル抜刀して右膝をついて構える。TV版アイキャッチの再現。
覚醒中勝利:上空へ向けてBRを3連射する。ラストシューティングを五体満足の状態で再現したもの。
敗北時:腕と右足、頭部を失って横たわる。原作最終話でジオングヘッドと相打ちになった際の再現。


キャンセルルート

  • メイン→サブ、特射、特格、前格、後格
  • サブ→横サブ、後格
  • 特射→前格
  • 射撃CS→サブ
  • 格闘特格派生→メイン、後格

射撃武器

【メイン射撃】ビーム・ライフル

[常時リロード:3.0秒/1発][属性:ビーム][よろけ][ダウン値:2.0][補正率:70%]
弾数8発・威力75と射撃寄り水準の性能を持つBR。振り向き撃ち時は背を向けたまま銃口を向けるNT撃ちになる。
サブ、特射、特格、前格、後格へキャンセル可能。

本機で唯一足を止めず撃てる武装であり、着地取りや自衛での基本武装となる。
落下テクニックを持つ機体が多いこの環境では、ただ撃ってるだけでは敵機に圧力を掛けることはできない。
本機特有の豊富なキャンセル先を活用して相手を揺さぶっていく必要がある。

【射撃CS】ビーム・ライフル【最大出力】/スーパー・ナパーム

[チャージ時間:2.5秒]
レバー入れで2種類の武装を使い分け可能。
アップデートでチャージ時間が伸びたものの、どちらも大きく強化された。
横サブにキャンセルでフォローしやすい。

【レバーN射撃CS】ビーム・ライフル【最大出力】

[属性:ビーム][ダウン][ダウン値:][補正率:%]
「1発で決めてやる!」
足を止めライフル両手持ちで高威力・高弾速のビームを撃つ。振りかぶるモーションがある分発生は遅い。
アップデートにより、12年前のNEXTで最強の単発ダウンビームとして名をはせた「DQN砲」が帰ってきたと言っていいほどの高性能武装と化した。

  • 弾速:ケルディムやEx-Sの狙撃ビームに次ぐほどの超高弾速。
  • 誘導:多少軸がずれた程度の慣性ジャンプや斜めBDを撃ち抜ける。
  • 威力:破格の単発140。N特格からキャンセルすると320を超えるの大火力を出せる。

発生が遅いため近距離での生当てを狙うのはハイリスクだが、中距離以遠では超弾速かつ見合わない程に誘導するため、着地取りだけでなくかなり理不尽な当て方ができる。
さすがに横BDには当たり辛いが、慣性ジャンプ・斜めBDくらいなら余裕で撃ち抜ける。

また、発生の遅さも当て易さに一役買っている。
同様の高弾速武装は着地に合わせて撃つのに対して、本CSは相手が空中から地上へ着地するタイミングに合わせる事で青着地だろうが撃ち抜くことが可能。半ばゲロビを当てる気持ちで着地を狙うとより当て易い。

相手からするとモーションが見えた時点で回避行動を取らなければ間に合わないため、サバーニャのレバー横射撃CSのように発生の遅さを活かしたフェイントも大いに有効。

さらに、CSからN・横サブにキャンセル可能。
いざという時に射撃後のフォローも出来るという正に主力武装に仕上がっている。

とはいえ溜めていると咄嗟にサブやアシストが使えず、動きの固さからバレて狙われやすくもなるので、他の選択肢もしっかり用意しておこう。


【レバー後射撃CS】スーパーナパーム

[属性:実弾(ナパーム本体)/ビーム(BR)/爆風][強よろけ(ナパーム本体)/よろけ(BR)/炎上スタン(爆風)][ダウン値:][補正率:70%]
「スーパー・ナパームを使います!」
原作2話でサイド7脱出時に機密保持のため残ったMSの部品等を焼き払う際に行った動作の再現。

ナパームを投擲し、BRで撃ち抜いて広範囲に爆風を発生させる。
BRを撃つ前にキャンセルすると爆風は発生しない。
レバー入力は真後ろでも斜め後ろ(テンキー123)でも同様に受け付ける。

足を止める上に発生も遅いが爆風はかなり大きい。
爆風を活かした起き攻めや詰め寄ってくる相手に対し先出して牽制するなど用途は多岐に渡る。
N射撃CSに目が行きがちだが、アップデートにより発生が早くなったお陰で充分に主力武装として頼れるようになった。

相手との距離によってN射撃CSより此方が優先される場合が多い。
癖が強く一見扱いにくい武装だが、攻め・自衛に使えるように馴れておきたい。

なお、ナパームとBRにはそれぞれ判定があり、射出する自機よりも少しだけ高い位置から迫る相手ならナパーム本体の命中する場合もあるが、狙って出来る芸当ではないのでラッキー程度と考えておこう。

【サブ射撃】ハイパー・バズーカ/ハイパー・バズーカ【移動撃ち】

[撃ち切りリロード:??秒/2発][属性:実弾/爆風]
ハイパーバズーカによる射撃攻撃。レバー入れによって撃ち方が異なる。
どちらも射撃派生で横サブに派生する。後格にキャンセル可能。

【Nサブ射撃】ハイパー・バズーカ

[ダウン値:6.0以上7.0以下(弾頭6.0/爆風??)][補正率:60%(弾頭-30%/爆風-10%)]
「一発でやってやる!」
足を止めてバズーカを撃つ。爆風付きだが弾頭のみで強制ダウン。爆風は基本的に入らない。
威力は弾頭110、爆風20。
射程限界があり、赤ロック限界から少し先あたりで爆発する。

発生と弾速が早く、爆風付きと迎撃に適した性能。
誘導も目に見えて曲がるほど強く、単体性能は全機体で見てもトップクラス。
メインからのキャンセルでの迎撃及びダウン取り、弾幕の補助が主用途となる。
メイン弾切れ時などに生出しをするのも十分視野に入る。
弾頭火力がかなり高く、JVを溜められない状況ならコンボの〆にも十分使える。

撃ち切り式かつリロードも早いので、回転率を上げるためにもどんどん撒いていこう。
足が止まるためBDCは常に考えたい。

SA潰しにも有用だがS覚醒のクロスバースト中のみ強制ダウンが取れない。
代わりに普段は入らない爆風まで入って追撃も可能になる。

【横サブ射撃】ハイパー・バズーカ【移動撃ち】

[ダウン値:2.8(弾頭2.5/爆風0.3)][補正率:60%(弾頭-30%/爆風-10%)]
前作から追加された新武装。
レバーを倒した方向に移動しながらバズーカを撃つ。射撃ボタンの追加入力で連射する。
『移動中に撃つ』というよりも『移動後に撃つ』といったほうが正しく、発生まで若干遅いため撃つ前にキャンセルした場合は弾数は消費されない。
僅かだが射撃直後も慣性が残る為足掻きには成り得る。

発生・誘導・ダメージ等はNサブのほうが高く、横サブは非強制ダウンということもあって迎撃性能も特別高いわけではない。
また本機は非強制ダウンでの打ち上げに対して有用な追撃出来る射撃武装がN射撃CSと前特射くらいしか無いためリカバリが効き難く、無理に追撃しに行って手痛い反撃を受けることもある。

攻め・守りどちらもNサブに軍配があがるものの、横サブは移動・慣性・発生の遅さを活かして格闘を狙う相手に軸を合わせることでNサブよりも機能的に働く場合がある。
中々狙えたものではないが、非強制ダウンのため横サブ>CSやJVといった中距離以遠でのダメージを奪うことも出来なくはない。
使いどころは少ないが使いどころを押さえておけば役に立つため、しっかりと使い勝手をたたき込もう。


【特殊射撃】ガンタンク/ガンキャノン 呼出

[撃ち切りリロード:??秒/3発][属性:アシスト]
ホワイトベースの仲間を呼び出すアシスト攻撃。レバー入れで4種類の攻撃を使い分け可能。
本作移行で更に攻撃パターンが増えた分、2000らしからぬ凄まじい多彩さを得た反面コマンドミスの懸念が増えた。

【N特殊射撃】ガンタンク 呼出【一斉射撃】

[属性:実弾][よろけ/ダウン][ダウン値:][補正率:%]
「ハヤトいけぇ!」
ガンタンクが一定時間その場からキャノン砲とボップミサイルを連射する。フルヒットで強制ダウン。
弾幕が一番濃く、近距離の振り合いで出しておくとセルフカットしてくれることもあるが過信し過ぎないように。

【横特殊射撃】ガンタンク 呼出【キャノン砲連射】

[属性:実弾][よろけ][ダウン値:1.3?*2/1セット][補正率:(90%*2)*2]
「ここはキャノンで…!」
ガンタンクがキャノン砲を山なりに2連射する。25(90%)*2を2連射。『MBON』以来の復活パターン。
放物線弾道で上下の食い付きがよく、自由落下等にも真上から当たるレベル。
強化された射撃CSと併用することで同コストでも目を見張るセットプレイが可能。弾幕のN呼び出しと使い分けよう。
なお弾道の問題で近距離ではヒットしない。

【前特殊射撃】ガンキャノン 呼出【突撃】

[属性:格闘/実弾]
「カイさん今だ!」
ガンキャノンが飛び蹴りからパンチ、更に掴みかかってキャノンを接射する。
プレイアブルの前格→N格1段目→後格の連続攻撃。
誘導は相変わらず良好な部類。

前特射 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 キック 30(%) 30(-%)
2段目 パンチ 62(%) (-%)
3段目 掴み 76(%) (-%)
4段目 キャノン 126(55%) (-%)

【後特殊射撃】ガンキャノン 呼出【岩投擲&キャノン】

[属性:実弾][よろけ][ダウン値:][補正率:70%]
[属性:実弾][ダウン][ダウン値:][補正率:80%(10%*2)]
「カイさん!」
ガンキャノンがその場で岩投擲とキャノンによる波状攻撃を行う。プレイアブルの特射→前サブ。岩80(70%)→キャノン40(90%)*2
岩がビームをある程度防ぐこと、正面に出ること、他の特射と違い慣性が乗らず完全にビタ止まりすることから着地保護などに向く。
着地に後特射→前格で射撃バリアの保険を2個掛けられる。
フルヒットすると累計補正は50%にもなるので射撃で追撃した方が無難。

【レバーN特殊格闘】ガンダム・ハンマー【突き】

[弾数無限][属性:特殊実弾][ダウン][ダウン値:2.5(0.5*5)][補正率:85%(-3%*5)]
足を止めてガンダム・ハンマーを突き出す。使い勝手はダウン属性で高威力のアンカー系武装。
高威力かつ補正がかなり軽く、ここからの追撃はダメージがよく伸びる。

他の射撃に比べ発生が遅めの代わりに銃口補正は良好でハンマーの判定も大きめなので、
ブーストと距離に余裕があるなら格闘に対してのカウンターとしても使用可能。
また、特殊な強実弾属性で相手の実弾射撃を破壊しながら進むため、
場合によっては相手のマシンガン等を一方的に消しながら当てる事も可能。

高火力かつ補正が緩い事からN特格始動を狙える状況は最大のダメージチャンスで、
非覚醒状態でもN特格始動~射CS締めにより短時間で最大320程と破格のダメージ効率を叩き出す。
S覚中限定ではあるがN特格始動で350~370ダメージも可能なので、
S覚醒を選択して接近戦に持ち込めた時は是非狙っていきたい。

横特格と違って射撃扱いなので射撃バリアには防がれてしまうので注意。
S覚中にN特格>N特格を狙う時はディレイ前ステ推奨。
今作からダウン値が少し高くなり、非覚醒中は2回出し切りでダウンするようになった。

【後格闘】ビーム・ジャベリン【投擲】

[弾数無限][チャージ時間:?秒/?段階][属性:実弾][弱スタン][ダウン値://][補正率:70%]
「当たってくれぇ!」
足を止めてビーム・ジャベリン(通称JV)を投げつける。
ボタン長押しでその場でパワーを溜め3段階まで性能を高められる。
2段階目以上で威力上昇に加えて鈍足効果が追加され弾速・誘導が強化される。
鈍足付与した後に後射撃CSを絡めた起き攻めが非常に強力。

シリーズを重ねる毎に何故か下方向への誘導や弾速が下方修正され続けており、
慣性ジャンプや自由落下、落下テクに対してノンチャJVを当てる事は困難となっている。
(フルブ~MBONの感覚で投げた場合、今作では相手に当たらず頭上を抜けたり手前に落ちたりする。
前作に当たるEXVS2から下方向への誘導・弾速が極端に悪化している。)

だが、アップデートにより格闘特殊格闘派生→後格が可能になりオバヒでも強引に鈍足付与が可能になったり、
距離次第だが前特射ヒット確認からJV2~3による高ダメージ+鈍足付与を狙えたり、
JVのチャージ時間が調整された影響で(当て方によって)JV1~2からJV3を確定で刺せるようになったりと、
前作よりも強力な鈍足とダメージを与えるコンボパーツとしての機会は相対的に増えている。
しかし、チャージのために足を止めなければならないので、利点のみを生かす事が難しい武装である。

溜め動作中にサーチ変更が可能で、ボタンを離した際にロックしていた相手に対して投げる。
ボタンを離して投げるまでに一呼吸あるものの銃口補正が非常に強力で、
ロックしていた相手が密着していた場合は自機の背中側に居ても刺さる。

Rバースト中は溜め動作中常にスーパーアーマーが維持される。

格闘

【通常格闘】袈裟斬り→斬り上げ→袈裟斬り

「何故出てくる!」
連ジ時代から20年もの間脈々と受け継がれている3段格闘。3段目に視点変更あり。
1・2段目から特格派生、2段目から前派生が可能。


【通常格闘前派生】

初段が新規モーション。数値も変更されている。
叩き斬りが特格派生以上のダメージ効率を持つ上バウンドなので放置・追撃可能と、可能な限り出し切りを狙いたい性能。
1段目から特格派生が可能。ただし上記のように基礎性能は出し切りのほうが優れているため、こちらはより手早く終わらせてカット耐性を上げたい時ぐらいか。

通常格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 袈裟斬り 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗2段目 斬り上げ 121(65%) 70(-15%) 2.0 0.3 よろけ
 ┣3段目 袈裟斬り 173(53%) 80(-12%) 3.0 1.0 ダウン
 ┗前派生 169(55%) 砂埃ダウン
  ┗2段目 叩き斬り 230(45%) 110(-10%) 1.0 バウンド

【格闘特格派生】踏みつけ

敵を踏みつけて地面に叩きつけ、自分はそのまま前方に飛び込む。視点変更あり。
第24話にて黒い三連星との戦闘でガイアのドムを踏み台にした動きの再現。

N格(前派生)、横格、横特格の最終段以外からと、BD格全段(バルカン部分は不可)から派生可能。
メイン(振り向き撃ち)と後格にキャンセル可能。

高火力、低ダウン値、ダメージ確定の早さ、カット耐性良好と最高級のコンボパーツ。
ステップ方向やタイミングさえ間違えなければどの武装でも追撃が可能。
ダウン追撃で良いならJV3も繋がる。
放置、コンボ〆、中継ぎのあらゆる状況で運用できる。

特格派生 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
N1段目 袈裟斬り 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗特格派生 踏みつけ 137(62%) 90(-18%) 2.7 1.0 バウンド

【前格闘】格闘カウンター

「迂闊な奴め!」
その場で盾を構え、少し間をおいてから盾を突き出しつつ前進する。
盾移行タイプの射撃ガード付きカウンター。
カウンター成功時は飛び上がってビーム・サーベルで叩き斬る。
第19話でのランバ・ラルのグフへ攻撃の再現。

SA相手でも強引にスタンさせることができる。ボスMAの場合は強制ダウンさせる。

アップデートによりバウンドダウンになったため追撃が容易になり、オバヒで成立した時のリターンも取れるようになった。
叩き斬りヒット時のエフェクトが前作より派手になっている。

メインやアシストからキャンセルで出せるので射撃ガードも合わせて足掻きに非常に向いている。特に後特射→前格のルートは射撃に対しての足掻き能力が凄まじい。

メインやアシストから引き出せ、射撃バリア付き、空振りでも派生からさらに派生で足掻きとカウンターとしては最高クラスの性能。

前格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
成立時 叩き斬り 80(-20%) 1.7 スタン→バウンド

【前格闘格闘派生】シールド【投擲】

その場で足を止めて盾を相手に投げつける射撃ガード有りの実弾射撃。
誘導が強力で、赤ロックギリギリでグイッと曲がることがある。
今作から格闘派生になった。

【前格闘格闘派生→格闘派生】飛び込み突き

前方に飛び込み、上からビームサーベルで突く。
相手が遠いほど大きく飛び上がるフワ格の特性を持つ。
コマンドの都合上出るまでは遅いが、判定・伸び・突進速度はガンダムの格闘でトップ。
特に上に対しては驚異の伸びを誇るため、対空性能が非常に高い。
よって安易に高飛びする相手や変形で移動している=誘導切りをしづらい相手にはかなり強い。

緑ロックで出した場合は1.2機体程上昇した所で突き刺しを空振りする。
射撃CSを組合わせれば高飛び停滞足掻きも可能。

格闘派生 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
格闘派生 盾投げ 55(80%) 55(-20%) 1.0 1.0 弱スタン
┗格闘派生 飛び込み突き 135(65%) 35(-5%)*3 2.5 0.5*3 バウンド

【横格闘】逆袈裟→袈裟斬り→叩き斬り

二刀流で繰り出す使いやすい3段格闘。3段目に視点変更あり。
初段の発生がかなり良好で、横の範囲もやや広く浅いステップであればヒットすることも。
追従距離は横特格の方が長いのでこちらは発生を活かした運用になる。
1・2段目から特格派生が可能。

横格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 逆袈裟 60(80%) 60(-20%) 1.7 1.7 よろけ
┗2段目 袈裟斬り 116(65%) 70(-15%) 2.0 0.3 よろけ
 ┗3段目 叩き斬り 172(53%) 85(-12%) 3.0 1.0 ダウン

【BD格闘】斬り抜け→バルカン&斬り上げ→突き

2段目が射撃・格闘混成の3段格闘。
第24話で一度目のジェットストリームアタックに対処した際の一連の動き、
突きは踏みつけ後にマッシュを仕留めた攻撃の再現。

3段目の浮かせ具合が小さい割には最終段への繋ぎが若干遅く、
相手の後ろに坂があると最終段がダウン追撃になることがあるので注意。

初段は上書きスタンで、スタン時間が長くJV3が繋がる。
バルカン部分はしっかり射撃扱いで、虹ステが不可能。

バルカン以外の任意段から特格派生が可能。
出し切りからもタイミングよく入力すれば繋がる。

BD格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 斬り抜け 65(80%) 65(-20%) 1.7 1.7 弱スタン
┗2段目 バルカン 97(72%) 5(-1%)*8 1.7 0 (スタン継続)
斬り上げ 148(57%) 70(-15%) 2.0 0.3 砂埃ダウン
 ┗3段目 突き 190(45%) 25(-4%)*3 3.05 0.35*3 ダウン

【横特殊格闘】ガンダム・ハンマー【振り回し】

頭上でハンマーを2回振り回し→前方に伸ばして突き飛ばす2段格闘。
メインからキャンセル可能、回り込み・追従性能・巻き込み性能が全て優秀で、機体2個分離れていても強引に当たることがある。
本機のコンボパーツの基本なのでしっかり隙を見て差し込んでいきたい。
振り回しは1回目・2回目のどちらからも特格派生が可能。

反面、踏み込みには上下誘導があるものの特に下方向には非常に弱い。
加えてハンマーは水平にしか回さないため、ある程度高度を合わせないと至近距離でも外れる。アプデで横格より追従距離が伸びた。

初段の振り回しは普通のよろけより若干硬直が長い回転よろけ。
当たり判定が回しているハンマー全体にある為、タイミング次第では真横や真後ろの敵を巻き込むこともある。
その反面、相手の位置によりヒットするまでの時間が安定しないので注意。
判定の出方がやや特殊なのか、2周目から当たっても2hitする事もある。

バウンドに狙って振る場合は高度があるほど横ステでは拾い難いので、ディレイをかけるか後ステで繋ぐと安定しやすい。

横特格 動作 威力(補正率) ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発
1段目 振り回し 67(80%) 35(-10%)*2 2.0 1.0*2 回転よろけ
┗2段目 突き出し 157(65%) 40(-5%)*3 2.6 0.2*3 ダウン

覚醒技

【覚醒技】ラストシューティング

「もらった!」
サーベルを脇に構えて接近しての斬り上げ→ビームライフルを頭上に掲げて高威力射撃。
斬り上げはランバ・ラルのグフの両腕を切り裂いた動き、射撃はジオングとの決着で見せたラストシューティングのシーン。
そのシーンを再現して、射撃前後ではガンダムの頭と左腕が壊れたモデルになり、劇場版ポスターを意識した暗転演出が入る。

突進部分にSAあり。威力の割にかなり早く終わる部類。
初段の補正が重いため、コンボに組み込んでもダメージが伸びやすいタイプ。
ただし2段目はしっかり射撃攻撃なのでF覚醒ではダメージがあまり増えず、射撃バリアにも遮られる。
単体なら射撃と格闘両方の火力が上がるR覚醒が最もダメージが高い。

チャンスがあればすぐさま使いたくなるが、覚醒中ならば特格派生ループでも十分な威力が出るため焦る必要は無い。
JV2~3よりもコマンドが簡素で確実に終わるため、しっかりしたコンボの〆に組み込みたい。

LS部分の射角と銃口補正はかなり強力で、スーパーアーマー相手に当てて打ち上がらなかったり、
斬り上げ後に横槍が入って敵がすっ飛んでいっても腕だけを相手に向けて狙いに行く奇妙な姿が見られる。

極限技 動作 威力(補正率) F/S/R/M,C ダウン値 属性
累計 単発 累計 単発(元値)
1段目 斬り上げ 110/100/106/100(60%) 100(-40%) 特殊ダウン
2段目 LS 290/295/297/280(%) 300(-%) 強制ダウン

コンボ

(>はステップ、≫はブーストダッシュ、→はそのままキャンセル キャンセル補正で威力が変動する物は()で併記)

威力 備考
射撃始動
メイン≫メイン≫メイン 158 基本ズンダ
メイン≫サブ 152
メイン≫メイン≫サブ 172
メイン→横サブ→JV1 142 サブに繋げたほうが良い
横サブ→横サブ 150
横サブ≫特 174
JV1≫JV1 153
JV2≫JV2 238
JV3≫JV3 323 かなり厳しいが狙わないのは惜しい威力
特格→射撃CS 248
特格≫特格 238 フルヒットなら2回で強制ダウン
特格≫特格(4hit)→射撃CS 321 通常時デスコン
N格始動
NN>NNN 220 伝統のコンボ
NN前>NN前N 255
NN前N>メイン 264
NN前N>サブ 280
NN前N>特 276
NN前N>特(ヒット途中)→射撃CS 310 ハンマーのヒット数で前後
NN前N→射撃CS 293
N特>N特 215 カット耐性は良好だがダメージが少ない
NN特≫BD>JV3 263 鈍足付与
前格始動
前格格闘格闘派生>NN前N 254
前格格闘格闘派生>特 217
前格格闘格闘派生>特(ヒット途中)→射撃CS 266 ハンマーのヒット数で前後
前格格闘格闘派生→射撃CS 213
前格格闘格闘派生特→メイン→サブ 230 オバヒ時に
前格格闘格闘派生≫BD>JV3 263 鈍足付与
横格始動
横N>NNN 215
横NN>特(ヒット途中)→射撃CS 267 ハンマーのヒット数で前後
横N特>特 226
横N特>特(ヒット途中)→射撃CS 258 ハンマーのヒット数で前後
横N特→射撃CS 236
横N特≫BD>JV3 258 鈍足付与
特格始動
横特1→特>NN前N 257
横特1→特>特 239
横特1→特>特(ヒット途中)→射撃CS 288 ハンマーのヒット数で前後
横特1→特→射撃CS 235
横特N>特(ヒット途中)→射撃CS 288 ハンマーのヒット数で前後
横特1→特≫BD>JV3 262 鈍足付与
BD格始動
BDNN>特(ヒット途中)→射撃CS 262 ハンマーのヒット数で前後
BDNN特>特 248
BDNN特>特(ヒット途中)→射撃CS 264
BDNN特>JV2 269
覚醒中 F/S/R/MC
メイン≫メイン≫メイン ??/171/168/??
JV3≫JV3 ??/350/343/?? 溜め時間減少により多少は狙いやすく
特格≫特格→射撃CS 336/354/352/336
特格≫特格≫覚醒技 364/367/369/362
S覚醒クロスバースト中
特格>特格>特格 351 ディレイ前ステで安定しやすい
特格>特格>特格(4hit)→射撃CS 369 余裕あれば
特格>特格>特格(4hit)>覚醒技 376 デスコン

戦術

コストがコストなので基本的に後衛の立ち回りをすることになる。
耐久が高めと言っても、今作の2000コスト内で耐久が同じ他機体と比べると、やはり足回りの悪さが足を引っ張っている故に、分断に弱く逃げも得意ではない。
しかし、追いの状況になった場合、今作から遠中距離で機能する横特射が追加された為、詰めの場面にはそこそこ強くなった。
射撃CS等、他武装も特に中距離で光る物が揃っているため、リスクコントロールしつつコンスタントに引っ掛けてダメージを取れれば、ある程度の有利は作ることができる。

アップデートにより射撃CSが超絶強化されたため、これを主力とするのが基本となる。
こちらをガン見している相手にすら命中を期待できる強さなので、常々溜めておき赤ロに入ったら即座に撃てるようにしておきたい。
1度ダウンを取ったら遠距離で雑に置いても置き攻めできてしまうので、安全圏から適当に撃つことも容易に戦術となる。
複数回通せば試合がひっくり返るので、積極的に狙っていこう。
ただし、なかなか当たらないような相手には流石にやり方を変えた方が吉。優秀な横特射で足を動かしたり、時には格闘を当てにいったりと、本機本来の強みを活かした戦い方を通せるようにしたい。
また、当たり前ではあるが射撃CSを楽に撃ちたいがために、状況を見ずにただ撃つだけにならないように気を付けよう。

EXバースト考察

「僕がいちばんガンダムを上手く使えるんだ!」

  • Fバースト
格闘攻撃補正:+10% 防御補正:-5%
格闘の伸び強化、ダメージ強化、格闘のダウン値が大幅に低下する覚醒。射撃から格闘へのキャンセルも可能になる。
M覚が弱体化された為、相対的に評価が上がった覚醒。
元々いい物が揃っている格闘の強化や、機動力強化&ブースト回復量などを考えると、1番安定感がある覚醒と言えるかもしれない。

  • Sバースト
射撃攻撃補正:+8% 防御補正:-5%
射撃から射撃にキャンセルできるようになる&赤ロック距離が上昇する覚醒。
降りテクが解放され、青ステが可能になる。
アシストやバズ、メインなどで弾幕を張れる様になるが、機動力の上昇量が微量なのと、射撃CS以外は見ていれば当たることのない武装が多いので、ちゃんとダメージを取るにはスキルが問われる所。
他機体と違って振り向きBRとなると落下出来なくなるので、サブを挟んでからメイン落下したい。

また、超絶武装の射撃CSをチャージ時間短縮で撃ちまくる運用も可能になった。
アメキャンでブースト有利を作りつつ射撃CS、さらに→横サブ→メインで硬直フォローも出来る。
追うことには向いていない本機ではあるが、動きが固いタイプの相手なら攻めを通しやすい覚醒である。
特格ハンマーズンダで超火力も狙いやすく唯一青ステで繋げられるのも嬉しい点。

  • Mバースト
機動力が大幅に上昇する&ブースト消費が低下する覚醒。
前作ではこれ一択と言われるほどの安定覚醒だったが、今作に移行するにあたって、機動力強化だけになったことと、ブースト回復量が減ってしまった。
だが、元々機動力に難がある本機では足回りが改善するだけでも十分恩恵がある。
アシストで射線を作りながら本体が突っ込んでメインサブを当てに行く動きはMの性質とマッチしており、分かりやすく強力。
自衛に使う場合、ブースト回復量が少ないためギリギリで使うと着地を取られやすい。少し余裕をもって発動したい。

  • Rバースト
攻撃補正:+6% 防御補正:-20%
各種行動にスーパーアーマーが付与される覚醒。アップデートで半覚のブースト回復量がF覚と同等になった。
しかし、元々の足回りが悪い本機において、機動力が微上昇なのが痛い所。
伸びのいいBD格や、巻き込み、回り込みの横特格などを駆使してダメージを取っていきたい。

  • Cバースト
相方に覚醒ゲージを渡せる&半覚抜け可能な覚醒。
反面、機動力上昇は微量で火力補正なし。
ブースト回復量は半分と多めの部類。
本機の性能から鑑みてもシャフ向きではないため、3000が隣に来たらコレという半ば脳死で選択するのはオススメしない。
総じて固定向けと言える覚醒だが、癖があるなりに強い武装が多く、火力補正も高いため覚醒での逆転力がある本機では少々もったいない。
相方とよく相談して決めたいところ。

僚機考察

本機は前衛を張れる足回りが無いため、やはり前線をキープ出来る前衛機が好ましい。
相方にロックを引いてもらい、こちらはアシストや射撃CSを見せてブーストを削り、出来た隙をバンバン撃ち抜いていこう。

自衛力に関して、疑似タイは格闘機相手にはそこそこ強いが、高機動射撃機には対抗策に乏しい。
それらにしっかり見合えるタイプの高機動機と組み、基本は射撃で相手の足を動かし、ここぞの場面で詰め寄って格闘を狙う流れに持ち込みたい。

対策

この機体の脅威点は
  • NEXT以来の超絶武装と化した射撃CS(通称:DQN砲)
  • 中近距離で輝く武装群
である。

射撃CSはもはや注意していても対策困難。
最悪これ1つでコスト関係なく相手を狩れる今作屈指の分からん殺し武装なので、常に射撃CSに当たらない立ち回りをすること。
まず、安易な着地と慣性ジャンプ等の浮いた機動はほぼ確実に撃ち抜かれる。
発生がほんのり遅めとはいえ、距離が近いほど弾速が速すぎて反応が追いつかない。
インフレした現環境では相手の隙を作る手段に事欠くことは少なく、自前の射撃武装で動かして自分で取れてしまう始末。
隙や浮いた瞬間を見せないよう低空機動をしつつステBDを徹底したい。

射撃CSを撃たせないように近付いてしまうのもありだが、他の武装群は特に中近距離にかけて尖った強みを持っているため、自機が近接機でもないと逆に相手の得意距離となってしまう。
各種サブは距離が近いほど強力な性能を発揮し、アシストは特に横アシスト(ガンタンク曲射)の食い付きが強く、1度視覚外に出てから強く誘導してくるので警戒したい。
他にも当たってしまうと320超のダメージを受けてしまうNハンマーや、横に移動してから強力な銃口補正でぶつけてくる横ハンマーなど格闘戦にも対応でき、ダウン追撃に後格闘のジャベリンを刺されてしまうと鈍足も付けられてしまう。
振り合いに強い横格、奥の手の格闘カウンター、そこから派生する盾投げと格闘拒否能力もかなり高い。
射撃CSがよく取り沙汰にされるが、あくまで「初代の得意レンジは中近距離」なのは忘れてはならない。

弱点は2000コスト平均の機動力と降りテクが無い故の動きの固さ。
射撃CSでバンバン撃ち抜いてくるものの、幸い予備動作はわかりやすい。
初代の機動力は特別高い訳ではなく降りテクもない上に足を止めることが多いため、激しいドッグファイトは不得手な部類。
最大の脅威、射撃CSも溜め切っていると各射撃武装を咄嗟に出せなくなるので発生の遅さを突いて撃たせる暇も与えない射撃戦を徹底できると脅威度はかなり下がる。
強誘導でなくてもミサイルやファンネルを垂れ流せるタイプの機体を使っているならば、積極的に仕掛けて逃げを強いらせたい。
また、ターンXのようなムーブアクション機で近距離射撃戦を維持するのも有効。
一方で格闘機だと中近距離で輝く射撃武装と悪くない格闘能力に悩まされる場面が多い。
幸い降りテクが無くBD回数も2000コスト平均なのでブースト有利は比較的取りやすいので
自衛の横サブ、後アシスト、N特格、格闘振り返しに気をつけつつブースト有利を取ってから射撃始動で攻めること。

初代の赤ロック内で悠長に立ち回ると射撃CSによる待ちゲーを徹底されてしまうが
射撃CSにさえ当たらなければ、後は横サブと横アシストに注意しつつ丁寧な射撃戦を徹底するだけで何とかなるケースは多い。
こちらの硬直に射撃CSを合わせられないように注意しつつ、上記のように弾を送り続けて悠長に戦わせないようにしたい。

チャレンジミッション

【機体ミッション】ガンダム

ミッション EXP 期待値
5回対戦せよ 30 180
対戦で3回勝利せよ 50 250
対戦で1バトル中に2機撃墜せよ 100 1000
対戦で被ダメージ500以内で勝利せよ 200 400
トライアドバトルでコースを3回クリアせよ 50 -
推定所要対戦数:492戦

EXP 報酬
5000 コメントパーツ ガンダム
白い悪魔
アムロ
10000 コメントセット [僕]が一番
[ガンダム]をうまく使えるんだ!
15000 称号文字(ゴールド) RX-78-2
20000 スタンプ通信 アムロ、いきまーす!
25000 チケット アイテム交換チケット×1
30000 称号文字(プレミアム) RX-78-2


外部リンク


コメント欄

更新内容のメモや編集方針に関する議論にご活用下さい

  • 修正前でN特格→CSが231ならN特格が129だからフルヒットした時は補正85%かな?CSが120→140の今なら248入りそう -- (名無しさん) 2021-12-09 21:54:42
  • 主役機に相応しい性能だよなた -- (名無しさん) 2021-12-25 07:17:53
  • 今更ですけど横サブってシナンジュみたいにステップ切られても2発目は再誘導しますよね?結構格闘迎撃に使ったら向き直して2発目が当たったから横サブ2連で格闘迎撃するのアリだと思う -- (名無しさん) 2022-01-02 21:21:59
  • こいつとかシナンジュに限らず普通は連射でもキャンセルでもかかり直るよ -- (名無しさん) 2022-01-03 03:48:48
  • S覚醒中のNハンマー>>Nハンマー→N CSって火力いくらくらい出ますかね?誰か知ってる人コンボ火力欄に記述してほしい -- (名無しさん) 2022-01-09 13:48:55
  • BD格闘の出し切り190、補正45ってマキオン検証と同じ数字じゃない? -- (名無しさん) 2022-01-20 12:34:25
  • ですね。前作wikiが間違っててそれをさらにコピペした人が居るみたいです。最新の値で更新しておきました。 -- (名無しさん) 2022-01-21 11:16:00
  • 耐久力が2000とは思えないほど高い。 -- (名無しさん) 2022-02-19 22:24:41
  • コンボ欄だけど実践的な「横>横~」系がないのが不満点なので書き足してもいいかな? -- (名無しさん) 2022-02-27 15:02:32
  • 対策の所にわからん殺しとあるけど、性能が他機体と比べて突出してるだけで少し違うと思う、わからん殺しと聞くとイクスィスの反射ビットみたいな 初見でどう対処したらいいかわからない物を指す感じがする -- (名無しさん) 2022-05-15 14:09:03
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
最終更新:2022年04月16日 20:59
添付ファイル