G-セルフ

 総合解説 / 宇宙用 / リフレクター / アサルト

作品枠 Gのレコンギスタ
パイロット ベルリ・ゼナム
コスト 2500
耐久値 650
形態移行 宇宙用パック
リフレクターパック
アサルトパック
移動タイプ 宇宙用:通常
リフレクター:通常
アサルト:飛行
BD回数 宇宙用:7
リフレクター展開時:6
リフレクター収納時:7
アサルト:なし
赤ロック距離 宇宙用:10
リフレクター:12
アサルト:12
変形コマンド あり
盾コマンド あり
覚醒タイプ バランス汎用


概要

富野由悠季監督作品『ガンダム Gのレコンギスタ』より、主人公のベルリ・ゼナムが駆る主役機であるG系統のMS。
レイハントン家に伝わる記録から、性能が把握されぬままトワサンガで製造された。装備パックによって性能を変化させることが可能。

  • 基本の形態で、射撃/格闘共に優秀な宇宙用パック
  • 相互に換装でき、ビームに強い特性を持つリフレクターパック
  • 変形扱いで、武装が非常に強力なアサルトパック

リフレクターパックはリフレクター展開/収納で性能変化する(格闘変化&機動力変化)。
さらにリフレクター破損によって収納状態になった場合、弾数が回復する。格CSで再展開可能。
アサルト以外のメインは弾共通。換装していない形態の武装リロードありだが、リロ速度は半減する。

思いつくかぎりの"強い武装"を詰め込んだような、言葉通りの万能機である。
どの武装も他機体の主力クラスで、とにかく射撃戦で主張しやすく放置に強い。
さらに射撃バリアつきで判定も強い格闘、ビームを防ぐ背面バリア、プレッシャーと自衛力も不足なし。

ただしこれらの攻め性能、自衛力を生かすためには常に最適な形態を選び続ける必要がある。
宇宙用パックは弾数が少なくロック距離が短めで、リフレクターは足回りが非常に悪くとっさの迎撃もタックル程度しかない。
リフレクターは強烈な択があるものの宇宙用パックと並ぶかそれ以上に弾が少なく、連射開放されるメインも乱用すると弾食い虫になる。
アサルトの回避択である分離は他機体の急速変形解除のように乱用はできない。
というように各形態は強みとともに大きな弱みも抱えている。これらの弱点を他の形態でどうカバーするかが本機の重要なポイントである。

またリロードについてはしっかり管理しないとすぐに武装欄が真っ赤になりやすい。
特にメインの依存度がかなり高いことから、慣れないうちはすぐ手詰まりになって窮することが多い。

勝利ポーズは3種類。
宇宙用パック時:宇宙用パックで左手でサーベルを横薙ぎ→唐竹割り。21話でジャスティマのミサイルを斬ったモーションに近い。
リフレクターパック時:リフレクターパックでBRを構える。
アサルトパック(変形)時:カメラアイ発光→アサルトパックで手足を縮めてから広げ、ミサイル発射口を開く。

敗北時:宇宙用パックでうつ伏せ気味に素手で漂う。




戦術

宇宙用パック、リフレクターパック(展開/収納)、アサルトパックの3つの形態を状況によって換装しながら戦うことになる。
どの形態も基本は射撃戦。そこそこの機動力を持つ宇宙用パックを基本に弾数節約や立ち回りのアクセントにリフレクター、アサルトパックへ換装していく。しかし降りテクがなく機動力も2500コストの中ではいいとこ平凡。着地を誤魔化せるような強い足掻き行動も存在しないのでブースト管理や僚機との位置調整などプレイヤースキルが顕著に現れる。3つの形態、それぞれの武装の性能を理解し適切な武装選択をしていけば苦労に見合うだけの性能を発揮してくれる。

・宇宙用パック
恐らく一番この形態でいる時間が長い。射撃CSにコマンド変更されたモンテーロ呼び出しとMBONぶりに帰ってきた高トルクパックを主軸に射撃戦をしていく。
射撃バリア付きで判定出っ放しの前格やプレッシャーの下格、弾速が早く敵機の弾をかき消せるサブなど自衛はそこそここなせるものの、遠〜中距離で機能する武装がやや少ない。放置されると何もできなくなってしまうので適度にロックを向けさせるように立ち回っていこう。
格闘を振って相手の振り返しを釣ってサブで狩ったり自身がよってきたのを迎撃しようとしたところを狩ったりを「自衛力を押し付けるようなロックの取り方」を意識していきたい。

・リフレクターパック
敵機のビーム属性の攻撃を120ダメージ分まで耐えることができ、破壊されると自機の弾数を回復させるリフレクターが特徴の形態。
機動力がややふわふわした挙動になり格闘が少なくなる代わりにリフレクターが有効化される展開状態、リフレクターによる防御ができなくなる変わりに機動力が展開状態より良くなり、格闘も一新される収納状態を切り替えて立ち回る。
機動力の関係から逃げる際は展開状態、リフレクターパックの武装を使いたい時は収納状態で立ち回ることになる。
4連射可能なメインと単発ダウンのNサブを中心にアップデートによって開幕から使用可能なったダメージソースの後サブ、特格を狙っていく。僚機の援護をするなら他形態の方が向いているので他形態の弾数節約のために換装することがほとんど。目的の武装を狙い終わったり、そもそも狙えない状況になったら早めに宇宙用パックに換装しよう。

・アサルトパック
宇宙用、リフレクター(展開/収納)のどちらからでも変形でこの形態へ。主に弾幕形成を目的としてこの形態を運用することになる。誘導に優れるサブ、銃口補正が強く慣性もよく乗る特射を狙っていきたい。
変形という仕様上、武装をBDCできないことに注意。誘導切りとメインCのある特格でしかフォローができないため特格のリロード状況は常に把握しておこう。
この形態をうまく活躍できないと遠距離の着地を取れなかったり弾幕が薄くなりがち。旋回性能がよく見た目に反して回避はそこそこできるのでアサルトパックの動かし方や武装の性能はトレモで練習するなどしてしっかり理解しておこう。
変形時、変形解除時の挙動も優秀で着地ずらしにも有用。うまく使えれば回避力が相当上がるので慣れたら試合に混ぜていきたい。

EXバースト考察

「恋を知ったんだ!誰が死ぬもんか!」
覚醒時の爆発力が高いタイプの機体ではないためどの覚醒にも適性がある。
相方や敵機をよく見て決めること。

  • Fバースト
格闘攻撃補正:+8% 防御補正:-10%
M覚醒の下方に伴い、ブースト回復量や機動力上昇等鑑みると候補には上がる覚醒。
アップデートによりアサルト時格闘の伸びと威力が強化され、変格→CSループが魅せコンには留まらない程の火力を得た。
アサルト時の各射撃からサーベルをねじ込むという相手の意表を突いた攻めも可能。
しかしあくまでも変形中の格闘。宇宙用の格闘もそれなりに差し込める性能をしているがやはりリスクが伴うか。

  • Sバースト
射撃攻撃補正:+5% 防御補正:-10%
射撃重視のこの機体で赤ロック上昇とリロード速度、キャンセルルートが増えるのはありがたい。
機動力に若干の上昇も伴い選びやすい覚醒ではあるが、この覚醒を使う際は攻めに活かせないとその後の試合運びが苦しくなる。
ブースト回復量が少ない事に注意。

  • Mバースト
今作から下方を受けたが、単純に機動力が上がるのは嬉しい。
但し青ステやロック距離延長は無くなったのて注意。またアサルトには機動力強化は乗らないことも留意すべし。
攻めるにしろ逃げるにしろ使いやすくとりあえずで選んでも損はない覚醒。
シャッフルでは特にお呼びがかかる。

  • Rバースト
攻撃補正:+4% 防御補正:-15%
今作から追加された覚醒、射撃や一部格闘にSAがつく。
アップデートで強化されたアサルト時格闘にSAが付き、F以上に強引なごり押しが可能となる。
さらにゲロビが二種あり、他の射撃や格闘が軒並み良い性能を持っている本機では候補に挙げるに値する覚醒。
防御補正が他の覚醒に比べ高いので、後衛でこれを選ぶのも視野に入る。
但し、本機の格闘は伸びがいいのは変格ぐらいしかなく、また2500コストで被弾前提の立ち回りをすることになるためよく考えて選ぶこと。

  • Cバースト
前作のE覚醒にL覚醒の要素が加わった新規覚醒。ただし、防御補正や斜めステップは削除された。
固定で30コストと組んで後衛を務める際には候補に上がる覚醒だろう。
ブースト回復量が50%なのは嬉しいながら、本機も例に漏れずしっかり覚醒を渡しつつ、良いタイミングで耐久調整に使う必要がある。
そもそもこの使うタイミングをしっかり把握しているかが求められる、C覚醒の特性をしっかり把握していないと活かすことが難しい。
攻めに関する補正が全く乗らない為、シャッフルマッチ全般は当然のことながら、固定でも低コペアでは強く非推奨。

僚機考察

比較的誰とでも組めるが、一人で突っ込めるようなタイプではなく後衛寄りの性能なので前線でロックを集めやすい機体が有力。

3000コスト

王道ペア。射撃戦をじっくり行う機体とも組めるがどちらかと言えば格闘機寄りの機体が組みやすい。G-セルフが単体で試合を動かすようなキャラではないため覚醒はCかMが安定。

  • サザビー
2021/11月現在、猛威を奮っている機体。ロック取り能力と生存力が高く、CSとしては破格というかやり過ぎなレベルの誘導を誇るアシストで敵を動かせるのも魅力。
相方を助けにいくスピードも高く射撃戦・格闘戦どちらも高水準にこなせるので柔軟な対応ができる。

  • G-セルフ(パーフェクトパック)
同じく2021/11月現在猛威を奮っている機体で同パイロットペア。Nサブがあらゆる場面で強力で敵機を寄せ付けない鉄壁ぶりを誇る。攻め能力はそこそこだがハメ性能が高く、一旦ダウンを取ると格闘機顔負けの起き攻めで一気にダメージを取ることも。
サザビーとは違いゆっくり戦うので比較的G-セルフ側の負担が大きめ。僚機との位置調整に気を配りたい。

  • ガンダムエピオン
代表的な格闘機。エピオンが敵機に近づくまではサポートに徹し、一度噛み付いたら疑似タイ状況でハメ殺してもらう。
エピオン単体で敵機に向かわせると意外と迎撃されるのでエピオンだからといって単体で向かわせないように。

2500コスト

次点だが相性は悪い。じっくりと戦いたいがダラダラしてると敵に3000がいた場合徐々に展開が悪くなってくる。割り切って両前衛で動きたいがG-セルフの前衛力が低く、安定しない。覚醒の回数で有利を作っていきたい。

2000コスト

相性は悪い。基礎性能が低く、覚醒の爆発力もないため、両前衛で動き覚醒で一気に荒らし尽くすという戦法も苦手。覚醒回数とコスパの良さで差別化したい。

1500コスト

コスト的には悪くないがG-セルフからするとあまりやりたくはないペア。2000コストと同じで荒らしには向かず耐久戦も相方が削られてしまう。
覚醒が強力な機体を相方に置いてサポートに徹したいところ。

対策



チャレンジミッション

【機体ミッション】G-セルフ

ミッション EXP 期待値
5回対戦せよ 50 300
対戦で3回勝利せよ 50 250
対戦で5連勝せよ 200 200
対戦で累計5機撃墜せよ 100 600
トライアドバトルでコースを3回クリアせよ 50 -
推定所要対戦数:668戦

EXP 報酬
5000 コメントパーツ G-セルフ
ベルリ
なんじゃとて
10000 コメントセット [海賊]をやるなんて
[やめなさいよ]!
15000 称号文字(ゴールド) Gのレコンギスタ
20000 スタンプ通信 ありあとしたー!
25000 チケット アイテム交換チケット×1
30000 称号文字(プレミアム) Gのレコンギスタ

【キャラクターミッション】ベルリ・ゼナム搭乗機[EX]

ミッション EXP 期待値
5回対戦せよ 50 300
対戦で3連勝せよ 100 200
対戦で1バトル中に2機撃墜せよ 100 1000
対戦で被ダメージ600以内で勝利せよ 100 200
対戦でダメージ600以上与えて勝利せよ 100 1500
推定所要対戦数:188戦

EXP 報酬
10000 称号オーナメント ビーム・ブレーン
20000 衣装 制服

外部リンク


コメント欄

更新内容のメモや編集方針に関する議論にご活用下さい

  • 今回の調整内容は機動力強化とリフレクターゲロビの回転率アップが目玉っぽい?新規のサブ格闘派生が何か気になるところ… -- (名無しさん) 2022-03-12 16:36:45
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
最終更新:2022年04月15日 12:43
添付ファイル