ダメージ計算

総論
他の対戦アクションゲーや格ゲーと同様、ガンダムVSシリーズの攻撃には伝統的にダウン値補正率が存在する。
  • ダウン値
    • 各攻撃に設定されている値で、これが5を超えると敵は黄色ロックダウンする(詳細はシステムへ)。
  • 補正率
    • 各攻撃に設定されている値で、敵に攻撃を当てるとこの補正が蓄積され、どんどん敵に与えるダメージが下がっていく。
      最後に攻撃を受けてから攻撃を受けずに2秒経つか、敵が黄色ロックダウンすると補正率は0に戻る。
これらの計算によってダメージが確定するわけである。
コンボダメージを求めたい時など、この法則に従って計算式を作って求めることが出来るので便利。

流れは大体以下の通り。
基本ダメージ 減算補正 乗算補正 350補正 小数点切り上げ 実測ダメージ


減算補正

補正率100%を初期値として、以降に受けるダメージを補正率分軽減する。
コンボ補正の下限は10%(-90%)で、それ以上は蓄積しない。

通常補正 (コンボ補正)

全ての攻撃に存在する補正。ただし0%の物もある。
小数点以下は、ダウン追撃や誤射補正、覚醒補正などをすべて乗算した後に切り上げて計算する。

補正率の「-30%」と「70%」は、要するに同じ意味だが、wikiの表記は統一されていない。
前者のマイナス表記は、一つ一つ組み合わせて計算がしやすいよう単独の補正率を、
後者の表記は、その直後の追撃を計算しやすいよう現在の補正率を表記している。

例を挙げると、威力75、補正率-30%、ダウン値2.0の一般的なBRが3連続で当たれば敵は黄色ロックダウンする。
この時2発目、3発目のBRは補正によって威力が下がっており、158のダメージになる。

計算式は、
75*1.0+75*(1.0-0.3)+75*(1.0-0.3-0.3)
2発目が52.5となるので小数点以下を切り上げて53にして計算。
75+53+30=158
となる。

この補正は最後に行動可能になった2秒後まで持続する。(スタン攻撃はスタンが切れてから2秒)

シールドガード補正 (盾補正)

シールドガードによる防御が成功した際に、シールドした方の機体に-10%のコンボ補正が掛かる。
ただし、既に被弾してコンボ補正がかかっている状態では付加されない。

コンボ補正扱いなので持続はこちらも2秒。

カウンター補正

カウンターが成功した場合に-10%の補正が掛かる。
味方の攻撃をカウンターしてもこの補正は乗る。

シールドガード補正とは違い、時間制限なし。
次にコンボ補正、シールドガード補正が乗るまで続く。

シールド補正が残っている間にカウンターが成功すると、シールド補正の方が優先されてしまいこちらの補正は適応されない。

量子化補正

一部機体の性能である量子化が発動した場合にかかる補正。
カウンター補正同様に時間制限がなく、発動した機体が撃墜されるまで効果が適用され続ける。
複数回発動しても効果は重複しない。

同時ヒット

2発並べて撃たれる射撃など、同時に命中した攻撃は、片一方の補正値を計算した後にもう一方を計算する。
このため、判定の分かれた射撃攻撃はダメージが本来の数値以上に下がりやすい。

乗算補正

減算補正によって出されたダメージにこの乗算補正が反映されて最終的なダメージが決定される。

射撃キャンセル補正 (C補正)

メイン→サブなど、BDを挟まないで射撃をそのままキャンセルした場合(この場合はサブの)ダメージが減少する、という補正。補正率は一律70%。
メイン射撃、チャージショット(CS)、アシスト、オールレンジ武装、各種マシンガンの様に連射として設定されているものには付かない。
これにより、Ζガンダムのメインのような連射可能なものは、そのまま連射しても威力は変わらず、BDCで3発当てたときと同じ威力になる。

他にも一部の武装はこのキャンセル補正がかからない。
威力以外にも、キャンセルで出すと補正率やダウン値が変わる武装もある。

ダウン追撃補正

地面にダウンし、無敵状態となるまでの間に追撃した場合に発生する補正で、ダメージが1/4(-75%)になる。
上方向には打ち上がらないのでダウン値が溜まっていなくても途中でコンボが途切れる。
ダウンした場所が建物の端などでタイミング良く足場の破壊や機体を落とすことで再度コンボ出来たりダメージ計算が狂ったりする場合もある。
バウンドダウンからの拾いがあるので地面に落ちたからと言ってこの補正が乗るとは限らない。

誤射補正

味方に対して攻撃を当てた時の補正。上記補正込みのダメージの1/4(-75%)。(通常30ダメ→誤射8ダメ)
こちらもダウン追撃と同様にそれなりにダメージが高いため、ゲロビで敵味方をまとめて撃ちぬいた際に50以上のダメージが入ることも珍しくない。
さすがにダウン追撃と誤射が両方入った場合は約0.06倍まで落ちるため、そう致命的なことにはならない。

覚醒補正

覚醒時のみ適応される攻撃力及び防御力の上昇効果。
但しこの補正は一律ではなく、機体によって補正率が異なる。詳細は覚醒性能一覧参照。
M覚醒はこの補正が全くかからない。

覚醒攻撃補正

自機の出した攻撃によってダメージを与えた際にかかる補正。
計算式は元の威力*攻撃補正(%)。
wikiでの表記は1.1倍、110%、1割(アップ)、+10%などがある(全て意味は同じ)。

本作でも2と同じく格闘攻撃補正と射撃攻撃補正が明確に区別されている。
例えばFバーストでは射撃属性の武装(格闘からの射撃派生などを含む)に攻撃補正は乗らなくなっている。

覚醒防御補正

覚醒中にダメージを受けた際にかかる補正。
計算式は元の威力*防御補正(%)。
wikiでの表記は0.8倍、80%、2割(カット)、-20%など。
±が逆転して書かれている(+20%や20%)ことがあるが、被ダメが増加しているわけではなく意味はマイナス付きと同じ。

この補正が最も高いのはRバースト。
C覚醒は、クロス覚醒時のみ全機体一律-20%の補正がかかる。

機体別補正

ある機体特有の防御補正。
例えばFA-ZZはFA形態の間、常時被ダメージを20%軽減する、フリーダムのSEED発現中は被ダメージが150%になる、など。
機体ごとに、被ダメージが軽減するものもあれば、増加するものもある。
被ダメージが軽減するものは特定の形態時、被ダメージが増加するものは時限強化中やジャマー展開中の場合が多い。

根性補正 (耐久値補正)

残りの体力が少なくなるほど攻撃力と防御力が上がるVSシリーズ恒例の補正。
(公式サイトのアップデート内容では「耐久値補正」と表記)
全体的に見て前作より若干補正が緩くなった。
3000・2500コストと2000・1500コストで補正のかかり方が異なり、後者には補正が特に大きくかかる。
この補正がかかるので対戦における逆転性が高くなる。たとえピンチでも諦めずに戦い続けよう。
百式等の復活形態時は本来の元耐久値を基にした根性補正がかかる。

残耐久値
未満~以上
3000・2500 2000・1500
攻撃補正 防御補正 攻撃補正 防御補正
50~45% +1% -0% +2% -0%
45~40% +3%
40~35% +2% +4% -5%
35~30% +3% +5%
30~25% +4% -2% +6% -10%
25~20% +5% +9%
20~15% +7% -4% +12% -15%
15~11% +8% +15%
10~5% +9% -7% +17%
5%~ +10% -10% +18%

連勝補正

連勝を重ねるごとに、与ダメージ量が下がり、被ダメージ量が上がっていく補正。
4連勝まではこの補正がかからないが、5連勝から徐々に補正がかかり始め、7連勝以降はプレイ中でも気になるレベルで重い補正がかかる。
この連勝補正が10連勝達成を難しくしている一因である。
数値はオンラインカジュアルマッチもの。
現在、ランクマッチでは連勝補正がかからなくなっていることが報告されている。
連勝補正自体が公に発表されたことのないデータなので、意図的な仕様変更なのかどうかは不明。

連勝数 与ダメージ量 被ダメージ量
0~4 -0% +0%
5 +3%
6 -4%
7 -10% +10%
8 -14% +21%
9 -17% +25%

ダメージレベル補正

筐体の設定で倍率をかけることができる。
大抵はデフォルト設定だが、変えているケースもあるので注意。(特にダメージ報告などの場合)
オンライン対戦では無効となる。

CPU戦難易度補正・ボス補正

ダメージレベル補正とは別に、CPU戦では難易度に応じたダメージ設定が掛かっている。
ステージ・機体・ターゲットによってもバラバラな場合がある。
ターゲット機体は他機体よりもダメージ補正が高い傾向がある。
プラスコインでの敗北時による補正緩和も存在する。

350補正(ダメージキャップ)

全攻撃の累計ダメージが350を超えた際、それ以降のダメージに対し-75%の補正がかかる。
350を超えてから当たった攻撃だけではなく、350を上回る攻撃が入った時点で適応される。

例を挙げると、単発火力200、補正-0%の攻撃を2回当てると本来は200+200で400になるが
200+150の時点で350に到達するので超過分の50ダメージは350補正の別計算が入り、
200+150+50÷4=362.5となり、小数点切り上げで363ダメージになる。

キャップ到達後は、低ダメージでもヒット数の多い技を当て続ける方がダメージが伸びる。

小数点以下切り上げ

攻撃が1回終わるごとに、各種補正が全てかかった後の計算値の小数点以下を切り上げる補正。
小数点以下の切り下げや四捨五入でないことに注意。
最終更新:2022年04月23日 09:48