ガンダムAGE-2

 総合解説 / ノーマル / ダブルバレット

作品枠 機動戦士ガンダムAGE
パイロット アセム・アスノ
コスト 2500
耐久値 650
形態移行 AGE-2ノーマル
AGE-2ダブルバレット
移動タイプ 通常
BD回数 7
赤ロック距離 ノーマル時:10
ダブルバレット時:11
変形コマンド あり
盾コマンド あり
覚醒タイプ 射撃寄り汎用1


概要

『機動戦士ガンダムAGE』よりアセム編の主人公でフリットの息子アセム・アスノが搭乗する、
第2世代機となる第二のガンダムAGE。
AGE-1の蓄積データを元にしており、
対複数戦向けのダブルバレット形態や、変形機構となるストライダー形態を持つ。

本作では原作通りの変形と換装を併せ持つ数少ない機体で、
ノーマル形態とダブルバレット(以下DB)形態を使い分けて戦う万能機。
ノーマルは良好な機動力と弾幕で戦う汎用機。
DBは足が遅い代わりに近接戦闘に強く、
曲げゲロビで遠距離でも手が出せるダメージ取り形態。

前作から引き続き、自他の相性や試合展開に応じて
各形態を柔軟に使い分けることができる換装機。
各種挙動は比較的素直ながらなかなか優秀であり、
先落ち後落ちの両方に適正があるため、
使い込めば固定はもちろんシャフでも十分戦えるポテンシャルがある。

ノーマルはフットワークと手数で勝負する後衛的ポジション。
相応にダメージが伸び悩む他、役割に反して赤ロックがやや短く、
前作からアシストが減少しやや向かい風気味。
良好な足回りを活かした自衛やライン調整が主な役割となる。

DBは前作主力の後特格が共通調整によりバウンドしなくなる手痛い仕様変更を受けた。
しかし、新規の横特格にバウンドが移り
こちらから格闘を仕掛ける能力が上がっており、立ち回りの幅はむしろ増えた。
CS(前作変形サブ)のミサイルが仕様変化しつつ強化されていて、
ダメージを取って試合を動かすことに長けている。

どちらかの形態に片寄ってしまうと、大きなダメージを取れなかったり
相手を捉えられなかったりと必ずボロが出る。
とはいえ3形態換装機と異なり、やりたいことに合わせた
感覚的な換装でも戦える性能を持っている。
押し引きを見極めながら決して無茶はせずに戦っていけば、
スーパーパイロットの力を発揮できるだろう。


戦術

役割分担がはっきり別れているため、
状況や求められることに合わせた換装を心がける必要がある。

大まかに挙げてみると、
  • ノーマル
    • 後衛時のライン維持や自衛、要所でのタゲ引きを受け持つ
    • 勝利目前で耐久ミリの相手を追い込む時や、
      相方ピンチで敗北寸前の時に無視されないための対策
など、主に堅実に動きたいとき。

  • DB
    • 適正距離でゲロビや変形ミサイルで仕掛ける
    • 寝かせた相手に貼り付いて起き攻めで大ダメージを取り続ける
    • 覚醒で一気に荒らしたい
など、主にダメージを取りたいとき。

これらのケースは、相方のコストや機体特性によって比率が逐一変わっていく。
(あくまで例だが)
  • 格闘機と組む時はノーマルの機動力でチャンスメイク
    →疑似タイを作ってDBで起き攻め
  • 射撃機と組む時はノーマル多めでライン維持に努め、
    いざなれば先落ちにシフトしてタゲ取りしつつ、要所でDBの高火力格闘をぶつける
  • 万能機と組む時は
    ノーマルで隙を伺いつつDB変形で闇討ちすることも狙っていく
  • 低コストコンビであれば、
    放置やダブロに気を付けつつDBを維持して横特で仕掛けるのも立派な選択肢

状況に応じていく必要こそあれ、AGE2は万能機である。
攻め方のレパートリーが多いので様々な型を修得して試合に貢献していこう。

EXバースト考察

「AGE-2の力…限界まで引き出す!」
Xラウンダー適性が低いため、大人時代搭乗のダークハウンドと共に
他の『AGE』キャラとは覚醒補正が異なり、こちらは汎用補正になっている。
このゲームでは珍しくどの覚醒でもある程度噛み合う、プレイヤーの個性が光る機体。
100%相性の良い覚醒がないとも言える。
マッチング画面で相手や相方に合わせた覚醒選択ができるのは長所であるので、
ぜひ色々な覚醒を試してみてほしい。

  • Fバースト
格闘攻撃補正:+5% 防御補正:-20%
格闘関連の性能が大幅に引き上げられる。
ノーマルでもいけなくはないが、活躍するならほぼDB一択だろう。
N特格や横特格にさらに強烈な追従性能を持たせられる。
他には横格闘がそれなりに振っていけるようになり、
ダウン値減少によりコンボパーツとして扱いやすくなることなどが利点。
後特格のバウンド削除によりカット耐性を持たせにくくなったことに注意。
リターンは高いが格闘迎撃力のインフレした今作においては
簡単に迎撃されてしまうことも珍しくない。
後特格始動が出来なくなったこともやや向かい風。

  • Sバースト
射撃攻撃補正:+10% 防御補正:-20%
ノーマルでは解禁されるメサキャンや、レバーCS(側転三連射)→メインによる自衛や押し付け、
DBではメイン連射から射線を作り相手に回避行動を取らせてからの
特格によるセットプレイ性能…

と形態によって異なる運用を取れるため印象よりなかなか柔軟。
覚醒の性能そのものは強化されたものの、後特格のバウンド削除により、
DBの後特連打コンによるリターンが取れなくなり、特格の爆速リロードが活かしにくくなってしまった。
その代わりチャージ高速化の復活と新武装により、
CS→横特格→CS→横特格→etc…といったオバヒムーブが可能になっている。
DBでメイン連射をするとCSのチャージ時間が短いため、
チャージ高速化もあって化けやすいことに注意。

  • Mバースト
前作までは相性以上に単純な性能が高い覚醒だったのだが、
青ステと攻撃補正削除による弱体化が著しい。
攻撃を通すための性能はF・S・R、生存性能ではC覚醒の方が安定を取りやすく
どっちつかずな戦果になりがち。

それでもこのゲームにおける機動力という点は絶対に裏切らない要素ではある。
守るために相手から逃げる、攻めるために相手に急接近するなど
柔軟な用途と腐りにくさが持ち味と言えるだろう。
相手の機体によってほかの覚醒が完全に正解という選択肢がない場合、
この覚醒で丸く戦況を取るという手段も悪くない。

  • Rバースト
攻撃補正:+3% 防御補正:-25%
新たに追加された覚醒。一部攻撃時にスーパーアーマーが付与される。
だが、各種DB特格のうちアーマーが付与されるのはN特格(回転斬り)のみ。
それでも優秀な速度と範囲を持つN特格にアーマーを付与できるのはかなり強烈で、
それだけが目当ての採用も考慮できる。

近接の迎撃において相手の行動にカウンター気味に
覚醒して「アーマーN特格」で対抗といった手段も取れる。
これをちらつかせることで格闘機への牽制にもなりうる。

しかし、
  • 読まれやすく、ガードやカウンター、単発ダウンなどの対応を取られやすい
  • 射撃戦での受け性能の低さや相殺のされやすさなど汎用性の低さ
  • 被弾覚悟でねじ込む覚醒であるため、使用には一定以上の耐久を確保しなければならない上に、多段ヒット故にC抜けで安く済まされやすいとハイリスクローリターン
…などR覚醒そのものが抱える問題とも直面する。
アーマーN特格の豪快な効果とは裏腹に
通常時の立ち回りを含めて運用は非常にデリケートな覚醒。

  • Cバースト
前作のEとLを統合して調整したような覚醒。
3025構成もしくは対格闘機のワンチャン潰しが主な役割。

前作のL覚醒と比較すると僚機の弾数、
ブースト回復を持たないことなど含めて爆弾用の覚醒としてはかなり微妙になったことには注意。
先落ちの覚醒としてはあまり向かず、後落ちを遵守するための覚醒と言った面が強い。
覚醒そのもののパワーでは劣るため運用タイミングを
しっかり逃さず使えなければただ戦果を起こしにくいだけの覚醒となってしまう。
半抜けかゲージ譲渡かどちらの効果を活かすか、
任意換装の柔軟な立ち回りのできるAGE2なら計画的な運用はしやすいだろう。
やはりというかシャッフルでは向かず固定向けの覚醒。

僚機考察

柔軟な立ち回りのできる任意換装機ということもあり組めないというまでのコストは存在しないが、機体での相性はそれなりに出る。
DBでの後衛能力は増したとはいえ、横特による闇討ちを狙う都合、多くの場合AGE2の先落ちや両前衛を視野に入れて動ける機体の方が機体性能は活きるだろう。

3000

25構成のセオリー。
後衛を務めることもできるが、
ノーマルではレバサブの弱体化で射撃戦の主張力が下がり、
DBでは動きの固さで被弾が増えコストバランスを崩してしまいがち。

固定の場合は最初からAGE2の先落ちを許容できる僚機を選ぶか、
強烈にロックを引き続けられる前衛格闘機などが好ましい。

前者の場合両前衛からのスイッチか最初から爆弾の想定、
後者の場合は30の後ろから闇討ちや状況を見て疑似タイ状況などを作るように動く。

後落ちの前提の場合覚醒はCが安定するが、
AGE2の先落ちを視野に入れた場合、F・Sなど攻撃性能の高い覚醒を選ぶことも十分にアリ。

2500

両前衛荒らしや疑似タイを主軸にできるAGE2にとってポピュラーな編成。
僚機や状況に合わせた落ち順はこちらが合わせていく形になることが多い。
疑似タイを作る場合、DBの疑似タイ性能の低下がやや痛い。
前作と比べると乱戦や方追い状況を作っての荒らし性能が優秀。

2000

両前衛を行えるならば十分選択肢だが、
後衛型20コストが絡んだ時のシャッフル事故でありがちなコスト。

AGE2側には前衛で単独でロックを引き続けたり切り開くことが難しく、
20コスト側も前衛の崩れやすさから後落ちの遵守が難しく、お互いに負担がかかりがち。

多くの後衛型20コストとは相性が良いとは言えず、
組むなら両前衛を行える攻撃性能を持った機体が好ましい。

その分AGE2側も後落ちを許容しなければならない状況も出る。
その他、2525構成にも当てはまるが30コスト絡みの総合力に挑むには覚醒回数も重要になる。

1500

15絡みによる覚醒の総回数で相手のコストバランスを破壊することが主な目的の構成。
理想の流れとしてはAGE2落ち(3500)→15落ち(2000)→15落ち(500)と
前衛と後衛が入れ替わりつつ立ち回る。
攻めのDB、守りのノーマルの使い分けができるAGE2の利点が活きるだろう。

対策



チャレンジミッション

【機体ミッション】ガンダムAGE-2

ミッション EXP 期待値
5回対戦せよ 50 300
対戦で3回勝利せよ 50 250
対戦で1バトル中に2機撃墜せよ 200 2000
対戦でダメージ600以上与えて勝利せよ 100 1500
トライアドバトルでコースを3回クリアせよ 50 -
推定所要対戦数:224戦

EXP 報酬
5000 コメントパーツ AGE-2
アセム
第二世代
10000 コメントセット [今]のままじゃダメだ!!
[今]のままじゃ!
15000 称号文字(ゴールド) 受け継がれた狼の牙
20000 スタンプ通信 心を強く持てば
どんな強敵も倒せる!
25000 チケット アイテム交換チケット×1
30000 称号文字(プレミアム) 受け継がれた狼の牙

【キャラクターミッション】ガンダムAGE-2[EX]

ミッション EXP 期待値
対戦で5回勝利せよ 50 300
対戦で3連勝せよ 100 200
対戦で1バトル中に2機撃墜せよ 100 1000
対戦で被ダメージ600以内で勝利せよ 100 200
対戦でダメージ600以上与えて勝利せよ 100 1500
推定所要対戦数:188戦

EXP 報酬
10000 ゲージデザイン AGE-2
20000 衣装 制服

外部リンク


コメント欄

更新内容のメモや編集方針に関する議論にご活用下さい

  • 覚醒時の新規カットインを発見 -- (ASEM) 2021-10-22 07:55:27
  • ↑勘違いだとは思うけど -- (ASEM) 2021-10-22 07:55:52
  • キオと共にパイロット絵変わってるから合ってる -- (名無しさん) 2021-10-23 08:54:32
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
最終更新:2022年04月08日 22:10
添付ファイル