イフリート改

作品枠 機動戦士ガンダム外伝
THE BLUE DESTINY
パイロット ニムバス・シュターゼン
コスト 1500
耐久値 520
形態移行 EXAMシステム(発動 / リロード)
移動タイプ 通常
BD回数 6
赤ロック距離 10
変形コマンド なし
盾コマンド あり
デフォルトBGM 戦慄のブルー

射撃 名称 弾数 威力 備考
メイン射撃 グレネード・ランチャー 4 1クリック2連射
射撃CS ドム 呼出 - 新規武装。突撃2段格闘
Nサブ射撃 ミサイル・ポッド【収束発射】 1 新規武装。ミサイル6連射
レバー入れサブ射撃 ミサイル・ポッド【扇状発射】 従来のサブ。扇状に6発
特殊射撃 特殊移動 100 - EXAMゲージを消費するバリアつき特殊移動
キャンセル先の格闘にもバリア付与
レバー横で挙動変化
格闘 名称 入力 弾数 威力 備考
通常格闘 ヒート・サーベル NN - 各格闘はラッシュ仕様に対応
特格派生 連続斬り N→特格 威力が高く補正が悪い。EXAM回復
前格闘 突き→斬り払い 前前 - 初段ダウン値高め
特格派生 大車輪 前→特格 高度次第で威力変化。EXAM回復
横格闘 横回転斬り→斬り払い 横横 - 判定が弱く発生が強い
特格派生 連続斬り 横→特格 N格特格派生と同様
後格闘 逆手斬り上げ→斬り払い 後後 - 自分も上昇する
特格派生射撃派生 回り込み斬り&斬り上げ
→グレネード・ランチャー
後→特格→射 連撃から射撃追撃。EXAM回復
BD格闘 斬り抜け→斬り抜け→斬り払い BD中前NN - 強判定。打ち上げる
射撃派生 グレネード・ランチャー BD中前NN→射 射撃追撃。ダメージ増しに
N特殊格闘 ヒート・サーベル【斬り抜け】 - 斬り抜けから爆破。EXAM回復
レバー前後特殊格闘 ヒート・サーベル【ジャンプ斬り】 前後特 - 飛び込み斬りから爆破。EXAM回復
格闘CS ヒート・サーベル【斬り払い】 格闘CS - スーパーアーマー
覚醒技 名称 弾数 威力
F/S/V,C
備考
覚醒技 ヒート・サーベル百烈突き 1 // 掴み属性の連撃
入力時にEXAM全回復
特殊 名称 弾数 威力 備考
特殊武装 EXAMシステム (100) - 使い切ると機体性能低下
各特格・各格闘特格派生を当てると回復


概要

ジオン公国軍の試作型モビルスーツ「イフリート」にEXAMシステムを搭載し機動力と火力を高めた実験機。両肩の赤はパイロットであるニムバスのパーソナルカラー。
EXAM搭載機に選ばれた理由はシステム負荷に耐えられる機体が当時のジオンには本機しかなかったため。それでも頭部はベース機よりやや大型化した。

1500コストの格闘機。
射撃無効の特殊移動やアーマー付き格闘での捻じ込みと、ラッシュ格闘特性による連撃が特徴。
コスト不相応のBD速度と旋回性能を持ち、格闘機にしては癖の無い性能の射撃を備える。

この機体もブルーディスティニー同様EXAMシステムを持つが、その仕様は大きく異なる。
EXAMゲージは特射による特殊移動を使用することで消費し、使い切ってしまうとオーバーヒート状態*1になってしまう。
CT無しでリロードが開始されるものの、完了するまでの間はBD回数・機動性・格闘といったすべての性能が低下。
EXAM中のブースト速度と旋回能力はコスト不相応に優秀だが、その分EXAMを切らすと全機体最低レベルにまで落ち込んでしまう…という1500コストらしい極端な性能が特徴。
EXAMゲージはリロード以外にも特格か特格派生を当てることで回復が可能であり、格闘CSと合わせて特格を積極的に組み込んでゲージを維持するという独特な立ち回りを要する。
また、アプデにて覚醒技発動時に強制的にゲージが最大になるようになった。

本作ではアシストの追加やサブ射撃がレバー入れ有無による2種撃ち分形式になるなど射撃面の強化が目立つ。
元より1500コストの格闘機としては移動撃ち出来るメインを持っており、これは参戦以来優秀な使い勝手をしている。
その一方で、始動から迎撃まで本機の生命線であった並列ミサイルから爆風が削除されたのはかなり手痛い変更点。
また、前々作で猛威を振るい前作で大幅な弱体化を受けた前特殊射撃は本作では廃止される運びとなった。

本作でのアップデートにて、EXAMの回復タイミングが覚醒時から覚醒技使用時に変更されたことは地味に厳しい。
覚醒に向けたEXAMゲージ温存の必要性があることを踏まえ、丁寧な射撃戦を堅実にこなしていく時間帯がかなり増えている。
一方で特射から出した格闘の追従部分にまで射撃バリアが付くようになり、特格派生の威力も向上するなどの強化も受けている。
環境的にはまだまだ辛い面もあるが決して機体性能の差のせいにせず、大胆な踏み込みでジオンの騎士の力を発揮しよう。

  • リザルトポーズ
通常時:
敗北時:


キャンセルルート

  • メイン→各サブ、特射、各特格
  • 各サブ→特射、各特格
  • 特射→各サブ、特射、各特格、各種格闘(BD格除く)、覚醒技
  • 各特格→特射
  • 各種格闘→特射

射撃武器

【メイン射撃】グレネード・ランチャー

前腕部に装備されたからランチャーからグレネードを放つ。
1入力で2連射しフルヒットすればダウンが取れる。
格闘機のメインとしては珍しい移動撃ち可能な射撃。

実弾とはいえ足が止まらず射撃ができるという点でそれなりのアドバンテージが存在する。
前作で弾速が強化され本作のアップデートで誘導も強化された。
とは言え、射撃のインフレ化には付いていけておらず贔屓目な評価と言われればそこまで。

リロード 属性 威力(補正率) ダウン値 効果
撃ち切り
?秒
実弾 (%)

【射撃CS】ドム 呼出

「たまには私の役に立ってもらおう…」
部下のドムを呼び出す。ホバー機だがちゃんと空中誘導する。
攻撃モーションはヒートサーベルによる斬り下ろしから斬り上げの二段で打ち上げる。

誘導は良好な部類だが問題はモーションで、相手に取り付いたあと停止して判定の狭い格闘を振る。
このため移動方向によっては誘導を切られていなくても当たらないということが度々発生する。
信頼性は低いものの自機の足が止まる時間は短く、牽制や相手を動かす手段としてはメインと併せて有用。
命中時には余程の遠距離でもなければメイン追撃でダウンを取れるので、接近する布石として暇があれば撒いておくと良い。

チャージ 属性
2.5秒 アシスト

【サブ射撃】ミサイル・ポッド

足を止めて脚部ミサイルポッドから計6発発射する。
本作では収束発射スタイルが追加された。
どちらもヒット属性は炎上スタン。

リロード 属性 威力(補正率) ダウン値 効果
撃ち切り/常時
?秒
実弾/ビーム (%)

【Nサブ射撃】収束発射

新規攻撃。ミサイルらしい誘導性能で相手に向かって飛んでいく。
6発を連続発射するためキャンセルが早いと2発や4発の発射で終わることもある。

弾速・誘導ともに良好で、慣性だけで逃げようとする相手なら上昇でも下降でもしっかり食らいつく。
それだけに格闘レンジ外の相手に当たり易く、たとえ炎上スタンでも追撃手段がメインしかないという場面が非常に多い。
これまでより遠い位置から主張できるようになったが、下記のレバー入れサブの弱体化と引き換えと言うには厳しい性能。

【レバー入サブ射撃】並列発射

これまでのサブ射撃。ヴァサーゴの横サブの実弾バージョン。
相変わらず近接での読み合いに強く、イフリート的にも追撃がしやすいタイプ。
しかし本作では爆風が削除されるという手痛い仕様変更を受けてしまった。

爆風を活かした起き攻めやめくりが使えなくなり、格闘で振り勝てない相手等への回答手段を失った形。
一応、ヒット数≒補正・ダウン値が抑えられ追撃ダメージは伸びやすくなった。

【特殊】EXAMシステム

常時発動型の自己強化武装。
後述する特殊射撃とゲージを共有しており、時間経過ではなく特殊射撃の使用でのみ減少。
使い切るとCT無しにリロードが開始され完了すると再度自動発動する。停止時も再発動時もモーションは無し。
発動中はコスト不相応の機動力を発揮するが、リロード中は足回りに加えて格闘威力も低下する。
各特格・及び格闘特格派生の特定の動作を当てると発動中・リロード中を問わずゲージが一定量回復する。

アップデートで発動中の機動力大幅上昇&リロード中の機動力低下とよりピーキーな性能に調整された。
旋回や慣性といった面が強化されておりBD速度は据え置きのため、「大幅」の謳い文句の割に劇的な変化はしていない。
一方でリロード中の性能低下は顕著で、特に旋回性能はレバーを入れっぱなしでもほとんど曲がらないレベルで悪化する。
現状ではEXAMの切れ目が命の切れ目…というのも誇張ではないレベルとなっている。

また覚醒リロードが削除され覚醒技入力時にリロードされるよう仕様が変更された。
形態自体は時限強化機に良くある仕様だが、ゲージ回復としては単純に一手間増えており立ち回りに与える影響も大きい。
ワンチャンを如何にモノにするかという低コス格闘機としては極めて重大な変更点で弱体化調整と言って差し支えない。
このためマキオン以前にあった『覚醒時に使うためのゲージ確保』という命題が再び浮上してきた。

総じてEXAMゲージの管理はこれまで以上に重要となっており、安易な突撃は自分の首を絞めることになる。


チャージ 持続 クールタイム リロード 属性 効果
?秒 ?秒 ?秒 ?秒

【特殊射撃】特殊移動

EXAMゲージを消費して行う特殊移動。
レバー入れで2種類の動作を使い分け可能。
本作では前特射が削除され、参入当初のラインナップに逆戻りしている。

【レバーN特殊射撃】突撃

ヒートサーベルをクロスさせた構えで全方位射撃バリア判定を纏い突進する。
アップデートによってここからキャンセルで出した格闘の追従中までバリア判定が持続するようになった。
特射→特射ではバリアが途切れてしまうが、特射→格闘にはバリアの切れ目が無い。
これにより射撃での迎撃に対しては以前にも増して強気に出られるようになった。

緑ロックでも相手に向かって突進するが、格闘空振りからのキャンセルで任意方向に移動できる。
前後特格からなら上方向にも移動でき逃げや足掻きに一役買う。

【レバー横特殊射撃】サイドステップ



格闘

【通常格闘】

通常格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 効果
累計 単発 累計 単発
1段目 (%) (-%)
┗2段目 (%) (-%)
 ┗3段目 (%) (-%)


【前格闘】

前格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 効果
累計 単発 累計 単発
1段目 (%) (-%)
┗2段目 (%) (-%)


【横格闘】

横格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 効果
累計 単発 累計 単発
1段目 (%) (-%)
┗2段目 (%) (-%)


【後格闘】

後格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 効果
累計 単発 累計 単発
1段目 (%) (-%)
┗2段目 (%) (-%)


【BD格闘】

BD格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 効果
累計 単発 累計 単発
1段目 (%) (-%)
┗2段目 (%) (-%)


【特殊格闘】斬り抜け

「私の名前を言ってみるがいい!」
斬り抜けでスタンさせ決めポーズとともに爆発させる。
元々伸びが優秀だったがアップデートで追従性能が上がり使い勝手が向上。

同アップデートでの「特殊射撃からキャンセルで出した格闘の追従中まで射撃バリア継続」する仕様との相性が特に良い。
本機の格闘で最も追従距離が長いことに加え、斬り抜けモーションという特性から相手の側面に出るまでバリアが継続する。
このため射撃を抜け切ってから格闘を振る形になり、ゲロビを正面から突破する事が可能になった。

特殊格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 効果
累計 単発 累計 単発
1段目 (%) (-%)



【特殊格闘】ジャンプ斬り

特殊格闘 動作 威力(補正率) ダウン値 効果
累計 単発 累計 単発
1段目 (%) (-%)


【格闘CS】ヒート・サーベル【斬り払い】

チャージ リロード 動作 威力(補正率) ダウン値 効果
累計 単発 累計 単発
?秒 ?秒 1段目 (%) (-%)
┗2段目 (%) (-%)



覚醒技

【覚醒技】ヒート・サーベル百烈突き

「見よ!これがジオンの騎士に相応しき舞台!」
アップデートで仕様変更。
従来は命中に応じてEXAMゲージが徐々に回復していったが、入力と同時に完全リロードされるように変更。
その分覚醒時のリロードは削除されているため、チャンスの際にはしっかり入力して次に繋げる準備をしたい。

覚醒技 動作 威力(補正率) F/S/V,C ダウン値 効果
累計 単発 累計 単発(元値)
1段目 //(%) //(-%)
2段目 //(%) //(-%)
3段目 //(%) //(-%)
4段目 //(%) //(-%)
5段目 //(%) //(-%)


コンボ

(>はステップ、≫はブーストダッシュ、→はそのままキャンセル キャンセル補正で威力が変動する物は()で併記)

威力 備考
射撃始動
???
N格始動
???
前格始動
???
横格始動
???
後格始動
???
BD格始動
???
覚醒中射撃始動 F/S
??/??/??
覚醒中格闘始動 V・C
??/??/??

EXバースト考察

「マリオン…貴様の出る幕など、最早何処にもありはしない!」
覚醒タイプ:EXAM

覚醒技の項でも説明した通り、空振りでゲージが回復するものの、
(F)覚醒で荒らしに行くべき機体であることは留意しておきたい。

  • Fバースト
格闘攻撃補正:+16% 防御補正:-15% ブースト軽減:-10%
これ一択。射撃バリアやSAから格闘を無理やりねじ込もう。
ただ、ダメージ確定速度に難を抱えているので、耐久少なめで吐く時には慎重なコンボ選択を考えたい。

  • Sバースト
射撃攻撃補正:+2% ブースト軽減:-5%
論外。連射や高速リロードが欲しい武装がない。

  • Vバースト
ブースト軽減:-10%
機動力を底上げ出来る特殊移動は豊富で、最終的に格闘を振りたい本機としては選ぶ理由に乏しい。

  • Cバースト
防御補正:-15%
論外。EXAMが覚醒でリロードされなくなったこともあり、半抜けから逆襲出来るパワーが足りない。
タンク運用に適したコスト帯でもなく、この機体ならF覚醒で荒らしに行く方が強い。

戦術


対面対策


僚機考察


適した僚機

格闘ねじ込みをサポートしてくれる機体。
ハイレベルでの意志疎通が取れれば3落ち爆弾も取れるが、基本的には2500や2000と組んでの両前衛だろう。

適さない僚機

ライン上げについてこれない低コスト射撃機。
イフ改が輝く出番がないまま射撃戦でジリ貧を受けるか、逆に相方が狩られ続けてダメージ負けしやすい。

コストパターンごとの戦術考察

  • 3000
事故ではあるが、イフ改爆弾が取れるなら形にはなる編成。
高性能な射撃で支援してくれたりロックを捌ける機体なら、こちらのねじ込みチャンスが多くなりワンチャンを掴みやすい。

  • 2500
推奨その1。2515らしくラインを上げられる前衛型万能機がベスト。
後衛機のときは15→15→25の疑似3000戦術も視野に入る。相方が落ちるタイミングに要注意。

  • 2000
推奨その2。こちらも両前衛が基本。
また、25と同じように疑似3000戦法まで見据えられるが、コスト的にこちらが引っ張っていく必要もあるので連携が大事。

  • 1500
希少事故。新品が2機揃うようにしたいので、1機目は猪突撃で無理やり調整するのもありか。

プレイヤーステッカー


チャレンジミッション

【機体ミッション】イフリート改

ミッション EXP 期待値
5回対戦せよ 50 300
対戦で3回勝利せよ 50 250
対戦で累計5機撃墜せよ 100 600
対戦でダメージ800以上与えて勝利せよ 200 3000
トライアドバトルでコースを3回クリアせよ 50 -
推定所要対戦数:218戦

EXP 報酬
5000 コメントパーツ イフリート改
ニムバス
テストパイロット
10000 コメントセット まだ[生贄]が足りないとでも
言うのか…[EXAM]め
15000 称号文字(ゴールド) 蒼の原点
20000 スタンプ通信 マシンの性能差か…!
25000 チケット アイテム交換チケット×1
30000 称号文字(プレミアム) 蒼の原点

外部リンク


コメント欄

更新内容のメモや編集方針に関する議論にご活用下さい

  • EXAMオバヒ中の機動力低下 ⇒ これまでの上昇量だとEXAM中の性能も低下する ⇒ EXAM中の性能を従来の性能に合わせるため「機動力大幅上昇」 ってこと???。EXAM中の機動力別に変わってないよね -- (名無しさん) 2023-09-30 04:29:15
  • ブリッツ使ってる身からするとイフリートを囮にして動いてるからコスト全部あげるつもりで動いてる -- (名無しさん) 2023-09-30 05:19:21
  • ダメとるかロックとるか。後ろが着地を狙わず垂れ流しマンだと低コ格闘機体は辛いねん -- (名無しさん) 2023-12-16 23:15:14
  • 横サブ爆風消えてんの初めて知った、よっっっっわ!! -- (名無しさん) 2024-01-14 21:36:21
  • ドム呼びする様になって、ますますミッシングリンクよりになってきたなぁ -- (名無しさん) 2024-02-03 00:24:18
  • ↑2射撃バリア付き格闘(特に金スモの特格や騎士の特射みたいな突撃タイプ)やバエルサブみたいなSA格闘に対する迎撃ができないからね。 こっちの格闘CSは振り始めるとSA消えるからリーチの差で潰されるし。相手が近づいてきそうだと思ったら距離を取りつつドムを溜めるしかない。 -- (名無しさん) 2024-03-04 14:28:31
  • シャフのイフリートの地雷率の高さよ -- (名無しさん) 2024-06-07 13:48:33
  • ↑髪の無い方は? -- (名無しさん) 2024-06-07 15:12:56
  • 特定機体に対して「地雷率高い」ってやつの中には、当人の立ち回りや癖がその機体と組むのに致命的に噛み合ってないって場合もあるからな。組んだ時はお互いにどうしようもなかったりする -- (名無しさん) 2024-06-08 12:36:52
  • ↑2 髪のない方って表現好きすぎる -- (名無しさん) 2024-06-10 00:39:12
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
+ タグ編集
  • タグ:
  • 非ガンダム
  • 男性
  • コスト1500
  • ラッシュ
  • 機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2024年06月21日 22:24
添付ファイル

*1 ブーストゲージ切れではない