山岳地帯


特徴

  • 無印判からリバイバルしたステージ。今作に合わせてアレンジが加えられている。
  • A側の渓谷、C中継のある広場、B側の丘陵の3場面で構成されており、それぞれを細道で繋ぐ構成。ただしA側からC広場に向かう途中にある山はブースト移動で登れるため、A側からのほうがアクセスしやすい。
  • B側とC広場を隔てるようにアーチが存在する。アーチをくぐる場合は狭いためボトルネックを起こしやすいが、アーチ上はそこそこの足場と良好な視界を確保できるため、狙撃ポイントに適している。
  • A側からC広場に向かう細道を進まず、右にそれると高台があり、そこからはC中継付近を一望することができる。また本拠点からアーチに真っすぐ進んだところにある山からはアーチの出入り口が一望でき、アーチをくぐる機体を狙い撃ちにできる。
  • A中継とB中継付近には両中継を結ぶような洞窟が存在し、途中にアーチ上へとアクセスできる縦穴が存在する。
  • B側のB中継と本拠点の間の山、B中継付近のトーチカはジャンプで登ることが可能であり、山からはB中継一帯が、トーチカからはアーチ上とC中継広場の一部を射線に収めることができる。これにアーチ上を加えた三重防衛ラインがB側の特徴。
  • AチームとBチームで全く地形が違うため、それぞれに適した戦術を要求される。
  • 前作と比較すると障害物の背が低くなったり間隔が開いたりなど全体的に広く開放的になった。またブースト移動で登れる箇所も多くなったため、前作のようなアクセスの不便さや守りやすさは失われている。なによりアーチ上からステージをほぼ一望できるようになったため、アーチの存在がより重要となった。
  • 2019/06/20にステージ改修が行われ、アーチ上に縦穴とA側から登るポイントを隔てるように壁が追加。またアーチの縦穴とは反対方向に、アーチ出入り口とC中継広場を結ぶ横道が追加された。
    • これによってA側からアーチ上へのアクセスが難しくなり、縦穴からアーチ上で狙撃する機体を狙う場合は壁を回り込んで襲いかかる必要ができた。
    • Bから横道を抜けるとすぐにC中継広場となる。アーチ横の山からは死角になっているが、A側から右にそれた高台からは丸見え。またC中継広場中央の大岩によってアーチ上からの援護を受けにくい位置にある。
    • 逆にC中継から横道を抜けるとアーチのB側出入り口のすぐ目の前に出る。侵入経路は違えど、1度は同じ地点(アーチB側の出入り口付近)を通過するため、そこを重点的に防御すると侵入を防ぎやすい。
  • 2020/01/30に再改修が行われ、アーチの下側の穴が広がり、横道のC中継広場出口に物陰ができた。
    • アーチは複数の機体でも移動しやすくなったため、ボトルネックを起こしにくくなった。B側が出るのはもちろん、A側も少し広がって侵入できるようになっため、B側の籠り戦術にはマイナスになった。ちなみにアーチをくぐった所でAチームに待ち伏せされやすさは変わっていない。
    • アーチ穴が広がったため、アーチ向こうを狙いやすくなり、B側山上やトーチカ上からの射撃範囲が広がった一方、アンチスナイプもされやすくなった。またB側横道の入り口が丸見えになったため、A側から狙撃しやすくなった。ちなみにアーチのC中継向かって左側の物陰は狭くなったので利用しにくくなった。
    • 横道のC中継広場出口に物陰ができたため、A側支援機の待ち伏せによって一方的に攻撃されにくくなった。ただしA側高台に対して死角ができただけで、出入り口付近の攻防ではあまり寄与しない。

全景マップ



戦術・立ち回り

  • Aチーム、Bチームで地形が大きく違うため、取りうる戦術も大きな差がある。
  • 2019/06/20のステージ改修によってB側は大きな戦術の変化は無いが、A側に変化が必要になった。
  • Aチーム
    • 開幕はA中継を確保する1機と、アーチ上を制圧する1~2機を残し、後はC地点の占拠を優先する。主にA中継は足の早い強襲機が、アーチ上には汎用機体が向かうのが望ましい。ちなみに優先度はアーチ>C中継で、味方の動向如何ではアーチは放棄する。
    • A側はステージ改修によってアーチ前の小山がA側からのみ使用しづらくなったため、アーチをくぐってきた敵の狙い撃ちや、A中継周辺での防衛戦が格段に難しくなっている。だが依然としてアーチをくぐるBチームへの待伏せは有効な上、2020/01/30の改修でBチームの横道入り口を狙いやすくなったため、集中砲火すれば序盤のダメージレースで有利になれる。
    • Aチームのメイン戦術としてはAC地点を抑えて一時的に点数有利を作り、C地点の大岩を利用してアーチ上の敵機と射撃戦を行いつつ、焦れてアーチや横道からC地点付近に出てきた敵機の各個撃破となる。ここで大事なのはアーチ上の敵は牽制程度にとどめておき、如何に大岩を使ってアーチ上の敵の死角で戦うかである。
    • 基本は迎撃戦になるため焦ってこちらから攻めてはいけない。特にアーチ上はA側からのアクセスルートが大きく制限される形になったため、数に物を言わせた占拠というのが難しくなっている。なのでアーチ上に支援機以外の敵が1機以上居る時は無視したほうが無難。
    • この時支援機はC中継向かって右側にある小さな高台に移動し、アーチを迂回する横道を抜けて来ようとする敵機、アーチ上の支援機、アーチを潜ろうとしている敵機を牽制するのが望ましいが、正直忙しすぎるために基本はC中継広場での戦闘を優先し、迅速に突出してきた敵機を撃破することに集中する。
    • 敵がアーチ上を放棄した場合は支援機や射撃に秀でた汎用機1~2機はアーチ上に移動し、トーチカ上や本拠点前の山の支援機等に睨みを利かせるといい。
    • 逆にC地点がBチームに占拠され、奪還が無理な場合は本拠点まで後退することを推奨する。小山の改修によって小山はBチームの格好のスナイプポイントになった他、アーチ上からの視界も良好なためにA中継周辺での戦闘はAチーム側に大きな不利がつく。それならアーチや小山から死角になりやすく、そこそこ広い本拠点付近はまだマシな戦場だと言える。とはいえ本拠点まで追い詰められている時点で挽回は難しいと思うが、守り易いのがこのゲームの特徴であるため、後は各自の腕前でなんとかしたい。
    • ちなみに開幕でアーチ前で戦闘するのは一番の悪手。アーチ前は敵支援機の射線が届きやすい上、アーチ上からの撃ち下ろしに会いやすい。加えて横道からC中継広場に出たBチームから挟み撃ちに会う可能性もある。アーチ前で戦闘するなら、C中継広場を完全に支配下においた後が望ましい。
  • Bチーム
    • Bチームの基本戦術は上記の3重防衛ラインを駆使し、アーチ上とチーチカ上または本拠点前の山から敵部隊に砲撃を浴びせ、一方的な射撃戦に持ち込むことを旨とする。特にアーチ上はC中継付近攻略の要でもあるため、絶対に確保しておきたい。
    • C中継付近は地形的にA側が先に展開しやすい上、C中継を一望できるA側スナイプポイントと、アーチ上から死角になりやすい場所でもあるため、下手に切り込むと地形不利と枚数不利のダブルパンチで点数を献上してしまう恐れがある。なので初動ではC中継は諦め、アーチ周辺の防備を固めることが大事である。特にアーチ上はBチームの首根っこに当たるため、優先的に確保したい。
    • 初動では足の早い機体がB中継を確保し、アーチ上には射撃系機体とその護衛を、アーチ下には迂回路とアーチ出入り口の両方を見張れる位置に汎用機を配置し、味方支援機が2機いる場合はB中継近くのトーチカの上に陣取り、アーチを越えようとした敵機や迂回路から侵入しようとした敵機に砲撃を浴びせるとよい。
    • アーチから打ち下ろす場合は迂回路のC中継側出入り口や、C中継付近の高台に陣取っているだろう支援機を狙うと良い。もちろん不用意に姿を晒している敵汎用機は絶好の鴨である。一方で足場が狭く背後の壁のせいで爆風被弾しやすい、アーチ上A側の細道はあまり近寄るべきではない。またそこから登頂してくる敵部隊に関しては足場のせいでボトルネックを起こしやすいので、格闘型汎用機等が肉壁になり、支援機の援護もあれば、処理は難しくない。
    • 基本的にAC中継を積極的に取りに行く必要はBチームにはなく、地形有利を利用して点数差を稼ぐことが優先される。その上で相手が弱り攻め込めそうなら、C中継奪取が選択肢に入る。
    • まっすぐC中継に向かう場合は、アーチと横道からの二面作戦が有効。もちろんアーチ組はAチームの待ち伏せに会いやすいなど不利な状況ではあるが、横道組がアーチ組に気を取られているAチームを挟撃できれば、一気に敵を殲滅しやすい。そのためにもC中継突撃ではC中継確保よりも敵殲滅が優先される。もしAチームを殲滅ないし撤退に追い込めたのなら、あらためてC中継を確保したい。
    • もしC中継を確保できてしまったなら、後はAチームを畳み掛けるのもいいだろう。A中継付近は平地部では戦いにくいが、複数のスナイピングポイントから見下ろせるため、しっかり支援機等の援護が入るならBチームにとって攻めやすい地形。敵がそこに固執するようならさらに点数を稼げるだろう。
    • 敵が本拠点まで後退したら、攻め込むかをの一度考える必要がある。Aチーム本拠点付近はいままでのBチームのスナイピングポイントからの射線が通りにくい位置であり、加えてA中継付近から死角になる位置や、敵支援機が陣取りやすいミデア上など地形的には相手に有利な戦場である。よほど両軍に戦力差が無い限りは、おいそれと攻め込むとギリギリで逆転されかねない危険性がある。
    • 逆にアーチを突破されてしまった場合はB中継付近で防衛戦を展開したい。Bチーム本拠点とB中継の間にある山は登れるためスナイピングポイントの確保は容易であり、そこからB中継付近の敵汎用を狙い撃ちしたり、アーチ上の敵機を牽制したりなど、地形的には若干Bチーム側に有利な作りになっている。
    • B中継が占拠された場合も本拠点周辺はB中継付近から完全に死角になっており、しかも折れ曲がった進入路のためにB中継から増援が駆けつけにくいなど地形的な有利は依然としてBチームにある。



機体別の戦術

汎用機

  • Aチームでは部隊の主力。Bチームではサポート役になる。
  • Aチーム
    • 開幕ではC中継の確保とアーチ上の確保を行いたい。優先度としてはC中継>アーチ上。
    • 特にC中継付近は素早く展開しないと横道から侵入いてきたBチームにC中継付近を占拠されやすく、そうなるとC中継側とアーチ側からで挟み撃ちに会いやすく、一気に形勢不利に陥る。
    • アーチ上は基本的に狭いので1~2機が向かう程度で良い。一度登ってしまえば左回りに責められるためバズなどで牽制は容易。また難しそうなら敵をこちら側に誘い込んでC中継の味方に撃ってもらったり、それも無理そうならさっさと放棄してC中継に合流したい。
    • C中継付近の戦闘では横道から侵入してくる敵に集中。アーチ側からは距離がある上にアーチ上の射線に入りやすいため牽制程度でいい。敵がC中継に進出してきた場合は、頭数が揃う前に迅速に処理したい。
  • Bチーム
    • C中継凸戦術で固めてでもいない限りはC中継に真っ直ぐ向かうのは悪手である。特にアーチを敵に確保された場合は後方の支援機の身動きができず、アーチを境に分断される危険もあるため、まずはアーチの確保が優先される。
    • 基本行動範囲は味方支援機による敵HP可視範囲が活動領域。
    • アーチ確保は大事だが、足場はそれほど広くないため、向かうのは2機ほどでいい。
    • 基本的にB側は味方支援機をサポートすることに重点を置くため、アーチや横道から敵が侵入してくるのを防ぐこと、狙撃ポイントにいる支援機が集中砲火されないように牽制するのが主なお仕事である。
    • 敵がステルスによって後方に回り込んでくる可能性もあるため、後方にも注意を払いたい。
    • 開幕で横道からC中継を目指す場合は、横道入り口がAチームの射線に入るため、タックルなどで通過しないと思わぬダメージをもらうこともある。

強襲機

  • 基本的に敵支援機に手を出しにくいステージであるため、射撃能力を有した機体または汎用機にも致命傷を与えられるような機体以外は活躍が難しい。多くの場合も敵は汎用機になりがちなため、強襲機抜きの編成も一考の価値があるだろう。
  • 開幕はどちらもA/B中継の確保、またはアーチの確保に向かうのが望ましい。アーチ確保に失敗した場合、またはアーチの人員が十分な場合は地上で味方汎用機のアシストに回るといい。
  • 射撃能力の高い機体は敵支援機をアンチスナイプすると抑止できる。その場合もアーチ上は最高のポジションだと言える。

支援機

  • Aチームではサポーター。Bチームでは守備の要となる。
  • Aチーム
    • 支援機の足ではアーチの取り合いに参加するのは難しいため、基本はC中継向かって右側にある高台に登り、横道からC中継に侵入しようとする敵の迎撃に当たる。とはいえ、これは汎用機がC中継に展開した場合の戦術であり、展開していない場合は早々に敵に遮蔽物を確保されていい的になる可能性もある。その場合は高台を放棄し、射線確保は難しいがA中継付近からアーチ上を狙うしか仕事はなくなる。アーチ前の戦闘に介入するのもいいが、足場が極めて不安定なため回避は諦めた運用が必要になる。
    • C中継を確保できたなら後は敵支援機の位置を把握し、アンチスナイプすることを中心とする。B中継向かって右側のほうが射線は確保しやすいが、敵支援機の射線上でもあるので注意が必要。
    • 基本的に下から上を狙うことが多くなるため、直射型かつ長射程武器を有する機体が望ましい。
  • Bチーム
    • 開幕ではアーチ上とトーチカ上または本拠点前の山上など、狙撃ポイントに素早く移動することが求められる。
    • 特に本拠点前の山からの長射程狙撃はとても強力。アーチ出入り口、横道、アーチ上、C中継の大岩向かって左側、C中継付近の高台などを射線に収められるため、Aチームの動きを大きく制限できる。また必要射程が長いことと、上からの撃ち下ろしがメインになることからタンク系が適任である。
    • 山を確保しない場合でも、アーチ上はBチーム戦術の要でもあるため絶対に確保しておきたい。ただし支援機だけではどうしようもない場面も多いため、そこは汎用機などに期待したいところ。
    • 理想的にはアーチ上とトーチカ上または山上の2箇所に支援機を配置し、互いにフォローするような動きができると良い。
    • ステルス機や強襲機のアンチスナイプが弱点になるが、支援機単体ではほぼ対処できない。そこは汎用機に支援要請を出したいところ。
    • 上からの射撃が多くなることと、定点射撃になりやすいことから爆風持ち射撃と防御力が重視される。

歩兵

  • 各中継間が広いため、中継から歩兵で敵中継を取りに行くのは難しい。

アップデート履歴

  • 2019/04/25:アップデートにより、新規追加.
  • 2019/06/20:マップを改修.
    • 中継地点「B」「C」間にあるアーチの形状を変更
    • 中継地点「B」と「C」を繋ぐ新たな通路を追加
    • 中継地点「C」付近の大岩の形状を変更
    • 中継地点「A」付近の丘の形状を変更
    • 洞窟内部の明るさを調整
  • 2020/01/30:再改修
    • 中継地点BとCの途中にあるアーチの形状を変更。
    • 中継地点BからCへの進行ルート上に、射線を遮る起伏を追加。
    • 中継地点BからCへの進行ルートである裏道の形状を変更。

コメント欄


過去ログ 1

最近マップ運用・用兵議論と関係の無い愚痴コメントが散見されます. マッチング・ゲーム内乱数・マップ構造に対する愚痴 を本コメント欄に投稿しても意味がありません.マップやシステムに対する修正要望は 公式要望ページ にお願い致します.本コメント欄は 運用・用兵議論 情報収集・情報提供 にご利用ください.ルール違反だと思われるコメントは予告なく 削除・書込禁止処置 を取る場合がございます.予めご了承ください.

  • 今更なんだがB側で汎用初動はC凸やアーチ上護衛に行かない場合はどこら辺にポジション取るのがいいんだろうか。アーチを防衛線としてB中継前の小山?を盾にして横道も見れるようにする感じ? - 名無しさん (2020-09-24 11:10:20)
    • そことアーチ下でB前小山の奴をカバーと、あとは洞窟の出入り口に注意を払うやつ。 - 名無しさん (2020-09-24 11:41:03)
  • ハーフマッチでA/B陣地入れ替えでもしないとやってられない不平等不条理マップだよな。 - 名無しさん (2020-09-19 21:17:27)
    • 下手に弄ったせいで前作の良いところが潰れてしまった感はある。やはり成功したステージというのは絶妙なバランスで成り立ってたんだな - 名無しさん (2020-09-19 23:43:05)
  • 650ランダムMAPでここB側がくる はい編成抜け~マッチングなかなかしないな~やっと集まったけどまた山岳Bか、まぁしょうがないか編成抜け~またマッチングしないな~ やっと集まった~また山岳B!?また抜け~4回目・・・ いい加減にしやがれ!! - 名無しさん (2020-09-09 00:40:31)
  • もう運営データ取ってないんだろうな。650B側酷過ぎるぞ。新MAP追加するよりちゃんと勝率公平になるようにしろよって。二度と左右非対称MAP作らないで欲しいわ。その能力皆無なのはこのMAPで実証済みだからさ。 - 名無しさん (2020-09-07 17:54:48)
    • 前作と違ってコスト毎に環境が激変するから、非対称マップって調整難しいよね。 - 名無しさん (2020-09-09 09:42:21)
  • やはりB側タンクは強いな550以下ならだいたい籠もりで有利取れる - 名無しさん (2020-08-31 00:48:58)
  • A側が圧倒的に有利すぎ - 名無しさん (2020-08-29 15:48:20)
  • CからA高台へってスラふかして登れる機体と登れない機体ある?イフ改がふつうにスラで登ってきたんだけど - 名無しさん (2020-08-27 01:13:13)
    • 高速移動速度が一定以上だと僅かな坂を移動できるらしいけど、そこが行けるのかは知らない - 名無しさん (2020-08-27 01:30:53)
    • B側方向ならA高台から伸びてる細道の端は歩きでも、付け根からならスラで登れる。 - 名無しさん (2020-09-21 02:04:35)
  • 650だとB側不利すぎると思うんだけど。キュベレイゲーだから出たら撃たれるし出なくてもC取られて支援砲撃されるし。なんか650だと顕著すぎんか - 名無しさん (2020-08-23 22:34:49)
    • 650は射撃位置有利が顕著になるわね。籠もったらファンネルで絶対疲弊負けするし、頑張ってCを確保して位置有利を取るくらいしか勝ち筋見えないんじゃないかなぁ - 名無しさん (2020-08-23 23:36:07)
      • C突する時点で撃ち込まれて削られるしなぁよっぽど連携が噛み合うとかが無い限りムリゲーだわ。B側になった時点で編成抜け安定だなこりゃ。 - 名無しさん (2020-08-24 22:08:37)
      • 他のコストだと有用な籠りがキュベ同士だとファンネルと肩幅のせいで意味ないんだよな…もういっそのことザメル複数とか? - 名無しさん (2020-08-24 22:18:26)
  • B側で味方全員アーチから出て戦おうとしてたらもうCで戦うしか無いよね?地の利捨てるみたいで嫌なんだけど - 名無しさん (2020-08-12 20:28:27)
    • ごめんなさい、下コメ見て理解しました。先走ってしまい申し訳ない - 名無しさん (2020-08-12 20:32:11)
  • 山岳A側で支援二機編成の時ってほとんどの試合でC中継とられて押し込まれる展開になるんですが最初からCは捨てるって思って行動した方が良いんですかね? - 名無しさん (2020-08-07 08:19:42)
    • B側がわざわざCまで出張ってきてくれるならA側は真ん中突破警戒しながら左と右から顔出して撃ちおろしてりゃいいんだよ。ここはクソゲーを仕掛けるかクソゲーされるかのマップだから - 名無しさん (2020-08-07 09:59:00)
      • 山岳Bは地の利を生かそうって頭がないプレイヤーを選別出来るマップでもある - 名無しさん (2020-08-10 15:12:32)
  • 何故かCで戦おうとする馬鹿が多い。もっと射線通らない場所で戦えよ - 名無しさん (2020-08-05 18:02:28)
    • たとえば、どこだ? - 名無しさん (2020-08-05 22:47:24)
      • アーチの下とか。あそこならB高台やアーチからの射線通らないし - 名無しさん (2020-08-06 21:58:34)
        • Cも高台からは通らんよ B側から射撃しようと思うとアーチに乗ってこないといけないから、A側の強襲が狩りやすい - 名無しさん (2020-08-11 15:47:14)
  • 攻めても籠ってもAの方がやりやすくて草生えるわ… - 名無しさん (2020-08-02 21:14:04)
    • 結局Bって最適解の編成·戦術以外だと正攻法のAに対して不利なんだよね。固めてだと圧倒的だけど、野良は相性最悪。今こそC中継の大岩、撤去するか縮小した方がいいのではないだろうか。 - 名無しさん (2020-08-03 10:49:31)
    • Aで籠るって、B側が丘抑えた時点でAリスだろうと拠点リスだろうとリス地点を上から直接攻撃されるから糞きついぞ。 - 名無しさん (2020-08-03 11:11:31)
    • Bがご丁寧にトンネル超えて脇道か上から来てくれるんだもんね。Aは常に左壁で撃てるから話にならんわ - 名無しさん (2020-08-03 15:43:51)
  • ステルス機で支援機行かないなら他の強襲機に乗って味方とライン上げてもらった方がマシなくらい山頂支援機にアンチしないステルス多すぎる。 - 名無しさん (2020-07-31 01:32:32)
    • 低コストだとB籠もりで固めて、その間にアッグガイで拠点破壊するのをたまに見かける - 名無しさん (2020-07-31 09:28:14)
  • 岩なり天井なり追加してB側高台から路地に砲撃出来なくするべきだわ - 名無しさん (2020-07-27 22:25:10)
  • 何かもうB山頂タンクがあるかないか。対応するMSがあるかで勝敗決まってるわ。高コストになるとほぼないから、Bが負ける。 - 名無しさん (2020-07-23 12:15:59)
    • A側の支援機が編成と戦略的に縛られてるのがいけないし、だったらA側はアーチへのアクセスはしやすくしないとガンキャじゃAの近くの高台だと届かないぞ。ここらへん含めてマップバランスががばがば過ぎる - 名無しさん (2020-07-31 00:54:37)
  • 砂漠や都市の初動回り込みチキンプレイが無い分、ここがましに思えてきた… - 名無しさん (2020-07-18 13:09:26)
  • ここまで楽しくないマップもそうそうないぞ - 名無しさん (2020-07-17 14:44:51)
    • Bは籠る以外勝ち目薄いし、開幕からそれで戦局が硬直してgdgdになってんだよな。もっと風通しよくしろやっていつも思う。 - 名無しさん (2020-07-20 20:30:27)
  • B側は相互フォローが必須。アーチ上はTPSの都合、A側が有利。アーチから攻撃する場合は、B側高台のどれからに射撃機を配置して、フォローする必要あり。またC広場からアーチ上をアンチスナイプされる場合は、横道から牽制が有効。A側のほうがアーチは使いやすく、B側高台に支援機を置かない場合、籠もり戦術は悪手になる。籠もり戦術をする場合はタンク+射撃機体でアーチ上と山上をキープすること。それ以外の編成では突撃が推奨される - 名無しさん (2020-07-05 02:11:06)
    • 横道はA側から死角になるが、同時にB側にも死角になる。横道内では基本的にA有利になるため、B側はすぐに抜ける必要がある。横道を封鎖する場合はトーチカ上に射撃機体を配置するのがもっとも効果的。 - 名無しさん (2020-07-05 02:14:39)
      • 結局の所、B側籠もり戦術をする場合はタンク+射撃機体2+ストッピングパワーに優れた機体2以上が必要で、ほぼ固定された編成以外では不可能に近い。強襲機なんて編成している余裕はない。 - 名無しさん (2020-07-05 02:19:40)
    • 正しいと思うけど、突撃してその後はどうすればいいんでしょうか。広場周りはAC間のプチ高台とアーチ手前の丘から撃ち下ろされるし、通路出てすぐの大岩で射線は切れてもA側の広場組が左壁取れるのでどの道じり貧。かといって籠るにしても仰る通り編成がほぼ固定化されてしまうのでその時点で野良で防衛は厳しくなる気がします。 - 名無しさん (2020-07-18 19:53:17)
      • ひたすら粘るか、ミサイルランチャー系の射程限界時の爆発を連続させて有視界を妨害するとかかな?当たらなくてもレーダー情報だけで正確に当てて来れるやつはまず居ないから。 - 名無しさん (2020-07-24 19:03:08)
  • A側がアーチに行く坂の段差で支援機が陣撮れば中央カバー出来てる時点てB側アーチの優位性ゼロなんだなぁ。 - 名無しさん (2020-06-25 13:39:46)
  • B側のが有利なはずなのに野良ではその優位性を生かせない故にAのが戦いやすい気がしてきました。A側は大体の人がアーチを超えずその直前から敵陣に弾を流し続けるムーブをするから動きに統一性が出て戦いやすいと思います。自分はAなのでA+になってくるとしっかり野良でもB側の地形を生かせるのかは分かりません。 - 名無しさん (2020-06-25 11:05:13)
    • 無理です。A+でも地形を活かそうと考えるのは一部だけで、大多数は突っ込んで行きます。陸FAや支援機も突っ込んで行きます。 - 名無しさん (2020-06-25 13:31:01)
      • でも突っ込むことは悪手ではありません。運営も本来はそれを想定しています。Bの欠点は突撃と籠もりの選択肢がある事であり、それによる足並みの乱れ、初動の混乱が最大の敗因です。肝心なのは籠もるならそれに適した編成を、突撃ならそれに適した編成をする事です。 - 名無しさん (2020-06-25 13:40:38)
        • その通りだと思います。しかし、守りの編成なのに突っ込んでしまうことがよくある以上守り編成をしないのが正解な気もしています。 もちろん籠ろうとする人がチーム全体で0な訳じゃないことも多いですけど一人突っ込むと崩れるので、、、 でも自分がいくら突撃を考慮した機体に乗ったとしても周りが籠る前提の機体を出す人と突撃する人に分裂してしまってはどうしようもなくてってなってしまう。 - 木主 (2020-06-25 15:21:07)
    • このマップはどうしようもない糞マップ。このマップでは出撃しない。 - 名無しさん (2020-06-30 15:28:27)
最新の20件を表示しています.全てのコメントを見る

最終更新:2020年02月01日 20:25