エクストリームガンダム ゼノン-F

 総合解説 / 基本形態 / 進化形態 / 極限進化形態

作品枠 ガンダムEXA
パイロット レオス・アロイ
コスト 2500
耐久値 680
形態移行 基本形態
進化形態
極限進化形態
移動タイプ 基本形態:通常
進化形態:MF式地走
極限進化形態:MF式地走
BD回数 7
赤ロック距離 基本形態:10
進化形態:9
極限進化形態:10
変形コマンド なし
盾コマンド あり
覚醒タイプ Gダイバー


概要

『ガンダムEXA』より、エクストリームガンダム type-レオスの格闘進化形態。
パイロットのレオスもガンダムファイターのような熱血漢となり、それにちなんだような必殺技を放つ。

進化すると地走格闘機に変身する。他の地走機体が持つようなズサテクに乏しいものの、火力や機動力に優れる特徴を持つ。
極限進化状態では射撃CSやサブといった始動として優れる射撃武装や特射を交えながら格闘を狙いに行く。旧射撃CSのタキオンスライサーが新しく薙ぎ払いモーションを獲得し、特格へコマンド変更されたことにより非常に扱いやすくなった。
また進化時の特格派生が追加され、後派生の火力も上がったので火力択も確保できるようになった。

戦術

  • 基本形態
ピョン格ながら鋭く踏み込める後格闘を使って立ち回るのが基本。サブにメインCがついたため今までの基本形態よりはかなり動かしやすい。
設置ズサキャンによる接近、CSC→サメキャンで牽制するなどしてチャンスを伺おう。
メインズンダや特射で無難にゲージを稼ぐのもいいが、いかんせん射撃武装が貧弱なので積極的に格闘を狙いコンボで予想外の痛手を与えるのもあり。BD格闘に射撃バリアが付与されたため敵機の懐に潜りやすくなり、他の2機と比べると被弾をそこまでデメリットとして捉えていないのでむしろこの形態でも格闘を狙いたい。
後衛機と組んだ時に無視されると後半戦がキツくなるので、生形態でも接近戦を挑めるように手懐けておきたい。
進化すると格闘機となり前に出る必要が生まれる。結果先落ちも多くなるため被弾によるゲージ回収はそこまで悪い選択肢ではない。さっさと進化しないと敵機に無視されるのは明確なためむしろ被弾覚悟でゲージ回収を狙いたい。がもちろん被弾のみでの進化は厳禁。あくまで手段の1つとして覚えておこう。

  • 進化形態
地走であることに加えてやや厳しめのブースト性能を後格闘のピョン格で補い、メインとCSによるささやかな射撃を足掛かりに、隙あらば高火力の格闘を決めたいところ。
メイン・CS→後格闘のキャンセルルートや後特射による逃げなど、格闘機としては逃げの足掻きは得意という独特の強味もある。
よってピョン格ムーブで圧をかけつつ、闇討ち機会を伺うのが基本方針。

  • 極限進化形態
射撃CSにコマンド変更された旧特格で牽制しつつ、隙あらばサブや特格、格闘を狙っていく。進化形態に比べると自分から当てに行ける武装が多く格闘機らしい圧をかけれる。
今作で追加された横特格は非常に優秀で振り始めるまでにやや溜めがあるものの振りの速度自体は速いので見てからの回避は困難。また特射からキャンセルで出せるため軸を合わせて押し付けることも可能。横特を警戒し上下の動きを意識し始める相手には今度はN特格が刺さる、と総じてかなり優秀。しかしN特格も優秀なのでどちらか片方だけに固執するのは良くない。また狙いすぎて腐らせ気味になるのも良くない。格闘レンジ内や射撃CSの追撃/コンボの締め等には贅沢に使いつつ、格闘レンジ外では慎重に狙いたい。


EXバースト考察

「極!!限!!全!!力!!」

  • Fバースト
格闘攻撃補正:+15% 防御補正:-0%
本機の特性を考えれば一番分かりやすい選択肢であり、本作でも第一候補。EXA補正で火力も確保しやすく様々な面で噛み合っている。
ゼノン自身との相性に陰りはないが、覚醒システムの様々な変更によって全覚抜けで逃げられる機会が増えていることには要注意。
とはいえ全抜けorC半抜けさせれば相応のうま味があるし、苦手なMが減ったのは追い風である。

  • Sバースト
射撃攻撃補正:+12% 防御補正:-0%
リロード&チャージの短縮がおいしい武装は多いので、イメージに反して独自の強みは一応ある。
特射を連打しながらサブと特格をしつこく振り回していくのは最後の詰めには結構効く。
しかし結局のところ格闘を当てなければダメージを取れない機体。Fの格闘性能強化や機動力強化を蹴ってまで選ぶ意味が薄く、非推奨。覚醒無しでもガンガンダメージを取れるのであれば一考の余地があるが、それなら尚更潰しの効きやすいF、Mで良い。

  • Mバースト
地走の中ではなかなか足が速い本機で機動力が上がる分には悪いことは無い。しかし攻撃補正や青ステ、慣性が無くなった現在ではFと比べると圧に欠ける。
機動力上昇の恩恵は嬉しいのだが結局速いだけになりがち。

  • Rバースト
攻撃補正:+5% 防御補正:-10%
機体によって相性のブレが大きい覚醒だが、その中ではゼノンは恩恵自体はしっかり受けられる部類。
ただ、格闘を当てに行くための覚醒として考えると機動力や格闘の伸びが弱いのは問題。
折角覚醒したのにガン逃げされ、結局ただ光っただけという事態が起こりやすい。
それでもRを選ぶのならば、ゼノン自身との相性よりは相手の選んだ機体・覚醒…すなわちFやSよりも追うのに苦労する状態で攻撃を刺せるかどうかをしっかり見極めてからにしたい。
格闘機高コストを受け持つ流れが予想されるなら選ぶ価値があるだろう。

  • Cバースト
致命的に相性が悪いという事は無いが、ゼノンが選ぶ覚醒としては後ろ向き。
固定でかつよほどゼノンが身動きできなさそうな対面の時には選択肢に入るか。


僚機考察

進化というシステムと格闘機であるという特性上、多くの場合先落ちすることになる。よってゼノンの先落ちを許容してくれる3000コストや両前衛が可能な低コストの万能機が候補となる。

対策



チャレンジミッション

【機体ミッション】エクストリームガンダム ゼノン-F

ミッション EXP 期待値
5回対戦せよ 50 300
対戦で3回勝利せよ 50 250
対戦で累計10機撃墜せよ 200 600
対戦でダメージ600以上与えて勝利せよ 100 1500
トライアドバトルでコースを3回クリアせよ 50 -
推定所要対戦数:341戦

EXP 報酬
5000 コメントパーツ ゼノン-F
レオス
理論上の存在
10000 コメントセット いいかげん、極限の[熱さ]を
受け入れろぉぉぉ!
15000 称号文字(ゴールド) 猛る雷神の一撃
20000 スタンプ通信 極!!限!!全!!力!!
25000 チケット アイテム交換チケット×1
30000 称号文字(プレミアム) 猛る雷神の一撃

外部リンク


コメント欄

更新内容のメモや編集方針に関する議論にご活用下さい

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
最終更新:2022年02月23日 18:40
添付ファイル