ナラティブガンダム

 総合解説 / B装備 / C装備

作品枠 機動戦士ガンダムNT
パイロット ヨナ・バシュタ
コスト 2000
耐久値 600
形態移行 B装備(通常)
B装備(NT-D)
C装備
移動タイプ 通常
BD回数 B装備(通常):6
B装備(NT-D):8
C装備:6
赤ロック距離 B装備(通常):11
B装備(NT-D):11
C装備:10
変形コマンド なし
盾コマンド あり
覚醒タイプ 格闘寄り汎用1


概要

『機動戦士ガンダムNT』より、ヨナ・バシュタが搭乗する旧世代のサイコフレーム試験機。
装甲すら万全でないその状態から「痩せっぽち」とも呼ばれる機体ながら、秘められたポテンシャルは高い。

劇中と同じく、戦況に合わせて装備を切り替えて戦い抜く2000コスト換装機。前作に引き続きA装備はなし。
実弾主体のB装備と、B装備中のみ使用可能な時限強化のNT-D、最後にC装備ことサイコ・パッケージの合計3種類を運用できる。公式いわく「2000版フルコーン」。
開幕はB装備で始まり、リロードが完了し次第NT-Dが使える。
C装備へは一方通行換装であり、こちらになるとNT-Dも使えない。
本作移行に伴いNT-Dのリロードが劇的に早くなっており、B装備でも早い段階で攻め込むことが可能に。

B装備は射撃寄り汎用機。生形態らしく強い圧は無く、サブのインコムは優秀ながら弾切れが気になる。
NT-DはBの実質上位互換。ソードビット系のインコムや八の字状に投げるサーベル投げで相手を追い詰め、格闘派生で大ダメージを奪うことができる王道の時限強化形態。

格闘CSを使うことでC装備に一方通行換装する。
C装備はフットワークが良好で、特格からの飛び込み格闘を主力とする格闘寄り汎用機。
振り向きアメキャンが出来るようになり、速めの展開でも着いていくことに適している。
射撃は素直なものばかりでタイミングを誤ると援護が行き届かなくなり、かといってごり押しが通じるような格闘性能とは言い難く、引き出すタイミングが重要になる。

原作同様状況に合わせた臨機応変な換装が求められる為、各形態の性質の理解も必要。
機体に秘めた力を活かせれば、いつか答えられなかった問いの答え、そして想いを伝えることも出来るだろう。



戦術

「換装が溜まるまでじっくりと待つ」という時限換装機の基本を踏まえつつ、状況に応じて「展開に着いていくことに適した一方通行形態」に切り替えられるのが本作の強み。
2000版フルコーンの各形態を汎用機寄りにしたようなイメージ。

B装備はサブのインコムとメインが主力。これで足を動かして相方の攻撃を支援したり、自分のメインで転ばせたりして、NT-Dまでの時間を稼ぐ。
NT-Dは王道の時限強化形態。取り付きのいいサブや広範囲となった特射で相手を追い詰められる。射撃で堅実に攻め、高火力の格闘派生で通常時の借金をお釣り付きで取り返すこともできる、時限強化にふさわしい攻めの時間となる。
そのため、NT-D時には前に出て武装を回していきたい所なのだが、近接での自衛択が若干怪しいため無理をするとすぐに手痛い反撃を貰いがち。
ダウンを取られるなどしてせっかくの強化時間が短くなってしまうと途端にダメージレースに付いていけなくなってしまうので前衛機の後ろを付いていくなど低コストとしての立ち回りを意識しつつ、C装備へと移行した際に少しでも動きやすくなるように被弾を抑えた射撃戦を行いたい。

C装備はキビキビ動ける格闘寄り汎用機。射撃力は平凡だが、バリア付きorBRを連射しながら飛び込む特格格闘派生は、全盛期ほどでないにしても主力として使って行ける性能。使いきりながらバリアを持っており、苛烈な射撃戦を掻い潜って攻めることも可能で、追われた時の逃げや終盤の詰めといった速い展開に着いていくことに適している。
一方でどうしてもダメージソースが格闘に寄りがちなのでB装備で耐久を削られ過ぎると特格格闘派生で差し込んでいくチャンスを活かせないなどの問題が生じる。

欠点としては上記の展開を読む判断力が求められることと、NT-D含め自衛力はそこまで高くないこと。
生時を持つB装備を維持すればするほど相方負担は当然大きくなる。自身はもちろん、相方も持たないと判断したら素早くC装備に切り替えるべき。しかしC装備は射撃力はごく平凡でタイミングを誤ると無視されやすく、かといってごり押しが通じるような性能とは言いがたい。
前作はNT-D1回目以降は常にC装備への換装を頭に留めておくことがセオリーだったが、今作ではダメージ取りの主力形態がNT-Dに変わっているため、最低でも2回は使っておきたいのというも判断を悩ませる材料。弾切れ問題が若干改善しているのがせめてもの救いか。
また、B装備には落下テクは無くNT-D中も振り向きメイン→サブくらいで、射撃寄りながら弾幕だけで圧倒できるような性能ではない。
さらに、全形態で発生のいい押し付け武装を持つ近接機に近寄られると迎撃もままならなくなることもあるので、相方とのフォーメーション維持は常々意識したい。

相方や相手の機体相性をよく見極め、早い段階でのC装備移行も試合運びの選択肢として入れておくべき。
とはいえ、NT-D発動中が本機の最大ポテンシャルであることは確かである為、出来る限りはB装備で戦いたいのが本音ではある。
アップデートによりC装備での火力、攻め込み能力が改善。以前よりNT-Dを切り捨てる判断はしやすくなった。
流石に全盛期のようなC装備オンリーでの攻勢・荒らしは無茶だが、C装備の択を嫌う相手にはNT-Dもそこそこに、C装備になって容赦なく切り込んでいこう。
特格格闘派生で大ダメージを狙えるC装備は高コストとの組む際の無視が命取りとなり、低コスト特有の弱点をカバー出来る本機の数少ない強みの一つ。
焦って無理やり突っ込むよりもサブやアシストを駆使してジリジリ戦われると相手側はかなり動きづらくなるため、粘り強く戦うのがC装備の肝となる。
1つの形態に固執し過ぎず、状況に応じて臨機応変に換装しながら戦おう。

EXバースト考察

「今更遅すぎるって、わかってる…でも、俺は!」
NT-Dで覚醒するとカメラアイが赤く光る。専用ボイス有。
C装備の時に覚醒するとサイコフレームが美しい水色の輝きを放つ。

回転率の大幅改善により、前作では考察外だったNT-D覚醒も現実味を帯びてきた。よって覚醒選択はNT-DとC装備どちらでも使用することを前提として選択したい。

  • Fバースト
格闘攻撃補正:+10% 防御補正:-20%
C装備との相性が良く、次点でNT-Dの恩恵が大きい。
B装備の場合だと高火力派生やダメージの出る格闘が無いためやや攻め手に掛けてしまうのが難点だが、覚醒が溜まる頃にはNT-D中かC装備に移行する頃合いなのでそこまで支障はない。
基本はC装備、NT-D時で使う事を心掛けていきたい。
C装備ならばバリアと併用したN特格闘派生やBR→横格による強力な詰めも可能。
ただし、格闘でダメージを出すという方針故に自衛力の高い相手に対しては安定しているとは言い難くプレイヤーの腕が試される。また主力格闘であるC装備の特格格闘派生には追従性能強化が乗らないのも悩みどころ。
しかし覚醒の共通効果である動作の高速化と、Fの格闘火力UPは魅力的。挙動は素直だが追従性能が強化されたC装備の後格闘もなかなか侮れない性能。
総じて換装状況に左右されづらく、主張力や逆転力を高められる安定した覚醒と言える。

  • Sバースト
射撃攻撃補正:+5% 防御補正:-20%
非推奨。
B装備のメインはもともと2連射可能かつ弾数4の撃ち切りリロードなので恩恵は薄く、C装備メインも手動リロードなので相性が良いわけではない。
足の止まる武装からキャンセル落下可能になる点は便利だが、それだけの為に選ぶかと言われると微妙。
そもそも、覚醒を使ってまで強化したり高速リロードから押し付けたりするような射撃武装は持っていないのがネック。
逃げるならM,C攻めるならFの方が活躍出来るだろう。

  • Mバースト
火力補正が乗らなくなり、青ステや慣性強化等も無くなりとりあえずで選べる覚醒では無くなった。
しかしながら、他の覚醒が100%ナラティブに合致するかと言われればそうではなく組むコストや相手の機体によっては十分選択肢となる。
シャッフルの安定択と言われる所以通り、機動力向上による恩恵はそれほど大きい。
C装備でバリアと併用して詰める際の信頼感は依然高く、前作での安定択であった通り換装状況や戦況を問わず使えるのが強み。
特にB装備においては、通常時の逃げ性能やサブや特殊射撃で足が止まりがちである事を加味するとかなり相性が良い。
NT-D中のやや物足りない追い性能の補助としても十分活躍出来るだろう。
高コストとの組み合わせや相手の自衛を崩せる自信がないと言った人はM覚を素直に選んだ方が良いだろう。
ただしブースト回復量の少なさに注意。オーバーヒートで覚醒しても2回ほどしかBDできないため温存するか、さっさと吐いて逃げるかの判断はしっかりと。

  • Rバースト
攻撃補正:+3% 防御補正:-25%
イマイチな自衛力を補う迎撃択を増やし、押しつけ性能に欠けるこの機体に有用な効果が揃っている覚醒。
火力だけではなく防御にも補正が掛かるのは嬉しい所。
ナラティブにとって汎用性が高い覚醒である反面、スパアマ以外に特化した能力がない性能ではあるので戦術によっては別の覚醒でいい場合も多々あり、痒い所に手が届かない覚醒。
R覚を選ぶ理由である、伸びの良い格闘がC装備の特格格闘派生/後から以外になく、その特格格闘派生にSAが付かないため選ぶ理由は無いに等しい。

  • Cバースト
NT-DとC装備でそれなりの火力を出せるため、2000としては火力補正なしでも痛手は少ない方。
ネタ気味ではあるが、前作E覚醒の要領でB時の自衛力の低さを半抜けでフォローし、覚醒技ぶっぱでお返しするのも理には叶っている。
しかし何の考えも無しに選ぶと攻め能力の低さが露呈し、相方の負担になりかねない。また2000コストのブースト性能では抜けても再度噛みつかれる可能性も否定出来ない。しっかりと目的を持ち適切な運用が求められる上級者向けの覚醒。
特にシャッフルで考えなしに選ぶのは非推奨。連携の取れる固定向け。

僚機考察

ペアを組む場合は3000コストが推奨される。
インコムでチマチマと戦えるとはいえ、ナラティブの得意距離はせいぜい中距離程度。
近接寄りでラインを維持する能力に長けた万能機を相方とするのがベストだろう。

3000

基本。大抵の2000に言えるが、最良のコスト帯。
やはり注目度の高い前衛機に前を張ってもらい、闇討ちや分断などでのフォローが安定するだろう。
引き撃ちが得意な機体とは微妙。射撃戦だと降りテクの無さ、武装の適正距離の関係でナラティブ的にはやや辛い。しかし最悪先落ちしてもC装備の特格格闘派生で暴れること自体は可能なため、決して悪い組み合わせではない。

  • 純格闘機
エピオン、マスター、バエルなど。
注目度はバツグン。ただし立ち回りを間違えると負担は大きくなる。
NT-D発動まで耐え、そこから1ダウンでも取れればライン上げもしやすくなる。
そこから分断、疑似タイと行ければ上等。無理が出来る機体ではないが、上手く隙を作って突破口を開いてあげよう。

  • 格闘寄り万能機、近接機
クアンタ、デスティニー、キマリスヴィダールなど。
純格闘機よりはウマが合う。互いに望む立ち回りがしやすい。最悪ナラティブ先落ちでもフォローが効く。
B装備のインコムで作った隙に切り込んでもらうもよし、相方のコンボをカットしようとする敵をC装備特格格闘派生で叩き落すもよしとなにかと噛み合う。


2500

次点。とはいえ低コスと組むよりマシ程度。
相方がある程度ロックを捌けるならNT-D発動からの両前衛がやりやすいか。
シャフで後衛機と組んだ場合はいっそ開幕C装備も一考。

2000

非推奨。シャフ事故。
コスト以上の仕事をするならNT-Dが必要。しかし15秒を安定して耐えきれるパワーが足りない。
かといってC装備に補える力があるかと言われると微妙。
なんとかNT-Dを発動しての疑似タイや、覚醒を上手く使ってダメ負けを防ぎたい。
闇討ち機や格闘機と組んだ時は開幕即C装備も視野に入れたい。間違っても自分本意で戦わないこと。

1500

こちらも非推奨。
大抵は近接択に乏しいナラティブが押しつぶされるか1500側が溶かされるかその両方か。
無理を通してでもNT-Dで挽回したい。お互い、覚醒による逆転タイミングは見逃さないこと。

対策

全形態通して近距離での強力な択が無い。
せいぜいインコム→盾、ブメ、メイン→後格やステ横格が関の山。NT-D時の左右ブメには注意。
発生、銃口補正の良い押し付け武装を持つなら距離を詰めるだけで向こうは苦い顔をすることだろう。
また、降りテクが少ない。NT-D時の振り向きメイン→サブか、C装備でのアメキャン。
NT-Dサブは空撃ちが出来ず、C装備アシストはリロードがやや遅い。
詰めていく際は向こうのブーストを読みやすいので、インコム等を避けつつ先着地を心掛けて隙を突こう。

対ナラティブにおいて特に注意したい武装が3つ。
  • 取りつきが優秀で動き撃ち可能な突撃系オールレンジ武装のNT-Dサブ
時限強化限定武装に恥じない強力なものなので飛んでくるインコムには注視しておきたい。
そこから250程のダメージを叩き出す派生もある為NT-D中は要注意。

  • BR連射or射撃ガードしつつ急速接近、そこからの伸びが良いフワ格のC装備特格格闘派生
特殊移動は弾数制ではなく際限なしに使用可能。前派生しかないビルスト特格といったイメージ。
フワ格の伸びが強烈で、単発のバウンドなので追撃も放置も可能。不用意に無視したり高跳びは叩き落されかねない。

  • 極大判定、高弾速、射撃バリア貫通、高火力の覚醒技
前作プレイヤーを震撼させたサイコフレームの暴力。
下手な回避は無駄なレベル。シールドガードが全機体共通かつ最安定の対処法。
しかしあまりナラティブに気を取られ過ぎて敵相方に取られる、なんてことが無いように。

チャレンジミッション

【機体ミッション】ナラティブガンダム

ミッション EXP 期待値
5回対戦せよ 50 300
対戦で3回勝利せよ 50 250
対戦で累計3000ダメージ与えろ 100 750
対戦で1バトル中に2機撃墜せよ 200 2000
トライアドバトルでコースを3回クリアせよ 50 -
推定所要対戦数:273戦

EXP 報酬
5000 コメントパーツ 不死鳥狩り
ヨナ・バシュタ
ナラティブ
10000 コメントセット 生まれなきゃよかったんだ
[苦しむだけの命]なら、最初から!
15000 称号文字(ゴールド) 平凡を絵に描いた士官
20000 スタンプ通信 君が鳥になるなら俺は…俺も鳥になる!
25000 チケット アイテム交換チケット×1
30000 称号文字(プレミアム) 平凡を絵に描いた士官

外部リンク


コメント欄

更新内容のメモや編集方針に関する議論にご活用下さい

  • C装備、N特格虹ステ不可になってます。 -- (名無しさん) 2021-04-17 00:29:50
  • こいつ多分今作600 -- (名無しさん) 2021-04-21 23:41:59
  • しっかり強くなった感ある 全盛期とこれまでの中間っぽいけど、そもそもポテンシャル高いから使用率が高くなりそうだ -- (名無しさん) 2021-07-01 19:47:49
  • 次回作でもいいから変形入力でA装備追加求む。 -- (名無しさん) 2021-11-28 22:40:11
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
最終更新:2022年03月06日 21:10
添付ファイル