エクストリームガンダム type-レオスII Vs.

 総合解説 / 通常時 / ブーストモード

作品枠 ガンダムEXA
パイロット レオス・アロイ
コスト 3000
耐久値 650
形態移行 ブーストモード
移動タイプ 通常
BD回数 通常時:7
ブーストモード時:8
赤ロック距離 11
変形コマンド なし
盾コマンド あり
覚醒タイプ Gダイバー


概要

『ガンダムEXA VS』より、主人公レオス・アロイが乗るMS。本編では「エクストリームガンダム type-レオスII Vs.」と表記される。
「Vs.」の読みは「ヴァリアント・サーフェイス」。valiantは「勇敢な、英雄的な」、surfaceは「表面、外見」といった意味。

登場してからシリーズを多く重ねたが、過去作の節目にも目立った追加武装や変更点はなく、今作でも素直な射撃寄り万能機として設定されている。
3000の時限強化機体だが、極端な武装の変化はなく、特殊な挙動をするものや仕組みを叩き込まないといけないものもない。
降りテクが自在にできるのも強みで非常にとっつきやすいと言えば聞こえは良いが、周囲は新たな個性を生み出している環境の中では取り残されてる感が拭えない。
それだけならまだしも、今作移行時に横サブの銃口補正悪化、後格の仕様変更、強化時間の短縮とむしろ弱体化が目立つ。
アップデートにより各種武装の基本性能が向上したが、弱体化部分には手が入らず、強化こそされたが弱みはそのままの調整となった。
今作追加武装として弾数制のアシストを貰えたがこれまた落ち着いた性能であり、手数は増えたが戦況を揺るがすほどの力はない。

強みは以前のままなので、基本に則った堅実な動きで勝ち筋を積み上げていくコンセプトなのは変わらない。
しかし現環境にはその強みを軽くあしらえる性能の機体が跋扈しているため、勝利への道のりは決して楽なものではない。



戦術

時限強化機のセオリー通り生時は下がって時間を稼ぎ、強化時でダメージを稼ぐのが基本。
生時、強化時ともに近接択がやや弱く、3000コストでありながら前衛張るのは苦手。しかし回転率の良いファンネルとアシストや細身ながら弾速の速い射撃CSと中距離での射撃戦は得意。強化に入ればメインに連動盾が付き、特射も高性能なものへと変化し中距離での射撃戦がより強力になる。強化時でも接近戦は苦手なものの特格をはじめとした差し込み択を持ち、振り返しやいきなり特格を振るのも悪くない。
両形態通して取り回しのいい射撃CS、回転率のいいサブ、ダメージソースである特射を基本に中距離で射撃戦を展開していくこととなる。

10/21のアップデートで全体的な性能がアップ。今まで強化を格闘CSに追いやるほどの利便性はなかったアシストの回転率が大幅に強化。元々の仕様も相まって実質的なリロードは3〜4秒に。同じく回転率のいいサブとの相性が良くなり頻繁にアサキャンを使えるようになった。
生時の機動力も強化。迎撃に向く下格と回転率のいい降りテクの存在から今までよりも格段に自衛しやすくなった。
しかし近接の弱さや挙動の素直さといった弱点はそのまま。射撃戦の強みを発揮しつつも弱点をカバーする立ち回りが必要となる。

・通常時
アップデートにより強化されたアシストや取り回しのいい射撃CS、サブを基本に中距離で射撃戦を行う。振り向きメイン→サブ、射撃CS→サブ、アシスト→サブと降りテクは結構あるのだがいかんせん主張が難しく、この形態で3000の働きをするには難しい。射撃CSや特射でしっかりダウンを取りつつ、強化までの時間を稼いでいきたい。
極限進化すると弾数が回復することもあり武装はかなり贅沢に使って行ける。弾を温存しまくってるとただでさえ薄い存在感がさらに薄くなってしまう。特にメインはガンガン使っていきたい。
アシストは射線作りや中距離の着地にはN、弾幕形成の補助として横を使っていこう。
射撃武装は良い性能のものが揃っているので慎重に極限形態まで粘りたい。

・極限形態
機動力上昇、メインに連動盾追加、サブ・特射の弾数増加、特射の性能強化など時限強化らしい性能にはなるがやはり接近戦は苦手。メイン連動盾や射撃バリア付きの特格など自衛に関してはそこそここなせるが圧をかけていくのは苦手。この形態でも中距離で射撃戦を展開していくのが基本となる。

極限形態の主力武装は特射。常時8秒リロードの弾数2発であり、V字に照射し大きめの爆風を発生させることから性能はかなり高い。これをいかに当てていくかが重要。爆風の大きさを生かした起き攻めや着地取りに加え緑ロックでの起きなど用途は様々。温存するにはもったいないのでガンガン使っていこう。
アップデートで極限時でも通常時と同じゲロビが撃てるようになった。曲げ性能はこちらの方が高く、少し太くなるとはいえ総合的に見ると性能の高いレバー入れ特射に弾を割きたい。暴発には注意。

接近戦が苦手ではあるが伸び・判定の良好な特格と虹ステが踏め銃口補正も優秀な下格と貧弱ではない。特格で掴めれば下派生を絡めた大ダメージも見込めるが、あくまで迎撃手段であり被弾してでも前に出なければならないとき以外で特格ブンブンするのは悪手。

この形態でダメージを取らないと自身も相方もキツい。良好な足回りとメイン連動盾、強力な特射で慎重にかつ大胆に動くことが求められる。

EXバースト考察

「時を超え、紡がれていく願い…それがガンダムである筈なんだ!!」
EXAシリーズ特有のSEで、時限強化時の様に発光。
覚醒時は名称が変わり、25レオスの極限状態と同じように機体名に「EX」を冠するため、この状態が本機の極限進化状態であると思われる。
25レオスとは違い、覚醒時限定で発光する箇所はない。

OOやバンシィと同様に強制的に強化状態となり、覚醒終了と同時に通常状態へ戻る。強化状態解除の硬直はないため、気軽に攻めることも可能。
どちらの形態で覚醒するかによってその後の状況が変わる。

極限状態で覚醒すると、強化ゲージの消費が止まると同時にCTがカウントされ、リロードが開始される。
通常状態で覚醒すると、強化ゲージのリロードを継続したまま極限状態に移行する。
また覚醒により、強化ゲージが全快にはならないが、リロードが高速化される。
ゲージが40程度たまっていれば半覚終了後に極限状態へ移行可能なので、通常時に覚醒する方が格闘CSの回転率が上がる。
以上のことから、シャイニングと並んで「本来非推奨な全覚醒に一考の余地がある」機体。ただシャイニングと違って推奨とまでは言えない。
「仮に半覚を使い損ねてもこの機体は十分やりようがある」程度に覚えておくといい。
しかしゲージ0からでも全覚醒の間に強化ゲージが溜まりきるので、強化時間を大幅に削れている今作では確実に長期間の極限が維持できる利点は非常に大きい。

そうはいっても、やはり極限中に覚醒を使わなければならないという状況は往々にしてあるのでそこは臨機応変に。
今作は僚機と覚醒発動を合わせることも重要であるため、チャンスを伺うのはいいが、出し渋るような使い方は控えたい。

  • Fバースト
格闘攻撃補正:+15% 防御補正:-0%
平時でも格闘火力が高く、追従性能が強化されるが初段性能も万能機相応のため、ダメを稼ぐ手段としてまだまだ選びづらい。
しかし、射撃→格闘のキャンセル解放、ブースト回復量の多さ、機動力向上と優秀な付随効果が多く、割と潰しが利く覚醒ではあるため、一概に相性が悪いとは言い切れない。

  • Sバースト
射撃攻撃補正:+12% 防御補正:-0%
今作でも安定と信頼の選択肢で、覚醒極限の暴力の全てを物語る覚醒。
BRの性能自体は至って平凡なものであるが、覚醒時には強制的に強化形態になれるので、メイン連動で射撃バリアが発生するようになり、BR連射が非常に強力な押し付け択になる。このBR連射から当てやすい覚醒技にキャンセルできるのも利点。
高性能なサブや特射の回転率も上げられ、相手の射撃を全て打消し自分だけ射撃の暴力を押し付けられるのはVsの大きな強みである。
射撃が主体の本機では非常に噛み合うが、これを選ぶからにはメインだけに頼らず、一度に爆発的なダメージが稼げるゲロビを確実に当てたい。

  • Mバースト
機動力を大幅に強化する覚醒。
OOR程ではないが、極限状態のブースト性能に合わせてM覚で更に足回りにアッパーをかけられる。
前作では覚醒時の付随効果も多いため驚異的なシェア率を誇っていたが、今作で大幅に弱体化。火力補正・青ステ・赤ロック延長が奪われたため全能性は鳴りを潜めた。
しかし、機動性の強化は健在であり本機は覚醒時に強化形態になるので、高機動から強化された射撃をお見舞いできるため、まだまだ候補には上がる。
後落ちも視野に入れる場面もあり、ダブロを受けた際の逃走手段としては優秀。

  • Rバースト
攻撃補正:+5% 防御補正:-10%
今作から追加されたスパアマ覚醒。
強引な押し付けが可能であるが、カテゴリーとしての仕事は射撃戦であるため体力を削ってまでガン攻めすることには向かない。
格闘もコンボによっては300近くを叩き出せるが、極限特格にはSAは付かず、火力を求めるとカット耐性に難があるため非推奨。

  • Cバースト
今作から追加された緊急離脱と僚機支援を担う覚醒。前作のE覚とL覚を複合させたようなもの。
低耐久のVsにはありがたい生存能力強化の覚醒。半覚醒抜けでさらに生存能力を高める事が出来る。
しかし、強化時にアドバンテージを稼ぎたい本機にとって覚醒時間が短くなりがちなC覚とは相性は悪い。
離脱に発動すると僚機の覚醒ゲージの増加も微々たるものなので、回避手段としては一時凌ぎ以上の効果は得られないか。

僚機考察

両形態通して相方負担が大きめなので自衛力の高い機体かルプス、ゴールドスモーのような格闘機と組むのが良さげ。
開幕に強化がないので(他の多くの時限強化機もそうだが)後落ちが少し辛い。しかし落ちてきたすぐの通常時を乗り切れば後落ちでも全然戦える。しっかり意思疎通しよう。

3000コスト
シャッフルでよく起きる事故。基本的には0落ちを担当する。3000コストはやはりロックを集める能力の高い機体が多いのでしっかり耐久調整と援護をしてやれば勝てる組み合わせ。

2500コスト
推奨コスト帯その1。極限まで耐えてくれる機体が多い。

2000コスト
推奨コスト帯その2。自衛力が25に比べ少し不安だがお互いにフォローし合えば高いパワーを発揮する。意思疎通のしやすい固定向け。

1500コスト
3030以上に事故。

対策

どちらの形態も近接戦闘が苦手。とりあえず射撃戦に付き合いつつ、通常時になったタイミングやサブが切れたタイミングで一気に攻め込みたい。疑似タイに持ち込めればかなり有利。
生時でダメージを取れば相手も極限で取り返そうと焦るはず。冷静に対処していきたい。

チャレンジミッション

【機体ミッション】エクストリームガンダム type-レオスII Vs.

ミッション EXP 期待値
5回対戦せよ 50 300
対戦で3回勝利せよ 50 250
対戦で累計3000ダメージ与えろ 200 1500
対戦で1バトル中に2機撃墜せよ 100 1000
トライアドバトルでコースを3回クリアせよ 50 -
推定所要対戦数:296戦

EXP 報酬
5000 コメントパーツ ヴァリアント-S
レオス
極限進化
10000 コメントセット [ガンダム]の真髄、
学ばせてもらおう!
15000 称号文字(ゴールド) 完成したエクストリーム
20000 スタンプ通信 君の心は絶対に俺が取り戻す!
25000 チケット アイテム交換チケット×1
30000 称号文字(プレミアム) 完成したエクストリーム

【キャラクターミッション】エクストリームガンダム type-レオスII Vs.[EX]

ミッション EXP 期待値
5回対戦せよ 50 300
対戦で3連勝せよ 100 200
対戦で1バトル中に2機撃墜せよ 100 1000
対戦で被ダメージ600以内で勝利せよ 100 200
対戦でダメージ600以上与えて勝利せよ 100 1500
推定所要対戦数:188戦

EXP 報酬
10000 ゲージデザイン TYPE-レオス
20000 衣装 Gダイバー制服

外部リンク


コメント欄

更新内容のメモや編集方針に関する議論にご活用下さい

  • マキオンの調査分と照らし合わせてるけどN格・横格3段目のダウン値がVS2の記述を流用してて間違ってない? こっちはこの数値で合ってる? -- (名無しさん) 2021-10-27 22:55:15
  • 最近この機体乗ってると -- (名無しさん) 2022-01-21 13:20:45
  • 毎回事故るんですけどどうなっているんですかね -- (名無しさん) 2022-01-21 13:22:18
  • シャッフル事故は確かに多いけどこのキャラ事故っても下がるの変わらんから動きは変えずに下がった方がいいと思う -- (名無しさん) 2022-01-22 12:35:27
  • ↑なるほど。自分はF覚推奨派なので事故ったらS覚にしてみます! -- (名無しさん) 2022-02-06 12:34:34
  • 未だに何て呼んでいいのか分からない。固定ではレオスとかヴァリアントとか言ってるけどとっさに言うとちょっと通じにくくてエクガンって言い直したり。 -- (名無しさん) 2022-04-16 09:27:25
  • エクガン3機はゼノンエクリプスアイオスでも大丈夫だろうし、ヴァリアントはVSとかヴァリアントとかエクガンで良いんじゃないの -- (名無しさん) 2022-04-16 19:58:13
  • 短く呼びたいならレオス2でいいんじゃね? -- (名無しさん) 2022-04-16 22:13:29
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
最終更新:2022年03月23日 08:42
添付ファイル