V2ガンダム

 総合解説 / V2 / V2A / V2B / V2AB

作品枠 機動戦士Vガンダム
パイロット ウッソ・エヴィン
コスト 3000
耐久値 680
形態移行 V2ノーマル
V2アサルト
V2バスター
V2アサルトバスター
移動タイプ 通常
BD回数 V2ノーマル時:8
V2アサルト時:7
V2バスター時:7
V2アサルトバスター時:8
赤ロック距離 V2ノーマル時:10
V2アサルト時:11
V2バスター時:12
V2アサルトバスター時:12
変形コマンド なし
盾コマンド あり
覚醒タイプ 射撃寄り汎用2


概要

『機動戦士Vガンダム』より、主人公ウッソ・エヴィンが駆る後期主役機。ヴィクトリーの後継機にしてリガ・ミリティアの新たなフラッグシップ機として開発された。
コア・ファイターにミノフスキー・ドライブを採用することで従来機を遥かに凌ぐ加速性・機動性を実現。さらに多様な戦局に対応する追加装備が次々と開発されている。

強力な切り札換装アサルトバスター(AB)を逐次投入して盤面を破壊する、時限強化の射撃寄り万能機。
その他3形態もの換装を持ち、全4形態の贅沢な仕様。
ただしAB以外の3つの性能は3000としては2歩3歩劣るため、ABが溜まるまで戦況を凌ぎ切る換装の妙が試される。

本作ではこれまで使いづらかったバスター形態が大幅に見直され、アサルトの自衛力がやや補われたことで名実ともに換装を上手く回す機体となった。
前衛としてラインを作り先落ちを目指すのであればノーマル多めに弾数節約や主張の意を込めてアサルトとバスターを混ぜる。
シャッフルや即席固定など様子を見るならアサルト中心で闇討ちや牽制にノーマル、バスターを挟んでライン維持する。
後衛として射撃戦を行いしっかり立ち回るならバスターをメインにノーマルやアサルトの逃げも含めた自衛を考えるといった様相。
とはいえ先の通り華はABにあるため、ABで荒らすための耐久調整・あわよくばダメージ取りというコンセプトは変わらない。

戦術

機動力の高いノーマル(N)、自衛向きのアサルト(A)、中〜遠距離での射撃戦向きのバスター(A)と時限強化のアサルトバスター(AB)の計4つの形態を使い分けて戦う。
基本はどの形態も射撃戦。降りテクはNの振り向きメサキャンとアサキャンの2つ。
本作移行時にA、Bの武装変更が行われ非常に使いやすくなり役割分担をしやすくなった。
1つの形態に固執するのではなく状況に応じて3つの形態を使い分けてABまで耐えたい。ABが貯まったら前に出て高い機動力と高性能の射撃で試合を荒らしていく。

・ノーマル
N特射入力、またはAB時間切れになったときにこの形態へ換装する。
機動力が高く、降りテクもあり位置取り能力は高い。しかし射撃武装の都合上、継戦能力は低め。放置にも少し弱く、特格での主張を混ぜていかないと自分も相方も苦しくなってくる。
降りテクのサブは2発撃ち切りリロード。単品で見ても高めの性能をしており弾幕に混ぜてもよい。降りテク用に残すかメインに混ぜて射撃戦に使うかの判断はしっかりと。
基本は格闘CS→サブの降りテクを使っての射撃戦。メインがBと共有になったがあちらはメイン以外の射撃択が充実しており節約が容易なのでNでいるときはガンガン使っていこう。
メインからキャンセルで出せる特格は強襲に向く。闇討ち時には積極的に頼っていきたいが降りテクに格闘CSを使用する関係上、特格を外した時のフォローが少し難しい。
あくまでABまでの時間稼ぎであることを忘れないように。迎撃されてABで攻められないような耐久になってしまっては元も子もない。

・アサルト
右特射入力でこの形態へ換装する。
単発ダウンのサブ、カウンターにも使える下格のMBS、やや強めの銃口補正でダメージ確定も早い射撃CSと自衛向きの武装が揃っている。Nでの自衛がキツかったりBで立ち回るのが少し不安と感じたらこの形態へ。
今作移行時にサブと射撃CSのコマンドが入れ替わる形で変更。1コマンドで単発ダウンのビームが撃てるようになったのはかなり嬉しい。
前作アプデでメインの仕様が変更され弾数が少ないこと以外は優秀なBRへと変更。ダウンを取るまでにより多くのブーストを使う必要があるのでサブキャンセルを生かしていきたい。
やはり基本は射撃戦。迎撃時に足りなくならないようにメインを打ちつつ、着地や硬直にサブ、射撃CSを狙う。メインの弾数が少ないのでサブキャンセルやセカインを駆使して節約していこう。
迎撃にはサブと下格を。サブはやや横幅が広目で引っ掛けやすく、下格は生格のカウンターや敵コンボ、立ち回りの阻害ができる。しかしどちらの武装も足を止める上Aには降りテクが存在しないのでしっかり考えた動きを取ろう。
自衛向きの形態であるが「逃げ」の展開は苦手。無理な迎撃ができず逃げが要求される場面になりそうなら早めにNへ換装しよう。

・バスター
左特射入力でこの形態へ換装する。
中〜遠距離の射撃戦向きの形態。後衛を務める時や相方を前に出したい時にはこの形態へ。
今作移行時にメインがNのものと同じ(弾数も共有)になり、前作メインはサブへ、前作サブは後サブへ変更
。後サブは爆風を犠牲に曲げ打ちに対応し奪ダウン力と火力はそのままに非常に扱いやすくなった。
相変わらず自衛は苦手で降りテクもないので苦しいと感じたらNかAへ早めに換装しよう。Bでダウンすると逃げるにしても迎撃するにしても苦しい。降りテクがないが格闘CSをチャージしておくことで「N換装→格闘CSキャンセル→サブ」と疑似的にBでも降りテクが使える。Bでダウンすることは最も避けたいので覚えておいて損はない。
両CS、メインで敵を動かしつつ追撃に(後)サブを使う。曲げ撃ちに対応した後サブや誘導のいい射撃CS・レバー入れ格闘CSなど弾幕形成はお手の物。
タイマンは苦手なのでダウンを取ったら僚機と合流し2on2に持ち込みたい。

・アサルトバスター
ゲージ100のときのみ下特射入力でこの形態へ換装する。
高い機動力と非常に高性能な射撃武装を持つ。この形態をいかに上手く扱えるかがV2を使う上で一番重要。
本作移行時にクールタイム、リロード時間の短縮、強化時間の延長が行われさらに覚醒技でABへ換装するように。1試合の中でABでいられる時間が激増した。
A同様前作アプデでメインの単発ダウンが没収されているが代わりに弾数と威力が増加しズンダだけで200ダメージを出せるようになっている。
SAや迎撃の時に1ボタンでダウンを取れなくなっているのは厳しいが、下格のMBSや特格などもあり難しくなっているだけで自衛自体はまだまだ強め。
95ダメで判定も大きいメインを筆頭に狙撃・接射両方に向くサブ、強誘導の射撃CS、近距離の自衛・押し付けに優れる特格などの高性能な射撃武装を高い機動力で狙っていく。
降りテクこそないがBD性能が時限強化らしく優秀なので低空BD、慣性ジャンプで追い詰めていく。
横移動を狩ったりサザビーレバー入れ格闘CSのようなあまりにも強力な誘導を持つ武装がなく考えなしに武装を垂れ流ししていてもダメージを取りにくい。
BD格闘からの押し付けや基本の着地読み合いなどを徹底していこう。
ABでいても試合が動かないようならゲージが0になる前に換装してしまうのもあり。
流石にゲージ50程度で換装してしまうのは勿体無いので途中換装をするならちゃんとした目的を持ってすること。
強制換装の硬直解除やCT、リロード時間の短縮等ABのゲージを使い切ることのデメリットは前作から緩和されているので乗り始めは途中換装のことは考えずガンガン使っていくのが良さげか。

EXバースト考察

「死ぬもんか! 皆も死なないで!!」
前作アプデと今作移行時の調整から優先度はM≧S>その他といった感じ。
覚醒技でABへ換装できるので「覚醒したいがABが溜まっていない」という状況はある程度改善された。しかし基本的には緑ロックで覚醒技を空振りしたいので緑ロックまで退避しなければならない時もあることを考慮すると完全に改善されたとは言えない。そのためABと覚醒は合わせるというセオリーは今まで通り。

基本的にはSかMの2択。両者の違いとしては
強力な射撃での押し付けが攻めに有用で、ABでいられる時間を延ばすS覚醒
汎用性が高く攻めも守りも安定し、ABでいられる回数を増やすM覚醒
といった感じ。ただSでも回数は増やせるし、Mでも時間は延ばせる。あくまで一例なので参考程度に。
どちらが優れているとは一概には言えないので自身のプレイスタイルに合った選択をしよう。

  • Fバースト
格闘攻撃補正:+5% 防御補正:-20%
格闘よりは射撃を狙いたいので相性は悪い。主力として振りたいノーマル特格やアサルトバスターBD格闘は追従強化が乗らないのも向かい風。
しかし射撃→格闘のキャンセルルートの解放を活かして射撃→格闘→虹ステと疑似的な青ステをすることが可能。またMほどではないが機動力も上昇し、Rと遜色ないレベルの防御補正もあり全く噛み合わない覚醒という訳ではない。
Fにしか無い強みもあるが逆に言えばその強みをMの圧倒的スピード、Sの弾幕の暴力レベルで押し付けれるような運用をしなければならない。
開拓の余地はあるものの現状ではパワー・通しやすさ・操作性を考えるとSやMに劣る。

  • Sバースト
射撃攻撃補正:+8% 防御補正:-20%
ABのメイン連射が単純に強力。爆速で高性能なメインを連射してくるのは相手目線だとかなりの脅威。サブの真ん中を当てれば一瞬で300近いダメージを奪えることがあり爆発力が高い。
覚醒技の仕様変更でABのリロードを待つ必要は無くなったが「緑ロックまで行く→覚醒技空振り→前線に復帰」の流れを取るとなると貴重な覚醒時間を消費してしまうのがネック。いつでも合わせれるようになったとはいえ基本的にはABで使うのがいい。ABで覚醒後、敵のダウンを取ってから覚醒技で再度ABに換装するのが基本となる。
ABメインがダウン属性だった頃は2連射を決めるためにSの連射が必須だったが、今は普通にズンダが可能なためMとの火力差はそこまででもない。特にメイン中心で攻めるならMの機動力で素早く押し付けた方がかえって時間効率がいいこともある。
またM覚醒を追うのはやや難しいことや、V2が逃げなければならない場面ではMに劣るなど欠点もある。
サブのリロード高速化や青ステ、キャンセル補正免除などSの特性を活かす意識を持ちたい。

  • Mバースト
前作大型アプデ後の最適解とされた選択肢。ただし本作ではいろいろ弱体化されている。
スタービルドストライクのように「安全圏まで退避→覚醒技空振りで強化形態へ→M覚醒のスピードで前線に復帰」といった運用ができるのが強み。またABと合わせても元々の高機動+Mのスピードで押し付けが格段にやりやすい。AB以外と合わせても圧倒的な速さで攻めも守りもしやすく安定を取るならSよりこちら。
ABと合わせればS覚醒に匹敵するプレッシャーを与えれるがどうしても爆発・逆転力は劣る。火力補正も削除されたため、非覚醒時でも余裕のあるときは最大リターンを取りに行く意識が必要。だがSよりも逃げが安定する・(M)覚醒を合わせられても敵を追えるなど一長一短。
青ステや火力補正の撤廃など弱体化を受けたものの圧倒的な機動力はこのゲームにおいて非常に強力。30と組んだ時の保険や(爆弾)後衛、シャッフルのお供として。

  • Rバースト
攻撃補正:+4% 防御補正:-25%
非推奨。SA付与の恩恵を生かせる武装が少なく機動力の恩恵も少なめ。防御補正を目当てにするにしてもまだF覚醒の方が候補。
強力なABサブも発生の速さが裏目に出てしまいSAを有効活用できない。
攻めではSに、守りではMに劣りがちなので基本的には選択肢から外して構わない。

  • Cバースト
他3000同様使うのではなく貰う側。当然だがシャッフルでは特筆レベルで非推奨。
格闘機対策として選択するにしても抜けたところで逃げれる訳でも、強力な反撃ができる訳でもない。抜けに使ってしまうのなら全覚醒で反撃できるSが、普通に使うならMの存在がありどうしても見劣りする。
非覚醒時でも被弾を全くせず、敵を圧倒できるなら採用の可能性も見えてくる。がそれなら尚更SやMで自身を強化した方がいい。


僚機考察

ABリロードの時間稼ぎにも耐えれる自衛力のある機体か、先落ち適正の高い機体と組むのがベター。
バスターの調整やアサルトバスターの回転率向上から多少は組みやすくなっている。
固定なら少し厳しいが爆弾後衛を務めることも可能。

3000

シャッフルで頻発する事故。しかしABのリロード中、援護しなくても自力で自衛できる機体がほとんどでABに入れば盤面性能は最強。
基本通りの耐久調整をこなせれば充分勝てるので焦らないように。
先落ち0落ちどちらも大丈夫だが時限強化という仕様と射撃寄りであることや遠距離でも機能する武装が多いことから出来れば0落ちを担当したい。
が相方より早く耐久が減ってしまったら早めに先落ちへシフトしよう。その際はノーマルに換装してしっかり自己主張していくこと。
ダラダラと射撃戦をして両方削られるのは負け筋を作ることになるのでできる限り控えたい。

2500

基本かつ王道の組み合わせ。自衛力の高い機体が多くABのフォローもできるので相性はいい。
ABリロード時は2機固まってお互いにフォローしつつABが貯まったら一緒に前に出てダメージを取っていく。

  • ジャスティスガンダム
30のお供代表その1。自衛が強力な機体。
ABのリロード中もしっかり耐えることができ、AB時には横サブやアメキャンなどで遅れを取りにくい。爆発力の低さもABで補いやすく相性は良好。
しかし先落ち適正がやや低くジャスティス先落ちしてしまうと苦しくなる。ただジャスティスが先落ちしてしまってもV2がしっかりと耐久を残しているのであればゆっくりと動けるのでタブーではない。
なるべくV2先落ちを目指したいがあまり固執せず、柔軟な対応を。

  • オーヴェロン
30のお供代表その2。強化時の相対的な自軍の機動力強化とパワーが魅力。
先落ちしてしまっても爆弾に移行出来て柔軟な対応が可能。
強化を合わせて圧倒的な性能で試合を荒らし尽くすかどちらか一方が強化に入り、生時の相方を守るかは事前に決めておこう。
V2、オーヴェロンどちらも時限強化の爆発力は攻めに生かしたいので前者の方がお勧めか。
開幕はお互い強化がなく、格闘機などに寄られると一気に流れを持ってかれることがある。
またアップデートでオーヴェロン生時の自衛力が平均的なレベルに抑えられた。
強固な自衛武装として名を馳せた横特射による自衛も弱くなり、加えて足回りの悪さや降りテクの無さが足を引っ張り、敵3000に詰められると意外と脆い。
コストオーバー側は全覚醒がないなら1ミスがそのまま敗北につながる他、強化がないため非常に苦しい。
意思疎通を怠らないようにし、お互いのフォローを忘れないようにしたい。

  • スサノオ
V2が後衛を務める爆弾戦法。スサノオがピョン格ムーブでロックを集めつつV2の射撃で取ってもらう。
ABのリロード時は無理な攻めはせずABが貯まってから一緒に荒らしていく。
スサノオのトランザムを開幕で使ってしまって「スサノオのトランザム→V2AB」の流れで一気に流れを持っていってしまうのも強力。
お互いの覚醒が強力なのも逆転力が高くGOOD。
V2のABリロード時の立ち回りがとにかく重要で、スサノオがダブルロックで集中砲火を受けるかその逆が頻繁に起こることが予想される。
お互い付かず離れずの距離を維持し、何かあったら即座にフォローできる位置調整を心がけたい。

2000

次点。V2が先落ちするつもりならABリロード時もしっかり相方を守らないと相方先落ちがそこそこの確率で起こる。
機体性能も25よりは劣るので前後衛を変えやすく意思疎通のしやすい固定向け。

  • ガンダムMk-II
基本はスーパーガンダムで一緒に射撃戦をする。
V2をダブロさせないような主張力もありABのリロード時を守りやすく、爆弾戦法を(狙うものではないが)取れるのも魅力。
順落ちに気をつけつつ耐久調整をしていこう。

  • ファルシア
前格を使った無限ブーストによるタイマン能力の高さが魅力。
ABリロード時にV2が助けに行かなくても自力で耐えれるだけの性能があるのでV2も自分の自衛に専念できる。
ファルシア先落ちの展開はあまり美味しくないのでV2側がABリロード時に無視されないような立ち回りが望ましいか。

  • ガンダムエクシア
2000コストで自衛力を求めるならコイツ。2種の降りテクとそこそこの射撃性能、闇討ちもできる優秀な格闘を揃えV2をダブロさせないようにしつつエクシアも耐えれる。
長期的な射撃戦にもある程度適正はあるがエクシア単騎で敵機に切り込むのは難しい。お互いフォローし合いながら立ち回りたい。
復活もあるのでV2先落ち推奨。

1500

事故。30の性能に15がついてこれず15先落ちが頻発する。
被弾上等でガツガツ前に出て先落ちを貰うか、後落ち…なんなら0落ちを覚悟して相方を前に出すかとなる。が時限強化機という仕様上、必ず相方が狙われる展開が訪れるのでとにかく安定しない組み合わせ。先落ちを貰うか後衛を務めるかはお好みで。

対策

まずは4形態それぞれの強み・弱みを理解しよう。放置や長期的な射撃戦に弱いノーマル・単純な逃げに弱いアサルト・自衛が難しいバスターとそれぞれにちゃんと弱みがある。
流石にアサルトバスターは欠点らしい欠点こそ見当たらないが強力なのは射撃武装のみ。
アサルトバスターに攻めるのは基本的に愚策だがどうしても責めなければならない時もある。
格闘自体は大したことないので射撃に気をつけつつ接近戦を仕掛ければ十分に勝機はある。

ABのリロード時に相方を狙うのも有効。そこでV2焦って守りに来るようであればV2を狙えばよい。

チャレンジミッション

【機体ミッション】V2ガンダム

ミッション EXP 期待値
5回対戦せよ 50 300
対戦で3回勝利せよ 50 250
対戦で累計10機撃墜せよ 100 300
対戦で1バトル中に2機撃墜せよ 200 2000
トライアドバトルでコースを3回クリアせよ 50 -
推定所要対戦数:317戦

EXP 報酬
5000 コメントパーツ V2ガンダム
武器
光の翼
10000 コメントセット 荒んだ心に[武器]は危険なんです
15000 称号文字(ゴールド) 最年少
20000 スタンプ通信 死ぬもんか!
あなたも死なないで!
25000 チケット アイテム交換チケット×1
30000 称号文字(プレミアム) 最年少

【キャラクターミッション】ウッソ・エヴィン搭乗機搭乗機[EX]

ミッション EXP 期待値
5回対戦せよ 50 300
対戦で3連勝せよ 100 200
対戦で1バトル中に2機撃墜せよ 100 1000
対戦で被ダメージ600以内で勝利せよ 100 200
対戦でダメージ600以上与えて勝利せよ 100 1500
推定所要対戦数:188戦

EXP 報酬
10000 ゲージデザイン V2ガンダム
20000 衣装 普段着(ヴィクトリーガンダム)
普段着(V2ガンダム)

外部リンク


コメント欄

更新内容のメモや編集方針に関する議論にご活用下さい

  • 厳密に言えばV2ノーマルという名前ではないのが気になってはいた。 -- (名無しさん) 2021-02-28 23:16:14
  • この機体の特格派生はBDキャンセル不可 -- (名無しさん) 2021-04-06 19:17:23
  • 前作の覚醒技からそのまま持ってきた?CSでキャンセル出来るかは不明 -- (名無しさん) 2021-04-06 19:18:03
  • 色々と記入ミスがあるので修正しますね。まず左特射がバスターで右特射がアサルトです。 -- (名無しさん) 2021-04-21 20:36:37
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
最終更新:2022年04月08日 19:22
添付ファイル