ペーネロペー

 総合解説 / ペーネロペー / オデュッセウス

作品枠 機動戦士ガンダム
閃光のハサウェイ
パイロット レーン・エイム
コスト 3000
耐久値 700
形態移行 ペーネロペー
オデュッセウス
移動タイプ 通常
BD回数 8
赤ロック距離 ペーネロペー:12
オデュッセウス:10
変形コマンド なし
盾コマンド あり
デフォルトBGM レーン・エイムのテーマ


概要

ガンダムタイプの設計の名残を残したミノフスキー・ドライブ搭載MS。
素体であるオデュッセウスにペーネロペーユニットを装着している形だが、ガンダムと定義されたのは後の外部作品から。
Ξガンダムと同様、複数のデザインがある中において、本作はパイロットを含めてGジェネで起用された仕様のものとなっている。

時限弱体形態オデュッセウスを持つ射撃寄り万能機。エクバシリーズでも珍しい時限弱体機体
ゲーム上でも時限強化のΞガンダムと対をなす機体であり、メイン連動ミサイルなど似通った武装性質を持つ。
しかし、シリーズが続くにつれて徐々に独立したキャラとして調整されつつあり、前作では強味と弱味の差がより顕著になった。
なお耐久値はMBONから4作連続で据え置きであり、当初は射撃機としてはかなりの高耐久だったが、周囲が相対的に増加していったこともありオバブ現在では平均レベルとなっている。

ペーネロペー時は特格を絡めた立ち回りを主軸にするミサイルの爆撃で敵を逃げ惑わせる機体。
長めのロックもあり制圧力は高く、どこからともなく飛んでくるミサイル関連の引っ掛け性能たるや、近接では対策した上で安定回避不可能レベル。
運ゲーやパチンコと揶揄されることもあるが、この機体でダメージを稼ぐ上で重要な立ち回りとなる。
機動力やゲロビの弾速に関してはΞガンダム、オデュッセウスより劣る部分もあるが、全体的なスペックは時限強化準拠と言っていい。
今作ではN特射のゲロビにミサイルが付くようになり、後格闘にもミサイル攻撃が追加されたことでさらに賑やかなレパートリーとなっている。
ただしBD回数はオデュッセウスの方が多く降りテクの回転率もそこまで多くないため、高機動機体の射撃始動やダブルロックに対する自衛力は意外と並み。
メインの依存度が高く、待ちゲー主体のスタイルとは裏腹に継戦能力が普通な事もあり「やられる前に事故当て力を押し付けて待ちゲーを維持する」ことで爆殺していくタイプ。
下記オデュッセウスから戻ってくるとダメージや時間に寄らない「無限ペーネロペー」になるため、山場を凌いだ後のパワーにも不足がなく覚醒による暴れの期待値も高い。

オデュッセウス時はサブ→メインの降りテクが追加されるほか、BD回数が増えるなど機動性は高い。
自衛力は3000としては物足りないが、迎撃思考で逃げ回るなら十分。
格闘も自分から振りに行ける程度の性能はしており、リロード難があるがペーネロペー時よりも強いとまで言える切り札のゲロビも持っている。
しかし、ロック距離は長くは無く弾幕量も2000クラスで盤面への影響力はかなり低くなる。『意外とやれるが3000として戦果を挙げるのは無理』なのは今作も同じ。
何といっても放置が怖く、追うのに四苦八苦しているうちに相方が狩られてコスオバを回されるのも本機の伝統である。
基本的にはペーネロペーユニットが溜まり次第換装する方が良し。

ペネで試合を優勢に、運ぶのは必須中の必須。
その上でオデュッセウスの時間において、自軍の損害をいかに少なく凌げるかがポイント。
両形態の強味弱味をしっかり把握し、太陽神の娘「ヘリオス」に勝利を献上しよう。

  • リザルトポーズ
通常時:
敗北時:


EXバースト考察

「切り開いて見せる!実力だけでな!!」
覚醒タイプ:射撃寄り汎用2

  • Fバースト
格闘攻撃補正:+4% 防御補正:-20% ブースト軽減:-20%
優先度は低い。
S覚で失われた防御補正とV覚に次ぐ高い機動力補正に加えてそこそこの格闘を持っているが、そもそも極力被弾せずに分厚い弾幕によって敵を寄せ付けない戦い方が基本である本機の立ち回りとは噛み合わない。
S覚で更なる弾幕強化を図るか、Vによる機動力強化で回避に徹するかで立ち回る方が強味を発揮出来る。

  • Sバースト
射撃攻撃補正:+8% ブースト軽減:-15%
今作でも推奨覚醒。
メイン連打と連動ミサイルや下格等から繰り出される圧倒的弾幕と強力なゲロビによって、敵を寄せ付けずに爆殺する立ち回りをより強固に出来る。
ただし今作から赤ロック距離延長と防御補正が消失したため、ミリ耐久時の被弾には注意する意識が前作より必要になった。

  • Vバースト
ブースト軽減:-20%
次点候補だったが、現在では非推奨。
アプデによりコストオーバーしても無限ぺネゲージにかなりの補填が入るようになり、過去作のように『オデュ逃げのために吐く』という選択肢そのものが消滅している。
コスオバを考慮するにしても、Sの弾幕で拒否するかCの半抜けを選ぶ方が綜合的に見て潰しが効く。

  • Cバースト
防御補正:-20%
覚醒抜きで勝てる対面でもない限り非推奨。
Sに勝るメリットを言えばオデュッセウスの自衛力補強か、格闘機にワンチャン通された際の仕切り直し程度。
そもそも本機は覚醒での攻撃力を期待されるタイプの機体なので、覚醒の質で負けるリスクも大きい。
防御補正を目当てにするにせよ、被弾せずに立ち回る事が要求される本機としては選択する理由に乏しい。

戦術

まず第一に覚えておきたいのが、とにもかくにもペーネロペー時の「メイン弾数の管理」である。

主力兼この機体の最大の長所で一番大事な連動ミサイルはメインがないと打てない。
ソロの低レート帯であればメイン特格サブを弾が切れるまでひたすら擦れば、視覚ジャックであたふたしている間に勝てることも珍しくないが
上位層レートやチーム対戦になると特格爆撃に対し、冷静に先着地されてダウンを取られ、その上弾切れがバレると放置されてしまうことが頻発する。
そのため、即リロード開始で実際のリロード速度が早めの各種サブや各種特射、新規の後格闘、射CS持てる射撃武装すべてを持って、
圧力をかけに行く必要がある。

1.メイン特格について

俗に言われている「パチンコ」「運ゲー爆撃」と呼ばれているものだが、特格の弾数がある場合とない場合で圧力や役割が違うことを理解したい
メイン連動ミサイル→誘導:強 弾速:低 補正:並 ※ただしクロブより誘導は落ちている。
前方向特格ミサイル→誘導:強 弾速:高 補正:低 ※クロブより弾自体の威力は40から35に低下しているが、補正は若干上方修正されている。
後方向特格ミサイル→誘導:低 弾速:並 補正:低 ※発射時に一時Nサブのように展開→発射の溜めがあるが銃口補正がかなり悪い。

一番弾の質として良いのはメイン前特格>メインであるのは明確、質の違う5射線が1セットで出るため、これを起点に取るぐらいの気持ちでよい。
レバサブまで入込むと相手のアラートが真っ赤になる。
有効に使うためにはある程度近寄るまでBDをこまめに使うことも大事。
使いどころとしては相手が振り向きうちになるように側面や壁際に追い込む際に使うと爆風の期待値も併せて有効打になりやすい。
注意点として結構勘違いされやすいが、この行動はメインヒット始動じゃないと130~140程度しかダメージが取れない当たり方が多い。
(下手をすると100しか取れない時もある)
現状ペーネロペーが苦境側の機体にある理由の一つとしこの行動の火力不足が大きい。

常に管理できるものではないが後特格のミサイルははっきりいっておまけレベルの性能で
距離調節に使った際や敵の近接ねじ込みに移動軸が被ったら当たる「かも」レベルで期待できない。
そのため取りに行く際は目的をもって前特格を要所で使う癖をつけよう。

どこまでいってもこの行動で与ダウンを取ってテンポを取るのが生命線なので、自分なりに考えて使おう。

2.メイン特格の回避方法の相手側の認知

結論からいってしまうとメイン特格を見てから特格回り込み方向と逆側に後ろ慣性ジャンプされるとほぼ無力化される。
(例:↗方向に特格メインした場合に↖方向に慣性ジャンプ)
ムキになって特格メインを繰り返してもこちらが動いている方向と同じ方向に平行移動、
ステBDを駆使してこちらの特格で高度が上がったところに対し、一旦真下に潜り込み逆に背面取り、落下テクの織り交ぜ等、
これらの組み合わせで機動力の高い相手程安易に回避できてしまう。

そのため序盤の内に回避方法の知ってる・知らないを把握するのは結構大事になる。
上を取っている間に味方にダブロで取ってもらうなどカバーできることもあるが、30である以上疑似タイマンのタイミングは必ず発生するため
そういった相手には無暗に使わないこと。
また、トールギス系のように浮いた分をカバーする行動は本機は持ち合わせていないことを肝に銘じておくこと。
(トールギス系はこの機体のミサイル誘導を後格で安易に振りきれるので天敵レベル)

3.攻撃のパターンや緩急をつける。

こちらのメイン特格を警戒している相手はまず迂闊に高度を取ってこないため、どうにかして隙を作っていく必要がある。
まず使っていると気づくがレバサブは追ってくる相手や下がっていく相手に対しては取付きの性能上当たらないため、
中近距離でお見合いしている際はNサブを織り交ぜよう。
誘導やダメージの補正はお世辞にも褒められないが、弾速と銃口補正についてはかなり優秀で、メインを使わずに弾幕を張れる。
また、相手が弾幕キャラでなければ後格ミサイルや射CSなど動かしたり当てに行くものはあるが、足が完全に止まるため。
相手によっては使わない方がよかったりする。
相手対面によってパターンを使い分けるのが大事。

以下セットプレイの一例
  • メインNサブ特格→メイン:近距離でアメキャンしそうな相手を取りたいときに、Nサブのタイミングは任意
  • (特格→)メイン各種サブ>硬直解除後に任意の格闘:サブの硬直がかなり短いため近距離で意表を突きたいときに、赤ロ保存が当然外れているので注意
  • メイン特格→メイン特格連打*N回(各種サブ・各種特射):伝家の宝刀。低機動力の相手や敵近接機の覚醒時に暴れで使う
  • (メイン)特格×N回(メイン):特格の弾だけけん制で撒きたい場合や高度を早めに上げたい際に。上昇性能が良くないため燃費は悪いが高度をあげるだけならこっちの方が早い。
  • (後特格メイン→)レバ特射:赤ロギリギリや事故狙い時の定番、相手の着地前後に。緑ロック補正の影響でで端の方がヒットした際はダメージが大幅に安くなっている。
  • 後格闘→後特格→メイン→射CS(セカイン可):中距離で距離を詰めてきそうな相手や浮いている相手への対空射撃として。仕切りなおして着地した相手にCSを当てに行くのもあり
  • メインサブ→特格→メイン→射CS(セカイン可):低空BDでひたすら詰めてくる相手へ。バエル、スカイ等こちらよりタイマンでのお見合いが強い相手に対しては見せておくだけでも読み合いが変わる
  • (特格→)メイン→各特射:主に近距離で使用。相手のメイン射角外から狙うと〇。貴重なダメージソース。
  • メイン⇒ステ振向きメインレバサブ:中距離以近のタイマンで相手よりBDを多くふかした際のケアとして。Nサブを絡めて弾幕・姿勢制御してもよい。(Nサブが消えてからでないとレバサブが使えないため注意)
  • メイン特格→(メイン)格CS(セカイン必須):3秒チャージのセカインで難易度が高め。近距離の後ろ慣性ジャンプを咎められるがBD消費が大きいため注意。
  • メイン特格→前格闘:自機が相手より下にいる際に不意打ちとして。特格使用時に高度が上がって同高度かつ至近距離で強襲的に当てれる。フルコンで260↑
  • 緑ロック特格→レバサブ→特格メイン:特格レバサブの慣性移動量が大きいのを利用した逃げムーブ。味方との距離が離れている際やF覚醒相手にとりあえず逃げたい場合に。

4.先落ちと後落ち

切っても切り離せないのが、オデュッセウスモード時の対応もそうだが(昔に比べて大分短くなったが18秒+CSチャージで20秒以上は耐えなければいけない)
それ以上にまず、第一に今作は30の基本スペックが全体的にさらに上がっているため、最上位プレイヤー層ですら低コストの先落ちが頻繁に起きる環境である。
まずオデュッセウスについては相手の高コストと見合うだけ見合う。
無視されそうなら優秀なBD格や特格のゲロビでアピールする。

理想は先落ちからの相方C覚醒タンク込の覚醒3回だが、あくまでも理想なので拘り過ぎないように。
本質は圧倒的な弾幕量をどれだけあてれるか=ペーネロペー時の維持なため、先落ちを譲るのは視野に常にいれること。
特にソロでは味方の力量が不透明な上にコスト事故も起こるため視野を広く持つこと、またこの機体は現状無理に突っ込んでも取るダメージより
被ダメージの方が増えやすい。
相手の30を引き付けてイーブンを取っているだけでも上々と思うぐらいでちょうどよい。
メイン特格メインで130~150取っても敵の強武装ないし、優秀なアメキャン始動等攻防一体の攻撃の方がダメージも優秀であることが多い。
特格に誘導切りはついていないため、後特格で距離は離したが強誘導の弾や赤ロ保存の弾がこの機体の巨体に当たるのは日常茶飯事。
ローリスクローリターンで撒けるメインサブで粘る場面は粘ろう。

幸いにも二種のゲロビはダメージが高め且つ10秒常時リロードの弾数2と闇討ちで当てる武装としては及第点以上のものがあるので仕事をすることは可能
ただ、後落ちや0落ち前提の動きが強いスカイやDXやヴァサーゴ等本職には役割的にさすがにかなわないので弁えること。
赤ロギリギリで特射とメインだけ撒いていてもまず何も起きない。

5.試合運び

この機体の強みとして攻撃頻度に対する与ダウン力と対策されたとしても相手に一定の回避を意識させれることによる相手の回避択へのミス誘発である。
前者は距離は限られるがメイン連動ミサイルで150ダメを取ったうえで確定ダウンが取れる。

近距離でメインが当たった場合慣れてくると連動ミサイルがダウンを取ってくれるケースがわかってくるので与ダウンまで見守らずに
もう片方の敵にすぐさま移動できる。
この間数秒だが、味方と合流しダブロするもよし、闇討ちするもよしといったテンポ取り能力が高い。

後者は拮抗した上での弾幕による精神的なプレッシャーである。
ただし、1.で述べたようにメインが切れると途端に押し込まれるため、相方の機体選択と合わせて何らかの回答は常に用意すること。
また肝になる特格は移動量こそ大きいが誘導を切らないため、足が止まる武装は無暗に使わないように。
巨体のため流れ弾の被害にあいやすいので、避けれる弾はしっかり避けてから撃つ、ステップを特格前に仕込む、こまめに着地する等回避して打ち返すようにする。

最後にこのゲーム共有の事項ではあるが、ソロとチームでは戦術がかなり異なる。
特に本機は勝とうとするとソロとチームでやることが真逆になることが多々ある。
(例:ソロだと爆撃で嵌めれそうなら張り付いて体力調整を崩すことができたりするが、チームだとそもそも安易な爆撃が通じないので攻撃パターンを変える等)
ある程度自分の中で戦術をリストアップしたり、固定相方と綿密に話し合いをしておくと安心。


対面対策


僚機考察

ここまで解説してきた通り、この機体は弾があるうちに事故力をドンドン押し付けていく前衛機体であり、遠距離からローリスクな後衛プレイをする適性はやや低い。
打ち合わせ出来る固定ならともかく、シャッフルで受け身に構えすぎると圧を出せず相方負担が大きくなるので、相方の強みを殺さないようにしっかり意識したい。

適した僚機

ペーネロペー時に一緒に攻められる射撃力と、オデュッセウス中に凹まされない自衛力を併せ持った機体。
慣れた相手だとペネの弾幕セットは避けられてしまうので、その裏からゲロビや高火力武装でダメージをアシストできる機体だと押し負けにくくなれる。
ペネの相方負担の大きさもあるので、先落ちにシフトできる機体だとなおよし。

もうひとつのやり方が、同じ弾幕機で圧殺するペア。
フルグランサなどを後ろにおいてひたすら厚い弾幕を展開し、ダウンを取り続けることで距離を取ったりリロード時間を稼いだりする。
オデュッセウスも含めてペネロペ先落ちを作りたいので相方負担は大きいが、こちらが前衛を張ることさえできればお互いの強みを活かせるパーティペア。

適さない僚機

主張力が弱く先落ち適性のない機体。何かと先落ちされやすい本機の弱みが出てきてしまう。
ペネ先落ちを作れてもオデュ時のダブロを止められず、こちらが先に2落ちして負けてしまうケースも考えられる。

コストパターンごとの戦術考察

  • 3000
どちらかというと近接爆撃キャラなので、先落ちが貰えるなら前衛をしたい。
とはいえ回避力というか脱ダウン力も高く、ノーダメで相手を翻弄する力もあり、0落ちも不得手ではない。
マッチングや戦況に合わせて柔軟に動きたい。

  • 2500
推奨。相方に合わせた先落ちや0落ちも出来るが、やはりどちらかのコスオバとオデュが重なる瞬間が一番怖い。覚醒の勘定は常々注意したい。
コスオバ時にゲージ補填が入るようになったので、後落ちなら全覚醒を強く推奨。無限ペネまで生き延びれば耐久回復も活きてくる。

  • 2000
可能な限り前衛。コスオバオデュでも多少の余裕はあるが、やはりリスクは大きく被弾事故も怖いので、しっかり前に出てコストを貰いたい。
チームでしっかりダメ勝ち出来る計算力と自衛力に自信があるなら、突撃能力が高い格闘系を隣に置いて後ろから弾幕で援護するという手もなくなはい。

  • 1500
事故。格闘機を3落ちさせるか、後衛機に後ろから援護して貰えればなんとか形になるか。

プレイヤーステッカー


チャレンジミッション

【機体ミッション】ペーネロペー

ミッション EXP 期待値
5回対戦せよ 50 300
対戦で3回勝利せよ 50 250
対戦で累計10機撃墜せよ 100 300
対戦で1バトル中に2機撃墜せよ 200 2000
トライアドバトルでコースを3回クリアせよ 50 -
推定所要対戦数:317戦

EXP 報酬
5000 コメントパーツ ペーネロペー
レーン
マザーマシン
10000 コメントセット この[戦い]は、理屈ではないッ!
15000 称号文字(ゴールド) 戦略的勝利
20000 スタンプ通信 この戦いは 理屈ではない!
25000 チケット アイテム交換チケット×1
30000 称号文字(プレミアム) 戦略的勝利

外部リンク


コメント欄

更新内容のメモや編集方針に関する議論にご活用下さい

  • オバブ初めて乗ったら、ちょっとコマンド変わっていて驚き そのくせにゴミみたいな両CSはそのままなのね… -- (名無しさん) 2024-05-30 01:06:07
  • えぇ!?特格ミサイルやらで散々強化を貰ったのにまた強化されるんですか!?弄る必要ある? -- (名無しさん) 2024-06-06 20:49:28
  • 言うて今のミサイル期待値クソ低いし機体性能も下から数えたほうが速いってレベルだったから強化は妥当 -- (名無しさん) 2024-06-07 16:42:20
  • いやあ30だけで見てもこいつより先に触っていいやついたと思うけど… -- (名無しさん) 2024-06-07 17:48:33
  • 大会採用数とかで選んだ説 -- (名無しさん) 2024-06-07 17:59:21
  • メインと特格の連動ミサ前作より明らかに下方されとる。まったく当たらんし敵に当てる武装が無い。いっそリフレッシュ修正で良いのでは? -- (名無しさん) 2024-06-08 09:55:36
  • パチンコが当たらなくなったら敵に当てる武装が無いは面白過ぎるwエアリアルでも乗って基礎からやり直した方がいいよ -- (名無しさん) 2024-06-08 10:09:19
  • 弱点が明確過ぎて基本雑魚狩りしかできないのにミサイルも下方されてそれすら怪しくなってたから強化されるのはまあ……いよいよクスィーの立場はないけど -- (名無しさん) 2024-06-14 16:46:50
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
+ タグ編集
  • タグ:
  • ガンダム
  • 男性
  • コスト3000
  • 一方通行換装
  • ファンネル
  • 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2024年06月18日 11:54
添付ファイル