キュベレイ

MS一覧】 > 【汎用機

  • 編集者各位:ページ編集時は「編集中!」の文字を貼るのを忘れずに!!

機体概要


  • 一年戦争で多大な戦果をあげたニュータイプ用MAエルメスのMS化を目指してアクシズで開発された機体。
  • 最大の課題であった無人移動砲台「ビット」の小型軽量化はエネルギーCAP方式の採用と、エネルギーおよび燃料をMS本体から再充填可能とすることでクリアし、MSに搭載可能なサイコミュ兵装「ファンネル」として実装され、オールレンジ攻撃を可能とした。
  • 後方に伸びた頭部には感応波の送受信端末が内蔵されるなど独特な機体形状は、ニュータイプ専用機としての機能性を備えたものとなっている。
  • 推進ユニットを4枚からなるショルダー・バインダーに移行させることで、その角度調整によって高機動戦時には同時期のMSが到達できないハイレスポンスと運動性能を発揮。
  • グリプス戦役末期からハマーン・カーンが搭乗。規格外の戦闘力を示し、アクシズの力を他勢力に知らしめた傑作機。

機体属性・出撃制限・環境適正

機体属性 強襲 汎用 支援
出撃制限 地上 宇宙
環境適正 地上 宇宙

数値情報

機体

汎用 LV1 LV2 LV3 LV4 LV5 LV6 LV7 LV8
Cost 650 700
機体HP 20000 22000
耐実弾補正 12 14
耐ビーム補正 36 44
耐格闘補正 24 29
射撃補正 45 48
格闘補正 25 27
スピード 140
高速移動 210
スラスター 70
旋回(地上)[度/秒] 72
旋回(宇宙)[度/秒] 81
格闘判定力
カウンター 特殊
再出撃時間 18秒 19秒
レアリティ ☆☆☆ ☆☆☆
必要リサイクル
チケット
345
必要階級 中尉01
必要DP 171100

パーツスロット

  LV1 LV2 LV3 LV4 LV5 LV6 LV7 LV8
近距離 12 13
中距離 18 20
遠距離 18 19

連撃補正

連撃数 標準倍率 本武器倍率
1撃目 100% 100%
2撃目 50% 50%

格闘方向補正

格闘方向 標準倍率 本武器倍率
N格 100% 100%
横格 75% 75%
下格 130% 100%

移動方向補正

※標準倍率の場合でも検証したことがわかるように数値欄を残してください
  100%  
良い時% 良い時%
  悪い時%  

主兵装

射撃

初期装備 別売
実弾 ビーム 格闘 シールド その他
武器名 LV 威力 発射間隔 ヒート率 OHまでの弾数 OH復帰
時間
切替時間 射程 備考 必要DP
キュベレイ用ビーム・ガン LV1 2100 3.5秒 70% 2発OH 14秒 0.5秒 400m 移動射撃可
即撃ちよろけ有
よろけ値:10%
機体同梱
LV2 2205 405m 現在交換不可

格闘

初期装備 別売
実弾 ビーム 格闘 シールド その他
武器名 LV 威力 クールタイム 武装切替 備考 必要DP
キュベレイ用ビーム・サーベルx2 LV1 2800 2.5秒 0.77秒 機体同梱
LV2 2940 現在交換不可

副兵装

ファンネルx6[挟撃]

実弾 ビーム 格闘 シールド その他
LV 威力 ヒート率 OHまでの弾数 発射間隔 OH復帰
時間
切替時間 射程 備考
LV1 250 40% 2連射OH 2.5秒 22秒 0.77秒 250m 6発同時発射 x 3回攻撃
約0.8秒長押しでロックオン
移動射撃可
ロックオン後高速移動可
ひるみ有
ユニット貫通効果有
よろけ値:5% x6
LV2 262

ファンネルx6[包囲]

実弾 ビーム 格闘 シールド その他
LV 威力 ヒート率 OHまでの弾数 発射間隔 OH復帰
時間
切替時間 射程 備考
LV1 450 100% 1発OH - 18秒 0.77秒 300m 6発同時発射
約0.8秒長押しでロックオン
移動射撃可
ロックオン後高速移動可
ひるみ有
ユニット貫通効果有
よろけ値:20% x6
LV2 472

ファンネルx6[追従]

実弾 ビーム 格闘 シールド その他
LV 威力 ヒート率 OHまでの弾数 発射間隔 OH復帰
時間
切替時間 射程 備考
LV1 200 30% 5連射OH 0.8秒 22秒 0.5秒 350m 6発同時発射
移動射撃可
ブースト射撃可
ひるみ有
ASL(自動照準補正)有
ユニット貫通効果有
よろけ値:5% x6
LV2 210


スキル情報

スキル レベル 機体LV 効果 説明
足回り
緊急回避制御 LV2 LV1~ 回避行動ボタンを2度押すことで、スラスター消費量が軽減された、緊急回避が可能となる。
高性能バランサー LV1 LV1~ ジャンプ&回避行動の着地による硬直を格闘攻撃かタックルでキャンセル可能。 着地の硬直時に格闘攻撃かタックルが出せ隙が減る
強制噴射装置 LV2 LV1~ 回避行動の着地動作を、スラスター消費量が
軽減された高速移動でキャンセルし、再び回避行動を可能とする。
再度の高速移動開始時にはより多くのスラスターを消費する
空中制御プログラム LV2 LV1~ ジャンプ中に高速移動による追加行動が可能になる。 ジャンプ中に追加ジャンプ&高速移動ができる。
高性能AMBAC LV2 LV1~ 宇宙において、高速移動終了終了時に
移動方向と同じ向きへ移動操作を行っていると、
減速動作を行わずに巡航移動へ移行する。
さらにMS旋回性能が3増加する。
高速移動終了時に継続して同方向に左スティックor上昇下降ボタンを入力していれば硬直が発生しない
攻撃
格闘連撃制御 LV1 LV1~ 格闘攻撃を最大 2回 まで連続で使用可能。
連撃時はダメージが減衰する。
防御
脚部特殊緩衝材 LV2 LV1~ 脚部へ攻撃を受けた際、機体HPへのダメージと脚部HPへの負荷を 15% 軽減する。 宇宙でもダメージ軽減は効果対象
肩部特殊緩衝材 LV1 LV1 肩部へ攻撃を受けた際、機体HPへのダメージを 10% 軽減する。
LV2 LV2~ 肩部へ攻撃を受けた際、機体HPへのダメージを 15% 軽減する。
ダメージコントロール LV2 LV1~ 拘束効果のない攻撃を連続して受けた際に生じるよろけを発生しづらくする。 蓄積よろけまでの値が 160% になる
索敵・支援
高性能レーダー LV2 LV1~ 強化されたレーダー性能。
有効範囲が300mから 400m へ拡張する。

強化リスト情報

強化リスト MSレベル毎必要強化値 効果
リスト名 Lv Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 Lv5 Lv6 Lv7 Lv8
耐ビーム装甲補強 Lv1 800 耐ビーム補正が1増加
Lv2 耐ビーム補正が3増加
耐格闘装甲補強 Lv1 1610 耐格闘補正が1増加
Lv2 耐格闘補正が3増加
フレーム補強 Lv1 2150 機体HPが100増加
Lv2 機体HPが250増加
複合拡張パーツスロット Lv1 2690 近・中・遠のパーツスロットが1スロずつ増加
Lv2 近・中・遠のパーツスロットが2スロずつ増加
上限開放
リスト名 Lv Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 Lv5 Lv6 Lv7 Lv8 効果
耐ビーム装甲補強 Lv4 5380 耐ビーム補正が5増加
AD-FCS Lv4 8070 射撃補正が5増加

備考

「このキュベレイ、見くびっては困る!」

  • 抽選配給期間
    • 2020年8月6日 14:00 ~
  • 新規追加物資
    • ★★★ キュベレイ LV1 (地上/宇宙両用機体、コスト650)
  • 確率アップ期間
    • 2020年8月6日 14:00 ~ 2020年8月13日 13:59 [予定]

機体情報

  • 『機動戦士Ζガンダム』及び『機動戦士ガンダムΖΖ』より参戦。アクシズが開発したニュータイプ専用試作機にして、アクシズの実質的指導者ハマーン・カーン専用MS、AMX-004。名称は古代ギリシアや古代ローマが崇拝した地母神「キュベレー」に由来する。
  • 一年戦争で試作されたNT専用大型MA「エルメス」を開発したフラナガン機関の関係者は敗戦後アクシズに身を寄せ、継続して次世代機の開発を行っていた。次世代機は「エルメス2」と呼称された初代同様大型MAから始まり、一年戦争時は難航した「サイコミュシステム」の小型化に成功したことで、5年の歳月はかかったが本機もMSサイズまで小型化した。
  • サイコミュシステムの中核をなす「ビット」はエルメスの時点では、核融合炉を使用していたため大型だったが、これをエネルギーCAP方式に変更することで小型化に成功した。小型化したビット兵器は見た目から漏斗を意味する「ファンネル」と呼称される。ただし小型化の代償として稼働時間が短くなり、本体に収納して都度のエネルギー再充填が必要となった。キュベレイにはリアスカート裏に10機格納されているはずだが、本作では6機使用する。
  • 外観の大きな特徴である肩部に計4枚設置されたフレキシブル・バインダーは各3機ずつメインスラスターも内蔵。AMBAC作動肢としても機能して高速移動が可能。巡航時は腕部を収納可能だが本作では残念ながら非再現。脚部はジェネレーターとプロペラントを独立搭載しており、下半身そのものが巨大なリザーブタンクとしても機能する。
    • バインダー内には大型のビームサーベルが格納されておりZガンダムの劇中で一回だけ使用している。しかしそれ以降一切使用しなかったためかゲーム作品や立体物でも滅多に再現されない
  • 一応小型化には成功したが当時の標準的なMSから見ればそれでも大きい方。それをフォローするため全身は高品質なビームコーティングを施してある。
  • 本機は試作機ゆえ要求されるニュータイプ能力も相当高かったが、高いNT能力と卓越したMS操縦技術を持つハマーン・カーン専用機となったので問題なく、アクシズ及びネオ・ジオンのフラグシップ機として、グリプス戦役~第一次ネオ・ジオン抗争を通して随一の戦闘性能を発揮した。
  • 実のところ本体性能では同時期の第四世代MSと比べれば控えめであり、活躍の大部分はパイロットの能力に由来するものである。
  • 第一次ネオ・ジオン抗争時にはマイナーチェンジ版のキュベレイMk-Ⅱや、性能を向上したうえで量産化に着手した量産型キュベレイといったバリエーション機が開発されているが、ついぞ活躍度でベース機を上回ることはなかった。
  • 「地上で運用できないのでは?」「重力下でファンネルを使えないのでは?」と言われることもあるが、アニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』本編にて姉妹機のキュベレイMk-Ⅱが大気圏内で運用されており、ファンネルも使用している。当時のアニメ資料では、重力下でファンネルを使えないと言及されている物も存在しない。本作では ファンネルやインコムを重力下で使っている作品も多く、遊びの幅も広がることからアリとした とのこと。
    • 小説作品である閃光のハサウェイに登場するファンネルミサイルの設定で重力下のビット等について書かれているが、上記のZZでの描写に矛盾している事に加え閃光のハサウェイがまだ非映像化作品の為参考程度に留まっている。
  • ΖΖガンダムとの最終決戦においてはサイコ・フィールドを形成しオーバーロードしたハイメガ・キャノンの直撃に耐えるという凄まじい現象を引き起こしている。最終的には相打ちに近い形で大破し、小惑星モウサの壁に自ら激突してハマーンと共に爆散した。
  • MSらしからぬ独特のフォルムから、デザイナーの永野護氏曰く「当時は全く支持されなかった」との事。しかし今ではその秀逸なデザイン、そしてパイロットであるハマーン・カーンの圧倒的なカリスマ性もあって高い人気を誇る。


機体考察

  • 概要
    • コスト650~の地上宇宙両用汎用機。両用ながら 宇宙適正有り 。地上ではホバー走行、宇宙は大半直立状態になる。
    • カウンターは特殊で、掴んだ後に、敵機左側からファンネル斉射→右側からファンネル斉射→包囲して一斉掃射のオールレンジ攻撃を放つ。
      • ちなみに[挟撃]や[包囲]使用中にカウンター取った際は、すごい速さでファンネルが戻ってきて[挟撃]等は一応中断される。
    • 緊急回避制御を使用した際に、地上でも宇宙と同じローリング回避を見せてくれる。
    • 勝利ポーズも独特。両脚を大きく広げて右手を前に差し出すポーズをとる。
    • ファンネルが出ている間は駆動音が鳴り続ける。出ている状態で戦闘が終わるとリザルトでも鳴り続けるもんだから結構うるさい。
  • 火力
    • 単発よろけのメイン、火力に高いサーベルに加えて3種の攻撃スタイルを備えたファンネルと攻撃面は充実。ファンネルは命中精度に優れた[挟撃]、全弾当たればであるがDPSに優れASLのサポートが効く[追従]、そして火力・命中精度双方を備えた[包囲]が有り、3種全てがミリ削り能力に長けている。
  • 足回り・防御
    • 移動速度・旋回性・スラスター値は優秀だが、ホバー移動で高速移動速度は平均的な為に被弾率は高め。しかし設定通り高性能な耐ビームコートの恩恵か耐ビーム性能は非常に高く、特に被弾しやすい肩部はスキルの恩恵で10%ダメージカット、脚部も15%カットな上にダメージコントロールも備えており蓄積でよろけを取られにくい。
    • 反面、耐格闘値は平均的で耐実弾は低めと、昨今のMSらしい防御ステータスになっている。しかしスロットが豊富な為に耐格闘値は十分カバー可能であり、耐実弾も30以上は確保できる。
  • 特長
    • ファンネルとメインが同時に使用可能な為、原作通り単騎で包囲攻撃が可能。近距離では単発よろけからの[追従]でダメージを叩き出し、中~遠距離ではファンネルでじわじわと削っていくという全距離対応MS。
    • ファンネルが自動攻撃を仕掛けている際は「攻撃中」の判定になり、この間はタックルが出来ない。敵機が近い際には注意しておきたい。
  • 総論
    • ハマーン・カーンの乗騎に相応しい超高性能MSであり、ファンネルを使いこなせば相当のダメージを稼ぎ出すことが出来る超攻撃的な機体。特にメインのよろけから[追従]の連発によるDPSは凄まじい。
    • 自分の適性距離を保ち続けた際の攻撃性能は圧巻の一言だが、強引に懐に飛び込まれると[挟撃]と[包囲]を潰されてしまう。近距離での混戦になると持ち味が活かせ難くなるので注意したい。

主兵装詳細

  • キュベレイ用ビーム・ガン
    • 右腕の裾部分から発射されるビーム兵装。設定では両腕にあるが、ズゴック等と違って左右で変わったりはせず右固定。
    • ヒート率で管理された即撃ちでよろけが取れる射撃。即射だと2発OHだがちょっと間隔を空ければOHせずに済む。
    • 裾部分からの射撃なので、他の機体より銃口位置がちょっとだけ下。
  • キュベレイ用ビーム・サーベルx2
    • 専用サーベル2刀流。
    • N・横格闘のモーションはギャプランと同じ。
    • 下格闘は腕を交差させた後に左右に広げて仰角が25度ほどある横一文字斬り。プロトタイプガンダムが持つビーム・サーベルx2のN格闘に似たモーション。
      • 発生が非常に早く、範囲も広いが、方向補正100%と低め。
      • 下格闘としては前進短め。地上ではホバー慣性で少し延ばせる。宇宙では元から慣性多めなので延びが良い。
      • 方向補正が低いのでダウン追撃は、N下よりビームガンNのがダメージを出せる。ビームガン[追従]で逃げ撃ちしても良い。

副兵装詳細

  • ファンネルx6[挟撃]
    • ファンネル6機によるオールレンジ攻撃その1。こちらは敵機の全身を包囲するように飛ばす。
    • 基本運用はビショップ等を参照。
    • 6機は個々にダメージを与えるので、全部当たれば表記威力の6倍分となる。[包囲]と[追従]もこの点は同じ。
    • ジオングと同じで1射で3回攻撃を行う。1回攻撃する毎に表記のヒート率が消費される。即2連射すると2射目が2回で終わってしまう。
    • ファンネル射出後は自動で攻撃が行われる
    • 自動攻撃中には、装備切り替えてビームガンやサーベルを使用、高速移動やタックル等のスラ消費行動等、本体は自由行動出来る。それゆえか自機が撃破されても撃ち続ける模様。
    • [挟撃]使用中は、[包囲]と[追従]は使用不可になる。先に切り替えておけば切り替え時間は終えられる。
    • 地上でも宇宙同様歩兵をロックできるため、中継取りや爆弾設置を妨害する時に非常に役に立つ。
  • ファンネルx6[包囲]
    • ファンネル6機によるオールレンジ攻撃その2。こちらは敵機を通り越して奥側から一斉掃射する。
    • 1発OHだが、よろけ値が高いため蓄積よろけを取ることが出来る。
    • [包囲]は[挟撃]よりもロックオン可能範囲が倍程度広い。
    • [挟撃]同様に、ファンネル射出後は自動攻撃
    • 本体が自由行動出来る点も変わらず、[包囲]使用中は、[挟撃]と[追従]は使用不可になる。
    • こちらも[挟撃]同様地上でも歩兵排除に使用でき射程が長いため遠くから飛ばすことが可能。
  • ファンネルx6[追従]
    • ファンネル6機が自機の前方へ扇状に漂って、そこから個々に射撃を放つビーム兵装。ブースト射撃可。
    • 運用方法は他機の連射可能な副兵装ビームガンと似ている。
    • この兵装は他のファンネルと違って任意攻撃。
    • ASLもついているので当てやすい。ただし高速移動で右移動中は右肩が照準と被って見づらくなるので注意。

運用

  • 射撃型汎用と見せかけて、格闘も強く、よろけ取りがしやすいので近・中距離が主戦場。後方すぎると体躯の問題で支援機から狙われやすくなる。
  • 体躯は大きいがカスタムパーツを盛ればかなり固く出来るので前で壁汎用としても充分活躍できる。当然体躯が大きいと味方が攻撃する際も邪魔しかねないので転倒取ったら[追従]やビームガン等の射撃だけにするのも手。射撃だけでも補正が高いので充分ダメージを出せる。
  • ファンネルは主に[追従]を使用することになる。ビームガンとセットでよろけを複数回取りやすい。
    • [包囲]は蓄積よろけを取れるが1発OHの都合で多用はできない。発射できてしまえばあとは自動なので、自分で擬似カット出来たりもする。
    • [挟撃]は射程が短めなので合間合間に撃っておければ少しずつダメージを稼げる。
  • サイコミュ兵器の小技で、対象が無敵時間中でもロックオン自体は完了出来る。当然無敵時間中はダメージ入らないので無敵が解除されるタイミング見越して発射しましょう。起き上がり無敵時や、リスポーン時の着地中でもロックオン出来る。
  • ショートレンジでの撃ち合いで無類の強さを誇るが、考察にもあるように懐に強引に突っ込まれると少々厳しい。よりによってそれを得意とするのが、防御性能と高速移動速度に優れ、マニューバとリーチの長い格闘を持つ機体、ΖΖガンダムであるというのは面白いところであろう。また、即よろけ武装とリーチの長いサブ格闘を持つΖガンダムも飛び込まれると厳しい相手だと言える。近付けさせなければ此方が圧倒的に優位なので、自身の適正距離を常に保ち続ける事が重要である。


機体攻略法

  • 敵機として出会った際の対処法を書く.

コンボ一覧



アップデート履歴


コメント欄

  • 愚痴・修正要望のコメントは予告なく削除・書込禁止処置 を取る場合がございます.ご了承下さい.
  • クールタイムや切替時間を計測する際には目測ではなく編集ガイドラインの「計測・検証について」の章に書いてある方法で精度良く計測し,報告時には計測環境なども合わせてコメント欄に記載してください.

過去ログ 1 / 2

  • なんでこいつ強化されないの?ゼフィみたいにシンプルな機体とはとても思えないし低レートで活躍してる機体とも思えない - 名無しさん (2022-07-29 23:33:00)
  • NT-DのおかげでLV2以降はさらなるゴミと化したわけだが、せめてLV1はどうにかしたれ運営 - 名無しさん (2022-07-28 19:54:12)
    • 目の前でNT-DされるとただのマトだからなwMK-Ⅱなら強判定でワンチャンあるけど、こいつはどうしようもないし、出した時点で戦犯レベルだ - 名無しさん (2022-07-31 13:14:27)
  • 強化来た!と思ったらMk2の方で泣いた。キュベレイよ安らかに眠れ - 名無しさん (2022-07-28 16:55:22)
  • 肩緩衝3から1にした意味がわからんのだが、なんで3割カットでダメなんですかね? - 名無しさん (2022-07-15 13:18:34)
    • そりゃ当時バズ汎高レベルか乙乙くらいしかいないような環境基準でナーフされたんだからこうもなるわ - 名無しさん (2022-07-15 13:50:29)
      • つってもそのすぐ一か月後にトーリス→ジオ連続実装だからなぁ・・。運営もそれは分かってるんだから調整はその二機実装後のリザルト見てからでも良かったと思うわ。 - 名無しさん (2022-07-15 21:32:01)
        • そうするのが良かったと思う。でも当時のキュベ弱体化希望の圧力は強かった。その結果かわからないけど弱体化されてしまった。 - 名無しさん (2022-07-15 21:55:25)
        • それどころかナーフ直後にドーベン来てとんでもないことになってたぞ - 名無しさん (2022-07-28 16:59:43)
  • ハイゴッグにマニューバがついてこの機体につかないの謎すぎるだろ。Mk2は乗ってて楽しいけど、こいつは今の環境だと地獄でしかない - 名無しさん (2022-07-15 12:25:04)
  • もう肩緩衝戻して且つファンネルの射程を伸ばすか同時に使えるようにしてほしい。 - 名無しさん (2022-07-01 13:31:26)
  • かつての乙乙より弱いのが現状。強味は無いが弱みは無限にある - 名無しさん (2022-06-29 23:35:54)
  • 弱体後は弾除けに使うほどの耐久もなしで、前に出られても射線遮られて邪魔なだけ。しかし、下がられても短射程で役立たず。 - 名無しさん (2022-06-22 12:41:36)
  • ヒットボックスでかいしMA付けてもいいのよ?生存率あがるでしょ。 - 名無しさん (2022-06-20 11:38:13)
  • 大型ビームサーベル追加とかしてあげて - 名無しさん (2022-06-18 21:50:56)
  • 未だにこいつでレート来る人は何を考えてるのか?負けるので来ないでください。キュベレイの仕事なら支援機でもできるしダメージもあっちが上だ。 - 名無しさん (2022-06-07 12:52:27)
    • キュベレイオペレーションなんて言われてたのに完全に置いてかれたよな。早いとこ修正してあげて欲しい。 - 名無しさん (2022-06-14 22:49:51)
  • 君たちにはこの機体でリバウを討伐してもらう - 名無しさん (2022-06-02 13:13:15)
    • クシャトリヤのバインダーについてるスキル貰えればいつでもいけます、サー! - 名無しさん (2022-06-05 18:27:31)
    • 弱体解除とMA1でも頂ければなんとかしますが - 名無しさん (2022-06-05 18:44:15)
      • あの図体だし,EX-Sみたな動きできる修正のほうがいいんじゃね?突っ込めるとMK2と被るし。 - 名無しさん (2022-06-14 23:02:27)
        • 過去一よく分からん発言見つけた - 名無しさん (2022-06-30 10:19:28)
        • 言いたいことは分かるが量産型キュベレイとポジションが被るから難しいかも - 名無しさん (2022-07-01 13:39:03)
  • 使ってる分には楽しいし、他汎用をサポートする姿勢でプレイすればソコソコの戦績は出るんだけど、とにかく対汎用でもタイマンがキツい。弱体解除とマニュ…は欲張りすぎだろうか - 名無しさん (2022-06-02 09:56:12)
    • ダメコン2なんて付けちゃってるからMA付けらんないんだよねこいつは。調整難しいと思うわ - 名無しさん (2022-06-02 11:47:45)
      • ダメコン外してMA付けるみたいな器用なこと運営はできんだろうから - 名無しさん (2022-06-07 01:19:12)
  • プレッシャーをタッチパネルで発動できたら面白い機体になりそうだな…HP30%以下で発動可能、発動時周囲の敵強制転倒、あらゆる射撃無効になるけどHPが1になるとか - 名無しさん (2022-06-01 20:58:58)
    • 正直そういうのはVSシリーズで散々見てるからそっちでいいと思う - 名無しさん (2022-06-01 21:07:26)
    • スタンて正直めちゃくちゃウザいよ。仕掛ける方も受ける方も楽しくない。 - 名無しさん (2022-06-07 01:29:02)
  • 肩部衝撃吸収機構なんて考えたけど強すぎるかな - 名無しさん (2022-06-01 15:55:27)
    • 格闘でもよろけないってのを除けば本体に当てれば普通によろけるし追従の仕様上全身さらけ出さないと行けんしダメコンそのままMA付けてスラ吹かした追従押し付けマンの方が強そうだけどどうだろう? - 名無しさん (2022-06-01 19:42:55)
  • 射プロモリモリにすると結構火力出て楽しい - 名無しさん (2022-05-29 01:17:18)
  • 久しぶりに乗ったけど650コスト最低限の力はあると思うし与ダメも出せる。けど環境機の化け物共とタイマンになったら流石にキツイ感じが凄い。強化来るなら回避3が欲しいけど、今のところ700コストのνガンしか持ってないから期待値薄目なんよなぁ。 - 名無しさん (2022-05-24 21:23:01)
    • リバウ実装は当てやすい肩、Lv1しかない緩衝材、MA無しなキュベにとってもはや死体蹴りの域。 - 名無しさん (2022-05-24 21:32:07)
  • キュベ使ったの最後にしばらくやらずに1年ぶりに使ったけど今や最弱候補なのね、試しに使ったらボコボコにされた… - 名無しさん (2022-05-21 01:47:58)
    • 他の650はトーリスやジ・Oあたりを想定されて作られてる中キュベだけ出るのが早すぎてしかも比較対象がマジで弱いリメイク前のZZ基準でナーフされたからね。本当に今のキュベレイは650最弱だよ。 - 名無しさん (2022-05-21 09:53:35)
    • 最弱はEX-S。次点でキュベとZZ - 名無しさん (2022-06-01 14:23:37)
      • Ex-S最弱とか言ってる時点でエアプとしか思えんぞ - 名無しさん (2022-06-01 14:27:59)
        • キュベレイが弱体化された辺りで時間が止まってるんやろ。許したってや - 名無しさん (2022-06-01 19:39:40)
  • 相手が火力は出ない即よろけや、蓄積も無いすぐ息切れするZZと旧式のMSなのが悪かった。キュベレイMK-2も(ギリギリ逃れたけど)調整対象だったらしいですよ? - 名無しさん (2022-05-11 18:07:35)
  • これってまだ勝率保ててるんだろうか?ここまで調整来ないのもなかなかだと思う。 - 名無しさん (2022-05-09 22:45:47)
    • 久しぶりに何回か乗ったけど、射補高くてファンネルとか追従性などの味方の後ろから攻撃できる武装があるから、一機とか混ざる分にはスコア安定してた。与ダメの安定性の高さとミリ食い性能の高さゆえかな。あとは弱点の実弾で攻めてくる機体が環境に少ないから、意外と被撃墜も少なかった。あと、高低差使えば空プロでジオトーリスあたりはいなせることもあったかな。ここまで可能な限りメリットは書き込んだけど、タイマンがいやーキツイっす。まあこのデカ肩パに先手当てられ無い人もなかなかいないよね。なので今は事故が少ないが爆発力もない中後衛汎用として運用してる分には多分戦績が低くなっていない可能性がある。あと、650の中ではシンプルなので、おそらく集計下位では平均くらいかやや上、集計上位レートではあまり活躍できないか乗られていないってのもあるかも。 - 名無しさん (2022-05-10 02:26:20)
      • 追記 意外とやれなくも…ないとかいうキュベレイよりかは、やっぱり強いキュベレイに乗りたいよね。サイズ感の割に得ているものが少なくなってしまったので、全盛期+aの何かが欲しい。個人的には追従を戻した上でヒート率軽減すれば独自の強みにはなるかも。あと、ファンネルの戻りの遅さが気になりはじめる戦場になったので、戻り早くして欲しい。 - 名無しさん (2022-05-10 02:36:18)
最新の20件を表示しています.全てのコメントを見る


最終更新:2022年05月07日 14:18