ファントムガンダム

 総合解説 / 通常時 / ファントムライト発動中

作品枠 機動戦士クロスボーン・ガンダム
パイロット フォント・ボー
コスト 2500
耐久値 640
形態移行 通常時
ファントムライト発動
二段階強制放熱モード
強制冷却モード
移動タイプ 通常
BD回数 通常時:7
ファントムライト発動:8
二段階強制放熱モード:8
強制冷却モード:6
赤ロック距離 通常時:9
ファントムライト発動:10
二段階強制放熱モード:10
強制冷却モード:9
変形コマンド あり
盾コマンド あり
デフォルトBGM 宇宙海賊クロスボーンバンガード
戦闘テーマ


概要

木星が開発した特務MS「サーカス」の一機。F99のデータを基にアマクサをベースとして作られた木星帝国版"V2ガンダム"とも呼べる機体。
「一騎当千」をコンセプトとした超常的にすら見える仕様を備えている。
正式名称は『ファントム』であり、ガンダムという呼称はフォント個人からの通称に過ぎない。

ファントムライト発動(略称PL)による時限強化や急速変形を持つ格闘寄り可変万能機。
平時は2000コスト並みの武装と機体性能だが、強化時は3000コストの格闘機に匹敵する格闘ダメージを叩き出せる、時限強化機の中でもとりわけピーキーな性能が特徴でありアイデンティティの機体。

PLは全方位射撃バリアを兼ねており、迎撃を真っ向から無効化しつつの押しつけが可能だが被弾しすぎると強化がすぐに切れてしまうという弱点がある。
そのため、射撃バリア付きの武装自体が苦手とする武装(爆風付きのミサイル、マシンガン、ゲロビなど)は特に苦手であり、最悪ダメージを通せず強化が終了してしまうという事がザラにある。
また、バリア中に射撃兵装を当てられた際に僅かながらヒットストップが生じるので、格闘コンボ中に射撃を撃ち込まれるとバリア中であってもコンボが繋がらなくなったり意図しない挙動をしてしまう事も。
反面、ヒットストップ中でもガード入力は可能なので、ゲロビ等に被弾した際でも瞬時にガードする事でPLゲージは多少失うが体力まで貫通する事は防げる。

強化の回転率自体は悪くないが、上記の特性故に安定性に欠けるのが難点。
今作でも如何に自分が戦いやすい相手と疑似タイを行い、リターンを積み重ねていく事が出来るかというのが課題。
ダメージを取る能力は低下したものの、新たに獲得した変形の急速移動は攻めと逃げに貢献する有用な武装であり今まで以上に闇討ちの重要性と適性が上昇している。
強化時だからと闇雲に格闘を振りに行くと迎撃に遭いあっという間に強化が無くなり、かといって射撃機の位置で射撃を垂れ流していてもダメージ不足に悩ませられる……。
引く時は引き、押す時には押す、時限強化機の基本がとても重要なのが参戦から変わらない点の一つ。

本作では共通調整により緑ロックのダメージが軽減されたため、平時の主力であった拡散照射を流す戦法を続けていてもダメージを取れなくなったのはかなりの向かい風。
その分逃げと攻め両用で使える変形特殊射撃に急速移動の追加と、PL時の各格闘に微調整が入ったが、現状はそれ止まりで大きくは変わらない。

強い武装をいくつも持ってはいるがそれぞれに役割や適した場面があるため、強化機にありがちな一つの強武装を擦り続ければ何とかなるという機体ではない事は押さえておきたい。
フォントばりの機体知識や操作テク・押し引きのセンスを会得すると共に、冷静さを損なわず理性を乗りこなし勝利を掴もう。

  • リザルトポーズ
通常時:
敗北時:



EXバースト考察

「オタクを、舐めるなぁぁぁ!!」
覚醒タイプ:宇宙海賊

  • Fバースト
格闘攻撃補正:+12% 防御補正:-10% ブースト軽減:-15%
シャッフル、固定双方での安定択。
変形特殊射撃の高速移動が追加された事で、よりダメージを狙いやすくなった。
強化時前格のダウン拾いも中々嬉しく、前作よりも適性が上昇している。
ファントムが欲しい物を多く取り揃えている覚醒であり、迷ったらとりあえずこれを選んで問題ない。
ただ、機体特性上覚醒中とは言えゴリ押しは強化ゲージと等価交換となりがちなので、射撃から格闘のキャンセルルート追加を活かした押しつけをしていくのが吉。


  • Sバースト
射撃攻撃補正:+4% ブースト軽減:-10%
非推奨。射撃でダメージを出す機体ではなく恩恵が少ない。

  • Vバースト
ブースト軽減:-15%
本作からの新規覚醒。
強化時の変形速度が随一である事から、わざわざ機動力を売りにするV覚を選ぶ利点は少ない。
前作のM覚よりも速度補正自体が落ちているのも見過ごせず、ブーストダイブによる強ムーブも存在しないためより嚙み合わなくなってしまった。

  • Cバースト
防御補正:-10%
相性は良好で防御補正が返ってきた事でよりE覚に近い運用が可能となった。
覚醒技で強化状態に移行できるため、多少無理をしても僚機へ覚醒ゲージを渡し自衛が出来るのが強み。
体力調整に失敗しても覚醒技さえ使えれば最低限延命が出来るのも利点。
とは言え、非覚醒状態でコンスタントにダメージを稼ぐことが出来なければダメ負けしてしまうのはE覚から続く欠点。
力量さえ伴えばC覚自体の汎用性も加味してオールラウンドに戦える覚醒。

無理に覚醒を通さずとも、高コストと組んだ際には相方への覚醒供給をしつつ、こちらは覚醒技で強化状態に。
低コストと組んだ際にはお互いC覚にすると、ファントムが強化状態を長い時間維持出来る等で非常に強みが大きい。
F覚と比べると爆発力は無いものの、こちらは非常に安定した立ち回りが出来る。


本作ではクロスバーストによる供給量の増加が追加されたため、L覚時代のファントム×ファントムに似た戦法も可能。


戦術

兎にも角にもファントムライトによる強化が必要なので、貧弱な通常時で如何に敵を捌けるかが重要。
後サブの広範囲照射ビームや特格のアシスト等、一定の強さを持つ武装は持ってはいるがそれだけではダメ負けしてしまう。

時限強化機のセオリー通り、僚機と共に通常時は丁寧な射撃戦を心掛けつつ、強化時には積極的にダメージを取りに行くのが理想。
また、強化中は射撃バリアが付くものの、被弾=強化時間短縮なのでバリア頼みのゴリ押しで突撃するとあっさり強化解除させられる。
この点が、本機が単なるバリア機でも時限強化機でもない独特な特徴なので、降りテクなしで極力被弾を避けつつ格闘を当てる高い技量が必要となってくる。

また、覚醒技の2段階放熱は通常の強化時よりもさらに上の強化となる本機の切り札ではあるものの、強化終了時に強制冷却による弱体化が挟まれ次の強化までの時間が非常に長くなる関係で、先落ちフル覚醒との相性は特に良くない。
可能な限りは1落ち前に半覚醒を心掛けたい。
が、耐久が僅かな状態での覚醒は特に覚醒落ちのリスクが非常に高く、次の覚醒が溜まるかどうかも見極めなければならない。
根性補正と覚醒に依るダメージ増加は非常に魅力的だが、常に覚醒落ちのリスクが付き纏う上に耐久が少ないとSA格闘も非常に使いにくくなる等
リターンも大きいが、リスクがあまりにも大きすぎる為、大きな負け筋を作ってしまいかねない。
その為、他の機体と比べて非常に繊細な覚醒の使い方を求められる。
耐久に不安がある場合は大人しく1落ち後に使う方が安定する場合も有り。

覚醒技自体も使用時に僅かながら完全に足が止まってしまうので、ここを狙ったミサイルや照射ビームを当てられると瞬時に試合が崩壊する。
安易な使用はせず、盤面や瞬間的な状況を迅速に判断し、ここぞというタイミングで使用するようにしよう。

対面対策

通常時は広範囲のゲロビや横に範囲の広いサブ射撃、高誘導なアシストなどで後方から牽制してくる事が多い。
また、変形中だからと言って、安易に格闘を振ると変形格闘で返り討ちに遭う為、PLにばかり警戒していると足元を掬われてしまう。
が、降りテクは変形特射→メインしか持たず、ある程度着地のタイミングは掴みやすいのでその着地を狙いたい。

対策としてはPLの時限強化中をどう凌ぐかに掛かる。
PL中はあらゆる射撃を防ぐ為、格闘迎撃の為に弾を撃っても強引に詰められてしまう他、
特射格闘派生による掴み格闘やCSによるSA格闘、格闘以外にも特射射撃派生による単発高威力ビームなど、厄介な武装が多い。
が、ファントム側はこの時限強化中にダメージソースが集中する為、強化を通せないと辛い。
強化自体も時限式ではあるモノの、射撃ダメージを与える事で強化時間は非常に短くなる為、PLを通させない立ち回りが重要になる。
PL中は無敵な訳では無い為、強化で突っ込んで来た時は冷静にダブロで捌くとファントム側はかなりきついので
強化が入ったのを確認した時は相方と距離を保ちつつ、出方を伺おう。
但し、射撃でのカットが望めないからとPL中の格闘を格闘でカットしようとすると、先述の掴み格闘等で返り討ちに遭う事が多いので
状況をよく考えた上でカットしたい。

上記を踏まえた上で、特に覚醒技の2段階放熱に気をつけたい。
最大30秒の長期的な時限強化と通常のPLよりも強化された格闘等、少し目を離すだけで試合をひっくり返してしまう爆発力は未だ健在。
だが、強化終了後は機動力低下+通常の時限強化までのCT増加等のデメリットもある為、コレを潰すことが出来れば一気に勝ちの目は見えてくる。
また、2段階放熱時は完全に足を止めるので、覚醒したら常にファントムの動向に気をつけ、可能な限り2段階放熱にさせないor強化時間を短縮させる為に
射撃武装を撃ち込む等をすれば、ファントム側は非常に戦いづらくなる。
格闘以外の各種武装も強力ではあるが、派生やCSが絡む都合上咄嗟に出す事が出来ない為、この合間を上手く掻い潜りたい。

余談だが、時限強化中にアンカー掴みやプレッシャー、射撃属性が絡む格闘や覚醒技は非推奨。
射撃属性が絡む格闘等は射撃属性部分がPLに吸われてしまうので強化を早急に潰したいならともかく、ダメージを伸ばしたい時は
射撃属性が絡まない別の択を取るのが安牌。
アンカーやプレッシャーに至っては無効化してしまう為、生時であっても強化を持っていそうな時に撃つのは避けた方が良い。


僚機考察

ファントムは格闘をダメージソースとする機体であるが、いわゆる“格闘機”ではない。カチ合いに強い格闘は持ってはいるが、コマンドがそれぞれ「特射格闘派生」「格闘CS」「変形格闘」と事前の準備が必要なものばかり。虹合戦はむしろ不得手な部類で、ここを勘違いした相方に前線に置き去りにされてしまうと強化時ですら危ういだろう。

適した僚機

前作稼働開始時に取り上げられて以降、やはり今作も開幕PLはない。
格闘でダメージを出すというコンセプトの都合上、30の後ろで堅く戦うタイプではないため共に前線を押し上げ維持できる機体、欲を言えば体力調整に失敗しても爆弾運用に移行できる機体が良い。
特に貧弱な通常時にロックを集めてくれる30の格闘機が最適解。

適さない僚機


コストパターンごとの戦術考察

  • 3000
やはりセオリー通り、30先落ちを狙っていく。相方の陰に隠れて後衛をやりつつPLのチャージを待つことになるだろう。
本機は覚醒技でバリアを張れるので、1落ち後も覚醒が有れば1回だけバリアを張ることができて粘れるという点では後落ち適性がある。
最期のバリアは逃げに使うのか攻めのワンチャンに使うのかはよく考えておきたい。

  • 2500
両前衛。コスト的には一番バランスが良い組み合わせだが、やはりネックとなるのは通常時。
前衛寄りの機体が僚機であれば後落ち思考でもいいので赤ロで牽制、後衛寄りの機体であれば気持ち前に出て援護しなければ相方が耐えられない。

  • 2000
事故。コスト的には本機が先落ちとなるが、前衛寄りの機体であれば共に荒らし寄りに立ち回り、削れた方が先落ちというスタイルで問題ない。
一番困るのが後衛寄りの機体と組んだ時。通常時にファントムが押しつぶされてしまうのが関の山。
共通のセオリー通りで立ち回っても勝てるものも勝てないため、前衛寄りと言うよりは荒らし寄りでどんどん前に出た方が良い結果になることが多い。勝利を目指すなら相方そっちのけにしてでも2落ち爆弾まで視野に入れたい。

  • 1500
コスト的には本機が先落ち、僚機が後落ちがセオリーだが、相方1落ちまでなら自機の体力にも余裕がある。
相方の適性距離に応じて先落ちを譲ってもいいだろう。

プレイヤーステッカー


チャレンジミッション

【機体ミッション】ファントムガンダム

ミッション EXP 期待値
5回対戦せよ 50 300
対戦で3回勝利せよ 50 250
対戦で累計2000ダメージ与えろ 100 1000
対戦でダメージ800以上与えて勝利せよ 200 3000
トライアドバトルでコースを3回クリアせよ 50 -
推定所要対戦数:198戦

EXP 報酬
5000 コメントパーツ ファントム
フォント・ボー
ファントムライト
10000 コメントセット [人]が[人]に!
こんなことをしていいはずがないんだ!
15000 称号文字(ゴールド) 一世一代の大勝負
20000 スタンプ通信 オタクをなめるな!
25000 チケット アイテム交換チケット×1
30000 称号文字(プレミアム) 一世一代の大勝負

外部リンク


コメント欄

更新内容のメモや編集方針に関する議論にご活用下さい

  • 生時の変形の逃げに使える手段増えたの嬉しいな、ちゃんと使わないと狩られそうだけど。あとPL時ダウン拾いあるのおもろそう(赤ダウンの格闘あったっけ?) -- (とある幽霊の火炎剣) 2023-07-01 19:21:52
  • 近距離で照射引っ掛け→強制ダウン前にキャンセルして拾い、みたいな動きできるのかねそうなると -- (名無しさん) 2023-07-01 19:23:47
  • ↑2特射格闘派生で相手を掴めたけどオバヒした時とか -- (名無しさん) 2023-07-12 08:21:05
  • サブの発生遅くなってない? -- (名無しさん) 2023-07-30 13:31:50
  • 前作は相手の格闘見てデスフィズ出して、アシストで自前カットの動きができてたのに今作なんか成功しない…デスフィズの出現位置調整された…? -- (名無しさん) 2023-09-20 21:39:05
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
+ タグ編集
  • タグ:
  • ガンダム
  • 男性
  • コスト2500
  • 主役機
  • 変形
  • 時限強化
  • バリア
  • 機動戦士クロスボーン・ガンダム

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2024年07月10日 22:41
添付ファイル