ギラ・ドーガ

MS一覧】 > 【汎用機

  • 編集者各位:ページ編集時は「編集中!」の文字を貼るのを忘れずに!!

機体概要


  • シャア・アズナブルが再興したネオ・ジオンの主力MS。
  • グリプス戦役、第1次ネオ・ジオン戦争時代から顕著となった目的特化型特殊機群や高火力高出力のための肥大化傾向を断ち切り、汎用性の高い人型機動兵器というMS本来のコンセプトへの原点回帰を目指した機体となっている。
  • シンプルなコンセプトとは裏腹に開発に至る経緯は複雑で、グリプス戦役後期に開発された原型機を第1次ネオ・ジオン戦争終結時にアクシズ残党が持ち出し、アナハイム・エレクトロニクス社で生産を前提とした設計変更が加えられ開発に至ったとされる。
  • 基礎設計はすでに旧式化していたが、ザク系列機の最終モデルと称される高い完成度であったため、これに最新技術を取り入れたことで、連邦軍の最新主力量産機であるジェガンと同程度の性能を実現。高い生産性と、多種多様の武装やオプションによって多目的な運用も可能な傑作主力量産機となった。

機体属性・出撃制限・環境適正

機体属性 強襲 汎用 支援
出撃制限 地上 宇宙
環境適正 地上 宇宙 水中

数値情報

機体

汎用 LV1 LV2 LV3 LV4 LV5 LV6 LV7 LV8
Cost 500 550
機体HP 17000 18500
耐実弾補正 20 22
耐ビーム補正 23 25
耐格闘補正 23 25
射撃補正 5 7
格闘補正 35 40
スピード 130
高速移動 205
スラスター 70
旋回(地上)[度/秒] 66
旋回(宇宙)[度/秒] 75
格闘判定力
カウンター 蹴り飛ばし
再出撃時間 14秒 15秒
レアリティ ☆☆ ☆☆
必要リサイクル
チケット
185 215
必要階級
必要DP 現在交換不可

パーツスロット

  LV1 LV2 LV3 LV4 LV5 LV6 LV7 LV8
近距離 16 18
中距離 13 15
遠距離 7 7

連撃補正

連撃数 標準倍率 ソード アックス
1撃目 100% 100% 100%
2撃目 50% 50% 50%

格闘方向補正

格闘方向 標準倍率 ソード アックス
N格 100% 100% 100%
横格 75% 75% 75%
下格 130% 130% 130%

移動方向補正

※標準倍率の場合でも検証したことがわかるように数値欄を残してください
  100%  
良い時% 良い時%
  悪い時%  

主兵装

初期装備 別売
実弾 ビーム 格闘 シールド その他
武器名 LV 威力 弾数 発射間隔 OHまでの弾数 OH復帰
時間
切替時間 射程 DPS 備考 必要DP
G・D用B・マシンガン[GN] LV1 250 60 280発/分 60発OH 20秒 0.77秒 350m 1167 Eパック式弾数所持
移動射撃可
よろけ値:4%
頭部・背部補正:1.2倍
脚部補正:1.0倍
シールド補正:1.2倍
拠点補正:0.3倍
機体同梱
LV2 262 355m 1223 現在交換不可

実弾 ビーム 格闘 シールド その他
武器名 LV 威力 弾数 発射
間隔
リロード時間 切替時間 射程 備考
G・D用B・M付属グレネード LV1 1000 1 - 15秒 1.5秒 350m 移動射撃可
よろけ有
よろけ値:50%
局部補正:1.0倍
シールド補正:0.5倍
拠点補正:0.8倍
G・D用B・マシンガン[GN]に付属
武装Lvは機体Lv依存
LV2 1050

初期装備 別売
実弾 ビーム 格闘 シールド その他
武器名 LV 威力 OHまでの弾数 発射
間隔
OH復帰時間 切替時間 射程 備考 必要DP
ノン フル
G・D指揮官用B・マシンガン LV1 400 2200 25発OH
(5発OH)
2秒 12秒 1秒 400m
(450m)
非集束時5点バースト
Eパック式弾数所持
移動射撃可
ひるみ有
集束可
集束時単発射撃
集束時弾数5発消費
集束時よろけ有
集束時間:3秒
倍率:5.5倍
よろけ値:25% x5(50%)
現在交換不可
LV2 420 2310 405m
(455m)
LV3 440 2420 410m
(460m)
  • ノン:ノンチャージショット
  • フル:フルチャージショット
  • 即:即撃ち(ノンチャージショット)
  • OH:オーバーヒート
  • ()内はフルチャージショット時

格闘

初期装備 別売
実弾 ビーム 格闘 シールド その他
武器名 LV 威力 クールタイム 武装切替 備考 必要DP
ビーム・ソード LV1 2100 2.5秒 0.77秒 局部補正:1.0倍
シールド補正:1.5倍
拠点補正:0.1倍
機体同梱
LV2 2205 現在交換不可

副兵装

電磁ワイヤー

実弾 ビーム 格闘 シールド その他
LV 威力 クールタイム 武装切替 備考
LV1 2200 5秒 0.5秒 連撃不可
射程:約120m
大よろけ有
命中後25秒間、ジャミング効果付与
カウンター非発生
LV2 2310

ビーム・アックス

実弾 ビーム 格闘 シールド その他
LV 威力 クールタイム 武装切替 備考
LV1 2400 3秒 0.5秒
LV2 2520

ギラ・ドーガ用S・ファウスト

実弾 ビーム 格闘 シールド その他
LV 威力 弾数 発射
間隔
リロード時間 切替時間 射程 備考
LV1 1500 4 6秒 15秒 0.77秒 200m 二発同時発射
移動射撃可
よろけ有
よろけ値:30% x2
LV2 1575

スモーク・ディスチャージャー

実弾 ビーム 格闘 シールド その他
LV 威力 弾数 発射
間隔
リロード時間 切替時間 射程 備考
LV1 0 1 - 20秒(600fps) 1.5秒(45fps) 5m 移動射撃可
ブースト射撃可
水中時使用不可
射出直後に10秒間、防御力上昇効果付与(被ダメ1%低減)
射出直後に10秒間、ステルスLv1効果付与
LV2

スキル情報

スキル レベル 機体LV 効果 説明
足回り
脚部ショックアブソーバー LV3 LV1~ 着地時の脚部負荷を軽減。
ジャンプ後 30%
回避行動 15%
脚部負荷発生後の回復速度を 1% 上昇。
クイックブースト LV2 LV1~ ジャンプ時の溜め時間を 20% 短縮。 ジャンプ性能向上
緊急回避制御 LV1 LV1~ 回避行動ボタンを2度押すことで、緊急回避が可能となる。 スラスターがオーバーヒートするため注意が必要
高性能バランサー LV1 LV1~ ジャンプ&回避行動の着地による硬直を格闘攻撃かタックルでキャンセル可能。 着地の硬直時に格闘攻撃かタックルが出せ隙が減る
強制噴射装置 LV1 LV1~ 回避行動の着地動作を高速移動でキャンセルし、再び回避行動を可能とする。 再度の高速移動開始時にはより多くのスラスターを消費する
高性能AMBAC LV2 LV1~ 宇宙において、高速移動終了終了時に
移動方向と同じ向きへ移動操作を行っていると、
減速動作を行わずに巡航移動へ移行する。
さらにMS旋回性能が3増加する。
高速移動終了時に継続して同方向に左スティックor上昇下降ボタンを入力していれば硬直が発生しない
攻撃
格闘連撃制御 LV1 LV1~ 格闘攻撃を最大 2回 まで連続で使用可能。
連撃時はダメージが減衰する。
防御
マニューバーアーマー LV1 LV1~ ブースト移動中、射撃攻撃による被弾時のリアクションを軽減する。  
耐爆機構 LV1 LV1~ MSの爆発により発生するよろけ状態を無効化する。  
脚部特殊緩衝材 LV1 LV1~ 脚部へ攻撃を受けた際、機体HPへのダメージと脚部HPへの負荷を 10% 軽減する。 宇宙でもダメージ軽減は効果対象
右肩装甲特殊緩衝材 LV1 LV1~ 右肩装甲へ攻撃を受けた際、機体HPへのダメージを 10% 軽減する。
左腕装備特殊緩衝材 LV3 LV1~ 左腕装備へ攻撃を受けた際、機体HPへのダメージを 30% 軽減する。

強化リスト情報

強化リスト MSレベル毎必要強化値 効果
リスト名 Lv Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 Lv5 Lv6 Lv7 Lv8
プロペラントタンク Lv1 450 540 スラスターが1増加
Lv2 スラスターが2増加
フレーム補強 Lv1 910 1080 機体HPが100増加
Lv2 機体HPが250増加
複合拡張パーツスロット Lv1 1220 1440 近・中・遠のパーツスロットが1スロずつ増加
Lv2 近・中・遠のパーツスロットが2スロずつ増加
AD-PA Lv1 1530 1800 格闘補正が1増加
Lv2 格闘補正が2増加
上限開放
リスト名 Lv Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 Lv5 Lv6 Lv7 Lv8 効果
対汎用防御プログラム Lv2 3060 3600 汎用機から受けるダメージを4%軽減する
AD-PA Lv3 4590 5400 格闘補正が4増加

備考

「やってみる価値ありますぜ!」

  • 抽選配給期間
    • 2021年4月1日 14:00 ~
  • 新規追加物資
    • ★★ ギラ・ドーガ LV1~2 (汎用機、地上/宇宙両用機体、コスト500~)
  • 確率アップ期間
    • 2021年4月1日 14:00 ~ 2021年4月8日 13:59 [予定]

機体情報

  • 映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より参戦。新生ネオ・ジオン軍の主力量産機。
  • グリプス戦役後期にアクシズが、多機能万能化の進むMSに対して、一年戦争時のMSコンセプトであった「人間の機能を拡大した汎用性の高い機動兵器」に戻す形でマラサイ等を参考にして開発を開始した。そして一年戦争当時にコンセプトを遵守したザクⅡに近い意匠となった原型機を作り上げた。
  • 上述通り、元は旧ネオ・ジオン軍が開発していたが、第1次ネオ・ジオン抗争で旧ネオ・ジオン軍は瓦解。抗争終結後アクシズにいた残党が原型機を持ち出して新生ネオ・ジオン軍に合流、操縦・制御系を最新技術に更新し、完成した。
  • 原型機から考えると第2次ネオ・ジオン抗争時としては旧型機だが、短期決戦を想定してニュータイプ専用MSや大型MA開発に重きを置いていたため、新型を準備する暇がなかったらしい。しかし、高い汎用性・拡張性・操縦性・整備性など実用兵器に求められる条件を十分に満たしており、最新技術に更新したのもあって連邦軍の最新鋭機ジェガンと同程度の性能を誇る。
  • 生産はアナハイム・エレクトロニクス社のグラナダ工場にて行われ、第2次ネオ・ジオン抗争時には約100機ほど量産された。これらのうち指揮官機10機を含む82機が実戦投入されたという。
  • 携行兵装は銃身下部にセンサーやグレネード・ランチャーを装備可能な「ビーム・マシンガン」、使用時に形状を変えられるようにビーム・エミッターが上部と側部の2基構成になっている「ビーム・ソード・アックス」を装備している。裏面に「シュツルム・ファウスト」や「電磁ワイヤー」等の各種武装を複数懸架可能なシールドも所持。
  • バリエーションとしては本機をベースにニュータイプ専用機として開発されたヤクト・ドーガや、抗争が長引いたときのために準備されていた発展強化更新型となるギラ・ズールや、再設計機のメッサーなどが存在する。
  • ペイントの装飾でブレードアンテナのON/OFFが可能。ちなみにペイントの左から4番目は、肩やバックパック、足裏含む脚部等々にあるスラスターノズル内部の塗り分け。

機体考察

概要

  • コスト500~の地上宇宙両用汎用機。両用だが宇宙適正有り。
  • パーツスロットは遠距離の少ない強襲機型。スロット合計は並。
  • カウンターは強の蹴り飛ばし。拘束時間が長い。

火力

  • 攻撃補正は格闘極振り。補正合計が二回りほど低く、コスト400相当しかない。幸いに、格闘補正単体で見ると、並か少し高めになる。
  • 射撃主兵装は専用の弾数式ビーム・マシンガンと、集束可能弾数式ビームマシンガンから選択可能。
    • 前者はDPSはそこそこで、マシンガン系としては射程が少し長め。後者はよろけ値が高く、射程が長く、集束で即よろけになる。どちらもASLが無いためエイム力が攻撃力に直結する。
  • 副兵装は即よろけグレネード、左から発射される即よろけシュツルムファウスト、大よろけのロッド、一時的にステルスを付与するスモークディスチャージャーを持つ。
  • 即よろけ二種による回避狩りやよろけ継続が狙える他、出の早い大よろけロッドによる長時間拘束やリアクション軽減スキルの無効、スモークディスチャージャーによる隠密性など、近距離における手数と拘束力が高い。
  • 格闘兵装は威力低めでリーチの長いビームサーベルと、威力高めで切り替えの早いビームアックスの格闘2種持ち。格闘ループはできないが怒涛の下格闘ラッシュを可能とし、高めの格闘補正も相まって高い爆発力を有する。

足回り・防御

  • スピード・高速移動速度・旋回性能は並。スラスター容量は少し高めになる。
  • HPは体格比込みでも少し高め。ただしシールドがないため、合計HPでは並程度になる。シールドっぽいものは武装プラットフォーム。
  • 防御補正は若干耐弾が低いバランス型。防御補正の合計は二回りほど高く、コスト600並。各種数値単体で見ても、平均以上の防御値を有する。
  • 防御スキルが充実しており、マニューバーアーマーLv1に、脚部・右肩装甲・左手装備に特殊緩衝材がついている。シールドっぽいものも特殊緩衝材Lv3によって高い防御効果を有するが、シールドのようにリアクション軽減効果がないため、ヒットボックスの拡大に寄与してしまっている。

特長

  • 高コスト帯では貴重なスモーク・ディスチャージャーを所持。一時的なステルス効果により急襲のしやすさを押し広げる。宇宙でも使用可能なのは本機が初
  • ウミヘビ系統をより高性能にした電磁ワイヤーも所持。素早く大よろけを付与できる。
  • 汎用機としては珍しい、格闘兵装2種持ち。なので電磁ワイヤーからの高い格闘爆発力を持つ。

総論

  • 兵装射程的にもゴリゴリのインファイター汎用機。もはや汎用機の皮を被った強襲機である。
  • よろけ兵装を2種有し、従来よりも使いやすくなった鞭兵装で敵機を拘束しやすく、2種格闘によって高い爆発力を有するなど、近距離戦では他の汎用機より頭一つ抜きん出ている。
  • スモーク・ディスチャージャーとマニューバーアーマーによって不意打ちやゴリ押しなど強襲性能は高いが、有効最大射程が短いことから射撃戦は分かりやすく不得手。マシンガンは牽制程度には使えるもののASLがない為継続して当てるのは難しく、ヒットボックスの大きさもあって装備によっては射撃戦に持ち込まれるとほぼなにもできないということもままある。
  • 手数は多いものの即よろけ射撃の装弾数が少なく、連戦・継戦能力は低め。そのために壁運用や味方のフォローなどを苦手とするため、部隊編成時に気をつける必要がある。
  • 強襲機と見紛う近接性能から、廃墟都市や北極基地といった乱戦になりやすいマップを得意とする反面、墜落跡地や山岳地帯のような射撃戦に持ち込まれやすいマップは苦手とする。
  • 強襲機で汎用機の仕事を熟すような独特のノウハウを必要とする機体で、マップの厳選はもちろん、ある程度の慣熟を必要とする、上級者向機の機体

主兵装詳細

G・D用B・マシンガン[GN]

  • Eパック式弾数所持の連射式ビーム兵装。
  • ボタン押しっぱで垂れ流し可能なマシンガン系兵装。ASLは非搭載。命中時はひるみさえ起きない。
  • よろけ値は低め。蓄積までは約5.3秒かかるので単独で取るには向いていない。
  • 主に牽制やミリ削り向きで、主だって使用することは稀。
G・D用B・M付属グレネード
  • 銃身下部に取り付けられた単発式バズーカ系実弾兵装。
  • グレ系では威力高め・射程長め。小さめながら爆風範囲もある。
  • 切り替え時間がそこそこ長いので始動向け。シュツへの追撃はタックルや回避挟まれるため非推奨。
  • これを始動として追撃にギラ・ドーガ用S・ファウストを入れることで、よろけ継続や回避狩りが狙える。15秒に1回しか使えないが、拘束手段としては強力なので積極的に狙っていきたい。
  • 距離が十分なら電磁ワイヤー追撃もいいだろう。

G・D指揮官用B・マシンガン

  • 後実装された集束可能残弾式ビーム兵装。初期装備でないため別途入手が必要。
  • この兵装にはグレネード・ランチャーはついていない
  • 非集束の場合、5点バースト。高速移動や切り替えによる途中キャンセル可能。
    • 1射毎の間隔が0.2秒程度なので全弾出るまでに1秒程度で済む。射程長め、弾速も早め。
    • よろけ値は連射系では高め。5発中の4発命中で蓄積よろけを狙える。発射間隔はバースト系のビーム兵装としては長め。それでも追撃で蓄積よろけ狙い可能な範疇。
    • フルヒット威力高めでリロードも早い。ASLはないのでエイム力が火力に直結する。
  • 集束の場合、単発射撃化し、よろけが取れるようになる。使用時は5発分の弾数を消費する。
    • 威力は非集束射撃フルヒットよりも高まるが、集束射撃系の中では低めの部類にはなる。射程も標準程度はあるため、本機の苦手な射撃戦性能をカバーしてくれる。
  • 上記のマシンガン+グレネードと比較してグレネードによる即応性やマシンガンの弾幕性能には劣るものの、集束からなら回避狩りやよろけ継続は依然として狙い易く、蓄積よろけによるストッピングパワーの向上と、射程による射撃戦への参加しやすさなどで優れる。
    • 総じて、近距離性能を弱める代わりに汎用性を向上してくれる。

ビーム・ソード

  • 柄の上部にあるビーム・エミッターからソード状のビーム刃を出して用いる格闘兵装。
  • モーションはケンプファーと同じ。
  • 刀身長め。下格闘は踏み込みもあって思いのほかリーチがあるが、逆に足元には判定がないなど癖がある。

副兵装詳細

電磁ワイヤー

  • 左腕装備付属の高電圧ワイヤーを前方に射出する格闘兵装。
  • 基本的な部分はヒート・ロッド[強化型]やウミヘビと似ている。比べると左腕を振りかぶるモーションが有り、射出と戻りがかなり速く、延びが長い。
  • 命中時は 大よろけ&ジャミング効果付与 。見た目よりは先端判定が少し大きい模様。
  • 左腕装備から発射の都合上、直線ではあるが左側から右側に向かって伸びる、少し斜めになった軌道を描く。そのためワイヤーの長さギリギリで当てようとすると先端が照準の中央から右寄りに飛んでいくので、実質有効射程は100m前後と少し短くなる。
  • 全体的に動作が早いために動いている敵に直接当てるのもさほど難しくない。基本はよろけへの追撃に用いるが、グレネードやシュツルムファウストがリロード中の時は生当てを狙うもの良いだろう。
  • 大よろけはよろけに上書きできるため、味方が取ったよろけにも積極的に入れていきたい。

ビーム・アックス

  • 柄の側部にあるビーム・エミッターからアックス状のビーム刃を出して用いる格闘兵装。
  • 斧系らしく切り替え時間短め。副兵装らしくCT少し長め。そのためにビーム・ソードと合わせて格闘ループはできない。
  • N格闘は、上から下へとノの字を描きながら振り下ろす。
  • 横・下格闘は、ヒート・ホーク系共通モーション。ビーム・ソードと同様、踏み込みもあって思いのほかリーチがあるが、逆に足元には判定がないなど癖がある。
  • 3連下格闘はビームアックス始動でも可能。ソードとアックスのリーチ差こそなれが必要なものの、アックス始動のほうがダメージは大きい。

ギラ・ドーガ用S・ファウスト

  • 左腕装備付属のバズーカ系実弾兵装。
  • 1回で2発を同時発射する。なので実際のフルヒット威力は表記の二倍。装弾数は実質2発となる。また片方でも命中すればよろけを取れる。
  • シュツルム・ファウスト系ではあるが、従来の投棄モーションが無いため、射出後の硬直が無く、バズーカに近い感覚で使用できる。
  • シュツ系にしては珍しく弾数が2射分存在する。CTは長めのため連射は効かせづらい。
  • 切り替え時間が短いため、グレネードでよろけ取った後に繋げられる。よろけ継続や回避狩りを狙える他、ダウン追撃としてもSF挟んだ後に格闘を繋げばそれなりのダメージを見込める。
  • 左側から発射するため、壁際にいる時は自爆に注意が必要。他の左手武装より発射点が中央よりになっているため、気持ち自爆頻度は低い。

スモーク・ディスチャージャー

  • その場で煙幕を張る補助兵装。高速移動中にも使用可能。水中では使えない。
  • 使用すると同時に自機が10秒間、防御力が微上昇し、ステルス効果を得ることができる。
  • ステルス効果はステルスLv1と同じの模様。
    • 縮小範囲100m、攻撃を行うと解除される点も同一。
    • アンチステルスの効果対象。そのためアンチステルス持ちには無効化される。
  • 防御効果はわずか1%なので、ステルス効果がメイン。これから相手のレーダーに引っかかる距離に入ろうという時に使うのが効果的。
  • 宇宙でも使用可能。いままで所持しているのが地上専用機体のみだったので、なにげに本機が初となる。

運用

  • 近接戦は特に強い射撃戦は特に苦手という汎用であるにも関わらず非常に強襲機らしい機体。
    • そのため本機を運用する上では如何に近接戦に持ち込み格闘コンボを叩き込めるか、が重要になってくる。
  • スモーク・ディスチャージャーによる10秒間ステルスは単純だが強力で、これを活用する事で接敵する前にレーダーから消え、敵の隙を突いたりする事ができる。
  • 特筆すべきは電磁ワイヤーの性能であり、本機の生命線とも言える。左腕装備から射出される関係上遮蔽物に当たりやすい最大まで伸びるとレティクルから右にズレるロッドやウミヘビ系特有の硬直があるといった弱点はあるが、ワイヤーの射出と戻りが速いので比較的生当ても容易で硬直も短い。さらにワイヤー自体も120mと非常に長く命中すれば強よろけとレーダー阻害効果を25秒付与できる等弱点を差し引いても余りある長所を有している。
  • また格闘自体も強力であり、電磁ワイヤー→ビーム・アックス下→ビーム・ソード下→ビーム・アックス下のワンコンボで同兵科に10000近いダメージを叩き出す事ができる。
  • 問題となるのはやはり射撃戦が特に苦手な事。まずビーム・マシンガンは武器火力自体は高いものの、ASLが付いておらずよろけ値も低い。さらに射撃補正がたったの5である為、ビーム・マシンガンを実戦で使うとなると戦力として心許ない。牽制やミリ削り程度に使うべき。
  • そして唯一よろけを取れるビーム・マシンガン付属グレネードやシュツルム・ファウストは近接戦に持ち込む本機にとって貴重な武装となるのだが、よろけを取れる射撃武装がこれらしかない為、よろけ武装の回転率は劣悪そのもの。射撃戦に使用するのは基本的に御法度である。
  • 強襲機に通じる性能であるため、一般的な汎用機より支援機の護衛などは難しいが、強襲機をエスコートするには多少適正がある。なので強襲機と共に前線を上げ、ヘイトを稼いで強襲機が敵支援機にたどり着きやすくるのが本機のお仕事。
  • 後実装されたG・D指揮官用B・マシンガンを装備した場合は、射撃戦も対応可能になる。ただし射撃戦が出来ると言っても、近接戦闘主体であることを変えてまで徹するような機体性能はしていない。本機の仕事を逸脱しては本末転倒になってしまうので射撃戦も交えながら詰め寄っていきたい。

機体攻略法

  • よろけ武装の回転率やメインの関係上中・遠距離は弱いものの、ワイヤーや二種格闘により近距離は滅法強く、近接戦に持ち込まれてしまうと非常に辛い為、出来るだけ近づかせないようにしたい。
  • マニューバー・アーマーや各種緩衝材によりそこそこ頑丈だが、機体の特性上よく前に出てくるため攻撃を集中させやすい。ヒットボックスも大きめのため、支援機の火力を当てられるなら、処理は難しくない。
  • スモーク・ディスチャージャーによる奇襲には要注意。特に強襲機と組んで不意打ちで突っ込んできた場合は対応に手間取りやすく、支援機を落とされがち。爆発力も高いために敵汎用機の中でも、動向を注視する必要がある機体。

コンボ一覧

  • G・D用B・M付属グレネード→ギラ・ドーガ用S・ファウスト→電磁ワイヤー→ビーム・ソード下→ビーム・アックス下→ビーム・ソード下
  • G・D用B・M付属グレネード→ギラ・ドーガ用S・ファウスト→電磁ワイヤー→ビーム・アックス下→ビーム・ソード下→ビーム・アックス下
  • G・D用B・M付属グレネード→ギラ・ドーガ用S・ファウスト→ビーム・アックス下→電磁ワイヤー→ビーム・ソードN下
  • ビーム・アックス下→ビーム・ソードN下→ビーム・アックス下(切り替えとキャンセルを最速で行う必要がある)


アップデート履歴

  • 2021/04/01:新規追加
  • 2021/05/27:性能調整
  • 2021/06/24:性能調整
    • スモーク・ディスチャージャー
      • 「ステルス」効果発生時、自機HPの上部にアイコンを表示するようにし、自機がステルス状態であることを視認できるように調整
  • 2021/11/25:性能調整
    • スピード上昇
      • 125 → 130
    • 旋回上昇
      • 63 → 66
    • 機体スキル「左腕装備特殊緩衝材」LV上昇
      • LV1 → LV3
    • 電磁ワイヤー
      • 威力上昇
        • Lv1:2100 → 2200 Lv2:2205 → 2310
      • クールタイム短縮
        • 6秒 → 5秒
    • ビーム・アックス
      • クールタイム短縮
        • 4秒 → 3秒
    • ギラ・ドーガ用S・ファウスト
      • クールタイム短縮
        • 10秒 → 6秒
      • リロード時間短縮
        • 30秒 → 15秒
      • 切り替え時間短縮
        • 2秒 → 0.77秒
      • マップ上のオブジェクトにヒットしにくくなるよう改善


コメント欄

  • 愚痴・修正要望のコメントは予告なく削除・書込禁止処置 を取る場合がございます.ご了承下さい.
  • クールタイムや切替時間を計測する際には目測ではなく編集ガイドラインの「計測・検証について」の章に書いてある方法で精度良く計測し,報告時には計測環境なども合わせてコメント欄に記載してください.

過去ログ 1

  • 指揮マシが爆速で蓄積取れるのはいいけど、ズールのと比べると全然当たらん。自分がいかにASLに頼ってたかが分かる。 - 名無しさん (2022-05-23 17:46:18)
  • 地下でマニュに甘えてチャー格構えて突っ込んでくるのにワイヤー当てるの楽しい - 名無しさん (2022-05-21 13:45:19)
  • スラスピ205なせいでリーチの短い斧が届かないってことが多発する。スラスピあるほかの機体に慣れすぎたか - 名無しさん (2022-05-15 03:52:45)
  • そろそろコイツもレズン機が出ても良い頃合いだな。 - 名無しさん (2022-05-13 02:41:02)
    • 指揮官用ビーマシ持たせて青く染めたらレズン機になるぞ - 名無しさん (2022-05-13 15:22:32)
      • 角付けて先行量産だったVGカラーにしようとしたら、姐御カラーになったぜ!渋い。 - 名無しさん (2022-05-21 19:05:24)
  • 既出でしたら申し訳ないのですが、指揮マシ収束始めたらスモークのステルス効果切れるんですかね? - 名無しさん (2022-05-09 16:31:17)
    • 効果が一定時間ステルスLv1を付与、なので収束とかをしても切れたりはしない。というかステルス効果発揮中は自機HP上部にアイコンが表示されているのでそこを見ればわかる - 名無しさん (2022-05-09 16:39:16)
      • なるほど!ありがとうございます! - 名無しさん (2022-05-12 21:27:16)
  • 指揮マシで使いだした連中がワイヤーのFFしまくってて困る。マジで強よろけを乱戦で適当に撃つのは止めてくれ - 名無しさん (2022-05-05 21:19:23)
  • 斧下→下格→斧下が決まらない…キャンセル遅すぎるのかなー - 名無しさん (2022-05-04 12:47:06)
    • 斧下→ソードN下→斧下をやると丁度良い感じに決まるぞ - 名無しさん (2022-05-05 22:06:54)
      • 斧下→ソード下→斧下が決まらないのは逆にキャンセルが速いせいでソード下の硬直をブーストキャンセルした時、斧のクールタイムがまだ回復してないせいで即座に斧を振れずブーストで遠くに行き過ぎてしまうのが原因。ソードでN下すると斧のクールタイムが丁度終わり、ブーストキャンセルとほぼ同時に斧を振る事が出来る様になる - 名無しさん (2022-05-05 22:10:57)
  • ようやくLv1当たって、沼ガチャのはずが指揮マシも当たったのでセットで練習中。ムチから斧下→ソード下→斧下が一番密着して当てられるからベターかな? - 名無しさん (2022-05-02 22:31:40)
  • 指揮マシは弾数1でもチャージ撃ち出来るから、バースト中にブーストしたり切り替えして弾数残しするのはアリだな。一般的にノン4発で蓄積よろけとれるし。 - 名無しさん (2022-05-01 15:45:11)
  • ギラのツヨサというか指揮マnシ - 名無しさん (2022-04-30 02:01:14)
    • 途中送信すまぬ、ギラの強さというか指揮マシの強さなんだけどノーミーデス5発よろけ取れるからガチでノーミアンチできるな、強襲が落ちて不在の時は定期的に弾送ってるとノーミ側が永遠に慌てふためく様子が見て取れる - 名無しさん (2022-04-30 02:05:55)
  • 闇鍋から指揮マシ出て使ったら、今までより使いやすい機体になりましたね - 名無しさん (2022-04-23 16:41:55)
    • 蓄積取りやすいしちょっと余裕があればチャージして即よろけ撃てるからねぇ。グレラン1発がメインの初期マシンガンとはパワーがダンチだぜ。 - 名無しさん (2022-04-27 17:12:33)
  • 指揮マシ使う時ノンチャ主体で使ってる?それともフルチャ主体で使ってる? - 名無しさん (2022-04-19 18:54:42)
    • いくら指揮マシで射撃戦ができるようになったとはいえ格闘振りたいし回避狩りとかも考慮したいから自分はフルチャ主体かなぁ。 - 名無しさん (2022-04-20 10:39:03)
    • 細身相手やスモーク使用中、敵or自分が遮蔽に直ぐ引っ込める場ならフルチャ、それ以外はノンチャかな。 - 名無しさん (2022-04-21 01:48:06)
  • 指揮マシ出たから乗ってみたけど宇宙でも行けるなこれ。何気に宇宙でもスモーク焚けるしなんならズールより強いかもしれない - 名無しさん (2022-04-17 22:29:59)
  • 指揮マシが素で射程400もあるおかげでスモークなくても距離つめやすくなった、宇宙でも格段に使いやすい。個人の感想だが指揮マシで500コスト汎用最強 - 名無しさん (2022-04-15 16:05:12)
    • でもASL無いから的確に当てるセンスを持ってないと強さをあまり実感できないのよね - 名無しさん (2022-04-17 00:58:21)
      • 機体によっちゃASLあると逆に当たらん時もあるからそれも込みで使用感変わりそうだね - 名無しさん (2022-04-17 23:12:40)
  • 指揮マシ持つようになってから滅茶苦茶ヘイト溜めるようになった気がする - 名無しさん (2022-04-13 00:28:38)
  • 強襲乗り私こいつは重装メタス並に相手したくない 汎用機がアーマー緊急回避格闘武器2種にウミヘビまであるの理不尽 - 名無しさん (2022-04-12 11:22:33)
  • みんなスラスターってどれくらい盛ってる?あと旋回も盛ってる? - 名無しさん (2022-04-12 08:53:12)
    • クイロ盛るとそんな余裕無くなるのと元々66もあるので上げなくていいと思う、それとそんなに足が速いタイプでもないのでブースト盛る必要ないんじゃないかな、大抵ワイヤー下下下する時はタイマンか乱戦なのでブースト切れても問題ないし - 名無しさん (2022-04-30 02:11:45)
  • 前までは北極以外で出そうもんなら、やられたいのか!だったけど指揮マシ持ってるならどうぞどうぞって感じだな。ところで編成時のチャットは「ビーム系で出撃します」で指揮マシ持ちだと伝わるかな? - 名無しさん (2022-04-10 17:28:11)
  • 指揮マシなくても閉所なら充分強い。指揮マシなくてもいいや、と思ってたけど開けたマップだとあった方が戦いやすくはなる。ただ、これがないとダメだと言っている人はそもそもの使い方が間違っていると思う。 - 名無しさん (2022-04-09 16:32:00)
    • 指揮マシ実装前から強い人はいた訳だから、つまりはギラドーガの機体特性というか、立ち回りを理解してちゃんとできてないのを指揮マシで誤魔化せる様になっただけだからねぇ。自分も含めて…(ぐぬぬ - 名無しさん (2022-04-09 16:41:17)
    • 何が強いってこれまでできなかったたい - 名無しさん (2022-04-10 00:19:20)
      • ごめんミス、これまでできなかったマニュ抜きがやりやすくなったのがデカいと思う - 名無しさん (2022-04-10 00:23:13)
    • 指揮マシないとMA抜けないのが致命的だわ。リロード長くて手数も少ないし - 名無しさん (2022-04-10 13:05:23)
      • 今まで使ってた身としては、MA抜きはワイヤーでやってたけどね。 - 名無しさん (2022-04-10 17:49:24)
        • つっても近距離限定 - 名無しさん (2022-04-10 18:23:27)
          • だからな。中遠距離で抜けるようになったのは大きいよ - 名無しさん (2022-04-10 18:24:37)
            • 相手がスラ撃ちできる攻撃で蓄積狙いながら突撃してくるなら、相打ちでも良いから距離ある状態でMA止めれる手段があるのが理想だしねぇ - 横 (2022-04-10 18:32:13)
            • ワイヤーでは届かない距離の支援機に向かう強襲や離脱を図るMA持ちを止めるられるし、近距離にしてもMA持ちに蓄積よろけ→強よろけって出来るからかなり強力だと思うわ。立ち回りや乗り手がどうこう以前にチーム単位で考えると指揮マシのアドバンテージはかなりデカいわ。 - 名無しさん (2022-04-10 19:13:17)
          • 結局格闘を振らないと火力でないから近づくのは既定路線。問題にならない。 - 名無しさん (2022-04-12 09:46:26)
      • どっちかというとドーガがMAで突っ込む側なので、受け身な射撃で迎撃する立ち回りがピンと来ない。 - 名無しさん (2022-04-12 09:49:07)
  • やっぱこの機体新武器ないと弱いわ - 名無しさん (2022-04-09 13:42:25)
最新の20件を表示しています.全てのコメントを見る


最終更新:2022年04月20日 15:08